English | Top | RSS | Admin

2006.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006.10


■ヴレ・ド・ヴレ フレンチ 大阪・新町 【2006年9月訪問】
2006/09/30 12:51 |
DSCF1660_trim.jpg

9月末だというのに、暑い一日だったね~
きょうはひさびさのフレンチランチオフの日♪
8人ものみなさんがランチにあつまってくれました♪
お店は心斎橋から新町に引っ越してきた

■ヴレ・ド・ヴレ シェ・ヒロ 大阪・新町

まえにこちらを訪問したときに紹介したように
ランチは2種類あるよ

‐デジュネ A 1470円
‐デジュネ B 2940円

きょうはみなさん、デジュネBを選びました♪
まず最初に軽く乾杯!

DSCF1669_H.jpg

ぼくはキールです。 とっても綺麗な赤だね~
最初にアミューズはサンマの燻製?だったかな

DSCF1671_H.jpg

デジュネBは前菜、メインともに数種類から選べるプリフィクス
きょうの前菜のメニューはこちらだよ

‐リードヴォーのソテー キノコ添え サラダ仕立て
‐フォアグラ・サツマイモのテリーヌ
‐オマール海老 ホタテ貝のタルタル
‐生ハム・ジャンボン・豚テリーヌの盛り合わせ
‐自家製スモークサーモンのサラダ仕立て

フレンチはメインより前菜のほうが魅力的なことが多いので
すっごく迷っちゃうね~ 全部たべたい!
悩んだすえ、ぼくが選んだのはこちら

■オマール海老 ホタテ貝のタルタル

DSCF1675.jpg

とってもフレッシュで美味しかったけど
ちょっと食べにくかった…
ゼリーで固めてあったらもっと良かったなぁ。

きょうは土曜日の午後なので1時をすぎた時間でも
店内はお客さんでいっぱい

DSCF1699_trim_M.jpg

キッチンでは4人が忙しそうにお料理されてます。
一人とか二人できたときはカウンターのほうが楽しいよ♪

さて、お待ちかねのメイン料理のメニューはこちら

‐うずらのファルシー(つめもの)ロースト
‐西オーストラリア仔羊背肉のロースト バジル風味
‐牛テールの赤ワイン煮込み
‐市場からの鮮魚料理
‐バスク豚バラ肉のグリル

ぼくの好きな仔羊背肉のローストにするか、うずらのつめものにするか
だいぶ迷ったけど、つめものが楽しみだったのでうずらにしたよ
仔羊背肉のローストを頼んだひととシェアすることに!

ゆっくりと会話を楽しみながらのランチだったから
メインがでてくるまでの時間もあっという間に感じましたね…
これ、一人で待ってたら、待ちくたびれたかも(笑)

■うずらのファルシー(つめもの)ロースト

DSCF1681_H.jpg

わー、この両足がかわいい♪
お腹に詰め物がはいってるので、丸々してるよ~!
とっても美味しそうです。
たてに真っ二つに切ったところがこちら

DSCF1685.jpg

なかには小さくきった野菜とかが美味しく味付けされてはいってる
うずらなのでボリュームは少な目だけどすごく満足感のあるお料理ですね~
牛テールの煮込みや仔羊背肉のローストとかも一口ずついただきました♪

デザートは2種類からチョイス
ぼくはこれ

■無花果のコンポート バナナアイス添え

DSCF1689_H.jpg

イチジクはこういう風にデザートにするととても美味しいですね~!

最後はエスプレッソでごちそうさま!
とてもいい天気の秋の一日
あっというまの楽しい午後のひとときでした♪


この2940円のランチ、とっても美味しかったけど
でもお値段から考えるともう一品ほしいね~
これにスープがついていたらすごく満足感大なんだけど
ついてないと、あんまりお得感ないね~
前にいただいた、デジュネAのほうがお得感あるなぁ


==========
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 ヴレ・ド・ヴレ シェ・ヒロ
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 大阪市西区新町1-24-8 マッセノース四ツ橋ビル1F
【最寄駅】 地下鉄 四つ橋駅・西大橋駅
【電 話】 06-6535-7807
【営業時間】11:30~15:00 17:30~23:00
【定休日】 月
==========
34/40/22.259,135/29/53.706


関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


□これ、買った♪
2006/09/28 21:55 |
DSCF1653.jpg

いろいろ作るのたのしみ(^_^)/
関連記事
___________________________
手作り料理 その他 トラックバック(0) | コメント(2)


■ 天津狗不理包子 中国・北京
2006/09/25 22:15 |
DSCF1392_trim.jpg

また、北京へ行って来ました。
今回の北京行きは2泊3日なので夕食の機会は2回だけ。
しかも海淀区という都心から離れたところに
滞在したので美味しいお食事処があるかどうか心配です。

いままでとはちょっと違うものを食べてみたいなと思って
ガイドブックを探して見つけたのがこちら

■狗不理包子(ゴウブリーパオツ) 天津・包子専門店

DSCF1360.jpg

天津にある狗不理包子の支店でとても庶民的なお店です。
店内は写真のような雰囲気で、だれでも気軽に入れる感じですね!
醤油と黒酢もこんな金属製の入れ物にはいってます

DSCF1363.jpg

とっても庶民的(笑)
さっそく包子を3種類と野菜料理を2種類注文しました。
まずはビールで乾杯!
品名は『純生』 どこかで聞いたことのある名前ですね

DSCF1358.jpg

野菜料理はウェートレスさんのお薦めをそのまま頼んだので
なにがでてくるかわからなかったのですけど、
でてきたのはこちら…

DSCF1366.jpg

これが『油爆雪菜 25元』のよう
どうやら、各種キノコの炒め物みたいです。
小さななめこから、巨大なマッシュルームのスライスの
ようなものまでかなりの種類が入ってます。
おそるおそる一口たべてみると…

わ~! とっても美味しいです♪ 
これぞ中華料理という味付けでキノコの臭みもなく
とても美味しくお料理されています。
いろんな種類のキノコがあるものなんですね!

つぎにでてきたのはこちら

DSCF1368.jpg

近くのテーブルで他のお客さんが食べている青物を
指さして注文したので、野菜は予想できたんですけど
うえに乗っかってる薄いものがなにわからない…
まずは安心して食べられる青物(青梗菜のようなもの)を
いただきました。
そして、つぎにうえにのってる薄いものをおそるおそる食べると…
おおっ! どうやら鮑のようです♪
中華料理の鮑ってとっても柔らかいんですよ
和食では鮑というとコリコリ・しこしこしているのが
特徴ですけど、中華ではとても柔らかくお料理してあります。

以前、いちど鮑のステーキを食べたことがあるんですけど
それとよくにた食感でした♪

さて、いよいよお待ちかねの包子!
金属製の蒸籠のようなものに入ってでてきました。
えっ! 10個も入ってる(^_^;)

DSCF1373.jpg

値段が15元(200円くらい)だったので、4個ぐらいかと思ったら
10個も入ってるじゃないですか…
わぁ、これが3種類だから30個!
しかもけっこう大きい。
ガイドブックには一口サイズって書いてあったのに。

最初にでてきたのは『三鮮包子 17.5元』というやつ
豚・海老・キクラゲの三種類の具が入ってるから三鮮です。
さっそくひとくち食べてみました。
ぼくは小龍包のように、薄い皮に包まれたものを予想していたんですけど
皮は豚まんの皮のようにけっこう厚めです。
でも、3種類の具の味が混じり合ってとても美味です♪

DSCF1372.jpg

おつぎはこちら
見かけはほとんど同じだけど、区別が付くように
上に赤い点がついてます。 さっきのは黄色い点がついていました。
こんどのは『牛肉包  15元』
ちょうど日本の豚まんの肉を牛に代えたようなものです。
とても美味しいんですけど、ちょっと具が少ないのが不満でした。

DSCF1381.jpg

最後は『蟹肉包 15元』です。
見かけは同じで写真でみてもつまらないので
半分に割ってみました。
なかはこんな感じです。 けっこう大きな蟹が入ってます。
これもとても美味しいです。

DSCF1379.jpg

この3種類を交互に食べていったんですけど、
さすがに二人で30個は食べ切れません…
半分近く残っちゃいました(^_^;)
さんざん食べたあとの状態がこれ

DSCF1388.jpg

まわりのお客さんをみていると、なんだか自分で料理を
取りに行っている人もいるようです。
よく見ていたら、どうやらカウンターにいって、
自分の食べたい包子をほしい数だけ頼んで、
お皿に山盛りにして帰ってくるようですね。
なるほど、これだといろんな種類を楽しめるので
飽きないんですね…
メニューをもう一度よく見てみたら、
2個ずつ5種類はいっている包子もありましたよ!
最初に教えてくれたらいいのに~

中国の人によると、こういう皮の分厚い包子は
北のほうで主食として普通に食べられているもののようですね。
食べきれなかった包子はお持ち帰りにしました。

山盛りのキノコ炒め、鮑ののった青菜料理
そして、食べきれない数の包子とビールを2本いただいて
合計で105元 一人あたり750円ほどです。
とっても満足で安上がりな夕食でした♪

お店をでて、ちかくをうろうろしてたらなにやら異臭が…
あは、こういうのを見つけました

DSCF1394.jpg

台湾で有名な臭豆腐!
もうすこしお腹に余裕があったら挑戦するところだったんですけど
ちょっと満腹だったので、今回はあきらめました。
臭豆腐はこんど台湾にいったときの楽しみにとっておきます。

──────────
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 狗不理包子
【ジャンル】天津・包子専門店
【住 所】 北京市西城区地安門外大街155号
【電 話】 01-6404-3097
【営業時間】6:00-22:30
【定休日】 無休
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(2)


■豚肉のトマトソース
2006/09/24 19:01 |
DSCF1584.jpg

これも一回目のお料理教室でならったレシピをすこしアレンジ
教室ではペンネだったけど、スパゲッティにからめました。

■豚肉のトマトソース

トマトベースのソースを作るといつもひと味たりないんですけど
きょうは美味しくできましたよ♪

●材料(4人分)
1)ベーコン 30グラム みじん切り
2)玉葱  200グラム  〃
3)豚バラ 250グラム  〃   塩小1/3をまぶす

4)トマト水煮 一缶   フレッシュトマト入れるとあっさりする
5)塩   小1/2
6)パルミジャーノ 適量
7)パスタ スパゲッティ or ペンネ

●作り方
‐鍋に1)とオリーブオイル大1強を炒め、脂が出てきたら
 2)を加え炒める
‐飴色になったら、3)を加え混ぜ、4)を加え潰しながら煮る
‐5)を加え15分~20分(水分が飛ぶまで)煮る
‐パスタのうえにかけ、6)をふる
‐パスタは茹でたてが良い

トマトと豚肉は相性がよいので、とても美味しいですよ♪


■2006年9月
関連記事
___________________________
手作りパスタ トラックバック(0) | コメント(0)


■洋食の店 ア・ラ・カルト 感動の夜ごはん 大阪・神山町 【2006年9月】 
2006/09/22 00:04 |
DSCF1522.jpg

このところ大人気の『洋食の店 ア・ラ・カルト』
みなさん待望の夜ごはんオフの日です!
mixiの『土曜ランチ&平日夜ごはん倶楽部』で8名さまの参加を募ったところ
募集開始後1時間40分で満席になるという超人気店!
じつはまさいもここでの夜ごはんは初めてなのでとても楽しみ~

ア・ラ・カルトにくるといつも感心するんですけど
厨房がとても狭い!

DSCF1526_trim2.jpg

この一見、場末のラーメン屋のような厨房から
あの素晴らしいお料理が生まれて来るんです。
まさに、『弘法筆を選ばず』って感じですね!

きょうはおまかせ料理4000円コースをお願いしました。
最後に人気の『オムライス』をリクエストしてあります。
まず一品目はこちら
■豚肉の冷しゃぶ

DSCF1528.jpg

これはぼくが7月にランチにきたときにいただいたもの
豚肉の冷しゃぶというと和食のように思うけど
黒酢をつかったソースのおかげでみごとに洋食に変身するんです。
お見事です、パチパチパチ♪

この爽やかな冷しゃぶのおかげで、お腹も始動を始めます
つづいての二品目はこちら
■エスカルゴのブルギニョン・バター

DSCF1533.jpg

メニューの名前が聞き取れなくて、四回くらい聞き直しました(笑)
エスカルゴの中になにやらいろいろ詰め物をして
赤ワインで味を付けてあります。

DSCF1538.jpg

すっごくあつあつで出てくるので手で触ったら大やけど
なので、こういう道具を使って持つんですよ!
そして、この中身をパンの上にのっけて

DSCF1539.jpg

なかのスープもすべてパンにたらしていただきます♪
もう絶妙なお味なんです。 黒いのがエスカルゴ。

つづいて3品目はこちら
■自家製サンマのスモークと四角豆

DSCF1542.jpg

サンマってスモークすると洋風になるんですね~
お野菜との相性もばっちり。
そして、野菜のいちばんしたからでてきたのが
この大きな四角豆

DSCF1543.jpg

四角豆は熱帯アジアが原産で、日本では沖縄で栽培されてます。
これまたサンマのスモークとの相性がばっちりです。
洋食屋さんのメニューと言うよりは、
フレンチの前菜のような一品でしたね。

つづいて4品目はこちら
■パンプキンスープ
とろりとして、味のあるパンプキンスープで
ちょっとひといきという感じです。

DSCF1547.jpg

さてさて、5品目です。 お待ちかねです!
■クリームコロッケ

DSCF1549.jpg

このオレンジ色のソースがまたコロッケを引き立てますね!
ソースの成分を聞いてくるのを忘れてしまいました。
とってもふんわりと柔らかいクリームコロッケです。
どうやったらこんなに柔らかく作ることができるのでしょう?

DSCF1553.jpg

クリームコロッケを解剖するとこんな感じです♪
表面はサクッとしていて、中はトロトロ
コロッケの鏡のような作品ですね~!
お口に一口入れると、ほんとにとろけてしまいます。
これはもう芸術作品というべきでしょう!
ひとりひとつでしたけど、3つくらいなら軽く食べられそうです。

つづいて6品目。 これもお待ちかね!
今回は初めてのディナーだったので、
ア・ラ・カルトさんの基本メニューが目白押しです!
■ハンバーグとオニオンのクリーム煮込み添え

DSCF1558.jpg

これ、ボールのようにまん丸なんです。
でも作るとき見ていたら、ふつうのハンバーグのように
薄っぺらい形をしていました。
両手でペチペチたたいてたし…
いったいいつのまに丸く球形になったんでしょう?

謎です!

DSCF1561.jpg

これも解剖してみました。
お口に入れるとクリームコロッケとど同様、とろけるようです。
どうして、こんなにとろけるものを次々と作れるんでしょうね?

ワインもすすんで、白・白・赤と3本目です。
とってもかわいいラベルの赤ワイン。
お店のマダムのお気に入りです(ラベルが)!

DSCF1564.jpg

つづいての7品目は…!
夜、ア・ラ・カルトにくるお客様がほぼ全員リクエストするこの逸品。
■幻のオムライス です。

DSCF1567.jpg

じつはこれを一口いただくまでは、『へへん、たかがオムライスやん』
なんて、あまり注意をしていませんでした。
ところがところが…

二人でひとつだったので、半分にきっておとり分けしたんですけど
とりわけするときに、『なに、この柔らかさ!』
なんか、ぷよんぷよん してるんです。

それもそのはず、なかみは単なるチキンライスではないんです。
半分にきったら、トマト味のリゾットのようなものが
中から流れ出してきました。

DSCF1572.jpg

どうやら、わざわざお米からリゾットを炊いておられるようなんです。
だから時間がかかるんですね!
だから、フライパンを3つも使うんですね!

ひとくち、いただくと…
またまた、とろけちゃいます。
このお料理、一言で『オムライス』と呼ぶのは失礼なような気がします!
ア・ラ・カルトのシェフのお料理技術の集大成といえる
見事な芸術作品ですね! ほんと、感動です!

さいごのデザートはこちら
■クリームブリュレ

DSCF1578.jpg

いままでのお料理が素晴らしすぎたのか、ふつうに感じました。

それにしても、ほんとに素晴らしい夜ごはんになりましたね♪
途中からはマダムも駆けつけていただき、
いろいろ楽しい話をきかせてもらうこともできて
あっというまに3時間経過、11時
玄関口までご夫妻に見送っていただき、名残を惜しみながら
お店をあとにしました。
ほんとに名残惜しい…

ア・ラ・カルトのご夫妻もすごくよい雰囲気で
とっても和ませていただける素晴らしいお店ですよ!

夜は予約があるときだけ営業されます。
といっても、2名でも予約をうけていただけ、
たった二人だけのディナータイムもできるんですよ。

みなさんもぜひ時間をみつけて、夜のご馳走を楽しんでくださいね~

ア・ラ・カルト 初のランチ
ア・ラ・カルト ランチ2回目

==========
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 洋食の店 ア・ラ・カルト
【ジャンル】洋食
【住 所】 大阪市北区神山町3-2
【最寄駅】 地下鉄 東梅田駅・扇町駅 JR天満
【電 話】 06-6362-8171
【営業時間】11:30~14:30(夜は予約のみ)
【定休日】 日・祝
【キーワード】 アラカルト a la carute / a la carte
==========
34/41/58.872,135/30/31.560


関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(2) | コメント(6)


■bistro Kamekichi フレンチ 大阪・鎗屋町 【2006年9月訪問】
2006/09/19 16:49 |
0609120146.jpg

面白い名前なので、一回で覚えられるお店。
店名のおもしろさで言えば、國型製作所といい勝負かも(笑)

■bistro Kamekichi 大阪・槍屋町

オーナーのお名前が『亀井』さんなのでこの店名。
フレンチのお店にしては店頭に木や花をあまり飾っていない
シンプルでスッキリとしたお店の外観です。
一見、美容院かと思わせるような洒落た雰囲気♪

0609120149_trim.jpg

夜はアラカルトのみのメニュー
お肉料理がお得意のようですね!
ランチは1000円ランチのみです。
本日のランチは

■岡山地鶏のソテーとカレー風味のクリームキャベツ

それにサラダとパン、飲み物がついてます。
お店にはいったのは12時すこし前だったんだけど
すでに店内はほぼ満席
奥のほうの2人用テーブルに案内されました。

0609120151.jpg

最初にサラダがでてきます。
まあ普通の感じのサラダだけど
自家製のドレッシングがとっても爽やかで美味しいです!

0609120153.jpg

ホカホカのパンは籠にはいったものが二切れでてきました。
イタリアンのようにオリーブオイルが付いてると
もっと嬉しいんだけどね。
これはおかわり自由♪

さて、メインの岡山地鶏のソテーはこちらです。

0609120157.jpg

さすがビストロ。
でかいのがド~ンとでてきました。
その上に、山盛りのキャベツ

この地鶏のソテー
とても良い地鶏をじっくり焼いてあって
とても美味しいです。
最近は3大地鶏(比内鶏、名古屋コーチン、薩摩軍鶏)以外の
地鶏もとっても美味しくなってきましたよね~
いちど地元の『大和地鶏』も食べてみたいなと思ってるんです。

この岡山地鶏もとても味がしっかりしていて美味しかったです。
上にのってるキャベツはカレー風味ということなんだけど
あんまりカレー風味は感じなかったな…

0609120160.jpg

最後の飲み物は、隣のお客さんが飲んでて美味しそうだった
オレンジジュースにしました。
いつもコーヒーばかり頼んでるので、ちょっと新鮮な気分です♪

最近、フレンチやイタリアンの1000円ランチの
質があがってきて、あちこちで美味しいのがいただけますよね。
先日の『ダン・ル・シエル』の1000円ランチの感動が
あまりにも大きかったので、それと比べると、ちょっと
見劣りする感じです。 でも、いちおう合格点かな。
夜のお料理でなければ本領発揮できないのかもしれませんね。

さて、このお店、ひとつだけ『大きな』不満があります。

■店内がタバコで臭い、煙たい!

タバコの煙でもうもうとしていて、息苦しくなります。
マダムに『禁煙席』無いのかときいたところ、
『どこでもご自由にお吸いください』とのことでした。
ちょっと、質問の意味を取り違えてるかも…

お料理の美味しいさは五感で感じますよね。
味覚、触覚、視覚、聴覚、嗅覚

味覚は当たり前。
触覚は舌触りや噛みごたえ。
視覚はお料理のビジュアル的な美しさ。
聴覚はじゅうじゅうという美味しそうな音
そして、嗅覚はお料理の匂い、香り

でも、この店では嗅覚を働かせると、タバコのニオイ(臭い)ばかり…
フレンチというデリケートなお料理を出しているお店にしては
あまりにも無神経な気がします。
食事中に漂ってくる煙はものすごく不快です!

最近はファミレスでも禁煙席があたりまえですよね。
せっかく美味しいビストロ料理を出しているのだから
もっと匂いと臭いにビンカンになって欲しいものです。

厨房は大きな換気扇があるので、タバコのニオイが
わからないのかも知れません。

ぼくが次にKamekichiに行くのは

 1)完全禁煙または分煙が実施されるか
 2)焼き肉屋なみの換気設備が設置されるか
 3)空気清浄機が10台くらい設置されるか

のいずれかが実施されたといううわさを聞いたときですね。
そういううわさが聞こえてくるまでは二度と行きません。

いちどはディナーに行きたいと思わせるお店なのに残念!


==========
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 bistro Kamekichi
【ジャンル】フレンチ・ビストロ
【住 所】 大阪市中央区鎗屋町1-3-13
【最寄駅】 地下鉄  谷町4丁目 3/6番出口 徒歩5分
【電 話】 06-6947-0063
【営業時間】11:30~14:00、18:00~22:00
【定休日】 日
=========
34/40/45.645,135/31/6.146
【地図の見方】はこちら
関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(1) | コメント(6)


■人参スープ 【2006年9月調理】
2006/09/18 22:27 |
0609120143.jpg

月一回のお料理教室に始めていったときにならったお料理、作ってみたよ!

 ■人参スープ

フレンチやイタリアンで美味しいスープがよく出て来るんだけど
まったく作り方知らなかった…
でも、習ったらめっちゃ簡単!
しかもかなり美味しくできるんだ

●材料(4~5人分)
人参  250グラム 薄切りにする
玉葱  100グラム 薄切りにする
米   大さじ2 洗っておく
生クリーム 適量

●調味料
バター  30グラム
水    4カップ
チキンブイヨン 2個(マギーブイヨン)
塩・胡椒 適量

0609110141.jpg

●作り方
‐バターで玉葱をしんなり炒める
‐人参、米、水、ブイヨンを加え
 30分間 弱火で煮る
‐あら熱をとったあと、ミキサーにかけて
 ピューレ状にし、塩、胡椒で味を調え冷ます。
‐器に注ぎ、生クリーム、パセリを飾る

ね、簡単でしょ?
これはほんとに美味しいです♪
作ってからしばらく時間をおいた方が
味がなじんで美味しくなるような気がするなぁ♪

関連記事
___________________________
手作り料理 その他 トラックバック(0) | コメント(0)


◇プチ入院5【退院の巻】
2006/09/17 16:04 |
0609090135.jpg

今朝、先生が回診にやって来て言った
『順調ですね、きょう退院していいですよ♪』
わーいわーい♪
短期間だったけど、やっぱり嬉しい!
帰ったら、食いまくるぞ(^_^)/

上の写真は昨日の夕食
トンカツがでたよ

0609100139.jpg

最後に黒豆豆乳飲んで、元気に出発~!

(注)mixiではリアルタイムでしたが、コレは事後報告です。
関連記事
___________________________
病院食 トラックバック(0) | コメント(0)


◇プチ入院4【粥の巻】
2006/09/16 15:59 |
0609090101.jpg

待ちに待ったお粥の朝!
お腹すいて6時前に目が覚めた
おかずも何もないと思ってたら
一汁一采がついてたよ♪
采にはエビも入っていたので
お粥の上に盛り付けて見たよ

0609090110.jpg

すこしは美味しそうになったね♪
じゃあ、いっただっきま~っす(^_^)/

(注)mixiではリアルタイムでしたが、コレは事後報告です。
関連記事
___________________________
病院食 トラックバック(0) | コメント(0)


◇プチ入院3【切腹の巻】
2006/09/15 21:55 |
きょうお腹を切った

とはいっても、内臓を切ったり取ったりは
ないので、すぐに治るはず!

あしたの朝からお粥が食べられるらしい
いまはそのお粥だけが楽しみ♪

(注1)引き続き絶食なので写真なし
(注2)mixiではリアルタイムでしたが、コレは事後報告です。
関連記事
___________________________
病院食 トラックバック(0) | コメント(0)


◇プチ入院2【絶食の巻】
2006/09/15 08:30 |
えっ!
きょうは絶食…

がぁ~ん

そんな話聞いてなかったじょ!

(注1)絶食なので写真なし
(注2)mixiではリアルタイムでしたが、コレは事後報告です。
関連記事
___________________________
病院食 トラックバック(0) | コメント(0)


◇プチ入院
2006/09/14 15:47 |
0609070188_trim.jpg

とある病のために、今日からまさいは
入院生活を送ることになった…
病はともかく、心配なのは3度の食事(^^;)
生パスタとかでるかな(^_^)/
(ないないないっ!)

0609070110.jpg

今日のランチはこれ!
まあ、お味は悪くない♪
会社の社員食堂よりましかも!

0609070119.jpg

でも、やっぱり物足りないので
売店でこれ買ったよ!
グリコの絹プリン。 うまうま~♪

----------------
これが本日のディナー(^_^)/

0609070262.jpg

う~ん
全体的に味が薄いね…

旨いお見舞い求む!(緊急)

(注)mixiではリアルタイムでしたが、コレは事後報告です。
関連記事
___________________________
病院食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ポポラマーマ 生パスタ 大阪・京橋OBP 【2006年9月訪問】
2006/09/13 22:25 |
0609050002.jpg

もう、何度もきている生パスタの専門店ポポラマーマ
きょう頼んだのは、ぼくが子供のころから好きなコレ

■ソーセージ・ナポリタン 550円

期待通り美味しい♪
いつもどおりのもちもちしたパスタ
何度きても飽きないね~♪

【過去の訪問】
・なすベーコンアラビアータ
・ポポラマーマ パスタ全品半額の日
・菜の花とタケノコ、豚肉のペペロンチーノ

==========
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 ポポラマーマ ツイン21店
【ジャンル】生パスタ
【住 所】 大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21ギャラリー2F
【電 話】 06-6941-5262
【営業時間】あさ11:00~よる10:00
【定休日】 無休
==========
34/41/22.325,135/32/3.386


関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(1) | コメント(2)


■ビストロFlanbee(フランベ) フレンチ 大阪・北浜 【2006年9月訪問】
2006/09/12 06:36 |
0609060009.jpg

2900円のコースでフォアグラが食べられるよって
ある友人からお誘いがあったので、さっそくグルメ人5人でいってきたよ。
場所は北浜。 最近このあたり、フレンチが増えてるらしい

■Flanbee(フランベ) 大阪・北浜

地図を頼りにいったら、ビルの地下、一番奥
これじゃ、通りがかりに『あ、いいお店あるね~』って感じで
お客さん入ってくれないだろうな…

0609060014.jpg

お店のなかはこんな感じ
赤基調で、シックにまとまってるよ
落ち着いて食事できる雰囲気だね~

ここはベルギービールをフィーチャーしてる
お店の前にもベルギービールのサンプルが飾ってあって
ビール好きには良いお店かも。

0609060008.jpg

ベルギービールがご自慢なので、さっそく『ヒューガルテン』で
カンパーイ。 これだけぐるなびクーポンで2割引♪
でも、ほかのベルギービールは高いね~
一杯1200円以上するのもあるよ…

きょうのオーダーはこれ

■本格・フレンチ 2900円コース

アミューズのあと、前菜はこちら『3種盛り』 3種類とは、
‐豚肉ゼリー寄せ
‐フォアグラ
‐玉ねぎのキッシュ

0609060023.jpg

どれも美味しいです♪
『Cさんのゼリー寄せがひとりだけ分厚いよ~』とかいいながら
美味しくいただきました(笑)

おつぎは本日の日替わりスープ
きょうのスープは『じゃがいものスープ』でした。
じゃがいものスープは以前、ダ・アンドレアでランチを
食べたときについてきたヤツが異常に美味しかったので
とっても印象に残ってるんだけど、きょうのは普通でした

きょうのメンバーはすごく話が盛り上がって楽しかった。
特に映画の話がとてもディープな話題になって
まさいはついていけませんでした ^_^;

さて、お待ちかねのメインディッシュ
プリフィックスになってるけど、かなりたくさんの種類から
選ぶことができるんだ。
せっかくだから、全部リストアップするね

 ‐仔羊のロースト バジル風味
 ‐マグロのロースト スパイス風味
 ‐ウズラのロースト パセリ風味
 ‐豚肩ロースのロースト ピザ仕立て
 ‐牛スネ肉の煮込み ビーフシチュー仕立て
 ‐仔ウサギのソテー クリームソース
 ‐仔鳩のロースト 赤ワインソース
 ‐鴨モモ肉のラグー オレンジ風味
 ‐オマール海老のなんとか

ジビエが充実してるよね♪
けっこうオーダーはバラバラだったので
いっぱい味わうことができてよかった♪
まず、こちらはまさいがえらんだ『ウズラのロースト』

0609060034.jpg

お味はまさに『地鶏』って感じだったけど
パセリ風味が香ばしくってとっても美味

おつぎのこれは『仔鳩のロースト』
最初、ぼくが頼もうと思ったヤツ

0609060039.jpg

ぜんぜん臭みもなく、すんなりイケます。
こちらは『オマール海老』 二人がオーダー

0609060044.jpg

お店の前にあったメニューには記載されてなかったんだけど
手元に配られたメニューに書いてあったので歓声があがった

そしてこちらは『牛スネ肉の煮込み』

0609060041.jpg

最後はデセールの3種盛り合わせ

0609060047.jpg

2900円のコースにしては全体的にとっても美味しかったんだけど
ちょっとボリューム不足だったかな
すこし心配なのは、ぼくたちが食事している間
ぜんぜん他のお客さんが入ってこなかったこと
週末とかは大勢お客さんいるのかな?
なんだかこのままだとやっていけないような気がする ^_^;
ガンバってほしいお店です~

==========
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 ビストロ Flambee
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 大阪市中央区伏見町2-1-1 三井住友銀行高麗橋ビルB1
【最寄駅】 地下鉄/京阪 北浜駅
【電 話】 06-6208-3113
【営業時間】11:00~14:00、18:00~23:00(L.O.22:00)
【定休日】 日・祝
==========
34/41/9.354,135/30/31.988
関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■House of Prime Rib サンフランシスコ
2006/09/10 16:32 |
CIMG5300_mosaic.jpg

mixiに『口コミレストラン情報 in SF』というコミュがある
サンフランシスコに滞在するのはすごく久しぶりなので、
このコミュで美味しいお店を探したんだ
そこで見つけたのが、ここ

■House of Prime Rib

プライムリブの専門店
ここは地元でもかなりの人気店のようだね
平日の7時頃に予約していったのに、満席で入れない…
でも、こちらのお店は待っている間にバーで一杯のめるので
席が空くのをまっている時間がそんなに気にならないね
日本のレストランにはどうして、こういうウェイティングバーがないんだろう…

15分ほどまって席に通されました。
予約してなかったら、きっと2時間待ちだったかも ^_^;

CIMG5309.jpg

お店のなかはこんな感じでかなり暗いです。
でも、とっても雰囲気がいいんだ♪
友達同士でも、家族でも、もちろんカノジョといってもね。

メニューは基本的にプライムリブの大きさを選ぶだけ。
あ、お魚メニューもあるらしいけど、まさかこの店で
お魚頼む人はいないだろう(笑)

The City Cut $29.85
House of Prime Rib Cut $32.85
The English Cut $29.85
King Henry VIII Cut $35.65
Children's Prime Rib Dinner $9.45

いずれも、
 ‐サラダボウル
 ‐マッシュポテト or  ベイクドポテト
 ‐ヨークシャープリン
 ‐Fresh Creamd Spinach
がついてます

CIMG5305.jpg

まずはパンがでてきます。
これがまたデカイ。 アメリカンサイズ
ソフトボールくらいの大きさがあったよ。
これがひとりひとつずつ、まな板にのってでてくる。
びっくり仰天するけど、このパンがまた美味しいんだよね♪
でも、ここであんまり食べると肉がたべられない…

CIMG5314.jpg

つぎはサラダボウル
これもでっかいボウルに入ってでてきた!
ウェイターさんがテーブルでドレッシングを混ぜるパフォーマンス
楽しませてくれるねぇ、さすがアメリカ!
とても新鮮で、アメリカにしては甘くないドレッシングで
とっても美味しくいただけます。

CIMG5324.jpg

さて、お肉は大きな塊をカートにいれてもってきて
目の前で切ってくれるはずだったんだけど、
どうやら、混雑しすぎてるので、向こうできってもってきたよ
ちょっと残念。 塊の写真をうつしたかったのにぃ!

ぼくはThe English Cutを頼みました。
コレです!

CIMG5320.jpg

おお~っ!と歓声がわきます(笑)
ローストだからとっても柔らかいです♪
みなさん、黙々と食べました。
最初見たときは、食べきれないかも~と思ったんだけど
なんのなんの、かるく平らげてしまって
もっと食べたいなって感じ。

そうそう、ひとつ超『お得』情報!
このお店、無料でお肉のおかわりができるそうです。
でも、コレもう一枚ってのはムリかな ^_^;
次回は『キングヘンリー八世』ってのを頼もう

とてもいい雰囲気で、とても美味しいお肉を
十分堪能できる、このお店。
星の数ほどあるサンフランシスコのレストランのなかでも
超お薦めの1店ですよ~


──────────
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 House of Prime Rib
【ジャンル】プライムリブ
【住 所】 1906 Van Ness Ave. San Francisco, CA 94109
【電 話】 415-885-4605
【営業時間】Mon-Thu 17:30-22:00
      Fri     17:00-22:00
      Sat     16:30-22:00
      Sun     16:00-22:00
【定休日】 無休
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(2)


■フィッシャーマンズ・ワーフの風景 サンフランシスコ
2006/09/06 00:59 |
CIMG5287.jpg

ここはサンフランシスコ
なにやら観光客がみんな上を向いて写真をとってるので
ぼくも見上げてみたら、これ

Fishermans Wharfの入り口の看板!
そうそう、ここから先が有名なフィッシャーマンズ・ワーフ
いっぱいシーフードの屋台が並んでるよ!

CIMG5288.jpg

オイスターやロブスターいろいろ売ってるけど、
この屋台で一番有名なのがコレ
くりぬいたパンになみなみと注がれた『クラムチャウダー』

CIMG5293.jpg

実はあまりたいして美味しくない… ^_^;
でも、ここに来るとつい買っちゃうんだなぁ~
きょうのは美味しいほうだったけど、パンがうまくなーい!

サンフランシスコは観光の街だね
いろんなところで、観光客を楽しませてくれる♪
ほら、こんな素敵な馬車が道路を堂々と走ってる!

CIMG5282.jpg

ドレスで着飾って乗りたいね♪
路面電車もこんなかわいいのがいっぱい走ってるよ
赤いのや、黄色いのや…

CIMG5273.jpg

顔がなんとなく、ディズニーにでてくる、犬に似てるね(笑)

きょろきょろしながら歩いてるだけでも楽しいよ♪
そんなこと思いながらホテルに向かってたら
こんなのを見かけた!

CIMG5296.jpg

一瞬、お巡りさんの訓練かなって思ったけど…
よく、見たら…

これ、『世紀の大発明』と騒がれた、『セグウェイ』だね
そう、これも観光客向けのもの
セグウェイ、市内観光ツアー のようだね!

CIMG5298.jpg


日本では路上を走ることさえ禁止されてる
でも、サンフランシスコでは新しい観光名物なんだよね
セグウェイに乗りたいので遠くからやってくる人もいるんだ

羨ましいな、新しいものを柔軟に受け入れるカルチャー!


■2006年6月
■キーワード: サンフランシスコ San Francisco SEGWAY セグウェイ



関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(2)


■ ルール・ブルー フレンチ 大阪・江戸堀 【2006年5月訪問】
2006/09/05 23:46 |
CIMG2741.jpg

土佐堀にあるトゥールモンドと、ここルール・ブルーは
四つ橋線左側の界隈では双璧をなすフレンチだよね!

お店の雰囲気も似ているよね。
どちらもカウンター席が好き♪
ルールブルーのいいところは、カウンター越しにキッチンが見えること
シェフがてきぱきとお料理しているところや
美味しそうなお肉を炭火で焼いているところが見えるんだ!

この日はぼくの大切な友達と、前から約束していた
『美味しいものを食べる』日だったんだ♪
どこにしようかいろいろ考えて、ここに決めた!

ルールブルーは以前にも来ているのに、路地をひとつ間違えて
お店のまわりを一回りしちゃった ^_^;
じつは、まさいはかなりひどい方向音痴なんだよ~

でも、まだ明るいウチだったので、食前の運動だねとか
適当なことを言いながら、うろうろして、なんとかお店に到着しました♪ よかった… ^_^;

お店につくと、店の前で記念写真を撮ってる
わかいグループがいました。
あははは、と笑いながら、じつはぼくも撮っておけば
よかったとちょっと後悔してる(笑)

さて、きょうは二人だったので、3品お願いすることにしたよ
冷たい前菜、温かい前菜 そして メインディッシュ

冷たい前菜はこちら
えーと、この日はメニューをメモするのを忘れたので
名前がわからない…

CIMG4403.jpg

空腹の時に最初にお腹にいれるのに
とっても優しくて美味しいお魚♪
いつも思うんだけど、西洋料理は前菜が命だよね
特にフレンチの前菜は最高!
メイン料理はなんとなく予想ができる調理法だけど
前菜はいつも嬉しいことに予想を裏切ってくれるんだ♪
これ、おかわりしたいくらいだったよ(笑)

温かい前菜は『白アスパラの炭火焼き』
メニューを見て悩んでたら、お店のかたが
『きょう、おいしいホワイトアスパラ入ったんですよ』って
これを炭火焼きにして、それにおいしいソースをかけて…
思いだしただけでも、よだれがでてくる(笑)

CIMG4405.jpg

ここのフレンチはゆったりとした時間の流れの中で
お料理がでてくるんだ
だから、久しぶりにあった友達と、いっぱいお話ができてよかった♪
せっかちな人には向かないよね、フレンチは!

そして、ワインがとても美味しくて、ルンルンな時間が過ぎてゆきます。

メインはこちら。
(たぶん)茶美豚のロースト

CIMG4407.jpg

とっても柔らかくって美味しい~
じつはこのメインを選ぶときに、友達に聞いたんだ

『メインは肉系と魚系とどっちがいい?』
『家ではお魚が多いですね~』

うーん ^_^; 
じゃあ、ふだんと違う肉系にしようかな…
いや、暗にお魚のほうが好き っていってるのかな…
困った困った ^_^;

こういうときに、カンの鈍いまさいは焦りまくったのでした(笑)
あとから考えると、お魚系のほうがよかったような気がするなぁ

さて、メインまでいただいて、けっこうお腹がいっぱいに
なったんだけど、デザートも軽くほしいなってことになって
メニューを睨んでたら…
なんとなんと、

『吉田牧場のチーズありますけど、いかがですか?』
『ぎょえ~、ほんとですかっ!』

いままでいただいたワインの酔いも吹っ飛ぶほどの驚き!
とはいっても、もうお腹いっぱい。
で、すこしだけいただきました♪
う~ん、もう、最高ですわ、吉田牧場のチーズ!!

CIMG4409.jpg

思いがけないお店からのプレゼントをいただいたような気持ち♪
友達と二人、とっても幸せな気分でルールブルーをあとにしたのでした。

ルールブルーは素晴らしい1000円ランチで有名だったんだけど
このたび、1000円ランチをやめて、ちょっとランクアップした
ランチを準備されてるそうですね。
10月からということなので、そちらもとっても楽しみです。

トゥールモンドとルール・ブルー
これからも良きライバルとしてがんばってくれるでしょう~!


──────────
【訪問日】 2006年5月 
【店 名】 ルール・ブルー
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 大阪市西区江戸堀1-19-2 ラインビルド1F
【電 話】 06-6445-3233
【営業時間】11:30~14:00/18:00~22:30
【定休日】 日曜日
──────────
34/41/10.640,135/29/52.306

関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(2)


■一蘭 博多店
2006/09/04 11:49 |
0608210415.jpg

ぼくがまだ九州のことほとんどしらないころ、
チャットで知り合った九州の友達と話してたんだ

ま 『博多で一番おいしいラーメン屋さんどこ?』
友 『そりゃあ、一蘭にきまってるよ』
ま 『いちらん… かあ』
友 『美味しいというよりは、面白い!』
ま 『はっ?』

というのを聞いたんだけど、すっかり忘れてた…
ところがある日、博多駅の地下街をうろついてたら
あったんだよ、

 ■ラーメン 一蘭

『おっ、いちらん やん』 入ってみよ!

のれんをくぐって入ると、店内だと思ったんだけど
そこはお風呂屋さんの下足室みたいな雰囲気
チケット購入の自販機がおいてあって、
右側にはさらにのれんをつった入り口がふたつ
なんとなく

 ‐男湯
 ‐女湯

ってかいてあるお風呂のような雰囲気
さっそくチケットを買って、その『男湯』のほうにはいります(笑)
のれんの奥はこんな感じ

0608210427.jpg

薄暗いはだか電球があって、カウンターが並んでるんだけど
それぞれの席が、仕切り板で仕切られてる。

これが一蘭考案の『味集中カウンター』

隣と仕切られてるだけじゃなく、お店側とも赤いのれんで
仕切られていて、ラーメンを食べるときのすべての雑念を
無くして、味わうことに集中できるようになってるんだ。
これが一蘭の『味わうことへのこだわり』
あはは、なんかおかしいね(笑) 
でも、ここまで徹底してるというのは尊敬に値するかも!

さて、チケットを買って席に着くと、こんどはアンケート用紙
のようなものがおいてあって、好みをいくつか書くようになってる。

・コッテリ度
・にんにく
・辛味
・麺のかたさ
・ねぎの量

これを『元祖 オーダーシステム』というらしい。
そして、このアンケート用紙をのれんのところに『提出』したら
店員がやってきて、持っていってくれるんだ。

ぼくは、『麺かため、葱おおめ、ややこってり、にんにく少し』にしたよ。

アンケート用紙を提出してからはすぐにラーメンはでてくるよ。
でてきたのはこちら。
葱おおめなので、麺が見えないね(笑)

0608210422.jpg

スープは博多ラーメン特有のとんこつスープ
これはとっても美味しいです。
変なクセがなく、かつ、コクがある♪

葱をのけると、なかから麺がでてきたよ。
これも博多ラーメンの特徴である『ストレート細麺』
あの『マルタイラーメン』とおなじようなヤツ。

0608210425.jpg

残念ながら、このストレート細麺、ちょっと粉っぽい。
麺は自家製生麺で、かなりこだわりのある麺らしいんだけど
あまり美味しくない…

スープがこれだけ極上なのに、とても残念だよ~
他の博多ラーメンはこんな粉っぽく感じないのになぁ

たしかに、この仕切り板とか目の前の赤のれんとかの
おかげで、ラーメンの味に集中することはできるけど
でも、カノジョといっしょに来たときは、ちょっと寂しいね

この一蘭のこの変わったシステム、一度は試してみるといいよ
はじめてだとけっこう楽しい♪

0608210429.jpg

さて、お腹もいっぱいになったので、
レールスターのサイレンス・カーで寝て帰ります(^_^)/
(サイレンス・カーってのは文法的に間違ってると思うなぁ…)

──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 一蘭 博多駅サンプラザ地下街店
      博多駅博多口正面 福岡銀行真下 B2F
【ジャンル】博多ラーメン
【住 所】 福岡市博多区博多駅前2-2-1 福岡センタービルB2F
──────────

関連記事
___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ダ・アンドレア イタリアン 大阪・京橋 【2006年8月再訪】
2006/09/03 17:56 |
0608290037.jpg

ひさしぶりにランチに行ってきたよ、

 ■ダ・アンドレア 大阪・京橋

駅からすこし離れてるから、ちょっと立ち寄るってのが
なかなかできないんだよね…
でも、最近人気急上昇で、繁盛してるらしいよ
ランチメニューはいつもとおなじく

 ■ランチ 前菜+メイン+デザート+コーヒー 1000円

きょうはどんなお料理がでてくるか、楽しみ~
まず、前菜は、
『鶏・赤キャベツのサラダとレンズ豆のスープ』

0608290041.jpg

このちいさなカップに入ってるスープが美味しいんだよね
はじめて来たときの、『じゃがいものスープ』が
すっごく美味しかったのでとても印象に残ってるよ!
きょうのレンズ豆のスープもとっても美味しい♪

メインのスパゲッティは大盛りにしてもらいました♪
『豚ミンチ・マッシュルームのトマトソース』

0608290053.jpg

トマトソース美味しいね~
たっぷりの豚ミンチにたっぷりのマッシュルーム

いままでお店の中の写真をアップしてなかったけど
店内はこんな感じです。

0608290067_trim.jpg

とてもシンプルな感じで、落ち着きます♪
隠れ家っていう雰囲気ではないかな…
それにホール担当の奥さんがとても爽やかな方なので
12時前のすいている時間にいって、お話しできると
とても楽しいよ~

さて、デザートは『ココア風味のプリン、紅茶アイス』

0608290062.jpg

ココア風味のプリンが濃厚でした!
最後はエスプレッソだね♪
この日は開店と同時にお店にはいって、
12時すぎにはでていったので、ゆっくり奥様と
お話ができました♪

0608290063.jpg

この前、夜にきたときは人数がおおかったので
コースだったんだけど、こんどは夜にアラカルトを
いただきたいなぁ~

【過去の訪問】
■ダ・アンドレア ランチ 1回目
■ダ・アンドレア ディナー(オフ会)

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 ダ・アンドレア
【ジャンル】イタリアン
【住 所】 大阪市都島区東野田町1-18-6
【電 話】 06-6354-3138
【営業時間】11:30AM~2:00PM(土・日・祝~3:00PM) 6:00PM~10:00PM   
【定休日】 月曜
==========

34/41/37.449,135/31/47.074
関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(2)


■アスカ たこ焼き 大阪・京橋 【2006年8月訪問】
2006/09/02 17:24 |
0608290078_trim.jpg

小学生のころ、土曜日の昼ごはんはたこ焼きだった!
えっ、たこ焼きが昼ごはん? って驚くよね
ぼくもあまり聞いたことないけどね(笑)
そのころの土曜日は半ドンだったので、
家に帰ってきたら12時半ころ。
まず、テレビをつける。
もちろん、見るのは吉本新喜劇
ぼくは『花紀 京』のファンだったんだ~(^_^)/

吉本新喜劇をみながら、自分でたこ焼き作る!
スーパー小学生だろ~(笑)
2歳下の弟と二人でテレビみながらたこ焼き食べる♪

でも、うちには9個用の小さなたこ焼き器しかなかったので
なかなかおなかが一杯にならないんだ。 2時間くらいかかって、
ひとり50個くらい食べてたような気がする(笑)

吉本新喜劇がおわって、そのあと、答えを間違えると
滑り台が上がって、風船の海に落ちるような
クイズ番組を見てたような気がする。 番組名忘れたけどね…

そのころのテレビCMは

はだっか~天国っ びわこ温泉 はだっか~天国っ 紅葉パラダイスっ! とか
有馬兵衛の向陽閣へ~! とか
伊東にいくなら、はっとっや! 電話わっ よい~ふろ 4126 … とか

温泉ばっかしやん ^_^;


え~っと
きょうは昔話がテーマじゃなくて、たこ焼き屋さん
京橋の京阪モールの地下にあるんだ

0608290076_trim.jpg

■アスカ たこ焼き

ここのたこ焼きの特徴は『ソースをかけないで食べる』
ソースをかけないたこ焼きなんて、
クリープを入れないコーヒーみたいやん(ふるっ!)
そのアスカはたこ焼きをイートインできる。

■蛸焼 一皿9個 399円

お持ち帰りだと、8個になる。 だからイートインのほうが一個お得! おおっ!
こんな感じで、お盆にのってでてきたよ。

0608290068.jpg

コレだけ見てたら、
『さぁ、ソースかけて、かつおかけて、青ノリかけなくちゃ』
って思うよね~ でも、これだけ。

アスカのたこ焼きは『爪楊枝』ではなく、『お箸』でいただきます。
わざわざ、お店の袋入り。 なんかもったいないような…

0608290072.jpg

ソースなしだとちょっと物足りないんちゃう? っと思いながら
ひとつ食べてみると…
おおお~っ 美味しいやん

たっぷり山芋が入ってるみたいで、中がとろとろ~っ
表面もカリッと仕上がってる

0608290074.jpg

残念ながら、きょういただいたのは焼きたてじゃなかったので
ちょっとしぼんでたけど、焼きたてなら、かなりの完成度だよ!
ソースをかけなくてもすごく美味しいです~

お持ち帰りすると、球形がへしゃげてしまうけど
もういちど、家のたこ焼き器でかるく暖めると
まん丸になるらしいよ! (めんどくさ~)

場所は京阪モールの地下の一番はしっこ(JR側)
近くにきたら、いちど寄ってみるといいよ。
天満橋にもお店あるらしいね。

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 アスカ 京阪ザ・ストア モール京橋店
【ジャンル】たこ焼き
【住 所】 大阪市都島区東野田町2-1-38
【最寄駅】 京阪・JR 京橋駅
【電 話】 06-353-2525(内線856)
【営業時間】京阪モール営業時間と同じ
【定休日】 たぶん無休
==========
34/41/38.148,135/32/10.615

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(4)


■圓坐・長屋 博多駅前
2006/09/01 14:01 |
CIMG3844.jpg

夏休みがおわっていきなり博多行き
でも、博多は美味しいものがいっぱいあるので嬉しい
いくまえにいろいろお店を物色していたんだけど、
けっきょく、このあいだ『極みの親子丼』で感動した
駅前の「ホテル・クレオコート」の2回にある居酒屋

 ■ 圓坐・長屋

にいっちゃいました。
また、極みの親子丼を食べようかと思ったんだけど
いつも同じではつまらないので、前からチェックしていたこれ

0608210403.jpg

 ■寿司・マル得ランチ(得を○でかこってある) 880円  にしたよ。

このお店でお寿司を食べるときは、寿司カウンターというところに
案内されるんだ。
だから、友達とふたりでいって、極みの親子丼とお寿司と
いうわけにはいかないのが、ちょっと残念。

寿司・マル得ランチは

 ‐おまかせにぎり寿司盛り合わせ と
 ‐週替わりのお楽しみ
 ‐汁もの
 ‐食後のコーヒー券(3階の喫茶店でつかえる)

がセットになってるんだ。
今週の週替わりのお楽しみは

 ‐蟹入り海鮮ちらし寿司

0608210404.jpg

どんぶりはちいさいけど、けっこういろんな『具』がはいってる
美味しい♪

さて、お寿司はお客さんがきてからいちいち握ってくれる
こういうサービスは嬉しいね! 特に昼時にね。

0608210411_trim.jpg

にぎりは6カン
お魚も新鮮で美味しい♪

きょうのランチ、まあまあ満足だけど
感動はなかったな…
やっぱり、このまえ食べた同じ値段の『極みの親子丼』の
すばらしさにはちょっと力不足って感じだったよ!

──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 圓坐・長屋
【ジャンル】居酒屋・定食屋
【住 所】 福岡市博多区博多駅中央街5-3 ホテルクリオコート博多2F
【電 話】 092-472-1153
【営業時間】11:00~14:00、16:30~23:00(L.O.22:30)
【定休日】 無休
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

九州 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ