English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ まるさ 本店 / 石垣島
2014/10/23 09:20 |
Marusa_1410-101.jpg

何十年ぶりかで石垣島に泊まる機会があった
以前はたいてい1泊2食付きの
民宿に泊まってたので外食をした記憶が
ほとんどない

今回は1泊1500円くらいのゲストハウスに
泊まり、夕食は人気のお店に行くことにした

Marusa_1410-102.jpg

石垣島には石垣牛という有名な牛がいるが
現地にきてもやはりけっこうなお値段だ
なので今回は石垣牛ではなく島料理を
いろいろ出してくれるここに行く

 ■まるさ 本店

宿でチャリを借りて、それに乗って行く
港からはすこし上り坂になっているが
10分程度で到着

地元でも人気のお店らしく
予約をしておかないと入れないらしいので
ちゃんと予約していったよ

Marusa_1410-103.jpg

沖縄と言えば泡盛
そして、それぞれの島で醸造している
地酒がたくさんある
石垣島のだけでもけっこうな種類があって
どれを選べばいいのかさっぱり??なので
お店のひとに聞いてみた

 まさい ちょっとクセのある
     泡盛はどれですか?
 店の人 だったらこれがお薦めですね

と薦めてくれたのがこれ

 ・玉の露 カラカラ 600円

肩書きにはこう書いてある
八重山最古の酒蔵
 石垣島字石垣 玉那覇酒造所 

うん、匂いがきつめでとても旨い!
ちなみにカラカラとは泡盛用のとっくり
みたいなもので、これには1合入ってる

Marusa_1410-104.jpg

こちらはお薦めの島創作料理
初めて聞く名前もあって
どれも魅力的だ

これ以外に定番のメニューもいろいろある

Marusa_1410-105.jpg

島創作料理のなかから
まずこれをお願いした

 ・おまかせ刺身の3点盛 800円

この日のお魚は左から

 ・イラブチャー
 ・ミーバイ
 ・島タコ 

そして、刺身のつまには海ぶどう

イラブチャーというのは青ブダイの
ことらしく南国の魚の代表格だそうだ
食感は独特で、こりこりしている

Marusa_1410-106.jpg

こちらはミーバイ
ハタ類のことを沖縄でこう呼ぶ
食感は肉厚のヒラメのような感じ

いずれもとても新鮮でほんとに旨い

ほかに6点盛や9点盛があって
とても豪華な盛りつけらしいのだが
1人では食べきれないだろうと思い
注文するのを断念した。残念ざんねん

Marusa_1410-107.jpg

続いて出てきたのは揚出し豆腐。
といってもタダの揚出し豆腐ではない

 ・じーまみー豆腐の揚出し 380円

これがまた、すっごくモチモチしていて
ほんとに旨い!
島豆腐ってこんな食感だったんだぁと
改めて感じさせてくれる一品

Marusa_1410-108.jpg

店内はこんな感じ
手前が6席くらいのカウンター席で
奥は掘りごたつ式の板の間
とってもゆとりのある店内だ

7時頃にやってきたお客さんは
満席で断られてる人もいたが、
ゆとりのある配置なので
ぜんぜん満員という感じがしない

Marusa_1410-109.jpg

さて、続いての島料理はコレ

 ・あぐー豚三枚肉の一夜干し 500円

あぐー豚というのは沖縄県の琉球在来豚を
原種とした銘柄豚で、島豚ともいうらしい
それの三枚肉(バラ肉)の干し肉を
軽く炙ったもの

これが絶妙の干し具合、絶妙の塩加減で
泡盛のアテには最高の一品だ

Marusa_1410-110.jpg

おいしい料理に旨い泡盛
至福のひとときがつづく

泡盛のおかわりはこれ

 ・直火請福 カラカラ 600円
   島人の定番
   石垣島新川 請福酒造

肩書き通り、石垣島の人たちの一番人気
請福がないと始まらないって感じだ

Marusa_1410-111.jpg

楽しみにしていた島料理がやってきた

 ・グルクンのアーサー揚げ 680円

グルクンというのはたかさごのことだ
沖縄の県魚にも指定されているくらい
島ではポピュラーなお魚
この身とアーサーを練って揚げたもの
石垣の塩をつけていただく
これがまた絶品だ!

そして、しっかり揚げたグルクンは
頭も骨も尾っぽもぜんぶ食べられる

Marusa_1410-113.jpg

お店に来る前から
〆のお料理はそうめんチャンプルに
しようと決めていたのだが
こう書かれたメニューを見て心変わりした

 ・からそば 冷製 480円

か・ら・め・る・そば からそば
 八重山そばを汁無しで
 醤油、綱、刻んだ島葱などを
 麺と絡めて食べる、島料理
 昔から島人に愛され続けてきた
 八重山そばの食べ方。

 (中略)

 八重山そばの本来の旨味を
 ダイレクトに味わうことのできる
 からそば

Marusa_1410-114.jpg

まるさの島料理はどれも旨かったが
実を言うと
この日、もっとも『うまいっ!』と
心底思ったのはこのからそばだった

八重山そばのイメージを
根底から覆すようなこの食感
八重山そばの底力がぞんぶんに現れている
素晴らしい一品だ

Marusa_1410-115.jpg

居酒屋で一人飲みしていると
たいてい酒が足りなくて
もういっぱい頼もうかどうしようか
迷う場合が多いのだが、ここでは逆だ

泡盛の1合というのは
けっこう飲みごたえがあって
なかなか減らない

もっと食べたいと思っても
もうお腹がいっぱいで入らないので
からそばの感動をアテに
のこった請福をゆっくりいただいた

ひとりで2時間半かけて
ゆったりといただいた島料理の品々
至福のひとときだったよ

ごちそうさまでした♩

Marusa_1410-116.jpg

──────────
【訪問日】 2014年10月 
【店名】 まるさ 本店
【ジャンル】 居酒屋
【住所】 沖縄県石垣市字石垣503-1
【最寄駅】 
【キーワード】 石垣島 八重山 島料理
──────────


               

まるさ 本店魚介・海鮮料理 / 石垣市)
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
沖縄 トラックバック(1) | コメント(0)


<<■ とうふの比嘉 / 石垣島 | ホーム | ■ のりば食堂 / 石垣島>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1399-86890f53
FC2blog user only
ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/24 09:11)
石垣市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント【2014/10/24 09:11】


| TOP |
ブログパーツ