美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

DSCF5472-1.jpg

去年、2006年11月17日にオープンしたばかりのこのお店

■GIOVANOTTO(ジョヴァノット) 大阪・博労町(ばくろうちょう)

マーブルトレ/サグラ・マーブルトレで人気を博し
いまやカリスマシェフと呼ばれる『上村シェフ』が
はじめて自分の店としてオープンしたところだよ
まだ、開店して半年そこそこなのに、もう人気で
予約のとれないレストラン入り!

DSCF5444-1.jpg

きょうはひさしぶりの夜ごはんオフ
女性5名、男性3名でちょうどいいバランス♪
場所は南船場のちょいと北側あたりだよ

DSCF5448.jpg

きょうのメニューは

■シェフおまかせコース 8000円

3月にお料理教室の木村先生のお食事会があったんだけど
そのときとおなじ感じのコースをお願いしていました。
いろいろなものをすこしずつたくさん出してくださるそうです♪

まず、前菜一品目はこちら

DSCF5449-1.jpg

■アンチョビを詰めたオリーブのフリットとベーコンの炭火焼き

このアンチョビを詰めたオリーブが絶品
オリーブってそのままだと、あまりたくさん食べられないけど
この一品はそれだけでお酒の肴に最高だね、いくつでもいけそう!
ベーコンの炭火焼きもぶ厚めのベーコンを柔らかく焼いてある
ぼくはカリカリベーコンより柔らかい方がすきなので、嬉しい~♪

前菜二品目はこちら

DSCF5452-1.jpg

■2種類のクロスティーニ

クロスティーニっていうのはイタリア風カナッペ
これもカナッペと一言ですませるのは申し訳ない旨さだよ!
スパークリングワインにとってもよくあう逸品

そして、前菜三品目はこちら

DSCF5453-1.jpg

■北海道産ホッキ貝、帆立貝の香草バター焼き

この季節の帆立貝はそのままでも美味しいのに、
これを香草バター焼きにしてあるよ
お口にいれなくても美味しさが想像できる!
ホッキ貝はレモンをすこしたらしていただきます♪

DSCF5457-1.jpg

帆立貝とっても大きいので、ナイフでカットしてみた!
香草バターを貝殻からこぼさずにカットするのに一苦労したよ(笑)
帆立貝を食べたあとは、香草バターをパンにしみこませて
二度美味しさを楽しませてもらいました(^_^)/

さて、前菜4品目もでてきました

DSCF5459-1.jpg

■熊本産A5ランクの黒和牛のカルパッチョ

ぼくはイタリアンやフレンチの場合、メインより前菜のほうが好き
だから、前菜これだけでてくるととっても嬉しいです~
このカルパッチョも脂身の量が最適で、とろけるような美味しさ♪

DSCF5486-1.jpg

上村シェフはマーブルトレとかですごく人気がでたけど
あのお店は34席もあって、お客さんとのコミュニケーションが
十分とれなかったと反省。
それでGiovanottoではその半分の17席
カウンター7席、テーブル10席
カウンター席を奇数にしたのは、お一人様でもゆったり
お食事を楽しんでもらえるようにとの気持ちからだそうです。
右側にたってる男性が上村シェフ。 みかけは普通の人(笑)

DSCF5464-1.jpg

さていよいよ楽しみにしていたパスタは

■高知産フルーツトマトとジェノベーゼのバベッティーニ

このあいだ、イタリアンのお料理教室でもやった
フルーツトマトをたっぷりつかったパスタ
そして上にかかったジェノベーゼとよこに添えてあるチーズは
モツァレラ… いや、パルミジャーノ・レッジャーノだったかな?

DSCF5466-1.jpg

フルーツトマトソースとジェノベーゼの混ざり具合、絶妙でしょ?
これみてるだけで、お腹がグ~

さて、おつぎはいよいよセコンドピアットです!

DSCF5468-2.jpg

■フランス産鴨ロースのスチームオーブン マルサラ酒ソース

フレンチとかで良くでてくるものより、かなり分厚く切った鴨ロース
その鴨ロースそのものの美味しさとマルサラ酒ソースのお味が
絶妙に絡み合って、幸せ~って感じ!

鴨ロースのとき、赤ワインをグラスでいただきました。
ライトボディ、ミディアムボディ、振るボディの3種類を
準備してくださったので、それぞれ希望の種類をチョイス
ぼくはフルボディをお願いしました。
すきな種類を選べるのはうれしいね~
このあたりもお客さんの気持ちをよく考えてくれてるなぁって思う。

DSCF5476-1.jpg

■デザート盛り合わせ

最後はもちろんドルチェ。
これがまた素晴らしい取り合わせ
バナナのシャーベットもバナナの香りたっぷりで美味しかったけど、
グラスにはいったプリンのようなやつ(名前忘れた…)が
ぼくにとっては最高っ! でした。

DSCF5481-1.jpg

飲み物のカップはエスプレッソで有名なイタリアのillyのもの
しかもデザインいろいろで、とっても楽しめます♪
可愛いのやら、ナチュラルなのやら、モダンでカッコイイのやら。


食事がおわってから上村シェフがこられたのでいろいろお話できました。
カリスマシェフなのでもっととんがった人かとおもってたら
とっても物腰の柔らかい、癒し系のかたでしたよ♪

このGiovanotto、店内完全禁煙なんです(^_^)/
嬉しいなぁ♪ トゥールモンドも完全禁煙になったし、ここも。
シェフによると、イタリア人は食事するとき、口に入れる前に
まず食材の香りを楽しむんですって。
だから、食材の香りをぶち壊してしまうタバコの臭いは御法度!
うんうん♪ って頷いてました。

DSCF5443.jpg

ほかにもシェフのこだわりが店内随所に隠されてるんですよ。
オープンキッチンのカウンター席の後ろもかなり広い空間があって、
とってもゆったりとリラックスできるし。
テーブル席は個室風になっていて、ホントに落ち着いて食事できる。
どちらも大人の空間って感じのお店です。

こんどはカウンター席でシェフの手さばきを眺めながら
ゆったりと食事を楽しみたいなぁ~♪


──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 GIOVANOTTO(ジョヴァノット)
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市中央区博労町4-2-7
【最寄駅】 地下鉄 心斎橋駅 本町駅
【電話】 06-6243-5558
【営業時間】 17:30~23:00
【定休日】 日曜・第二月曜
【キーワード】 ジョバノット
──────────


拡大地図を表示

ジョヴァノットイタリアン / 心斎橋駅四ツ橋駅本町駅

夜総合点★★★★ 4.5


関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『GIOVANOTTO』の晩餐メモ
  • 突き出し 野菜の煮込み?オリーブのアンチョビ詰めフライベーコンの炭火焼ボタン海老のライムがけホウボウのカルパッチョ、からすみトッピング生ハム、モツァレラ、トマトのコンポート鱈白子ムニエル、香草焦がしバターソースペペロンチノ ホワイトアスパラ・グリーン...
  • 2007.05.01 (Tue) 22:54 | OVER THE RAINBOW