English | Top | RSS | Admin

2008.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008.12


■ 三州屋 かきフライ 東京・銀座
2008/11/30 14:00 |
Sanshuya_0811-16.jpg

銀座で日本一旨いカキフライを食べられるという
話を聞いたのはおよそ3年前

銀座だから高級なレストランを想像していたら
まったく予想外の立地条件

Sanshuya_0811-17.jpg

路地奥の突き当たりにある古びた昭和風の居酒屋

■三州屋 銀座店 

若干値段は高めだが、それ以上のものを食べられる。
お店に入ったのは12時50分
お昼ごはん時のピークが過ぎたところらしく
いくつか席が空いていてすぐに座ることができた。

Sanshuya_0811-18.jpg

ここは海鮮系のいろんな定食があって
とても魅力的なものばかりなので
いろいろ注文したいのだけれど
この季節にやってくると、やはりこれを頼んでしまう

・かきフライ定食 1100円

オーダーしてから5分弱
前回はだいぶ時間がかかったが、今回は早かった

Sanshuya_0811-19.jpg

離れて見ても美味しそう
アップで見ても美味しそう
食べる前から、プリプリのかきフライの美味しさが想像できる

Sanshuya_0811-21.jpg

では、さっそくなにもつけないで一口!

う~ん、めっちゃ旨い

この日は午前中は三田で用事をすませた
午後からは品川にいく
その合間をぬって、わざわざ銀座までやってきた甲斐があるね!
ほんとに旨いかきフライ

Sanshuya_0811-23_mosaic.jpg

さっきお店に入ったとき
お昼ごはん時のピークが過ぎて空席があると思ったが
その後、続々と来店客があり
一時は入り口に5~6人並んでる
上の写真は1時15分ころの様子
ほとんど満席
そして、おじさん向け居酒屋風店舗にもかかわらず
多数の綺麗なOLさんがかきフライはじめ
いろんな定食に舌鼓を打っている

Sanshuya_0811-20.jpg

さて、こちら
前回、どうやって頼めばよいのかわからなかった一品

・とり豆腐 単品300円

各種魚の煮付け定食やたたき定食には
このとり豆腐がついてくる。
しかし、かきフライ定食にはついてこない

今回、かきフライ定食を頼むとき、勇気を出して聞いてみた

まさい とり肉豆腐も食べたいんですけど
女店員 あ、とり豆腐ですね。 だったら1400円になります
まさい わーい、それでお願いします。

緊張して言ったので、
『とり豆腐』というところを『とり肉豆腐』と言ってしまった

このとり豆腐もまた旨い
絶妙なだし加減のスープにたっぷり入った鶏と豆腐そして葉っぱもの
これだけでもごはんを茶碗いっぱいくらい食べられる。

Sanshuya_0811-22.jpg

定食メニューはこれだけある
食べてみたいと思ってるのは

・定食 海老フライ 1000円
・海鮮どんぶり 1000円
・いわし定食 800円

あと、春になったら、

・定食 かつを叩き 1000円

タタキを叩きと書いてあるのが、いかにもこの店らしいね

銀座という高級な場所にある、高級感のないこの三州屋
まさいのくたびれた風体にピッタリの定食屋
各季節に旬のものを食べにこよう!


──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 三州屋 銀座店
【ジャンル】お食事処 居酒屋
【住 所】 東京都中央区銀座2-3-4
【最寄駅】 有楽町駅
【電 話】 03-3564-2758
【営業時間】 11:30~22:30 
【定休日】 日曜
【キーワード】 かきフライ カキフライ 牡蛎フライ 牡蠣フライ
──────────


大きな地図で見る

大衆割烹 三州屋 銀座店 (定食・食堂 / 銀座一丁目、有楽町、銀座)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(1) | コメント(2)


■ イタリアンバル UOKIN 東京・新橋 【2008年11月 夜】
2008/11/28 23:20 |
Uokin_Italian_0811-23.jpg

さすが新橋、奥が深いね~!
ってお店を発見。

新橋はおぢさんの街のイメージだけど
最近は汐留などにいっぱい綺麗なオフィスが増えて
そのおかげで綺麗なOLさんも増えてきた

きょうのお店はそういうOLさんたちに
とても喜ばれそうな素敵なお店。

■イタリアンバル UOKIN 東京・新橋

Uokin_Italian_0811-24.jpg

UOKINは魚金のこと
新橋では知らない人がいない(らしい)
サラリーマン御用達の居酒屋 魚金
そこが最近ビストロやバルをはじめた
きょうはほんとはビストロに行きたかったんだけど
満席だったのでバルに変更

Uokin_Italian_0811-25.jpg

入り口は安っぽい造りだけど
お料理はすごいらしい

ワインもボトルが2000円台からある
きょうはあまり飲まないのでグラスワイン

・ヴェロネッロ白 480円

ほんとはスパークリング飲みたかったけど、もう売り切れ

Uokin_Italian_0811-26.jpg

パンは席料込みで一人250円、食べ放題
バールらしく、ちゃんとオリーブオイルも付いている

さて、お料理
480円からいろいろある。 安いね~
前菜系をいくつか頼む。

やっぱり寒くなってきたらこれだよね

・岩手三陸産殻付き 生牡蛎のジュレがけ 680円

680円だから、2個くらいかな…
って思ってたら

Uokin_Italian_0811-27.jpg

うへ~、すごくデカイのが5個
いきなり、びっくり仰天
ひとつ136円やん
魚屋で買ってもこんなに安くないよ
ちょっとしたオイスターバーに行くと
ひとつで500円くらいするのに

Uokin_Italian_0811-29.jpg

じゃあ、さっそくいただきまーす!
生で食べるんだから、もちろん新鮮
ワインにとてもよくあうよ

この値段だったら、牡蛎ばっかり頼んで
オイスターバーがわりにつかってもいいなぁ

Uokin_Italian_0811-30.jpg

おつぎはメニューに☆がついていた、当店お薦め品

・白レバーとチキンのテリーヌ 480円

これもまたデカイのが出てきたよ!
分厚さ2センチくらいあるよ
これに、粒マスタードをつけていただく。

いいね~♪
またまた、ワインがすすむ

Uokin_Italian_0811-31.jpg

穴ぐらのような店内
座った席は半階ほど下がったところの角っこなので落ち着く
入り口に立ち飲みスペースがあって
席があくまで、そこで飲みながら待つこともできる。

Uokin_Italian_0811-32.jpg

イタリアの元祖カルパッチョはお肉

・和牛! 内もものカルパッチョ 580円

なんでこんなに安いのって思うくらいのボリューム
さっきの生牡蛎のジェルのせも驚いたけど
お肉のカルパッチョもすごいよ
一枚一枚も分厚い!

Uokin_Italian_0811-33.jpg

そしてこちらは、バル名物フライパンスタイルのお料理

・つぶ貝といろいろきのこのオイル煮 580円
  エスカルゴバター・トマトソース

つぶ貝もきのこもトマトもいっぱい入ってる
そして、エスカルゴバターの味付けのオイルがたっぷり
ほんとあつあつで出てくるので、カラダも温まる

Uokin_Italian_0811-34.jpg

肉のカルパッチョやオイル煮には赤ワインがあうよ
これは赤2杯目
安いけど、とても美味しいし、かなりたっぷり入ってる。

そして、最後はもちろんパスタ。

・アマトリチャーナ 980円

Uokin_Italian_0811-35.jpg

これまたすごい大盛り
嬉しいうれしい♪
いい加減に唐辛子のピリッとした味がとっても美味しい

2人でこれだけ食べて、ワイン3、ウーロン2で6千円弱

東京という物価の高いところで、
このコストパフォーマンスはなんなんだろー
革命的って感じ!
店員さん少ないので、呼んでもなかなか来てくれないけど
そんなこと気にならないくらいの満足感だね

つぎに新橋くるときには、ちゃんと予約して
ぜったいビストロのほういくぞー!


──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 イタリアンバル UOKIN 
【ジャンル】 イタリアンバル
【住 所】  東京都港区新橋3-16-20 第3山田ビル1階
【最寄駅】 JR新橋駅 徒歩5分
【電 話】 03-3437-9215
【営業時間】 17:00-23:30 
【定休日】 無休
【キーワード】 イタリアン バル バー 魚金 うおきん ウオキン 
──────────


大きな地図で見る

イタリアンバル UOKIN (イタリアン / 新橋、汐留、内幸町)
★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(2)


■ 山田うどん
2008/11/27 01:00 |
Yamada_Udon_0811-19.jpg

女子高生の放課後
大阪や東京では、たいていマクドかミスドでたむろってる
名古屋や大阪の一部では、スガキヤでだべってる女の子も多い
各地にいろいろ、だべり場所があるよね

埼玉県の女子高生の放課後の定番 はココ

 ■山田うどん

ださ~! とか、
さすが、ダ埼玉ぁ~ とか言ってはいけない

創業1935年
店舗数、少なくとも178店
公式ウェブに載ってるのがこの数だが、ほかにもあるらしい
本社は埼玉県所沢市

Yamada_Udon_0811-20.jpg

埼玉女子高生御用達なので、もちろん全席禁煙
放課後、セーラー服やジャージ姿で
山田うどんを食べながら、長時間だべり続ける
これは、マクドやミスドの女子高生とおなじ


Yamada_Udon_0811-21.jpg

店内写真は一見、宮本むなしと間違うよう
ただし、この写真は浅草店。

一般的な山田うどんの店内は
U字型カウンターだけらしいけど
実際見たことないので、間違ってるかもしれない


Yamada_Udon_0811-22.jpg

さて、埼玉女子高生がだべるために頼むメニューは

 ・たぬきうどん 300円

これが一番人気らしい。
ちなみに、大阪には『たぬきうどん』なんてメニューはない

その、山田うどん
埼玉を中心に関東一円にお店があるが
きょう泊まる浅草にもあったので行って来た

Yamada_Udon_0811-23.jpg

一番人気のたぬきうどんを頼もうかとおもったが
やっぱり物足りなさそうなので、これにした

 ・肉とうふうどん 620円

あと、サイドメニューを見ていたら

 ・カキフライ 380円

というのがあったので、聞いてみた。

 まさい カキフライは揚げたてですか?
 女店員 はい、そうですよ

ということなので、期待せず頼んでみる。

Yamada_Udon_0811-24.jpg

でてきたうどんは、けっこう美味しそう!
なんか、女子高生のようにどきどきしてるまさい

まず、ひとくちスープを飲んでみる。
うん、なかなか旨いよ♪

うどんといえば、最近は讃岐うどんが日本標準になったような感がある。
腰がしっかりしていて、歯ごたえ十分のやつ
しかし、大阪うどんはもともと、ふにゃふにゃしてるし
それで育ったまさいは、そういう、ふにゃふにゃうどんもけっこう好き

Yamada_Udon_0811-26.jpg

さて、この山田うどんはどっちなのか?

 答えは、『ふにゃふにゃうどん』

しかし、これはこれでかなり旨い。
肉豆腐の味がすごくよいので
かなり満足して食べられる。

こちらは380円のカキフライ
値段がねだんなので、期待してなかったが…
揚げたてで、けっこう美味しそう!

Yamada_Udon_0811-25.jpg

380円で3個だから、ひとつ130円くらい
でも、これが意外にサクサクした揚げ具合で
すごく美味しい!

Yamada_Udon_0811-27.jpg

もちろん、銀座の三州屋のカキフライにはおよばないが
ひとつ130円なら、十分満足美味しい!


Yamada_Udon_0811-28.jpg

肉豆腐が美味しかったので、スープも全部飲んでしまった
こんな旨いうどんを食べながら
毎日毎日何時間もだべってられる埼玉女子高生がうらやましいぞ!

現役埼玉女子高生か
元埼玉女子高生の方がおられたら
ぜひ、山田うどんの想い出を聞かせてください♪



──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 山田うどん
【ジャンル】 山田うどん
【住 所】  東京都台東区浅草2-6-15
【最寄駅】 地下鉄 浅草駅徒歩10分
【電 話】 不明
【営業時間】 不明(昼から夜まで) 
【定休日】 なし?
【キーワード】 うどん そば 
──────────        


大きな地図で見る

山田うどん 浅草店 (うどん / 浅草、田原町、入谷)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ラーメン二郎 東京・三田
2008/11/24 22:33 |
Jiro_0811-20.jpg


日本にはラーメン屋さんがゴマンとあるが
ここはもっともインパクトの強いラーメン屋さんのひとつだ

■ラーメン二郎 東京・三田本店

噂の通り、きょうも店頭に行列が続いている

場所はJR田町駅/地下鉄三田駅から徒歩10分のほどのところで
慶応大学のすぐ近くにある。

Jiro_0811-15.jpg

並んでいるときにあらかじめチケットを買っておく
値段はとても安い

・ラーメン 500円
・ぶた入りラーメン 600円
・大ラーメン 550円
・ぶた入り大ラーメン 650円

量が多いとの噂を聞いていたので
大盛りはやめて、『ぶた入りラーメン』にした
常連さんたちはこれを『こぶた』と呼んでいる
(直接、お聞きしたわけではないので削除しました)

一説によると、ここのラーメンは『ラーメン』ではないらしい
『二郎』という特別な食べ物だということだ。

Jiro_0811-16_mosaic.jpg

30分ほどならんでようやく店に入る。
店内はカウンターのみ13席
座席の見取り図はこれ
(不適切なリンクでしたので削除しました)

真ん中に立ってるおっちゃんがここの大将
こだわりのラーメンを作ってる総本山なので
怖い人なのかとおもって恐れていたけれど
とてもひとのよい、おっちゃん。
お客さんへの対応もとても丁寧。

席は基本的に空いたところにひとりずつ座っていく
だからグループできても隣どうしにはなかなかなれない。
ただし女性は特別で、だいたい2人で座れるように
取りはからってくれる。
このあたりは見ていてとても気持ちがよい

並んでいるときに買った食券は、ここでカウンタの上にだす。
これはあとでわかったことなのだが、
食券を縦に置くか、横に置くか区別がある。
食券の向きによって、大将がいま作ってるラーメンと
これから作らないと行けないラーメンの区別をする。
(真偽不明な情報ですので削除しました)

座ってしばらくすると、もひとりの若い人(サカイさんというらしい)
にんにくは入れますか? と聞いてくる。
(間違った情報でしたので削除しました)
きょうはこのあと、人に会う予定があったので、にんにくは控える

さて

Jiro_0811-17.jpg

しばらくして出てきたのがこちら
かなり大きなどんぶりに山盛り
肉も切るところをみていたけど
かたまりのチャーシューをざく切り
この写真ではよくわからないけれど、ものすごい量

Jiro_0811-18.jpg

斜め上空から撮したものがこれ。
山盛り度もすごいけれど
どんぶりのなかの密度がすごい
スープがどこにあるのかわからないくらい・・・

スープを一口飲んでみる。
これは濃厚でかなり旨い。

つづいて、お肉を食べてみる
これもかなり旨い

Jiro_0811-19.jpg

そして、いよいよ、麺を食べる
独特のコシのある太麺。 自家製麺らしい。
うん、悪くない

もぐもぐもぐ
めしゃめしゃめしゃ
ずるずるずる

食べても食べても中身が減らない

かなり頑張って食べたけど
どうどう、ギブアップ
かなり残してしまった…

(以下、不適切な表現あるいは一部の読者に不快感を
 与える表現を数ヶ所削除・訂正しました)

スープも旨い
お肉も旨い
麺も悪くない
しかし、総合点を考えた場合、うーんと思ってしまう。

食べ終わった(というか、だいぶ残したけど)あと
このお店がなぜこんなに人気で行列ができるのか考えてみた
ラーメンの完成度だけを考えた場合、
ぼくはもういちど行列に並ぼうとは思わない
このボリュームから考えて、再度、チャレンジしても
食べきれる自信はないので、もういちど行列に並ぼうとは思わない。

Jiro_0811-14_mosaic.jpg

しかし、現実には毎日毎日行列ができている。
上の写真はまさいがお店をでた午後2時50分ころ
さっきより行列が長くなっている

その理由はなんだろう
なにかあるに違いない!

ここから先は想像だけど…

まず、ここは大学の真ん前
食欲旺盛な学生さんのためのお店。
だから、このボリュームはきっと人気の的だろう

二番目に、スープ、お肉、麺のそれぞれは
かなりハイレベル
これも人気のでる要因だと思う

でもそれだけで、こんな行列できるかな?

いろいろ考えて出てきた答えは

店主の山田さんの人柄
そして、お客さんに満足してもらいたいという気持ち
それがひしひしと伝わってきて、人気があるんだろうと思う。
大将とお客さんの会話を聞いていて、とても気持ちがよい

お店を始めたころはボリュームも普通だったのかもしれない。
でも、食欲旺盛な体育会系の学生さんに
満足してもらえる量を追求していったらこうなった。

お肉の分厚さや量

そして、この安さ!
すべては食欲旺盛だけれども食費に大枚ははたけないという
多くのお客さんのために追求した結果がこれなんだろうと思う。

さらに、学生さんはだいたいが野菜不足
それでは健康な生活を送れないよという
大将の思いが、野菜の量に現れているんだろう!

飲食店というのは、そのお店でだす食品を間にはさんで
店主とお客さんのコミュニケーションでなりたっている。
お客さんの欲求を完璧なまでにメニューに取り込んだ結果
こういう『二郎』というお料理のジャンルが確立されて
ラーメン二郎という独特なラーメンが確立されて
そして、多くのお客さんに愛され続けてるのだろうと思う。
これはほんとに素晴らしいことだと思う。

一見客のまさいが、あれこれ勝手な評論をしてはいけない。
ぼくも数十年前の食欲旺盛かつ貧乏な時にこのお店を知っていたら
きっと日参したに違いないと思うから。

がんばれ、ラーメン二郎♪

──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店名】 ラーメン二郎 三田本店
【ジャンル】 二郎ラーメン
【住所】 東京都港区三田2-16-4
【最寄駅】 JR山手線田町駅、地下鉄三田駅
【電話】 ?
【営業時間】 10:00頃~15:00前後(不正確な情報なので削除しました)
【定休日】 日曜日・祝日
【キーワード】 ラーメン 二郎 慶応大学
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(11)


■ ラ・バッロッタ 貸切ディナー
2008/11/23 11:29 |
La_Ballota_0811-0.jpg

まさいが一番好きなイタリアンのひとつ
いつも、サプライズをくれるこのお店

■ラ・バッロッタ 大阪・日本橋

ここはカウンター・テーブルあわせて13席
小さなお店なのでなかなかお食事会ができなかったけど
今回、思い切って貸切でディナーをしてもらうことにしたよ

13席に着席してだと、なかなかみんなとお話できないので
テーブル席だけのこして、あとは立食パーティにする

La_Ballota_0811-1.jpg

お料理は完全におまかせにしたので
なにがでてくるのかとても楽しみ♪

スパークリングワインで乾杯のあと
しばらく歓談していたら、まずアミューズが登場!

・アジのタルタロとブルスケッタ

タルタロとはタルタルのイタリア語
牛肉じゃなくてアジを使ってるのが新鮮
これだけでもワインすすむね。

La_Ballota_0811-2.jpg

アンティパストひとつめはこれ

・田辺大根のブラザート レモン風味のリコッタチーズを添えて

さっきのアジもそうだったけど、これも日本の食材を
見事にイタリアンに変身させている。
ひとりふたつずつだけど、あっというまに食べ終わる

La_Ballota_0811-3.jpg

続いてのアンティパストはお鍋のままでてきたよ!

・フィナンシェーラ

取り合いになったら困るので、サービスのお嬢さんに取り分けてもらった(笑)

これもごぼうやレンコンといった和の食材に
レバーを加えて、イタリアンの味付け
イタリア風筑前にのような感じ

La_Ballota_0811-4.jpg

ひとり分はこれくらい
けっこうな量があって、おかわりもできたので
取り合いにはならなかったかな(笑)

きょうの参加は女性5名、男性7名
初めて会う人も多いので、酔っぱらう前に自己紹介
オフ会ではいつもの光景だけど
やっぱり名前(mixi名)を聞くだけでうちとけてくるよね

La_Ballota_0811-5.jpg

ラ・バッロッタは完全おまかせのランチで有名だったけど
今年の夏ころから人手が足りないと言うことで
ランチはお休み中
なにがでてくるかわからないランチ、楽しみだったんだけどなぁ♪

La_Ballota_0811-6.jpg

イタリアンで楽しみなのはもちろんパスタ
ほんとのパスタの美味しさがわかるのは
世界中でイタリア人と日本人だけだと思う
麺へのこだわりがDNAとして埋め込まれてるんじゃないだろうか?

ラバロッタのパスタはいつも楽しみ
きょうはなにが出てくるのか?

La_Ballota_0811-7.jpg

プリモピアットひとつめはこれ

・イカスミを練り込んだタリオリーニ 
  オマール海老長居春菊入り門真蓮根のペースト

いきなりスゴイのがでてきたよ!
黒と緑とピンクのすてきな色合い、それにすばらしい香り
イカスミを練り混んだ自家製タリオリーニだけでもスゴイのに
これにオマール海老がはいっていて、そして門真蓮根のペースト

ほんとに美味しい!
この大皿パスタ、ひとりで食べてしまいたいくらいだよ

La_Ballota_0811-8.jpg

プリモピアット二つ目は
運ばれてきたときに、おもわず声を上げてしまったこれ

・スパゲットーニ ビーツのクレマとパルミジャーノのソース

はじめてラ・バッロッタでランチしたとき、隣の席の方がこれを食べていて
それ以来、ずっと食べたいと思っていた一品
スパゲットーニはスパゲッティのすこし太いヤツ

La_Ballota_0811-9.jpg

さっきのイカ墨のタリオリーニといい、
ビーツのスパゲットーニといい
こちらからなにもリクエストしていないのに
食べたかったものが次々とでてくるね

La_Ballota_0811-10.jpg

お料理がでてくるたびに、こんな風に撮影会がはじます。
でも、冷めたら美味しくないので、みんな大急ぎ
つぎにでてきたのはなんだろう?

La_Ballota_0811-11.jpg

はい、きょうのセコンドピアットです。
メイン料理!

・千葉産カルガモのアッロースト 
  マウンテンペッパーベリーとマルサラルビーのソース

すごいです
カルガモの丸ごとローストが2羽

La_Ballota_0811-12.jpg

まさいにはもも肉の部分を取り分けてもらった
最初はお上品にナイフとフォークつかって食べてたけど
最後は手で骨の両側をもってシャブリつく
ほんとに満足な一品

このカルガモ
きょうのお昼にシェフが羽根を毟(むし)ってたそうです。

La_Ballota_0811-13.jpg

きょうはいろんなワインも楽しんだ
スパークリングから始まって、
白が2種類、赤が2種類
ワインを飲む人は10人だったので
ちょうどひとり1本相当
すごく美味しいお料理、そして
みなさんとの楽しい会話があったので
とてもよい気持ちに酔うことができた。

La_Ballota_0811-14.jpg

さて、つぎはドルチェかと思って待っていたら
またパスタがでてきた

・La Ballota流 スパゲッティカルボナーラ

先ほどのパスタがあまりにも美味しかったので
参加の方が、特別に別注文した一品
これもそんじょそこらのカルボナーラとは
ひと味もふた味もちがうよ。

La_Ballota_0811-15.jpg

最後はドルチェ
シェフからもらったメニュー表にはこう書いてある

・Doki 盛り合わせ

ドルチェとDoki、どうちがうのかわからないけどとても美味しそう
4種類あって、ひとり2個ずつだったので
ふたりでわけわけしました♪

それにしても、大満足なお料理群
そして、みなさんとの楽しいコミュニケーション
あっというまに4時間がすぎて、お開きの時間です。
でも、解散した後も、星山シェフとしばらくお話してました

美味しい、楽しい時間をどうもありがとう♪


──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店名】 ラ・バッロッタ la Ballotta
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市浪速区日本橋東1-1-9
【電話】 06-6647-3371
【営業時間】 Lunch  11:30~14:30(当分やすみ)
       Dinner 18:00~22:00
【定休日】 不定休(HPか電話で確認してください)
──────────


大きな地図で見る

ラ・バッロッタ (イタリアン / 難波、四天王寺前夕陽ヶ丘、日本橋)
★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ BAR PEAT バー 大阪・堂山町 【2008年10月 夜】
2008/11/20 00:01 |
BarPeat_0810-43.jpg

大人の隠れ家
ほんとにそんな感じのお店

■BAR PEAT 大阪・堂山町

ここはお店の名前がどこにも書いていない…
いや
よくみると、扉の横にこっそりと名刺が一枚
すこし身体を屈めてはいらないといけないというのも
なんとなく、秘密の雰囲気

BarPeat_0810-44.jpg

店内の照明は暗めで
とても落ち着いた大人のスペース
カウンターに座って、
最初にでてくるつきだしがサンドイッチ
軽く空腹を感じているときに嬉しいね!

BarPeat_0810-45.jpg

サンドイッチですこしお腹を落ち着かせたところで
生ハムをいただいた
いいよね、ワインとか洋酒には生ハム

BarPeat_0810-55.jpg

生ハムを食べていたら
爽やかなカクテルを飲みたくなって
これを頼んだ

・レッドカーペット

最近、お気に入りのシーバスリーガルベースの
爽やかなカクテル
レシピはこんなの

 シーバスに塩少々、トマトジュース、レモンジュースをステア。
 セロリとレモンを添えて完成。

トマトジュースに加えたレモンジュースが爽やかで
そして、飾ったセロリが美味しい♪
2杯くらい、飲みたいカクテル

BarPeat_0810-48_x.jpg

店内はほんとに大人の隠れ家
とても落ち着く雰囲気
盛り上がる男達のとなりで
ひとり女子が物静かに
本を読んでても不自然じゃない
そんな大人の世界

BarPeat_0810-46.jpg

オイルサーディンなんて
日本で言えば、サバ缶のような安物
でも、ここでちょっと手を加えていただくと
別物のように美味しくなってしまう。

BarPeat_0810-50.jpg

飲み物のおかわりをお願いしたら
マスターなにやらごそごそ始めた

カップのなかになにかを入れて
マッチで火をつける

BarPeat_0810-51_x.jpg

右手にもったカップから
左手にもったカップに
炎の橋渡し

うわ~、って声を出しそうになるくらい
美しい炎のブリッジ

BarPeat_0810-52_x.jpg

そして、これを炎ごとグラスに
栗のペーストを溶かして、お湯で割る
最後に、生クリームをフロート。
ナツメグを散らして完成

BarPeat_0810-53.jpg

はい、できあがり

・エンジェルス・シェア

栗のペーストの甘さと
シーバスの香り
素晴らしいパフォーマンス付きのカクテル

BarPeat_0810-49.jpg

マスターの素晴らしいパフォーマンスに
見入ってたら、お腹がすいてきた(笑)

大人の隠れ家も
長時間いると、お腹がすくこともある

・カツサンド

これで、お腹を満たして
もういっぱいおかわり

BarPeat_0810-54.jpg

最後に
薬草がたっぷり入ったカクテルをオーダー
これをいただけば、
食べ過ぎ、飲み過ぎ、どんと来い!

きょうは大人の隠れ家で
とっても素敵なひとときを過ごすことができたよ♪



──────────
【訪問日】 2008年10月 
【店 名】 BAR PEAT
【ジャンル】 バー
【住 所】  大阪市北区堂山町10-7
【最寄駅】 地下鉄 東梅田 徒歩10分
【電 話】 06-6361-0484
【営業時間】 19:00-03:00 
【定休日】 日曜日不定
【キーワード】バー ピート
──────────



大きな地図で見る

BAR PEAT (バー / 中崎町、東梅田、梅田)
★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
居酒屋とか トラックバック(0) | コメント(0)


○ けっこう綺麗な通勤路
2008/11/19 22:37 |
OBP_0811-5.jpg


いよいよ冬がやってきますね


まさいは冬も好きです♪


OBP_0811-6.jpg
関連記事
___________________________
ぷちエッセイ トラックバック(0) | コメント(0)


■ サグラ・マーブルトレ イタリアン 大阪・堺筋本町 【2008年11月 昼】
2008/11/18 21:55 |
Sagra_0811-0.jpg

開店前のレストランの店頭は殺風景
お店がはじまると、ランチのメニューをかいた黒板や
夜のお薦めをかいたものが並んでる。
でも、いまは土曜日の11時20分
開店まであと10分

いつもなら、土曜ランチは予約してくるけど
このお店は土曜日のみ予約をとってくれない、ケチな店(笑)

■サグラ・マーブルトレ 大阪・堺筋本町

きょうは7人でランチするのに予約とれないから
11時20分集合で並んだよ
遅刻すると席ないよ! と言っておけば
みんな頑張って時間通りに集合するね(笑)

Sagra_0811-1.jpg

ここのランチ3種類あるけど、
その2番目のメニューがおもしろい!

・B Pranzo 2000円

内容は
・前菜
・パスタⅠ
・パスタⅡ
・メイン
・デザート
・飲み物

2000円ランチでパスタを2種類食べられるなんて
なんと幸せなメニュー構成!

最初の前菜はこれ

・北海道産ホタテのマリネとレンコンのソットオーリオとサラダ

けっこうなボリュームで最初から満足感ぷんぷん♪
ホタテもいっぱい入っていてうれいいね~

Sagra_0811-3.jpg

さて、楽しみにしているパスタ1
きょうのメニューはこれ

・朝引き鶏とキャベツ・プチトマトのスパゲッティ

さっぱりした味付けでまだまだ食べられそう!
実は最初にパスタ大盛りできるか聞いたところ
大盛りはできるけど、ふたつパスタがあるので
お腹がいっぱいになるのでお薦めしない。とおっしゃってた。

Sagra_0811-4.jpg

さて、二つ目のパスタは

・海老とほうれん草のアンチョビクリームソース ファルファレ

ファルファレはリボン型のショートパスタ
これ、ソースのお味が絶品だったよ~
なにかベースに使ってるのかと聞いてみたところ
ホタテのスープを使っているらしい
これこそおかわりしたかったくらい。

パスタふたつ食べて、まだまだ食べれるぞー って感じ。

Sagra_0811-6.jpg


きょうのメイン料理は豚さん

・宮崎産はまゆうポークとモツァレラチーズのソテー ピッツァレ
ラソース

見るからに美味しそうな盛りつけだよ
大きさはあまり大きくないけれど
かなり分厚さがあるはまゆうポーク

Sagra_0811-7.jpg

お肉を向こう側からみるとこんな感じ
モツァレラチーズが美味しそうにとろけてる
柔らかいはまゆうポークにモツァレラチーズ
そして、ピッツァレラソースがほんとにマッチしてる
とっても幸せなひととき

Sagra_0811-8.jpg

デザートは2種類からチョイスできるよ

・鹿児島産サツマイモ『あんのもみじ』のタルト
・マスカルポーネ・クリームたっぷりのティラミス

まさいが選んだのはティラミス
ほんとにふんわりしていて、あっというまに食べちゃいました。

Sagra_0811-9.jpg

パスタ2種類のこのランチ
ホタテがいっぱいの前菜とほんとに美味しいはまゆうポーク
そして、デザートとお飲物
かなりお得なランチだと思う

この日は7人でのお食事会
お料理がすごく美味しかったし、
お店の雰囲気もとてもよかったので
いままでにないくらい楽しい会話がもりあがって
食事の後、スタバでまた2時間くらい
いっぱいお話ししてました。

楽しい楽しい土曜日の午後のひとときでした♪


【過去のマーブルトレ系】
2008年9月 リット・マーブルトレ ディナー
2007年6月 マーブルトレ ランチ
2007年4月 ジョヴァノット ディナー
2007年3月 サグラ・マーブルトレ ディナー
2006年6月 サグラ・マーブルトレ ランチ

──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 サグラ・マーブル・トレ
【ジャンル】イタリアン
【住 所】 大阪市中央区南本町2-4-16
【最寄駅】 地下鉄 本町駅 堺筋本町駅
【電 話】 06-4964-0555
【営業時間】11:30~14:30L.O、18:00~22:00L.O
【定休日】 日・祝
──────────


大きな地図で見る
 

Sagra Marble * tre (イタリアン / 堺筋本町、本町、北浜)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 越後屋権兵衛 干物食堂 東京・浜松町 【2008年11月 昼】
2008/11/15 22:08 |
Echigoya_Gonbee_0811-19_mosaic.jpg

東京の浜松町
ここは新橋に匹敵するサラリーマンの街

浜松町の歴史は古く
元禄9年(1696年)に遠州浜松出身の権兵衛が名主となって
町名がそれまでの久右衛門町から芝浜松町に変更された
それ以来400年続く、浜松町

そんな由緒ある浜松町で昼飯処を探しながら
あるいていたら、すごい行列を見つけた。

時刻は11時58分

なのに、この行列!

覗いてみると、店の名前は

■炭火焼干物食堂 越後屋権兵衛

Echigoya_Gonbee_0811-20.jpg

この時間にこれだけ行列してるからには
なにかスゴイものがあるに違いないと
訳も分からず並んでみた。

ふと、見上げると、店頭にメニュー札
なになに…

・あじの文化干し定食
・あこう鯛の干物定食
・とろほっけ定食
・ハラミ炙り焼き定食
・特撰 つぼ鯛西京漬け定食

おおぉ~

なかなか普通の定食屋さんでは見かけない
定食メニューのかずかず

おいしそう~!

Echigoya_Gonbee_0811-21_mosaic.jpg

行列はすこしずつすすんで
並び初めてからおよそ15分
まさいがお店の入り口にたったとき
たまたま大勢のお客さんがでたので
店内はこんな感じ。
もちろん、すぐ再び満席になる。

Echigoya_Gonbee_0811-26.jpg

お店のそとから見える場所に
大きな炭火焼きスペースがあって
ここで、干物類を炭火でじっくりと焼いている
手前に積み重ねてあるのが、干物類

まさいが見たときはたまたま、ほとんど出払って
網にはお魚がほとんど乗っていなかった

Echigoya_Gonbee_0811-22.jpg

お店にはいったところにあるレジで
注文をして、お代は先払い。
いっぱい食べたいのがあって、めちゃめちゃ迷ったけど
ぼくはコレにしたよ

・石川県直送干物
 あこう いしる定食 880円

注文して、お金を払うと
裏に数字を書いた将棋の駒をもらう。
ぼくは『25』番
干物を焼くのにすこし時間がかかるので
この将棋の駒の番号で管理している。

Echigoya_Gonbee_0811-23.jpg

注文をしてから約10分
やってきましたー♪

・あこう いしる定食

炭火で焼いたのでとても香ばしい香りをぷんぷんさせている

Echigoya_Gonbee_0811-24.jpg

見てください、この分厚さ
これが、あこう鯛ですよ~

『いしる』と言うのは、能登半島北部で古くから作られている
イワシやイカの内臓や頭、骨を塩漬けして発酵させた魚醤油

いしる干しは、このいしるで味付けした魚を一夜干しにしたもの
すごく香りがよい♪

あつあつで食べたいので一心不乱に食べたよ(笑)

Echigoya_Gonbee_0811-25.jpg

まさいは食べるのが遅いし、味わって食べたので
食べはじめてからおよそ25分
こんな姿になりました~

東京のランチタイムは女性のお一人様が意外におおい。
ぼくのとなりも女性お一人様
ご注文は

・とろほっけ

これはほんとに美味しそうだった
まさいが注文するときに、迷った一品
でも、このお一人様女子
ぼくより後から来て、先に食べ終わって出ていった
すごいね、東京の女性!

Echigoya_Gonbee_0811-28.jpg

そして、その隣に座ってたお兄ちゃんは

・あじの文化干し

文化干しってなんや?

これはもともと干し方の呼び名ではない
──────────
1950年頃、天日干しにしてできあがった干物
それまでは新聞紙とかに包んで売ってたのを
セロファンでくるんで売ったところ
すごく美しく、かつ反響があったので『文化干し』と
呼ばれるようになった。
──────────

このお店、昼は干物定食ばかりだけれど
夜は干物を中心にした居酒屋
どれもリーズナブルなお値段、
こんど、ぜったい行ってみなくちゃ!

Echigoya_Gonbee_0811-27_mosaic.jpg

↑これはまさいがお店をでたときの様子

時刻は12時46分
さすがに大行列はなくなったが、いまだに小行列つくってる。

このお店でもひとつ食べたいもの

・特選つぼ鯛の西京漬け干物 980円

ぼくの前の前に並んでいたおじさんが注文してたやつ
注文したとき、お店の人が

『すこしお時間いただきますが、だいじょうぶですか?』

きっと、分厚いのをじっくり焼くんだろう♪
なんか、食べたいものがいっぱいある。

新橋にもここの1号店『越後屋』があるので
そちらにもいってみよう!

また、東京にいく楽しみが増えたよ(^_^)


──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 越後屋権兵衛
【ジャンル】 炭火焼干物食堂
【住 所】  東京都港区浜松町2-3-23 福田ビル1階
【最寄駅】 JR浜松町駅 徒歩5分
【電 話】 03-3437-0975
【営業時間】 11:00~15:00 17:00-23:30 
【定休日】 日・祝
【キーワード】 炭火焼き 干物
──────────


大きな地図で見る

炭火焼干物食堂 越後屋権兵衛 (居酒屋 / モノレール浜松町、浜松町、大門)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(1)


■ Restaurant Yokoo 洋食 大阪・福島 【2008年11月 昼】
2008/11/11 00:27 |
Yokoo_0811-0.jpg

お父さんの代からつづく、洋食の老舗

■Restaurant Yokoo 大阪・福島

いまのシェフ、横尾 淳さんはフレンチの修行もし
洋食とフレンチの両刀遣い

2年前に夜に訪問したときは、
フレンチ系の前菜、メインと
オムレツとかの洋食をいただいて、とても満足だったよ

Yokoo_0811-1.jpg

さて、きょうは7人でランチのオフ会
ランチは洋食系が中心
↑のメニューは夜のメニューだけど
このなかで、『分厚く切ったビフカツ』のみランチでも可。
まさいはすでに心の中で、これに決定!

Yokoo_0811-2.jpg

でも、ビフカツだけではきっと物足りないので
これも3人でシェアすることにしたよ

・ハヤシライス 1200円

牛スジ、鶏がら、香味野菜をじっくり煮込んだソースに
牛肉と玉ねぎを加えたモノ

最近はやりの、赤ワインの香りが残ってる
ちょっとハードなタイプのハヤシライスではない
昔ながらの、洋食のハヤシ

これがまた、とっても美味しい
懐かしい味だよ

Yokoo_0811-3.jpg

これは4人がチョイスした

・スペシャルランチ 1200円

オムレツ・海老フライ・牛フィレステーキの豪華版
あー、オムレツを一口もらえば良かったよ…

Yokoo_0811-4.jpg

ライスは小さめのお皿にすこし盛り
でもおかわり自由
暖かいご飯を食べてもらえるように
少な目に何回もどおぞ って、とても気配りがきいてるよね。
大盛りライスだと、最後には冷めちゃうもんね

Yokoo_0811-5.jpg

はい、いよいよでてきました、これ

・分厚く切ったビフカツ(牛フィレ肉) 1680円

ランチメニューにはもうひとつビフカツがある

・ビフカツ 1480円

これはすこし薄いらしい。
でも、『上』ビフカツを選んでよかったよ!
みて、この分厚さ

Yokoo_0811-6.jpg

アップでみてください
この分厚さといい、
中がまだ赤い、レア加減といい
ほんとに最高ですよ

いままで、あちこちの洋食屋さんでビフカツ食べたけど
これ、最高じゃないかなぁ
焼き具合、柔らかさ

Yokoo_0811-7.jpg

他にランチメニューには

・豚肩ロース煮込み 900円
  これは30年来の人気メニュー
・牛フィレ肉ステーキ 1680円
  140グラムもある
・スペシャルカレー 1050円

とかがあるよ。
近くにあれば、何度も通いたくなるよ
さすが、洋食の老舗だけあって
ほんとに基本を押さえた、すばらしいお料理をいただいてきました。


──────────
【訪問日】 2006年2月 
【店 名】 Restaurant Yokoo
【ジャンル】フレンチ・洋食
【住 所】 大阪市福島区福島6-14-4
【最寄駅】 JR福島駅 徒歩8分
【電 話】 06-6453-0409
【営業時間】11:30~14:00、17:30~23:00
【定休日】 日曜
【キーワード】 レストラン ヨコオ
──────────


大きな地図で見る

Restaurant YOKOO (洋食 / 福島、大阪、西梅田)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ トラットリア ダ・ジャコモ イタリアン 大阪・福島 【2008年11月 昼】
2008/11/09 01:11 |
DaGiacomo_0810-13.jpg

福島あたりには新しいイタリアンが良く開店するので
ここもつい最近できたお店だと思ってた

■トラットリア ダ・ジャコモ 大阪・福島

扇町にある、生パスタで有名なお店
オステリア・ディ・レンドラ』の2号店
なんとなく新店だと思いこんでたけど
調べてみたらもう5~6年前に開店したらしい

DaGiacomo_0810-14.jpg

ディ・レンドラとおなじパン
『パニーニ』と言うもので、トーストしたフランスパンに
生ハムとレタスが挟んである。

ランチメニューは3種類

 Aランチ 850円
 Bランチ 1300円

そして、きょうお願いしたのが

 Cランチ 2000円
  前菜、自家製手打ちパスタ、メイン、デザート

DaGiacomo_0810-15.jpg

まず、前菜は季節感たっぷりのコレ

・北海道 炙り秋刀魚のカルパッチョ

軽く炙った新鮮な秋刀魚がとっても美味しいね♪
秋刀魚は塩焼きでも、干物でも、カルパッチョでも美味しいね!

DaGiacomo_0810-16.jpg

さて、楽しみな自家製手打ちパスタ

・ツナのソースの『オレキエッテ』

どんなパスタなんですか?聞いたら
『丸いパスタです』という説明だったので
てっきり、平麺ではなくてスパゲッティのように丸い切り口の
パスタだとおもってたら、おはじきみたいなやつがでてきたよ。

DaGiacomo_0810-17.jpg

ここのパスタは大盛り無料!
無料と言われると反射的に頼んでしまう(^_^;)

さすが、手打ちだけあって、もちもちしてとても美味しい。
このオレキエッテ、イタリアのプーリア地方の伝統的なパスタらしい
プーリア地方とは、イタリアのカカトのあたり。
そして、このオレキエッテは『耳』と意味のオレッキからきてる。

DaGiacomo_0810-18.jpg

そしてメインはこちら

・茶美豚 肩ロースのロースト トスカーナ風

とっても柔らかく美味しくローストされてる
それにかなりボリュームあるよ

DaGiacomo_0810-19.jpg

そして、最後はデザートの盛り合わせ
パスタも大盛りだったし、ポークもボリュームあったので
もうかなりお腹いっぱい、苦しいくらい。

このお店は2時頃になってもつぎつぎとお客さんが入ってくる
福島の駅から近いというのもあるけれど
やっぱりクォリティーの高いランチを食べられるので
人気あるんだろうね

この日は、満足、満腹なランチのあとも
とっても素敵なひとときを過ごせたので
ほんとに充実した休日の午後だったよ♪


──────────
【訪問日】 2008年11月 
【店 名】 トラットリア ダ ジャコモ
【ジャンル】 イタリアン
【住 所】 大阪市福島区福島5-6-11 シュエット吉本2階
【最寄駅】 JR環状線 福島駅 徒歩3分
【電 話】 06-6451-3333
【営業時間】 11:30-14:30 17:00-22:00
【定休日】 定休日:月、第3日曜
【キーワード】 イタリアン Trattoria da Giacomo
──────────


大きな地図で見る

トラットリア ダ ジャコモ (イタリアン / 福島、新福島、北新地)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(2)


■ ムートン・ヴァルチッタ バー 大阪・谷四 【2008年10月 夜】
2008/11/05 00:00 |
Mouton_0810-27.jpg

今夜訪問したバーはバーと一言でいっても、
バーとは言えないくらい広い。
カウンターだけじゃなく、たくさんのテーブル席があって
部屋のすみっこで、静かに2人だけのひとときを
過ごすこともできる。

Bar restraunt wine salonという注釈付きのお店

■ムートンヴァルチッタ 大阪・谷町四丁目
 Mouton Valcitta

Mouton_0810-35.jpg

バーだから素敵なカウンタもある
ひとりのときは、本を読みながら、
カクテルを飲むのも楽しい

さて、きょうは時間もあるし
自分のペースでゆったりお酒を楽しもう

Mouton_0810-28.jpg

このあいだ飲んだシーバスリーガル
何年ぶりだろう
いや、何十年ぶりかもしれない
懐かしさもあったけど、とても美味しいウィスキー
きょうもこれを頼んでみた

・シーバスフィズ27 1000円

シーバスリーガルとミントリキュール、
そしてレモンジュースをしっかりシェイク。
グラスに注いで、ソーダで割る。
レモンとマラスキーノチェリーを浮かべたらできあがり。

そういえば、むかし家でカクテルつくってたときに買った
ミントリキュールがまだ残ってるので
こんど自分でつくってみよう

とっても爽やかなカクテルだよ

Mouton_0810-31.jpg

カクテル飲むときはなにも食べない人も多いけど
ぼくは食べるたべる!

まずはこれ

・「長崎」平あじの香草カルパッチョ 1200円

カルパッチョってなんて美味しいんだろう
イタリアンではもともとカルパッチョは牛肉
それを鮮魚の好きな日本人がアレンジして
作り上げたのが、鮮魚のカルパッチョ

いまではイタリアに逆輸入されて
アンティパストの定番になっている

Mouton_0810-30_mosaic.jpg

デートのときは、こちらのテーブル席がいい
でも、せっかく二人きりなのに
テーブルを挟んでの会話は距離が離れすぎてるよね
四角いテーブルなら、角をはさんで90度の位置がいい
愛を囁くには、ちょうどよい距離

Mouton_0810-29.jpg

そんな恋人達を眺めながら
カクテルのおかわり

■シーバスメーレ

シーバス、りんごのリキュール、グレナディンシロップを
強めにシェイク。ロックグラスに注げば完成。

ほどよい甘さとシーバスのキリッとした味わい
ウィスキーベースのカクテルにもいろんな風味があるね。

Mouton_0810-33.jpg

このお店はイタリアン系のお料理も豊富
つぎにお願いしたのはこのパスタ

・太刀魚とオクラのタリオリーニ

オクラって美味しいよね~
それに太刀魚とトマト
軽い風味のパスタだよ

Mouton_0810-34.jpg

いただきまーす♪

シーバスのカクテルを2杯いただいて
とってもいい気分のところに
とても美味しいパスタ

アルコールしかおいてない純粋飲み系バーとはちがって
レストラン・バーには食べる楽しみもあるから嬉しいよね!



──────────
【訪問日】 2008年10月 
【店 名】 ムートン・ヴァルチッタ 大阪・谷四
【ジャンル】 レストラン・バー
【住 所】  大阪市中央区内本町1-2-15 メンズファッションセンター1F
【最寄駅】 地下鉄 谷町四丁目駅 徒歩1分
【電 話】 06-6944-0116
【営業時間】 11:30~05:00(L.O.04:00) 
【定休日】 無休
【キーワード】  
──────────


大きな地図で見る

mouton valcitta (カフェ / 谷町四丁目、天満橋、堺筋本町)
★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
居酒屋とか トラックバック(0) | コメント(0)


■ 味肴房 田 大阪・守口 【2008年10月 昼】
2008/11/03 00:40 |
Den_0810-21.jpg

いつも、こんなところに、こんな素敵なお店がっ! って不思議に思う

■味肴房 田 (あじこうぼう でん) 大阪・守口市

ぼくのとても好きなお店なんだけど
料理人がひとり辞めてから、ずっとランチがお休みだった

残念に思ってたんだけど、たまたま通りかかったら
この表示がでていたので、慌ててお店を覗いてみた

Den_0810-19.jpg

 『お昼もやってはるんですか?』
 『はい、9月ころから再開しました。
  お客さんのご要望が多いんですよ』

それで、さっそくきょうはここでランチする事にした

お昼のメニューはふたつ

・田弁当(10食限定)   1000円
・くずし会席弁当(要予約) 1800円

Den_0810-20.jpg

以前は天ぷら定食というのがあったけど、
それはなくなったようだ
きょうは予約していないので、選択肢はひとつだけ

ここのお弁当は2段重ねででてくる
それを並べるとこんな感じになる
とっても美味しそうで立派な見栄えだね!

Den_0810-22.jpg

下の段にはおかず類

・お刺身
・煮物
・焼き物
・お付けもの

Den_0810-23.jpg

上の段はこれ

・天ぷら
・茶碗蒸し
・ごはん 佃煮つき

せっかくなので、各鉢を詳細に見てみましょう

Den_0810-24.jpg

お刺身はまぐろと鯛とタコ
まあ、内容は普通だけど、とても新鮮
これだけでだいぶごはんを食べられる。

Den_0810-25.jpg

煮物は鶏にだいこん、小芋。もひとつはなんだろ
とても優しい味付け

Den_0810-26.jpg


そして、こちらはぶりの塩焼きに出汁巻きタマゴ
ちょっと添えてあるレモンが嬉しい♪

Den_0810-27.jpg

さて、上の段
天ぷらは、蓮根、かぼちゃ、紫蘇の葉にプチトマト
とてもカラッと揚がっていて、しかもあつあつ♪
抹茶塩でいただきます

Den_0810-28.jpg

さて、こちらは茶碗蒸し
写真ではわからないけど、
なかからは具がごろごろ

Den_0810-29.jpg

ごはんには美味しい佃煮が乗っている
おかずがたくさんあるので、佃煮なくてもオッケーなんだけど
ちょっと乗ってるとうれしいね。

Den_0810-30.jpg

とっても美味しい、田弁当いただいて
まんぷくまんぷくと思ってたら
デザートがでてきた!
期待してなかっただけにちょっと嬉しい

これだけいろんな、そしてとても美味しい
お料理をいただいて、たったの1000円ぽっきり!
安すぎるんちゃう? って思うよ

Den_0810-18.jpg

場所は京阪守口市駅から徒歩3分のところ
来るたびにとても満足感を得られるこのお店
久しぶりに夜のくずし会席を食べたくなってきたよ!

2004年8月 会席弁当
2005年12月 ミニ会席ランチ


──────────
【訪問日】 2008年10月 
【店 名】 味肴房 田(あじこうぼう でん)
【ジャンル】和食
【住 所】 守口市本町2-3-7 桜町団地1階
【最寄駅】 京阪 守口市駅
【電 話】 06 6996 6321
【営業時間】昼と夜
【定休日】 月曜
──────────




大きな地図で見る
関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(2)


■ ひろ作
2008/11/02 01:52 |
hirosaku_0810-34.jpg

新橋界隈には路地が無数にあって、
その路地をすこし入ったところには必ずといっていいほど
小料理屋さんがひっそりとある
ここもそんなありふれた小料理屋さんの風情

■ひろ作 東京・新橋

店内はカウンターが5席にテーブルひとつ
とてもこぢんまりした佇まい
夜は高いと聞いたので昼飯にやってきた

・きょうのおまかせ(5品) 1800円

どんなお料理がでてくるか楽しみ~♪

hirosaku_0810-35.jpg

まず一品目はこれ

・牡蠣の煮付け

大将が小さなフライパンで
牡蛎とソースを火にかけて煮詰めてる
その煮詰まり具合が絶品
季節がはじまった旬の牡蛎と相まって
素晴らしい先付け

hirosaku_0810-36.jpg

二品目は

・かわはぎの刺身 肝和え

カウンターで隣り合った3人組のひとたち
どうやらこのお店のなじみのようで
大将といろいろお話ししている

この魚、なんだかわからなかったけど
その会話を聞いていて『かわはぎの肝和え』とわかった
これもまた繊細な味付けがされていてとても美味
昼間からお酒が飲みたくなる

hirosaku_0810-37.jpg

つづいてでてきたのはこの小さな器
さっき女将さんが蒸し器にいれてたやつ
茶碗蒸しかな♪

hirosaku_0810-38.jpg

蓋を開けてみるとコレ
一口いただくと、どうやらこれは
おこわを使った鯛飯のようだ
量が少ないのであっというまに食べ終わるけど
そこらで売ってるおこわとはひと味もふた味もちがう

hirosaku_0810-39.jpg

このお店、厨房はこれだけ
こんなに狭い厨房から、これだけ素晴らしい
お料理ができてくるなんて驚きだね

hirosaku_0810-40.jpg

つづいてのお料理は天ぷら
さきほどから手前の天ぷら鍋であげていたもの
小さいけれど5種類のっている

キスやアボガド、いずれもサクッと揚がっていて
完璧といえる天ぷら。

hirosaku_0810-41.jpg

甘鯛だけは唐揚げにしてある
食べてみると、ものすごくふわふわして美味しい。
唐揚げにする理由は鱗も食べられるからだそうだ

hirosaku_0810-42.jpg

おまかせの最後は、このお店ご自慢の手打ち蕎麦
最初から追加のつゆがついてくるのも嬉しいね

hirosaku_0810-43.jpg

噂通り、透明感のある、美しい蕎麦
歯ごたえ、のどごし共に素晴らしい
蕎麦の専門店だと、これだけでもけっこういいお値段するよ

hirosaku_0810-44.jpg

よいタイミングで供されるそば湯
これがまたポタージュスープのようにとろとろ
ぼくはそば湯はつゆにいれずにそのまま飲むので
これを湯飲みに移していただきました。
とろっとした感じが最高です♪

hirosaku_0810-45.jpg

最後はデザート
秋なので梨が出てきたんだと思って一口いただいたら
ラ・フランスでした!
最後までひと味違うね

新橋の路地に面したどこにでもあるようなこの小料理屋さん
実はありふれた店ではない

・2008年ミシュラン 一つ星

のお店
外から店構えを見ただけではわからない
お店にはいっても、まだわからない
お料理をいただいて初めて、なるほどと思うこの味

hirosaku_0810-46.jpg

お料理だけでなく、このお店をやってるご夫婦の
人柄がまた素晴らしい

素晴らしいお料理をだすお店では
大将がけっこう気むずかしかったり、
変に厳しかったりするときがあるけど
ここの大将、とても穏和で優しくて笑顔が素敵

お料理はすべて大将が作ってるけど、
お手伝いをしている女将さんへの指示も優しい
『ワサビはおろしてくれたかな~?』って感じで聞く

カウンタでお二人の会話を聞いているだけで
こころが温まってくる感じ

ミシュランがこういうところも評価してくれたのだとしたら
とても嬉しいなと思う

夜のお料理はおまかせ懐石のみで
お一人3万円くらいから
簡単には行けるお店ではない。

その夜のお料理の素晴らしさを想像させてくれる
お昼の1800円コース。 
ボリューム少ないけれど、とても美味しいお料理5品と
こころ温まる時間と空間を満喫できるよ。


──────────
【訪問日】 2008年10月 
【店 名】 ひろ作
【ジャンル】 懐石
【住 所】 東京都港区新橋3-6-13 
【最寄駅】 新橋駅 徒歩10分
【電 話】 03-3591-0901
【営業時間】 昼と夜
【定休日】 不明
【キーワード】 蕎麦 そば 懐石 割烹 ミシュラン 星 ★
──────────


大きな地図で見る

ひろ作 (割烹・小料理 / 新橋、内幸町、汐留)
★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(1) | コメント(4)




| TOP |
ブログパーツ