FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Ibuki_1910-301.jpg

宗右衛門町に行ってきた

そうえもんちょうと読むが
地の人は『そえもんちょう』と呼ぶ
古くは格式の高い花街だったらしい

最近では街を歩いているのは
8割がた外国の人たちで
ちょっと騒々しすぎる街になった

Ibuki_1910-302.jpg

今夜はその宗右衛門町にある
寿司割烹で晩ごはんだ

道頓堀川に沿ったビルの8階にある

 ■寿司割烹 いぶき
 
とても綺麗な店内だ
テラス席もあって
その向こうにはハルカスも見える

Ibuki_1910-303.jpg

奥行きのある落ち着いた
カウンター席にに座ると
ほどなく、ぐい呑が出てきた
ぐい呑の中は

 ・しじみのお出汁
 
空っぽの胃に沁み渡る旨さだ

Ibuki_1910-304.jpg

まず最初はこれだ

 ・のど黒
 
旨いっ!

さすが天下ののど黒
めちゃめちゃ旨い
最高だ

Ibuki_1910-305.jpg

続いて前菜が数品
少しずついろいろあって嬉しいねぇ

低温調理の鶏むね肉や
たこに銀杏

Ibuki_1910-306.jpg

煮あわびの握りもある
会席料理の八寸のミニチュア版やね

どれも酒のアテに最高だ

Ibuki_1910-307.jpg

飲み物はスパークリングをいただいた

お寿司には日本酒があうが
スパークリングもベストマッチだ

泡のあとは白ワインを楽しむことにする

Ibuki_1910-308.jpg

さて、いよいよ握りだ
まずはまぐろ

 ・漬けまぐろ
 
旨い
漬けの具合が絶妙だ

Ibuki_1910-309.jpg

赤身のあとはこれだ

 ・中とろ
 
まさいはふだんは
あまりまぐろを好んで食べないが
赤身にしてもトロにしても
ちゃんとしたやつは旨いねぇ

Ibuki_1910-310.jpg

この日の席は
ネタ箱の真ん前だ

真っ赤な金目鯛に
脂の乗った鯖

早く出てくるといいなぁ

Ibuki_1910-311.jpg

と、思ってたら
さっそく鯖が出てきた

以前、博多のお店で
五島の鯖を食べた時は衝撃的だった

それ以来、鯖は大好物で
正直なところ、まさいは
まぐろより鯖の方が好きなくらいだ

この日の鯖も旨いよ

Ibuki_1910-312.jpg

造りがふた品

 ・金目鯛
 ・カンパチ
 
ネタ箱の真ん中で
どーんと輝いていたやつだ

Ibuki_1910-313.jpg

どちらも新鮮でとても旨い

この黒いのは醤油ゼリー
昆布と味醂を合わせてあるらしい
こんなの初めてだが
口の中でとろけてネタと融合する

Ibuki_1910-314.jpg

待ってました

 ・うに

まさいのもっとも好きなネタのひとつだ
軍艦巻きではなく
シャリのうえに山のように乗っている

とても旨いうにが
これだけ山盛りになってたら大満足だ

Ibuki_1910-315.jpg

椀物だ
中身は毛蟹

しっかりした足の身が2本
嬉しいねぇ

Ibuki_1910-316.jpg

つづいての握りは車海老

ネタ箱に横たわっていた
大きな車海老

とても肉厚ですごく美味しい

Ibuki_1910-317.jpg

ここまでずっと
冷たいお料理ばかりだったが
温かいものが出てきた

 ・鮭と松茸の小鍋

お寿司のコースなので
基本、冷たいお料理なのだが
やっぱりひとつ温かいものがあると嬉しい
お出汁もとっても旨い

Ibuki_1910-318.jpg

そして
山盛りのいくら

実はこれは柚子の香りの
プチいくら丼なのだ

Ibuki_1910-319.jpg

半分食べたところで
断面図をお見せする

いくらはそれだけ食べるより
ごはんといっしょのほうが旨さ倍増なので
ぷち丼になってたのはサプライズで嬉しかった

Ibuki_1910-320.jpg

そして一合枡に入った

 ・蒸し鰻ごはん

近年、高級魚に出世した鰻
量は少ないがふわふわでとっても美味しい

Ibuki_1910-321.jpg

お口直しがでてきた
そろそろお料理も第4コーナーだ

 ・薄切り大根に梅肉とごまかつお

梅肉と大根のおかげで
口のなかがスッキリする

Ibuki_1910-322.jpg

ちょっと変わったものがでてきた

 ・まぐろの串揚げ

まぐろの身は火が通ると
パサパサになる場合が多いが
これはとてもしっとりしている

珍しいものをいただきました

Ibuki_1910-323.jpg

〆のごはんだ

会席料理だと
最後にごはんものがでてくるが
お寿司の場合、ちょっとずつ何度もでてくる

なので〆のごはんといっても
巻物がひとつ

 ・かんぴょう巻

太巻きにはいってるかんぴょうは
あまり嬉しいと思わないが
こうやってかんぴょうだけの巻物は
けっこう美味しいね

横の黄色いのは卵焼き

Ibuki_1910-324.jpg

この日、いただいたのは

 ・    《季節の逸品料理を織り交ぜて》
    おまかせ握りコース 12,800円

最高に旨い『のど黒』の握りから始まって
どのお料理もとても美味しくて大満足だ

最初に書いたような騒々しい宗右衛門町にあって
別世界のようにくつろげるひととき

大切な人との時間を過ごすのに最適なお店だね

Ibuki_1910-325.jpg

最後に食後酒として
『山形のにごりぶどう酒』
をいただいた

どれもこれもほんとに美味しかった

ごちそうさまでした

Ibuki_1910-326.jpg


──────────
【訪問日】 2019年10月
【店名】 寿司割烹 いぶき
【ジャンル】 寿司
【住所】 大阪市中央区宗右衛門町3-3 CANAL SIDE SOEMONCHO 8F
【キーワード】 寿司 鮨 すし 割烹 会席 宗右衛門町
──────────




寿司割烹 いぶき寿司 / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅
夜総合点★★★★ 4.1

関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !