English | Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


■ 海底遺跡 与那国 紀行6
2011/01/06 00:01 |
1009_Yonaguni_kaitei_iseki-201.jpg

『海底遺跡』

なんとまあ、ロマンチックな響きだね
与那国に海底遺跡らしい物が発見されたのが1986年

その後、琉球大学の学者たちが調査してるけど
まだ、遺跡と認定されたわけではない

でも、素人のまさいにとっては、どっちでもいいこと
その『遺跡』らしいものを見に行くことにした

久部良からボートに乗って、西崎をまわる
上からみると、そんなに高く感じないけど
海からみるとすごい絶壁だね

1009_Yonaguni_kaitei_iseki-202.jpg

これは泊まっている民宿『もすら』
受付してる、海底遺跡シュノーケリングツアーのボート

通常は午後1時出発だけれど
この日は、満席だったので、特別に午後3時半に出港してもらったよ
だから、お客さんはまさいたちふたりだけ♪

1009_Yonaguni_kaitei_iseki-203.jpg

久部良港は石垣へのフェリーが着岸できるほどの良港
きょう、乗ってるボートくらいなら
おちゃのこさいさい

真っ青な青空のもと
久部良港を後にする

1009_Yonaguni_kaitei_iseki-204.jpg

西崎をまわって、与那国の南岸のほうにいく
久部良港をでてからおよそ30分で
海底遺跡スポットに到着

このあたりはかなり浅瀬で
しかも岩が入り組んでいるから、
熱帯魚もいっぱい泳いでいる地域

さあ、いまから泳ぐよー

1009_Yonaguni_kaitei_iseki-205.jpg

これが「もすら」作成の海底遺跡の見取り図
長い方向は200メートルくらいあるらしい

きのう、久しぶりに練習したシュノーケルをつけて
海にドボンとはいる

太陽の光がさんさんと照ってるので
ボートの上はとても暑かったけれど
海に入ると、ほんとに気持ちいい!
シュノーケリングするにはベストシーズンかも~

海にはいると、もすらのインストラクターさんが
案内してくれる

『わたしについてきてくださいねー』と
軽やかな掛け声をかけてくれる

『この真下に、海底遺跡の階段がありまーす』と
言われたところを覗き込むと

1009_Yonaguni_kaitei_iseki-206.jpg

うわー、ほんまやー!

巨大な石で階段状のものが作られてるよ
こんな、直角、自然にはでけへんやろーって
興奮しながらさけぶ、まさい!

インストラクターさんの指導で
遺跡の長い方向に泳いでいく

まわりには黄色とかオレンジ色の熱帯魚が
いっぱいまとわりついてくる

もう、感動と興奮で、なにがなんやらわからない状態

遺跡のまわりを30分ほど泳いで
いったんボートに戻る

いかがでしたか? というインストラクターさんの問に
いやー、もう、なにも言うことないです としか
答えられないまさい

日本の西の端の与那国島
そのすぐ近くにある、海底遺跡らしい構造物
ほんとに最高な気分に浸れた2時間だったよ

↑上の写真は残念ながらまさい撮影ではない
『もすら』のホームページから無断で拝借しました

でも、ちゃんと、もすらの海底遺跡ツアーを
宣伝しておくので、許してね~♪

■もすら 海底遺跡シュノーケリングツアー

もし、与那国にいくことがあったら
この海底遺跡シュノーケリングツアーは
ぜったいハズせない、最高の体験ツアーだよ♪

ほんとにほんとに、この光景を
自分の目で観ることができるんだからね!


■キーワード
与那国 海底遺跡 海底地形 シュノーケル 
シュノーケリング 海中散歩 もすら 


     

大きな地図で見る
関連記事
___________________________
沖縄 トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ 居酒屋 まるてぃ 与那国 紀行7 | ホーム | ■ 海響(いすん) 夜ごはん 与那国 紀行5>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510.blog60.fc2.com/tb.php/1030-c286a897
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ