English | Top | RSS | Admin

2012.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.12


■ 馬さんの店 龍仙 市場館
2012/11/22 22:40 |
Ma_Ryusen_1211-101.jpg

久しぶりに夜行バスで横浜にいった

いつも夜行バスで東京についたら
朝ご飯はたいていモスバーガー

この日もモスにしようかと思ったけど
いつもおなじではつまらないのですこし考えた

 横浜・・・といえば、中華街
 中華街の朝ごはん・・・ といえば

そや、朝粥や!

Ma_Ryusen_1211-102.jpg

さて、朝粥をどこで食べるか?

あらかじめ調べてなかったので
慌ててネットで調べたらここが出て来た

 ■馬さんの店 龍仙 市場館

ほんとはいくつか比較したかったけど
時間もあまりないので、ここに決める
場所は元町・中華街駅から徒歩5分くらいのところ

Ma_Ryusen_1211-103.jpg

お店に到着したのは朝の7時を
すこしすぎた時間

『馬い・安い・早い』 と書いてある

店頭に貼ってある大量のメニュー写真で
どの粥にするか十分検討したうえで店内に入る

中華街のお店と言えば
いつも満員でびっくりするけれど
さすがにこの時間はガラガラだね
客はまさいひとりだけ

Ma_Ryusen_1211-104.jpg

店頭のメニューではお粥の種類は12種類
どれも美味しそうで、だいぶ悩んだけれど
さっきネットで探した時に紹介してあった
これにすることに決めた

 ・龍仙粥 735円

このお店の名前を冠したこの粥は海鮮粥
といっても、表面からは海鮮の具は見えないねぇ
うえから見ると、龍が飛んでいる図なのかな

Ma_Ryusen_1211-105.jpg

不審に思ってると
お料理を運んできてくれた女性
笑顔でこのように説明してくれた

 女性 粥を掘り返したらなかからいっぱい
    海鮮の具がでてくるよ!
 まさい はーい♪

言われる通り、掘り返してみたら
まずはでっかいホタテとイカを発見

おお、めっちゃ、美味しそう!
いただきま〜す♪

Ma_Ryusen_1211-106.jpg

テーブルには中華独特の
いくつかの調味料がおいてある

『馬』と大きく書かれた黒酢とか(笑)

すこし粥をいただいたあとで
馬黒酢をすこしかけてみる
うんうん、また違った味になって美味しいねぇ

Ma_Ryusen_1211-107.jpg

かなりたくさんの海鮮の具を楽しみながら
そういえば、海老がないなぁって思ってたら
底の方からぷりぷりの海老が2尾もでてきたよ
やっぱり海鮮に海老は不可欠だよね


Ma_Ryusen_1211-108.jpg

龍仙をほぼ食べ終わった頃
タイミングよくこれがでてきた

 ・双喜焼売 4個 525円

お粥だけだとすぐにお腹がすくだろうと
最初にオーダーしておいた点心
2種類の焼売がふたつづつ入ってる

Ma_Ryusen_1211-109.jpg

まずはこちら
これは上海名物らしい

 ・五目餅米焼売

めっちゃもっちりしているよ
これずっしりとお腹にくるねぇ

Ma_Ryusen_1211-110.jpg

そしてこちらは、点心では欠かせない一品

 ・海老焼売

ぷりぷりの海老が乗ってて
最高にうまい!

もっちりの五目餅米焼売と
ぷりぷりの海老焼売をいただき
質・量ともに大満足だよ〜

Ma_Ryusen_1211-111.jpg

中華名物の朝粥と
上海名物の点心をいただいて
心も胃もほっこり暖かくなって外へ出る

夜になるとたくさんの観光客で
いつも超満員の市場通りも
朝8時はやっぱりガラガラだね。

夜の中華街ももちろん素敵だけれど
中華街の朝ごはんもすごい満足感
素敵な朝のひとときを過ごせました♪


──────────
【訪問日】 2012年11月 
【店名】 馬さんの店 龍仙 市場館
【ジャンル】 中華
【住所】 横浜市中区山下町148
【キーワード】 元町 横浜 中華街 粥 おかゆ 朝粥
【食べログ】 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14014540/
──────────



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
関東 トラックバック(0) | コメント(2)


■ ラ・クチネッラ・ディ・ヤマモト
2012/11/17 23:06 |
Di_Yamamoto_1211-201.jpg

大阪キタのまさいグルメゾーンは
環状線の大阪駅をはさんだ両側
そう、天満と福島
この二つの地域は日々成長している感じ

メインストリートに面した人気店もいいけど
ちょっと路地裏に入ると
ほんとに素敵なお店があるよ

Di_Yamamoto_1211-202.jpg

この日は7人でまさいの土曜ランチ会
まさいをはじめ全員がお店を見つけるのに
迷ってしまったという福島の難関店(笑)

 ■ラ・クチネッラ・ディ・ヤマモト 大阪・福島

新福島駅からぽっぽ亭に向かって路地に入り
 1)ぽっぽ亭のある角を右折、
 2)そしてすぐにまた右折
 3)そして次に左折
これがたぶん一番わかりやすい説明かな・・

Di_Yamamoto_1211-203.jpg

この日のメニューはこれ

 ・ランチセット 2500円

アンティパスト・プリモピアット・セコンドピアット
そしてドルチェにエスプレッソなどのお飲物
プリモとセコンドは2種類から選べる

まず最初にでてきたアンティパストをみてびっくり
たっぷりのお野菜のうえに
生ハムなどいろんな種類の具材がのっかってる

いや〜、ワインが飲みたくなるねぇ!

Di_Yamamoto_1211-204.jpg

つづいてプリモピアット
2種類からチョイスできるパスタは
どちらにするかとても迷う

 A)浦村のカキと古座川のカブラ菜の
   トマトソーススパゲッティ
 B)和歌山のとびあらえびと古座川野菜の
   オイルソーススパゲッティ

う〜ん、迷うまよう。
なかにはカキのオイルソース希望のおかたも(笑)

まず、登場したのはトマトソースのほう
うえに乗っかった古座川のカブラ菜がすごく美味しそうだね

Di_Yamamoto_1211-205.jpg

さて、こちらはまさいチョイスのオイルソース
たっぷりのとびあら海老といろんな種類のお野菜

古座川というのはここのシェフの出身地
その古座川から新鮮な野菜と取り寄せて使ってる

たくさんの種類の野菜のハーモニーって感じ
この日は残念ながら大盛を頼むのを忘れた(涙)

Di_Yamamoto_1211-206.jpg

セコンドピアットも2種類からチョイスできる。
本日のメインメニューは

 C)金目鯛のオーブン焼き アンチョビソース
 D)大山地鶏のオーブン焼き
    ポルチーニと秋きのこのクリームソース

まずはまさいチョイスの大山地鶏のオーブン焼き
地鶏には柔らかい系と堅い系があるけれど
大山地鶏はどちらかというと柔らかい系

そしてとっても深みのある味わいのお肉に
日本では秋の松茸のような存在の
イタリアのポルチーニのソース

たまらないねぇ〜!

Di_Yamamoto_1211-207.jpg

そしてこちらは金目鯛のオーブン焼き
ポーションが小さかったので
お味見はお願いしなかったけれど
見た感じ、完璧な火入れで素晴らしく美味しそう
きっとアンチョビソースも素晴らしかったに違いない!

Di_Yamamoto_1211-208.jpg

最後のドルチェも手抜かりなし
まさいはこれにエスプレッソをいただいた

このお店
路地裏にあってわかりにくく
たどり着くまでにたいてい迷う(笑)
でも、何度迷ってでも行きたいお店だね

Di_Yamamoto_1211-209.jpg

ガラス戸の向こうに見えるのが
お店の前の狭い路地
これでどんなところにあるかお分かりでしょう

もうすぐやってくるクリスマスの
お忍びデートディナーに最適なお店かも♪

──────────
【訪問日】 2012年11月 
【店名】 ラ・クチネッラ・ディ・ヤマモト
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市福島区福島2-10-12
【キーワード】 完全禁煙 イタリアン
【食べログ】 http://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27004885/
──────────




大きな地図で見る        
関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ