English | Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


■ Restaurant Différence レストラン ディファランス
2016/01/23 12:02 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Difference_1601-201.jpg

新年が明けてすぐのころ
久しぶりにちょっと上等のランチに行ってきた

 ■Restaurant Différence

レストラン ディファランスと読む
直訳すると『違うレストラン』
ほかのお店と同じような料理は出さないよ!
という意思表示なのかな
まさいはこういうのは大好きだ

Difference_1601-202.jpg

お店の間口は小さめだが
なかにはいるととてもゆったり感がある

そしてテーブルにつく
そこにはおしゃれなプレートとナプキン

どんなお料理が供されるのか
とてもドキドキする瞬間だ

Difference_1601-203.jpg

まずはアミューズ
ドキドキしながら待ってたら
和菓子のおまんじゅうが出てきた

なんやこれは? と思いながら
一口いただく。

うわぁ、なんやこれは? とまた思う。
表面の食感は大福餅だが
中身は正真正銘のフレンチ

 ・安納芋のおまんじゅう

いきなりの感動だ

Difference_1601-205.jpg

こんどは茶碗蒸しみたいなのがでてきた
それにテーブルでスープが追加されて
お料理が完成する

 ・新玉葱の茶碗蒸し

ちゃんとした名前はあると思うが
茶碗蒸しにしか見えない。

でも、もちろんフレンチテイスト
これまた素晴らしい

Difference_1601-206.jpg

メニューによると
つぎにでてくるのはこれ

 ・カントリーマァム

サービスのお兄さんが

 今朝、スーパーで買ってきましたぁ

と言いながらテーブルに並べる

手抜きやなぁと思いながら
よく見るとちょと形が違う
いつも食べてるやつよりまん丸い
ボールのような形だ

ひとくちかじる
うひゃ~、これまた旨い
不二家のカントリーマァムも旨いが
それにくらべて100倍は旨い
中にフォアグラが入ってるらしい

五袋ほど買って、お持ち帰りしたいくらいだ

Difference_1601-208.jpg

このあと、パンがでてくる
そして、パンと一緒にでてきたのは
大きなバターの塊と
どこかの岩塩

このバターと岩塩がまた旨い

朝ごはんだったら
フランスパン1本と
このバターと塩だけで十分だ

Difference_1601-209.jpg

アミューズでいっぱい驚かせてくれて
やっとオードブル一皿目だ

 ・鴨と烏賊と菜の花と八朔

冷製オードブル
いかにも冷やっとしたビジュアルだ
この一皿

鴨と菜の花
黄色いのは八朔のシャーベット
そしてチルドの烏賊をスライスしたものを
乗せてある

いやぁ、これまた素晴らしく旨い

Difference_1601-217.jpg

真上からの写真をもう一枚

なぜかこの一皿
いろんなアングルで撮ったが
一枚も満足なのがなかった

美味しさをうまく伝えられないのが残念だ

Difference_1601-210.jpg

オードブル2皿目
こんどは綺麗に撮れた

 ・鯖と菊芋と金柑と山葵

さっきから感じるが
どのお皿もそれぞれの素材の旨さが
絶妙にコンビネーションされている

これも完璧な焼き鯖に
金柑や山葵のテイストがまざって
素晴らしい味になっている

そしてこれまた和の素材だが
ちゃんとしたフレンチだ

Difference_1601-211.jpg

時間がとてもゆっくりと流れる

イタリアンならプリモピアットだが
フレンチなのでオードブル3皿目か

 ・フォアグラと海老と豚と桂皮

パスタにフォアグラと桂皮を練り込んでる
桂皮はシナモンのことらしい

フォアグラはパスタの陰に隠れてる
イタリアンのプリモとは趣は違うが
とっても美味しいパスタだ
海老のソースがとてもよい香りだ

Difference_1601-212.jpg

お魚の料理にすすむ

 ・鰆と春菊と卵と和牛

鰆はさわら
鰆のうえに軽く炙った和牛
贅沢なコンビネーションだ

春菊のソースに半熟の卵
これをつけながらいただく

まさいのお皿だけ黄身が割れてたが
きっとお弟子さんの作品なんだろう

Difference_1601-213.jpg

そしてお肉の料理は鶏

 ・但馬鶏と青海苔と新じゃがとポワロー

ポワローというのはベルギーで採れる
ポロネギのことらしい
そのポワローの上に但馬鶏
青海苔のソースをつけていただく

とてもレアな但馬鶏の胸肉
すごく柔らかくて味がある

ポワローとの相性も絶妙だ

Difference_1601-214.jpg

このコースは¥5,085(税サ込)

予想以上に品数が多くて
そしてどれも美味しいので感動している

そしていよいよデザートだ

 ・トマトと林檎と三つ葉とフロマージュ

トマトのシャーベットと林檎のコンポート
そして三つ葉をすこしちらしてある

これにフロマージュソースを
トップ写真のように目の前でかけてくれる

Difference_1601-215.jpg

最後の小菓子をいただきながら思った

どのお料理も素材のコンビネーションが
見事だった。
クォリティとボリュームのバランスも
ちょうどよい。
そしてありふれたお料理はひとつもない

ほかのお店と同じような料理は出さないよ
という、店名に込められたメッセージ
お料理に見事に反映されている

ほんとにこの日は感動の連続だった
つぎはぜひとも
夜のコースをじっくりと楽しみたいものだ

ごちそうさまでした。

Difference_1601-216.jpg



──────────
【訪問日】 2016年1月 
【店名】 Restaurant Différence レストラン ディファランス
【ジャンル】 フレンチ
【住所】 大阪市西区靱本町1-16-12
【最寄り駅】 地下鉄四つ橋線 本町駅 28番出口 徒歩5分
【キーワード】 French フレンチ フランス料理
──────────




レストランディファランスフレンチ / 本町駅肥後橋駅阿波座駅
昼総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ 名代 後楽そば | ホーム | ■ そば喜邐 山く>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1520-d0a3ed91
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ