English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ Hanoi 〜 Hue 統一鉄道 SE3
2013/06/09 20:28 |
130609_train-201.jpg

ベトナムに着いて2日目の夜
ハノイをあとにして
統一鉄道の寝台列車で
次の目的地フエ(Hue)に行く

バックパックを背負って
ハノイ駅(Ga Hanoi)に着いたのは
夜の10時ころ。
駅のまわりがなんかすごく盛り上がってるよ

例のチビ椅子に座って
あちこちで宴会やってるみたいな雰囲気

130609_train-202.jpg

寝台列車のチケットは
日系の旅行代理店にとってもらったが
日本からだと本来の料金を
正しく調べることができなかった。

これは駅に張り出してあった料金表
6月〜7月の料金でそのあとはまた
改訂があるらしい。

まさいが乗ったのは

  ・SE3 ソフト寝台下段

SE3というのが列車名
フエまでのお値段は960Kドン
およそ5千円くらい
日本から予約してもらったら
8千円くらいかかってしまった(汗)

130609_train-203.jpg

これがまさいのチケット
SE3の9号車ソフト寝台14番1階とある

ソフト寝台以外に
 ・ハード座席(古い国鉄の客車風)
 ・ソフト座席(リクライニング可)
 ・ハード寝台(3段の寝台)
があって、それぞれお値段がちがう
いちばん安いハード座席なら2500円くらい

130609_train-204.jpg

駅員さんにチケットをみせて
SE3はどこで乗るのかと聞いたら
コレだと指差された
すでにホームに列車は到着していて
乗れる状態になっている。

ご覧のようにホームといっても
日本の鉄道のように列車の入り口の
高さではない
だから、大きな荷物をもって
ヨイショっと乗り込む

130609_train-205.jpg

これは寝台車の通路
旧国鉄の寝台列車と同じだね
国鉄のと違う点は
各寝台のコンパートメントに
扉がついていて、鍵までかけられること

だからぐっすり寝てしまっても安心。
でも、結局ずっと鍵はかけなかった

130609_train-206.jpg

あったあった
この14番がぼくの寝台
扉をノックして開けてみると
そこには西欧人が3人すでに寝転んでる

挨拶して、すこし話してみると
英国の男女2人とオーストラリア人がひとり
英国男女は気さくでいろいろ話してくれる

130609_train-207.jpg

これがまさいのベッド
けっこうゆったりしている
長さはもちろん、幅もぜんぜんオッケー
枕元に貴重品を置いても
十分スペースはある

バックパックのデカい荷物は
寝台の下に押し込んだ

130609_train-208.jpg

寝台の上段も覗いてみた

ちなみにハシゴがない
登るときは足を架けるところが
1ヶ所だけあるので、
そこにかけて登る

天井までの高さも十分あって
とてもゆったりしてる
ただ、横の柵が小さいので
寝相が悪いと下に落ちるかも・・

130609_train-209.jpg

自分の寝台を確認して
大きな荷物を押し込んで
一服したらまた喉が渇いてきたので
ホームの売店にビールを買いに行った

ここがホームの売店
けっこういろいろ売ってるよ。
でも、ホームの外で買ったビールは
13Kドン(65円)だったのに
この売店のビールは25Kドン(125円)

どこの国でもホームの中で買うと
割高になっちゃうね

130609_train-210.jpg

列車はほぼ定刻に発車した
あとは現地つくまで
なにもすることないので
暇つぶしにに車内を探検する

トイレもちゃんと水洗
列車がけっこう揺れるので
写真ぶれてしまって申し訳ない

130609_train-211.jpg

そして、こちらが洗面所
お水もたっぷりでるし、
鏡もキレイに磨いてある

そしてなにに使うのかわからないが
小さなプラスチックの椅子が
いっぱい積み上げられてあった。

130609_train-212.jpg

ハノイでは昼間かなり歩き回って
けっこう疲れていたので
寝台に横になるとすぐに爆睡した

そして、目が覚めると朝の5時
まだ、外は暗かったが
しばらく景色を眺めてると
だんだん空が明るくなってきて
どうやら日の出の時間になったようだ

寝台列車のなかから見る
夜明けの空の色
なんだかとってもロマンチック

130609_train-213.jpg

ロマンチックな夜明けも
あっというまに終り
明るくなると腹がすいてくる

ネット情報によると
車内販売のものは旨くないと
書いてあったので、
朝ごはんはちゃんと準備してきた

 ・海鮮炒飯 80Kドン(400円)

昨夜、ごはんを食べた
QUAN AN NGONで頼んで
これをお持ち帰りした

さすが名店の炒飯
海老とかいろいろ入っていて
とっても旨い、大満足

130609_train-214.jpg

昨夜、洗面所で見つけた椅子
きっと自由に使っていいのだろうと
勝手に借りてきて通路に置いて座る

寝台って寝るのは楽だけど
座るのはけっこう疲れる
それで、通路にいすを置いて
外をのんびりと眺めてみる

さっきの海鮮炒飯も
ここに座って食べた

とってものどかな雰囲気
列車の旅、楽しいねぇ

130609_train-215.jpg

と、のどかさに浸ってたら
むこうから車内販売がやって来る

通路は狭いので
車内販売くるたびに
椅子をのかさないといけない

朝になるとけっこうな頻度で
車内販売やってきて
お弁当とか、フォーとかを売ってる

日本のJRとはちがって
販売員はすべておじさん

130609_train-216.jpg

ハノイをでておよそ10時間
最初の停車駅についた

・Dong Hoi(ドンホイ)

いや、正確にいうと2つ目
ひとつ目は早朝4時ころに
『Vinh』というところ停まったらしい

Dong Hoiでは10分ほど停まるようなので
気分転換に車外にでてみる

すると、前の方の車両にけっこう
たくさんのお客さんが乗込んでる
ここからは昼間便なので
座席車に乗るお客さんのようだ

130609_train-217.jpg

このDong Hoiにはたくさん売店がある
これはまさいの車両の真ん前の
売店と売り子の女の子

いろいろと薦めてくれるのだが
お腹がいっぱいだというと
じゃあ、コーヒーはどうだと言う?
せっかくなのでひとつお願いする

・コーヒー 10Kドン(50円)

じつは香りの良い
ベトナムコーヒーを期待したのだが
出てきたのはインスタントだった

この女の子
食材やら飲み物もって
車内にも売りにきてた。

昭和の時代の国鉄でも
こういう光景があったよ

130609_train-218.jpg

これは隣の売店
炊き込みご飯やら
ゆで卵、鶏のローストやら
各種カップ麺やら
旨そうなものいろいろ置いている

だから
ハノイからこの列車に乗る人
朝ごはんのことは心配無用だよ
Dong Hoi駅で買えばいい

130609_train-219.jpg

Dong Hoi駅からさらに3時間
予定の時刻より1時間半遅れで
ようやく目的地HUEについた。

Hanoiからだと13時間かかったが
夜は熟睡できたし
車窓はとても楽しかったので
ぜんぜんしんどくなかった

この人たちは
HUE観光を終えて
次の目的地に行くために
乗り込む人たち

130609_train-220.jpg

そしてこれがHUEの駅舎
なんか、めっちゃ素敵な洋館

フランスの植民地時代に作られて
フランス建築の影響を受けた
ベトナムで最も美しい駅舎のひとつ

さていまから
世界遺産の地、HUEの街へ
どんな素敵な出会いがあるか
楽しみ〜♪


■訪問日:2013年6月
■ベトナムの話 ぜんぶ




大きな地図で見る
関連記事
___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ Hue の街 | ホーム | ■ Dac Kim / BUN CHA ハノイ>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1240-80294b86
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ