English | Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


■黄山での夕食 黄山徽菜第一店
2006/06/20 01:06 |
■こちらの話のつづき

黄山の世界自然・文化遺産の階段地獄で難行苦行してきたぼくたちは
意識朦朧としながらマイクロバスにゆられてたけど
ほどなくとある大きな門構えの前でバスが止まったんだ

CIMG4740.jpg

おっ、晩ごはん!
意識がもどりましたっ♪

■黄山徽菜第一店

というお店
門構えはまさに伝統的な中国の建物って感じです
徽菜というのは『徽州料理』のことらしいです。

中国の地元料理のレストランではよく見かけるんだけど
ここもお店の入り口で食べたい食材を指定して
お料理をしていただきます。

CIMG4742.jpg

お肉のパート、お魚のパート、野菜のパートという具合に
分かれて展示されてるけど、お肉のパートには
なにやら見慣れない動物の肉がつり下げられてるね~
なんだろ、これ?

CIMG4745.jpg

お魚も日本のとはかなり違うよ

ぼくたちには何が美味しいのか、なにが名物なのか
よくわからないので、同行した中国人の方々に
おまかせしました。 お店のひとといろいろやりとりしながら
つぎつぎとメニューを決めていってくれます。

期待半分、不安半分…

いっしょに食事をした人たちの人数が多かったので
かなりたくさんの種類のものをいただくことができました。
もう、さっきまでの難行苦行のことはすっかり忘れてしまっています(笑)

中華料理でも、この黄山のお料理は辺境料理ともいえる
なかなか日本では見かけないものばかりなので
簡単な説明付きで全部お見せしましょう!

■お豆腐料理
CIMG4752.jpg

まずこれは、黒いけどお豆腐
日本の薄揚げと厚揚げの中間くらいの食感だね
味付けは薄味で悪くないです。

■水菜の炒め物
CIMG4754.jpg

炒め物とはいっても、お吸い物のような感じ
見た目は油が浮いているけど、あっさりしていて
けっこうたくさん食べられます。

■薬膳スープ
CIMG4756_mosaic4.jpg

こちらは深さ30センチくらいの巨大な壺に入って
供された薬膳スープ。

CIMG4757.jpg

なかからは鶏のアタマや内臓、各種薬草などがでてきます。
とっても美味しかったです。 サムゲタンのような味

■筍の煮物
CIMG4759.jpg

筍を竹の皮ごと煮込んである煮物です。
皮をむいていただきますけど、予想以上に柔らかくって
美味しいです。 パンダでなくてもけっこう食べられます。

■小鴨の丸焼き
CIMG4761.jpg

このあたりから辺境料理っぽいのがでてきました
これは小鴨を丸焼きにし、バラしたもの
とても脂っこいですけど、美味しくいただけます。
骨をとるのがたいへん ^_^;

■豚のベーコン
CIMG4763.jpg

ベーコンです。 写真で見ると脂ばっかりのように
見えますけど、重ね合わされているところが肉
でも、見かけ通り、すっごく脂っこいので、あまり食べられません
さすがの中国人でも脂っこいらしく、最後まで残ってました。

■臭魚(Smelling fish)
CIMG4764.jpg

ウェイトレスさんが、小部屋の扉をあけて入ってきたとたん
そのあたりが臭くなってしまうほどのすごい臭い。
黄山名物らしい川魚です。
もともとこの魚が臭いのではなく、発酵させるかなんかして
わざわざ臭くしているらしいです。 日本の鮒鮨みたいなものかも。
実の味はわるくなかったですけど、臭いものは臭い。
北京からきた女性は、あからさまに不快な顔をしていました(笑)

■野菜の炒め物
CIMG4765.jpg

とても美味しかったです。
脂っこいもののあいまに、野菜がでてくるのは嬉しい。
後ろに見える金ラベルの瓶が、黄山の地元のビール
『迎客松(yingkesong』というもの。
アルコール度数が2.8%しかないので、飲んでも飲んでも酔わない…
味もイマイチ。 気の抜けたビールです。

■松鼠肉(songshu)
CIMG4766.jpg

これはなかなか食べる機会がないですよ
お店にはいって、食材を選ぶところで目の前につってあったもの
『リス』です。 まあ、ジビエの一種だね~
羊の肉よりもうすこし臭みがあったので、好き嫌いが分かれるかも…
このあたりの名物のひとつだね

■ざりがに
CIMG4767.jpg

まあ、小型のロブスターと思えばいいかな
食感も海老やロブスターとおなじような感じです。

■お豆腐のスープ
CIMG4769.jpg

味噌汁のようにみえるけど、味付けは中華風
お豆腐は堅めのもめん豆腐です。 けっこう美味しい!

■炒麺(焼きそば)
CIMG4771.jpg

上海のとちがって細麺。 
これはとっても美味しかったです♪
日本で食べるのと味付けや食感が
似ているのでたくさん食べちゃいました。
野菜もたっぷりはいってるので嬉しい♪

やはり、辺境料理だけあって、クセのある食材や味付けが
多くって、北京からきた中国人でもけっこう食べるの苦労してたよ(笑)

ぼくは珍しいものをいっぱいいただけて、けっこう満足でした♪

■2006年6月
■キーワード: 黄山 世界文化遺産 世界自然遺産 臭魚 徽州料理
関連記事
___________________________

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■いくら丼&スィーツオフ ペリーのいくら丼 【2006年6月24日開催】 | ホーム | ■世界自然・文化遺産 黄山>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/135-93c787b4
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ