English | Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


■ パクセー(Pakse)/ラオス最初の街
2014/08/08 15:07 |
Pakse_1408-101.jpg

タイ〜ラオスの国境から
ソンテウに揺られておよそ1時間


メコン川の立派な橋を渡って左折
パクセー(Paksee)の市場の前に到着
ラオスの街はどんなところだろうと
ワクワク・ドキドキだ
上の写真はパクセーの夜景

降りてすぐのところで
旨そうな鶏の丸焼きを焼いている
とても旨そうだがぜんぶ丸鶏ばかりで
ちょっとデカすぎるので買うのは諦める

Pakse_1408-102.jpg

宿の場所がさっぱりわからないので
市場の前からラオス式バイタクに乗って
いくことにする

バンコクのトゥクトゥクや
ベトナムのバイクタクシーは
かならず乗る前に値段交渉するが
最初はたいていふっかけてくる

そのこころづもりで値段を聞いた

 まさい ○×までいくらだ?
 運ちゃん 20,000キープだ
 ま う〜ん、10,000で行ってくれないか?
 運 ダメだ、20,000だ
 ま じゃあ、15,000でどうだ?

と食い下がると、周りにいた
ほかのバイタクの運ちゃんまで
声を揃えて、『20,000だ!』という
日本円でおよそ250円

しかたないので、その値段で乗る
でも、どうやらそれは
正しい値段だったようだ

このあと、ラオスのあちこちで
バイタクに乗ったが
ラオスでは客にふっかけるという
習慣がないらしく、最初から正しい
値段を言ってることがわかってきた。

それがわかるととても楽だ
値段を聞いて気軽に乗ることができる

Pakse_1408-103.jpg

今回のラオスの旅
バンコクから普通列車とローカルバスで
国境まで来て、歩いて国境を越えると言う
最初のメーンイベントが無事完了したので
ちょっと気が抜けている

だからパクセーでなにをしようか
どこを観ようかなどなにも考えていない

こういう状態で街をブラブラしてたとき
長距離バスの料金表の看板を見つけたので

 ああ、パクセーはスルーして
 もっと田舎にいこうかな・・

って思ってしまった

Pakse_1408-104.jpg

その看板はレストランの前にあったので
とりあえずビールを飲みながら
どうするか考えることにする

 ・Beer Lao 大瓶 10kキープ

楽しみにしていたビアラオ
ラオスではどこいってもこれだが
他国ではなかなか飲めない
かなり旨いよ、このビアラオ

ビアラオはどこにいっても
この大瓶が基本サイズだ

Pakse_1408-105.jpg

最初はビールだけ飲もうかと思ったが
ちょうどいい時間なので
晩ごはんも食べることにした

 ・Lao Noodle 18kキープ

この麺、ちゃんとした名前あると思うけど
メニューにはラオ・ヌードルとしか
書いていなかった
どうやら観光客向けのメニューらしい

Pakse_1408-106.jpg

米粉の麺はちょっと平べったくって
とてもツルツルしている
きしめんのような食感で旨い

スープはチキン出汁のようで
こちらもとても旨かったよ

ラオス初の食事は大満足
ビールと麺で28kキープ
およそ350円

ちなみにキープの円換算のしかたは
1k(1,000)を12〜3倍するとよい

 28k(28,000)キープ × 12 = 336円

てな感じ
ベトナムもカンボジアも同じだが
ラオスも0がおおいので、k単位にしてから
かけ算するほうがわかりやすい

 ベトナム(ドン)  は5倍
 カンボジア(リアル)は25倍
 ラオス(キープ)  は12倍

日本式に何万キープと読んでしまうと
換算がとてもわかりにくい

Pakse_1408-107.jpg

ビールを飲みながら悩んだ末
このバスに乗ることに決めた

 ・Don Det 70kキープ

Don Detはデット島の意味
ラオス最南部のメコン川に浮かぶ
たくさんの島のなかの一つ
Nakasongというところまでバス
そのあと渡し船にのる

PakseからNakasongまでおよそ150km
だいたい3時間くらい乗るが
バス代は850円程度。
ラオスの物価から考えるとちょっと高いが
観光客用のバスだからしかたがない

明日の朝8時に宿まで迎えに来てくれる

Pakse_1408-108.jpg

明日の予定を決めてひと安心
美味しいビアラオとラオ麺にも満足して
暗くなりかけた街をのんびりと宿に向かう

↑は宿への途中で通りかかった街角

日が沈んだあとに少し残った空の明かりと
街灯の色が混じり合って
素晴らしい光景をつくり出している
まるで古い映画の一シーンのようだ

Pakse_1408-109.jpg

パクセーの夜の街をあるくと
あちこちでこういう小さいテーブルを出して
何かをしている女の子を見かける

数十メートル間隔であまりにもたくさん
こうやってるのを見かけたので
気になってなにをしているのか聞いてみた

 まさい ここでなにしてるの?
 女の子 これ売ってるの

といって指差したのは、馬券だった
それぞれ違うものを売っているらしく
この娘は馬券だったが、宝くじとか
ほかのギャンブルの券をうっている娘も
いるようだ

売り子は全員若い女の子だった
夜遅くに、女の子が道ばたで
こういう商売ができるというのは
やはりラオスは安全な国なんだろうなって
思ったよ

Pakse_1408-110.jpg

パクセーの宿のことはまた別に書く
これは翌朝、宿の近くで
朝ごはんを買った屋台
ベトナムのバインミーみたいな
フランスパンのサンドイッチ屋さん

 ・カオ・チー・サイ・クワン 6kキープ

ひとつおよそ75円

Pakse_1408-111.jpg

ラオスの朝食でとても一般的なこれ
ここに作り方が載っているが、簡単に言うと

 ・フランスパンを炭火で焼く
   表面カリカリ、中はふんわり
 ・豚のパテとマーガリンを塗る
 ・具を詰める
 ・ソースをかける

という手順

Pakse_1408-112.jpg

このカオ・チー・サイ・クワンを
宿に持って帰って、ベランダから
こんな光景を眺めながらいただいた

旨かった。絶品だ。
いやぁ、幸先の良い一日の始まりだ!


■訪問日:2014年8月
■ラオスの話 ぜんぶ



関連記事
___________________________
ラオス トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ Deuane Savanh GH / Pakse Laos | ホーム | ■ 国境からPakseへ / ラオス国境越え その5>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1387-a674dfd8
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ