English | Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


■黄山の朝食 黄山国際大酒店
2006/08/07 19:11 |
CIMG4633.jpg

上海でご馳走を食べた翌日
上海からさらに飛行機で1時間、内陸へ
はるばるやってきました、黄山(Huangshan)

黄山は安徽省(Anhui sheng)南部にある地域で、
1985年、中国の十大名勝地に選ばれ、
1990年、世界の文化と自然遺産に登録された
世界でも有名な観光地です。

今回泊まったのは、そんな地域の入り口にあたるところにある街です。
ほんとうはゆっくりと世界遺産を観光してきたかったのですが
残念ながらあまりゆっくり見ることはできませんでした。
半日だけ黄山のさわりだけを観光してきたのでまた紹介しますね。

きょうは宿泊したホテルの朝食を一気にご紹介です。
泊まったのは『黄山国際大酒店』です。
けっこうまともなホテルでした。 ネットにもつながります。

朝食はバイキング形式で、日替わりでいろいろなものが
並べられていたので、連日でもあまり飽きません。
ぐるっと一回りして、もの珍しいものの写真を撮りました

■豆腐脳(doufunao)
CIMG4636.jpg

この豆腐脳というのが、普通の豆腐とどうちがうのか
よくわからないんだけど、食感はまさに絹ごし豆腐だね~
あみさんのブログによると、固まりかけの豆腐みたいなものなんだって。

■血糯粥(xienuozhou)
CIMG4637.jpg

これは赤いもち米のお粥のようです。

■豆腐脳をうつわによそって、盛りつけた様子
CIMG4641.jpg

赤いのは唐辛子味噌のようなもの
これはほんとに美味しかったよ♪
お豆腐なのでいくらでも食べられるし、
カロリーもすくなそうだし(笑)

■こちらは血糯粥をおわんによそったところ
CIMG4643.jpg

一見、赤飯のお粥みたいだけど、ぜんぜん甘くない
塩をふっていただきました。

■上記ふたつ以外のものを盛りつけたのがこちら
CIMG4631.jpg

奥から順に説明すると、
丸いのは名前が思い出せないんだけど、
日本にもある野菜。 シカシカした食感のやつ
細めの揚げ春巻き
卵はなんとガチョウの卵。 でも味はふつう
黒いのは不明。 すこし甘みがあったよ
手前の黄色いのは南京。 柔らかくて美味しい♪
焼きそばと炒飯もとても美味でした。

■こちらは2日目の朝ごごはんの盛りつけ例
CIMG4774.jpg

きょうは焼きそばが上海風の幅広のだった
特筆すべきものはないけど、全体的に美味しいね♪

■こちらは3日目の朝食
CIMG4876.jpg

中華朝食にちょっと飽きてきたので
もっていった、エースコックのワンタン麺
あ~、なかみは中華そば… がっくし ^_^;

■こちらは最後の日の朝ごはんの盛りつけ例
CIMG4904.jpg

奥の原発みたいな形したやつは小籠包の一種かと
思ったんだけど、中をわってみるとこんなの
CIMG4905.jpg
ごはんが入ってました。

そして、こちらは中華粽のなかみ
CIMG4908.jpg

もっちりしておいしい~です!
中華粽ってほんと美味しく味付けしてあるね!

全体的にとても満足な朝食ライフでした♪
ホテルの朝食はやっぱり欧米より中国のほうがいいなぁ!

──────────
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 黄山国際大酒店
【ジャンル】ホテル
【住 所】 中国黄山市屯渓區華山路31号
      31 Huashan Road Tunxi, Huangshan, China
【電 話】 0559-256-5678
【営業時間】24時間
【定休日】 なし
【キーワード】 世界文化遺産 世界自然遺産 黄山 Huangshan
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■美食人家 中国・黄山の繁華街 | ホーム | ■ひさしぶりの具だくさんペペロンチーニ>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/106-c58e77bd
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ