FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Iroha_1803-101.jpg

3月に東京滞在中
2日ほど自由な時間ができたので
下町の三ノ輪にあるゲストハウスに泊まったのだが
その日の夜ごはんの話

Iroha_1803-102.jpg

ゲストハウスの近所に
おばあがやってる旨い沖縄料理店が
あると教えてもらったので
行ってみたら、臨時休業

うーむ、残念。

しかたなくあたりをうろうろしてて
見つけたのがこのお店

 ■手作り餃子の店 いろは

なかを覗くとおじいさんがひとりでやってる
旨いかどうかわからないが
お腹も空いていたので
とりあえず入ってみた

Iroha_1803-103.jpg

餃子にはビールだが、
この日はちょっと肌寒くて
あまりビール気分ではなかったので
これをお願いした

 ・紹興酒 350円くらい

燗はできるかと聞いたら
やったことないというので
常温でもらう

Iroha_1803-104.jpg

ちなみにこの日泊まったゲストハウスは

 ・Sato San's Rest

というところで
こじんまりしたとても落ち着ける宿だ

いろははそこから徒歩10分くらいにある
都電荒川線の終点 三ノ輪橋駅のすぐ前にある

Iroha_1803-105.jpg

夜、8時半を過ぎていたからか
先客はひとりだけだ

なにを頼もうかと壁のメニューを眺める

Iroha_1803-106.jpg

餃子を焼くのには
けっこう時間がかかるので
まずはこれをお願いした

 ・豚上もつ煮込 420円

柔らかく煮込まれたもつをアテに
ゆっくりと紹興酒を楽しむ

Iroha_1803-107.jpg

カウンターの目の前に
すごく年季がはいったコンロと鍋
ここで餃子をやくようだ

鍋とかすごく使い込まれているように
見えたので、長年ここで餃子屋さんを
続けているのだと思ったが
あとで話を聞くとまだ3年目らしい

Iroha_1803-108.jpg

まず最初に頼んだ餃子はこれだ

 ・ガッツリニンニク餃子 5個 380円

キレイな色合いに焼かれてでてきた
ニンニクがほんとにガッツリ入っていて
かなり旨い

あまり期待せずに入った店だが
ここはアタリだったようだ

先客はすでに帰ってしまって
客はまさい一人になったので
大将のおじいさんとすこし話しができた

Iroha_1803-109.jpg

ふたつめの餃子はこれだ

 ・水餃子 5個 330円

焼餃子とネタは同じらしいが
焼くのと茹でるのとでは
食感がぜんぜんちがう
これもとても旨い

このころまでに大将と
いろいろ話がもりあがった

この餃子屋はまだ3年だが
それまで浅草橋で40年ほど
居酒屋をやってたらしい
そして店を息子さんにゆずって
こちらに移ってきたそうだ

つぎに普通の

 ・焼餃子 5個 290円

をお願いした
そしたら大将がぽつんと言った

大将 焦げる寸前まで焼いていいですか?
まさい えっ、どういう意味?
大 餃子は焦げる寸前まで焼くのが一番旨いんですよ
  ふだんそれやると嫌がられるからしないけど
  お客さんには旨いもの食べてほしいと思って・・
ま へぇ、じゃあ、それでお願いします

Iroha_1803-110.jpg

きた〜

これが焦げる寸前まで焼いたやつだ
大将は家族とかに食べさせるときは
かならずココまで焼くらしい

楽しみに食べてみる
うっ、旨いっ!

最初のほどよい焼き加減のものも
とても旨かったが
これはそれよりもずっと旨い

Iroha_1803-111.jpg

近寄ってみるとこんな感じだ

焦げているようでけっして焦げていない
これが極められた職人技なのか

きょうは沖縄料理店が
臨時休業だったおかげで
ほんとに良い経験ができた

つぎは暑い日にきて
ビールをぐいっとやりながら
焦げる寸前の餃子をたらふく食べるよ

大将、ごちそうさまでした。

Iroha_1803-112.jpg


──────────
【訪問日】 2018年3月 
【店名】 手作り餃子の店 いろは
【ジャンル】 餃子
【住所】 東京都荒川区南千住1-12-6
【最寄駅】 都電荒川線 三ノ輪橋駅から28m
【キーワード】 餃子 ぎょうざ ギョウザ
──────────



いろは餃子 / 三ノ輪橋駅三ノ輪駅荒川一中前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !