美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Caravan_sarai_1801-201.jpg


東京の人が羨ましいぞと
ほんとに思った一夜だった


Caravan_sarai_1801-202.jpg

なぜかというと
大阪ではありえない
珍しい国の料理を食べられるからだ

この日はここに行ってきた

 ■西域的酒坐
  キャラヴァンサライ包(パオ)

アフガニスタンの遊牧民のお料理の店だ

Caravan_sarai_1801-203.jpg

以前もなんどか同じことを思ったことがある
それは代々木のカンボジア料理店に行ったときとか
六本木のスウェーデン料理店に行ったときとか・・


左側の扉を開けて入る
後からわかったのだが
ここは裏口だったようだ

Caravan_sarai_1801-204.jpg

こちらが表の入り口だ
入ったところには
アラジンの魔法のランプみたいなのが
いっぱい並んでる

Caravan_sarai_1801-205.jpg

アフガニスタンの遊牧民料理ってどんなのか
まったく想像がつかない
以前、パリで食べたレバノン料理のときも
想像がつかなかったがすごく旨かった
だから、今日もけっこう期待している

羊肉が中心らしいので、飲み物には
スペインの赤ワインを頼んだ

 ・ヌヴィアナ スペイン
   デキャンタ(500ml) 2,250円
  森の香りのするバランスの良いフルボディ

しっかり目で羊肉によくあいそうだ

Caravan_sarai_1801-206.jpg

まず一品目はこれだ

 ・ショルワ(羊すじ肉のスープ) 小380円

実は最初に串焼きを頼んだが
時間がかかりそうなので追加で頼んだ

これが予想外に絶品だったのだ!
羊の臭みなどまったくなく
そしてお味は筆舌に尽くしがたい
つまり言葉では感動を伝えられないということだ
ほんとにほんまに旨かった

こんな旨いスープだったら
小ではなく大にすべきだったと後悔する くらい
この日いちばんの感動モノだった

Caravan_sarai_1801-217.jpg

気がついたら
スープに感動しているあいだに
串焼きが2本届いている

 ・カバブ 300円
  (羊肉の鉄串炭火焼きアフガニー)
 ・コフタ 300円
  (羊肉団子の鉄串炭火焼き)

向こう側がカバブ、手前がコフタ
どちらも旨かったがまあ予想の範囲内だ

Caravan_sarai_1801-208.jpg

こちらがこの日いちばん楽しみにしていた
メインディッシュだ

 ・カラヒィ・羊 880円
  (羊肉とトマト、ししとうの鉄鍋焼き)

カラヒィというのは
アフガニスタン・パキスタンにまたがる地域で
使われている丸い鉄鍋のことで
この鍋で煮たり蒸したり揚げたりするらしい
そういう万能鍋だ

ほんとうはもっと大鍋で
豪快に料理するらしいが
この店では一人前にアレンジしてある

Caravan_sarai_1801-209.jpg

いやぁ、めっちゃ旨そうだ
熱々のをさっそくいただきまーっす

うまいっ!

熱々の羊肉にトマトの味がからんで最高だ。
遊牧民がうらやましいぞ

この鉄鍋、出てきたときはすごく熱いが
けっこうすぐに冷めてしまった
だから、熱々のうちに急いで食べたほうがいい

Caravan_sarai_1801-210.jpg

さっきからお皿のうしろに写っていたやつ

 ・ナン 350円

インドとかのナンと比べて
けっこうパリパリしている
これにカラヒィを乗せて食べると
さらに旨い

Caravan_sarai_1801-211.jpg

カラヒィを食べ終えて
まだまだお腹に余裕があるので
すこし野菜を頼んだ

 ・バンジャン 小400円
  (ナスのトマト煮)

これは予想通りのトマト煮で
あまり特徴がなかった
すこし香辛料が入っているようだが
よくわからなかった

Caravan_sarai_1801-212.jpg

最後の一品
これもかなり楽しみにしていたお料理

 ・ラグマン 大1,000円
 (羊挽肉とトマトとシシトウの胡麻ダレ和え麺)

大と小がある
きょうはひとりなので
ふつうなら小を頼むところだが
大と小で150円しか差がなかったのと
この魅力的な麺をいっぱい食べたかったので
悩んだ末、大を頼んでしまった

Caravan_sarai_1801-213.jpg

メニューに『和え麺』と書いてあったので
しっかり混ぜる
しっかり混ぜるのはアジア系の料理の基本だ
しっかり混ぜるとますます旨そうに見えてくる

こんなくらいでいいかな

Caravan_sarai_1801-214.jpg

これまためっちゃ旨そうやんか
いただきまーっす

食感はまさにイタリアの生パスタ
そして羊挽肉とトマトのソースが
ほんとに素晴らしい
旨杉謙信だ!

Caravan_sarai_1801-215.jpg

お皿を供されたときの量を見て
小にしておけばよかったかなと
一瞬後悔したが
あまりの旨さにあっというまに
完食してしまった

いやぁ、それにしても
どれもこれもほんとに旨かった馬勝った
アフガニスタン料理なんて
まったく想像ができなかったが
パリのレバノン料理以来の感動だ

まだまだ食べたいメニューがあるので
またすぐに再訪したいと思う

ごちそうさまでした。

Caravan_sarai_1801-216.jpg



──────────
【訪問日】 2018年1月 
【店名】   キャラバンサライ包(パオ)
【ジャンル】 アフガニスタン料理
【住所】 東京都中野区東中野2-25-6
【最寄駅】 JR・地下鉄 東中野駅 徒歩3分
【キーワード】 アフガニスタン パキスタン 遊牧民 パオ 羊 ラム マトン
──────────




キャラヴァンサライ包西アジア料理(その他) / 東中野駅落合駅中野坂上駅
夜総合点-

関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !