English | Top | RSS | Admin

2008.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.01


■ 鶴橋ホルモン 金太郎 大阪・鶴橋 【2008年12月 昼】
2008/12/31 23:26 |

Kintaro_0812-21.jpg

2008年最後のグルメは予想に反してココになった

■鶴橋ホルモン 金太郎 大阪

きょうは、大晦日
鶴橋の卸市場の様子を見に行ったあと
駅に帰る途中にここを見つけ
つい、ふらふらと入ってしまった。

いつも、夜になると近鉄鶴橋駅のなかに
もうもうと美味しそうな煙を上げているお店のひとつだよ

Kintaro_0812-22.jpg

ちょうど、ランチタイム前
定食メニューをみると、リーズナブルのお値段
こりゃ、いっかい入ってみるか

Kintaro_0812-23.jpg

どの定食にしようかと考えた結果
基本でいこうと思って、コレにしたよ

・焼き肉定食 850円
  ロース・ハラミとごはんその他

お昼だからか、七輪のうえの網はサラッピン

Kintaro_0812-24.jpg

カウンタ席にすわるとすぐに
ごはん、サラダ、キムチ、味噌汁 そして焼き肉のタレがでてきた
この味噌汁がけっこう美味しい
さいしょにこれだけ飲んじゃったよ(笑)

Kintaro_0812-25.jpg

はい、お肉がでてきました。

・ロース 5枚
・はらみ 5枚

厚みもあってすごく美味しそうです!
850円でこれだけのお肉でてくるとなんか嬉しいね

Kintaro_0812-26.jpg

さて、さっそく焼きます
となりの席のお客さんは
お肉をぜんぶ網に乗せて焼いていたけど
まさいは食べる分だけ乗せて焼く
焦げちゃったらイヤだからね

Kintaro_0812-27.jpg

はい、強火の遠火でじっくり焼いたよ
さっそく、いただきまーす♪

柔らかくってとっても美味しいです♪
10枚のお肉、あっというまに食べちゃいました~

お昼に10枚の焼き肉ってけっこう満足感あるよ
しかも、850円

じつは、きょうは白庵のうどんにしようか
ペリーのいくら丼にしようかと迷ってたんだけど
金太郎の焼き肉になっちゃいました。

Kintaro_0812-28.jpg

でも、ここ前から行きたかったところだったので
1年の最後の日に、あたらしいお店を開拓できて、大満足

正月早々、焼肉屋さんの日記書くのもあれだなーと思ったので
がんばって大晦日に書いちゃいました。

それでは、みなさん、良いお年を!


──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 鶴橋ホルモン 金太郎
【ジャンル】焼肉
【住 所】 大阪市天王寺区下味原町1-6
【最寄駅】 JR/近鉄 鶴橋駅 徒歩1分
【電 話】 06-6774-1558
【営業時間】11:30~15:30,17:00~23:00
【定休日】 なし
【キーワード】 焼き肉 ホルモン 炭火 ガード下 煙
──────────
     

金太郎 (ホルモン / 鶴橋、上本町、桃谷)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 若鯱屋 カレーうどん 【2008年12月 昼】
2008/12/30 16:34 |
Wakashachiya_0812-6.jpg

年末は大掃除で忙しい

Wakashachiya_0812-7.jpg

でも、旨いランチ食べたい

Wakashachiya_0812-8.jpg

そういう今日のために、あらかじめ買ってあった、コレ

■若鯱屋 カレーうどん 生タイプ 日清 180円

けっこう旨いよ♪

【参考】
ほんものの若鯱屋のカレーうどん
関連記事
___________________________
中部 トラックバック(0) | コメント(2)


■ 味肴房 田 くずし会席+海鮮紙鍋コース 【2008年12月 夜】
2008/12/30 00:04 |
Den_0812-0.jpg

京阪電鉄に『守口市駅』という駅がある
京阪沿線に住んでない人にとってはぜんぜんなじみのないところ
でも、淀屋橋から13分、京橋から5分
それに中之島線ができたので、肥後橋とかからも13分

この守口市駅近辺
地代が安いせいか、安くて旨い店がけっこうあるよ

きょうはそのひとつ

■味肴房 田 大阪・守口市

これ、フリガナないとなかなか読めないね
『あじこうぼう でん』と読む

何年か前に、元守口ジモピーさんから教えてもらっていらい
お気に入りの店になってる。

Den_0812-2.jpg

きょうはこのお店で、ぼくのコミュの忘年会
名付けて

・2008最後の晩餐

このお店、懐石料理なんだけど、めっぽう安い
新地なんかに比べると半額以下だよ

きょうのメニューは特別メニューにしてもらった

・くずし会席+海鮮紙鍋 5000円

Den_0812-3.jpg

通常のくずし会席(3500円)に海鮮紙鍋をつけてもらった
くずし会席だけでも、いつもけっこう満足なんだけど
せっかくの忘年会、豪華にいこう!

きょうのお食事会は12名
しかも初参加が5名もいらっしゃるので
幹事役のまさいもちょっと緊張気味

Den_0812-4.jpg

先附 椀 お造りと一気にでてきた
ちょっと早すぎるんじゃないかい? って感じだけど
まあ、いっぱいお料理でてくるし。

この『田』といいうお店
守口市駅から徒歩3分のところにある
でも、市営住宅の1階で地味にやってるので
けっこう地元のひとでも入ったことないらしい

Den_0812-5.jpg

さて、これが紙鍋
酒飲みならこれだけでもお腹いっぱいになってしまいそう
まさいは酒飲みだけど
お酒(焼酎)飲むときでもたくさん食べるので、とても嬉しい!

となりに座ったお嬢さん
このあたりで、もうふうふう言ってる(笑)

Den_0812-6.jpg

これは『貝柱のしんじょう』
貝柱とホタテとどう違うのかと議論になったが
同じものだと思う。

ところで、まさいの左手撮りを『ゴッドハンド』といって
褒め殺ししてくださる方がいらっしゃっので
つい、口車に乗せられてやってみた

Den_0812_F-28.jpg

貝柱のしんじょうをお箸でもちあげて
左手で写真を撮る。
いつもなら、綺麗にショットが決まるところなんだけど
きょうは大勢がまさいを見つめていたので
極度の緊張に襲われ、後ピンになってしまった
よく見ていただくとわかるが
うしろのお皿にピントがあっている

失敗作品!

ま、気にしない気にしない(笑)

Den_0812-7.jpg

お凌ぎということで、まぐろのにぎりがひとつ
なんか、ここでのごはんがとても美味しい♪

ぼくはイタリアンやフレンチ、ベトナミーズ
なんでも好きだけど、やっぱり和食が一番すきだな
こういう懐石コースいただいているとき
ほんと、日本に生まれてよかったと思うよ

Den_0812-8.jpg

さて、お次は『強肴』
ふたつからひとつのチョイス

・なんとか豚の生姜焼き
・とろ鰺の干物の焼き物

こちらは豚さん
12名中8名くらいがこちらを選んだ

生姜の味がしみこんでいて、とっても美味しい
しかもけっこうなボリューム

Den_0812-9.jpg

こちらはとろ鰺の干物の焼き物
まさいはこちらを選んだ。

フレンチやイタリアンではたいてい肉系を選ぶけど
和食は魚が好き
とくに『とろ鰺の干物』なんて想像するだけでよだれがでてくる。

さて、これはどうか

写真でみるとわかるように、すごい分厚さ
そして、これ、予想どおり、絶品の旨さ!
豚も美味しかったけど、この鰺、最高だよ♪

Den_0812-10.jpg

さて、さいごの『止肴』は

・カレイの唐揚げ

もう、けっこうお腹いっぱいになってきてたけど
これ、また絶品の美味しいさ
お魚はおなかに重くないので、食べられちゃいます

Den_0812-11.jpg

あっというまに
ごちそうさまでした!

Den_0812-12.jpg

ミディトマトです
甘さと軽い酸味がお腹を癒してくれます

Den_0812-13.jpg

ごはんものは3種類からのチョイス
炊き込みごはんもあったけど
まさいは梅茶漬け♪

Den_0812-14.jpg

デザートはこちら
いちごとゼリー
爽やかな甘さが美味しいよ!

ほんとに大満足なくずし会席
お酒が好きなひとなら

・酒肴膳 2300円 

という、会席のミニコースのようなものもあるよ。
食いしんぼ、酒飲みのどちらにも素敵なお店です。


【過去の味肴房 田】
■2004年8月 懐石弁当
■2005年12月 ミニ懐石ランチ
■2006年3月 松花堂弁当
■2008年10月 田弁当(10食限定)


──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 味肴房 田(あじこうぼう でん)
【ジャンル】和食
【住 所】 守口市本町2-3-7 桜町団地1階
【最寄駅】 京阪 守口市駅
【電 話】 06 6996 6321
【営業時間】昼と夜
【定休日】 月曜
──────────


大きな地図で見る

味肴房・田 (創作料理 / 守口市、守口、土居)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 水車生蕎麦 山形・天童 【2008年12月 夜】
2008/12/29 01:04 |
Suisya_0812-14.jpg

さすが東北は温泉の宝庫
ここ、天童には道路に面したところに露天風呂がある


いや、ウソウソ。
そんな、なんぼなんでも道路に面して露天風呂があるわけない!

これは、足湯
とっても気持ちよさそう
雪景色のなかでお湯に足をつけて
語り合うのって楽しそうだね♪

さて、今夜の晩ご飯、なににしようか?

あしたはお昼前から『平成鍋合戦
そこでたらふくお鍋を食べられる(食べないといけない)ので
きょうは軽くお蕎麦にしよう♪

Suisya_0812-15.jpg

■水車生蕎麦 山形・天童

このお店は前回こちらに来たときに
名物料理のこれをいただいた

元祖鳥中華

これが期待を遙かに上回る旨さだったので、再訪。
でも、今回は中華は頼まない

Suisya_0812-16.jpg

大阪をでる前から、きょうはこれを頼むことに決めていた。

・元祖 板そば 1400円

このお店が240年前に創業したときの初代が
製粉業のかたわら、板に蕎麦をのせて客にふるまったのがはじまり
前回は、上記の元祖鳥中華といっしょに温かいなめこ蕎麦も
いただいたけれど、ちょっと柔らかめだった
それにくらべ、この板そばはかなり歯ごたえがあるらしい。

Suisya_0812-17.jpg

ご覧のように、店内は田舎風
とってものどかな雰囲気だよ
お蕎麦を食べながら、長時間お酒を飲んでるおじさんも
けっこうたくさんいらっしゃる。
もし、まさいの地元にこういうお店があったら、
入り浸ってしまいそうな雰囲気

Suisya_0812-18.jpg

山形県の蕎麦屋さんをリサーチしていたら
あちこちで、『ゲソ天』が旨い と書いてあったので
気になって注文してみた。

とても美味しい衣に、レモンをすこし搾って食べる
これがまた旨い! 
しかも、海老天とは違い、ゲソ天はめちゃ安い
いいねぇ、山形は… なんていう話をしながら
ゲソ天食べてたら、お蕎麦がやってきた

Suisya_0812-19.jpg

これこれ!
メニューの写真とおんなじやん♪
すごいボリューム
もちろん、これは2人前だけどね

Suisya_0812-20.jpg

近寄って見るとこんな感じ。
まさいはあまり蕎麦に詳しくないので
あまりうまく表現できないが
キリリと、エッジが立っていて、いかにも美味しそうに見える

Suisya_0812-21.jpg

じゃあ、さっそくいただきまーす。

う~~ん、旨いっ!

うわさ通り、かなり歯ごたえあるよ
でも、蕎麦の香りがすごく良くて
歯触り良いので、いくらでも食べられる。

去年の温かいお蕎麦とはまったく別物のような感じ
かなりの量があったけど、もちろん完食!
でも、お腹いっぱい。

あー、明日のために、きょうは軽く済ませておくつもりだったのに
いつも以上に食べてしまったような気がする…
困った困った(^_^;)


──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 水車 生蕎麦
【ジャンル】蕎麦・ラーメン
【住 所】  天童市鎌田本町1丁目3-26(天童温泉)
【最寄駅】 天童駅 徒歩10分
【電 話】 023-653-2576
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 無休
【キーワード】 蕎麦 そば ソバ ラーメン
──────────


大きな地図で見る
 

水車生そば (そば / 天童)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
東北 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 第14回 平成鍋合戦 天童冬の陣 【2008年12月】
2008/12/27 14:40 |
Nabe_gassenn_0812-100.jpg

東北は山形県・天童在住の友人に誘われていってきたよ

■第14回 平成鍋合戦 天童冬の陣

1996年1月15日に天童市の
初市の催し物として始まった鍋合戦
途中から初市よりこちらのほうが人気を博し
独立したイベントとなった

まさいはその第14回の鍋合戦に審査員として参加した

Nabe_gassenn_0812-101_mosaic.jpg

つい数日前まで、雪がなかった山形県
まさいが到着した日の夜から降り出して
あさ起きると見渡す限り雪景色!
やっぱり雪国は白が似合う

審査員はこんな派手な黄色の札をぶら下げなければいけない

Nabe_gassenn_0812-102_mosaic.jpg

この鍋合戦、優勝すると『鍋将軍』という称号をもらえる
昨年の優勝がこの

・じゃがバター鍋

ボーイスカウト山形第1団の作品
まさいも子供のころボーイスカウトに入っていたので
昨年、鍋将軍だったなんて、自分のことのように嬉しいよ

Nabe_gassenn_0812-105.jpg

審査員は早い時間から開場に入れるが
一般のひとは入り口にならぶ
開場10分前にもなると、まだかまだかと
大量のひとが気合いをいれて待っている
最近はすごい人気で、東北各県はおろか
関東などからもお客さんがやってくるらしい

Nabe_gassenn_0812-99.jpg

鍋合戦
戦が始まる前には全軍あつまって、狼煙をあげる
えいえいおー でいざ出陣

一般のお客さんは鍋を買うために行列に並ばなければならない
しかし、審査員は嬉しいことに、むこうから鍋がやってくる

Nabe_gassenn_0812-106.jpg

出陣数は36鍋
それを4つのグループにわけて第一次審査をする
まさいはDグループ。9つの鍋を味見する(食べる)
Dグループの審査員は11名

さて、審査員も戦のはじまりー

Nabe_gassenn_0812-107.jpg

第一陣はこれ

・あこがれ長寿鍋 コラーゲン入り 300円

『介護老人保健施設あこがれ』の作品

Nabe_gassenn_0812-108.jpg

いきなり旨いのがやってきた
ふたつのつみれだんごは絶品
そして、まんなかにのってるのが
とろみのあるコラーゲンぽいもの
スープも旨い
ただ、残念なことに、盛りつけに手間取ったらしく
ちょっと冷めている
まあ、気温が0℃近辺だから、冷めるのはしかたない

Nabe_gassenn_0812-109_20081227142245.jpg

第二陣はこれ

・中国瓦房店 海鮮松茸鍋 300円

『友好都市瓦房店委員会』の作品
中国の瓦房店市は天童市と友好都市になってるらしい
まさいを誘ってくれた友人は、
数年前、この鍋を売る側に立ってたそうだ

Nabe_gassenn_0812-110.jpg

これも旨い
大きなスライスされた松茸
蟹のはさみ
そして、なんといっても旨みを倍増、3倍増にしてるのはこれ

Nabe_gassenn_0812-111.jpg

たくさん入っているちいさなホタテ
これが旨みのもと
ほかにも海老、ホッキ貝、蟹など
そして中国らしい、手作り湯ギョウザ
けさ作ったところだそうだ
それにしても、すごい数のホタテだね
はやくもこのあたりで採点に迷ってしまう

Nabe_gassenn_0812-112_mosaic.jpg

第三陣はこれ

・最上川 川ガニ鍋 300円

『戸沢村いきいきランドぽんぽ館』の作品

日本三大急流のひとつ、最上川で鍛えられた
戸沢村の川ガニ

Nabe_gassenn_0812-113.jpg

川ガニというから、沢ガニのような小さいのが
まるごとはいってるのかと思ったら、大きいやん
こんな大きな蟹が川にいるんだね!

この川ガニ鍋、無難に仕上がってたけど
いまいちインパクトに欠けるなー

Nabe_gassenn_0812-114.jpg

前夜ふった雪が屋根から垂れ下がってきて
お店のカンバンが見えないよ~(笑)

さて、第四陣はこれ

・野菜たっぷり・あったか濃厚ポトフ 300円

『ベジフルコミュニティ山形』の作品

こちらにはこういうコミュニティがたくさんあるんだね~
山形県内在住の野菜ソムリエの会なんだって!

Nabe_gassenn_0812-115.jpg

これこれ、さっき会場内を歩き回っていた
カンバンを背負ったお嬢さん
動く宣伝塔だよ~!
すっごく分かり易くかいてあるし
担いでいたお嬢さんがまた頬赤くて可愛かったよ(^_^)

Nabe_gassenn_0812-116.jpg

これがその作品
名前のとおり、とっても濃厚で美味しい
ボリュームもたっぷり

野菜ソムリエがつくったお鍋だけあって、
入ってる野菜がとっても旨い
野菜って作り方によって、こんなに味が変わってくるもんなんだね
パリのビストロで食べてるような気分になる
そんな美味しいポトフだったよ

Nabe_gassenn_0812-117_mosaic.jpg

第五陣は本命かと思われた、これ

・庖丁人直伝 鮟鱇鍋 400円

『山形県割烹調理師会天童支部』の作品

そう、プロの作品ですよ!

Nabe_gassenn_0812-118.jpg

すんごい大鍋にすんごい量の鮟鱇
このスープのいろ、あの『ほてい』のあんこう鍋を思い出すよ

Nabe_gassenn_0812-119.jpg

はい、これです。
ちょっと量が少ないね…
といっても不満をいってるのではない
もう、いっぱい鍋を食べてすでに満腹気味なので
少な目なのは返って嬉しいよ

Nabe_gassenn_0812-120.jpg

ありました、鮟鱇の身!
いただきまーす

さすが割烹調理師会の作品だけあって
プロの味付けです。
スープも旨いし、鮟鱇ももちろん旨い!

Nabe_gassenn_0812-121.jpg

つづいての第6陣はこちら

・黒毛和牛塩しゃぶ鍋  400円

こちらも『山形県割烹調理師会天童支部』の作品

鮟鱇といい、黒毛和牛といい
すばらしい材料をふんだんに使ってる。
なのでほかのより100円高い

Nabe_gassenn_0812-122.jpg

うひゃー、こんな大きな鍋でしゃぶしゃぶ
1キロほりこんでも、一瞬にしてできあがりそうだね

Nabe_gassenn_0812-123.jpg

はい、これが噂の黒毛和牛塩しゃぶ鍋だよ
ピンク色の黒毛和牛がまた柔らかくて旨い
この、和牛ばっかりもっと食べたいなぁ

スープももちろん美味しいよ!
さすが、割烹調理師会の作品♪

Nabe_gassenn_0812-124.jpg

おつぎは第七陣のこれ

・大曲の納豆汁 200円

『大曲商工会議所青年部』 の作品

今回の鍋合戦に参戦している36鍋中、
唯一の『200円』鍋

がんばってるやん!
どんなのがでてくるのか楽しみ♪

Nabe_gassenn_0812-125.jpg

これは大曲のキャラクター『つつどん』

大曲は花火の街なので、花火を打ち上げる『つつ』のキャラ
ほかに、打ち上げられる玉のキャラ『たまちゃん』ってのもイルらしい

開場のなかをオジサンといっしょに歩き回ってて
子供達に人気になってたよ

Nabe_gassenn_0812-126.jpg

さて、これが大曲の納豆汁
見たところ、具の多い味噌汁のようにみえるが
一口すすってみてビックリ
納豆の旨さがすばらしい出汁になっていて
ものすごく美味しい♪
しかも、この汁には肉類・魚介類は使ってない
納豆と野菜だけでこれだけの味をだしているのが素晴らしい♪

まさいの採点では今回のナンバーワン!

Nabe_gassenn_0812-127.jpg

つづいての第8陣はこちら

・天童織田藩大八鍋 300円

『天童商工会議所青年部』の作品

Nabe_gassenn_0812-128.jpg

天童名物の鴨肉をつみれにしたもの
隠し味に吟醸酒の酒粕が入っている

野菜たっぷり、うどんも入っていてお得な一品
でも、ちょっとインパクトに欠ける

Nabe_gassenn_0812-129.jpg

さていよいよ最後の第9陣
審査員たちも、もうお腹いっぱいでこれ以上食べるの苦しい状態

・酒田商人腹黒鍋 300円

『酒田商工会議所青年部』の作品

Nabe_gassenn_0812-130.jpg

これみるとわかるように、汁が黒い
だから腹黒鍋
この黒いのはイカ墨
これに、酒田の飛び魚、飛島沖の海洋深層水塩などを使ってる

Nabe_gassenn_0812-131.jpg

そしてイカのはいった肉だんごに地元産の野菜
苦しいくらいの満腹状態でたべても非常に美味しい鍋だったよ
かなり得点高いね


以上でようやく審査員のノルマ終了
ぜんぶで九つの鍋を食べ比べた
そして、これを①味 ②アイデア の2つの観点で採点し
合計点を申告する

ちなみにまさいの審査結果のベスト3は

1.大曲の納豆汁
2.酒田商人腹黒鍋
3.庖丁人直伝 鮟鱇鍋

鮟鱇鍋はかなり美味しかったけど
これは400円だったことと、作ってるのがプロの割烹調理人
ということで、採点厳しめになった。

Nabe_gassenn_0812-132.jpg

この日、もっとも行列が長かったのはこれ
すごいでしょ、よくこんなに並ぶ気になるね。
もちろん、みんなどこかで他の鍋をいくつか買って、
それを食べながら並んでるよ
だからあまり苦にならないのかな

なんの鍋に並んでるのかというと

Nabe_gassenn_0812-133_mosaic.jpg

・じゃがバター鍋 300円

『ボーイスカウト 山形1団』の作品
そう、昨年の『鍋将軍』だったやつ

とてもシンプルなものらしい
まさいはもう満腹なので並ばなかった

Nabe_gassenn_0812-134.jpg

ステージではいろんな世代の人たちの
ダンスや踊りが披露されてる
これは、幼稚園くらいのお子さまのダンス
すっごく盛り上がってたよ

Nabe_gassenn_0812-135_mosaic.jpg

山形県警のパトカーも来てる
横に立ってるのはマスコットの『カモンくん』
名前の由来は不明。

このパトカー、鍋の食い逃げを捕まえるために
来ているのかと思ったら、子供達がいっぱい乗り込んで遊んでる
どうやら、警察の宣伝担当みたいだね



さて、平成鍋合戦 第14回の『鍋将軍』はこれに決定
じゃじゃじゃじゃ~ん!

Nabe_gassenn_0812-126.jpg

・大曲の納豆汁 200円

すごーい、まさいの採点と一致!
まわりでいっしょに食べてたほかの審査員たちも
みんな美味しいと言っていたので、いい線いくと思ってたけど
まさか、優勝の『鍋将軍』とは!
なんだか、自分が優勝したようですごく嬉しい♪

審査結果
http://www.ikechang.com/pot/14th/result.html


来年はじゃがバター鍋のような長蛇の列ができるんだろうね
平成鍋合戦のHPみると、さっきの『つつどん』つれてたおにいさんの
喜びの場面が写ってるよ!

喜びの写真
http://www.ikechang.com/pot/14th/index.html


はるばる天童までいったこの平成鍋合戦
まさいの審査したグループの鍋は全部美味しかった
でもさすがに9品はちょっと多すぎ(笑)
ひとり3品くらいがちょうどいいね~

また、来年もいきたいな♪


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
東北 トラックバック(0) | コメント(0)


■ イタリアン お料理教室 上野先生 【2008年12月】
2008/12/24 23:42 |
Italian_ueno_0812-90.jpg

12月のイタリアンお料理教室はもちろんクリスマス料理
いつも豪華なこの教室だけど、
きょうは特に豪華ごうか!

Italian_ueno_0812-91.jpg

まず、3品のアンティパスト

 ・ミネストローネ
 ・冷製白インゲン豆のスープ
 ・ペペロナータのブルスケッタ

Italian_ueno_0812-92.jpg

ミネストローネとは『野菜の煮込み』のこと
日本ではなんとなくトマト味のスープを想像するけど
野菜を煮込んであればミネストローネ

入れるやさいは何でもオッケー

Italian_ueno_0812-93.jpg

本日の材料は

 ・たまねぎ
 ・にんじん
 ・セロリ
 ・ズッキーニ
 ・ほうれん草
 ・キャベツ
 ・ベーコン塊

など。

Italian_ueno_0812-94.jpg

つぎは白インゲン豆のスープ
ちょっとよそ見してるまにもうできちゃったけど
インゲン豆をブロードで煮込み
柔らかくなったらミキサーにかけて、味を調えるだけ
けっこう簡単♪

Italian_ueno_0812-95.jpg

これはブルスケッタのソースをつくってるところ

 ・パプリカ赤(軽く茹でる)
 ・アーモンド
 ・固くなったパン

Italian_ueno_0812-96.jpg

上記材料に唐辛子、オリーブオイル、にんにく、ワインビネガーを
加えてミキサー
ペースト状になったらできあがり

Italian_ueno_0812-97.jpg

これを焼いたガーリックトーストに塗る
そのうえに茹でたパプリカ黄を乗せる

はい、前菜3品のできあがり

Italian_ueno_0812-98.jpg

 ・ミネストローネ
 ・冷製白インゲン豆のスープ
 ・ペペロナータのブルスケッタ

ミネストローネも白いんげんのスープも、ペーストも
先につくって準備しておけるから、
前菜出すときは、ガーリックトースト焼くだけ

前菜も3品ならぶと豪華
パーティー向けのメニューだね♪

Italian_ueno_0812-99.jpg

プリモピアットは

・カヴァティエッディのいさきのスープ和え

カヴァティエッディってなんや? って思った(笑)
↑こんなショートパスタのことだよ

Italian_ueno_0812-100.jpg

こちらは伊佐木(いさき) 秋の魚
3枚におろして、軽く塩をしておく
そしてトップの写真のように、
じっくり焼いて、そのあと、ほぐしておく

Italian_ueno_0812-101.jpg

これはあさり
なんか大きいよね!
これを白ワインで蒸してだしを取る

Italian_ueno_0812-102.jpg

アンチョビ、乾燥トマト、にんにくなどに
ブロードでのばしたあさりのだし汁を加え
カヴァティエッディをいれて煮込む

Italian_ueno_0812-103.jpg

すこし深めのおさらに盛りつけます
とっても良い香りが漂ってくるよ、早くたべたーい!

Italian_ueno_0812-104.jpg

はい、
カヴァティエッディのいさきのスープ和えの
できあがり~!

Italian_ueno_0812-105.jpg

パスタはできたらすぐに食べましょー
いただきまーす♪

Italian_ueno_0812-106.jpg

さて、お待ちかね
クリスマスのメインディッシュはこれでーす

・すね肉のロースト 白ワイン風味

本日は牛すね肉を1キロつかう

Italian_ueno_0812-107.jpg

こちらは付け合わせの人参とブロッコリー

バターと砂糖で甘く煮込む

Italian_ueno_0812-108.jpg

すね肉は1時間ほどローストしたあと
白ワインとブロードでさらに1時間ほど煮込む
凝縮された煮汁はソースにつかう
↑ほぼできあがりの状態だよ

Italian_ueno_0812-109.jpg

分厚くカット
わくわくする瞬間だねー

Italian_ueno_0812-110.jpg

1キロを6人だから、たくさん盛りつけても大丈夫
たっぷりあります

Italian_ueno_0812-111.jpg

はい、クリスマスのメインディッシュ
豪華・豪華・ごうか~!

美味しい赤ワインといっしょに
楽しく会話しながらゆっくりいただきましょー

Italian_ueno_0812-118.jpg

お肉がこんなに残ってしまいました
もちろん、タッパーにいれて持って帰ります

Italian_ueno_0812-112.jpg

もちろん、最後はドルチェ
本日のドルチェは

・ヨーグルトのロールケーキ

へー、ロールケーキって自分で作れるんだ?

Italian_ueno_0812-113.jpg

生地が焼き上がった状態です
だいたい10分くらいで焼き上がり
そのあと冷ましましょー

Italian_ueno_0812-114.jpg

ヨーグルトをまぜた生クリームを
たっぷりと塗ります
塗ると言うより、盛るといった感じ

Italian_ueno_0812-115.jpg

そして、イチゴやキウイ、その他たっぷりのフルーツを
クリームの上にのせて、巻き寿司のように丸める
これがたいへん

逞しい腕でがんばりまっす!

Italian_ueno_0812-116.jpg

巻いたら、完成したも同然
あとは切るだけだよ

Italian_ueno_0812-117.jpg

はい、こうやって盛りつけると
堂島ロールに勝るとも劣らない
ヨーグルトロールケーキのできあがり~


素晴らしいお料理
素敵なお料理仲間
そして、最高の先生

美味しいものをつくって、食べて、飲んで
ほんとに楽しいお料理教室の一夜でした♪
関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ア・ラ・カルト 大阪・神山町 【2008年12月 昼】
2008/12/21 16:16 |
A_La_Carute_0812-18.jpg

久しぶりにランチしにきたよ
やっぱり一番すきな洋食屋さん

■洋食の店 ア・ラ・カルト 大阪・神山町

久しぶりなのでゆっくりとメニューの黒板を眺める

『鮮魚とホタテの野菜ソテー』にするか?
絶品のクリームコロッケのついてる『シーフードランチ』にするか
さんざん迷って、結局これにしたよ

・シーフードランチ 1000円
  クリームコロッケ+かきフライ

そして通常3個ついてるかきフライを3こ増量で1400円

A_La_Carute_0812-19.jpg

ランチタイムについてくるスープがいつも絶品
きょうのスープは真っ白で写真向きじゃないけど

・かぶらの温かいスープ

ほんとに美味しい!
これだけ、別メニューにして、ボウルで欲しいなぁ!

A_La_Carute_0812-20.jpg

キッチン設備はあいかわらずこれだけ
なんでこんなシンプルなキッチンから
あんな素晴らしいお料理ができて来るんだろう…

そういえば、きょうはお店のサービスさん
とっても可愛い男の子
どうやら、二代目の養成に着手したようだよ(^_^)

A_La_Carute_0812-21.jpg

さて、でてきました、シーフードランチ
ここのお料理はものすごいボリュームというわけではない
すごい上等な素材を使ってるわけでもない

それでも、すごく美味しくて、かつ満足感特大!

A_La_Carute_0812-26.jpg

かきフライを3個増量してもらったので、合計6個
それを綺麗に米俵のように積んである。

このお店には

・カキフライマウンテン 1600円

というのがあって、なんと12個のかきフライが
山のように積み上げてでてくるメニューがあるんだって
さすがに12個はムリ~(^_^;)

A_La_Carute_0812-22.jpg

さて、あつあつのかきフライ、
さっそくお一ついただきまーす!

ここのかきフライは比較的小振り
でも、すごくいい感じに揚がってて美味しいです~

A_La_Carute_0812-23.jpg

さて、かきフライも楽しみだったけど
この店のランチで最も期待されるのが、このクリームコロッケ

・幻のクリームコロッケ とか
・伝説のクリームコロッケ とか 言われてる

本日も、このクリームコロッケは5食限定。
ふつうのクリームコロッケとちがって、まん丸いんだよね

A_La_Carute_0812-24.jpg

なかみのクリームがものすごい柔らかいので
カットすると、丸かったコロッケがへしゃげてしまう
それくらいデリケート

見てるだけでも美味しそう~!

A_La_Carute_0812-27.jpg

では、さっそくクリームコロッケを食べようと、
持ち上げて傾けると、中身が流れ出すので
こんなアングルでしか撮れなかった

こぼれ落ちないうちに、いっただっきま~す♪

A_La_Carute_0812-25.jpg

さっきも書いたけど、ここア・ラ・カルトは
ガッツリ系ではない
高級素材系でもない
あえていうと、繊細洋食系
へたなフレンチよりよっぽど繊細で美味しい。
そんなお料理が、さっきの狭いキッチンからできてくる

ここのシェフこそゴッドハンドと呼んであげたいね。
2代目を目指すボクもがんばってね~!

【過去のア・ラ・カルト】
・ランチ 2007年6月 チキンソテー+海老フライ追加 
・ランチ 2007年2月 C:シーフードランチ 
・ランチ 2006年7月 豚しゃぶ 黒酢のソース 
・ランチ 2006年6月 ビーフヘレカツ 

・ディナー 2007年12月 クリスマスディナー
・ディナー 2007年9月
・ディナー 2007年7月
・ディナー 2006年12月
・ディナー 2006年9月

──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 洋食の店 ア・ラ・カルト
【ジャンル】洋食
【住 所】 大阪市北区神山町3-2
【最寄駅】 地下鉄 東梅田駅・扇町駅 JR天満
【電 話】 06-6362-8171
【営業時間】11:30~14:30
      18:00~(最近、夜、予約なしでも可)
【定休日】 日・祝
【キーワード】 アラカルト a la carute / a la carte
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ レストラン 艸葉 大阪・堺筋本町
2008/12/19 19:09 |
※注
このお店、お料理はとても美味しいですが
サービスは最低です。

2010年8月に数名で訪問した際、
サービス業としてはあり得ない対応を受けたので、
しばらくこの記事を削除していましたが、
過去の1記録として掲載しておきます。

このお店のサービス担当の方は、
人のこころや気持ちのわからない
とても可哀想な方だと感じました。

二度とこの店にはいきません。

まさい


Kusaba_0812-30.jpg

欧米では一年中牡蛎を食べられる
これはNYで5月に食べたオイスター

 グランドセントラル オイスターバー

日本にも支店がある。

 グランドセントラル オイスターバー品川

日本では寒いときが旬
牡蛎のシーズンが到来すると
やっぱり食べたくなるのはかきフライだよね

かきフライ、いまのところ一番美味しかったのはここ

 三州屋 東京・銀座

でも、銀座にそうそう何度もいけないし・・・
で、大阪でもいいところないかと探してたら
評判のよいところが見つかった

Kusaba_0812-31_mosaic.jpg


 ■レストラン 艸葉 大阪・堺筋本町

艸葉と書いてくさばと読む
かなり年輩のおじいさんお二人がやっている洋食屋さん

カウンターに座って目の前の鉄板を見ると
ドームがおいてある。

Kusaba_0812-32.jpg

なんだろうと見ていたら
なかからコレがでてきたよ

Kusaba_0812-33.jpg

ここの一番人気のメニューらしい
でも、きょうはこれが目当てではない
お目当てはもちろん、これ

Kusaba_0812-34.jpg

 ・的矢産かきフライ 1310円

さっそくコレをオーダーしたら
入店のタイミングが悪かったのか、
『あー、ちょっと時間かかるよ~。 つぎのラウンドね!』
と言われた。

まあ、この日は急いでなかったので
まわりの人たちの食べているものや
鉄板でやいているものを観察しながらゆっくり待つ。

さて、10分ほど待ってでてきた!

Kusaba_0812-36.jpg

きた、きた、きた~!
うわさの的矢産かきフライ 7個
デカイのが7個も並んでる
めっちゃ楽しみ!

Kusaba_0812-37.jpg

オーダーするときに聞かれる

 タルタルにしますか? ポン酢にしますか?

かきフライはやっぱりタルタルソースがいいなぁ♪

Kusaba_0812-38.jpg

では、さっそくいただきまーす
最初はなにもつけずに食べる
どんなお料理でもそうだけど
素材がいいと、調味料なしでも旨い

Kusaba_0812-39.jpg

ひとつがデカイので一口で食べられない
半分食べた断面をみると、
どうやらひとつのフライに2個はいってるように見える
そして、とてもぷりぷりしてる!

Kusaba_0812-35.jpg

ふたつめは、タルタルにしようかと思ったけど
テーブルのうえにおいてあるソースが目に入ったので
ソースをかけて食べてみた

Kusaba_0812-40.jpg

ごく普通のウスターソース
洋食屋さんにかならずおいてあるやつ

うん、これも旨い

さて、いよいよ真打ち
タルタルをつけて食べる

Kusaba_0812-41.jpg

いやぁ、もう絶品!
旨いうまい

 なにもつけない
 ウスターソース
 タルタルソース

 なにもつけない
 ウスターソース
 タルタルソース

という順番で6個食べた
最後のひとつ、ぜひポン酢で食べたいと思ったので
お店の女将さんを呼ぼうと思ったんだけど
残念ながらとてもお忙しそう

Kusaba_0812-42.jpg

忙しいときに呼びつけるの申し訳ないので
今回はポン酢を味わうのは諦めた
タルタルソースはすでに完食
しかたないので、最後はまたウスターソース

あっというまに食べてしまった7個のかきフライ
さすがに7個(14個?)の牡蛎を食べると
すごい量。 かなり満足!

Kusaba_0812-43.jpg

最初にみたハンバーグも美味しそう
でも、噂によると、メンチカツがもっと旨いらしい
つぎにここにくるときは、ふたりで来て
ふたつのお料理をシェアして食べたいなぁ


──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 レストラン 艸葉(くさば)
【ジャンル】洋食
【住 所】 大阪市中央区北久宝寺町1-4-12
【最寄駅】 地下鉄 堺筋本町 徒歩3分
【電 話】 06-6261-9040
【営業時間】 11:30~14:30、17:00~20:30
【定休日】 日・祝
【キーワード】 くさば 洋食 牡蛎 カキ クサバ
ハンバーグ ビフカツ 
──────────

レストラン艸葉 ハンバーグ / 堺筋本町駅松屋町駅長堀橋駅
昼総合点☆☆☆☆ 1.0

関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ Bistro a vin Daigaku フレンチ 【2008年12月 昼】
2008/12/14 22:36 |
Daigaku_0812_O-28.jpg

新規開店のフレンチやイタリアンのお店
最初のころ、お客さんに知ってもらうために
ランチをやっていて、人気がでてくると
ディナーに専念するというパターンが多い

しかし、ここは逆

■Bistro a vin Daigaku 大阪・長堀橋

Daigaku_0812_O-37.jpg

お客さんのご要望が多かったので
ランチ始めたらしい。 奇特なお店♪

ランチメニューは2種類

・Menu A 1575円
  前菜+メイン+デザート+飲み物
・Menu B 2415円
  前菜+パスタ+メイン+デザート+飲み物

きょうは8人でランチ会
せっかくなので、みなさんMenu Bです♪
どんなのが出てくるのか楽しみ

Daigaku_0812_O-29.jpg

まず、前菜はこれ

・鰯とトマト ジャガイモのパヴェ

パヴェってなんや? と思ったけど
横からみるとそれがわかる

Daigaku_0812_O-30.jpg

いろんな食材を重ねてあるのをパヴェと言うそうな
見た目も美しいし、トマトと鰯とジャガイモの
このコンビネーションがとても美味しい!

Daigaku_0812_O-31.jpg

この日の8人のうち、7人は以前から知ってるかた
お一人新人さんはお若い男性
いつもより元気まんまんのランチ会です

パンはおかわり自由

Daigaku_0812_O-32.jpg

このお店
ビストロなのにパスタメニューが豊富だよ
夜のお食事でも、かなり美味しいパスタをいただける。
きょうのパスタは

・ファルファッレ 豚ミンチとブロッコリーのラグー マジョラム風味

大盛りお願いするのを忘れたのは痛恨の極み
リボン型のパスタに、絶妙の味付けの豚ミンチ

店内は3階建てで
1階にカウンター席
2階・3階がテーブル席
いずれもいい感じのスペースです。

Daigaku_0812_O-33.jpg

メインのお料理は3種類からチョイスできる

・若鶏の赤ワイン煮
・仔羊のクスクス
・市場より入荷の鮮魚のポワレ

まさいが選んだのは、仔羊のクスクス
仔羊とクスクスは相性が良いらしくて
よくこの組み合わせがある。
中近東・アフリカ系のお料理っぽいです。

Daigaku_0812_O-34.jpg

こちらはKさんがチョイスした鮮魚のポワレ
魚の名前はアラと言っていた
調べてみたらこれのよう

スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科アラ族  アラ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki2/suzukika/ara.html


すごくよい感じに火入れされてました。

Daigaku_0812_O-35.jpg

デザートはこちら

・黒糖のパンナコッタ キウィのシャーベット ミントのソース

このデザートはいずれも絶品。
黒糖の甘さと、キウィの軽い酸味がうまく混ざり合って
すばあしい後味です。

ディナーのときと同様に
とてもよい雰囲気の店内で
素敵なお料理をいただいて
そして、みなさんとの楽しい会話に
時を忘れる土曜の午後のひとときでした。

Daigaku_0812_O-36.jpg

このあと、すこし盛りを過ぎた感のある
銀杏並木の黄色いアーケードを散歩して
落ち着いたカフェでまた2時間くらい
楽しくお話をして解散しました。

【過去のBistro a vin Daigaku】
2007年8月 ディナー

──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 Bistro a Vin DAIGAKU
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 大阪市中央区東心斎橋1-4-22
【最寄駅】 地下鉄 長堀橋駅 徒歩2分
【電 話】 06-6241-5431
【営業時間】 LUNCH 12:00-14:00(LO)
       DINNER 18:00-22:00(LO)
       BAR 22:00-24:00(CLOSE)
【定休日】 火曜
【キーワード】 ビストロ ダイガク ビオワイン ワイン
──────────


大きな地図で見る
 

Bistro a vin DAIGAKU (ダイニングバー / 長堀橋、心斎橋、松屋町)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(1)


■ Saigon Sandwich サンフランシスコ
2008/12/09 23:57 |
Saigon_Sandwich_0810-11.jpg

サンフランシスコで、朝ご飯をそとに食べに行ったことはない
しかし、今回サンフランシスコは1泊のみで
昨夜のオイスターバーだけで帰国するのは
ちょっともったいない気がしたので、
朝ご飯を外で調達することにした。

最近はネットで正確な地図を簡単に見ることができる。
google mapでは現在地と行き先の住所を入れると
正しく道順まで表示してくれる。
重たいガイドブックよりよっぽど重宝する。
ホテルではプリンタがないので、画面をカメラで撮して
それを頼りに目的地に行く。

この地図によると、今回の目的地はホテルから
5ブロック西に行ったところにあるようだ。

Saigon_Sandwich_0810-12.jpg

サンフランシスコは坂の多い街だが
きょう歩く道は平坦
でも、交差点で北のほうを見ると
サンフランシスコっぽい坂道が見える

Saigon_Sandwich_0810-13.jpg

目的地にいくまでの道沿いで
すごい人数の行列を見かけた
時刻は朝の八時頃
ボランティアで朝食を配っているのかもしれない
道路の反対側から見ていただけなので、よくわからなかったよ

Saigon_Sandwich_0810-14.jpg

5ブロックというとあっというま
10分も経たないうちに、5ブロック目の角まできたよ。
このあたりにくるのは初めてだけれど
どうやらベトナム人街のようだ
あちこちに『越南』とか『Vietnam』という文字が目に付く
この角にも

・越南第二海鮮酒家
  VIETNAM II Seafood Restaurant

と書かれたレストランがあった。
ベトナム料理はとても好きなので
次回、サンフランシスコに来るときは
この辺りでばんごはん食べてみたいな!

Saigon_Sandwich_0810-15.jpg

さて、お目当てのお店はココ

■Saigon Sandwich サイゴン・サンドイッチ

ベトナムのサンドイッチ屋さん
なるほど、ベトナム人街だから、こういうお店があるんだね♪
このお店はベイエリアのグルメを書いたブログで見つけた。
どんなのが食べられるのかとても楽しみ!

Saigon_Sandwich_0810-16.jpg

店内はアメリカではよく見かける形式
カウンタのなかでおばさんが一人でサンドイッチを作ってる
ぼくが入ったときにはすでに3人ほどのお客さんがいて
サンドイッチの出来上がりを待っていた。

Saigon_Sandwich_0810-17.jpg

これがメニュー
ほとんどが3ドルから3.5ドル
どれも魅力的だったけど、
この店を教えてくれたブログではコレがお薦めだったので
お薦めにしたがうことにしたよ

・Roast Pork 3ドル

TOFUというのがあるけど、
サンドイッチに豆腐がはいってるんだろうか?
ちょっと想像がつかないな。
味が薄そうだし、ぐちゃぐちゃになってしまいそう(笑)

Saigon_Sandwich_0810-18.jpg

ローストポークサンドイッチ、出来上がりはこれです。
めしゃめしゃ食べながら帰ろうかと思ったけど
ゆっくり味わいたいので、ホテルまで持って帰った。
マクドなどと違って、野菜がたくさん入ってるのが嬉しいね

雰囲気はサブウェイのサンドイッチに似てるけど
硬いフランスパンを使っていることと
ベトナム独特の香味野菜がふんだんに入っているので
食べた感じはぜんぜん違う。

Saigon_Sandwich_0810-19.jpg

香味野菜の香りと、ローストした豚肉の味が
みごとに調和していてすごく美味しい♪
けっこう大きかったけど、あっという間に完食

いま、メニューを見直すと

・Steam Pork & Roast Pork 3.25ドル

とか

・Meat Ball Pork 3ドル

とか美味しそうだね。
このMeat Ball Pork、中国語読みから想像すると
シュウマイと書いてあるように思うんだけど、
焼売がはいってるのかな?

サンフランシスコの朝のひととき
ちょっとした散歩も楽しめたし、
ベトナム人街も発見できたし、
そして、美味しい、ベトナムサンドイッチも食べられたし
すっごく充実したひとときでした~♪


──────────
【訪問日】 2008年10月 
【店 名】 Saigon Sandwich
【ジャンル】サンドイッチ(ベトナム)
【住 所】 560 Larkin St San Francisco, CA 94102
【最寄駅】 
【電 話】 (415) 474-5698
【営業時間】 月~土:6:00-18:00、日:7:00-17:00
【定休日】 無休
【キーワード】 ベトナム サンドイッチ ロースト ポーク 
──────────


大きな地図で見る
        
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(2)


■ HOG ISLAND OYSTER Co. サンフランシスコ
2008/12/08 00:01 |
Hog_Island_Oyster_0810-20.jpg

欧米人は生ものあまり好きじゃないのに
なぜかオイスターは平気で食べる。
生牡蠣って、生もののなかではグロテスクな部類なのに
なぜなんだろう?

まあ、まさいにとってはそんなことどうでもよくて
美味しい、新鮮なオイスターを安く食べられれば嬉しい!

Hog_Island_Oyster_0810-21.jpg

この日はひとりごはんを覚悟していたけど
たまたま知人とタイミングが合ったので
2人で軽く食べにいくことにした
行き先はフェリービル

■HOG ISLAND OYSTER Co. サンフランシスコ

ここは対岸にわたるフェリー埠頭のあるところだけれど
ビル内にはいい感じのショップやレストランがいろいろある
キャビアにするか、オイスターにするか迷ったが
キャビアは高そうなので、オイスターにした

Hog_Island_Oyster_0810-22.jpg

お店に到着したのは7時頃
店内の席は空いていたけれど、
やっぱり夜景の見えるテラスがいいので
しばらくワインを飲みながら店内で待つ。

カウンターの奥ではひたすら牡蛎の殻を割り続ける職人さん
さすがだね、素手でやってる。
もう、手のひらの皮、かなり分厚くなってるんだろうね

Hog_Island_Oyster_0810-23.jpg

15分ほどまったら、テラスの席があいたので
さっそく移動する。
すぐにパンを持ってきてくれたよ。
デカイね~、これぞアメリカンサイズ
バターもたっぷりあったので
オーダーしたものが来るまでに、めしゃめしゃたくさん食べたよ

Hog_Island_Oyster_0810-24.jpg

このお店にはRaw OysterとBaked Oysterがある。
最初にでてきたのはBakedのほう

・Oysters Rockefeller 9ドル

これ、ニューヨークのグランド・セントラル・オイスターバーで
見かけたけれど、満腹のため諦めた一品
とっても楽しみ!

牡蛎の上に、Bloomsdale産のほうれん草、Recard、
そして、パン粉をのせて焼いたもの。

アメリカで焼き牡蛎を食べたの初めてだけど
かなり美味しいね、これ。 
ところで、Recardってなんだろ?

Hog_Island_Oyster_0810-25.jpg

さて、お待ちかね、Raw Oyster!
この日は6種類の牡蛎を扱っていて
全部食べたかったのでこれを注文

・Oyster Bar Mix 12個 30ドル

いわゆる盛り合わせで、ひとつ当たり2.5ドル
牡蛎の銘柄はこんなの

・Hog Island Sweetwater (Pacific)
・Hog Island Kumamoto (Kumamoto)
・Blue Point (Atlantic)
・Kusshi (Pacific)
・Pema Quid (Atlantic)
・Chelsea Gems (Pacific)

この中で知っていたのはBlue Pointだけ
そうそう、熊本産のがアメリカでも養殖されてるのは
聞いたことあるけど、このKumamotoだよね。

ドライな白ワイン飲みながら、6個をぺろり

Hog_Island_Oyster_0810-26.jpg

ここはフェリービルという名前なので
フェリー埠頭を連想するのは自然なんだけど
てっきり、いまは使われてないのかと思ってた
でも、ちゃんとフェリーが停まってるよ

対岸にわたる橋の照明がすごく綺麗だね~
ロマンチックな場所だよ、すごく。

Hog_Island_Oyster_0810-27.jpg

焼牡蛎と生牡蠣を食べてとりあえず目的は果たせたけど
まだ、ちょっと物足りないのですこし追加オーダー

・Market Greens 6ドル

いわゆるグリーンサラダだけど、
生ベーコンのようなものがお愛想程度にのってる(笑)

そして、もうひとつ期待して頼んだものがある。

・Clam Chowder 14ドル

そう、有名なクラムチャウダー
どんなのがでてくるか、楽しみ♪

Hog_Island_Oyster_0810-28.jpg

でてきたとき、一瞬、あれって思ったよ(笑)
クラムが殻ごとはいってるクラムチャウダーなんて初めて。

スープはもちろんクラムチャウダーの味
っていうか、ものすごく美味しい♪
いままで食べたクラムチャウダーでも
一二を争う旨さだったよ。

ひとつひとつ殻から身をはずしながら食べたので
すごく時間がかかったけれど、すごく満足!
港では屋台で4ドルくらいでクラムチャウダー売ってるけど
14ドルだすだけの価値有りだね!

このお店は終わるのが比較的早くて
夜8時には閉店してしまう。

このままさっさと戻るのはちょっと惜しかったので、
フェリービルからホテルまでゆっくりと散歩して帰ったよ
とても楽しい桑港の夜のひとときでした♪


──────────
【訪問日】 2008年10月 
【店 名】 HOG ISLAND OYSTER Co.
【ジャンル】オイスターバー
【住 所】 One Ferry Building, San Francisco, California 94111
【電 話】 ?
【営業時間】 Monday - Friday 11:30am - 8:00pm
       Saturday & Sunday 11:00am - 6:00pm
【定休日】 無休
【キーワード】 オイスター Oyster フェリー Ferry
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(2)


■ タムサバイ タイ料理 京都・北山 【2008年11月 昼】
2008/12/07 07:32 |
Taam_Sabai_0811-21.jpg

久しぶりに京都・北山にいく機会があったので
適当なランチ処がないかと探してみたらココを見つけた

■タムサバイ 京都・北山

タイ料理のお店
もう、2年半も前になるけど
京橋(大阪)の同名のお店でランチしたことある
そのときに、京都に本店があると書いてあったので
ここがきっとそのお店だな

Taam_Sabai_0811-22.jpg

日曜日の11時半ころにいったので
まだお店のなかはガラガラ
のどかな休日の雰囲気だね
お店はシェフとサービスの女性の2人でやっている

平日には何種類かランチがあるけれど
休日はランチはこれだけ

■ランチコースA 1500円

他の単品メニューはランチタイムでもオーダー可能

Taam_Sabai_0811-23.jpg

この日はひとりだったので、カウンタに座る
目の前のガラス越しにキッチンが見える
タイ料理作ってるところなんて見たことないから
なんか、ワクワクして楽しいね

Taam_Sabai_0811-24.jpg

お料理がでてくるまでけっこう時間がかかったけど
きょうは休日だし、時間にゆとりがあったので
のんびりまわりを見回しながら待ってた

まず最初に3皿とごはんがでてきた。
このコースメニューは典型的なタイ料理のメニューだね

Taam_Sabai_0811-26.jpg

なにはともあれ、タイ料理に欠かせないコレ

・トムヤムクン

世界3大スープのひとつ
いい感じに辛い
まさいは激辛は苦手だけれども、心地よい辛さだね
さっそく顔から汗がでてくる。

Taam_Sabai_0811-27.jpg

なかから大きな海老がいくつもでてくる
タイ料理は海老をふんだんに使ってるから好きだな

ところで、この世界3大スープ
通説では
 ・トムヤムクン
 ・ふかひれスープ
 ・ブイヤベース(またはボルシチ)
と言われている。

いったいだれが選んだのだろう?
好みによって違うと思うんだけど…
まさいからすると『松茸の土瓶蒸し』が入ってないのが不満(笑)

Taam_Sabai_0811-25.jpg

これもタイ料理でははずせない一品

・ココナッツミルクカレー

タイのカレーにはグリーン、イエロー、レッドなどある
これはあまり辛くないココナッツミルクカレー

インドカレーとタイカレー
辛さの大元がちがうんだよね。
その証拠に、辛いインドカレーとタイカレー食べたときの
汗のでてくる場所がちがう。
タイカレーは顔から汗をかくよ
インドカレーは頭のてっぺんから汗かく

Taam_Sabai_0811-28.jpg

東南アジア系に多いこのメニュー

・イカと春雨のサラダ

もちろん、これもいい感じにピリ辛
国によって、麺の種類が微妙に違うが
こういう系統のものは大好き。
すこし口の中がはーはーしてきた

Taam_Sabai_0811-29.jpg

さっきの3品で終わりかと思ったら
もう一品あとからでてきた。

・鶏の唐揚げ

これも日本の唐揚げとはひと味違う
でも、あまり辛くない。
タイの甘辛いソースにつけて食べる

Taam_Sabai_0811-30.jpg

いつも一人ごはんだとすぐに終わってしまうけど
きょうはかなりゆっくりと時間をかけて食べた
休日のごはんはのんびりゆったりがいいね

北山のお店にはなかなかくることができないけれど、
京橋のお店にはまた行ってみたいな♪
でも、京橋はレストランの入れ替わりが激しいから
もしかしたら閉店してしまってるかもしれない…



──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 タムサバイ Taam Sabaai
【ジャンル】タイ料理
【住 所】 京都市左京区下鴨南芝町 FNYビル2F
【最寄駅】 地下鉄烏丸線 北山駅徒歩5分
【電 話】 075-781-7758
【営業時間】11:00~14:00 17:30~22:00
【定休日】 月曜日
【キーワード】 タームサバイ タームサバーイ タム・サバイ ターム・サバーイ
──────────


大きな地図で見る

タムサバイ (タイ料理 / 北山、松ヶ崎)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
アジアン トラックバック(0) | コメント(2)


■ イタリアン お料理教室 上野先生 【2008年11月】
2008/12/02 00:04 |
Italian_ueno_0811-45.jpg

毎月楽しみなイタリアンお料理教室
きょうはどんな食材、どんなメニューがでてくるんだろ~

本日はいつもの金曜日ではなくて、水曜日
初めてのかたも多いんだけど
メールだけでお知り合いだった方にもお会いできて感激♪

Italian_ueno_0811-46.jpg

本日のアンティパスト一品目は

・アスパラのチーズせんべい巻き

パルメザンチーズをクッキングシートに載せ
軽く焼くと、チーズせんべいができる

Italian_ueno_0811-47.jpg

アスパラを芯にして、生ハムを巻き
最後にチーズせんべいを巻く

Italian_ueno_0811-48.jpg

もう一つのアンティパストは

・クリームチーズのパプリカ包み

マリネしたパプリカでクリームチーズを包んで串を刺す

どちらも簡単だけど、とっても魅力的な前菜になったよ

Italian_ueno_0811-49.jpg

さて、プリモピアットはこれ

・トマト風味のフィットチーネ・ルコラと松の実ソース

まずは、オリーブオイルで、人参、玉ねぎ、セロリ、にんにくを
炒め、トマトを加え3~40分煮込む

Italian_ueno_0811-50.jpg

十分煮込んだらこんな感じになる。

松の実、オリーブオイル、にんにくをミキサーにかけ
ルコラを少しずつ入れて、水50CC。
最後にチーズを加える。
これがルコラ風味のペーストソース

それをお皿に流し込んだのが冒頭の写真

Italian_ueno_0811-51.jpg

ルコラ風味のペーストソースの上に
アルデンテに茹でたフィットチーネを載せ
トマトソースをかける

まさいのは大盛り
お嬢様がたはこの半分くらい(笑)
おばさまは… 
あ、おばさまはいらっしゃいませんでした(^_^;)

Italian_ueno_0811-52.jpg

きょうのセコンドピアットは鯛

・鯛のミラノ風フライ ヨーグルトと胡麻のソース

まずは鯛に小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、パン粉をまぶす

Italian_ueno_0811-53.jpg

フライパンにオリーブオイルとバター
鯛を並べて、揚げ焼きにする。
両面がきつね色になったら、紙の上にとり
余分な油を吸わせる。

ソースはヨーグルトと生クリーム そして練り白胡麻

Italian_ueno_0811-54.jpg

お皿にソースを敷き、魚を置く
つけ野菜は
・ばってん茄子
  水なすと小なすを掛け合わせたもの
・ハヤトウリ
・ヤーこんばんは
・紫いも 種子島の名産

Italian_ueno_0811-57.jpg

さて、ドルチェの準備中です。
きょうのドルチェは

・バニラチーズケーキ
・ラフランス
・キウィ

Italian_ueno_0811-55.jpg

バニラチーズケーキの材料を
型に流し込んでるところです~
ふっくら美味しいのができるよ~

Italian_ueno_0811-56.jpg

はい、ドルチェのできあがり
チーズケーキにフルーツを添えると
とても豪華にみえまーす♪
関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(0)


○ 黄金色のトンネル 東京・神宮外苑 銀杏並木 【2008年11月】
2008/12/01 00:00 |
Jingu_icho_namiki_0811-17.jpg

こんなにとんがってるんだね、知らなかった…

めずらしく、土曜日の午後まで東京に滞在したので
午前中の空いた時間に行って来たよ

■神宮外苑銀杏並木

青山通りから明治神宮外苑までつづく
146本の銀杏並木
ものすごく有名な場所らしいんだけど
まさいは昨日まで知らなかった…

Jingu_icho_namiki_0811-18.jpg

ビル群に挟まれた青山通りから一歩はいると
こんなに素敵な銀杏の並木
6車線もある道路とあいまって、
なんだか欧州の街並みみたいだね♪

Jingu_icho_namiki_0811-22.jpg

黄金色のトンネル
そんな表現がほんとによくあう遊歩道

ロマンチックに手をつないで歩く
そんな恋人達にぴったりの場所

Jingu_icho_namiki_0811-23_mosaic.jpg

黄金色の光を浴びて
ベンチに腰掛けて、サンドイッチを食べる

東京の真ん中とは思えない素敵な場所だね
とっても楽しい休日のひとときでした♪
関連記事
___________________________
関東 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ