English | Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


■ 古酒と琉球料理 うりずん 沖縄・那覇
2011/01/12 00:20 |
1009_Urizun-101.jpg

与那国から沖縄本島への飛行機は一日一便
夕方6時ころに与那国をでるので
大阪に帰るには那覇で1泊しなければならない

でも、久しぶりの那覇なので楽しみ~

夜ごはんをどこで食べるかをあらかじめ調べて
ここに行くことにしたよ

 ■古酒と琉球料理 うりずん 沖縄・那覇

琉球料理のなかではかなり人気のお店のようなので
ちゃんと予約して行った。
この日は4人で、いろいろな琉球料理を食べまくる!

お店は年季のはいった感じでとてもよい雰囲気

1009_Urizun-102.jpg

まず最初に頼んだのはこれ
前菜向きの一品

 ・ジーマーミ豆腐 525円

豆腐という名はついてるけど、大豆はつかってない
落花生でつくった豆腐みたいなやつ
例えて言えば、胡麻豆腐のような味と食感
胡麻豆腐よりはあっさりしてる感じかな

いやー、いきなり、めちゃ旨い~!


1009_Urizun-103.jpg

うりずんのホームページ見てたら一番人気って書いてあったやつ
一番人気なら頼まないわけにいかない

 ・ドゥル天 3こ 525円

4人なので、4こにしてもらった
里芋に似たターンム(田芋)に
豚肉・かまぼこ・しいたけを混ぜて
揚げたコロッケ

うりずんオリジナルのメニューらしい
まあ、美味しかったけど、一番人気ってのはちょっと言い過ぎかも(笑)

1009_Urizun-104.jpg

これは琉球料理の定番

 ・足てぃびち 840円

あまりに美味しかったので、うちに帰ってから作ってみたヤツ

文句なしに旨い!


1009_Urizun-105.jpg

これは白イカの墨をつかったスープ

 ・イカのすみ汁 1050円

イカ墨のパスタもそうだけど
微妙な甘さがとっても旨い
他のものに比べると、ちょっとお値段高めだね

1009_Urizun-106.jpg

これは前からずっと食べたかったヤツ
沖縄ではお祝い事があるときには
かならずでてくるお料理

 ・中身の吸い物 525円

中身ってのは豚の中身
つまり、内臓
ふつうは『中身汁』と呼ばれてる

この中身汁、沖縄のおばあはだれでも作れるらしいけど
準備がめちゃめちゃたいへん
内臓の臭みをとる下ごしらえに数時間かかるんだよね

この中身汁、内臓のスープというと
なんかグロテスクな感じするけど
すっごくあっさりしていて、めちゃめちゃ旨い

おわんででてきたけど、どんぶりいっぱいでも軽く食べられるよ
さすが祝い事につかわれるお吸い物
最高に美味しかった

沖縄にいったときにはぜひお試しください
本土ではぜったい味わえない素晴らしいお料理だよー

1009_Urizun-107.jpg

うりずんは沖縄のすべての酒蔵の泡盛をおいてるらしい
でも、銘柄知らないのでこれを飲み続けたよ

 ・うりずん特選古酒12年もの 1合 1260円

ちょっと高いかなと思ったけど、
12年ものだからすごくまろやかで旨かった

こんどいくときはもっと泡盛のこと下調べして
いろんな銘柄を楽しんでみたいなぁ~

1009_Urizun-108_mosaic.jpg


お店の壁にはこんな感じでメニューが並んでる
4人でいろいろ頼んだけど
まだまだ頼みきれなかったメニューがいっぱいあるよ


1009_Urizun-109.jpg

これはきっと沖縄でしか味わえない逸品

 ・血イリチイ 525円

豚肉と中身(内臓)、にんにく、ニラを炒めて
豚の新鮮な血をからめた料理
豚一頭をまるごとムダにせず食べ尽くす沖縄料理の真骨頂

ぜんぜん血なまぐさくない
そういえば、ドイツも豚一頭をまるごとムダにしない文化だよね
むこうはソーセージに豚の血を入れる

なにひとつ無駄にしない文化、素晴らしいよね!

1009_Urizun-110.jpg

これ、見ただけではなんだかわからないやろー!
これもなかなか沖縄以外では見かけないかも

 ・ナーベラーンブシー 525円

ナーベラー はヘチマ
ンブシー は豆腐といっしょに味噌で煮込んだもの
こんな旨いものが、あのヘチマだなんて
いまだに信じられな~い!


1009_Urizun-111.jpg

これも沖縄ならでは
まさいの大好きなゴウヤ料理

 ・ゴーヤー肉詰め 735円

ゴウヤに豚の挽肉を詰め込んで
揚げたあと醤油味で煮込んだ物
これも、めちゃめちゃ旨い

これは自分でも作ってみれるかな

1009_Urizun-112.jpg

これも沖縄料理の定番中の定番やね
豚の角煮の沖縄版

 ・ラフテー 735円

与那国で食べたのも美味しかったけど
ここのももちろん旨い
脂っこそうだけど、いくらでも食べられるよ♪

1009_Urizun-113.jpg

4人で旨いうまいと騒ぎながら沖縄料理を楽しんでたら
へんなおじいさんがやってきて、ココ座っていいですか? という

こっちも泡盛がまわってたので
はい、どうぞって言って、いっしょに飲み始めた
すごく愉快なおじいさんで、とっても話がはずんだよ

いろいろ話してたら、じつはこの変なおじいさん
この店のオーナーらしい

みなさん楽しそうに飲んでくださってるので
いっしょに話したくなりました といって
いろんなおはなしを聞かせてくれた

そして、これ、あげますってくれたのが

 ・シークワーサー

レモンとかライムの原種のようなやつ
めちゃすっぱかったけど、すごく美味しかったよ


1009_Urizun-114.jpg

お店の壁にかかってるメニューをみて
変なおじいさんに『グルクン』ってなんですか?って聞いたら
これは、沖縄の県の魚なんですよ
美味しいから、ぜひ味わって帰ってくださいと教えてくれた

 ・グルクンの一夜干し 1050円

まったく想像できなかったんだけど
ちょっと大きめのアジみたいなお魚
南方の魚らしく、アジよりはちょっと大味だったけど
身が多くてとっても美味しかったよ

1009_Urizun-115.jpg

これも見ただけではなにかよくわからない
おじやに卵おとしただけみたいなやつ

 ・ボロボロジューシー 525円

フーチバー(よもぎ)を入れた炊き込みご飯のおじやらしい
ちょっと七草がゆっぽい風味でとても美味しかった

1009_Urizun-116.jpg

さいごの〆はこれ

 ・焼きそば 525円

麺はもちろん沖縄そば
あっさりした醤油味

ベトナム料理の焼きフォーとちょっと食感が似てた
これもほんと美味しかったよ


いやー、それにしても
なんで、沖縄にはこんな旨いものばっかりあるねんって感じ
きょう頼んだものすべて美味しかった

1009_Urizun-117.jpg

いままで、琉球料理ってほとんど経験も知識もなかったけど
この日のディナーで一気に琉球びいきになったよ

歳とって、おじいさんになったら
沖縄に移住してきたいなって、マジで思ったくらい

与那国でたべた島料理も美味しかったけど
ここの琉球料理、ほんとにすばらしいものばかり

これだけ食べて、
泡盛をかなーり飲んで、ひとり5千円もいかなかった

もし、沖縄に旅行する機会あったら
ぜひとも、うりずんにいってみてください。

あー、ここ、すごい人気のお店なので、予約は必須だよ!

与那国、沖縄の旅の最後の夜
ほんとにこれ以上ないなって感じの素敵なお店でした。

ごちそうさまー♪


──────────
【訪問日】 2010年9月
【店名】 うりずん
【ジャンル】 古酒と琉球料理
【住所】 沖縄県那覇市安里388-5
【最寄駅】 ゆいレール安里駅から徒歩5分
【電話】 098-885-2178
【営業時間】 17:30~24:00(L.O.23:30)
【定休日】 無休
【キーワード】 泡盛 古酒 琉球料理 沖縄料理 安里
──────────




大きな地図で見る

古酒と琉球料理 うりずん 沖縄料理 / 安里駅牧志駅おもろまち駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
沖縄 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ 那覇 ~ 与那国 航空写真 | ホーム | ■ わかなそば 比川 与那国 紀行9>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1035-de7ca61e
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ