English | Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


■カラバッシュ マリ料理 東京・浜松町
2006/10/05 00:22 |
DSCF1627.jpg

こんど東京いく時のランチ、どこかいいのないかなぁ~って
ぼーっとグルメブログ眺めてたら、なんか目にはいった…

■マリ料理

ん? なんやこれ?
マリってどこやったっけ? あ、アフリカのどこかやな~

マリという国の名前は知ってるけど、場所はよくわからない
でも、なんとなく、面白そう。
場所も浜松町だから、モノレールですぐいけるし!
お店の名前は

■カラバッシュ

お店の説明をよく読んでみると、このお店
マリ料理だけじゃなくて、西アフリカの数ヶ国をカバーしてるよ

DSCF1629_trim.jpg

マリ・セネガル・ナイジェリア・コートジボアール
ほほ~
どんな料理を食べられるのか、まったく想像できないじょ…

最初にアフリカのジュースをいただきました
■ジェムジェム(マリ仕込みの生姜のジュース)

DSCF1636.jpg

すごく美味しかったですけど、日本にもありそうな味だったなぁ

さて、ランチメニューをみると、魅力的な…
というか、意味不明なメニューが名を連ねてますよ!

A.ビーフ・マフェ(セネガル料理)
B.チキン・ヤッサ(マリ・セネガル料理)
C.クスクス(マリ・セネガル料理)
D.チェブ・ヤップ(セネガル料理)
E.ヤム芋とビーフのラグー(マリ料理)
F.チェブ・ジェン(セネガル料理)
G.サガサガ(マリ料理)
H.ファコイ(マリ料理)

このなかで、わかるのは『クスクス』だけだね。
それぞれ説明してくれました。
たとえば、ヤム芋とビーフのラグーはアフリカン肉じゃが
チェブ・ジェンは魚の炊き込みパエリア風・セネガル仕立て

で、いろいろ聞いてみると前半は日本人でも違和感なく
食べられる料理なんだって。
後半、Fあたりからはかなりクセがあるので
場合によっては口に合わないかもっておっしゃるので、
せっかくだから

 H.ファコイ(マリ料理)

をお願いすることにしたよ!
これはなにかと説明すると

 ‐砂漠の民、トゥアレグの料理。モロヘイヤとマトンを
  煮込んだ濃厚なソースとごはん

なんだそうだ。
おお~っ!
せっかく西アフリカ料理食べに来たんだから、こういうのいかなくっちゃ!

さぁ~て、お待ちかね
でてきたのはこちら!

DSCF1638.jpg

ぎゃ~、すごいいろ。 モスグリーン。
モロヘイヤのカレーみたいだね
どんな味なんだろう~ 楽しみ!

さっそくごはんといっしょに一口いただきました…
うわぁ~

DSCF1642.jpg

口中にひろがる、モロヘイヤの香りとねばり♪
これはすごいっ!
アフリカの大草原の風味がただよってるような感じです。
ぼくはけっこう美味しく感じましたけど、
人によっては、一口たべて、『もう、あかんわっ!』って言う人もいるかも。
この濃厚なモロヘイヤの香りとねばりが、マトンのお肉とマッチして
すごくエキセントリックな味になるんです。

DSCF1640.jpg

モロヘイヤは野菜の王様といわれるほど栄養が豊富。
それが、これだけ大量につかわれてカレー状になってるんです。
もう、この日の午後は元気満々でしたっ!

このファコイ、美味しくいただいてたら、お店の方が心配そうにやってきて

『どうですか? 最後まで食べられますか?』
『ええ、とても美味しいです!』

ランチタイムのメニューは基本的に煮込み料理ばかりなんだけど
夜には串焼きや炒め物などいろいろあります。
ひとりでくるとたくさんの種類を注文できないので、
数人できてシェアするととっても楽しいディナーになりそうですよ

機会があれば、ぜひ、西アフリカ料理に挑戦してみてください!

──────────
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 カラバッシュ
【ジャンル】マリ料理 ほか西アフリカ料理
【住 所】 東京都港区浜松町2-10-1 浜松町ビルB1
【最寄駅】 浜松町駅
【電 話】 03-3433-0884
【営業時間】月~金 18:00~23:00(L.O.22:00)
        土   18:00~23:00(L.O.22:00)
【定休日】 日・祝
【キーワード】 アフリカ料理 マリ
──────────


大きな地図で見る

カラバッシュ (アフリカ料理 / 浜松町、モノレール浜松町、大門)
★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________
エスニック料理 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■割烹 入道 二段重ねのお弁当 大阪・中崎西 【2006年9月訪問】 | ホーム | ■北京友仁居 羊肉火鍋 中国・北京>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/225-13a85173
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ