English | Top | RSS | Admin

1958.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2004.01


■ ウェイティング・バー とか  サンディエゴ
2005/12/26 16:32 |
CIMG2232.jpg

欧米のまともなレストランにはほとんど必ずといっていいほど
ウェイティング・バーがある。
これは、待ち合わせをしている友人が来るのを
待つのにも使われるし、
お店が満席で、空席待ちのときにも使われる
このバーでカクテルなどを楽しみながら待ってると
空席待ちでも苦痛じゃないんだよね。

CIMG2208-1.jpg

日本だとウェイティングバーなんて、
超高級レストランにいかなきゃないよね
ふつうのレストランで空席待ちのために
入り口におおぜいがたむろしてるのって
本人もいやだし、周りから見てもスマートじゃない
なんで、こういうバーが普及しないんだろうな?

この日も予約なしで行ったから、満席
しかも一人だったので、もしバーがなければ
どうしようもないところだったんだ

CIMG2211-1.jpg

ウェイティングバーに通されて
マルガリータを注文しました。

日本では、小さなグラスにでてくるマルガリータ
アメリカ南部では豪快にでかいグラスにはいってでてくるよ
注文のとき、必ず聞かれる

 ‐塩はつかいますか?
 ‐フローズンですか? ロックですか?

初めてだと意味がわからないかもね。
アメリカでは塩分取りすぎをすごく注意してるので
日本のマルガリータでは当たり前の
グラスのまわりの塩をつけるかどうか聞かれるの。
そして、こちらではフローズンマルガリータも
ごく普通に飲まれてるので、フローズンかどうかを
聞かれるんだ。

CIMG2212-1.jpg

以前、マイアミのビーチで燦々と輝く太陽のしたで
のんだフローズンマルガリータとフローズンダイキリ
すっごく美味しかったよ。
太陽の熱ですこしずつ溶けてくるんだよ。

でも、きょうはふつうのロック
だいたい、マルガリータに氷いれるってのも
日本人から見ると不自然だよね(笑)

マルガリータを飲みながら、バーテンダーや
まわりのお客さんを観察してたら、
あっというまに席があきました。
でも、時計を見ると40分くらいたってる。
これ、バーが無ければ疲れてしまってるだろうな…

CIMG2216-1.jpg

ここはステーキハウスなので、前菜はたいしたものがない
これは海老のチリソースだったかな

CIMG2219-1.jpg

そしてメインディッシュはこれ
もちろんステーキ(笑)
もう、なれっこになったけど、盛りつけに工夫がないね
ファミレス的

CIMG2227-1.jpg

食後の飲み物はけっこう充実してる
きょうはアイリッシュコーヒーいただきました。
ちょっぴり入ってるアルコール分が美味しいよね♪


──────────
【訪問日】 2005年12月 
【店 名】 不明
【ジャンル】ステーキハウス
【住 所】 San Diego
【キーワード】 サンディエゴ Waiting Bar
──────────
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ プロペラ機 エンブラエル EMB-120 | ホーム | ■ 朝食と昼食 米国・サンディエゴ>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/501-7534dcbf
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ