English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ペルー料理 荒井商店 東京・新橋
2006/05/23 11:32 |
CIMG4290.jpg

東京のうらやましいところは、世界各国の料理店が
ほんとに数え切れないほどあるところ!
そういうお店を探していてみつけたのがこちら

 ■荒井商店 ペルー料理 東京・新橋

ペルー料理は大阪にもあるんだけどまだ行ったことない

まず、この荒井商店という店名がおかしいよね。
荒井さんがオーナシェフなんだけど、
なんでこんな名前にしたんだろうね?

ここにくる前にペルー料理をちょっと調べてみたら

 ■紫とうもろこし のジュース

が名物らしいということを知ったので
あるかどうか聞いてみました。
現地では『チチャ』というらしい、紫トウモロコシのジュース
こんな瓶入りのジュースです。

CIMG4296.jpg

紫トウモロコシだけではなくて、いろんなものを混ぜてつくる。
ペルーでは家で自家製のチチャをつくるんだって。
その家その家でレシピがあって、みんなちがう味らしい

そして、ジュースといってもミキサーで砕いてつくるのではなくて
トウモロコシといろいろなモノを混ぜて、煮出してつくる。
だから、ジュースと言うよりトウモロコシ茶のイメージかも
しれないです。

CIMG4298.jpg

これはお店のお嬢さんがもってきてくれた、トウモロコシとかのサンプル。
ペルーには60種類くらいのトウモロコシがあるんだって。
でかいのや、小さいのやいっぱいあるし、形もいろいろあって面白いね♪

本日のランチは2種類だよ。 どちらも890円

 A:ハチノスと芋の煮込み インディオ風
 B:完熟トマトと牛肉の煮込み

CIMG4293.jpg

『ハチノス』っていうのは、蜂の巣じゃなくて、牛の2番目の胃のことなんだ
ぼくはてっきり蜂の巣だとおもってたから、ちょっと肩すかし(笑)

お料理は最初にサラダがでてきたあと、
小さな入れ物に『ペルーの唐辛子』というのを
持ってきてくれました。 これはお料理につけていただく。

CIMG4302.jpg


メインはこちらです。

CIMG4306.jpg


ちょっとカレー風味。 ハチノスもじっくり煮込んであるので
内臓といってもぜんぜん硬くありません。
ごはんは現地で食されているのとおなじ、「長粒米」
この長粒米はこういう煮込み系のお料理と食べると
いつまでもふやけないで美味しいんだよね~

味付けはちょっとカレー風味があって、とっても美味しいです
でも、あんまり『ペルー料理』っていう雰囲気がないなぁ

シェフの荒井さんはオテル・ド・ミクニで5年間修行したあと、
突然思い立ってペルーに行かれたそうです。
そこで1年間ペルー料理を勉強してきたんだって。
現地では、日本から料理の修業に来たということで
新聞や雑誌にも掲載されるほど有名になったそうです。

CIMG4311.jpg

この新聞の写真が荒井シェフです!
荒井さん自身も現地の料理をかなり研究して、
写真集などもだされてます。 お店で見せてもらいました。

今日のランチはとっても美味しかったけど、本格的なペルー料理を
楽しむためにはやっぱり夜のご馳走をいただかないといけないな~
ペルーは南米一のグルメ国らしいので、けっこう楽しみですね!

──────────
【訪問日】 2006年5月 
【店 名】 荒井商店
【ジャンル】ペルー料理
【住 所】 東京都港区新橋5-32-4江成ビル1階
【最寄駅】 地下鉄 御成門駅 JR新橋駅
【電 話】 03-3432-0368
【営業時間】11:30~15:00(L.O.14時半)/18:00~23:00
【定休日】 日曜
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
エスニック料理 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■はじめてのお料理教室 木村先生 大阪・本町 【2006年5月】 | ホーム | ■極上の親子丼 灯り家 仙台・名掛丁 【2006年5月訪問】>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/82-b0ad3ef9
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ