English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ 秋田屋
2008/02/24 00:21 |
DSCF9572-1.jpg

美しい東京タワーの夜景をバックに
路上を占拠する、おぢさんたちの群れ
渋谷の道ばたに座り込んでる女子高生の集団よりも
100倍くらい不気味・・・

ここは浜松町の世界貿易センタービルから
ワンブロック西にいった交差点角

■秋田屋 の客席

店内からはもうもうと煙が流れ出して
道行くひとたちを容赦なく燻している

DSCF9560-1.jpg

公共の路上を勝手に客席として使っていいんだろうかと
最初は疑問におもったけど、
きっとこの公共の道路が整備される前から
この店は存在していたんだろう
秋田屋はこう反論する

『店の客席をかってに道路にするな!』


DSCF9562-1.jpg

店のコーナー(角)のところに
巨大な七輪が据え付けられていて
その窓(ガラスはないが)から
もうもうと遠慮なく煙が吹き出している。

それもそのはず
厨房にはこれまた巨大な扇風機がおいてあり
店内から店外に煙を追い出している

DSCF9571-1.jpg

そして、まさいの陣取った場所の目の前に
これが貼ってあった

・紀州備長炭使用店

焼き物の美味しさの基本!

DSCF9565-1.jpg

この店にくると、誰もが最初に注文するものがある

・たたき 220円 一人1本限定

鶏のたたきではない
きりたんぽのような形をしたこれは
豚肉をつかったつくね

DSCF9566-1.jpg

これがつくねの断面
あまり綺麗に断面に出来なかったので申し訳ない

噛むと軟骨のコリコリがとっても美味しい
ほんとに素晴らしく美味しい!
一人1本限定なのが、まことに残念
つくね嫌いな人を大勢連れていって
みんなに注文させて自分一人で食べる
いつか、こんな不正をやってみたいと思うくらいの代物

DSCF9561-1.jpg

このお店
基本は焼きトン(モツ)のお店だが
煮込みは牛もつの煮込みがある。
大阪でてっちゃんと呼ばれているやつとおなじだろう

ぼくはまちがって、煮込み豆腐を頼んでしまった
失敗しっぱい・・・

DSCF9568-1.jpg

もつ系の串は2本320円均一
味付け(タレか塩か)がおなじなら
1本ずつでも頼めるということだったので
これをお願いした

・こぶくろ(子宮)
・カシラ(豚の顔)

じつは、こぶくろもカシラも初体験
どちらもほんとに美味しい
旨いウマイうまい!

この、秋田屋
午後3時半からオープンしている

え~、そんな時間に誰が立ち飲みいくねん? って
野暮なことをいってはいけない
3時半に開店するとたちまち
背広をきたおぢさんたちで、路上は占拠される
おいおい、まだ勤務時間中やろ?

のどかな昭和の時代のサラリーマンを彷彿とさせる
浜松町の路上の光景であった。


──────────
【訪問日】 2008年2月 
【店名】 秋田屋
【ジャンル】 焼きトン 立ち飲み
【住所】 東京都港区浜松町2-1-2
【最寄駅】 浜松町駅 大門駅
【電話】 03-3432-0020
【営業時間】 15:30~21:00 土~20:30
【定休日】 日・祝と第3土曜休
【キーワード】 立ち飲み 立ち呑み 立飲み 立呑み 焼きトン 焼きとん モツ焼き もつ焼き
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(1) | コメント(0)


<<■ アンコールワット カンボジア料理 東京・代々木 【2007年7月 夜】 | ホーム | ■ はなまるうどん 東京・新宿歌舞伎町>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/602-8082b12d
FC2blog user only
江ノ電沿線はもう春だ!
寒気団に覆われ、例年になく厳しい冬の会津 しかし、一方の太平洋側は晴天続きです。 沖行くヨットにサーファー、まさに春の風景。 猪苗代スポーツクラブ【2011/01/29 14:38】


| TOP |
ブログパーツ