English | Top | RSS | Admin

2015.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2015.07


■ 踊るうどん
2015/06/29 20:38 |
Odoru_udon_1505-101_20150703222332930.jpg

最近、しみじみ思う
まさいは『踊るうどん』が好きだ

大阪には旨いうどん屋さんはゴマンとあるが
やっぱりここのうどんがいちばん旨い

Odoru_udon_1505-102_20150703222358e75.jpg

メニューは他の多くの讃岐うどん店と
同じように4系統ある

 ・ぶっかけ
 ・生じょうゆ
 ・かまたま

そして

 ・かけ

どれも旨いがまさいは『かけ』が一番好き

Odoru_udon_1505-103_20150703222400cce.jpg

この日はまさいの定番を頼んだ

 ・まいたけ天肉うどん 830円

の大盛りで+130円
この日は店に入るのが遅かったので
温かいうどんの最後の1人前だった

Odoru_udon_1505-104_20150703222400138.jpg

この写真を見るだけで
どこのうどんかわかるという
象徴的な具

 ・まいたけ天

もう感動的に旨い!

Odoru_udon_1505-105_20150703222402c36.jpg

そしてこれ

 ・肉

あまり話題にのぼらないが
これもまたまいたけ天に負けず劣らず
絶品の肉だ
この肉をいれることで
汁の味が100倍くらいうまくなる

Odoru_udon_1505-106_20150703222404c69.jpg

じゃあ、いただきまーす
ここのうどんの麺

 コシのぐあい
 滑らかさ
 太さ
 食感

どれもこれもまさいには最高だ

Odoru_udon_1505-107_20150703222415869.jpg

麺の量は普通盛りでもかなり多い
それを大盛りにするとはっきりいって多すぎる
しかし、それでも軽く食べきってしまうこの旨さ


踊るうどんよ、永遠なれ!


Odoru_udon_1505-108_2015070322241723a.jpg

──────────
【訪問日】 2015年5月 
【店名】  踊るうどん
【ジャンル】うどん
【住所】  守口市紅屋町6-7
【最寄り駅】 京阪本線 滝井駅 徒歩20秒
【キーワード】 うどん ウドン 饂飩 踊る おどる 躍る
──────────



踊るうどんうどん / 滝井駅千林駅太子橋今市駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ シチリア料理 大西亭
2015/06/25 17:48 |
Ohnishi_tei_1505-201.jpg

大阪の茨木には素晴らしいシチリア料理店がある

 ・イル・ピスタッキオ

シェフ一人で全部やってる小さな店だ

すっごく美味しいので何度も行きたいが
人気がですぎて昼も夜も予約が取れない

Ohnishi_tei_1505-202.jpg

しかし、こちらのお店は、まだそんなに
人気が出てないので簡単に予約できる

 ■シチリア料理 大西亭

場所は近鉄奈良線の河内小阪駅の近く

大西亭といえば野田にあるビストロを
連想する人が多いが、まったく別の店だ

Ohnishi_tei_1505-203.jpg

この大西亭、シチリア大好き女子に誘われて
5月のとある夕方に行ってきた

外はまだ明るいがまずは泡でかんぱ〜い!
明るいうちに飲むのって気分いいよね

Ohnishi_tei_1505-204.jpg

まずは前菜
いろんなメニューがあるので
すこしずつたくさんいただけるこれをオーダー

 ・おまかせ前菜8品メドレー 2,000円

その1品目

 ・イワシのマリネサラダ

オリーブオイルとハーブでマリネしてあって
上々の滑り出し

Ohnishi_tei_1505-205.jpg

前菜メドレー2品目は

 ・サヤエンドウのマリネ

こちらも脂っこく見えるが
オリーブオイルなのでさっぱりと食べられる

Ohnishi_tei_1505-206.jpg

こちらは前菜8品とは別に頼んだ
シチリア女子お薦めの一品

 ・シチリアパン 300円

2種類のパンが出てきたが
どちらもほんとに旨い

Ohnishi_tei_1505-207.jpg

店内はカウンター席がメインのような感じ
奥行きがあり落ち着いた木のカウンターだ

テーブル席もすこしだけある

Ohnishi_tei_1505-208.jpg

前菜メドレー3品目は
一見たこ焼きのようなものが出てきた

 ・さめの肉団子

どう見ても青海苔がかかったたこ焼きだよね
これ、めっちゃ美味しかった

Ohnishi_tei_1505-209.jpg

続いて、前菜4品目

 ・アジとじゃがいものオーブン焼き

これまた旨い
オリーブオイルをたっぷり使ってるところが
ほんとにシチリア料理って感じがするよ

Ohnishi_tei_1505-210.jpg

前菜5品目はこれ

 ・ガッチョ(メゴチ)のアゲモノ

だと思うが、魚図鑑で調べると
ガッチョはもっと大きな魚のようなので
もしかしたらワカサギかも・・

Ohnishi_tei_1505-211.jpg

前菜メドレーはまだまだ続く
6品目はこちら

 ・ラグーザ地方のフォカッチャ

ラグーザ地方はシチリア島の東南部にある
小さな町のことらしい

Ohnishi_tei_1505-212.jpg

そこの名物のフォカッチャ
カットすると中はこんな感じ

小さいけれどいろいろ入っててとても旨い

Ohnishi_tei_1505-213.jpg

シチリア料理にはこれは欠かせない
前菜7品目はこれ

 ・トビアラ(小エビ)のアゲモノ

フリットなのだがアゲモノ

ちなみにこのお店のメニューでは
フリットのことをぜんぶアゲモノと表記している
お客さんに何度も『フリットってなんですか?』
って聞かれるのが面倒なのかもしれない

Ohnishi_tei_1505-214.jpg

そしてやっと最後、前菜8品目

 ・ズッキーニのアゲモノ

いやぁ、どれも美味かった
前菜だけでこんなにたくさん出てきてとても嬉しい

Ohnishi_tei_1505-215.jpg

前菜メドレーを食べているあいだに
最初の泡はとっくになくなってしまったので
白ワインをお願いした

 ・リゲア(ズィビッボ100%)4,000円

ドンナフガータという地方の白ワインらしい
ワインリストの説明では

 ジュシーです。
 『ジェニーはご機嫌ななめ』

と書いてあった。意味わからん・・

Ohnishi_tei_1505-216.jpg

さて、8種類ものアンティパストのあとは
おたのしみプリモピアットだ
まずはメニューの名前に惹かれて
これをお願いした

 ・旅館のウニパスタ 1,600円

かなり太め(たぶん1.8mm)のパスタが
ど〜んとでてきた

このビジュアル、素晴らしいよね
食べなくても美味しいってのがわかる
そして、ひとくち食べてみると
まさに予想を裏切らない、素晴らしい旨さだ

ウニとトマトのソースが
太いパスタにしっかり絡んで
ほんとに絶品のひとことだ

Ohnishi_tei_1505-217.jpg

この日はパスタを2品頼んだ
しかしさっきのウニパスタのボリュームを見て
最後まで食べきれるか心配になってきた

パスタ二品目はこれ

 ・ハリイカとイカスミのパスタ 1,500円

これまたど〜んとやってきた
そして、またまためっちゃ旨そうだ

Ohnishi_tei_1505-218.jpg

小皿に取り分けして
じゃあ、いただきま〜す

うひゃ〜、旨旨旨旨旨

ほんとに旨いイカスミパスタには
なかなか出会えないが、これは最高だ
むかし、ベネチアの安食堂で感動して以来
ほんとに久しぶりに感動的旨旨烏賊墨だ

Ohnishi_tei_1505-219.jpg

メニューの黒板に大きくこう書いてある

 『魚一匹 当店の主役』
  ☆オーブン焼き
  ☆漁師煮込み
 本日のお魚:シマソイ、クロムツ、マダイ

そうか、主役なのか

Ohnishi_tei_1505-220.jpg

これは頼まないといけない

 ・クロムツの漁師煮込み 1,000円

これまた美味かった。
パスタでおなかパンパンになってたが
最後まで食べきったよ

それにしてもこのクロムツ
けっこうな大きさだがたった1,000円。 
こんなんで利益でるんやろか?

Ohnishi_tei_1505-222.jpg

そしてお腹パンパンでもドルチェは別腹
まず、ひとつめのドルチェ

 ・スイカのグラニータ(シャーベット) 500円

スイカの味が凝縮されてる
とても旨いし、シャーベットなので
すんなりと別腹にはいる

Ohnishi_tei_1505-221.jpg

そして最後の一品

 ・カンノーロ(リコッタクリーム) 300円

これまた旨い
おなかいっぱいだったので2人で分けたが
これなら一人ひとつでも食べられたかも

Ohnishi_tei_1505-223.jpg

素晴らしいシチリア料理の品々
最後はやっぱりエスプレッソで〆る

この日の美味かったお料理を
思い出しながらゆったりと過ごすひととき

イル・ピスタッキオとはまたひとあじ違うが
ここでならいつでも旨いシチリア料理を
楽しむことができるよ

ごちそうさまでした

Ohnishi_tei_1505-224.jpg


──────────
【訪問日】 2015年5月 
【店名】  シチリア料理 大西亭
【ジャンル】イタリアン シチリア料理
【住所】  東大阪市菱屋西3-1-1
【最寄り駅】 近鉄奈良線 河内小阪駅 徒歩5分
【キーワード】 イタリアン シチリア 
──────────





大西亭イタリアン / 河内小阪駅河内永和駅JR河内永和駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ たつ屋
2015/06/22 15:18 |
Tatsuya_1506-101.jpg

先日、西成のなべやで鉄鍋牛肉を
たらふく食べて楽しんだあと
腹ごなしのために新世界まで歩いて帰った
そのとき一緒だった食べ友男子あーさんが

 あーさん まさいさん、ここのホルモン鍋
      めっちゃ旨いっすよ!
 まさい  へぇ〜

と『とある店』を紹介してくれた
絶対の自信がありげだ

Tatsuya_1506-102.jpg

あーさんが紹介してくれたあと
あの日、同行だった食べ友女子りーさんも
食べに行ったらしい。
あそこのホルモンはすごく美味しかったと
つい数日前に報告があった

その『とある店』というのがここだ

 ■たつ屋

これもなべやと同じく西成区
地下鉄の動物園前駅から徒歩1分のところ

Tatsuya_1506-103.jpg

いつも満員だとあーさんが言ってたので
念のため、動物園前駅をでる前に電話して
カウンターが空いているのを
確認してから行った

お店の中はカウンターを中心にした
こじんまりしたお店だ

なにはともあれ、これを頼む

 ・ホルモン鍋 1人前 800円

カウンターのなかにいるお兄さんは
朴訥な雰囲気だがとても感じが良い

Tatsuya_1506-104.jpg

鍋はすぐにでてきて
カウンターの上のコンロにかける

鍋のなかにはいちばん手前に大きな豆腐
そして向こうにはもやしとか野菜
キムチ、ニラ、そしてもちろんホルモン

ちなみにホルモンとはモツのことだ

Tatsuya_1506-105.jpg

鍋がセットされたことを確認して
飲み物を頼む

 ・芋焼酎 お湯割り 350円

もう、6月で外はけっこう暑いが
熱い鍋を前にしてお湯割りを飲むまさい
これがまさいの健康法だ

Tatsuya_1506-106.jpg

かなりの強火で10分ほど煮込む

下の方のもやしはとっくに煮えて
豆腐の色が美味しそうな色合いに変わり
そしてホルモンも煮えてきたころ
カウンターのお兄さんが

 そろそろ、ええよ

とゴーサインを出してくれる

Tatsuya_1506-107.jpg

出汁をひとくち味わってみる

 旨いっ

お玉でホルモンと野菜を持ち上げる

いっただっきま〜す

いやぁ、こりゃ旨い!
あーさんが絶対の自信を持って
紹介してくれるはずだ

新世界のちょっと外れにある
こんな古びたお店でこんな旨いホルモン
感動ものだ

Tatsuya_1506-108.jpg

芋焼酎をお代わりし
額に汗をかきながら、どんどん食べ進む

あっというまにもう残りはこんだけになった
いっきにぜんぶ食べ切りたいが
ここでいったんストップする

このあとの麺を入れたときに
具もいっしょに食べたいからだ

Tatsuya_1506-109.jpg

なべやの鉄鍋牛肉のときはうどんだったが
このホルモン鍋には中華麺があうらしい

 ・なべのめん 150円
   うどん、ちゃんぽん、和そば

おにいちゃんに頼んで中華麺をいれてもらう
なべやの時も思ったが
麺をいれてすぐはとても不味そうなビジュアルだ

Tatsuya_1506-110.jpg

しかし、その不味そうなやつが
すぐにとても旨そうな麺に変身する

いただきま〜す
ふぅふぅふぅ、じゅるじゅるじゅるっと
熱々の麺をいっきに食べる

いやぁ、こりゃまた旨い

Tatsuya_1506-111.jpg

さっきすこし残しておいた野菜やホルモンと
いっしょに麺を食べるとさらに旨い

麺はけっこうな量があったが
あっというまに完食だ

いやぁ、ほんと旨かったよ
新世界のハズレにこんな店があっただなんて
あーさんに教えてもらって良かったよかった

ごちそうさまでした

Tatsuya_1506-112.jpg


──────────
【訪問日】 2015年6月 
【店名】  たつ屋
【ジャンル】ホルモン鍋
【住所】  大阪市西成区山王1丁目17-10
【最寄り駅】 地下鉄 動物園前駅 徒歩1分
【キーワード】 ホルモン ほるもん もつ鍋 モツなべ モツ鍋 新世界
──────────




たつ屋ホルモン / 動物園前駅新今宮駅前駅新今宮駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
居酒屋とか トラックバック(0) | コメント(0)


■ ラ・ターブル・ド・クラージュ
2015/06/21 11:21 |
LaTableDeCourage_1506-101.jpg

北摂の豊中の隠れ家的本格フレンチが
最近、人気だと言うので行ってきた

 ■ラ・ターブル・ド・クラージュ
  La Table de Courage

豊中は梅田から阪急宝塚線の急行で10分
そして駅から徒歩10分弱のビルの半地下

LaTableDeCourage_1506-102.jpg

梅雨の合間のいい天気の日曜日のランチ
ランチメニューは3種類あるが
いちばんお手軽なこのコース

 ・Menu Dejeuner 2,700円
  前菜、メイン、デザート、飲み物

この日は6人だったので
お店の奥まったところの半個室的なテーブル
高級感のあるとても落ち着いた雰囲気だ

LaTableDeCourage_1506-103.jpg

まず最初に供されたこの前菜
↑の写真だけみれば
サラダの横に薄切りハムが2枚程度に見える

ところがお皿全体をみるとこんなに華やかだ

LaTableDeCourage_1506-104.jpg

イタリアンでパスタ用としてよく使われる
まんなかが深いお皿
その深いところにたっぷりのお野菜
そしてふちの部分に自家製ロースハム

 ・鹿児島県産 茶美豚
  自家製スモークロースハムのサラダ

そしてこのたっぷりの分量
ハム好きのまさいは満面の笑顔になる

LaTableDeCourage_1506-105.jpg

じゃあ、さっそくいただきます。

 旨い!

このハムが素晴らしく旨い
ハムのあいだに野菜を挟んで
いっしょに食べるとさらに旨さが倍増だ

LaTableDeCourage_1506-106.jpg

たっぷりの前菜をゆっくりいただいたあと
メイン料理にうつる
魚か肉をひとつチョイスできる

 ・天然イサキと白さ海老のポアレ
   タップナードソース

フレンチのお魚料理は
ボリュームにかける場合が多いが
ここのは出てきたときちょっとビックリするサイズ

まあ、よく見ると台になっている茄子が
全体を大きく見せているような感じだ

LaTableDeCourage_1506-107.jpg

まさいは肉料理を頼んだ

 ・岡山県産地鶏もも肉のバロティーヌ
   シェリーヴィネガーソース

こちらはお魚料理とは逆で
写真をみると小さそうに見えるが
じつはかなりデカい

トップ写真でわかるように
横から見ると巨大な氷山のようだ

LaTableDeCourage_1506-108.jpg

これがまた絶品の旨さだ

バロティーヌ(ballottine)というのは
骨を除いて広げたトリ(鶏、鳩、鶉など)で
挽き肉やフォワグラな どの ファルス を
包み込んだもの。

このあいだ、プーリア料理のラ・ピニャータ
食べたインボルティー二のフランス版だね

付け合わせはじゃがいも、アスパラ
きのこ、ズッキーニとか

LaTableDeCourage_1506-109.jpg

半分ほど食べ進んだ状態がこれだ
鶏もも肉で包まれた内側には
鶏ミンチときのこを細かくした詰め物

たっぷりな量があるし
シェリーヴィネガーソースがまた旨いので
最後までほんとに美味しく食べることができた

LaTableDeCourage_1506-110.jpg

そして最後にデセール

 ・ルビーグレープフルーツの蜂蜜マリネ
   ヨーグルトムースとミント風味のゼリー添え

地味なビジュアルだがこれがまたまた旨い

LaTableDeCourage_1506-111.jpg

ゼリーやムースそれぞれも旨いが
ルビーグレープフルーツとムースとゼリーを
いっしょに口に入れると最高だ!

いやぁ、満足まんぞく!

LaTableDeCourage_1506-112.jpg

北摂の地、豊中まではるばるやってきて
ほんとによかった

さいごのコーヒーをいただきながら
しみじみと幸せ感に浸った休日ランチだった

ごちそうさま

──────────
【訪問日】 2015年6月 
【店名】  ラ・ターブル・ド・クラージュ
     La Table de Courage
【ジャンル】フレンチ
【住所】  豊中市本町7-1-28 地下1階
【最寄り駅】 阪急宝塚線 豊中駅 徒歩10分弱
【キーワード】 豊中 フレンチ フランス料理 隠れ家 French
──────────




ラ ターブル ド クラージュフレンチ / 豊中駅
昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■ 新富士本店
2015/06/20 17:22 |
Shin_Fuji_1504-101.jpg

まさいはとっても豚肉が好きなのだが
トンカツ以外に定食っぽくたべられる
豚料理を探していたらこんなのがでてきた

 ・ポークチャップ

おお、学生のころ下宿でしょっちゅう
作ってたやつや!

当時は火力のユルい電熱器しかなく
それにフライパン乗せて豚肉焼くと
その弱火加減のおかげで豚肉をとても柔らかく
焼くことができた

Shin_Fuji_1504-102.jpg

そんなポークチャップの名店があるらしい

 ■新富士本店

場所は西成区
地下鉄四つ橋線の玉出と岸里のちょうど
まんなかあたりの住宅地の中にある

お店にはいるととても気さくな感じの
おばちゃんが、いらっしゃ〜いと
迎えてくれる

Shin_Fuji_1504-103.jpg

街の洋食屋さんなので
すごくいろんなメニューがあるが
オーダーしたのはもちろんコレ

 ・ポークチャップ 1,600円

国産もち豚使用とはいえけっこういい値段だ

注文するとさっそく目の前で焼き始める
巨大な豚肉を大きな鉄のフライパンに乗せる
そして、けっこう強火で焼き始める

それを見ていてちょっと不安になってきた
なぜなら、豚肉は強火で焼くと
肉が固くなってしまうからだ

Shin_Fuji_1504-104.jpg

10分くらいかかって焼き上がる
とてもいい豚肉の匂いがただよってくる

待たせてごめんね〜といいながら
おっちゃんがお料理を出してくれる

おお、すごいボリューム
遠目でも大きい肉だと思ったが
間近にみるとほんとに巨大だ

Shin_Fuji_1504-105.jpg

上からみるとこんなかんじ
大きなお皿が豚肉で一杯いっぱいになってる

付け合わせの野菜や
街の洋食屋さん独特のスパも
たっぷり盛りつけられてある

Shin_Fuji_1504-106.jpg

さあ、いよいよ
いっただっきま〜す

 んん〜

豚肉の味はすごく美味しい
デミグラソースもそれにすごくあってる

でも、やっぱり
心配してた通り肉が固くなってしまっている
肉の味はとてもいいのだが
残念ながらまさいの口にはあわない

すごく残念だ
ほんとに残念だ・・・

豚肉を強火で焼くのは
このお店の流儀なのだ
たしかのそのほうが肉の味は抜けない

でもまさいの期待したものとは
ちがうポークチャップだった

Shin_Fuji_1504-107.jpg

お店の雰囲気もいいし
おっちゃんやおばちゃんも
とても暖かく迎えてくれた

ちょっとぼくの期待からは外れたが
ものすごい量のお肉をいただいて
とてもお腹いっぱいになったし
フレンドリーなもてなしで
とても気持ちはほっこりとなったよ

ごちそうさまでした

──────────
【訪問日】 2015年4月 
【店名】 新富士本店
【ジャンル】洋食
【住所】 大阪市西成区千本南2丁目3-5
【最寄り駅】 地下鉄 四つ橋線 玉出駅 徒歩10分
【キーワード】 洋食 豚肉 ポーク ポークチャップ ステーキ 
──────────





新富士本店洋食 / 岸里玉出駅岸里駅玉出駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ねぎ焼 やまもと 本店
2015/06/17 16:20 |
Yamamoto_1506-101.jpg


いやぁ〜、ほんまに旨かった


Yamamoto_1506-102.jpg

今年、2015年6月6日で創業50年だそうだ

十三駅西口から徒歩5分弱
大阪でねぎ焼といえばこのお店

 ■ねぎ焼 やまもと 本店

まさいはずっと昔から知ってたが
訪問する機会がないまま時が流れていた

Yamamoto_1506-103.jpg

ねぎ焼の店だからねぎ焼を頼む
ねぎ焼のなかでも一番人気のコレ

 ・ねぎ焼 すじ 1,190円

『ねぎスジ』といえば通じる

ねぎ焼き以外にもお好み焼きが同種類
そして、焼きそばもやっている

Yamamoto_1506-104.jpg

オーダーしてからおよそ10分

焼き用の鉄板で丁寧に焼かれたねぎ焼きが
ちりとりのようなものに乗せられて
手元の鉄板の上に運ばれてきた

Yamamoto_1506-105.jpg

そして味付け専門の女子店員さんが
味付けをしてくれる

 まさい ねぎ焼はなにで味付けするの?
 女店員 しょうゆベースのタレとレモンですよ

と言いながら、最後にレモンを搾ってくれる
しょうゆの焦げるいい匂いが漂って来る

Yamamoto_1506-106.jpg

手元のコテでまずは大きく半分にカットする
中にはぎっしりつまった青ネギ。そして
あちこちから牛すじ肉がこぼれ落ちて来る

もう、たまらん
早く食べよう!

Yamamoto_1506-107.jpg

ねぎ焼をコテでパイ型にカットする
いっただっきま〜す!

うわぁ〜
もう、めちゃめちゃ旨い

生地に牛すじ肉の味が染み出していて
それに甘めのしょうゆとレモン味が
見事に調和している
そして青ネギの香りと食感がたまらない

Yamamoto_1506-108.jpg

一心不乱に味わいながら
めしゃめしゃ食べていたら
あっというまにあと一切れになってしまった

手元の鉄板の温度は低めなので
最後までカピカピにならずに美味しく食べられる

Yamamoto_1506-109.jpg

まさいはもともとねぎ焼が大好きで
いつかは『やまもとのねぎ焼』をと
思っていたが、想像以上の旨さに感動した

もっと早く来ておくべきだったよ

ごちそうさま

──────────
【訪問日】 2015年6月 
【店名】  ねぎ焼 やまもと 本店
【ジャンル】ねぎ焼 お好み焼き
【住所】  大阪市淀川区十三本町1-8-4
【最寄り駅】 阪急 十三駅西口 徒歩5分
【キーワード】 ねぎ焼 ネギ焼 ねぎやき
──────────





やまもと 本店お好み焼き / 十三駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ アネロ
2015/06/16 08:33 |
Anello_1506-101.jpg

天満は栄枯盛衰の世界だ

先週、旨いものを食べてきたあの店が
きょうはもう無くなってたりする

そのかわり、路地裏を歩くと
あれっ! こんな店ができてるっていう
サプライズがしょっちゅうある

Anello_1506-102.jpg

その天満のかなり奥の方に
ひっそりと佇むこのお店

 ■アネロ

静かに開店して1年と1ヶ月
知る人ぞ知るの店となった

Anello_1506-103.jpg

どこらへんが知る人ぞ知るなのかは
あとで述べる

まずは白でカンパイ

 ・ハウスワイン デキャンタ 900円

北極星と言う名作安ワインだ


Anello_1506-104.jpg

空腹時にワインを飲むと
食道と胃の形がレントゲンのように
浮かび上がって来る

それを楽しみながら
どのごちそうを食べようかと
メニューをみながら考える

Anello_1506-105.jpg

ここにくると
これをはずすわけにはいかない

 ・前菜 5種盛り 1,000円

お料理がでてきたとき
お連れさんとまさい
声を合わせて、うひゃ〜と叫ぶ

これで1,000円なのか?
きょうはこれだけでもいいねって
冗談をいいながらめしゃめしゃ食べる

どれもこれも旨い!
まじ、この一皿で30分は食べてた

Anello_1506-106.jpg

つづいて頼んだひと品はこれ

 ・本日のアヒージョ 650円

この日は海老とベーコンと野菜のアヒージョ
これまた出てきたとき??って感じ

普通のアヒージョはオリーブオイルの中に
具が浸かっている
これは・・ オイルはどこにあるねん?

全部旨かったけど
まさいはもうちょっとオイルが多いほうがええな

Anello_1506-107.jpg

白のデキャンタはあっというまにカラに
つづいておなじくハウスワインの赤

これも北極星という名作安ワイン


Anello_1506-108.jpg

これも前菜のつづきだが
ちょっと肉系にいく

 ・うずらのディアボラ 650円

悪魔風という意味らしい
たしかにこのうずら
悪魔のマントのような形をしている

これまた旨い
いまは亡きうずら屋のうずら半身を思い出すよ

Anello_1506-109.jpg

でた〜!

 ・生ウニのクリームパスタ 1,400円

裏○○○で幻になってしまったパスタが
ここで復活している
これぞ、知る人ぞ知るひと品

きょうはこれを食べるためにやってきたのだ

Anello_1506-112.jpg

上空からアップで見てみる
うんうん、見た感じ、裏のとおんなじ

いただきま〜す!
うへぇ〜、めちゃ旨い。
久しぶりに食べるのけどまえのと同じ味だ!

いやぁ、満足まんぞく

Anello_1506-111.jpg

この日は小食痩身女子とやってきた

前に大食痩身女子と裏に行ったときの
半分くらいしか食べてないけど
きょうはこれで打ち止め

でも、どれもこれ美味しかったので大満足だ
ここは裏と違って予約ができる
並ばなくていいから次からも気楽にこれるからね

ごちそうさまでした

──────────
【訪問日】 2015年6月 
【店名】  アネロ Anello
【ジャンル】イタリアン バール
【住所】  大阪市北区池田町14-12
【最寄り駅】 JR環状線 天満駅 徒歩10分
【キーワード】 アネロ あねろ Anello バール ビストロ イタリアン
──────────




アネロイタリアン / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 大阪浪花家
2015/06/15 11:06 |
Naniwaya_1505-101.jpg

最近、東京でも大阪でもかき氷がブームだ
しかしまさいは子どもの頃から
あまりかき氷を美味しいと思ったことがない

いままでに一度だけ美味しかったのは
台湾で食べたやつ

あれは氷自体が雪のようで
そしてなかからマンゴーがいっぱい出てきた

Naniwaya_1505-102.jpg

GW明けのとある土曜日の午後
食べ友たちと旨いイタリアンを食べたあと
素晴らしいイチゴのかき氷を食べにいかないかと
誘われたので、あまり期待せずについて行った

場所は中崎町商店街の真ん中あたり
梅田からあるいても15分くらいのところだ

あまり人通りの多くない土曜の午後
ある店の前に遠くからでも見える行列がある

 食べ友 あそこだよ
 まさい うへぇ、かき氷にこんな行列?!

すでに5〜6人が並んでる

Naniwaya_1505-103.jpg

本来はたいやき屋さんのこのお店

 ■大阪浪花家

東京の麻布十番にある総本家の
大阪の分家らしい
そこが夏になるとかき氷をはじめる

そのかき氷が半端じゃないそうだ

Naniwaya_1505-104.jpg

並び始めてからまさいの前に
かき氷がでてくるまでおよそ40分

すごく楽しみに我慢強く待ってたのがコレ

 ・期間限定 アサツミ2 900円

アサツミとは『朝摘み』のことだ

Naniwaya_1505-105.jpg

これは凄い!
食べる前から美味しいだろうというのが
容易にわかるビジュアルだ

このメニューは期間限定で
わずか1週間ほどしか提供できないらしい
理由は絶品のいちごの入荷が限定されてるから

Naniwaya_1505-106.jpg

じゃあ、いただきます、へへへ

いやぁ、もう言葉にできないくらい旨い!
いちごそのモノも旨いが
氷とのコンビネーションが絶妙だ

間違いなく人生で最高のかき氷だ

Naniwaya_1505-107.jpg

氷をだんだん食べ進んで行くと
下の方からあずきがでてきた
そしてその下部の氷には
なんかのシロップがかかってる

あずきも旨いしシロップも絶妙

感動しながら通りに目をやると
いつのまにかすごい行列になってる
20人は並んでいそうだ
4〜5人の列で40分かかったんだから
単純に計算すると待ち時間は160〜200分
3時間くらい待たないといけない!

Naniwaya_1505-108.jpg

あんなに山盛りだったかき氷を完食
いやぁ、ほんとに旨かった
これならみんなが騒ぐハズだね

この期間限定のいちごはもう終わったが
夏になるとこんどは絶品の『桃』が登場する
数年に1度しか食べないかき氷だが
今年は夏にもういちどここで食べてみよう

Naniwaya_1505-109.jpg


──────────
【訪問日】 2015年5月 
【店名】  大阪浪花家
【ジャンル】たいやき かき氷
【住所】 大阪市北区中崎1-9-21 天五中崎通り商店街
【最寄り駅】 地下鉄 中崎町駅 徒歩5分
【キーワード】  たいやき たい焼き タイヤキ かき氷 かきごおり なにわや
──────────




大阪浪花家たい焼き・大判焼き / 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________
スイーツ・カフェ トラックバック(0) | コメント(0)


■ チンタンタン Ting Tang Tang
2015/06/14 15:01 |
TingTangTang_1506-101.jpg

年に1〜2回だが
幕張メッセに展示会を見に行くことがある
いままではたいてい展示会場でお昼を
食べていたが、たまには近隣のお店に
行ってみたくなってリサーチしてみた

TingTangTang_1506-102.jpg

いくつかめぼしいお店がでてきたが
そのなかの中華にいくことにした

 ■チンタンタン Ting Tang Tang

場所はJR京葉線の海浜幕張駅前
aune幕張の4階の一番奥にある

TingTangTang_1506-103.jpg

お店に入ったのは13時半くらいだったので
お店の中はすでにガラガラ

ランチメニューはいろいろあるが
まさいの好きなこれを注文した

 ・五目焼きそば 650円

これを大盛にしてプラス100円
安いよね

TingTangTang_1506-104.jpg

注文してほどなくお料理が届く
真上から見るとこんな感じ

このお値段にしてはけっこういろんな具が
入っていてとても旨そうだ

TingTangTang_1506-105.jpg

じゃあ、さっそくいただきます!

うん、旨いうまい
上海料理風の味付けでとても旨い
麺も上出来だ

TingTangTang_1506-106.jpg

五目焼きそばというのは
焼きそばの上に八宝菜がかかってるような感じ

一尾だけだがこんな海老も入っている
焼きそばではなく揚げ麺なら五目以外に

 ・海鮮揚げ麺 680円

というのもある。
焼きそばにも海鮮焼きそばがあればいいのに

TingTangTang_1506-107.jpg

海浜幕張駅というところは
幕張メッセでの展示会でなければ
来ることもないが、
初めてでしかも適当に選んだ店にしては
安くて美味しい五目焼きそばだったよ

ごちそうさまでした


──────────
【訪問日】 2015年6月 
【店名】  チンタンタン 海浜幕張駅前店
【ジャンル】中華料理
【住所】  千葉市美浜区ひび野1-14 aune幕張 4F
【最寄り駅】 JR京葉線 海浜幕張駅 徒歩1分
【キーワード】 幕張 メッセ 海浜 
──────────




チンタンタン 海浜幕張駅前店中華料理 / 海浜幕張駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________
関東 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ルールブルー
2015/06/12 11:29 |
LheureBleue_1506-101.jpg

ほんとに久しぶり
大好きなフレンチレストラン

 ■ルールブルー 大阪・江戸堀

この界隈は素敵なお店が多い
密集はしていないが
あちこちに好きなお店がある

LheureBleue_1506-102.jpg

たとえばこういうお店

 ・チュカテ
 ・(食)ましか
 ・トゥールモンド(移転してad hocになった)
 ・ハジメ
 ・わすれな草

などなど
立ち飲みからミシュラン☆☆☆まで

LheureBleue_1506-103.jpg

ルールブルーもそのひとつだ
ランチの予約でできなかったころから好きなお店

まずはアミューズ

 ・吉田牧場のモッツァレラチーズ

吉田牧場というだけでテンションがあがる
ルールブルーに来たときの楽しみのひとつだ

LheureBleue_1506-104.jpg

この日のランチはこれ

 ・Menu 3,780円

はじめてここで食べたランチは1,000円
4倍近い値段になってる
でも、満足度はきっと10倍くらいのはず

LheureBleue_1506-105.jpg

ここ、ルールブルーはフレンチだけど
ガッツリ系で有名。フレンチと名乗るより
ビストロのほうがあってると思う

この日のオードブル

 ・もち豚肩ロースハム レモン風味のサラダ

ど〜んと2枚でてきた
しかも絶品の旨さ
まさいはハムが大好きなので
この2倍でも喜んで食べるが
そうでない人は飽きて来るかもしれない

ロースハム1枚とテリーヌ1枚だと
もっとテンションがあがるところだ

LheureBleue_1506-106.jpg

オードブルのあとしばらく時間をおいて
でてきたお魚料理はこの日の最高傑作だ

 ・野菜の入った帆立貝のケネル、オニオンスープ仕立て

いやぁ、これは文句無しに旨かった

パッと見は茶碗蒸しをお皿にあけたような
そんな冴えない風体だったが一口いただいて
うへぇ〜と声をあげそうになった

これこそフレンチの真骨頂というひと品だ
マジ、旨かった!

LheureBleue_1506-107.jpg

帆立貝のケネルの旨さの
感動の余韻に浸っていると
カトラリーが交換された

つぎは旨いお肉ですよというお知らせだ

LheureBleue_1506-108.jpg

そしてでてきたのはあまり見慣れないひと品

 ・岡山地鶏ムネ肉の低温ローストと
    キャベツのブレゼ

かなり大きなお肉の塊
鋭利なナイフをいれるとスッと切れる
そして、ひとくち食べる

鶏のムネ肉というとパサパサしたイメージだが
これはとてもしっとりとしていて旨い

48℃の温度で5〜6時間もローストするらしい
オイルを使わないコンフィみたいなものか
ムネ肉ではない別物をたべているような感じ
ほんとに美味しかった

ただ、まさいにとっては羊とか鴨のように
もうちょっとクセのある肉のほうが好みだな

LheureBleue_1506-109.jpg

そして最後のデザート

 ・温製チョコレートケーキ

これまた絶妙の甘さで
ほんとに美味しいよ
食感といい味わいといい香りといい
パーフェクトだ

LheureBleue_1506-110.jpg

この日はいちばん奥のテーブル席で
5人でランチをいただいた。
ほんとに久しぶりの感動が蘇ってきたよ

しばらくのあいだ夜はコースのみだったが
最近またアラカルトメニューが復活した
ここのアラカルトは質・量ともに
とても満足なお料理なので
またディナーに行くのが楽しみだよ。

ごちそうさま。

──────────
【訪問日】 2015年6月 
【店名】  ルールブルー L’HEURE BLEUE
【ジャンル】フレンチ ビストロ
【住所】  大阪市西区江戸堀1-19-2 ラインビルド1F
【最寄り駅】 地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅7/8番出口から徒歩3分
【キーワード】 ルール・ブルー フレンチ ビストロ French Bistro
──────────





関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■ 青源 宇都宮
2015/06/10 23:40 |
Aogen_1504-101.jpg

めったにいく用事のないここ、宇都宮
前回、ここを訪れたときは
餃子の有名店、2ヶ所をハシゴランチした

 ・宇都宮みんみん
 ・餃天堂

そしてほぼ1年ぶりの宇都宮訪問
今回はどこにいくか?

Aogen_1504-102.jpg

ほんとは正嗣(まさし)に行きたいのだが
駅から遠すぎて、今回も断念
そして、チョイスしたお店はここ

 ■青源

この店には宇都宮ひろしといえども
ここでしか食べられないものがあるらしい

駅ビルのパセオの1階にある店舗
パッと見はお土産屋さんのような感じ
上をみると『味噌と餃子』と書いてある

Aogen_1504-103.jpg

ランチ用の定食もいくつかあるが
この日は2種類の餃子とライス小を頼む

注文してからやってきたのが
このトレイ

右と左の2種類の餃子
すっごく対照的だ

Aogen_1504-104.jpg


まずはこちら

 ・源ちゃん焼き餃子 6こ 257円(税込)

見かけは普通だ


Aogen_1504-105.jpg

じゃあ、さっそくいただきます

うんうん
とてもノーマルな餃子だが
さすが宇都宮、しっかり基本を押さえた旨さ


Aogen_1504-106.jpg

そしてつづいての登場はこれ

 ・ネギ味噌焼餃子 6こ 390円(税込)

餃子のうえにびっしり青ネギが乗ってる
そして、それにかかってるタレが

 味噌タレ

これは珍しい

Aogen_1504-107.jpg

じゃあ、ねぎ味噌焼き餃子
ねぎをこぼさないように、いただきまーす

おお〜
けっこうイケルよ
ねぎの香りと味噌味が
揚げたての餃子にとってもフィットする

じつはここはもともとお味噌屋さん
そのお味噌屋さんが考えだした食べ方らしい

Aogen_1504-108.jpg

このお店のメニューはこれですべて
定食にすると大きなお椀の味噌汁がついて来る
この味噌汁がまた変わった味らしい

ねぎ味噌焼餃子はすっごく旨いって
感じではないけど、それなりに旨かったよ

きっと日本でもココしかない
珍しい餃子をいただけて満足まんぞく

ごちそうさまでした

──────────
【訪問日】 2015年4月 
【店名】 青源 パセオ店
【ジャンル】餃子
【住所】 宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ 1F
【最寄り駅】 JR宇都宮駅 徒歩2分
【キーワード】 ぎょうざ ギョウザ 餃子 
──────────



関連記事
___________________________
関東 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ちんや
2015/06/08 09:39 |
Chin_ya_1505-100.jpg

博多には豚骨ラーメンもつ鍋以外にも
とても旨いものがいっぱいある
この日も博多でランチする機会があったので
リサーチしたところこんな店を見つけた

 ■ちんや

九州産の黒毛和牛を扱う創業60年の精肉店だ
その精肉店がすき焼きやしゃぶ鍋をやっている

Chin_ya_1505-102.jpg

黒毛和牛の精肉店のすき焼きと言うと
めちゃ値が張りそうだが
(じっさい、夜はけっこうお高い)
ランチ限定でこんなメニューがある

 ・すき焼き丼 1,400円

黒毛和牛の精肉店のすき焼きを
こんなお値段で楽しめる
こりゃ、めっちゃ期待できそうだ

お昼時は行列ができるらしいので
11時半の開店と同時にお店に入る

Chin_ya_1505-103.jpg

すき焼き丼をオーダーしてからおよそ10分
とてもよい香りを振りまきながら
すき焼き丼がまさいの待つテーブルに到着する

ランチメニューにはもうひとつ
季節限定のにくとろ丼というのがある
実はこれもとても旨そうなのだがこの日は
『すき焼き』という名前しか頭になかった

Chin_ya_1505-104.jpg

精肉店のすき焼き丼
全景はこんな感じだ

お肉たっぷりの丼にお味噌汁
そしてサラダとお漬物

いやぁ、ビジュアルといい香りといい
めちゃ旨そうじゃないか

Chin_ya_1505-105.jpg

実はお店の前にこんな美味しそうな
手描きの看板があった
でてきたものをその手描きの絵と比べても
ぜんぜんひけをとらないビジュアルだ

Chin_ya_1505-106.jpg

じゃあ、さっそく
旨そうなお肉からいただきま〜っす

めっちゃ柔らかい
黒毛和牛の肉の味がとても旨い
味付けの濃さも絶品だ

Chin_ya_1505-107.jpg

お肉が多すぎて他の具が見えないので
すこし肉を横にどかせてみた

お肉の下から糸こんや豆腐がでてくる
まさいはすき焼きの糸こんが大好き
それがたっぷり入ってるのでとても嬉しい

Chin_ya_1505-108.jpg

お肉の味をしっかり楽しんだあと
こんどは温玉をカットして
肉に玉子の黄身を絡ませて食べる

わかりきったことなのだが
玉子の黄身の絡んだ肉はさらに旨い

Chin_ya_1505-109.jpg

そしてこれまたまさいの大好きな
すき焼きの具、『とうふ』

すき焼きに入った豆腐の旨さを決めるのは
味のしみ具合だ
この豆腐の色を見てもわかるように
肉と醤油の味がしっかりしみ込んでいる

もう、馬杉謙信!

Chin_ya_1505-110.jpg

すき焼きの肉は熱いうちに食べたいし
すき焼き丼は汁が多いので
ごはんがふやけてしまわないうちに食べたい
なので一気に食べてしまった

いやぁ、旨かったうまかった
ひとりランチに1,400円はけっこう贅沢だが
夜に食べると何千円もする黒毛和牛精肉店の
絶品すき焼き

お得感と美味しさでとても満足だったよ
ごちそうさま

Chin_ya_1505-111.jpg


──────────
【訪問日】 2015年5月 
【店名】 ちんや
【ジャンル】すき焼き、しゃぶ鍋、ステーキ
【住所】  福岡市博多区中洲3-7-4
【最寄り駅】 地下鉄 中洲川端駅 徒歩3分
【キーワード】 博多 精肉店 黒毛和牛 すきやき スキヤキ
──────────




ちんやすき焼き / 中洲川端駅呉服町駅天神南駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ なべや
2015/06/02 21:19 |
Nabeya_1505-201.jpg


食べ友と高級すき焼き店に行ってきた

↑見て? この旨そな写真


Nabeya_1505-202.jpg

お店はとあるのどかな住宅地のなかにある

 ■なべや

ひとり鍋のお店だ

Nabeya_1505-203.jpg

お店にはいるとテーブルの上に
所狭しとコンロが並んでいる
すごく年期の入ったコンロ

こういうコンロは構造が単純なので
何十年使っても壊れない

Nabeya_1505-204.jpg

この日は3人で行った
まずこちらは食べ友男子あーさんのオーダー

 ・牛肉すき焼き 680円

えっ、これが680円?
表面が牛肉で覆い尽くされているやん

Nabeya_1505-205.jpg

こちらは食べ友女子りーさんのオーダー

 ・鶏みんち鍋 みそ味 830円

これも安いが
この状態ではまだ凄さがわからない

Nabeya_1505-206.jpg

そしてこちらがまさいのオーダー

 ・牛肉鉄鍋 830円

あーさんのすき焼きより一回り大きい
かつしっかりした鉄鍋ででてきた
表面はやはり牛肉で覆い尽くされている

Nabeya_1505-207.jpg

3人分の全景を見るとこんな感じだ
テーブルがけっこう大きいので
所狭しと鍋が並んでるという感じではない

Nabeya_1505-208.jpg

さて、まさいの牛肉鉄鍋
火をつけてしばらくそのまま煮る
そして、すこしグツグツしてきた時に
店のおばちゃんが出汁を入れてくれる

すき焼きなら割り下が入っているが
それより濃い感じの汁だ
おそらく野菜の水がいっぱい出るので
濃いのを入れるのだろう

Nabeya_1505-209.jpg

真上から見てみる
出汁はすごい勢いで沸騰している
野菜はすこし煮えてきた

Nabeya_1505-210.jpg

鍋ができるまで時間がかかるので
ビールのアテにコレを頼んだ

 ・和牛たたき 500円

これも柔らかくて旨い

Nabeya_1505-211.jpg

店内を見回すと壁にメニューが貼ってある
ご覧のようにミックス鍋以外は
ぜんぶ1,000円以下だ

いちばん安い鶏肉すき焼きなんか
たったの630円だ。びっくりするよ。

Nabeya_1505-212.jpg

さて、まさいの牛肉鉄鍋、煮えてきたぞ
おばちゃんから食べてよいとお許しが出た

Nabeya_1505-213.jpg

牛肉鉄鍋は実質、すき焼きだから
もちろん生卵につけて食べる

そして、まさいだけは白ごはんと
いっしょに食べたかったので

 ・ごはん 小 200円

も頼んだ。
ふつうはここでごはんは頼まないらしい

Nabeya_1505-214.jpg

じゃあ、あつあつのお肉
さっそく、いただきま〜す!

いやぁ、柔らかい
高級な肉ではないと思うが
肉の味もとてもしっかりしている

Nabeya_1505-215.jpg

こちらはりーさんの鶏みんち
ひとつおすそわけしてもらったが
これがまた絶品だ

つぎ来たときはこれ頼もう

Nabeya_1505-216.jpg

一人鍋とはいえけっこうな量が入ってる
3人で楽しく話しながら
そして、ふーふー言いながら食べる

店内を見回すと厨房とのあいだに
こんなのれんがかかっている
なんかのどかでいい感じだ

Nabeya_1505-217.jpg

すき焼きのあとの楽しみはこれ

 ・うどん 1人前(2玉) 200円

これをあーさんとふたりで分ける
そして、鶏ミンチ鍋には

 ・中華めん 1玉 200円

がすごく合うそうだ

Nabeya_1505-218.jpg

牛肉鉄鍋に出汁を足して
うどんを投入する

投入してすぐはぜんぜん旨そうに見えない
正直に言うと不味そうだ

Nabeya_1505-219.jpg

しかし、しばらく煮込むと
ほれ、このようにめっちゃ美味しそうに
炊きあがる

じゃあ、いただきま〜す!

これまた旨い。
1人前2玉ついている理由がよくわかるよ
ほんとに旨いのでいくらでも食べられる

Nabeya_1505-220.jpg

うどんを食べてる途中で
これを見つけた

 まさい へぇ、おばあちゃんてづくり
     ゆずこしょう。おいしそうやな!
 店のおばちゃん
     そのテーブルにおいてあるやつや
     麺につけて食べると旨いで!

と教えてくれた
たしかに、ほんとに旨かった。
とくに鶏みんち鍋の中華めんにつけると
絶品の味になる

Nabeya_1505-221.jpg

実はこの日、予約をするのを忘れていた
というか、予約できると思ってなかった
しかしほんとに運良く空席があって
すぐに入ることができて、そして
店内はわれわれが入った直後に満席になった

お店を出るときに、たまたまいっしょに
でてきた、近くに座ってたおばちゃんが

 予約なしで入れるなんて
 めっちゃラッキーなんやで!

と教えてくれた。

いやぁ、ほんとに旨かった
ディープな街で、行くのにちょっと
手間がかかるけど、ぜひまた食べにいきたいよ

ごちそうさま。


──────────
【訪問日】 2015年5月 
【店名】 なべや
【ジャンル】すき焼き、鍋物
【住所】  大阪市西成区天下茶屋北2-6-5
【最寄り駅】 阪堺電鉄 今池駅徒歩3分、地下鉄 四つ橋線 花園町駅 徒歩10分
【キーワード】 なべ 鍋 ナベ
──────────




すき焼・鍋物 なべや鍋(その他) / 今船駅今池駅萩ノ茶屋駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(1)




| TOP |
ブログパーツ