English | Top | RSS | Admin

2007.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.06


■ ヴェルドゥーラ 野菜10品ランチ 大阪・南森町 【2007年5月 昼訪問】
2007/05/27 18:55 |
DSCF5560-1.jpg

イタリアンのお店なのに、牛肉も鶏も魚もパスタもない
イタリアンのお店なのに、ディナーをやってない

そんなお店を見つけたよ♪

■ヴェルデュラ 大阪・南森町

場所は南森町から天神橋筋商店街をすこし南に下ったところにある。
お店の前の立て看板にはこう書いてある

■野菜料理10品とプレーンピザとドルチェのランチ 1500円

ランチメニューはこれひとつだけ
しかもその下に10種類(以上)の野菜の名前が羅列してあるよ

白人参・金美人参・緋富人参・ファーベ菜・からし菜・ルコラ花芽
ユーロ・インカの目覚め・スパニッシュ・白きゅうり・水なす
きく芋・金針菜・金時草・手打ち豆・おかひじき・ズッキーニ・パプリカ

全部で18種類もかいてあるやん
これが全部でてくるのか?

DSCF5565-1.jpg

12時半ころにお店に入ると先客が3人ほどいらっしゃった
みなさん、なんだか楽しげに、シェフやホールの男性と
話ながら食べてる
まず最初にでてきたのは人参のスープ
これもなんとか人参だとおっしゃってたけど、名前忘れた…
とってもコクがあって美味しいよ♪

DSCF5567-1.jpg

おつぎはプレーンピザ
プレーンピザに、これもなんとかトマトのソースを
つけていただく。
トマトソースの中には広島の『みつぎ農園』のこだわり卵が
温泉たまご状態ではいってる。

DSCF5572-1.jpg

この濃厚なトマトソースをプレーンピザに乗っけてたべる。
うわぁ~ すっごく美味しいよ♪
軽く感動するくらい!

さていよいよおつぎは野菜料理10品
そのあと、10分ほどしてでてきたのがこちらだよ

DSCF5576-1.jpg

わー、すごいすごい
さっき立て看板に書いてあった野菜が
ほとんど全部ひとつのお皿にのってでてきたよ♪
ホールのおにいさん、ひとつひとつ名前を教えてくれた。
だいぶ忘れちゃったけど、なんとか覚えてるのだけを
油絵に書き込んでみた

DSCF5576_comment.jpg

ここの書き込んだだけでも14種類
このあと、ちょっと遅れて2品でてきた
どれも新鮮で生で食べても美味しいモノばかり
生の野菜もあれば、かるく炙ったのもある
野菜だいすきなので、すっごく嬉しい~
せっかくなのでいくつかアップで見てね
まるで野菜のジャングルを歩いてるみたいだよ!

まず、これは白きゅうりや水なす、早採りのフルーツトマトなど

DSCF5577-1.jpg

こちらは紫式部、きく芋、パプリカなど

DSCF5579.jpg

これはちょっとあとからでてきた、いんかの目覚め

DSCF5581.jpg

そしてこちらは、きく芋のアップ

DSCF5582-1.jpg

最後にこれは、手打ち豆(緑色のやつ)とほかの豆

DSCF5586-2.jpg

ゆっくりゆっくり時間をかけて、それぞれの野菜の味を楽しんだよ♪

そして、最後にドルチェはパンナコッタとコーヒー

DSCF5589-1.jpg

食事をはじめてからおよそ1時間半
ふだんの平日でも1時間以上は時間がかかるらしいので
忙しいお昼休みにはちょっと無理かも知れないけど
野菜好きの人にはほんとに興奮もののランチなので
ぜひ土曜日とかに来て欲しいなぁ

食事しながらシェフやホールの人と話してたんだけど
実はこのお二人、京橋にある

■スペインバル ブラン(Blanc)

のシェフなんだって。
バルは昼間やってないので、昼間だけこの場所を借りて
イタリアン系の野菜ランチをやっておられる
なんだか、すごいねー!

いつも旬の野菜を取り寄せているので、日によって野菜の種類は
異なるけど、いつもいつも新鮮な、かつ、すごい種類の
野菜を食べられるから、ほんと楽しみだよ~


──────────
【訪問日】 2007年5月
【店名】 ヴェルドゥーラ VERDURA
【ジャンル】 野菜ランチ(イタリアン)
【住所】 大阪市北区天神橋2-1-24
【最寄駅】 JR 大阪天満宮 地下鉄 南森町
【電話】 090-6919-4444
【営業時間】 12:00-15:00
【定休日】 月曜
【キーワード】 
──────────
34/41/35.08,135/30/53.041
関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 木村先生 お料理教室 中華 【2007年4月】
2007/05/23 01:47 |
DSCF5345-1.jpg

今月のお料理教室は中華
木村先生の中華メニューはそんなに脂っこくない
だからぼくの口にとてもあうし、毎日でもたべられそう♪

きょうのお献立はこちらです。

1.怪味鶏塊(グワイウェイ・チークワイ)
2.炒豆苗(チャオ・トウミョウ)
3.炸春捲(ザー・シュンジェン)
4.青豆蝦仁(チントウ・シャーレン)
5.糯米丸子(ノウミー・ワンズ)
6.豆腐羹(トウフ・カン)

どんなお料理なのかさっぱり不明(笑)

1.怪味鶏塊(グワイウェイ・チークワイ)

DSCF5332-1.jpg

これは夏向きの前菜
弱火でゆっくり茹でた鶏胸肉をそぎ切りする。
板ずりにして、蛇腹にきったキュウリを敷き、
鶏肉をのせ、ソースをかける。
ソースは、芝麻醤(練り胡麻)、醤油、豆板醤、酢そのほか
さっぱりしていて食欲増進に一役かってくれるよ。

2.炒豆苗(チャオ・トウミョウ)

DSCF5334-1.jpg

これはエンドウ豆の茎の炒め物
春の季節にはスーパーでも売ってるらしい。
材料は豆苗と白葱
油で葱を炒め、オイスターソースを加え
豆苗をいれてサッと炒める。
最後に酒、スープなどの調味料を加えてできあがり
簡単かんたん!

3.炸春捲(ザー・シュンジェン)

DSCF5330-1.jpg

はい、これが今日のメインディッシュの春巻
春巻はほんとは前菜だけど、作る立場からいうと
これはぜひ『主菜』としてほしい!
なかに入れる具がたくさんあって、美味しいし、健康的

材料 :豚肉、海老、韮、もやし、卵、筍、生姜、椎茸
調味料:醤油、酒、オイスターソース、片栗粉、砂糖、酒、スープ等

油で生姜の香りをだし、主な材料を炒めたあと、冷めてから
錦糸玉子を加えて包む。
餃子や焼売にくらべ包むのも簡単なので、作るのはとても楽だよ。
そして、すっごく美味しい! 絶品♪

4.青豆蝦仁(チントウ・シャーレン)

DSCF5336-1.jpg

これも簡単。
えんどう豆と海老そして筍にしめじ
材料を炒めたあと調味料を加え、水豆粉でとろみをつけて出来上がり。
春のお料理って感じだね♪

5.糯米丸子(ノウミー・ワンズ)

DSCF5338-1.jpg

これが想像以上に美味しかった一品
材料は豚ミンチと糯米だけ
調味料は玉子、葱、生姜、砂糖、醤油、酒、塩胡椒、片栗粉

あらかじめ糯米を洗い、食紅でピンクに染めておく。
ミンチと調味料をよく混ぜ、小さく丸めたあと
水切りした糯米をだんごに軽くまぶす。
そして、蒸し器で30分程度蒸す。
酢醤油、練り芥子で食べると美味しいよ~♪
一見、デザートのようだけど、主食になるのかな。
写真ではよくわからないけど、とっても綺麗なピンク色だよ。

6.豆腐羹(トウフ・カン)

DSCF5340-1.jpg

そして汁物はこちら
羹というのはとろみのあるスープのこと。 中華らしいね♪
材料は絹豆腐に筍、干し椎茸、干し海老、人参、ハムなど
塩胡椒、酒で味付けした鶏ガラスープに材料を入れて煮る。

DSCF5341-1.jpg

片栗粉でとろみをつけて最後に溶き卵を落として完成!
大きな鉢にいれると、中華っぽくてとっても美味しそう♪

↓この写真、ちょっと配置がよくないね

DSCF5344-1.jpg

真ん中に糯米丸子が入った蒸し器をおいて
まわりに小さめのお皿を並べるとカッコよくなりそうだね。
でも、そんなこととは関係なく、今回もとっても美味しいお料理
ばかりで、大満足のお料理教室でした♪

いっただっきま~す!

【過去のお料理教室】
■お料理教室 2006年6月 イタリアン
■お料理教室 2006年7月 中華
■お料理教室 2006年8月 中華
■お料理教室 2006年9月 和食
■お料理教室 2006年10月 洋食
■お料理教室 2006年11月 中華
■お料理教室 2006年12月 クリスマス料理
■お料理教室 2007年1月 和食
■お料理教室 2007年2月 中華
■お料理教室 2007年3月 洋食

『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/

関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 力こんにゃく 山形県・山寺 【2007年4月 訪問】
2007/05/21 01:29 |
DSCF5363.jpg

せっかく仙台まできたので、学生時代に何度かいったことのある、
山形県山寺にいってきた。
仙台から仙山線というローカル線にのって約1時間
仙山線は昔にくらべて、とっても綺麗な列車に変わっていたけど
山寺駅に降り立つと昔ながらののどかな風景がまだ残ってたよ♪

DSCF5378-1.jpg

山寺というところは、その名のとおり山の崖っぷちに
へばりついているようなお寺
でも、その山門はまだ崖っぷちにいたるまでのところにある。
山寺の奥の院までいくには、かなり急な階段を
登りつづけなければならない。
そのためにはエネルギーが必要!
そこで、山門の手前でエネルギーを供給するんだ

DSCF5374.jpg

コレコレ、力こんにゃく!
あ~、でも、こんにゃくを食べるとエネルギーを充填できるかと
いうと、それはとっても怪しい(笑)

DSCF5375.jpg

この力こんにゃく、もっと立派な大きな鉄鍋で
煮込んでるのかと思ってたんだけど、
七輪の上にのせた、安っぽいアルマイトの鍋で煮込んでる。

でも、鍋のなかに、丸い『力こんにゃく』がごろごろと
入ってるのを見ると、なんだか可笑しいね(笑)

DSCF5376.jpg

力こんにゃく、一串3個 100円
何軒かお店があるんだけど、お店によっては
一串に4個ささってたり、ひとつのこんにゃくが
もっと大きいのがあったりして、いろいろ。

こんにゃくに辛子をつけてたべる。
まあ、おでんにはいってるこんにゃくとなにが違うのかといえば
きっと、形が丸いというだけのような気もするけど
でも、これを3個たべると、エネルギーが充填されたような
気になってくる!

DSCF5380-3.jpg

さて、力こんにゃくを食べたはいいが、先はながいよ!
いま、いるところは一番下の『山門』
目指すは右上の『奥の院』

がんばろー!

DSCF5364-1.jpg

山門から階段をのぼりはじめ
写真を撮る余裕もなく、はぁはぁいいながら登りついたのがココ
『開山堂』というところ
そのすぐ横には『五大堂』というとっても眺めのよいところがある

DSCF5384-1.jpg

↑この写真は五大堂と開山堂を山の麓から撮したもの
左が五大堂、右が開山堂
でも、これ、すっごい崖っぷちに建ってるんだね~
下から見ると、なんだか恐い

DSCF5365-1.jpg

五大堂はほんとうに眺めがいいよ。
これは五大堂からみた『JR山寺駅』近辺の景色だよ
なんだか鉄道模型を見てるみたいだね♪

DSCF5367-1.jpg

こちらはおなじく五大堂からみた、山あいの景色だよ
日本昔話の世界だねぇ~

DSCF5369-1.jpg

山寺はほんとに山の崖っぷちに建てられてるんだけど
いちばんすごいのがこれ
この山はいっぱい浸食された大きな穴があるんだけど
その穴のなかに建てられてる祠

DSCF5371.jpg

山門から約40分、階段を上り続けて到着したところが
ここ、奥の院(^_^)/
これだけみると、どこにでもあるようなお寺の感じなんだけど
山の崖の上に立てられたこの奥の院
資材を運ぶのがたいへんだっただろうなって思うよ。
だからこそ、ご利益があるのかもしれないね。

ひと月遅れの桜をみながら、山寺を楽しんだ一日でした♪

『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/
関連記事
___________________________
東北 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 利久 炭焼き牛たん 仙台
2007/05/20 01:00 |
DSCF5354.jpg

仙台にはなんどもいったことあるのに、
いままでいちども『牛タン』を食べたことがない、まさい
これではいけないと反省し、ミクシィの『隠れ家レストラン』コミュ
美味しい牛タン屋さんをリサーチしてみた。
ツウのみなさんから紹介いただいたのは、

 ‐味太助
 ‐利久
 ‐喜助
 ‐福助
 ‐太古福

などなど。 いっぱいあるんだねぇ~
なかでもお薦めの多かったのが『太助』と『利久』

今回は立地条件から選んでこちらに行ってきたよ

DSCF5361-1.jpg

■牛たん炭焼き 利久 仙台駅東口分店

いや、じつは仙台駅東口本店にいこうと思って
歩いていたんだけど、利久のカンバンを見つけて
大喜びではいったら、『分店』だった ^_^;
本店はあと10メートルほど先にあったよ。

ランチメニューには牛たん以外にも、
『牛たんカレー』とか『牛たんチーズクリーム煮』とかあったけど
やっぱりはじめてなのでオーダーはコレ

■牛たん 得 利久セット 1200円
 牛たん 得 利久セット(1.5人前) 1550円

これは牛たん炭焼にテールスープとごはんがついているセット。
もう、当分仙台には来れないと思って、1.5人前にしたよ。

DSCF5351-1.jpg

カウンターに座ったら、目の前になにやらまっ赤な
ドラムのようななモノがおいてある。
ぎょぇ~ 大量の牛たん!
まあ、牛たん屋さんなので当たり前といえば当たり前なんだけど
このタンの塊、壮観だねぇ~!

これをまた目の前の炭火でじゅうじゅう焼いてくれます。

DSCF5357-1.jpg

まず最初にテールスープがでてきました。
一見、葱しか入ってないように見えたけど、
底のほうにけっこうたくさんのテールのお肉
こちらもトロトロに煮込んであって、とっても美味です。

DSCF5352.jpg

さて、いよいよでてきました、大本命の『牛たん炭焼』
ぱちぱちぱちっ♪ いよっ、大統領っ! って声かけたくなるね
さすが1.5人前。 お皿にはかなりたくさん乗ってるよ~

さっそく一口いただきます。
へぇ~、柔らかいんだねぇ!
焼き肉屋の薄い塩タンはカピカピしてるけど
仙台の牛たんはとっても柔らかい。
そして味があるよ~! 美味!

DSCF5359-1.jpg

それに、この分厚さ!
塩タンの5倍くらいあるんじゃない?
そして、味付けもとっても良いのでごはんがすすむねぇ~
炭焼き牛たん たっぷり1.5人前をいただいて
ほんと、タンのうしたよ!

思ってたより量が多いので、きっと女性なら1人前で十分だね。

DSCF5348-1.jpg

そうそう、仙台空港は都心からとても遠くて
バスで1時間ちかくかかったんだけど、
先日、電車が開通したよ。
これで値段も安く、時間も早くなりました♪

『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/

──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 牛たん炭焼き 利久 東口分店
【ジャンル】 炭焼き 牛たん
【住所】 仙台市宮城野区榴岡4-4-10
【最寄駅】 JR仙台駅 徒歩10分
【キーワード】 牛タン 牛たん
──────────


関連記事
___________________________
東北 トラックバック(0) | コメント(2)


■ 今井 きつねうどん 大阪・道頓堀
2007/05/19 00:58 |
DSCF5539.jpg

大阪で生まれて、大阪に何十年も住んでいながら
一度もいったことのなかった、大阪うどんの名店
やっと行ってきたよ♪

■今井 大阪・道頓堀

道頓堀の雑踏のなかに
しずかに佇んでいるっていう感じの門構えだね♪

DSCF5553-1.jpg

店頭に掲示してあったメニュー

‐きつねうどん 735円
‐天ぷらそば 1418円
‐鍋焼きうどん 1575円
‐おでんとおむすび 2415円

う~ん、全体的にちょっと高いね。
きつねうどんはやっぱり400円台にしてほしい。
それにしても『おでんとおむすび』2415円ってなんや?
おむすびに金箔でも捲いてあるんかいな?

DSCF5543-2.jpg

注文したのはもちろん、これ。 大阪の味♪

■きつねうどん 735円

おおきな四角い『キツネ』が2枚はいってるよ~
大阪の人のうどんの食べ方
まずは一口おつゆをすすります♪
そう、おつゆが美味しいんだよね~

そして、つぎにキツネをひとくちいただきます♪

DSCF5545.jpg

あま~い♪
これこれ、ぼくが子供のころから食べてたキツネの味!
すっごくデリケートな甘さなんだよね
讃岐うどん屋さんのキツネの味とはひと味違うよ

さて、おつゆをすすって
キツネをひと口食べて
いよいよコレ

DSCF5551-1.jpg

いっただっきまーす、
ずずず~っ!

しっかり音を立てて食べる。 これがマナー!
イタリアでこんなことしたら、四方八方から
痛いくらいの冷たい視線が突き刺さってくるね(笑)
でも、うどんはこの食べ方が一番うまいね。
ここの麺はかなり美味しい
讃岐ほどコシはないけど、しっかりとした歯ごたえ♪
かなり満足するよ~

そうそう、大阪の人なら誰でも知ってるけど、大阪には

 ‐きつね と
 ‐たぬき

がある。
きつねはうどん
たぬきはそば
どちらもキツネ(揚げ)が入ってる。
うどんがそばに化けて、キツネがタヌキに化けた。
だから、

 ‐たぬきうどん とか
 ‐きつねそば

てのはない! 
お店で『たぬきうどん』を頼むと店員さんが混乱する(笑)

ところが東京にいくと『たぬきうどん』っていうのがあるねん!
なんや、コレって思ってたのんだら
うどんに『天かす』が入ったのがでてきたよ。
それで、素うどんより50円ほど高い。

大阪では天かすは頼めばただで入れてくれる。
立ち食いうどんとかいけばカウンターに
天かすおいてあるので、自分でいくらでも入れられる。

ぼくがはじめて東京にいったとき、
わけわからんかったわ ^_^;

まあ、そんなことはともかく、
ここ、今井のきつねうどんはまさに大阪文化の象徴!
地方から大阪に遊びに来たときは
ぜひ一度たべてみてね~

せっかくなので、大阪以外に住んでる人たちのために
今井の近くにある、大阪の名所をいくつかご紹介するね

DSCF5536.jpg

道頓堀の名門・大食堂『くいだおれ
昭和24年開業らしいよ。

くいだおれという食堂は何でもやってる大食堂
ぼくがこのまえこの食堂に入ったのは5歳のころだから
それからすこしは変わってるかもしれないけどね(笑)
写真は店頭の『くいだおれ人形』
ロサンゼルスまで出張にいったこともあるらしい!

DSCF5556.jpg

『とれとれ、ぴちぴち、かに料理ぃ~』というテーマソングで
有名な『かに道楽』本店の巨大かに
ホームページでテーマソング聞けるよ♪

DSCF5559-1.jpg

通称『ひっかけ橋』から見るグリコネオン
これは5代目
初代は昭和10年に点灯したんだって
すごいね~、昭和10年だよ!
当時としては画期的な広告塔だっただろうね。

地方や東京から大阪に遊びに来たときは
3大名物の前で、Vサインして写真撮してね~♪
一生の思い出になるよ!

──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 今井
【ジャンル】 うどん
【住所】 大阪市中央区道頓堀1-7-22
【最寄駅】 南海難波駅、地下鉄なんば駅、近鉄難波駅
【電話】 06-6211-0319
【営業時間】 11:00~21:40(L.O.)
【定休日】 水曜日
【キーワード】うどん
──────────


大きな地図で見る

道頓堀 今井 本店 (うどん / 近鉄難波、近鉄日本橋、日本橋)
★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(2)


■ 上野先生 イタリアンお料理教室 【2007年5月】
2007/05/17 00:13 |
DSCF5665-2.jpg

本日のイタリアン教室は6名様
なんだか、きょうも楽しみでーす♪

本日のメニューはこちら
□アンティパスト
 ホワイトアスパラのバジル風味サラダ
□プリモピアット
 カッペリーニ・カルボナーラ
□セコンドピアット
 サイコロステーキの人参ソース・空豆添え
□ドルチェ
 ヨーグルトのパンナコッタとポロ

■ホワイトアスパラのバジル風味サラダ

DSCF5663-1.jpg

材料はホワイトアスパラ、イカ、パプリカ、バジルの実、松の実
まず、オリーブオイルとバジルペースト、レモン汁を加えよく混ぜる
それにパプリカを加えかるく混ぜる
お皿にアスパラを並べ、上にかるく炙ったイカをちらし
ソースをかけて、バジル、松の実をちらす。
出来上がりがほんとのイタリアンレストランのお料理みたいだね♪
見かけだけじゃなくて、お味もプロ級!

■カッペリーニ・カルボナーラ

DSCF5673-1.jpg

きょうのパスタはぼくの大好きなカルボナーラ
いつもはもっと太めのを使うけど、きょうはカッペリーニ。
だから、作業を迅速にしないと伸びちゃうね。

DSCF5670-1.jpg

一般的にコースで出てくるプリモピアットは40~50グラム
でも、ぼくはたくさん食べたかったので80グラム
かなりのボリュームだよ。 でも美味しいのでぺろり♪

■サイコロステーキの人参ソース・空豆添え

セコンドは牛のサイコロステーキ♪
いままでステーキ自分でつくるとき、塩胡椒で焼くだけだったけど
ちょっとソース作って、付け合わせを並べるだけで
ほら、ホンモノのイタリアン♪

DSCF5676-1.jpg

今日のソースは『人参ソース』
鍋でバター・オリーブオイルをいれて、薄切りの人参を軽く炒める。
ブロードを加え、弱火で煮込み、
柔らかくなったら冷ましてミキサーにかける。
再び鍋にもどし、ブロードで濃さを調節して、塩胡椒で味を調える。

この色のバランスがいいんだよね。 人参のオレンジ、豆の緑
お肉色、ベビーコーンのクリーム色にトマトの赤

■ヨーグルトのパンナコッタとポロ

DSCF5681-1.jpg

ドルチェは二種類。
ヨーグルトのパンナコッタに
フランボワーズのゼリーをかけたもの

DSCF5684-1.jpg

ほら、トロトロでホントに美味しいです♪
ヨーグルトもフランボワーズも固まるまでに
冷蔵庫で数時間かかるのであらかじめ準備しておいてね

DSCF5658-1.jpg

そしてこちらが、『ポロ』を作っているところ
焼くと膨らんで拡がってくるので
すこし間隔をあけて並べなければくっついちゃうよ!

今回のイタリアン教室もとっても美味しくできました。
それに、ちょっとがんばればホンモノのイタリアンのような
盛りつけになるので、すごく満足感大ですよ!

いまのところ、イタリアンお料理教室は
毎月第一・第二月曜だけなんですけど、ほぼ満席になってきたので
今後すこし教室の回数が増えるかも知れません。
興味あるかたは、まさいまでメールくださいね♪

■イタリアンお料理教室 2007年3月
■イタリアンお料理教室 2007年4月


『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/
関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(3)


■ OLIVES イタリアン 米国・ラスベガス・BELLAGIOホテル
2007/05/15 00:52 |
DSCF3854-2.jpg

ラスベガスというところは、街全体がテーマパーク
街の中心地にいって、まわりを眺めると

 ‐自由の女神
 ‐エッフェル塔
 ‐ピラミッド

この街を2時間ほどあるくと、世界一周できるよ~
でも、残念なことに、『日本』がない。 なんで?

↑この写真はParisホテルの前にあるエッフェル塔
なんだか、ホンモノよりかっこいいね~

DSCF3858-1.jpg

きょうのばんごはんはミクシィのラスベガス・コミュ
リサーチしてきたイタリアンのお店。
場所はBELLAGIOホテルのなか。
お店にはいってみると、けっこう満席に近い状態
お一人様だったのでカウンター席に案内されたよ♪
カウンターのなかには、ほらこんなにたくさんの
綺麗なお酒がならんでる。
DSCF3834-1.jpg

欧米のお店はお酒の種類が豊富だね
注文すればどんなカクテルでもつくってくれるんだろうけど
あんまりカクテルの種類知らないので
今夜もきのうと同じ、マルガリータ

DSCF3831-1.jpg

さすがイタリアン系
きのうのHilton Steakhouseよりは
かなりファッショナブルなグラスで出してくれた♪

DSCF3832.jpg

このお店もかなり暗いね
カノジョとふたりでまったりするのだったら
この暗さとっても素敵なんだけど
写真を撮るには最悪(笑)

最初に突き出しでオリーブをだしてくれたよ。
肉厚でとっても美味しいオリーブ。 お酒の肴に最適!

DSCF3835-1.jpg

一つ目にオーダーしたのはこちら

■牛肉のカルパッチョ

ラスベガス・コミュでイチオシだったので
迷わずこれをお願いしました。
さすが、アメリカ!
ものすごい大きなお皿に、いっぱい盛られてでてきたよ。
そして、ほんとに美味しい♪

DSCF3838-1.jpg

ほんとに暗いのでアップで写しても綺麗に見えないけど
これが牛肉のカルパッチョ
あれだけたくさんあったけど、マルガリータ飲みながら
全部たべちゃいました。 満足まんぞく!

DSCF3839-1.jpg

メインにえらんだのはシーフードパスタ
いままで、イタリアと日本以外で、ほんとに美味しいと思える
パスタを食べたことはなかったんだけど、
せっかくイタリアンレストランきたので、頼んでみました。

これもボリューム大!
味付けはとってもよかったけど、やっぱりパスタは茹ですぎ
まあ、伊人・日人以外にアルデンテってのはわからないんだろうね

DSCF3849-2.jpg

店内はこんな感じでとっても雰囲気はいいよ
この写真はあとからだいぶ明るさ修正したから色がヘン!

DSCF3848.jpg

最後にグラッパをお願いしたら
グラッパといっしょに、クレームド・カカオみたいなのをもってきてくれた。
このグラッパとっても美味しかったんだけど
あとから伝票みてビックリ。
このイッパイで3000円くらいしてたよ
日本で言う、幻の銘酒のようなものだったのかな… ^_^;

DSCF3850-1.jpg

このイタリアンレストラン『OLIVES』
パスタの茹で具合を別にすればとっても美味しかった
パスタやめて、なにか肉系のメインでも頼んでいれば
もっと満足感大だったかも。



──────────
【訪問日】 2007年1月 
【店名】 OLIVES
【ジャンル】 イタリアン
【住所】  3600 LAS VEGAS BOULEVARD LAS VEGAS
      BELLAGIO HOTEL
【電話】 702-693-8181
【営業時間】 不明
【定休日】 無休
【キーワード】 BELLAGIO ベラージオ Las Vegas ラスベガス
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ プライム・リブ 16oz Hilton Steakhouse 米国・ラスベガス
2007/05/14 00:05 |
DSCF3757-1.jpg

↑これはギャートルズのマンモスの肉?


いやぁ、さすがアメリカだね!
きょうは米国食肉物語♪

アメリカにはなんどかいってるんだけど
ポピュラーなところにもかかわらずいったことがなかった

■ラスベガス(Las Vegas)

そう、街全体がカジノの街
↓まず驚かされたのがコレ

DSCF3727.jpg

空港について、飛行機をおりたら
目の前にスロットマシンがずらり!
おい、いきなりかよ~? って感じ
でも、みんな時間つぶしに楽しそうにギャンブルやってます。

DSCF3735-2.jpg

ラスベガスのホテルには必ずといってよいほどカジノがある。
スロットマシンやルーレットが中心だけど
綺麗なお嬢さんを相手にバカラとかポーカーとかを
やるスペースもいっぱいあるよ。
ギャンブルといっても、とっても健全な雰囲気だね♪

さて、今夜の夕食は移動手段がなかったので
近くのホテルのステーキレストラン

■Hilton Steakhouse

こちらに来る前に、ミクシィでラスベガスのレストラン情報
リサーチしてきたんだけど、今日のお店はヒットしなかったから
美味しいかどうかわからない…

DSCF3744-1.jpg

日本のレストランでカクテルを頼むと高いけど
アメリカはカクテル安いので、ぼくはいつもコレ

■マルガリータ オンザロック with ソルト

日本のマルガリータは可愛いカクテルグラスにはいって
でてくるのが普通だけど、アメリカはグラス
オンザロックかフローズンがあって、どちらもアルコール度が低い。
そして、米国人は塩のとりすぎに過敏なのか、
マルガリータなのに頼まないとソルトがついてこないよ。

DSCF3745.jpg

アメリカのレストランは全般的に暗い
ほんとものすごく暗いお店がおおいね。
ここも例にもれず、テーブルの小さな照明だけで
まわりは、真っ暗 ^_^;

DSCF3752.jpg

メインは米国風 肉を食べることに決めていたので
前菜は海鮮にしたよ

■シュリンプ カクテル $14.95

ホテルのレストランなのでしかたないんだけど、高いね!
大きめの海老が6匹でこのお値段
でも、新鮮でお味はとってもいいよ。
まあ、米国の場合、調理していないモノはけっこう美味しいんだよね(笑)
マルガリータをおかわりして、ゆっくりいただきました。

さて、メインで選んだのはこちら

■プライムリブ 16oz $33.95

アメリカのステーキは一般的に堅いけど、
プライムリブは柔らかくて美味しい場合が多いんだ♪
12ozのもあったんだけど、たった4ドルしか違わなかったので
つい大きい方を選んでしまった…
これが敗因(笑)

15分くらまってでてきたのはこちら

DSCF3756-1.jpg

ぎょえ~!

これを見てとっさに思い出したのが
ギャートルズにでてくるマンモスの肉!
あれのマンモスの肉、もっと美味しそうだったよ~
写真では分かりにくいけど、分厚さが4センチくらいある ^_^;

DSCF3760-1.jpg

マンモスのお肉、カット断面がこちら
なんか、南極大陸のようだね。
あ、写真では赤い生肉のように写ってるけど
実際はこんな色じゃないよ。

さて、お味のほうは…
味はそんなに悪くないよ。 けっこう美味しい♪
これ4人くらいでシェアしたら、ちょうどいいくらいだったろうね
まあ、美味しいとはいえ、こんな巨大なモノを
食べ続けてるとうんざりしてくるよ ^_^;

このお肉の重さ、16オンス
google換算機能で計算すると、453.59237グラムです
げーっ!

DSCF3764-1.jpg

がんばって食べたけど、これだけ残った…
神様、ごめんなさ~い。
残ってる分だけでも日本のステーキハウスなら二人前くらいありそう ^_^;

まあ、でもこれが米国の食肉事情
こんなに食べてたら、カラダもでかくなるよね~


──────────
【訪問日】 2007年1月 
【店名】 Hilton Steakhouse
【ジャンル】 ステーキ
【住所】 3000 Paradise Road Las Vegas
      Hilton Las Vegas内

【電話】 702-732-5755
【営業時間】 5:30pm - 10:30pm
【定休日】 無休
──────────



View Larger Map
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 牛かつ おか田
2007/05/13 00:16 |
DSCF5696-1_mosaic.jpg

日本でもっとも『おぢさん』密度の高い街、新橋
街ゆくひとはみんな、おぢさん、おぢさん、おぢさん…

新橋駅前の有名な待ち合わせスポット 『SL広場』 も
↑ほら、人待ち顔で待っている人も歩いてる人も、
すべて おぢさん・おぢさん・・・

鶴橋の駅に降り立つと、焼き肉の匂いが漂ってくるように
新橋の駅に降り立つと、おぢさんの臭いが漂ってくる
おぢさんの街、新橋!

でも、おぢさんの街にはおぢさんの名店がある。
きょう目指すのはココ

DSCF5687-1.jpg

■牛かつ おか田 東京・新橋 ニュー新橋ビル地下1階

ここは東京では珍しく、牛かつ、つまりビフカツを食べられるお店
ランチタイムには長蛇の列ができる、人気店らしい。

さて、目指すお店の前に到着すると…

げげっ!

お店の前に行列してるのは、すべて おぢさん  ^_^;

DSCF5697-1_mosaic.jpg

ま、ここは新橋だから! とひとり納得し並んだよ。
並んでると言っても、おぢさんのランチはとっても早いから
つぎつぎと人がでてくる。

店頭にはこんな表示が

DSCF5688-1.jpg

『30秒で揚がります。 お待たせしません。』

たしかに、回転早い。
あっというまにぼくの順番がまわってきた。
このお店のメニューはこれ

 ①牛ロースかつ丼   1100円
 ②特盛りロースかつ丼 1500円
   ライス・カツ 1.5倍
 ③牛ロースランチかつセット 1200円
 ④牛ロースおろしかつセット 1200円
 ⑤牛フィレかつセット    2000円

セットのライスのおかわりは、
お一人様一杯無料『サーヴィス』してくれる。

カウンターに座ると、ウェイトレスさんやってきて、
すごい早口で

 『ご注文を番号でおっしゃってくださいっ!』
 『は、はいっ。 三番、お、お願いしますっ(汗)』

迷ってる時間も与えてくれなさそうだったので、とっさに答えた。
まあ、最初から食べようと思ってたやつ選べてたよ♪

そして、ほんとに30秒ででてきた


DSCF5691-1.jpg

うわぁ~♪ 美味しそう!
思ってたより、お肉、分厚いね♪
なんだか嬉しくなってきたよ~


DSCF5695-1.jpg

ここの牛かつは2種類のたれをつけて食べるのが標準

 右:特製ソース
 左:わさび醤油

えっ、わさび醤油? って気もするけど…
でも、一口目はなにもつけずにただきます♪

う~ん、とろけるような食感♪
そしてお肉の味がとても美味しい!


DSCF5692-1.jpg

アップで見ると、噂にきいていたとおり、
お肉はまっ赤。 超レアだね~

二口目は『特製ソース』をつけていただいた。
うんうん、美味しい♪
でも、ソースの味でせっかくのお肉の味が負けてる感じ…


DSCF5694-1.jpg

そして、三口目は『わさび醤油』でいただいた。

お~、これが一番美味しいっ!
なんか、意外だね。 でも、これならパクパク食べられる。
途中でメニューを見てたら、わさび醤油ではなく

 ・お肉にわさびをつけて、醤油で食べる

のが正しい食べ方だと書いてあった(笑)
とっても美味しいのであっという間に食べちゃったよ。

なるほど、これなら長い行列を作ってても
あっというまに順番が回ってくるはずだね~!

そして、店内で食べてるお客さん、全員『おぢさん』だった…

 庶民の味 おか田の牛かつ
 おぢさんの味 おか田の牛かつ

でも、この牛かつは、ぜったいお嬢さんのお口にもあうはず!

お嬢さんたち、OLさんたち!

新橋にいく機会があったら、勇気を出して
このおぢさんだらけのお店に一歩踏み込んでみてね♪


DSCF5685.jpg

そうそう、店頭におぢさんが並んでないこともあるので
気づかずに素通りしないように…



──────────
【訪問日】 2007年5月 
【店名】 牛かつ おか田
【ジャンル】 牛かつ
【住所】 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル地下1階
【最寄駅】 JR新橋駅 徒歩1分
【電話】 03-3575-0440
【営業時間】 11:30 - 14:00 / 18:00 - 20:30
【定休日】 土曜・日曜・祝日
【キーワード】 牛かつ 牛カツ ビフカツ ビフテキ とんかつ 豚カツ トンカツ
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ オステリア・アバッキオ イタリアン 大阪・谷町六丁目
2007/05/11 00:18 |
DSCF5507.jpg

谷町筋にはあんまり用事がなくてあんまりいかない
その谷町六丁目にパスタの美味しいイタリアンが
あるって聞いたので、わざわざいってきました。

■オステリア アバッキオ 大阪・谷町六丁目

通常、ランチは11時半からだと書いてあったので
ピッタシの時間にいったのにGWだからか、
『ランチは12時より開始します』との張り紙
ま、きょうは急いでるわけじゃないし、いっか^^

ランチは三種類

‐Aランチ  900円
‐Bランチ 1370円
‐Cランチ 2100円

どうやら、BとCは手打ちパスタで、Cはメイン付き
きょうは手打ちパスタ食べたい気分だったのでBにしたよ

DSCF5511-1.jpg

前菜は盛り合わせ
それぞれ少量ずつだけど、それぞれ美味しい♪
ランチの前菜としては合格ラインかな♪

DSCF5526-1_mosaic.jpg

きょうは休日なので、ランチ客の出足は遅いね
店内はテーブル席のみの18席
カジュアルな雰囲気だけど、壁にイタリアの新聞がはってあったりして
プチ知的な雰囲気だよ♪

Bランチのパスタは2種類からチョイスできる。 きょうは

‐浅利、帆立貝、マテ貝のタリオリーニ
‐葵地鶏と木の子のラグー タリアッテレ

すごく迷ったんだけど、帆立貝にひかれて、タリオリーニにしたよ
大盛りお願いしたんだけど、手打ちパスタはひとり分ずつ
分けてあるので、無理だって… 残念。

DSCF5517-1.jpg

しばらくたってでてきたのがこちら♪
おお~、予想通り、大きな帆立がごろごろ!
パスタの量はちょっと少な目だったけど
トマトソースに貝の味がしみこんで、とっても美味しいよ~♪

DSCF5521-1.jpg

タリオリーニはちょっと細めのこんなパスタ
ちょうど、手打ちのそばとおなじくらいの太さかな。
隣の席で召し上がってた、タリアッテレも美味しそうだったな♪

DSCF5522-1.jpg

ドルチェはこちら
白いおさらに、白と白なので、ちょっと見た目にインパクトない
ラズベリーソースとかでちょっと絵をかけば、
一段と素敵になるのになぁ~
でも、美味しかったですよ♪

DSCF5525-1.jpg

谷町六丁目という、めったにいかない場所にあるイタリアンだけど
お近くでお仕事されてるかたは、ぜひいちど行ってみてくださいね
パスタ美味しいから、夜にくるといろいろな手打ちパスタ楽しめるよ~


──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 オステリア アバッキオ
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市中央区谷町6丁目6-5 谷六コープ1F
【最寄駅】 地下鉄 谷町六丁目 徒歩2分
【電話】 06-4304-2529
【営業時間】 11:30-14:00 18:00-22:00
【定休日】 日曜
──────────



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 汁なし担々麺 中華厨房 しゃんらん 大阪・玉造
2007/05/09 00:32 |
DSCF5320-1.jpg

日曜日の夕方、ちょいと小腹がすいたので軽くラーメンでも
たべたいと思って雑誌をみていたらココを見つけたよ

■中華厨房 しゃんらん 大阪・玉造

広告の写真に旨そうな『担々麺』の写真が載ってたので
ここに決定!
場所は玉造駅から徒歩で5分くらいのところ
店頭にはでかい、まっ赤な『中華人民共和国』の国旗が掲揚されている!
中国の方がやってるのかなと思ったら、どうやら日本人だね

さて、お店にはいってさっそく『担々麺』を注文しようとしたとき
こんなのを見つけてしまった。

DSCF5323-1.jpg

おりょ!

‐汁なし担々麺
 担々麺はもともと麺や具を入れた天秤棒を担いで
 歩いて売ったと言われています。

この説明と『汁なし』っていうのがなかなか結びつかなかったんだけど
きっと、天秤棒を担いで売り歩くのに、『汁』を持っていけないから
汁なしが一般的だったんだよ。 って言いたいのかな?

お店の大将に聞いてみた

『四川担々麺と汁なし担々麺、どうちがうの?』
『汁なしのほうが辛いよ!』

う~ん、激辛はちょいと苦手だけど、
汁なし担々麺ってあまり見かけないからなぁ…
で、覚悟をきめました(笑)

■汁なし担々麺 850円

DSCF5325-1.jpg

けっこう時間かけて、じっくりと手作りしてくれました。
とってもいい香りです♪
この香りがなければ、『日清焼きそば』みたいな感じ(笑)

DSCF5327-1.jpg

一口いただきました。
お~、すっごくよい感じの辛味
けっして激辛ではないです。
味わいのある辛さ♪
でも、額からは汗がたら~り ^_^;

いやぁ、めっちゃ旨かった♪
この調子だと、四川担々麺もかなり旨いかもしれない。

DSCF5321-1.jpg

さらに、このお店には!

‐四川麻婆豆腐 780円
‐四川省の麻婆豆腐 1100円
‐四川風水餃子 590円

というのがある。
これは期待できるよ~

いままで、あまり噂のなかったこのお店だけど
ちょっとクセになるかも♪


『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/

──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 中華厨房 しゃんらん
【ジャンル】 中華 四川料理
【住所】 大阪市中央区玉造1-6-22
【最寄駅】 JR・地下鉄 玉造駅
【電話】 06-4304-0064
【営業時間】11時30分~14時/17時30分~24時(月~土)
       18時~22時30分(日祝日)
【定休日】 不定期
【キーワード】 担々麺 坦々麺 担担麺 坦坦麺
──────────
34/40/18.26,135/32/1.203
関連記事
___________________________
中華 トラックバック(2) | コメント(2)


■ 木村先生 お料理教室 洋食 【2007年3月】
2007/05/07 01:16 |
DSCF5047-2.jpg

木村先生のお料理教室
今月(3月)は久しぶりの洋食です♪

洋食って不思議
フランスやイタリアなどの洋風の食材、調理法なんだけど
日本人の口にとってもよくあう。
もう完全に日本食。 でも洋食と言う(^_^)

きょうのお献立はこちらです。

1.グリンピースのスープ
2.小魚のマリネ
3.チキン プロバンス風
4.クレソン・グレープフルーツ・プチトマトのサラダ
5.浅利のドリアン
6.イチゴのムース

どれも美味しそうだね~♪

1.グリンピースのスープ
DSCF5032-1.jpg

まずはスープ
これは以前やった、人参のスープと基本的には同じだよ
グリンピースまたはエンドウ豆を柔らかくにこんで
ミキサーにかけたあと、生クリーム、塩・胡椒・バターで
味を調えるだけ♪
野菜のスープってとっても簡単で栄養満点
しかも、美味しいよ♪
色も春らしくって綺麗だよね~

2.小魚のマリネ
まず、玉ねぎを炒め、粒胡椒、ワインビネガー、白ワインなどの
調味料を加え、沸かしておく。←マリネ

DSCF5024.jpg

次に、わかさぎや小アジなどの小魚に小麦粉をつけてカリッと揚げる。
そして、熱いうちにマリネに漬け込む

DSCF5028-1.jpg

互いに熱いうちに漬け込むと、魚に味がしみこむんだって!
手軽で美味しそうだね♪

3.チキン プロバンス風
トマトと香辛料を使ったソースのことをプロバンス風っていうらしい

DSCF5025.jpg

玉ねぎ・生姜・ニンニク・鷹の爪にトマトの水煮を加え
鶏肉をいれて20~30分煮込む
そして、ハーブ・ド・プロバンスというミックスハーブを
加えて味を調える。
ミックスハーブというのはタイムとバジルとオレガノのミックス

DSCF5040-1.jpg

お皿に盛りつけるとこんな感じ♪
ほんと、洋食って雰囲気だよね~
チキンの左上に盛りつけてあるのは
あとで出てくる『浅利のドリアン』だよ

4.クレソン・グレープフルーツ・プチトマトのサラダ
DSCF5033-1.jpg

クレソン・グレープフルーツ・湯むきしたプチトマトに
ビネグレットソースをかけただけのサラダ
ビネグレットソースというのはフレンチドレッシングのことなんだって
酢・油・マスタード・塩・胡椒でつくる
市販のドレッシングより100倍くらい美味しい♪
グレープフルーツの爽やかさが食欲をそそるよ~

5.浅利のドリアン
DSCF5034-1.jpg

まず、玉ねぎとバター・小麦粉・牛乳・浅利のゆで汁で
ホワイトソースをつくる。
つぎに玉ねぎをバターでいため、米を加えて透き通ったら
ケチャップ・浅利のゆで汁・チキンブイヨンを加え炊き、
沸騰してきたら浅利を入れて炊きあげる。
グラタン皿にピラフを入れ、ソースをかけ、チーズをふって
230℃で10分くらい焼く。

いままで貝のグラタンってあまり食べたことなかったけど
浅利の味がでて、すっごく美味しいよ♪

6.イチゴのムース
DSCF5050-1.jpg

そして、最後はデザート
イチゴのムースです♪
牛乳とゼラチンを沸騰させ、あら熱がとれたたところに、
イチゴの潰したのをいれる。
ソースはイチゴの潰したのに、レモン汁とリキュール
(グランマニエやコアントロー)を加えたもの。
写真みると、ほんとに美味しそうなデザートだね!
いや、ホントに美味しかったんだけどね。

久しぶりの洋食だったけど、グリンピースのスープは
すごくデリケートなお味だったし、
チキンのプロバンス風と、浅利のドリアンでお腹いっぱい
グレープフルーツのサラダもとっても健康的。

またまた、満足まんぞくなお料理教室でした~
さあ、帰って復習しなきゃ!

【過去のお料理教室】
■お料理教室 2006年6月 イタリアン
■お料理教室 2006年7月 中華
■お料理教室 2006年8月 中華
■お料理教室 2006年9月 和食
■お料理教室 2006年10月 洋食
■お料理教室 2006年11月 中華
■お料理教室 2006年12月 クリスマス料理
■お料理教室 2007年1月 和食
■お料理教室 2007年2月 中華



関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ラ・トォルトゥーガ 北浜
2007/05/05 01:00 |
DSCF5223.jpg

去年のクリスマスの日のランチに思い立って訪ねたら
予約で満席で振られてしまったのできょうはリベンジ。
前回訪問から約2年半ぶりのここ

■ラ・トォルトゥーガ 大阪・北浜

ガッツリ系フレンチの教祖様的お店
きょうならきっと大丈夫だとは思いながら
念のため予約をいれてやってきたよ。

ランチメニューは1種類のみ

■デジュネ 2100円
 スープ+前菜+メイン+デザートorチーズ+コーヒー

DSCF5197-1.jpg

まず最初のスープはカボチャのポタージュスープ
とってもオーソドックスだけど、とっても美味しい
空腹に暖かいスープがしみこんでいく
自分の胃がどこにあるのかレントゲンで見てるみたいによくわかる(^_^)

前菜は5種類から一品選べる

 ‐玉ねぎと生ハムのキッシュ
 ‐いわしのポワレ
 ‐サバとじゃがいものテリーヌ
 ‐サーモンの軽い燻製
 ‐田舎風お肉のパテ

どれもトォルトゥーガの定番だね
『サーモンの軽い燻製』も魅力だったんだけど、きょうはこれにしたよ

DSCF5199-1.jpg

■田舎風お肉のパテ

これはすでに閉店してしまった『ル・ピリエ』でも定番になってたやつ。
ランチなのでワインは飲めないんだけど、
このお肉のパテを食べてると、ワインが食べたくなるね~♪
ゆっくりと時間をかけて味わったよ!

DSCF5203-1.jpg

鳥の巣のなかに産み付けられた卵のようなパン
けっこうでかいです!

さて、楽しみにしているメインも5種類から一品選べるよ♪
前来たときは3種類くらいしかなかったような気がする。

 ‐シャラン産 鴨のコンフィ
 ‐地鶏のジャンボネット
 ‐仔羊の煮込みとクスクス
 ‐豚バラのエキゾチック
 ‐鶉(ウズラ)のワイルドライス詰めのロティ

う~ん、迷うまよう! 全部、食べたいっ♪
『仔羊の煮込み』は前回来たときに食べたのでそれ以外から。
シャラン鴨も地鶏も豚バラもウズラも魅力的
でも、そのなかでいちばん興味をそそったのをオーダーしたよ!

10分ほどまってでてきたのがこちら♪

DSCF5207-1.jpg

■鶉(ウズラ)のワイルドライス詰めのロティ です。

うわぁ~、美味しそう♪♪
大きさはテニスボールとソフトボールの中間くらい
ランチで食べるにはちょうどよいくらいの大きさだよ
そして、この焼け具合! 最高だね~
ウズラって普通に焼くとすごく小さいけど
お腹のなかにいっぱいなにか入ってるので
一見、ウズラじゃないみたい~
どんなのが入ってるんだろう…?

DSCF5211-1.jpg

↑はーい、ウズラ断面図はこんなのです。
ワイルドライスというものを固めに炊いて
パンパンに詰め込んであります

お肉の部分とワイルドライスをいっしょに
カットしていただきました♪
おー、旨いうまい!
ウズラのお肉の味がライスにしみこんで
すんごく美味しいです♪

そして、トォルトゥーガのメインディッシュにしては
量がほどほど。 これが嬉しい(笑)
『仔羊の煮込みとクスクス』を食べたときは
苦しくって、苦しくって… たいへんだったから。

ウズラを一匹とワイルドライスでちょうどお腹がいい具合♪

さて、さいごはデザートかチーズを選べるよ。

DSCF5213-1.jpg

きょうはチーズをいただくことにしました。
チーズは2種類。
柔らかいのと堅いの(笑)

DSCF5216-1.jpg

なんというチーズなのか教えてもらったんですけど忘れました ^_^;
そして最後はエスプレッソ

DSCF5221-1.jpg

ほんとに久しぶりにやってきたんだけど
やっぱり満足まんぞくなランチだね~

じつはトォルトゥーガ、まだ夜に訪問したことない
夜はランチ以上にガッツリ系らしいので
お腹をすかせた人ひきつれていかなきゃね!




──────────
【訪問日】 2007年3月 
【店名】 ラ・トォルトゥーガ
【ジャンル】 フレンチ
【住所】 大阪市中央区高麗橋1-5-22
【最寄駅】 地下鉄・京阪 北浜駅
【電話】 06 4706 7524
【営業時間】 11:30~14:00 17:30~22:00
【定休日】 日曜
──────────
34/41/11.392,135/30/40.139
関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■ 佛跳牆 五月花海鮮大酒樓 中国・珠海
2007/05/04 00:48 |
DSCF3231.jpg

中国・珠海というところにいくことが決まって
地球の歩き方とかその他の中国のガイドブックを
調べてみたんだけど、珠海の情報はほとんど載ってない…
香港・マカオの隣だということはわかったけど
いちばんの重要問題、『美味しいお店情報』はゼロ ^_^;
せっかく珍しいところいくのに、これではどこで晩ご飯たべたらいいん? って

と途方にくれていたとき、
mixiの『不夜城マカオ』コミュ経由でみつけたこのブログ

■中国 珠海 生活日記 nishiwopengyouさん

わぁ~ 探せばあるもんだね
まさに、珠海にお住いの方の生の情報!
さっそく参考にさせていただきました♪

こちらのブログではいっぱいお薦めのレストランがあったんだけど
きょうはこちらに行ってきました

■五月花海鮮大酒樓

選択の決めては『ハトの丸焼きが美味しい!』
さすが中国の料理店。 店頭にこんなのがつるしてあったよ ^_^;

DSCF32321.jpg

中国人男性1人、中国人女性1人(どちらも日本語可)
と日本人男性2人の合計4人でいってきました。

もちろん、最初にオーダーしたのはこちら

■招牌乳鴿皇 21元/一羽 (300円くらい)

そう、ハトの丸焼きです!
この時点では、このハトの丸焼きがきょうのディナーの
話題を独占すると思ってたんです…

DSCF32421.jpg

これが、そのハトの丸焼きです
思ったより小さかったけど、ぜんぜん臭みもなく
とっても美味しかったですよ。
まあ、丸焼きとはいっても、分解してあって
お肉は手羽肉ともも肉しかなかったです。
ハト胸食べてみたかったんだけど(笑)

DSCF3248-2.jpg

メニューの名前がわからないんだけど
揚げ出し豆腐のような感じの豆腐を広東風に味付けしたもの
豆腐の柔らかさ、食感が最高でものすごく美味しかった!

すでにハトの丸焼きを食べ終わって、ぼくはけっこう満足していたときに
メニューを見ていた、同行の中国人男性のJさんが突然、

『おおっ、佛さまが跳んで喜ぶスープがありますよっ!』

って興奮した様子で騒ぎ出したんだ…

DSCF3241.jpg

あまりの美味しさに仏様でも飛び跳ねて喜ぶらしい。
Jさんの様子がただごとではなさそうだったので(笑)
じゃあ、それを頼みましょうってことになった。

■海味佛跳牆 68元/鼎(およそ1000円)

しばらく待つと、おおきな壺にはいったものがでてきたよ!
運ばれてきたときはメニューの写真と同じような
蓋つきで、蓋と壺とのあいだには紙がしかりと貼られていた。

DSCF3256-1.jpg

煮込むときに密封して圧力鍋のようにするためなのかな?
ぱっと中をみたところ、すごい量の具がはいってるよ。
興味津々!
壺からのぼってくる香りもとっても美味しそうなんだけど
いろいろなものが入っているようで、複雑な香り(笑)
まずは小姐がいっぱいよそってくれました。

DSCF3261-1.jpg

まずは一口、スープをいただきました。

おおっ~!  ぶっ跳びそうです!
すばらしい♪ いろいろなものの味がまざりあって
とっても複雑な味なのでうまく説明できないけど
ほんとに仏様でも飛び跳ねて喜びそうなくらい素晴らしく美味です!

はいってる具もとても美味しい。
この肉団子のようなモノもとろけそうに柔らかくて旨いよ~
なんの肉だんごなんだろうね

DSCF3266-1.jpg

なんどもなんどもおかわりしたけど
まだこんなにたくさんの具がのこってるよ
この『佛跳牆』、予期せずみつけたメニューだったけど
とてもよい経験をさせてもらいました♪
あとで聞いたところによると、美味しんぼでも紹介されているくらい
有名なお料理なんだって。 興味ある人調べてみてね?

さて、きょうは先にこれも注文してたんだ

■スッポンのスープ 128元/壺

DSCF3268-1.jpg

こちらもまあまあ美味しかったんだけど
さっきの『海味佛跳牆』の陰に隠れてしまって話題にならなかった(笑)
スッポンさん、かわいそう…

DSCF3271-1.jpg

これがスッポンスープの具なんだけど
なぜかいっぱい豚肉がはいってるよ(笑)
スッポンの肉は溶けてしまったのか、ほとんど見つからなかったね。
スッポンは日本のスッポン鍋のほうが美味しいような気がする。

DSCF3250-1.jpg

ほかに焼きめしと焼きそばとお野菜をいただきました。

DSCF3252-1.jpg

それにしても、なんどもいうけど『海味佛跳牆』は素晴らしかったです
しかも、これがひと壺たったの1000円
信じられない安さだね~
日本でこういうのつくったら、きっとひと壺一万円くらいするだろうな…
ほんとに感動のディナーになりました♪

この五月花は珠海市内に数軒あるけど
有名店なのでタクシーの運転手さんに言えば連れていってくれます


──────────
【訪問日】 2006年12月 
【店 名】 五月花海鮮大酒樓
【ジャンル】広東料理
【住 所】 広東省珠海市
【電 話】 ??
【営業時間】??
【定休日】 ??
【キーワード】 ぶっとびスープ 仏とびスープ 佛とびスープ
──────────
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(2)


■ カドヤ食堂 ラーメン 大阪・今福鶴見 【2007年4月 昼訪問】
2007/05/03 00:24 |
DSCF5490-1.jpg

『今福鶴見』という、あまり行く機会のないところに
行列のできるラーメン屋さんがあるんだって。
京橋からさほど遠くないけど、市内とは方向が逆なので
めったに行く機会がない。
それで、GWの時間がゆっくりあるときに
ちょいと足を延ばしていってきたよ。

ほんとだ、午後2時だというのに、行列つくってる ^_^;
でも、見てると回転早そうなので、ならびました。
けっきょく30分ほど待ったけど…

DSCF5495-1.jpg

店内はどこにでもある、普通のラーメン屋さんって感じ
普通とちがうのは…
こんな時間、だいたいどこでも閑古鳥ないてるのに
ここは満席・行列!
すごいね~

ここでイチオシのメニューは

■中華そば 680円

これは肉と魚のエキスでとった、醤油系のスープ
きっと美味しいに違いないんだけど、
ふだんから醤油系を食べつけてないまさいは、
得意ジャンルのこちらにしたよ!

■塩そば 700円

DSCF5500-1.jpg

↑10分ほどまってでてきたのはこちら
みかけはどこにでもあるようなふつうのラーメン
いや、中華そば
まず、ひとくちスープをいただきました

お~っ! すばらしい、透き通った味だね♪
専門的なことはわからないけど、滋賀の淡海地鶏をつかって
出汁をとってるのかな…
全部飲み干したいくらい美味しい♪

麺は細麺。 とってもなめらかな食感
細麺はすぐにノビるので、大急ぎで食べますっ!

DSCF5504-1.jpg

これ、白金豚の焼き豚!
見るからに美味しそうでしょ?
そう、しっかりした歯ごたえ!
とろとろの口にいれるととろけるようなチャーシューとは
食感も味もちがうけど、しっかりと美味しいよ~♪
これ、もう2~3枚ほしいなぁ

出汁、麺、焼き豚。 すばらしいコンビネーション
こりゃぁ、午後2時でも行列ができるはずだね♪

DSCF5497-1.jpg

こちらは、塩そばといっしょに頼んだ

■豚めし

てっきり、ごはんの上に焼き豚がのっていて
それにタレでもかかったのがのっかってるのかと思ってたけど
ちがいました~

細かく刻んだ岩手の白金豚に上品な味がついてるの
これに、辛子を絡ませていただくと、もう最高!
予想外の美味しさでした。

ふだんから、ラーメンライスという炭水化物定食は
めったにたべないまさいなんだけど、
きょうの『炭水化物定食』は最高だったよ~!

『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/

──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 カドヤ食堂
【ジャンル】 中華そば
【住所】 大阪市鶴見区鶴見4-1-18
【最寄駅】 地下鉄 今福鶴見駅 徒歩5分
【電話】 06-6933-9323
【営業時間】 11:30~16:00 18:00~21:00
【定休日】 月曜、第三火曜休
──────────
34/41/59.935,135/33/48.726
関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(2)


■ すずや とんかつ茶漬け 東京・秋葉原 【2007年4月 昼訪問】
2007/05/01 01:04 |
DSCF5407-1.jpg

↑マイミクのBさんに教えてもらって以来、興味津々だったこれ

■すずや 東京・新宿

このお店が秋葉原にもあるので近くいったときに
さっそくいただいてきました。

↓このお店はこれで有名らしい

DSCF5393-1.jpg

■とんかつ茶漬け 1340円

とんかつ茶漬けってどんなんやろって…
お料理の雰囲気も味もなんも想像できないわ

お店は普通のとんかつ屋さん風
お昼時だったので、満席だったよ
そうそう、秋葉原のすずやが入ってる『AKIBA-ICHI』というビル
全館禁煙なんだね。 となりに座ったお客さん

『喫煙エリアいってくるわ。 いちばん上のフロアだけど…』

って言ってた。 ごくろうさま!

さてしばらく待ってでてきたのはコレ

DSCF5398-1.jpg

大サイズ(1550円)を頼んだので、とんかつの量が1.5倍

へぇ~、鉄板にのってくるんだぁ
それに、キャベツが生の千切りじゃなくて、茹でキャベツ…
う~ん、ちょいと違和感ありやな!

とは言いながらも、興味津々でさっそくカツをいただきました♪

DSCF5399-1.jpg

ほぉ、お肉に最初から軽く味付けしてあるよ
なのでソースも塩もつけなくても美味しい!
いや、醤油系の味がついてるので、とんかつソースはあわない。
お肉自体はそんなに分厚くない、ごく普通のとんかつだね

DSCF5617-1.jpg

さて、入り口でもらってきた『とんかつ茶漬けの食べ方』をコミック風に
紹介した案内によると、

‐最初は普通にとんかつを食べる
‐のこり数切れになったら、カツとキャベツを両方とも
 ごはんに乗せて、お茶をかけてお茶漬けにする

と書いてある。
真面目なまさいはちゃんとマニュアルの指示通りにしたよ(^_^)/

DSCF5403-1.jpg

とんかつ4切れと、追加で頼んだ茹でキャベツをごはんに乗せ
お茶漬け用に別に持ってきてくれたお茶をかける。
なかなかサマになってる盛りつけでしょ?

この光景、どこかで見覚えがあるなあ。
あ~、あれあれ
えび頼みで食べた天丼のあとの『白だし茶漬け』だ♪

DSCF5404-1.jpg

アップで見るとこんな感じ。
いつもサクサクの衣のとんかつを食べるのが楽しみなので
お茶にべちゃーっと浸かったとんかつさん、なんだかかわいそう…

さっそく、恐々ひとくちいただきます。
ほぉ~ こういう味なんだ♪
とんかつの衣に染み込んでいた、醤油系の出汁が
お茶に溶けだして、いい感じの塩味になってるよ!
もしかしたら、鯛茶漬けより美味しいかも(^_^)/

けっこういけます。
とんかつのお肉も茶漬けごはんといっしょに食べると
意外に意外においしい!

DSCF5392-1.jpg

このとんかつ茶漬け、想定外… というか、想定すらできなかった
未知の味だけど、悪くないという結論にたっしたよ(笑)
まあ、このとんかつのぶ厚さで1340円(普通サイズ)
というのはいままでのウマウマとんかつ屋さんと比べると
かなり高いとは思うけど、一度試してみる価値はあるよ~

『人気blogランキング』にエントリーしました。
励みになるので、ぜひ こちら をクリックしてね(^_^)/

──────────
【訪問日】 2007年4月 
【店名】 すずや 秋葉原店
【ジャンル】 とんかつ茶漬け
【住所】 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX内 AKIBA-ICHI 3F
【最寄駅】 JR秋葉原駅
【電話】 03-3252-3105
【営業時間】 11:00~23:00(日曜は22:00まで)
【定休日】 無休(全館休業日あり)
──────────
地図のみかた
35/41/50.474,139/46/32.979
関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ