English | Top | RSS | Admin

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05


■ 平兵衛 とんかつ 東京・上野
2008/03/01 00:01 |
DSCF9623-1.jpg

すごく変わったとんかつ屋さんにいってきた

■とんかつ 平兵衛(へいべい) 東京・上野

DSCF9614-1.jpg

JR上野駅から徒歩5分
すこし路地裏には行ったところにあるこのお店
かなり古くからやってるだろうなと思わせる店構えだけど
遠目に見るとよくある『街のとんかつ屋さん』

ところが、近づいてみるとちょっと違う

DSCF9616-1.jpg

まず、このカンバン

・油を全く劣化させません
・肉は一切叩きません

このふたつは、なるほどなぁ! と思わせるんだけど
横に書いてある注釈が刺激的

──────────
・油を全く劣化させません
  黒く汚濁した油をつかうほとんどの他店は傷害罪といえます
・肉は一切叩きません
  叩かねば柔らかくできないのは下手と言うことです。
当店ではこの程度は常識です
──────────

う~ん、すごい自信♪

この他にも店の前にいろいろ書いて貼ってある。

・お急ぎのお客様、ご遠慮願います。

・食品分析比較
 当店・他店・生肉 の比較表が書いてあって
 水分・脂質・エネルギーなど7項目の数値が記入してあり
 詳細な解説も記されている。

これによると『当店』のものは『他店』に比べて優れているらしい。
いちおう科学的分析に基づいて『当店』の優位性を述べているので
コレを読んで別に悪い気はしないが、ちょっとなんか変。

食品分析比較や詳細な解説の写真も撮ってきたが
無断で掲載すると怒られそうな雰囲気なのでやめておく


さて、この店は通りがかりではなく、狙い撃ちできたので
こういうカンバンにも躊躇せず店内にはいる
店内には、いかにも~ と思わせるおじさんが一人
かなり時代がかった雰囲気の店内。
聞いてみたところ、創業85年だそうだ。
このおじさんは3代目

とんかつメニューは1種類

・とんかつ定食 2300円

これも注釈付き
‐他店で「とんかつ」等と称するものとは全く別の物です

こういうことを堂々と書いてあると、なんだかワクワクする!

店頭に『お急ぎのお客様、ご遠慮願います。』と書いてあるくらい
だからきっと時間がかかるんだろう。

このおじさん、注文を受けると冷蔵庫から
かなりでかい豚肉を出してきて、コロモをつける。
そして、鍋に向かってなにかブツブツいってる。
ほら、電車の運転手が安全確認のために言ってるような感じ

さて、とんかつの調理に入る
油をしばらく温めたあと、豚肉を入れる。
ふつう、肉をいれると、油がじゅわ~と音を立てるけれど
ぜんぜん音が聞こえてこない。
かなり低温のよう。

DSCF9620-1.jpg

しばらくすると、お箸で豚肉をゆさゆさ動かし始める
これを数分続けたあと、こんどはお玉で
隣に置いてある別の鍋から油を追加する。
きっと温度の違う油をいれて、温度調節をしているのだろう
想像だが、見た感じでは、温度の低い油をいれて
油温を下げてるような気がする。

油を追加すると、こんどはお箸で肉をぎゅうぎゅう押さえてる

ぎゅうぎゅう
ゆさゆさ
ぎゅうぎゅう
ゆさゆさ

そして、再度、隣の鍋から油を追加

ぎゅうぎゅう
ゆさゆさ
ぎゅうぎゅう
ゆさゆさ

こんどはお玉で鍋底をごしごしこする

ごしごしごし

そして、鍋の上に浮いている油の泡を
お玉ですくって隣の鍋にもどす。

このようなことを20分~30分ほどやる。

大将『 はい、おまたせ、もうすぐ揚がりますからね』

この大将、口数はすくないが、別に怖い雰囲気ではない

DSCF9621-1.jpg

ものすごく手間暇をかけて揚げられたとんかつ
すんごい分厚さ
3センチくらいはあるよ。

テーブルの上にはふつうのとんかつソースと粒マスタード
そして、ケチャップと赤いキャップの食卓塩

いつものように一口目はなにもつけずに食べてみる。
ふぅ~ん、なるほど って感じ。

店頭に貼ってあった『食品分析比較』の水分の項では

 当店:55%
 他店:34%

と書いてあったが、食べた感じ、たしかに水分はかなり多そう
この食感を言葉で表現するといろんな書き方ができる。

良く書けば『とってもジューシー』
悪く書けば『水っぽい』

どちらに感じるかはその人の食の好みによると思う。

DSCF9624-1.jpg

ひきつづき、塩をかけて食べる。
そして、ソースをかけて食べる。

かけるモノによってかなり味が変わってくる
ここのとんかつは塩よりソースがあうようだ。

肉の柔らかさについてだが、
ぼくがいつも参考にしている『東京のとんかつ屋さん』のHPでは
ここのとんかつの柔らかさを絶賛していた
しかし、今日、実際に口にしてみると、それほど柔らかく感じなかった
肉質によるものなのか、揚げ方によるものなのかはわからない。

このとんかつ、250gくらいあるように見えるが、
意外にも最後まで簡単に食べれてしまった。
このおじさんの特殊な揚げ方により、コロモも豚肉も
油をたくさん吸い込んでいないので、
見た目以上にあっさりとしているのだろう

さて、総合評価だが、
東京のとんかつ屋さんでは10段階評価で10をもらっている。
それでかなりの期待をいだいてやってきたが
残念ながら、そこまでの評価はむずかしい。
これは好みの問題もたぶんにあると思うが
やっぱり、高田馬場のとん太には遠く及ばない。

しかし
じっくり手間暇をかけてとんかつを揚げる光景を楽しみ
巨大なとんかつがスルッとお腹にはいったことを驚き
昭和の初期の雰囲気のお店の中で
とっても楽しめた1時間であった。

機会があれば、いちど訪問して欲しいお店だね~
ぼくももう行かないと思うけど・・・



──────────
【訪問日】 2008年2月 
【店 名】 とんかつ 平兵衛
【ジャンル】とんかつ
【住 所】 東京都台東区上野6-7-13
【最寄駅】 上野駅
【電 話】 03-3831-3873
【営業時間】 11:30~13:30  17:30~21:00
【定休日】 月曜
【キーワード】 とんかつ トンカツ 豚かつ 豚カツ へいべい へえべえ
──────────


大きな地図で見る

平兵衛 (とんかつ / 上野、京成上野、上野御徒町)
★★☆☆☆ 2.5

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ 割烹くずし 徳多和良 | ホーム | ■ 大阪焼トンセンター>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/611-04ea47ac
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ