English | Top | RSS | Admin

2009.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2009.03


■ スペイン広場のピザ屋さん イタリア・ローマ
2009/02/28 00:40 |
Pizza_0902-10.jpg 

これもローマ最後の日

おみやげを買うためにスペイン広場にやってきた
おみやげといっても、まさいの買うのは
高級チョコレートとかブランドのバッグじゃない

アスパラのリゾットの素 とか
アマトリチャーナの瓶入りソース とか
ペペロンチーノ用ガーリック唐辛子オイル とか

食べる物ばっかし(^^;)

一通り、お目当てのものを買ったら
朝ご飯を食べていないことを思い出しお腹がすいてきた

まさい(独り言) そういえば、ローマに来てまだピザを食べてない…

Pizza_0902-11.jpg

そう思うと、無性にピザが食べたくなってきたまさいさん
しかし、ローマのちゃんとしたピザレストランでは
ピザは夜しかやっていない

困ったなぁと思いながらキョロキョロしていたら
あったあった♪

■BAR DELLA CROCE ローマ・スペイン広場

店頭にはバールとは書いてなくて
大きく『Pizza & Caffe』と書いてある
そして、店内のショーウィンドにいっぱい美味しそうなピザが♪

どれも美味しそうなので、チョイスに困るまさいさん
ウィンドウの向こうでは、にこやかにペラペラと
まさいに向かってなんかしゃべりまくってるおじさん

悩んだ末に選んだのはコレ

 ・フレッシュピザ(名前てきとう) 8.5ユーロ
 ・カプチーノ 3.5ユーロ

Pizza_0902-12.jpg

一切れ頼んだのに、こんなのが出てきた

わー、でかーっ
お皿からはみ出してるやん!
高校の国語の教科書一冊分くらいの大きさだよ

扇形のものが一切れでてくるものと思ってたので
ちょっと、いや、だいぶびっくり

Pizza_0902-13.jpg

それにしてもめっちゃ旨そうだよ
日本でこんなピザ、みたことないし!

生地は薄くカリッとしたタイプ
これが美味しいんだよね♪

そして、生地のうえに乗ってるのは

 水菜のようなフレッシュな葉っぱ
 プチトマト
 オリーブ
 コーン

Pizza_0902-14.jpg

そして、ちぎったモツァレラチーズ~♪
あー、モツァレラのような味だったけど、違うチーズかも…

じゃあ、いただきま~す♪

トマトソースや溶かしたチーズが乗ってないので
すごーくさっぱり系
お腹がすいてたので、めしゃめしゃ食べる

Pizza_0902-15.jpg

さっぱり系なので、どんどん食べられる
けど、量が多いのでなかなか減らない

まだランチタイムには間があったので
店内はまさいひとり

お店のピザ職人らしいひとがやってきて
暇つぶしに3人(ひとりはカウンタの向こう)で
陽気にしゃべりまくってる

あー、イタリアやなぁ~ ♪


──────────
【訪問日】 2009年2月 
【店 名】 BAR DELLA CROCE
【ジャンル】ピザ
【住 所】 via Della Croce 79/80 Rome Italy
【最寄駅】 地下鉄 スペイン広場
【電 話】 06-678-3209
【営業時間】 不明
【定休日】 不明
【キーワード】 バール ピザ パスタ(昼から) スペイン広場 ローマ Rome Roma
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(2)


■ ローマ テルミニ駅界隈
2009/02/25 19:49 |
Termini_0902-16.jpg

ローマ最後の日

いや、ローマが沈没する日ではない

まさいがローマを発つ日
午前中にすこし時間があったので
イタリア国鉄の終点、テルミニ駅のあたりを散策してみた
ローマの中央駅だから、東京駅のようなところかな

テルミニ駅もヨーロッパの鉄道のターミナル駅の典型で
たくさんの路線の終点になっている。

Termini_0902-17.jpg

大阪でいえば、阪急の梅田駅がいちばんよく似ている
というより、阪急梅田駅はヨーロッパの
ターミナル駅がモデルになってる。

駅前にはたくさんのホテルが並んでいる
歴史を感じさせる、すてきな雰囲気の建物ばかりだね

Termini_0902-18.jpg

さっきの『Roma Termini』の
巨大なディスプレイの下をくぐると
一転して、モダンなカフェがあるよ

■BOULANGERIE ITALIANA

『手作りおにぎり にっぽん』みたいな感じの店名

Termini_0902-19.jpg

店内もモダン
イタリアでは立ったままコーヒーを飲むのはふつうの光景
ここでも、いかにもローマのイタリア人っって感じの
おじさんがたちが立ったまま飲んでる。

座る席もあるので、もちろん座り飲みもオッケー

Termini_0902-20.jpg

ショーウインドウのなかには
めっちゃ美味しそうなサンドイッチがずらり

CROISSANT PROSCIUTTO
PRAGA, FORMAGGIO 2.9ユーロ

Termini_0902-21.jpg

これが飲みものメニュー
ローマの中央駅の構内にあるのに、
どれも安いね~

CAFFE LATTE 1.3ユーロ

を注文したよ。
ローマでカフェラテは初めてなので楽しみだな♪

Termini_0902-22.jpg

へ~、ホットのカフェラテを頼んだのに
ガラスのカップに入ってでてきたよ

温かいミルクの上に
エスプレッソを抽出してあるのかな
そとから見ると断層になっていて、とても美味しそう
これが見れるように、ガラスの器なのかもしれないね!

もちろん、美味しい♪

Termini_0902-23.jpg

駅の地下におりてみると
そこにもいっぱいカフェがある

ここもカフェ… かと思ったら
こちらはバール
夜になると立ち飲みになるんだね
一回くらいバール行ってみたかったな

Termini_0902-24.jpg

駅地下をうろうろしていると
警備員が立っている自動改札のようなところにたどり着いた

でも、これは切符をいれる自動改札ではない
コインをいれると扉がひらくようになっている

コインをいれる自動改札のむこうにあるのは…

Termini_0902-25.jpg

有料トイレ~

さっきからがまんしていたまさいさんも
ホッとひといき~♪

■2009年2月
■キーワード: ローマ Rome Roma Termini



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)


■ Antico Forno Roscioli ローマで1番のカルボナーラ
2009/02/22 18:33 |
Roscioli_0902-19.jpg

この日は夜、近くで軽く食事をすませた後
現地の友人を誘って、ブログで見つけた

 ・ローマで一番美味しいカルボナーラ

のお店にいってきた。

なんでも、ガンベロロッソという
イタリア版ミシュランのようなグルメ誌の
『ローマで美味しいカルボナーラベスト10』で
1位になったところらしい

食事したあとなので
あんまりお腹はすいていないけれど
ローマで一番美味しいカルボナーラなら
食べられるだろう!


Roscioli_0902-20.jpg

めざすはこのお店

■Antico Forno Roscioli
 アンティコ・フォルノ・ロッショーリ

お店に到着したのは夜の11時ころだったが
ローマの店は夜遅くまでやっている

まさいはすでにだいぶワインを飲んでいるので
某国財務大臣のように視点が定まらない

そのまさいの目でみた店内はこんな感じ

Roscioli_0902-22.jpg

この時間になっても満席で
15分ほど立って待つ。
ここは『エノテーカ』という
食材店もかねていて
店内のショーウィンドウには美味しそうな
チーズや生ハムがいっぱい並んでる。

しばらくして席に案内してもらった。
メニューを見ると美味しそうなものが
いっぱい並んでいて あれもコレも
頼みたくなるけれど さすがにすでに
一回ばんごはん食べてるので
そんなに食べられない。

残念だが、サービスの人にすでにディナーを
すませてることを伝えた上で、
グラスワインとパスタを1品ずつ頼んだよ

そのグラスワインがまた美味しい!
ワインをちびちびと楽しんでいたら、
サービスの人がこれを持ってきた

Roscioli_0902-23.jpg

あらら、前菜は頼んでないよ!
 って思ってたら、
『これはサービスのアミューズです』と
言っておいていった

あれまぁ、
サービスにしては美味しそうじゃないかい! と
お腹が限界に近づいていることを忘れて
つい、ぱくぱくと食べてしまう、まさいさん

ひだりから、

 ・ドライトマトをオリーブオイルか
  なんかでつけたもの
 ・モツァレラチーズ
 ・生ハム

とても美味しくてワインにぴったりあうよ♪
とくにモツァレラチーズは
さっぱりしていて美味しかったね。

Roscioli_0902-24.jpg

さて、注文したパスタはもちろん、コレ

・Carbonara 14ユーロ
  Spaghettone Abruzzese con Guanciale del Monte Conero, Pepe Nero Malesiano, uova di Paolo Parisi, Pecorino Romano Dop di Moliterno

メニューにはいっぱい能書きが書いてあるが
わかったのは最初のCarbonaraだけ…
あとは、帰ってから訳してみたよ

 アブルッツォ州のスパゲットーニ with
  Monte Coneroの豚の頬肉の塩漬
  マレーシアの黒こしょう
  Paolo Parisiの卵
  Moliternoのペコリーノロマーノ

うん、たしかにカルボナーラの
必須の要素をすべて備えてるね!

Roscioli_0902-25.jpg

スパゲットーニは太めのスパゲッティ。
2ミリ以上くらい
これが見事にアルデンテに茹でられている
表面もちもち、噛むと芯がポキッと
いうくらいに芯が残ってる
食べているうちにだんだんそれが
柔らかくなってくる

チーズはペコリーノロマーノなので
けっこう濃厚
それに卵(たぶん黄卵だけ)が
たっぷり使われている

はいっているお肉は豚の頬肉の塩漬け
パンチェッタは豚バラ肉の塩漬けなので 
ちょっとちがうようだね。

そして、最後に上から黒こしょうが
たっぷり振りかけられている

いや~、かなりお腹がイッパイの上に
アミューズのモツァレラとか
食べてしまったにも関わらず
このカルボナーラはものすごく美味しい!

ローマで一番かどうかはわからないけど、
少なくともいままで食べたカルボナーラでは
ピカイチだったよ

まさいはふうふういいながらも、
長時間かけて完食!

お腹もいっぱい! 満足感、最大!
エスプレッソが入る余地もないので
チェックをお願いしたら、
サービスの人がちょっと待てといって、
テーブルのうえを片づけてくれた。

もう帰るからいいのにと思ってたら

Roscioli_0902-27.jpg

こんなのがでてきたよ。
どうやら、これもサービスらしい

苦しいけど、食べよう♪
クッキーに溶かしチョコレートを
つけて食べる。
苦しいけど、美味しいよ!

それにしてもこのお店
アミューズといい、おまけのお菓子といい
ほんとにサービスのよいお店だね♪

そして本命のカルボナーラも
もちろん大満足
こんなこと知ってたら
最初からここで晩ご飯食べればよかった!

Roscioli_0902-28.jpg

【参考記事】
ローマで一番美味しいカルボナーラ~ガンベロロッソ編


──────────
【訪問日】 2009年2月 
【店 名】 Antico Forno Roscioli
【ジャンル】イタリアン
【住 所】 Via dei Giubbonari, 21-22 Rome Italy
【最寄駅】 なし
【電 話】 06-687-5287
【営業時間】 不明 夜12時以降もやってる
【定休日】 不明
【キーワード】 ローマ カルボナーラ
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)


■ 羽山料理店 ビストロ
2009/02/21 01:11 |
Hayama_ryoriten_0901-28.jpg

まさいの両親の年齢を足しあわせると合計で154歳
むかしは口うるさかったが、なんだかんだいっても
この歳になると人間まるくなってくる。

とくに父親
大阪人らしく、とてもせっかちで
食堂とか行ったとき、頼んだ物がなかなかでてこないとすぐに

 いったい、いつまで待たせるねんっ!

となる。

Hayama_ryoriten_0901-30.jpg

だから、なにごともゆっくりなフレンチなど
一生、いっしょに行けないと思っていた。
でもそれが、最近は大丈夫になってきた

歳を取ると、子供の頃にもどって
時間の流れがゆっくりになってくるのかもしれないね

Hayama_ryoriten_0901-31.jpg

この日は母親の誕生日
両親とまさい兄弟でフレンチに行ってきた

 ■羽山料理店 大阪・靭公園

フレンチがオッケーになってきたといっても
さすがにナイフフォークがたくさん並んでいる
フォーマルっぽいフレンチは堅苦しいといやがるので
ビストロ系の気楽なお店

グラスシャンパンで乾杯したあと
最初の前菜はこれ

 ・テリーヌ・ド・コション 1200円
   豚つらみ肉の煮こごり ラヴィゴットソース

肉系はみんな好きなのでとても満足
いい感じで食事をスタートできたよ

Hayama_ryoriten_0901-32.jpg

まさいは(今は)好き嫌いほとんどないが
両親は昔の人間のくせに好き嫌いがやたら多い
とくに父親

酸っぱいものやイヤだ! とか
ぶにゅっとしてるものはイヤだ! とか

しかし、フレンチではいろんな食材がでてくるので
騙しだまし食べさせる
まるで、小さな子供にごはんを食べさせる母親のようだよ(笑)

最初の前菜では、『サラダにトマトが入ってる!』と苦情を言ってた

二つ目の前菜はこれ

 ・岩手短角牛のタルタル トリュフオイル 2400円

『生肉はイヤじゃ』とまた父親が苦情を言う

Hayama_ryoriten_0901-33.jpg

父親はワインは飲まず、ひたすらビールを飲んでいる
でてくる食材に文句はいうが
もともと、飲むときにあまり食べないので問題ない

いまはなんでも喜んで食べるまさいだが
子供の頃はすごく好き嫌いが激しかった
野菜など、ほとんど食べられる物がなかったくらい…
母親はかなり苦労しただろうと思うよ

三つ目の前菜はこれ

 ・たら白子のポワレ 白菜とブルーチーズのリゾット 2500円

たらの白子は和食でも洋食でもほんとに旨い
まさいにとっては最高の食材のひとつだけれど
また、苦情が出る

 父親  ぐぇっ、なんや、このぶにゅっとしたんは?
 まさい たらの白子やんか。
     イヤやったら、下のごはんだけ食べとき!
 父親  そやな、この『おかいさん』旨いわ♪

Hayama_ryoriten_0901-34.jpg

きょうは母親の誕生日なので
母親の嗜好にあわせてオーダーした
だから、こちらからは苦情はでない
しかもまさい兄弟以上に酒が強いので
さっきからワインをがばがば飲んで楽しんでいる

メイン料理一つ目はこれ

 ・シャラン鴨 もも肉のコンフィ 2700円

表面がぱりっとしていて、なかはとてもしっとり
シャラン鴨ならではの美味しさ
これはどこからも苦情がでなかったが
まさいがつい言ってしまった

 えらい、小さいな… 


Hayama_ryoriten_0901-35.jpg

この日は正月明けまもないころの平日だったからか
店内はがらがら
まさい一家以外におじさん組が二人だけ

だから、話がはずんで、ぎゃははははと
大声で笑ったりしていても誰にも文句いわれない

二つ目のメイン料理はコレ

 ・オーストラリア仔羊のココット焼き 3000円

シャラン鴨のコンフィとは対照的に
かなりのボリューム。 これぞビストロ料理って感じだよ


Hayama_ryoriten_0901-36.jpg

すごく柔らかくて美味しい
酸っぱくもないし、ぶにゅっともしていない
ようやく、全員一致で満足まんぞくかと思ったら、

 父親 あつつつつつっ… やけどしたやんか!
 母親 そやから熱いって言うたやろ。 気ぃつけっ!

何百年も繰り返される、まさい家伝統の会話
もう、1万回くらい聞かされたわ。

Hayama_ryoriten_0901-37.jpg

お店に入ったときに、きょうは母親の誕生日だと言ったら
デザートに文字を入れてくれたよ
母親がけっこう大げさに喜んでくれたのでよかったよかった♪

親の誕生日を祝うなんて、子供のころはぜんぜんしなかったけど
これくらいの歳になると、祝う方も祝われるほうも嬉しい
でも母親の誕生日なのに、なんだか父親のネタばかりになってしまったよ

苦情百出でも、次の瞬間には言った方も聞いた方も忘れてる
家族ならではの楽しいひとときだね


【過去の羽山料理店】
2005年9月 ランチ

2009年2月よりランチ再開
アラカルトメニューのみ

──────────
【訪問日】 2009年1月 
【店 名】 羽山料理店
【ジャンル】フレンチ ビストロ
【住 所】 大阪市西区靱本町2-5-1 丸文靭ビル1F
【最寄り駅】地下鉄 本町駅、阿波座駅 徒歩10分くらい
【電 話】 06-6449-6369
【営業時間】11:30~14:00 18:00~22:00
【定休日】 日祝・第4月曜休
【たばこ】 全席禁煙
【キーワード】はやま フレンチ ビストロ 靭公園 うつぼ
──────────


大きな地図で見る

羽山料理店 (フレンチ / 阿波座、本町、肥後橋)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■ コロッセオ 円形闘技場 イタリア・ローマ
2009/02/16 00:04 |
Colosseo_0902-48.jpg

まさいは子供の頃、世界史にはまったく興味なかったけど
社会科の教科書に載っていたこの写真は覚えてるよ

■コロッセオ Colosseo

西暦75年に建設開始、80年に完成、使用開始
だから、いまから2000年も前のもの

上の写真は3枚の写真を合成してつくったパノラマ写真だよ。
(写真をクリックしてみてくださいね)

Colosseo_0902-58.jpg

ここが出入り口
この中にチケット売場とか荷物検査場とかがある。

このコロッセオ
長径188メートル、短径156メートルの楕円形で
高さは48メートル。45000人を収容出来た。

甲子園球場の収容人員が46000人だから
ほぼ同等の規模だよ! すごいね~

Colosseo_0902-54.jpg

なかはもちろんすべて石造り
この階段をのぼって、上の階や観客席にいく
内装は甲子園球場より遙かに立派!
残念ながら、かち割りは売ってない

2階とかには発掘された遺跡の展示場もあるので
歴史の好きな人にはたまらないだろうね

Colosseo_0902-49.jpg

これは3階の観客席からみた、コロッセオの全景
これもパノラマ写真
大きく表示するとすごい迫力でしょ?

ここは闘技場なので、本来、まんなかは野球のグランドのように
ひらべったい状態なんだが、地下の状況が見えるように
ほとんど、表面は取り外されている

Colosseo_0902-55.jpg

コロッセオのグランドのしたに地下室が
いっぱいあったなんて知らなかったよ

コロッセオでは猛獣と人間が戦ったりしていたが
この地下は、猛獣や格闘家の控え室になっている。
つまり、ここに血に飢えたライオンとかがいたわけ
想像するとなんか恐ろしいね!

Colosseo_0902-56.jpg

これは地下室を横からみた光景
ものすごくたくさんの小部屋がある。

観客席の下には飲食店も入っていたらしい
これも甲子園とおなじだね

Colosseo_0902-52.jpg

これはグランドに近い、1階からみた光景
当時、こんなに近くから観戦できたのかどうかわからないけど
猛獣と格闘家の戦いをこんな近くでみたら、卒倒しそうだな…

それにしても、これだけの大がかりなものが
いまから2000年も前に建立されたとは
ローマがいかに偉大な都市だったのかが忍ばれる

Colosseo_0902-57.jpg

ローマにはあちこちに凱旋門がある。
これは、コロッセオの隣にたっている

■コンスタンティヌスの凱旋門

西暦315年にミルヴィオ橋の戦いで勝ったことを称えて
建てられた凱旋門で、ローマで一番大きい

日本も歴史のある国だけれど
ローマはそれ以上だね
西暦75年なんて、日本はまだ神の国だったんじゃないかな?

いにしえのローマに想いをはせたひとときでした

■2009年2月
■キーワード: コロシアム コロッセウム Colosseum Colosseo



大きな地図で見る
 
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)


■ HOSTARIA DA NERONE イタリア・ローマ
2009/02/14 22:48 |
Ostaria_Da_Nerone_0902-35.jpg

社会科の教科書にも載っているローマで有名な遺跡のコロッセオ
その近くに、これまた悪名高い『ネロの皇帝』が
贅を尽くして建てた、黄金の宮殿がある。

そのネロの皇帝から名付けられたこの店が
本日のランチどころ

■HOSTARIA DA NERONE イタリア・ローマ

Ostaria_Da_Nerone_0902-36.jpg

ローマでゆっくりランチできるのはこの日だけなので
ちょっと贅沢する予定でここに入った
入り口に立っていた、あまり愛想のよくなさそうな
男性が席に案内してくれる

ちょっと贅沢なランチタイム
ワインを飲みたいところだが
このあと、コロッセオやフォロ・ロマーノの
観光をしないと行けないので、ガス入りの水で我慢する。

Ostaria_Da_Nerone_0902-37.jpg

きょうはメインまで3皿、
最後はがっつり肉を食べるつもりなので
前菜はシーフードで軽くいくことにしたよ

・海の幸のオードブル 9ユーロ
 Antipasto di mare

期待通りのたっぷりのシーフードに
たっぷりの野菜類

そして、モツァレラチーズやオリーブも乗っている

Ostaria_Da_Nerone_0902-38.jpg

オードブルといってもサラダなので
いつものように自分でオリーブオイルとバルサミコで
好きなように味付けする。
でも、新鮮な海の幸がたっぷりなので
なにもかけずに食べても十分美味しかったね♪

Ostaria_Da_Nerone_0902-39.jpg

上から見ると海老とイカばかりのように見えたけれど、
奥の方を探ってみると、ほら、牡蛎もでてきた!

いただきまーす♪

朝からジェラートしか食べてないうえに、
バチカンを見て、そのあと、だいぶ長距離歩いてきたので
すごくお腹がすいている状態
それにシーフードはとてもあっさりしているので
これだけたくさんあっても、軽く完食したよ!

Ostaria_Da_Nerone_0902-40.jpg

最初、不愛想な感じだったサービスのおじさんだったけど
ひとりでメインまで含めて3皿オーダーしたら、
『おお、ふつうの日本人とは違う!』って感じで、
急に愛想が良くなってきた♪

店内はこんな感じ
イタリアのお店らしく、陽気な空気が漂っているよね♪

二皿目
ほんとはこの店の名物らしいこれを食べたかった

・きしめん ネローネ風 9.5ユーロ
 Fettuccine alla Nerone

日本語できしめんって書いてあるのを見て
思わず笑っちゃったけど、フェットチーニのこと

でも、ここでパスタを食べるときっとメインまで
たどり着けないので、心を鬼にして、やめる

オーダーしたのはこれ

Ostaria_Da_Nerone_0902-41.jpg

・野菜スープ 8ユーロ
 Zuppa di verdura

このメニュー下によくにたものがあった

・野菜の煮物 8ユーロ
 Minestrone

野菜の煮物はイタリア語でミネストローネと書いてある。
どう違うのかよくわからない
トマトが入ってるか入ってないかの違いかな
野菜の煮物というのはちょっと変だな(笑)

この野菜スープ
ほんとにいろんな野菜がはいっていて、とても美味しい
とっても優しい味付けだよ
まさいはスープが大好きなのでたくさんあるのがとても嬉しいね♪

Ostaria_Da_Nerone_0902-42.jpg

野菜のスープが来る前に
チーズを持ってきてくれた

たぶん削り立てのパルミジャーノ・レッジャーノ

わざわざスープの前にに持ってきてくれたので
スープにかけて食べると美味しいんだろうね

Ostaria_Da_Nerone_0902-43.jpg

削り立てのチーズをかけるととてもよい香りが漂う
そして、かけた端から溶けていくんだよね~
チーズをかけると、とっても濃厚な味に大変身する。
最初のスープの味もとても美味しかったけれど
チーズをかけた野菜スープもまた絶品だよ

1回で2度美味しい、野菜スープだね♪

さて、つぎはメイン
メニューを上から見ていって、この名前を見つけた瞬間に
決めたのがコレ

Ostaria_Da_Nerone_0902-44.jpg

・アバッキオ・アル・フォルノ 15ユーロ
 Abbacchio al forno

メニューの日本語表記では『仔羊のオーブン焼き』と書いてある

イタリアにたつまえに、ガイドブックみてたら
ローマ名物と書いてあったやつ。
ふつうのローストみたいなものだと思ってたら

 骨付きの仔羊の肉をソテーし、にんにく、ローズマリーで
 風味をつけ、白ワインなどで軽く煮込んだもの らしい

めっちゃ、楽しみ♪

Ostaria_Da_Nerone_0902-45.jpg

時間がたつにつれて、どんどん愛想のよくなってきた
サービスのおじさん。 15分ほどたったころに

『very big for you !』

といって持ってきてくれた
それを見たまさいも思わず、

『でかっ!』っと口走ってしまった

切り口がまた旨そうな色をしているよ
前菜、スープで適度にお腹がふくれていたにもかかわらず
お口のなかはよだれ満載

Ostaria_Da_Nerone_0902-46.jpg

反対側の切り口をみると、もっと美味しそうに見える
なかになんか挟み込んであるんだろうか!

とにかくデカイので、まずは大きくカットして
一口目を食べる

旨い!
めちゃめちゃ旨い!

こんな旨い仔羊肉なんて、はじめてだ
最初、大きさにビビッたけど
一口目を食べた瞬間に、これは完食できる! って確信を持ったよ。

Ostaria_Da_Nerone_0902-47.jpg

パンももちろんついていて
これまた旨いんだけど、パンを食べると
仔羊肉が食べられなくなってしまう・・・
困ったこまった!

Ostaria_Da_Nerone_0902-48.jpg

3分の一くらい食べたときの状態
なんだか、ローズマリーとか間に挟んであるようだね

肉は軟らかくて、臭みもないし
ローズマリーの香りが食欲を増進してくれる
こりゃ、ワインを頼んでおいたほうがよかったなぁ…

Ostaria_Da_Nerone_0902-49.jpg

後半戦、8回の表を終了したころの仔羊肉
あとは、押さえのエースにまかせるだけ状態

しかし、最初にあんなデカイ塊だったのが
残り少なくなってくると、
きゅうに食べるのがもったいなく感じてくるよ

それにしても旨い!
なんども心のなかで言ってみた。

Ostaria_Da_Nerone_0902-50.jpg

ようやく試合終了
けっこう余裕で勝利を収めることができた!

なかから、骨が形を表したよ
いったいこれ、どの部位の肉なんだろう…

それにしても旨かった、馬勝った!

3皿のオーダーをしてから、
急に愛想の良くなってきたサービスのおじさん
アバッキオを完食したのをみて
さらに愛想がよくなった♪

お皿を片づけた後、

 ドルチェは食べるかい?
 でも、無理しなくていいよ!

と声をかけてくれる。
ぼくもドルチェの入る余地はなかったので
お腹をさわやかにするために、エスプレッソを飲むことにしよう

Ostaria_Da_Nerone_0902-51.jpg

ニコニコとやってきたおじさん、
君は日本人だから特別にサービスするよ♪ と言いながら
エスプレッソの前にジュースのようなものをおいて

 これはレモンのリキュールでロマーノというものだ

と言ったように聞こえた。

まず、これを一口飲んでみる。
すっごくさわやか♪
とても美味しかったので、飲み干してしまった。

そして、最後にエスプレッソで
さらにさわやかな気分に!

でも、帰ってから『ロマーノ』を調べてみたら…
エスプレッソにレモンリキュールを入れたものが

 エスプレッソ・ロマーノ

という飲み物だって書いてあるやん!

おじさんはきっと

 これはレモンのリキュールで、
 エスプレッソにいれると、ロマーノと言うんだ

と説明してくれたようだね。
エスプレッソ・ロマーノを味わえなくて、ちょっと残念!

お店にはいってから、およそ1時間20分
それにしても、満足なイタリアン・ランチ
ローマ滞在中、もっとも充実したお食事タイムでした♪

ここはあの有名なコロッセオのすぐ近くにあるので
もし、ローマを訪問することがあったら
ぜひ立ち寄ってみてくださいね


──────────
【訪問日】 2009年2月 
【店 名】 HOSTARIA DA NERONE
【ジャンル】イタリアン
【住 所】 Via Delle Terme Di Tito, 96 Rome
【最寄駅】 地下鉄 Colosseo駅 徒歩10分弱
【電 話】 06-4817952
【営業時間】 12:00 - 15:00 / 19:00 - 23:00
【定休日】 日曜、8月
【キーワード】 ローマ コロッセオ駅 ネローネ
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(1) | コメント(4)


■ バール であさごはん イタリア・ローマ
2009/02/10 00:00 |
Bar_090204-22.jpg

イタリアでは街のいたるところに見かけるお店がある

・カフェ
・バール

カフェは名前の通り、いわゆる喫茶店
エスプレッソやカプチーノ、そして軽食を気軽に楽しめる

ではバールは?

Bar_090204-24.jpg

バールはいわゆる『バー』のこと
夜にはかなり安い値段でお酒を楽しめる。
でも、日本のバーとちがうところは

朝や昼間はカフェとおなじように
エスプレッソとかの飲み物とパンとかを食べられる。

Bar_090204-23.jpg

きょうは朝からバールにいってみた
開店はだいたい8時頃
さわやかな気分で仕事に臨もうと

・カプチーノ
・クロワッサン

を頼んでみた

さすが、コーヒー文化の大本山
カプチーノは美味しい♪

Bar_090204-25.jpg

最後に、支払いをしてびっくり

・カプチーノ 0.9ユーロ
・クロワッサン 0.8ユーロ

や、安っ!
特にカプチーノが安いね。 110円くらい。

ちなみに、外においてあったメニューみたら
カフェテリアタイム(昼間?) では

・カプチーノ 3.3ユーロ

と書いてあった。
3倍サイズくらいのでかいカップで出てくるのかな?



あとで知ったんだけど
この日支払ったお代は立ち席での料金らしい。
テーブルで食事すると、朝でもこの2倍くらいの料金なんだそうだ。
お店の人はぼくのこと、どうせ日本人だからなにも知らないんだろ~くらいに
思ってたようで、とくに注意も受けなかったよ。
どうもありがとう♪



■2009年2月
■イタリア ローマ バール モーニング



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)


■ バチカン市国
2009/02/08 23:33 |

大きな地図で見る

小学校のころ
社会科の授業で習ったことがある

先生 世界で一番小さい国は
   どこかしってますか~?
子供 バチカン市国でーす

先生 はい、正解でーす!
   じゃあ、バチカン市国の人口は
   何人か知ってますか~?
子供 知りましぇ~ん

先生 1000人です
子供 ぎゃはははは
   たった1000人やて~

当時はなにも知らなかったので、
はっきりいってバカにしていた。
ちなみに現在の人口も1000人弱

Vatican_0902-36.jpg
↑最寄りの地下鉄『オッタヴィアーノ駅』からバチカンへ向かう通り

この1000人というのはバチカンの
城壁内で生活している人の数で
ローマ法王と聖職者、そしてスイス人衛兵など
バチカンの国籍をもっている人は
さらにすくなくて500人強

しかし人口は1000人でも、
ここを訪れるカトリック信者や
観光客は年間2000万人くらい
半端な数じゃない

また、バチカン市国の面積は0.44平方キロ
これは東京ディズニーランド(0.52平方キロ)より狭い

Vatican_0902-37.jpg

オッタヴィアーノ駅から10分くらい歩くと
城壁がみえてくる。
まさいは途中でジェラートを食べたので
30分くらいかかった
この城壁の向こう側が『バチカン市国』
つまり、ここが国境

しかし、国境といってもパスポートを
見せる必要はない
ちなみにここは正面入り口ではない
ちょっと横にある入り口で
あえて言えば勝手口かな・・・

Vatican_0902-38.jpg

勝手口をくぐると目の前に巨大な円柱が
林立しており、それはもう迫力満点
さすが、ローマ! さすがバチカン! 
という気分が盛り上がってくる
冒頭のグーグルマップの航空写真でも
わかるように『サン・ピエトロ広場』を
南北からぐるっと取り囲んでいる
そして東側に正面玄関がある

Vatican_0902-39.jpg

これは北側の円弧を内側から眺めた光景
サン・ピエトロ大聖堂がすこしずつ姿を
現してきた。カトリック教徒だったら、
このあたりで興奮の絶頂が近づいてくるの
だろうと思うが、まさいはカトリック教徒
ではないので、さっき買ったジェラートを
なめながら歩く。
信者からみると失礼極まりない観光客である

Vatican_0902-40.jpg

数分歩くと、とうとう
サン・ピエトロ大聖堂の正面が現れた

 おお~っ、すごいっ!

サン・ピエトロ大聖堂の
偉容を目の当たりにして
ようやくまさいも興奮してきた

Vatican_0902-41.jpg

大聖堂の中に入るためには空港のような
ボディチェックを受けなければならないが
そこを通り過ぎたあたりで
人だかりがしている

なにかと思ってのぞき込んでみると
まるでハリーポッターの一シーンのような
光景が…

観光客たちがカメラを向けて、
パシャパシャと写真を撮す
それをまったく意に介さず、
どうどうと歩く聖職者

Vatican_0902-42.jpg

さっき遠くからみた
サン・ピエトロ大聖堂の正面玄関
世界9億人のカトリック信者の
総本山の入り口だよ

すごい! の一言だね

サン・ピエトロ大聖堂
最初に建てられたのは4世紀ころ
現在の聖堂は2代目で
1626年に完成したらしい
約400年前に建てられた。

もちろん、世界文化遺産である。

Vatican_0902-43.jpg

おそるおそる中に入る。
人の影をみるとわかるように
ものすごく高い天井。 そして
広いところに無数のいすが並んでいる

ここでクリスマスミサとかが
行われるんだよね。
この高い天井と、石でできている構造が
すばらしい音響効果をだしてくれる。

以前、別の大聖堂でパイプオルガンの
演奏を聴いたことがあるが
それはもう素晴らしいの一言だった。

カラダ全身で受け止めるパイプオルガンの
荘厳な響きが人々を神の世界に
つれていってくれるんだと思う。

Vatican_0902-44.jpg

大聖堂内には無数の彫刻や造形物が
並べられている。それぞれ、聖書に基づく
なにかを表現しているんだろうけど
聖書を読んだことのない
まさいにはよくわからない

大聖堂の中も写真撮影は自由にできたので
いっぱい写真を撮したが写真では本物の
すばらしさを再現できないので
ここでは1枚だけにとどめておくよ

Vatican_0902-45.jpg

30分ほど大聖堂のなかを鑑賞して、
そとにでた。そして、もういちど
外から大聖堂を見上げてみる

たまたま、きょうは
大聖堂の真ん前で巨大なクレーン車に
乗ってなにか作業をしている

Vatican_0902-46.jpg

正面に掲げてある彫刻を掃除しているのか
修復しているのか?
いまならこういうクレーン車に乗って
簡単にできるが400年前はどうやって
作業してたんだろうね

入ってきたとき、最初に
サン・ピエトロ大聖堂が見えた場所まで
もどってきた。

Vatican_0902-47.jpg

最初に通ったのは10時半ころ
そのときはほとんど行列なかったのに
30分後の11時にはもうこれだけの行列が!
早めにこれてよかった♪

サン・ピエトロ大聖堂をあとにして
まさいはつぎの目的地にむかう

■2009年2月
■キーワード: バチカン市国 Vatican
___________________________
バチカン市国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ジェラート イタリア・ローマ
2009/02/07 00:00 |
Gelato_0902-4.jpg

パスタの国の首都、ローマについてから一晩がすぎて朝になった
さっそく遊び歩きたいところだが、まさいには重要な任務がある

■市場調査


Gelato_0902-5.jpg

まず、最初の調査対象はこれだよ ↑

【調査結果】

・特小カップ 2ユーロ

美味しかった♪


■2009年2月
■キーワード: ジェラート イタリア ローマ
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)


■ La Gallina Bianca イタリア・ローマ
2009/02/06 16:57 |
La_Gallina_Bianca_0901-11_20090206165201.jpg

パスタの国の首都、ローマにやってきた
イタリアにくるのはすっごく久しぶり
そして、ローマにやってきたのは初めてだよ

パリ経由でローマに入ったので
ホテルに到着したのは夜の11時すぎ
ふつうなら、もうすぐにシャワーして寝るんだけど
久しぶりのイタリアでなにか食べたくて
夜遅くにホテルの近所でレストランを探してみた

La_Gallina_Bianca_0901-12_mosaic.jpg

イタリアは比較的夜遅くまでレストランあいているけれど
泊まったホテルが繁華街ではないところだったので
けっこうあいているお店を見つけるのに苦労したよ。
ようやく見つけたのはこちら

■La Gallina Bianca

Pizzria & Griglieriaと書いてある
なんでもいいから久しぶりのイタリアン楽しみだね♪

La_Gallina_Bianca_0901-13.jpg

冬とはいえ、重い荷物を転がしてくると
けっこう喉が乾くんだよね!
さっそくビールを頼んだ

・NASTRO AZZURO

と書いてある。 これがビールの銘柄かな

さっそく、ぷはぁ~!

ちょっと軽めのビールが喉の乾きを癒してくれる。

La_Gallina_Bianca_0901-14.jpg

夜遅いので、おなかに負担のないものを!
ということで、まずはサラダ

・ほうれん草サラダ

でた~っ、イタリアンサイズ! って感じでやってきた
大型のどんぶりというより、台所のボウルくらいの大きさの
ガラスの器にはいってやってきた。

La_Gallina_Bianca_0901-17.jpg

ほうれん草だけじゃなく、マッシュルームがいっぱい入っていて
そして、そのうえからチーズがかけられている
まさにイタリアン的な内容

イタリアではふつうドレッシングはおいてない。
テーブルにあるのは

・オリーブオイル と
・バルサミコ

これを使って自分でドレッシングを作る
作るといっても、直接かけるだけなんだけどね

まず、オリーブオイルを適度にかけて、
そして、そのあとバルサミコで酸味を出す。
好みに応じて、塩こしょうする

このバルサミコはあまり酸っぱくなかったので
けっこうドボドボかけたよ

ほうれん草もマッシュルームもとっても美味しかった!

La_Gallina_Bianca_0901-15.jpg

つづいてでてきたのはこれ

・オニオンリング

実はまさいがメニューを見間違えて
イカリングを頼んだつもりをしていた
で、でてきたのがコレ(笑)

ま、美味しかったけどね…

La_Gallina_Bianca_0901-16.jpg

さて、パスタの国にきたんだから、これを食べなきゃ!

・タリアテッレ

メニューを見ていて『タリアテッレ』を発見したとき
興奮してしまって、どんな味付けなのか読むのを忘れた…
オイルベースのシンプルな味付けで、海老が入っていたよ

La_Gallina_Bianca_0901-18.jpg

アップでみればわかるように、けっこう分厚くて
ところどころ厚さが不均一
まさに手打ちパスタだよ

分厚いので、けっこうなボリューム
でも、本場のタリアテッレを食べられるのが嬉しくて
あっというまに完食しちゃいました♪

ほんとにほんとに美味しかったです!

あとでネット調べてみたら
けっこう人気のお店のようです。

適当に入った店だけど、大満足の初日のディナーでした。


──────────
【訪問日】 2009年2月 
【店 名】 La Gallina Bianca
【ジャンル】イタリアン
【住 所】 Via Antonio Rosmini 9 Rome
【最寄駅】 Termini駅 徒歩5分
【電 話】 06-4743777
【営業時間】 12:00 - 15:00 / 19:30 - 23:30
【定休日】 たぶん無休
【キーワード】 ローマ テルミニ駅 ガリーナ ビアンカ
──────────


大きな地図で見る
       
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)


☆パスタの国へ
2009/02/01 23:59 |
Rome_090201-5.jpg

すっごく久しぶりに
パスタの国にやってきました~
数千年の歴史を誇る、ローマは初めてなのですごく楽しみ~♪

↑は空港から市内へノンストップで走る
『レオナルド・エクスプレス』です。
ひとり11ユーロ。 およそ30分で到着するよ

ホテルに到着したのは夜中の11時
ちょっと小腹がすいていたので、レストラン探したんだけど
泊まっているところの近くにあまりお店がない…

30分ほど歩き回ってやっと見つけたよ!
ほっと一息、イタリアビールで喉を潤す

■2009年2月
■イタリア ローマ パスタの国
関連記事
___________________________
イタリア トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ