FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

bistro_danjou_1903-201.jpg


20年前くらいから
ずっと行きたいいきたいと思ってた
老舗ビストロに行ってきた


bistro_danjou_1903-202.jpg

大阪ミナミの三津寺町にあるここだ

 ■Bistrot d'ANJOU
     depuis 1972


ビストロ・ダ・アンジュと読む
1972創業ということは大阪万博の2年後
ことしでなんと47年目だ

狭い階段をとおって地下に降りる

bistro_danjou_1903-203.jpg

店頭のメニューによると
とてもリーズナブルなお値段
この日は

 ・パリコース 1,680円
   前菜・メイン・デザート

をお願いする
前菜もメインもいくつかから選べる

bistro_danjou_1903-204.jpg

前菜にはいちばんビストロらしいのをえらんだ

 ・鶏と豚足のゼリー寄せテリーヌ

ビストロの基本のようなメニュー
楽しみだ!

グラスワインが350円なので
赤もいっしょにお願いする

bistro_danjou_1903-205.jpg

いただきまーっす

これこれ
やっぱりビストロきたら、これを食べたくなる

赤ワインにテリーヌ
最高だ!

bistro_danjou_1903-206.jpg

店内にも黒板があって
本日の前菜やメインが書かれている

さっきのは本日の前菜を選んだ
メインは鶏もも肉のコンフィを
頼むつもりだったが
この黒板を見たら気持ちが揺れる

bistro_danjou_1903-213.jpg

あまり予想していなかったが
店内を見回して驚いた

照明の色や薄暗さ具合といい
所狭しと壁にかかっている大きな黒板といい
まさにパリのビストロの雰囲気そのままじゃないか
お店に入った瞬間に
10年ほど前に行ったここを思い出した

 ■ Chez L'Ami Jean

ぎゅーぎゅーに並べられたテーブル
お店の人がそのテーブルを手前に引いて
壁際の席に座らせてくれる
これも本場とおなじ

余裕たっぷりのフレンチレストランとは違う
この窮屈感、最高に楽しい

bistro_danjou_1903-208.jpg

鶏もも肉のコンフィから心変わりして
メインに選んだのはこれ

 ・仔羊肩肉のトマト煮込み ”ナヴァラン”

ゴロンとした仔羊の肩肉といっしょに
ゴロンとした野菜が並んでる
いいねぇ

bistro_danjou_1903-209.jpg

ゴロンとした仔羊肉をカットして
いただきまーっす

いやぁ〜、ほんとに旨い
赤ワインにもベストマッチ

旨いうまいと独り言をいいながら
めしゃめしゃと食べる

至幸のひとときだ

bistro_danjou_1903-210.jpg

最初のオーダーのとき
デザートを決められなかったのだが
お隣の席の御婦人たちが食べていた
これに目が釘付けになってしまった

 ・苺とさくさくパイのミルフィーユ

ちかくでみるとさらに旨そうに見える

bistro_danjou_1903-211.jpg

カットするためにパイをフォークで刺す

 サクッ

ほんとに音が聞こえてくる
ちょっとしたカフェで食べると
このミルフィーユだけでも1,000円くらいしそうだよ

bistro_danjou_1903-212.jpg

このお店
夜になるともっとビストロらしい雰囲気になると思う
ディナーはアラカルトでも頼めるらしい
ちょっと値は張るが

 ・オマール海老といろいろ鮮魚の
    ブイヤベース マルセイユ風

がめっちゃ魅力的だ

きょうはおひとりさまランチだったが
次は夜に食べ友ちゃんといっしょに来て
本場のビストロの雰囲気とお料理を楽しむよ

ごちそうさまでした

──────────
【訪問日】 2019年3月
【店名】 Bistrot d'ANJOU ビストロ・ダ・アンジュ
【住所】 大阪市中央区心斎橋筋2-6-18 心斎橋早川ビルB1F
【キーワード】ビストロ bistrot フランス 田舎
──────────







ビストロ ダ アンジュフレンチ / 大阪難波駅心斎橋駅なんば駅(大阪メトロ)
昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !