English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ ル・カネトン
2013/01/22 05:19 |
LeCaneton_1301-101.jpg

『タニマチ』という言葉がある
Wikipediaによると、

タニマチとは相撲界の隠語で、
ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、
無償スポンサーのこと。

すなわち、贔屓にしている力士などに
多額の小遣いを渡すお金持ちのこと

LeCaneton_1301-102.jpg

語源には諸説あるが、
明治時代に大阪の谷町7丁目の開業医が
大の相撲好きで、力士を支援したのが始まりらしい

この日は
その谷町7丁目のとなり
谷町6丁目にいってきた

『タニマチ』とはまったく関係ない
谷町にある人気のフレンチレストラン

 ■ル・カネトン 大阪・谷町6丁目

昭和の面影を残す
とても落ち着いた佇まいの建物

LeCaneton_1301-103.jpg

6人でのお食事会のメニューは
1800円のランチコース
まず最初にアミューズ・前菜

 ・ブーダンノワール
 ・トリッパのトマトソース煮

がつづいてでてくる

いずれもボリュームは少ないが
とっても旨い!

LeCaneton_1301-104.jpg

谷町は上町台地というところにあるので
大阪市内ではめずらしく起伏のある地形
大阪(大坂)とい地名のの発祥の地でもある

 ・カブラの温かいポタージュ

わずか1800円のコースで
アミューズ・前菜に続いて
スープがでてきたのでちょっとビックリ

これまたしっかりとしたお味で
おまけについてくるような
安っぽいスープではない

LeCaneton_1301-105.jpg

お食事会のあと、
みんなで空堀商店街を散歩した

谷町筋から松屋町筋までの商店街だが
アーケード街がかなり急な坂道になっている

坂道になっているアーケード街なんて
初めての経験だったから、
とっても新鮮な感じだったよ

スープのあとリゾットがでてきた

 ・イカラグーと烏賊墨のリゾット

いったい何品でてくるんだろうと
ちょっと驚きながら一口いただくと
これまた、めっちゃ旨い
イカのラグーも初体験だし
リゾットの炊き具合もバッチリ

LeCaneton_1301-106.jpg

本日のメインディッシュはこちら

 ・若鶏のポワレと茸クリムソース

トップにもアップの写真を載せたが
これまた素晴らしいのひと言

ポーションは小さいけれども
完璧な火入れで、肉の味が活きた
ほんとに美味しい一品だった

LeCaneton_1301-107.jpg

谷町界隈には
昭和の雰囲気を残す建物が
ビルの合間に散見される

空堀商店街でも古くからの商家風の
お店がいっぱいあった
こういう街並はずっと残してほしいよね

 ・ムース オ フロマージュブラン

これにたしか柚子のアイス付き
デザートひとつとっても
すっごく満足できる
ちょっとしたカフェだったら
このスイーツと飲み物だけで
軽く千円くらいはしそうだよ

LeCaneton_1301-108.jpg

そしてまた驚いた
飲み物といっしょに
小さいけれどお茶菓子がついてきたよ

4千円くらいのコースだったら
お茶菓子はよくついてくるけど
このお値段でって感じだったね

LeCaneton_1301-109.jpg

いったい何品でてきたのだろうと思って
帰り際にお店の前の黒板を
もう一回見てみる

お店に入る時には
あまりしっかり見なかったけれど
たしかに、全部書いてあるね
小菓子も書いてある


LeCaneton_1301-110.jpg

このお値段でコレだけ満足な
ランチコースって初めてかも知れない

品数が多いだけでなく
一品ひとしながほんと丁寧に作られていて
ほんとに満足なものばかりだったよ

お食事会後の空堀商店街散策も楽しかったし
ほんとに素敵な午後のひとときだった


──────────
【訪問日】 2013年1月 
【店名】 ル・カネトン Le Caneton
【ジャンル】 フレンチ
【住所】 大阪市中央区上本町西2-6-23
【最寄駅】 地下鉄 谷町6丁目駅 徒歩1分
【キーワード】 ルカネトン カネトン 鴨 フランス
──────────





大きな地図で見る
関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ 鳥義 鶴橋卸売市場 | ホーム | ■ ラ・バッロッタ>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1195-c2d87291
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ