English | Top | RSS | Admin

2007.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2007.10


■ ア・ラ・カルト 洋食 大阪・神山町 【2007年9月 夜】
2007/09/30 02:35 |
DSCF8013-1.jpg

いちど行くとクセになっちゃうこのお店

■ア・ラ・カルト 大阪・神山町

でも、ココ、人気がですぎて
クセになりたくても『まだ一度も行けてな~い』
っていう人もいっぱいいるね(^_^;)

そういう人たちのために

■ア・ラ・カルト 初心者向けオフ

ってのを開催しました♪

DSCF8018-1.jpg

ア・ラ・カルトのディナーを初体験の方が
8名に経験者2名の合計10名
まず、最初のオードブルはコレ

・豚しゃぶ 金蘭ソース

金蘭ソースっていうのは台湾の醤油をベースにつくらたソース
これをつかうと、普通は和風の豚しゃぶがまた絶品になるよ

DSCF8022-1.jpg

このア・ラ・カルト。
洋食屋さんといってもまるでフレンチのような品々がでてくる
おつぎの一品は

・リードヴォー 照り焼き

リードヴォーというのは仔牛の胸腺のあたりのお肉
絶品です。 こんなのが前菜にでてくるなんて…

DSCF8024-1.jpg

きょうのスープはこちら

・クラムチャウダー

アメリカいくとあちこちでクラムチャウダーでてくる
美味しいのも、たいしたことないのもあるけど
ここのクラムチャウダーは最高!
カップじゃなくて、ボウルで食べたいくらい!

DSCF8026-1.jpg

おつぎはサラダ
サラダといっても野菜がのってるだけではない

・スモークサンマーサラダ

あはは、スモークサーモンじゃないところが可笑しいね
でも、この季節、サーモンよりサンマー!
右にある枯れ葉のようなものは食べられるほおずき

DSCF8032-1.jpg

ワインも白2本空けて、いい気持ちになってきたころ
メイン系のお料理はまずこちら

・スズキ、ホタテ、香草パン粉 白ワインソース

もう、これめっちゃフレンチやんって雰囲気の一品

DSCF8034-1.jpg

じゃあ、さっそくぼくの大好きなホタテからいただきま~す♪
ソースがまた最高に美味しいね!
ア・ラ・カルト初体験の人たちも、みなさん感動の様子

DSCF8036-1.jpg

お話にも盛り上がっていたとき
キッチンから、ペタペタという音が聞こえてきた
シェフがなんか丸めてます。
あ~、あれはきっと…♪

DSCF8039-1.jpg

↑コレでした

・ハンバーグステーキ

ランチででてくる煮込みハンバーグとは全く別物
ものすごく柔らかくて、ふんわりした感じのハンバーグだよ!
それに、鉄板の上でソースがジュージューいって、香りも最高。

DSCF8043-1.jpg

ワイン、さらに赤を1本あけて
みなさん、良い気分!
いよいよフィナーレはもちろんこれ

・オムライス

他の洋食店ででてくるオムライスとは一線を画するもの
なにが違うかというと、なかに入ってるライス

DSCF8045-1.jpg

写真では分かりにくいけど
中に入ってるオムライスは普通のチキンライスではなく
リゾットのようなトロトロのごはん
これがほんとに美味しい♪
このオムライスは3人前だったんだけど
一人でひとつ食べたいくらい!

DSCF8048-1.jpg

デザートもここの人気もの

・ブリュレ

これがないと一日終わらな~い!

7時に開始したディナー、気がついたら10時半
いつも時間を忘れちゃうんだよね!
きょうもたっぷりのご馳走ありがとうございました
初体験のみなさんも楽しんでくれたかな…

【過去のア・ラ・カルト】
・ランチ 2007年6月 チキンソテー+海老フライ追加 
・ランチ 2007年2月 C:シーフードランチ 
・ランチ 2006年7月 豚しゃぶ 黒酢のソース 
・ランチ 2006年6月 ビーフヘレカツ 

・ディナー 2007年7月
・ディナー 2006年12月
・ディナー 2006年9月

──────────
【訪問日】 2007年7月 
【店 名】 洋食の店 ア・ラ・カルト
【ジャンル】洋食
【住 所】 大阪市北区神山町3-2
【最寄駅】 地下鉄 東梅田駅・扇町駅 JR天満
【電 話】 06-6362-8171
【営業時間】11:30~14:30(夜は予約のみ)
【定休日】 日・祝
【キーワード】 アラカルト a la carute / a la carte ア・ラ・カルト
──────────
34/41/58.893,135/30/31.409
関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 黒胡麻担坦麺 四川辣麺 大阪・南森町 【2007年7月 夜】 
2007/09/28 06:31 |
DSCF6938-1.jpg

天満駅から南の方向にあるいていくと
いつも気になるお店がある

■四川辣麺

なんか、四川料理の辛い麺のお店のよう
お店の造りがなんとなくチェーン店ぽいところがあって
最初は知らん顔して通り過ぎてたんだけど
2度3度と前をとおると、だんだん気になってきた

ある日、がまんできずにお店の前のメニューを見てみると

 ・担担麺元味
 ・担担麺新味
 ・担担麺黒胡麻

と書いてある
『坦々麺』と間違った標記ではなく『担担麺』正しく書かれてたのと
黒胡麻担担麺があったので、興味を引かれてついお店に入ってしまった

DSCF6944-1.jpg

注文する段になって、かなり迷った

 ・担担麺元味(辛口) にするか
 ・担担麺黒胡麻 いわゆる 黒胡麻担担麺

将棋の名人戦並の長考をしたあげく、これを頼んだ

 ・担担麺黒胡麻 780円

DSCF6939-1.jpg

でてきたのはコレ
うわぁ~、美味しそう!
胡麻の香りがすごくよくて
そして、ほそく切った葱がいいね~
DSCF6940-1.jpg

スープは一見、濃厚そうだけど
意外にさっぱりだよ!
さっそく、ひとくち、いただきま~す

DSCF6942-1.jpg

担担麺とはいっても、ぜんぜん辛くないけど、コクがある
黒胡麻いっぱい入ってるからかなぁ…
とっても美味しいです♪

つぎにこのお店きたときには
担担麺元味の辛いのたのもーっと

──────────
【訪問日】 2007年7月 
【店 名】 四川辣麺
【ジャンル】担担麺 ほか
【住 所】 大阪市北区天神橋3-11-7 サンアール扇町ビル 1F
【最寄駅】 JR天満駅、地下鉄扇町駅 徒歩5分
【電 話】 06-6354-2422
【営業時間】11:30~15:00、17:30~24:00
【定休日】 無休
【キーワード】 担担麺 担々麺 坦々麺 タンタン麺
──────────
34/41/58.149,135/30/53.793
関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 瓢亭 カレーそば 大阪・お初天神 【2007年9月 夕】
2007/09/26 00:07 |
DSCF7759-1.jpg

お初天神の裏手の路地に面したところにある
老舗のお蕎麦屋さん

■瓢亭(ひょうてい)

ここの『夕霧そば』は有名だし、かなり美味しい

DSCF7764-1_mosaic.jpg

店内も昔の浪花を感じさせる、風流な雰囲気
あるとき、カレーうどんを検索してたら
たまたま引っかかったこれ

・カレーそば 900円

なんだか美味しそうだったので、頼んでみた

DSCF7766-1.jpg

でてきたのはこちら
カレーライスの良い香り

スプーンでひとくちカレーを食べてみる
うんうん、昔ながらのカレーライスのお味だね

DSCF7768-1.jpg

とっても楽しみに、そばをひとくち食べてみた。

・・・・

・・・・

う~ん

失敗だ・・・


──────────
【訪問日】 2007年9月 
【店 名】 瓢亭
【ジャンル】そば
【住 所】 大阪市北区曽根崎2-2-7
【最寄駅】 地下鉄 東梅田駅 徒歩5分
【電 話】 06-6311-5041
【営業時間】11:00~22:30
【定休日】 日・祝
【キーワード】 そば 蕎麦 ソバ 夕霧
──────────
34/41/44.67,135/30/15.248
関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 豚組 イベリコ豚のとんかつ
2007/09/24 14:32 |
DSCF6756-1.jpg

ぼくは豚かつが好きだ
とくに東京のとんかつは旨い店が多いのでよくいく

 ・とん太 高田馬場
 ・丸五 秋葉原
 ・武蔵 恵比寿
 ・かつ銀 銀座
 ・一休食堂 品川 食肉市場
 ・すずや とんかつ茶漬け 新宿・秋葉原
 ・矢場とん 名古屋

この中では高田馬場の『とん太』が圧倒的な旨さだった
上から三つは超お薦め!
他にもあるかもしれないと思ってリサーチしていて
見つけたのがココ

  ■豚組 東京・西麻布

DSCF6757-1.jpg

西麻布という立地条件から考えてかなり高級店かな
ウェブのメニュー見ててもちょっと高そう…
でも、とてもそそるメニューがあるよ

 ・イベリコ豚(スペイン) とんかつ 4800円

はじめて見たとき、『うわ~っ、高っ!』って思ったけど
よくよく考えてみると、フレンチとかでイベリコ豚の
ローストを頼むと一皿4000円くらいする。
それにごはん、味噌汁、おつけものがついてるんだったら
そんな、めちゃめちゃな値段ではないなぁ… って。

DSCF6762-1.jpg

そう考えてみると、もう行きたくなってしかたがない!
7月のある日、泊まりで東京行く機会があったので
さっそく行ってきたよ

六本木からあるいて西麻布へ
雑居ビルの一階にでもあるのかと思ったら、
ちょっと古めかしい一軒家
へぇ~、こんな都会のど真ん中にも一軒家あるんだ(笑)
店内も古い民家をそのまま使ってるので
とってもレトロでいい感じ! 『昭和の時代』を感じるね。

お店のかたも落ち着いてとってもいい感じ
わ~、このお店、もしかしたらすごいアタリかも~
と、期待でワクワク!

DSCF6764-1.jpg

オーダーは最初から決まってたんだけど
出されたメニューを眺めながら、迷ってるフリして聞いてみた

 まさい どれがお薦めですか
 豚組  はい、全部お薦めですけど、
     人気は豚組膳で・・・
     飛騨けんとん豚は・・・
     イベリコ豚は・・・
     東京X(エックス)は・・・

と、ひとつひとつ丁寧に特徴を説明してくれる。

 まさい う~ん、じゃあ、これにします、イベリコ豚
 豚組  かしこまりました (^_^)
     イベリコ豚はすこしお時間がかかります。

開店早々にいってガラガラだったし、
民家の縁側で夕涼みしてるようなのどかな雰囲気だったので
時間がかかるのはぜんぜん気にならない。

こちら、先付けですといって、芋を蒸したようなのがでてきたけど
おなかを空かせた状態でイベリコ豚を食べたかったので
手を着けなかった。
ぼくはとんかつ食べるときはビールも飲まない。
最適な空腹感をもって、とんかつ様を迎えたいんだ!

DSCF6765-1.jpg

『おまたせしました~』といって、
ごはん、味噌汁、つけもの、キャベツ、ソース、塩、取り皿が並べられ、
あっというまに小さな丸テーブルがイッパイになってしまった
この、木製の丸テーブルもとってもいい感じ。

DSCF6767-1.jpg

そして、最後にイベリコ豚のとんかつ様登場!

 豚組  たいへんお待たせしました。
     ぜひ、最初のひとくち、なにもつけずにお召し上がりください
 まさい はーい♪

DSCF6768-1.jpg

ぼくは脂ぎったロースが好きだ
この木っ端のようなとんかつの切り口の
肉と脂身のバランスを見たとき、万歳を叫びたくなった!

店員さんに言われるまでもなく、
最初のひとくちはなにもつけずに食べる。

素晴らしい!

DSCF6769-1.jpg

奮発した甲斐があった。
つぎは塩をかるくつけて食べる。
これまた、素晴らしい!

まんなかあたりの揚げ加減も最適
ごはんも素晴らしく美味しい。 
最高のとんかつと、素晴らしいごはんのコンビネーション!
こういう瞬間、日本人に生まれて良かったと思う。

DSCF6770-1.jpg

衣の尖った部分が歯茎に刺さるようなサクサク感、
そして厚みもちょうどいい
ソースをつけて食べても美味しいけど
やっぱり、少しだけ塩をつけて食べるのが一番かな!

あまりの旨さに、すごい勢いで、パクパクパク
あっというまに… 最後の一切れ

DSCF6773-1.jpg

名残惜しげに、記念撮影♪
はるばるスペインからやってきたイベリコさん
とっても美味しくいただきましたよ~

あとから聞いたんだけど、けっこうラッキーだった。
イベリコ豚は夏場は入荷しないので、
この季節はあと1週間くらいで終了だったらしい。
(訪問日は7月4日)
つぎにイベリコ豚のとんかつ食べられるのは冬

DSCF6775-1.jpg

とんかつ屋さんって一般的に、街の定食屋さん風で
あまりデートにつかいたい雰囲気のところないんだけど
ここ、『豚組』は

 ・西麻布という立地条件
 ・レトロな一軒家と店内の雰囲気
 ・丁寧なサービス
 ・そして、すばらしいとんかつ

と、四拍子そろって、デートに最適なお店
きょうはひとりだったけど、つぎに来るときは
素敵な人とふたりで来たいな♪




──────────
【訪問日】 2007年7月 
【店 名】 豚組 (ぶたぐみ)
【ジャンル】とんかつ
【住 所】 東京都港区西麻布2-24-9
【最寄駅】 地下鉄 六本木駅より徒歩10分程度
【電 話】 03-5466-6775
【営業時間】11:30~15:00、17:30~23:00
【定休日】 水曜日
【キーワード】 豚カツ トンカツ 豚かつ とんかつ
──────────


大きな地図で見る

豚組 とんかつ / 乃木坂駅六本木駅表参道駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ L'API
2007/09/22 21:45 |
DSCF7926-1.jpg

もう、お彼岸だというのに猛烈な残暑
駅からお店まで歩くあいだに汗だくになっちゃうね
きょうは生パスタをいただけるここでランチだよ

■L'api  (ラピ) 大阪・京町堀

一年前の夏の夜、ディナーをいただいて以来!

DSCF7915-1.jpg
↑道路にたててある、『ラピ こちら』の矢印

実はつい先日、平日ランチに生パスタ食べたくなって、
念のために生パスタあるかどうか電話したんだ

まさい 平日のランチでも生パスタやってますか?
ラピ  あ~、申し訳ございません。
    7月から平日ランチやめたんです
まさい え~!

とうことで食べられなかった。
さらに噂で、『土曜ランチもなくなるらしい』と聞いたので
慌てて土曜ランチで生パスタのお食事会開催!

土曜ランチはプリフィクスの一種類だけ

・ランチ 2000円
 スープ+パスタ+メイン+ドルチェ+飲み物

DSCF7919-1.jpg

まず最初のスープはこれ

・玉ねぎのスープとパンサラダ

玉ねぎのスープは冷製(ちょっとぬるかったけど)で
甘みがあってとっても美味しい。
そして、少量だけどサラダとパン
前菜を兼ねたスープ、とっても美味しいです

おつぎのパスタは2種類からチョイス

・スパ  茄子とモツァレラ トマトソース
・手打ち キノコの入ったミートソース

みなさん、手打ちを期待していたので、全員手打ちをチョイス

DSCF7921-1.jpg

かなり幅のひろい手打ちパスタです。 タリアッテレかな。
そして、ミートソースは馬や羊のお肉らしい
うえに、マッシュルームのスライスがのってるよ。
手打ちパスタは大盛りできなかったんだけど
けっこうボリュームあったね!

DSCF7928-1.jpg

最初のスープに『パンサラダ』と書いてあったので
パンはでてこないのかと思ったけど、
パスタのあたりででてきたよ。
ちょっと塩味のついた、とっても美味しいパン。
こういうパンはなんて呼ぶんだろうね?

メインも2種類からチョイス

・太刀魚とマーシュポテト 赤ワインソース
・鶏ももと赤ジャガとイチヂク

オーダーとると、全員、鶏ももになってしまった
なんだか面白くないので、ぼくだけ太刀魚に変更

DSCF7930-1.jpg

はい、こちらが太刀魚とマーシュポテトです。
たっぷりのポテトのうえに焼いた太刀魚
とっても美味しかったけど、ちょっと物足りないかな…

DSCF7932-1.jpg

こちらが、あとの5名様がオーダーした鶏もも肉
皮が香ばしく焼けていてとっても美味しそう
そして、なにより、いちぢくが美味しそうだよ
ぼくもこっちにすればよかった…

DSCF7934-1.jpg

最後はドルチェ。 きょうのは

・ティラミス と ジェラート

ジェラートというのはイタリアのアイスクリームだけど
なんとなくイメージ的にアイスクリームとシャーベットの
中間くらいの食感を想像するよね
でも、きょうのジェラートはすごく濃厚
牛乳を煮詰めてつくったそうです
逆にティラミスはあっさり系だった。
どちらもすごく美味しい♪

最後にエスプレッソ飲みながら、
土曜の午後のひととき、いろんなお話して楽しい時間をすごしました。

ラピの土曜ランチ、これからもなくなりませんように!


──────────
【訪問日】 2007年9月 
【店 名】 L'API(ラピ)
【ジャンル】イタリアン 生パスタ
【住 所】 大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマト2F
【最寄駅】 地下鉄 肥後橋駅、本町駅
──────────

L'APIイタリアン / 肥後橋駅中之島駅阿波座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(1) | コメント(2)


■ 上海食亭 小籠包 天満市場
2007/09/21 00:30 |
DSCF7860-1.jpg

JR環状線の大阪駅から時計回りに一駅の
『天満駅』はむかしから天満市場で有名なところだった
その天満市場を囲むように、またいろんな美味しい店がある
ここもその一つ … というか
このお店は天満市場の中にあって、以前は道ばたに
ピクニックテーブルを並べただけの屋台風のお店だった

■上海食亭 大阪・天満市場内

数年前に天満市場が、ぷらら天満に衣替えしたんだけど
このお店のところだけは以前のままの雰囲気。
テーブルがちょっとまともなものになって
スペースもすこし広くなった。

DSCF7843-1.jpg

きょうも猛烈な残暑でのどからからだったので
まずはビールを一杯!

上海食亭はよく近所にある上海食苑と間違われる。
もともとは、いまの上海食苑が、この天満市場の中にあった
でも、いまはまったく別のお店

ビールを飲みながらメニューを見る。
ここは上海飲茶のお店だよ。
きょうは軽くイッパイのつもりだったので
二品だけオーダーしたよ
まずはコレ

・蝦(えび)蒸し餃子 4個 480円
 プリプリのえび餃子 透明の皮で包みました

待つこと10分ほど
でてきたのは、こちら!

DSCF7847-2.jpg

説明どおりの透明な皮でつつまれた、蝦餃子
すんごく美味しそうだね~
じゃあ、さっそくいっただっきま~す♪

DSCF7850-1.jpg

透明な皮を通して、プリプリの海老が見えてるよ♪
わー、めっちゃ美味しい♪
ぼくは海老大好きなので、これだったら2人前軽いね

あっという間に食べ終わって、次を待つ。
待ってるあいだに、

・皮蛋(ピータン)のみ 300円

というのを頼んでおけば良かった!
あとからきた、お一人様女性が注文して
とってもおいしそうだったので…

DSCF7844_mosaic.jpg

お次は時間がかかりますと言われたんだけど
ビール飲みながら、きょろきょろ周りを見ていたら
あっというまに時間がたっちゃいます。
二つ目のオーダーはもちろんコレ

・小籠包 4個480円
 上海点心の王様! 中にはあつ~い肉汁がいっぱい

いままでに食べた小籠包でナンバーワンはもちろん台北の鼎泰豐
台北が本店だけど、北京の支店も美味しかったよ。
大阪にも高島屋にはいってるけど、値段が高い!

DSCF7852-2.jpg

はーい、やってきました♪
ショーロンポー!!
上海小籠包はなにもつけずに食べるよ。
さっそく、いっただきま~す!

DSCF7859-1.jpg

肉汁がたっぷりでとっても美味しい。
鼎泰豐とくらべると、皮がやや分厚め
以前、上海の『上海老飯店』で食べた
小籠包もすこし、皮が分厚めだったから、
これが上海流なのかもね。

きょうは、軽く! だったので、これで終わりにしたんだけど
また、友達連れて、たくさん食べに来たいな~
じゃあ、最後にもういちど、アップで

DSCF7855-1.jpg

──────────
【訪問日】 2007年9月 
【店名】 上海食亭
【ジャンル】 飲茶
【住所】 大阪市北区池田町5-11
【最寄駅】JR天満駅 徒歩8分
【キーワード】 小籠包 ショウロンポウ しょうろんぽう 
──────────



上海食亭中華料理 / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
___________________________
中華 トラックバック(2) | コメント(2)


■ 秋刀魚 の 大人な焼き方
2007/09/18 00:13 |
 CA330065-1.jpg

・今が旬 北海道産 生さんま 一尾 98円

って表示をスーパーで見かけたら、
そりゃ、晩ごはんは決まりだよね!

さんまって最初は一尾数百円から出始めるけど
どんどん安くなって、100円を切るころが
いちばん脂がのって旨いんだよね

さっそく、買ってきたよ、4尾 392円
やすっ!

DSCF7819-1.jpg

さて秋刀魚はなんと言っても塩焼きなんだが
旨く焼くのはけっこうむずかしい。
一番美味しく焼く方法は

 ・七輪 で炭火焼き

だと言われてるが、
素人が秋刀魚を七輪で美味しく焼くなんて
至難の業だ。

実際にやったことあるか?

そう、脂ののった秋刀魚ほど、
焼くと脂がおちる。
そして、ぼうぼう炎につつまれて、
真っ黒焦げになる(^_^;)
そして、ものすごい煙…

家庭での一般的な焼き方は、ガスのグリル
しかし、これもあまり上手に焼けない
乾燥してしまうので、身がパサパサになる。
それに部屋中さんまのニオイが充満する
脂も飛び散って、後かたづけもたいへん。
いい事無しだ。

そこで、きょうはまさいの秘伝

 ■秋刀魚 の 大人な焼き方

を伝授しよう。
修行しなくても料亭なみの秋刀魚が焼ける。

つかう道具はこれだけ

0004749_2.jpg

・ステンレス多層鍋のフライパン(7層)

このステンレス多層鍋
正しい使い方をするとスゴイ!
しかし、ほとんどの人は
普通のなべと同じように使ってる人ので
とても残念だ。

ぼくが使ってるのは、
アムウェイのクイーンクックウェアだが
ビタクラフトでもなんでもいい
かならず、7層のやつを使うこと

DSCF7821-1.jpg

まず、秋刀魚のアタマとシッポを切り取る
もちろん、おなかのなかは綺麗に掃除する
内臓が好きな人は、そのままでもよい。

つぎにフライパンにふたをしてコンロにかける

 ・中火で
 ・5分ほど 予熱する。

この、予熱がとても大切
この調理法の最大のポイントだ

 強火ではいけない。
 時間が短すぎてもいけない。

DSCF2347.jpg


5分ほど経ったら
予熱が十分できたかどうかを確かめる。
ふたをあけて水滴を数滴
ぽとりとフライパンに落としてみて

 ・水滴がじゅわ~ といって蒸発したら、
  予熱不十分
 ・予熱が十分になると
  水滴は水銀のように玉になって
  鍋のなかを滑走する

↑水滴が玉になって滑走しているところ

DSCF7823-1.jpg

予熱が十分できたことを確認したら、

 ・リード ホットクッキングシート とか
 ・焼き物料理用サンホイル

とかを敷く。
裏表まちがわないように!

DSCF7827-1.jpg

そして準備した秋刀魚をフライパンに入れる。
なんとか4尾まではいる

そして、ふたをする。

DSCF7829-1.jpg

火加減は中火。
ちょっと見にくいけど↑これくらい
この状態でまず片面を2~3分焼く

DSCF7831-1.jpg

秋刀魚を焼いている様子だ

煙はまったくでない!
ニオイもまったくでない!
ほんとに焼けてるのか心配になってくる

DSCF7832-1.jpg

2~3分たって秋刀魚を裏返す

すこし焼き色がついてきた。
でも、フライパンの底に触れてない部分は
まだ焼けてない感じだ。

この状態でまたふたをして2~3分焼く
火加減はずっと中火のまま。

DSCF7835-1.jpg

さて、不安と期待の中
フライパンのふたを取ってみる

 どうだ!

全体、綺麗に焼けてるだろ

炭のように焦げてしまったり
グリルで焼いたときのようにカピカピにならない。

表裏、それぞれ、2~3分ずつ焼くとベストな状態
2分だとレア、3分だとミディアムになる

ウェルダンが好きな人は、
あと1分くらいふたをして焼く

焼き上がりの断面の写真も撮したかったが
熱々の焼きたて秋刀魚を食べたかったので
撮影は断念した。
各自自分の目で確認してくれ。



この『秋刀魚の大人な焼き方』の特徴は

 ・綺麗に焼ける(真っ黒コゲにならない)
 ・とってもジューシーに焼ける
  (カピカピにならない)
 ・煙がでない
 ・ニオイがでない
 ・早く焼ける(両面で5~6分)
 ・後かたづけ簡単
  脂が飛び散らないし
  クッキングペーパー捨てて軽く洗うだけ
 ・そして、ほんとに旨い。
  間違いなく料亭級の秋刀魚だ

秋刀魚だけでなく焼き魚すべてに
この技は応用できる。

ステンレス多層鍋のフライパン持ってたら
いますぐ、鮭の塩焼きを焼いてみてくれ。

Good Luck !


■キーワード
さんま 秋刀魚 サンマ 焼き方 やきかた
ステンレス多層鍋 フライパン 7層
無臭 無煙
旨い 美味しい 後始末 楽 簡単



関連記事
___________________________
ステンレス多層鍋 トラックバック(1) | コメント(2)


■ 木村先生 お料理教室 和食 【2007年5月】
2007/09/16 13:50 |
DSCF6153-1.jpg

木村先生のお料理教室 5月の回です
ちょっとアップするのをサボってたので…(^_^;)

きょうはぼくのいちばん好きな和食の部
やっぱりこの歳になってくると和食がいちばん嬉しいな

きょうのお献立はこちらです。

1.まぐろの笹醤油漬け
2.じゃが芋の生姜酢和え
3.鶏肉の柔らか煮
4.米茄子の出汁かけ
5.抹茶寿司
6.おくらとろろ

わ~、ぜんぶ美味しそう♪

1.まぐろの笹醤油漬け

DSCF6158-1.jpg

まずは軽く前菜風
材料はまぐろ、茗荷、青ジソ、わさび
 まぐろを角切りまたは薄切りにして
 笹醤油(薄口醤油+酒)につける
 器に千切りにした茗荷と青ジソを敷き、
 まぐろを盛りわさびをのせる
これだけでりっぱな前菜だよ。 お酒のアテに最高!

2.じゃが芋の生姜酢和え

DSCF6156-1.jpg

材料はじゃが芋(男爵がよい)、鶏ささみ、生椎茸
胡瓜、青ジソ
調味料にする『生姜酢』は酒、出汁、砂糖、淡口、塩、生姜

 じゃが芋をできるだけこまかい千切り
 鶏ささみは塩・酒をふり、軽く網で焼いたあと細かく裂く
 椎茸も網で焼き、千切り
 胡瓜は縦半分に切り、斜め薄切り、薄塩に漬け絞る
 青ジソも千切りして晒す

以上を食べる前に混ぜて、生姜酢を和える
これも食欲増進によいよ~!

3.鶏肉の柔らか煮

DSCF6164-1.jpg

これはきょうのメイン料理だね♪
 鶏もも肉を昆布をしいた水で20分茹でる
 そのゆで汁に調味料を入れ、生椎茸、セロリ、じゃが芋、
 サンド豆などを茹でて、盛りあわせる

鶏もも肉って和風でも、フレンチでもイタリアンでも、中華でも
なんでもあうんだよね~、 ふしぎ!

4.米茄子の出汁かけ

DSCF6151-1.jpg

 米茄子は半分にきって、高めの温度(180℃)で
 皮の方から揚げ、火を通す。
 餡はだし汁、みりん、砂糖、醤油、片栗粉

DSCF6163-1.jpg

器に茄子を盛り、あんを書けて糸かつお、生姜をもる
これ、シンプルだけど、またすごく美味しい!
米茄子の季節になったらぜひやってみてね♪

5.抹茶寿司

DSCF6148-1.jpg

はい、今夜の主食はこれ、抹茶寿司
具もいろいろ。
 芝海老、木耳(きくらげ)、椎茸、三つ葉
 昆布をいれた水で米を炊き
 沸騰したら昆布を取り出し、酒またはみりんを加えて
 炊きあげる。
 米酢と砂糖・塩を温め、抹茶を入れて
 炊きあげたごはんに振りかけて混ぜ、素早く冷やす。
 海老、木耳、椎茸半分を混ぜてのこりは飾りつけ。

DSCF6154-1.jpg

いやぁ、これだけでもご馳走ごちそう♪

6.おくらとろろ

DSCF6161-1.jpg

最後のひとしなはこちら
これも簡単

 オクラのへたと面取りし、塩もみして茹でる。
 冷まして、出汁と一緒にミキサーにかける。
 山芋を皮を剥いて、酢水に晒し擂る
 すり下ろした山芋をすり鉢に移しさらに擂って
 塩+淡口とオクラ汁をすこしずつ加えながら、混ぜ擂る。
 冷やして、海苔をふっていただく。

は~い、きょうのご馳走はこちらだよ♪

DSCF6167-1.jpg

またまた、すばらしい夕食の準備ができました~
では、みんなそろって、いっただっきま~す!


■お料理教室 2006年6月 イタリアン
■お料理教室 2006年7月 中華
■お料理教室 2006年8月 中華
■お料理教室 2006年9月 和食
■お料理教室 2006年10月 洋食
■お料理教室 2006年11月 中華
■お料理教室 2006年12月 クリスマス料理

■お料理教室 2007年1月 和食
■お料理教室 2007年2月 中華
■お料理教室 2007年3月 洋食
■お料理教室 2007年4月 中華

関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(0)


■ クッチーナ つじ イタリアン 大阪・北新地 【2007年8月 昼】
2007/09/14 07:53 |
DSCF7465-1.jpg

記録続きの猛暑のなか、さんさんと輝く真夏の太陽のもとを
歩いて、御堂筋から北新地にすこしはいったところ
やっとたどり着いたのはココ

・クッチーナ つじ イタリアン 大阪・北新地

店内はカウンター中心で、テーブル席がすこしあって
どこにでもあるような、こじんまりしたイタリアンなんだ
でも、このお店、コレでちょっと有名

DSCF7451-1.jpg

じゃ~ん!
白い正方形のお皿のうえに
所狭しと盛りつけられてる
そう、これがここの名物、『本日の前菜』

ランチメニューはふたつ

・Corso A 1000円
 前菜+パスタorメイン+パン

・Corso B 1600円
 前菜+パスタ+メイン+飲み物とデザート

初めて来店したときは、Corsa A(Aランチ)がいいらしい
このランチについてる『本日の前菜』が評判なんだ

DSCF7450-1.jpg

ほら、25センチ四方の白いお皿の上に
これでもかというほど、お野菜がいっぱい!
野菜好きにはたまらないよ~
このお野菜の山、全部食べるのにかなり時間かかった(笑)
これに、ハムが一枚ついてたらもっと良かったんだけどな!

DSCF7455-1.jpg

パスタは2種類またはメインからチョイス。きょうのメニューは

・じっくり煮込んだお肉と白いんげん豆の柔らかトマトラグーソース
・北海道ほたて小柱とバジルペーストフレッシュトマト
・もち豚リブロース肉のカツレツ(+500円)

ぼくのチョイスは『じっくり煮込んだお肉のトマトラグー』
いつものように大盛りにしようかとおもったけど
じつはこの日は午後3時から中学の同窓会
どうせ、最初から飲んで食べてだから、お昼はちょっと控えめにしたよ

DSCF7458-1.jpg

とっても美味しそうなラグーソース
じゃあ、いっただっきまーす♪

この日はひとりでいったので一皿だったけど
ふたりでいって、2種類のパスタを頼んだら
半分ずつに取り分けてだしてくれるので
2種類のパスタを楽しめるよ!

DSCF7462-1.jpg

最後に『ちいさいですけど』と出されたデザート
こぶりながら濃厚でとっても美味しいです。

Corso Aの場合は飲み物は別料金

DSCF7463-1.jpg

コーヒー・紅茶などはプラス200円
いつもお願いするエスプレッソは+500円だったので
今回はコーヒーにしたよ

カウンター席にすわると、目の前に厨房がひろがり
すごくライブな雰囲気
夜なら、カウンターでシェフと話しながら
アラカルトでメニューを決めていくと楽しそうだよ♪

野菜が大好きな方にはとってもうれしいパスタランチ
たった1000円なのでぜひいちどお試しを!

──────────
【訪問日】 2007年8月 
【店名】 クッチーナ つじ
     Cucina Tsuji
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市北区曽根崎新地1-8-7 フォーシーズンズ北新地地下1階
【最寄駅】JR 北新地駅 徒歩約5分
【電話】 06-6345-6722
【営業時間】11:30-14:00、18:00~22:00
【定休日】 日曜・祝日
【キーワード】 
──────────

34/41/39.194,135/30/10.223
関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 万里の長城 The Great Wall 中国・北京
2007/09/10 01:33 |
CIMG6815-1.jpg

北京の主な観光地はほとんどいったけど
やっぱり一番壮大で感動するところはココ

■中国八達嶺長城景区

そう、あの有名な万里の長城
3年ぶりに行ってきました♪
前回の記事はこちら
北京市内からバスかタクシーで約1時間の距離

CIMG6808-1.jpg

前回はパッケージツアーで来たので自分でお金払わなかったけど
ここから長城に入るためには

・45元 約750円

の入場料を払わないといけません。
う~ん、中国の物価で750円、かなり高いんちゃう?

CIMG6809-1.jpg

でも、やっぱり、万里の長城、すごいです
きょうは観光ガイドではあまり見れない写真をいっぱい見てね!

万里の長城、英語で書くと

・The Great Wall

そう、『偉大な壁』
ほんと、グレートです。
トップの写真は八達嶺長城景区の入り口から撮したちょっと遠景
右のほうにあるカンバンは『2008年北京オリンピック』

CIMG6823-2.jpg

入り口からはいって

 右が 女坂
 左が 男坂

なにが違うかというと、上り下りのしんどさだね
↑は女坂の歩き始めの光景。
なだらかなんだよね

CIMG6825-1.jpg

こちらは女坂をすこし登ったところから見た『男坂』
したに駐車場が見えるね
向こうの男坂、あんまり険しく見えないけど、かなり急らしい

CIMG6826-1.jpg

緩やかな『女坂』とはいえ、やっぱり急な階段もあるよ
ここの階段、石畳になってるんだけど
毎年何千万人もの観光客があるくので、石がすり減って
真ん中が凹んでる。

CIMG6829-1.jpg

これは女坂の途中の要塞からみた、さらに先の方の景色
クレーンもヘリコプターもない何百年も昔に
こんな山深いところにこれだけの石をよく積み上げたもんだな~
その工事現場の風景を想像すると、胸にこみ上げてくるものがある

CIMG6835-1.jpg

要塞の窓からみた、外の光景
よく、昔の戦争映画であるように
敵が攻めてきたらここから矢を放って防戦する
戦いのないいま、ここから眺める景色はほんとに最高!

CIMG6837-1.jpg

これも要塞の上からみた女坂
いま歩いてきたところだよ。
比較的緩やかな女坂とはいえ、けっこう急な坂道。

CIMG6812-1.jpg

八達嶺長城景区の入り口前にならぶお土産屋さん
中国らしく、値切るとすぐに半額以下になる。
値切るコツは…

店 これ20元あるよ
客 10元にしてよ!
店 いや~、それはムリあるよ
客 じゃ、いらない。(帰るフリして、歩き始める)
店 あ~、おけおけ、10元でいいあるよ
客 はーい♪

いらないといって帰るフリするのが、コツ(笑)

CIMG6811-1.jpg

駐車場にもどるところで、ふと横をみると…

・Starbucks Coffee

のカンバンがあるよ。
いい雰囲気のカフェだったよ~

CIMG6846-1.jpg

これは北京市内に戻る途中にとおりかかった

■北京オリンピック メインスタジアム

だよ。
鳥の巣をイメージして設計してあるらしい。
ぼくには『燕の巣』に見える。
美味しそう~♪


■2007年7月
■キーワード: 北京 万里の長城 オリンピック スタジアム


関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 上野先生 イタリアン料理教室 【2007年9月】
2007/09/08 11:45 |
DSCF7711-1.jpg

まだ暑い日が続いてるけど、季節は秋
四季折々の食材が楽しめる日本だけど
その食材をイタリアンにつかうと、こんなに美味しいのができる
きょうの食材は

・秋刀魚
・毛蟹

どんなイタリアンになるのか楽しみだね~
きょうのメニューはこちら

1.アンティパスト
 秋刀魚のカルパッチョ
2.プリモピアット
 毛蟹のパスタ
3.セコンドピアット
 鶏もも肉のロースト・赤ワインソース
4.ドルチェ
 スフレ フロマージュ
 杏仁豆乳プリン

だよ。 楽しみたのしみ!

DSCF7688-1.jpg

1.秋刀魚のカルパッチョ

日本の秋といえば秋刀魚!
家では煙ぼうぼうあげて、塩焼きしかしないけど
イタリアンだから、カルパッチョね
きょうつかうのは北海道産の『大黒さんま』

皮に軽く塩をして30分おく
そして、皮を剥いて骨を取る。
この骨抜きが大変なんだ。 上の写真が骨抜きしてるところ。
でも、ここで手抜きしなければ美味しいのができるよ。

バットで胡椒をふり、ディルを散らし、
オリーブオイルとライムリキュールをかけて冷蔵庫で1時間

DSCF7699-1.jpg

おさらに盛りつけたあと、シブレットやそばの芽などを
ちらしてできあがり!
いつもは塩焼きにするさんまがこんなに美味しいカルパッチョになったよ(^_^)/

2.毛蟹のパスタ

DSCF7693-1.jpg

↑きょうのパスタ用の食材はこの『毛蟹』
この毛ガニさん、おがくずからだしてみると
まだ生きてたよ。 ちょっとかわいそう…
どんなパスタになるのか楽しみ

DSCF7705-1.jpg

にんにく、鷹の爪、オリーブオイルで香りをだしたあと
あらかじめとってあったアサリのゆで汁を加えて
それに毛蟹を入れる。

DSCF7708-1.jpg

次にトマトソースを加え、強火で蟹に火を通す。
煮詰まったら火を弱めて、固めに茹でたパスタを入れソースと絡める。

DSCF7714-1.jpg

お皿に盛って、パセリを振る。
今日使ったパスタは1.9mmのスパゲッティ。 ちょっと太め。
毛蟹の香りがとっても美味しそうだよ
いっただっきま~す♪

DSCF7715-1.jpg

3.鶏もも肉のロースト・赤ワインソース

セコンドピアット(メイン)は鶏もも肉のローストだよ

フライパンを熱し、オリーブオイルを加え、
鶏を皮目からから強火で焼く。
最初は強火でやいて、皮をカリッとさせる。
皮の周りが焼けたら弱火。 途中で余分な脂はペーパーでとる。
ひっくり返して強火でサッと身のほうを焼き
アルミホイルで包み保温する。

DSCF7719-1.jpg

ソースは軽く炒めたベーコンに赤ワインとバルサーレ
バルサーレは白ブドウをつかったバルサミコのようなもの
3分の1くらいまで煮詰めてバターとガルムを加える。
ガルムはイタリアの魚醤のこと。

DSCF7720-1.jpg

ほうら、こんなに美味しそうにローストできたよ~
表面の皮はカリッとしてて、なかはとっても柔らかい。
きょうのつけ野菜はズッキーニとトウモロコシね。
ふだん食べてる鶏もも肉でもちょっと工夫するだけで
こんなにイタリアン!

4.ドルチェ
 スフレ フロマージュ
 杏仁豆乳プリン

最後のドルチェはふたつ。
きょうはちょっと遅刻していったので、ドルチェはもう準備できてた。

DSCF7722-1.jpg

右側の白いのが杏仁豆乳プリン
杏仁とか豆乳つかうとなんとなく中華風になりそうだけど
けっこうイタリアンに合うよ。

きょうは5人でのお料理教室だったけど
とっても楽しいひとときを過ごすことができました。
さんまの美味しいあいだに、カルパッチョの復習しなくちゃ!

※イタリアンお料理教室に興味のあるかたは、
 まさいまでメールでご連絡くださいね。
 (左上のメールフォームからね!)
 場所は大阪・本町です。

■イタリアンお料理教室 2007年3月
■イタリアンお料理教室 2007年4月
■イタリアンお料理教室 2007年5月
■イタリアンお料理教室 2007年8月

関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(4)


■ アルバロンガ 伊 大阪・心斎橋 【2007年8月 昼】
2007/09/02 00:53 |
DSCF7233-3.jpg

鰻谷ブロック、フレンチのリュミエールの下の階にあるココ

・アルバロンガ イタリアン

このお店のことは知っていたけど、リュミエールほど噂にはのぼらない。
なのでさほど期待していなかったんだけど…

DSCF7222-1.jpg

リュミエールと同じく、エレベーターを降りたらすぐそこは店内
あらかじめ心構えしてエレベータに乗らないと
扉があいたとき、焦っちゃうんだよね(笑)

ランチは3種類

・Pranzo A 1000円
  前菜+パスタ+デザート+飲み物
・Pranzo B 2000円
  前菜+パスタ+メイン+デザート+飲み物
・Pranzo C 4000円
  スープ・前菜+パスタ+メイン+デザート+飲み物

Pranzo Cのメインには鳩があったので心ひかれたけど
初めてだし、お一人様だったのでPranzo Bをチョイス

DSCF7225-1.jpg

前菜はかわいいポーションの6種類
ちょっと少ないなって思ったけど、美味しい~

DSCF7226-2.jpg

パンにつけるオリーブオイルをお願いしたら
ぼくの好きな『Salvagno』が瓶ごとでてきた(笑)
これ、美味しいんだよね~
最近、これを使ってるお店おおいね。

DSCF7232-2.jpg

パスタは2種類からチョイス。

・菜園家風スパゲッティ
・蛸(下津井産)と米茄子、トマトソースのスパゲッティ

タコと米ナスにも惹かれたけど、菜園家という言葉にひかれた。
いつものようにパスタは大盛りにしてもらったよ。
追加のお値段きいたら、タダですって!
嬉しい♪

DSCF7235-1.jpg

じゃあ、さっそくいっただきまーす
バターの味付けだけど、ぜんぜん脂っこくないよ
菜園家風というだけあって、いろんなお野菜がはいってる
それにすこしだけど海老が味を豊かにしてくれてるね。

DSCF7228-1.jpg

メインもふたつからチョイス

・鰆(さわら)のソテー 香草バターソース
・大山地鶏のロースト、ピッツァ職人風

DSCF7237-1.jpg

洋食系ではやっぱり魚より肉がいい
だから、地鶏のロースト選んだよ。
ピッツァ職人風ってなんだろうね…

地鶏のロースト、断面はこんな感じ

DSCF7241-2.jpg

無駄な脂肪がついてなくて、とってもよいお肉です
ポーションもかなりでかいのがふたつ
さっきのパスタ大盛りにつづいて、とっても満足♪

心斎橋という場所柄、値段が高いだけで、質・量ともに
不満足なのがでてきたらヤダなーって思ってたけど
予想に反して、すごく満足なものの連続だよ。

DSCF7244-1.jpg

デザートはこれ。 まあそんなにサプライズはないけど
無難に美味しいね~

DSCF7246-1.jpg

最後に飲み物。
エスプレッソのダブルできるかって聞いたら
はい、いいですよ~って笑顔で答えてくれた
サービスはふたりの女性がやってるんだけど
ふたりともとてもいい笑顔で、きもちい良い♪

DSCF5532-2.jpg

リュミエールもよかったけど、アルバロンガもランチは
2000円で質・量ともに満足いくお料理だったよ。

こんどは、ぜひ4000円ランチと、ディナーに行ってみたいな
最初に書いたけど、あまり期待してなかった分
すっごく満足感があるランチタイムでした~♪


──────────
【訪問日】 2007年8月 
【店名】 アルバロンガ ALBALONG
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市中央区東心斎橋1-19-15 Unagidani Block 2F
【最寄駅】地下鉄 心斎橋駅 徒歩約5分
【電話】 06-6258-0118
【営業時間】11:30~14:00 17:30~22:00
【定休日】 日曜
【キーワード】 unagidani block 鰻谷
──────────
34/40/17.054,135/30/18.86
関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ