English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ 炉ばた 雷橋 / 博多
2014/09/17 18:54 |
Kaminaribashi_1405-101.jpg

青葉茂れる今年の5月に
グルメなブラジル人友が来日したとき
いっしょに博多に行く機会があった

博多といえば、日本の都会の中では
特に旨くて安いものが多い街だ
そのことをブラ友に話すと

 ソリャイイ
 ウマイミセニ ツレテイッテクレ!

と期待に胸を膨らませてる

Kaminaribashi_1405-102.jpg

博多と言えばもつ鍋や水炊きが有名だが
そういう並な料理には行きたくない

いろいろリサーチした結果
ここに行くことに決めた

 ・炉ばた 雷橋

炉端焼きというと、
なんか安っぽいチェーン店を想像するが
ここは違う。
本気の炉端焼きらしい!

Kaminaribashi_1405-103.jpg

まずはビールで乾杯したあと
まさいは焼酎のお湯割
ブラ友は焼酎のロック

炭火の炉を前にして
なんども乾杯をする
ちなみにブラジルではカンパーイの時

 サウジ〜!

と叫ぶ(ポルトガル語らしい)

Kaminaribashi_1405-104.jpg

カウンターの前には
何枚かメニューが貼ってある

どれも美味しそうだ
お値段もリーズナブル
ブラ友と相談しながらチョイスする

Kaminaribashi_1405-105.jpg

一般的に西洋人は
苦手な和食メニューが多い
しかしこのブラ友
なんでも喜んで食べてくれるので
まさいとしては選びがいがある
まずはこれから

 ・鯛の白子ポン酢 600円

ブラ友がお箸をじょうずに使って
白子をひとつ口に運ぶ
どんな反応をするかと楽しみに見てると

 オー グレート !

と声を出して喜ぶ。
海外ではふつうお目にかかれない
こういうのを喜んで食べてくれると
ほんとに嬉しいよ

Kaminaribashi_1405-106.jpg

カウンターに組み込まれた
炭火の炉の上に食材が置かれる

こういうふうに目の前で焼いてくれると
楽しいし、けっこう焼き方の勉強になる

Kaminaribashi_1405-107.jpg

まず、お願いした焼き物はこれだ

 ・鶏盛 一人前 500円
   もも・なんこつ・つくね
   砂ずり・テール・せせり

ひとつづつ順番に
ゆっくり時間をかけて焼いてくれる

Kaminaribashi_1405-108.jpg

鶏を焼いている間に
こんな小さな魚が出てきた

なんというものを頼んだのか
忘れてしまったが
これも旨かったよ。

Kaminaribashi_1405-109.jpg

海外でなかなか気軽に食べられないもの
それは、『生卵』

もちろん生卵自身は簡単に手に入るが
それを気軽に『ナマ』で食べられない
生卵をそのまま安心して
食べられるのは日本だけだ

その生卵だけがお皿にのって出てくる
日本人なら何のためにこれが出てきたのか
すぐに理解できる
しかしブラ友にはわからない

 コノ、ナマタマゴ
 コノママ タベルノカ?

まさいはそれに答えず
ニヤニヤしながら次の料理を待つ

Kaminaribashi_1405-110.jpg

しばらく待つと
炭火の上で焼き上がったつくねがでてくる

 これをナマタマゴにつけて食べるんだよ

というと、ほほ〜という顔をして
ブラ友がトライする

 ワォ、ウマイジャナイデスカ!

まさいはニヤッと笑う

Kaminaribashi_1405-111.jpg

鶏だけでなく
もちろん野菜も頼む
いろんな野菜があってどれも200円だが
おまかせでこれをお願いする

 ・野菜盛り合わせ 一人前 600円

どんな野菜を出してくれるのか
とても楽しみ!

Kaminaribashi_1405-112.jpg

まず最初にでてきたのは
すごい大きさのコレ

 ・鹿児島 空豆

これは旨かった!
しっかりと豆の味と香りがする

そのほか椎茸とかいろいろ
ほんとにしっかりと野菜の味が
するものばかりでてきたよ。

Kaminaribashi_1405-113.jpg

鶏、野菜とくるとつぎは魚だ

 ・北海道産 本ししゃも

ふだんスーパーとかで
ししゃもと称して売ってるのは
ほんとうのししゃもではないらしい
これは北海道でとれた
ほんまもんの『ししゃも』

雄と雌とで味わいがちがうというので
両方焼いてもらった

いつも食べてるのより
すごく大きくて
そしてほんとに旨い

Kaminaribashi_1405-114.jpg

旨いししゃもを堪能したあと
すこし休憩するためにこれを頼んだ

 ・ポテトめんたいサラダ 500円 

ふつうのポテサラかと思ったら
海苔がついてきた

Kaminaribashi_1405-115.jpg

 ドウヤッテタベルノダ?
 たぶん、こうやって食べるんだろう

と海苔巻きにしてみた
これがまた旨い!
海苔と明太子とポテトのトリオ

これなら家でも簡単にできるので
こんど酒のアテにつくってみよう

Kaminaribashi_1405-116.jpg

お席はすべてカウンターの12席のみ
みんな炭火の炉の真ん前で
食事ができるようになっている

お店の人の心のこもったもてなしが
ほんとに肌で感じるようで嬉しい
食事をしているほかのお客さんたちも
みんなほんとに幸せそうな表情だよ

Kaminaribashi_1405-117.jpg

さて、炉端でいちばん楽しみな食材
それは魚の干物の炭火焼
これを最後の
メインディッシュにとっておいた

 ・トロあじ 700円

干物はいろいろ魅力的なものがあったが
やっぱり干物ベストはアジだろう!

 ブラ友 コレハナントイウサカナダ?
 まさい 鯵だよ それも極上の
 ブ エイゴデハ、ナントイウノダ?
 ま 知らん

肉は野菜は英語で説明するのはやさしいが
魚を説明するのはたいへんだ
しかも『トロ』なんて英語あるのか?

もちろん、極上の鯵の干物
最高に旨かった!
ブラ友も大感激してた

旨い魚を干して焼くだけ
こういうシンプルなお料理
海外になかなかないんだよね
日本食バンザイって気分になる

Kaminaribashi_1405-118.jpg

メインの料理が終わるとデザートだ
しかし本気の炉端に甘いものなどない
そこでまさいはこれをデザートに選んだ

 ・京のざる豆腐

ちゃんとした名前は忘れたが
要は手作りの豆腐の冷やっこだ
これを生姜醤油でいただく

これがまた旨い
この豆腐と言う食材
オールマイティだよね

前菜で食べてもよし
一品料理でもよし
鍋に入れてもよし
そして、デザートにもよし

江戸時代に豆腐百珍というレシピ集が
あったらしいけど
100種類、ぜんぶ食べてみたいよ

Kaminaribashi_1405-119.jpg

博多には旨いものがゴマンとあるが
ここの炉ばたはほんと感動ものだった
まさに本気の炉ばた焼き!
しかもお値段はリーズナブル

博多にいったら
もつ鍋や豚骨ラーメンばかりに走らず
ぜひこういう隠れた名店に行ってほしい

ゴチソウサマデシタ(ブラ友)
ごちそうさまでした(まさい)

──────────
【訪問日】 2014年5月 
【店名】 炉ばた 雷橋
【ジャンル】 炉端焼き
【住所】 福岡市中央区渡辺通5-24-37
【最寄駅】 地下鉄 天神駅 徒歩7分
【キーワード】 ろばた 炉ばた 炉端 博多 福岡
──────────


炉ばた雷橋ろばた焼き / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)天神駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ Ubon Ratchathani の市場での朝食 | ホーム | ■ Kimagure French 黒猫>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1381-9b57ea9c
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ