English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ 水たき 長野 福岡・博多 【2008年3月 夜】
2008/04/01 01:45 |
DSCF9727-2.jpg

久しぶりに博多に泊まりで行くことになったので
ジモピーになにか美味しいところつれていってほしいと
お願いしたら、

もつ鍋、焼き鳥、水たき、博多ラーメン、活魚、その他

のどれがいいかと聞かれた。
う~ん、どれも魅力だね~

じゃあ、また食べたことのない『博多風 水たき』をよろしく♪

DSCF9728-1.jpg

今回連れていってもらったのはこちら

■水たき 長野 中洲川端

水たきの老舗のお店らしい。
駅からすこし遠いのでタクシーに乗せてもらった。

博多の水炊きは『水たき』と読むところと『水だき』と読むところがある。
水だきはスープが濁るほど濃いので、『だき』と濁るらしい
このお店のカンバンには『水たき』と書いてあったので
スープはそんなに濃くないのかもしれない

↑の写真はつき出しの『酢もつ』
とっても柔らかい

DSCF9729-1.jpg


お座敷に入るともうすでに鍋がセットされていて
鍋のなかには鶏肉が煮込まれている
たしかに『濁る』ほど濃くはない
すでに部屋中とっても良い香りが充満している

DSCF9732-1.jpg

しばらくまってると、仲居さんがやってきて

仲居 まずはスープをお飲みください。
   すっごく熱いから火傷しないでね
まさい はぁ~い。 あちっ!

気をつけて飲んだつもりなのに、熱かった(^_^;)
どうやら、鶏の脂分がいっぱい溶けだしていて
100℃以上になってるみたいだ

DSCF9730-1.jpg

鍋の中をよく見ると、いっぱい鶏肉が沈んでいる。
スープの次は鶏肉を食べるらしい

仲居 では、つぎに鶏肉を召し上がってください
まさい はぁ~い♪

DSCF9733-1.jpg

ここの鶏は博多地鶏だそうだ
鶏ガラスープをベースにして、ポン酢っぽい味付けをした
タレにつけていただく。
うんうん、旨いウマイ!

鍋の鶏肉に舌鼓をうっていたらこんなのがでてきた。

DSCF9738-1.jpg

・もも焼き 370円

もも肉の照り焼きのようなやつだが、
食感から考えて、いちど煮てから焼いてあるような感じ
ほんとはどうかわからないけど…
すごく柔らかくって美味しい。

DSCF9736-1.jpg

さて、これから水たきの本番
大量のつくねを仲居さんが上手にお箸で切り分けて
お鍋のなかに放り込んでいく

DSCF9741-1.jpg

↑放り込まれた状態がこれ
いま、鍋の中には、さっきの鶏肉の残りと
つくねしか入っていない。
でも、すごくよい香りがするので、見てるとよだれがでてくるよ

DSCF9742-1.jpg

つくねはすぐにできる
できあがったつくねをたれにつけていただく。
このタレは『白ぽん酢』と呼ばれてるらしい
この白ぽん酢がまた絶品で、これだけでも飲めるくらい美味しい
もちろん、つくねも素晴らしい♪

DSCF9747-1.jpg

ある程度つくねを食べたあと、ようやくその他の具をいれる

仲居 そろそろお野菜とかいれてもよかとかね?
まさい はいはい、よかとよかと!

野菜もたっぷりいれてくれるのだが
びっくりしたのが、糸こんにゃくの量
ものすごい量の糸こんにゃくをいれる。
そして、野菜が美味しそうになってきたころに
こんどは野菜ばっかり食べる

この食べ方って、あんまり大阪ではしないね。

1.鍋のスープを飲む
2.鍋に最初から入ってる鶏肉ばっかりたべる
3.つくねばっかり食べる
4.野菜ばっかり食べる

このあたりが、大阪の水炊きとは文化がちがうなぁって思ったよ

もう、かなりお腹いっぱいになってきたけど
やっぱり、最後にこれははずせない

DSCF9749-1.jpg

・雑炊

そりゃ、こんだけたくさんの鶏肉・鶏つくねを
煮込んだ鍋でつくる雑炊が旨くないわけがない!
おなかパンパンになりながらも、
これは別腹といいながら、がんばって食べたよ。

それにしても、こういう異文化食をいただくってのは
ほんとに楽しいよね

焼酎もかなりいただいて、よい気分でホテルにかえろう♪



──────────
【訪問日】 2008年3月 
【店 名】 水たき 長野
【ジャンル】水たき
【住 所】  福岡市博多区対馬小路1-6
【最寄駅】 地下鉄 中洲川端駅 徒歩15分
【電 話】 092-281-2200
【営業時間】 12:00~22:00
【定休日】 日曜
【キーワード】 水たき 水だき 水炊き
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(2)


<<■ インスタント フォー ベトナムみやげ 【2008年3月】 | ホーム | ■ ラ・ヴェリタ イタリアン 谷町六丁目 【2008年3月 昼】>>
Comment
--------------------------


ビビアンさん
こんばんは~
お返事遅くなってごめんなさいね~!
そうそう、糸こんにゃくの量が半端じゃなかったよ
でも、すっごく美味しかった~

大阪で地鶏の店ですね。
水たきなら『かこい山』というところが美味しいらしいです
地鶏の焼き鳥もいいですね~
行きましょいきましょ~♪
by: まさい 〔2008/04/04 01:03〕 URL [ 編集] |
--------------------------


いや~!
鶏の水たき大好きです。
糸こんにゃくも食べ方も全然ちがいますね。
博多って地鶏美味しいですよね。

関西ならともかく博多まで、追っかけできないです~。
大阪で地鶏のお店行きませんか?
by: ビビアン 〔2008/04/01 01:05〕 URL [ 編集] |
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/624-97df6fa0
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ