English | Top | RSS | Admin

2016.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2016.05


■ 立呑 トラジ 大阪・玉造
2016/04/27 20:20 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Traji_1604-101.jpg

JR環状線 玉造駅
まさいの通勤経路だが
ふつうならあんまり降りない駅だ

その玉造駅のすぐ近くで
とっても素敵なお店を見つけた

Traji_1604-102.jpg

立呑みのお店だ

 ■トラジ

難波のあたりで
店名に虎とか寅とかが付いた
人気立ち飲み店の新しいお店らしい

まさいの勝手な推測だが
漢字で『虎児』と書くのかな

若い女性がひとりでまわしておられる

Traji_1604-103.jpg

とある平日の夜8時半ころ
仲良しの食べ友女子Yと訪問した

4月の終わりころだというのに
ちょっと肌寒いこの日
ふたりそろってお湯割を頼む

 左:麦のお湯割
 右:芋のお湯割

当たり前だが
見かけはぜんぜんかわらない

Traji_1604-104.jpg

このお店の超オススメの一品がこれ

 ・酒肴盛り合わせ 500円

これがすばらしい
ビジュアルも可愛らしいし
一品ひとしながとても旨い

すこしずつ多種類なので
おひとりさまのときに重宝するひとしなだ

Traji_1604-105.jpg

ふたつめはYチョイスのこれ

 ・しらすとレモンの冷奴 250円

旨い

まさいは豆腐が好きだ
ほとんど毎日食べる
Yはまさいの好物を知ってるかのように
さりげなくこれを注文してくれた

ここの豆腐は食感がしっかり目
それに生しらすをたっぷり盛って
上からレモンを絞ってある
とってもあっさりの冷奴

Traji_1604-106.jpg

つづいてお願いしたのは
酒のアテに最高の一品

 ・スーチカー(茹で塩豚) 350円

沖縄伝統の保存食らしい
この塩加減が絶妙だ
レモンを絞って、あいだに挟まっている
きゅうりと一緒に食べるとさらに旨い

酒がすすんでしかたがないじゃないか

Traji_1604-107.jpg

つづいてはこれだ

 ・鶏唐あげ サルサソース 450円

この唐揚げがまた旨いうえに
サルサソースとのマッチングが絶妙だ
旨すぎる

この日ふたりともかなりの空腹だったのだが
この鶏からをいただいてやっと落ち着いてきた

Traji_1604-108.jpg

つづいてはイタリアン的な一品

 ・ライスコロッケ 300円

いやぁ、これまた素晴らしい
揚げたて熱々のコロッケを
ほふほふ言いながら食べる

立ち飲みに来ていることを忘れてしまうような
ひとしなだ

Traji_1604-109.jpg

イタリアン的ライスコロッケのあとは
まさいの好きな昭和望郷的アテ

 ・厚切りハムステーキ 250円

いやぁ、予想どうりの食感
子供のころを思い出す味わいだ

ハムだけたべても旨いが
マヨネーズとケチャップを
ごちゃまぜでつけるともう最高だ

Traji_1604-110.jpg

立ち飲みのアテとはいえ
肉系ばかり食べていてはいけない

 ・焼椎茸 250円

とっても味のある椎茸
メニューの隣に買いてあった
焼空豆(250円)も気になる

Traji_1604-111.jpg

もうひとつ野菜をいく

 ・しろなとちりめんじゃこのお浸し 150円

お腹にとてもやさしい味だ
このお浸しという名称
なんとなく大阪弁ぽいが東京でもそう呼ぶのかな

Traji_1604-112.jpg

野菜をふた皿の後、また肉にもどる
沖縄の料理だ

 ・軟骨ソーキの煮付け 350円
   〜温玉のっけ〜

ソーキというと
石垣で食べたソーキそばを思い出す
あれは硬い骨のついたスペアリブだが
このメニューは軟骨ソーキだから
余すところなく食べられる

温玉をつぶしてまぶすと最高だ

Traji_1604-113.jpg

お店に入ったのは8時半ころだったが
ゆっくり食べて話してたらもう10時
そろそろ〆の時間だ

 ・ぼっかけにゅうめん 400円

お店に入ってすぐに
〆はこれにしようねって決めていた

Traji_1604-114.jpg

にゅうめんはすぐに伸びるので
さっそくいただきま〜す

絶妙の茹で具合だ
お汁も優しい味で
おなか全体に暖かさが広がる

4月末とはいえ肌寒いこの夜
最高の〆のひとしなだ

Traji_1604-115.jpg

これだけ食べて
しっかり飲んでひとり3千円弱

京橋の賑やかな立ち飲みとはちがって
とっても落ち着くこのお店
まさいの通勤経路の途中にあるので
これからハマってしまいそうだ

ごちそうさまでした


──────────
【訪問日】 2016年4月 
【店名】 立呑 トラジ (TRAJI)
【ジャンル】 立ち呑み
【住所】 大阪市東成区東小橋1-1-2 セリエビル 1F
【最寄り駅】 JR環状線 玉造駅 徒歩1分
【キーワード】 Traji とらじ トラジ 寅児 丑寅 虎徹 立ち呑み 立ち飲み 立飲み 立呑み 
──────────


TRAJI立ち飲み居酒屋・バー / 玉造駅(JR)玉造駅(大阪市営)森ノ宮駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ 瀬戸内製麺710
2016/04/11 14:00 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Setouchi_Seimen_1603-101.jpg

食べログで大阪のうどんを検索すると
いつもトップ3を行ったり来たりしている

 ■瀬戸内製麺710

実は2回目の訪問だ
1回目は2年ほど前

Setouchi_Seimen_1603-102.jpg

きょうは平日の午後2時ころに来店
こんな時間でもまだ3人も待ち客がいたが
わりとすぐに入れた

もっと早く再訪したかったが
まさいにとってはとても不便な場所にある

前回来た時はカレーうどんを食べた
その素晴らしく旨いカレーに気を取られて
麺の美味しさがよくわからなかった

Setouchi_Seimen_1603-103.jpg

今回はすごく美味しいと評判の
麺をしっかり楽しもうと満を持して
これを注文した

 ・肉生醤油うどん 880円

それに別ザラで供される天ぷらセット

 ・天ぷらBセット 350円

鶏天がふたつに穴子天だ

Setouchi_Seimen_1603-110.jpg

でてきたおうどんの美しさを楽しみながら
薬味の大根おろしと葱を盛り付け
そして生醤油をかける

葱と大根と肉とうどんの
色のコントラストがすごい美しいよね

Setouchi_Seimen_1603-105.jpg

上空から見るとこんな感じ

ここのうどんは讃岐だが
他の讃岐うどんとは食感が違うらしい
どうちがうのかとても楽しみだ

Setouchi_Seimen_1603-106.jpg

じゃあ、いただきまーす

 うわぁ~

思わず声が出る

語彙力がないのでうまく表現できないが
食感がグラデーションな感じだ

表面が柔らかくて
中心に行くに従ってしっかりしてくる
そして全体的にすごくもっちりしている

これは素晴らしい
ほんとに旨い

ひとくち食べた瞬間に
まさいにとってNo.1のうどん確定だ

Setouchi_Seimen_1603-107.jpg

そしてそのうどんのもっちり感を
倍増してくれるこのお肉
これもまた旨い

しかもたっぷり入っていてとてもうれしい

Setouchi_Seimen_1603-108.jpg

こちらが天ぷらセット
鶏天と穴子天だ

これも旨かったが
うどんや肉の感動にはおよばない

天ぷらセットを頼まずに
うどんを大盛にしたらよかったと
ちょと後悔

Setouchi_Seimen_1603-109.jpg

いやぁ、ほんとに旨かった

讃岐うどんと一言で言っても
硬さや太さ、食感は千差万別だ
そして各人の好みによって
評価はわかれる

まさいにとってここのうどんは
すべての点で最高だ

あまりに旨かったのであっというまに完食

瀬戸内製麺710の感動的なうどんの
素の姿をもういちどお目にかけて終わりにする

ごちそうさまでした!

Setouchi_Seimen_1603-104.jpg




──────────
【訪問日】 2016年3月 
【店名】 瀬戸内製麺710
【ジャンル】 讃岐うどん
【住所】大東市赤井3-1-28
【最寄り駅】JR学研都市線 住道駅 徒歩10分
【キーワード】うどん 饂飩 讃岐
──────────



瀬戸内製麺710うどん / 住道駅
昼総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 京町堀 莉玖
2016/04/09 11:26 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Rikyu_1511-101.jpg


毎年、秋にミシュランガイドが発売になる
このミシュランというのはいろいろな意味で
けっこう参考になる


Rikyu_1511-102.jpg

今までに知らなかったお店を
発見できるというのもそのメリットの一つだ

ここも2015年の秋に新たに☆がついた

 ■莉玖

『りきゅう』と読む

Rikyu_1511-103.jpg

和食のお店で手頃なお値段で
ちゃんとしたお昼ごはんをいただける店は
けっこう少ないのだが、このお店には

 ・お昼のミニコース 3,000円(税別)

というのがある
この日は6人でお昼ごはんに伺った

Rikyu_1511-104.jpg


店内はとても清潔感がたっぷりで
とても若い大将と仲居さんが笑顔で迎えてくれる

まずは先付け


Rikyu_1511-105.jpg

器の縁が高いので
上から中を覗き込んでみる

とっても食欲を引き出してくれる
優しい味だ

Rikyu_1511-106.jpg

続いてはお造りだ

お店を訪問してから
もうだいぶ時間がたってるので
お魚の名前とかを思い出せないのが残念だが
写真の通り、見るからに新鮮なお造りだ

皮をカリッと炙ってあるのも一切れ
どれもとっても旨い

Rikyu_1511-107.jpg

まさいはフレンチやイタリアンが好きだ
ベトナムやタイのエスニック料理も好きだ

でもこうやってほんとうに美味しい
和食をいただくとやっぱり和食がいちばんだと思う

この椀ものも
中華のフカヒレスープでもタイのトムヤムクンでも
絶対に表現できない素晴らしさが宿ってる

Rikyu_1511-108.jpg

つづいていろんなものがまとめて出てきた
真上から撮ったから平面的に見えるが
トップ写真をご覧いただくと立体的に見える

フレンチとかの前菜・スープにつづく
メインディッシュってな感じだ

揚げたての天ぷらはもちろん
あんかけ豆腐、和え物、酢の物
どれもほんとに素晴らしい

Rikyu_1511-109.jpg

主菜をゆったりといただいたあと
今日のごはんものは『おかいさん』だ

大阪ではお粥のことをおかいさんと呼ぶ
まさいはこの優しい呼び方が好きだ。

お腹にもとっても優しいおかいさん

Rikyu_1511-110.jpg

そしてデザート
これがまた美味しかった

どういうものか言葉で説明できないが
とにかく絶品なのだ。

旨い!

Rikyu_1511-111.jpg

最後は美味しい緑茶
懐石の最後に珈琲が出てくるときもあるが
やっぱり和食にはお茶だよね

素敵なお料理の余韻を楽しみつつ
ゆったりとお茶をすすりながら
美味しかったお料理のことを友と語る
至福のひと時。

また、今度は夜にゆっくりと訪れたいね
ごちそうさまでした

Rikyu_1511-112.jpg


──────────
【訪問日】 2015年11月 
【店名】 京町堀 莉玖
【ジャンル】 懐石
【住所】 大阪市西区京町堀1-7-12
【最寄り駅】 地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅 7番出口 徒歩5分
【キーワード】 りきゅう 懐石 割烹 和食 ミシュラン
──────────



莉玖割烹・小料理 / 肥後橋駅本町駅淀屋橋駅
昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ