English | Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


■ アニバーサリー2001 Salon de The ビストロ
2012/02/03 13:21 |
Anniversary21_1112-101.jpg

クリスマスシーズン
人気のレストランはかなり早くから予約とらないといけない
しかも、値段がいつもより高かったり
お料理のチョイスができなかったり・・・

なので毎年クリスマスディナーというのは行かない

Anniversary21_1112-102.jpg

とはいえ、
やっぱりクリスマスの雰囲気は楽しみたかったので
梅田スカイビルのところでやってる
ドイツクリスマスマーケットに行ってきた

そのあと、軽く食べにはいったお店がこちら

  ■アニバーサリー2001 Salon de The ビストロ

この名前、聞いてもなかなかピンとこないけど
JRガード下のワイン立ち呑み屋さんといえば
知ってる人も多いかもしれない

そのワイン立ち呑み屋さんがやってるお店
場所はその2階にある。

Anniversary21_1112-103.jpg

ここはアルザス料理をやっている
アルザスというのはフランスとドイツの境目あたりで
むかしからフランス領になったりドイツ領になったりという地域
いまはフランス領

こういう国の境目にある地域は
両方の文化が混じりあって独特のカルチャーを作り上げている

まず最初に頼んだのは

 ・フォアグラサラダ 1000円

とろりとしたフォアグラが旨い

Anniversary21_1112-104.jpg

アルザス料理といわれてもイマイチよくわからないが
この盛り合わせに乗ってるミートパイは
名物の一つらしい。

 ・ミートパイ 500円
 ・豚肉のパテ 700円
 ・冷製野菜ラタトゥイユ 500円

ミートパイはお肉がたっぷりで美味しかったよ

Anniversary21_1112-105.jpg

このお店
2階の席は細長くてとても狭いけれど
JRのガードしたとは思えないほど静かでゆっくりできる
内装もアルザス地方の雰囲気をだしていて
クリスマスのひと時を過ごすにはとてもいい感じ

 ・タコのエスカルゴバター焼き 500円

どちらかというと前菜的な料理がおおい

Anniversary21_1112-106.jpg

ワインのアテには前菜的な料理のほうが嬉しいね
つづいてのお料理は

 ・砂ずりのコンフィ 500円

へぇ、砂ずりをコンフィにするとこんな感じになるんだ
すごく美味しのでちょっとビックリ
鴨もも肉のコンフィなんて、自分でつくるの大変だけど
砂ずりならできるかもしれない

Anniversary21_1112-107.jpg

つぎにでてきたのは
温かい料理だと思って注文したやつ。

 ・サーモンの香草風味 700円

でもスモークサーモンに野菜や香草を
のせたものだったよ。
これもワインとはほんとよくあう
1階がワインバーなので、
やっぱりそれにあうお料理がおおいんだろうね

Anniversary21_1112-108.jpg

そしてこれもアルザス名物らしい一品

 ・アルザス風ピザ 500円

どのあたりがアルザス風なのかと聞かれても
うまく説明できないけど
でも、イタリアンのピッツァとはだいぶちがう感じ

これだけのお料理でけっこうワインを飲んだね
1階の半屋外の立飲みバーもいいけれど
たまには温かい部屋のなかで
ゆったりくつろぎながらのワインも素敵だよ♪

──────────
【訪問日】 2011年12月 
【店名】 アニバーサリー2001 Salon de The ビストロ
【ジャンル】 フレンチ
【住所】 大阪市福島区福島6-1-26 2F
【キーワード】 フレンチ ワイン アルザス Alsace
【食べログ】アニバーサリー2001 Salon de The ビストロ
──────────



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ ベトナムちゃん | ホーム | ■ 焼きとん ya たゆたゆ>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1135-c8157e31
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ