English | Top | RSS | Admin

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06


■ すし処 つま美
2016/03/12 10:45 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Tsumami_1603-326.jpg

まさいはお寿司は大好きだが
あまりお寿司屋さんには行かない
理由は

 美味しいお寿司は高い
 安いお寿司は不満が残る

だ。

Tsumami_1603-302.jpg

回ってないちゃんとしたお寿司屋さんに
この前行ったのはなんと5年も前のことだ

 ・鮨 いしばし


ここは素晴らしかったがとても不便なところにあって
なかなか気軽に行けない

Tsumami_1603-303.jpg

最近、旨い寿司を食べたい気分だったので
ちょっと検索してみたらここが人気らしい

 ■すし処 つま美

新福島の駅から徒歩5分くらいのところ
土曜日のランチに4人で行った

 ・特選14カンコース 2,200円(税込)

まず、突き出しに出てきたのは

 ・佐渡 イシモズク

シャキシャキとした歯ごたえが旨い

Tsumami_1603-304.jpg

土曜日は並ぶということだったので
開店(11時半)の40分くらい前に行った
幸い1番乗りだったがそのあと10分もしたら
もうすごい行列になってしまっている

店内、1階はL字型のカウンター9席のみ
2階にお座敷があるらしい

カウンターの上にお皿が置いてあり
その上に乗ったガリがお寿司の登場を待っている

このガリがまた絶品なのだ

Tsumami_1603-305.jpg

この日は食事のあと用があったので
お酒は頼まなかった
同行の二人はおすすめ地酒の冷酒を注文
まさいは羨ましそうにそれを眺める

 ・真鯛

いきなりひとつ目から絶品の握りが出てきた
めっちゃ旨い

Tsumami_1603-306.jpg

ふたつ目に供されたのは
まさいのもっとも好きなネタだ
トロとかヒラメよりも好きだ

 ・もんごいか
  竹炭塩、ゆず、レモン

これがまた素晴らしい

竹炭塩と削ったゆずの皮が振ってあり
とっても良い香りだ
人生の中で最高のイカかもしれない

Tsumami_1603-307.jpg

素晴らしいイカを堪能して
大満足でカウンターの周りを見回していたら
こんなのを見つけた

 ・NO SMOKING

パチパチパチ、素晴らしい!

たいがいの寿司屋は喫煙可で
いくら寿司が上手くても
タバコの臭いで台無しになることが多い

日本全国の飲食店が全て禁煙になる日が
早くやってくることを望む

Tsumami_1603-308.jpg

わぉ、なんだこれは?
なんとも美しい魚ではないか!

いったいこの美しい魚はなんですか?
と問うと

 ・はまち

です。

えっ、は・ま・ち?

うへぇ〜
はまちってこんなに美しい色合いだっけ?

Tsumami_1603-309.jpg

よっつ目に出てきたのはこれ
これだけはまさいでも名前を当てられる

 ・サーモン

美しいピンクの上に乗ってる緑色は『ねぎ塩』
サーモンだけでももちろん旨いが
このねぎ塩とのコンビネーション、最高だ

Tsumami_1603-310.jpg

まさいの横で二人が酒を旨そうに飲んでる
こんな旨いアテで飲む酒は最高だろう
羨ましいぞ!

いつつ目はこれ

 ・中トロ

ふだんよく見る中トロよりだいぶ赤っぽいが
口の中に入れるととろけるように消えていく

Tsumami_1603-311.jpg

カウンターの前に飾りのように置かれている
玉子焼き

お店の名前の焼印が押されていてなんだか可愛い
一人前の寿司職人になるためには
こんな立派な玉子焼きも作らないといけない

あとで出てくるんだろうが、楽しみだ

Tsumami_1603-312.jpg

握り寿司の写真は単調なので
たくさん見ていると飽きてくるが
これはちょっと違うし
ひとめでなんだかわかるよね

 ・しめ鯖

子供のころ、このすっぱいしめ鯖は
大嫌いだったけど、最近は大好物になった
めちゃ美味しいよ

Tsumami_1603-313.jpg

次に出てきたのはこれ
見ただけではなんだかわからない

 ・かんぱち

漢字で間八と書くそうだ

頭を正面から見ると
目と目の間に『八』の字のような
黒い紋様があるからこんな名前になったのだと
板前さんが教えてくれた

Tsumami_1603-314.jpg

次のひと品は
ふだんよく見るのとちょっと違う感じがする

 ・瀬戸内 生たこ 梅肉添え

たこというとなまでも茹でたのでも
大きな吸盤が目立つのですぐにわかるが
これはよく見ないとわからない

しかしさすが瀬戸内のたこ、味は絶品だ
コリコリ感も素晴らしいし、とても旨い
たこほど良し悪しの差がはっきりしてるものも珍しい

Tsumami_1603-315.jpg

ここで赤だしが出てくる
お寿司はいっぷくだ

ここまでで8カン
いずれもパーフェクトなお寿司だった
このあとどんなのが出てくるのか
とても楽しみだよ

Tsumami_1603-316.jpg

つづいて出てきたのはこれ
ひとめでわかるタコ

 ・ゆでたこ 海苔巻き

さっきのはなまだったが
こちらは茹でてある
そして海苔を巻いてタレを塗る

生たことは全然違う食感
全然違う味わい

不思議だねぇ

Tsumami_1603-317.jpg

最初の方で中トロが出てきたが
今度は赤身

 ・インドまぐろ 赤身

ふだん赤身のまぐろは特別旨いと感じないまさいだが
これは旨かった
ネタが違うのか、ウデが違うのか
とにかく旨いのだ

Tsumami_1603-318.jpg

さっき、焼印を押されて
カウンターの上に飾ってあったやつ

 ・玉子焼き

寿司屋では玉(ぎょく)と呼ぶらしい
東京の玉子焼きのように甘すぎず
だし巻きに近い味わいだ

握り寿司のひとつに数えずに
別に出てくるのが嬉しい

Tsumami_1603-319.jpg

つづいてはまさいの大好きなひと品

 ・いくら ゆずの香り

いくらの軍艦くらいは自分で作っても
上等のいくらさえ使えば一流のものができるだろう
と、ずっと思っていたが大間違いだ

このいくらの軍艦巻きは一味違う
ほのかなゆずの香りが素晴らしいのだ
参りました!

Tsumami_1603-320.jpg

これまた見るからに旨そうだ

 ・煮あなご炙り

あなごがすごく柔らかくてすぐ崩れるから
気をつけてくださいねと板前さんが言う

Tsumami_1603-321.jpg

今までひとつも持ち上げ写真がなかったので
この崩れやすい煮あなごでやってみる
めっちゃ慎重に持ち上げる

 いただきま〜っす!

ほんとに柔らかくて
口の中に入れるとあっという間に
崩れてなくなってしまう

Tsumami_1603-322.jpg

そろそろ終盤に差し掛かったようだ
お野菜の軍艦巻きが出てくる

 ・広島菜

一見、野沢菜のようだが広島菜
さっぱりしていてとても旨い

Tsumami_1603-323.jpg

そして最後はこれだ

 ・お稲荷さん

稲荷寿司のことだが
関西ではお稲荷さんと呼ぶ
庶民の味だ

ところがこれまた
いつも食べてるお稲荷さんとは次元が違う
見た目が妙齢のお嬢さんのようにお上品
そして、見た目通り素晴らしく旨いのだ!

折り詰めにしてもらって
お土産に持って帰りたいくらいだ

Tsumami_1603-324.jpg

お稲荷さんで14カンは終了だが
ほんとの最後にこれが出てきた

 ・手巻き寿司 きゅうり

素晴らしかった握り寿司の
余韻を楽しみながら手巻きのきゅうりをいただく

最初に特選14カンコース 2,200円と書いたが
単純計算したら1カンあたり150円ほどだ
回ってる寿司屋と大差ない
これだけのクォリティーのお寿司を
ひとつ150円でいただけるなんて信じられない

さらにそれに前菜、玉、手巻き、お椀がつくのだ
もう、ほんとに大満足だ

いままでずっと

 美味しいお寿司は高い
 安いお寿司は不満が残る

と、お経のように唱えていたが
まさいの常識は覆された

これからココにあしげく通ってしまいそうだ

ほんとにほんとに旨かったし大満足だ
ごちそうさまでした

Tsumami_1603-325.jpg


──────────
【訪問日】 2016年3月 
【店名】 つま美
【ジャンル】 寿司
【住所】 大阪市福島区福島4-5-55
【最寄り駅】 JR東西線 新福島駅 徒歩5分
【キーワード】 寿司 鮨 スシ すし 江戸前
──────────



つま美寿司 / 新福島駅中之島駅福島駅
昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ 立呑み 大安  立ちふぐ | ホーム | ■ Mode di Ponte Vecchio>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1526-557a327b
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ