English | Top | RSS | Admin

2006.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.09


■木村先生のお料理教室 4回目 大阪・本町 【2006年8月】
2006/08/31 18:47 |
0608280014.jpg

これで4回目のお料理教室
今回は和食だと聞いていたのでとっても楽しみ
でも、なんか和食ってむずかしそうだよね~
はやくいっていいメニューをとろうとおもったのに
みんな早くきてて、結局最後だった ^_^;

本日のお献立はこちら♪

1.イチジクの胡麻酢
2.海老とオクラのおろし和え
3.貝柱の包み揚げ
4.鶏肉と冬瓜の水晶煮
5.茗荷ごはん
6.卵豆腐

だよ~、楽しみ!

まずはぼくが担当した『イチジクの胡麻酢』
簡単だけど、懐石料理の先附けとしてお出しできる一品

0608280021.jpg

イチジクの薄皮を湯むきして冷蔵庫で冷やしておく
練り胡麻と塩、砂糖、酢、だし汁をつかってソースをつくる
たったこれだけなんだけど、いつものイチジクとは
ひと味ちがった素晴らしいものができたよ♪

こちらは『海老とオクラのおろし和え』
海老の背綿をとって、片栗粉つけてカリッとあげるのがポイント
オクラは塩でもんでさっと茹でて、水で冷やすの

0608280018.jpg

おつぎは『貝柱の包み揚げ』
きょうのお料理のなかで、これが一番美味しかったよ♪
貝柱を細かく刻んで、千切りの青紫蘇とあわせる
卵、酒、塩、小麦粉でつくったころもを混ぜ合わせる。
混ぜ合わせたところがコレ

0608280006.jpg

それを青紫蘇、海苔で包んでおく
そして、包んだものを油であげる

0608280008.jpg

出来上がりはこちら。

0608280009.jpg

二杯酢をかけていただきます。
とっても美味しい! いくつでも食べられるよ♪

こちらは主菜になる『鶏肉と冬瓜の水晶煮』
鶏肉、冬瓜をそれぞれ一口大にきる
鍋に鶏肉をいれ、軽く表面を焼いて、色が付いてきたら
冬瓜を加え、だし汁を加えて煮込む

0608280003.jpg

最後に片栗粉でとろみをつけて出来上がり♪
これもとてもあっさりしていてとても美味しいよ!

0608280025.jpg

こちらは『卵豆腐』
ふつう卵豆腐なんて自分でつくらないけど、
これは買ってくるものとはひと味もふた味も違うよ!

0608280023.jpg

卵と調味料を混ぜて濾す。 そしてそれを20分ほど蒸す
夏は冷たい方が美味しいので、冷ましておくんだ。
最後につくったお出汁をかけていただくよ
これはちょっと蒸しすぎで表面のあたりにスが入っちゃった ^_^;

そして最後はごはんもの『茗荷ごはん』

0608280017.jpg

茗荷をごはんにいれるなんて、ちょっと発想なかったけど
これがまた美味しいんだ~

釜に米、調味料、昆布をいれて炊きあげる。
炊けたら、千切りにした茗荷を加えて混ぜる。 これだけ
これだけで、すんごく美味しいごはんができるんだよ~

0608280011.jpg

それじゃ、みなさんお疲れさま
いっただきま~っす♪♪

■お料理教室 1回目
■お料理教室 2回目
■お料理教室 3回目
関連記事
___________________________
お料理教室 トラックバック(0) | コメント(0)


■パリのあまり美味しくないディナー フランス・パリ
2006/08/27 22:38 |
0608220158.jpg

フランスについた夜
パリのシャルル・ドゴール空港からRERという電車を乗り継いで約1時間。
ホテルについたのが夜の8時半ころ
いまから市内に食事にいくのもしんどいので
近くでさがしてみたらココがあったんだ。

0608220171.jpg

半分カフェテリア形式になってる。
美味しいかどうかよくわからなかったけど入ってみたよ

とても喉が乾いていたので、まずはビール

0608220173.jpg

うーん、とっても美味しい♪
これでちょっと長旅の疲れがとれたね。

メニューはいろいろあったけど
夕食にできそうなものはワンプレートものしかなさそう
それで選んだのがこれ

‐Omelette Paysanne(農民風オムレツ?)

0608220180_hosei.jpg

なんか注文してからすぐにでてきたよ!
すごいボリューム。
いろいろ具がはいっていて、見た感じは美味しそうだね

これが断面図だよ

0608220182_hosei.jpg

最初のうちは、悪くないなぁとおもって食べてたけど
なんだか、ひと味もふた味もたりない…
塩コショウふったり、ケチャップつけたりしたけど
半分もいかないうちに飽きてきちゃったよ

パリでもあんまり美味しくないものあるんだなぁ…

店内はこんな感じで雰囲気はいいんだ

0608220189.jpg

きっと食事するより、お茶のんだり
軽くビールやワインを飲んで楽しむ場所なんだろうね…

ビールとオムレツで22ユーロくらいだったんだ
けっこう高いね。

で、小銭ないので30ユーロ払ってお釣りをもらおうとしたら
ここのボーイ、外人(フランスからみた)だとおもって
釣り銭をごまかそうとしやがる!

ユーロの下のセント硬貨ばっかりじゃらじゃらだしてくるので
『たらんやないか?』という顔で、なんども数えてたら、
最後にくしゃくしゃの5ユーロ札をほり投げていっちまいやがった

けっ、ケチなやろうだぜ!

釣り銭ごまかしは、よくあることなので
海外いったときは気をつけようね♪

──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 Bistro ×× 
【ジャンル】フレンチ?
【住 所】 不明 Paris
【最寄駅】 RER-A La Defense Grande Arche駅
【電 話】 不明
【営業時間】不明
【定休日】 不明
【キーワード】 フランス パリ
──────────
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■La Taverne du Nil レバノン料理 フランス・パリ
2006/08/26 18:05 |
0608240022.jpg

花のパリ、最後の夜 今夜はなにを食べようか…
もう一度、本場のフレンチ? それとも…
いろいろ迷った末、ここでしか食べられないものに決めた

■レバノン料理

最近、東京にはお店できたらしいけど、大阪では見たことない
そもそも、レバノン料理ってなんや?
さすが、パリだね。 レバノン料理店だけでもけっこうあるらしいよ

■La Taverne du Nil(ラ・タヴェルン・デュ・ニル)

0608240021.jpg

場所はサン・ルイ島の閑静なところにあるよ。
メトロM7のPont Marie駅から徒歩10分くらい
右側の真ん中あたりでランプが光ってるところが目的のお店

店頭にメニューが貼りだしてあるけど、なにが名物なんだろう?
眺めてると、ちょっとだけわかってきたよ。
『MEZZE(メッツェ)』という前菜系がいっぱいある。
でも、一皿の料金がけっこうするので、すごいボリュームで
でてきそうなんだ。
前菜だけでおなかイッパイになったらいやだから、MENUにすることにしたよ。
MENUは22ユーロから34ユーロまで3種類

■No2-MENU DEGUSTATION & VINS LEBANAIS 34ユーロ

おおっ! No2 MENUにはどうやらレバノン・ワインがついてそう♪
これに決めた!

0608240035.jpg

まずはアペルティフにKirがでてきました♪
それに付きだしとして、オリーブとピクルス

0608240038.jpg

この緑色のとうがらし風のやつはメチャ辛そうだったので
注意しながら端っこをかるくかじってみると、それだけで
口のなかが燃えそうになったので、やめたよ(笑)

そして、生野菜が一皿でてきたよ。
右側の赤いのはちょっと細長いはつか大根

0608240041.jpg

この生野菜けっこう美味しいので、むしゃむしゃ食べてたら
お店のおじさんやってきて、
『これはアペタイザーだよ。 お料理はこれからでてくるからね!』
ってわざわざ断りにきてくれたよ。
コースが始まってると勘違いして、ガツガツ食べてるように見えたのかな(笑)

さて、さいしょのディッシュはMezzeと呼ばれる前菜の盛り合わせ

0608240051.jpg

レバノンで会食すると、テーブルいっぱいにこのMezzeが並ぶらしい
冷たい野菜料理から、熱い肉料理のようなものまでいろいろあるんだって。

いろいろ説明してくれたけど、よくわからない…

・左上の白いペーストはひよこ豆のピュレ
・そのしたのペーストもなにかの豆のピュレ

このふたつのピュレはとても美味しいけど、
これだけを食べるとちょっとクドイ
きっと薄いパンにはさんで食べるんだろうな

0608240061.jpg

この3種類並んでる揚げ餃子のようなものは
それぞれ中に違うお肉のミンチがはいってる
たぶん、羊・牛・鶏 だとおもおうんだけどな

丸くて上に白いソースがかかっている料理の断面図がこれ

0608240064.jpg

これは熱々。 いちばん美味しかったよ♪

0608240075.jpg

これはオクラと玉ねぎと豆をトマトソースで味付けしたもの
とても美味しい♪

0608240055.jpg

これは(たぶん)TABOULEHと呼ばれるレバノン料理の代表的な
メニューの1つで、パセリのサラダ。細かく刻んだパセリや
トマト、オニオンをレモンとオリーブオイルで味付けしたもの
ひじょーにおいしかったです。 これはもっとたくさんあっても食べられたな(^_^)/

0608240058.jpg

この前菜群といっしょに楽しんだのがこれ。
そう、レバノン・ワイン。 赤とロゼがあったけど、きょうはロゼにしたよ!

0608240066.jpg

ほら、ちゃんと、『PRODUCT OF LEBANON』って書いてある。
こんなのなかなかのむ機会ないよ~!
とても爽やかな味で美味しかったです。

この盛りだくさんの前菜を最初みたとき、『わー、食べきれない…』
って思ったけど、ワインといっしょにゆっくり味わいながら楽しんでたら
けっこうおなかに入るもんだね♪
全部食べちゃいました(^_^)/

さて、おつぎはメイン料理

メニューを見ると
 ‐Agneau (skewered lamb, charcoal grilled)
   ラムの串 炭火焼き
 ‐Poulet marine (skewered marinated chicken)
   味付け鶏の串焼き
 ‐Kafta (Minced lamb with parsley and onion)
   ラムの挽肉 パセリと玉ねぎ入り

と書いてあったので、ひとつ選ぶのかと思ったら
全部ついてるって! めちゃ嬉しい♪

0608240078.jpg

これがメインディッシュです。
この写真だとよくわからないけど、薄いパンの下に
お肉3種が隠されてます。
これはどうやら肉が冷めにくくするための工夫らしい

こちらが肉3種をすこし引きずりだしたところ
左から、鶏 ラム挽肉 ラム炭火焼き

0608240085.jpg

ラムといっても最近日本で流行のニオイのないものではなく
ラム臭ぷんぷんのもの。 柔らかくってすっごく美味しいです!

そして、まんなかのラム挽肉を固めて焼いたものが
とてもジューシーで香ばしくて美味しかったね♪

鶏もパサパサしていなくて、ベリグッド!

0608240082.jpg

こちらはラムの挽肉の入った焼きめし。
これもけっこう美味しかったです♪ 適量だし!

ワインはこんなかわいいグラスでいただきます。

0608240094.jpg

向こうに見えるのは各テーブルに飾ってあるサボテン
レバノンにはサボテンが生えてるのかな~?

さて、いよいよ最後のデザート

0608240097.jpg

まあ、これは普通でした。
フレンチのスィーツに比べるとちょっとイマイチかな…

さいごの飲み物はこれ
レバノンの名物の『メンティー』と呼ばれるハーブティー

0608240103.jpg

ちょっと甘いのが意外だったけど、爽やかな香りで美味しかったです。

お店に入って、約2時間ほど
パリでの最後の夜の食事をとっても楽しめたよ!
フレンチとはまったく違う趣向のお料理
聞いたことのない材料と、見たことのない料理の盛りつけ
味も雰囲気も良かったぁ~

パリに来たらやっぱりまずはフレンチだけど
時間に余裕があったり、フレンチ食べ過ぎて飽きてきた~
っていうときには、ざひこちらお薦めです!

0608240116.jpg

最後にこちらは、夜のセーヌ川
夜でも遊覧船が走ってるよ。
ロマンチックな雰囲気だね~!


──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 La Taverne du Nil(ラ・タヴェルヌ・デュ・ニル) 
【ジャンル】レバノン料理
【住 所】 16-18, rue le Regrattier, Paris
【最寄駅】 メトロ7 Pont Marie駅
【電 話】 01 40 46 09 02
【営業時間】12:00-23:00
【定休日】 無休
【キーワード】 フランス レバノン Liban Lebanon
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■パリの朝食(2日目)♪
2006/08/25 21:40 |
きょうはお昼、ゆっくり食べる時間ない。
だから、朝ご飯しっかり食べておこうとおもって

これと
0608240003.jpg

これをつかって
0608240006.jpg

これをつくった♪
0608240012.jpg

名付けて『パリ・サンド!』
パンはちいさいけど『フランスパンっ!』って主張してる!
もちもち もちもち♪

0608240005.jpg

この生オレンジジュースといっしょに食べると
とても美味しいよ~♪

■訪問日: 2006年8月
■キーワード: フランス パリ ホテル ブレックファースト 朝食 あさごはん
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■ze kitchen galerie(ザ・キッチン・ギャラリー) 
2006/08/24 18:41 |
0608230592.jpg

今回のパリ滞在で夜ごはんを食べれるのは
よくて2回
あしたの夜はどんな予定になるのか
よくわからないので
きょうは気合いをいれてお店選びしなきゃ!

ネットで調べてよさそうなところを
3つリストアップしたよ

 1)Mon Vieil Ami
 2)Ze Kitchen Galerie
 3)Alcazar

とりあえず、電話してみる。
1)はどうやら夏休み中らしいテープの応答
  むにゃむにゃ言ってる。
次に2)に電話したらだれかでてきて
『ボンソワ、むにゃむにゃむにゃ…』
あわてて電話をきって、ホテルの
フロントから予約とってもらったよ。
ホテルからメトロのM1とM4を
乗り継いでいく。

0608230597.jpg

これはM4のメトロ。
大阪の地下鉄よりだいぶ小さい。
パリのメトロの駅はタイル張りなのと、
デカイ広告がいっぱいあって見てるだけで
楽しいね♪ 
広告ひとつとっても、芸術性を感じる!

最寄りの駅は『Saint Michel』。

 ■ze kitchen galerie
  ザ・キッチン・ギャラリー

お店についたのは20時15分ころ。
こんな時間でもまだ明るいんだよね~
サマータイムいいなぁ♪ 
日本もやればいいのに。

地図を頼りにやってきたらなんだか
見覚えのある場所…
ぎゃはは、
昼にきた『レ・ブキニスト』の隣やんか!

店内はけっこうお客さんがたくさん
はいっててほとんど満席だ
予約してもらっておいてよかった!

0608230568.jpg

まずは、スターターとして、
カンパリオレンジで一人乾杯♪

おまかせコース(Discovery Menu)ってのが
70ユーロであるけどせっかくのディナー
だからアラカルトで選ぶことにする。

そうそう、せっかく仏和/和仏辞典の
はいった電子辞書もってるのに今回家に
置き忘れてきたよ。
バカだね!

0608230570.jpg

ここも付きだしのオリーブがでてきた
メニューの構成は5部構成

 ‐野菜・スープの前菜
 ‐パスタの前菜
 ‐お魚系の前菜
 ‐メインディッシュ
 ‐デザート

前菜系はほぼ同一金額
メインディッシュもほぼ同一金額

こういうのって、いいよね。
いつもならつい値段で決めてしまったり
するもんね(笑)

まずは、前菜
すごーっく迷った末、野菜系の前菜にした
フランス語だとわからないから、英語で書くね

‐Zucchini Marmelade, Taggiaska Olive - Anchovy, Artichoke - Roquette Broth

どんなのがでてくるか想像つきますか?
ぼくはぜんぜんわからなかった ^_^;

待つこと10分くらい
でてきたのはこちら~

0608230572.jpg

うわ~っ!

ビジュアル的にも感動!
おもわず『美味しそう~っ!』って
ひとりで声を出しちゃったよ

さっそく、一口食べてみて、『うほ~っ』
筆舌に尽くしがたいとはこのことだね!

お料理評論家だったらこれを文章で
解説しないといけないんだよね
ぼくには絶対できないなぁ~

フレンチをいただくときは、
いろいろなものを混ぜ合わせて
食べるとより美味しいんだよね。
うまく説明できないけど、
葉っぱの上に手前のしろいのと、
奥の黄色のとまわりの緑色のソースを
のっけて、まとめてお口にいれる

たまらないね~♪

0608230576.jpg

パンは籠に山盛りはいってでてきた
もう、だいぶ食べちゃったけどね(笑)

さてさて、メインディッシュです。
こちらはすぐに決まりました。 コレ

‐"Grilled" Foie Gras & "Wok" Vegetables; Carott, Fennel & Cucurma Emulsion

決め手はこれ、『Grilled Foie Gras』
前菜が見た目も味もすごく旨かったから
こちらもなんか楽しみだなぁ~

一般的に西洋料理ってメインディッシュは
想定内のものしかでてこないので、
あんまり楽しくないんだけど、
ここはどうだろう…?

今日はワインを頼まなかったので、
ちょっと手持ちぶさた…
待つこと15分ほど、

きた~っ!

0608230580.jpg

『きゃあ~っ!』

ぼくが女子だったら、
ぜったい声出して叫んでたよ!

こころの中で叫んで見たものの、
実はなにがどうなってるのか
よくわからなかった

『ん? フォアグラってどれや?』

写真は明るく写ってるけど、
店内はかなり暗くてよくわからない。

まあ、食べてみよう~。
これがフォアグラかな?

ゴリゴリ… あ、ちゃうわ(笑)

実は薄くスライスしたハムのようなものが
『Grilled Foie Gras』

う~ん、もう、最高に最高!
このフォアグラをすこしとって
ほかのお野菜に乗っけて食べると
舌の上でフォアグラがとろけて
お野菜の味とが融合する。

超絶妙な味付けも、
この世のものとは思えない…

これ、一皿全部食べたら、
死んでもいいよ!(ウソ!)

ひとりでニコニコしながら食べてたよ
やっぱりこのお店
お一人様でくるところじゃないね
素敵な女性と『わぁ~、美味しいね~♪』
っていいながら感動を共有したいお店だね

だれかいっしょにパリまで来てくれるん
だったら、ご馳走するよ♪

0608230582.jpg

前菜、メインディッシュといただいたけど
今日の料理はさほどボリュームがないので
まだ、デザートいけそうだ

『よしっ!』 っと気合いをいれて
『デザートメニュー プリーズ?』

最近デザートに目覚めかかってる
まさいはがんばってデザートメニューを
読んだんだけどスィーツの知識がないので
いったいどんなものなのかまったく
想像がつかない

デザートメニューは↑なんだが、
あなたならどれ選びますか?

よくわからないくせに、
時間をかけて悩んだ末、選んだのはコレ

‐Strawberry - Pistachio -Lemongrass Cappuccino; Wasabi Emulsion

そもそも、Emulsionってなんなんだろう?
スィーツ界のひとならわかるんだろうか?
しかも、Wasabi Emulsionって…
あとから気がついたんだけど
メインディッシュも最後にEmulsionって
ついてるんだよね。

0608230584.jpg

えっ、これですか?

ぜんぜん予想していなかった形態
お皿の上にいろんなフルーツが並んでて…
ってのを想像してたので・・

じゃあ、さっそくいただきま~す♪

『うっわぁ~!』

こんどは小さく声を出して叫んでしまった
これもまた感動的な美味しさ
いろんなフルーツの味が絶妙に混じりあい
そして、隠し味的に『わさび』の味が
あとからわき出してきて…

すごいっ! って思った。

こんな素敵な味が世の中に存在するんだ
まさに、フレンチ! だね~

真ん中に氷山のように浮かんでるのは
シャーベット
でも、なんかシャーベットは脇役の
ような感じだ
赤い液体はまるでスィーツのカクテルだね

なんか、感動しっぱなしの2時間
わざわざホテルからメトロにのって
30分かけてやってきて、
ほんとによかった!

この感動、だれかと分かち合いたいなぁ

0608230588.jpg

最後はいつものエスプレッソとチョコ
でも、さっきのエマルジョンの味わいを
流してしまいたくない気分… だね。

きょうのお料理、チップ込みで70ユーロ
超超満足まんぞく♪
ごちそうさま


■フランスの話 ぜんぶ

──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 ze kitchen galerie (ザ・キッチン・ギャラリー) 
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 4, rue des Grands Augustins, Paris
【最寄駅】 メトロ4 Saint Michel駅
【キーワード】 キッチンギャラリー
──────────



View Larger Map
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(4)


■Les Bouquinistes(レ・ブキニスト) パリ
2006/08/23 14:21 |
0608230294.jpg

すごく久しぶりにやってきたパリ
5~6年ぶりくらいかな…
前にきたころはまだ
『美味しいものを求めて!』ってこと
してなかったから、
いつも行き当たりばったりの
レストランしか行ってなかった
だから、今回はとっても楽しみで、
あらかじめいろいろ調べてきたよ!

ところが…
パリの一流レストランって、
8月はシェフがバカンスとるので
休みのところが多いんだよね~

 ‐Les Elysees   はお休み
 ‐La Ferrandaise  もお休み
 ‐Chez L'ami Jean もお休み

え~ん、調べてきたとこみんな休みやん

今回は実質2日間しかパリに滞在しないし
自由に動けるのは1日目の午前中と、
あとは夜2回だけ。

0608230283.jpg

なので、さっそく初日にランチに
行くことにした
いろいろ調べてここに決めたよ!

 ■Les Bouquinistes(レ・ブキニスト)

ここは3つ星レストランのオーナーシェフ
『Guy Savoy』のセカンド店らしい。
まさいはパリのフランス料理店事情は
詳しくないが、なんとなくすごそうだね♪

メトロのSaint Michel駅から徒歩5分
セーヌ川に面したところにある
とってもいい景色!

ちょっと早くついたので30分ほど
近くを散策した

0608230295_trim.jpg

この川がかの有名なセーヌ川
向こう岸は『シテ島』という島
大阪の中之島みたいなもんだね。
そして向こう側にみえてるのは
『サント・シャペル』という聖堂だ

今年の夏、パリは猛暑だったらしいけど
いまはとても過ごしやすい気候で
大阪でいえば、空が澄みわたった
体育の日のような天気

とっても快適!

お店は12時オープンだったので、
10分ほど前にもどってきたら、
え~、なんかお店の前に行列が…

0608230307.jpg

もうこんなに並んでるの?
って一瞬驚いたが、よくみたら
みんなお店で働いてる人たちらしい

開店前に全員そとにでてきて、
たばこで一服してる(笑)
日本ではこんなの見かけないけど、
なんかのどかな光景だね~

扉の真ん前にすわってる人が、
ホール担当の人だった。

もういちど、あたりを徘徊して、
12時10分ころにお店にはいった
店内にはもうすでにお年寄りの
ご夫婦がおられたよ。

 ■お昼のMenuは28ユーロ
   2プレートで25ユーロのもある
   前菜、メイン、デザート
   グラスワイン、コーヒーのコース

席に着くと、まずアペルティフとして
オリーブをいっぱいもってきてくれる
これがけっこう美味しい♪

0608230315.jpg

ランチなので飲み物はお水
stillかsparklingかと聞かれたので
間髪いれずsparklingと答えると、
ムッシューはニコッとしてくれた。

日本人は大半がstillと答えるんだと思う
でも、飲みなれるとsparklingのほうが
ずっと味があって美味しい。
そしてグラスワインも1杯ついてる。

0608230323.jpg

前菜はスープかサラダからひとつチョイス
フレンチのスープはとっても美味しいので
スープを選ぶ

 ■ニンジンのクリームスープ
   ムール貝とエビのポアレ入り
  Creme de carottes, poelee de
  moules et crevettes

これがまた予想を大きく上回る美味しさ
さすが有名レストランだなぁって、
軽く感動する!

ニンジンのスープも美味しいし、
具のムール貝とエビのポアレが
これまた旨い♪
クリームスープにこういう具が
入ってるのははじめてだょ~

0608230308_trim.jpg

フランスではランチタイムはふつう
1時頃からがお客さんが増えてくる時間帯
だから、まだお店のなかはガラガラ

店内はこんな感じ。
とても落ち着いた雰囲気だ

2人以上なら丸テーブルがいいよね~
きょうは残念ながら一人なので
角テーブル。

0608230320_trim.jpg

パンはこんな感じでだされる。
食べ放題♪

フランスのパンはもちもちしていて
ほんとに美味しいね!
たくさん食べると、ちょっと顎が
だるくなってくる・・

0608230329.jpg

さて、いよいよお待ちかねの主菜
お魚と牛肉からチョイスだったが
牛肉ってなんとなく盛りつけや味が
想像できるので、魚を選んだ。
本日のお魚はこれ

 ■ブランダードとフサカサゴのロティ
  Brandade de cabillaud aux herbes
   et rascasse rotie

ブランダードってなにか知らなかったが
あとで調べると

 干しダラを柔らかく戻してからほぐし
 オリーブオイルとともにマヨネーズ状に
 練り上げたプロバンス料理

だそうだ。
これがまた美味しい。 
いままでに経験したことのない味と食感♪

いっぽう、ロティにしてあるフサカサゴは
なんと甘い味付け
ちょっとビックリしたけど、
とてもデリケートは甘さなので
食がどんどんすすむ

お一人様だったが、ひとくちひとくち
味わいながらゆっくりいただいたので、
とてもゆったりしたランチタイムだよ!

0608230330.jpg

最後はデザート
これも2種類からのチョイスだったが
説明を聞いてもよくわからない
それで、果物が多そうなほうにした。

 ■リンゴ、黒サクランボ、サクランボの
   クランブルとシャーベット
  Crumble pommes griottes, sorbet
   fromage blancr

リンゴ、黒サクランボ、サクランボを
細かくして混ぜて固めてある。
こういうのをクランブルっていうのかな?
フルーツの味を引き立てる、微妙な甘さが素敵だね♪

ちなみにデザートのもう一つは
‐Fondant chocolat amande amere, glace vanille

0608230336.jpg

最後はエスプレッソをいただいた
欧米ではかならず飲み物に小さな
板チョコがついてくるのが嬉しいね

まさいはエスプレッソをブラックで飲む
だからチョコの甘さがエスプレッソの
苦さとマッチしてとても美味しい♪

1時間半ほどかけて
ゆっくりとランチを楽しんだ。

さすが~といえる極上のお料理、
ゆったりした空間。
そして超一流店のように、
格式張らない自由な雰囲気

とっても幸せなひとときだったよ♪

(注)ここはガイドブックに載ってるので
   日本人にたくさん会います。


■フランスの話 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 Les Bouquinistes(レ・ブキニスト) 
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 53, quai des Grands Augustins, Paris
【最寄駅】 メトロ M4 Saint Michel駅 徒歩5分
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス マドリッド
2006/08/20 00:42 |
IMG_1035.jpg

スペインは国が広いから、
一言でスペイン料理といっても
地域によっていろんな種類のがある

たとえば、バルセロナはシーフードが中心、
マドリッドは肉料理が中心 といった感じ
この夜はマドリッド泊だったので、
この地方のなにか美味しそうな
レストランはないかと、JALの地図&ガイドを
みていたらこういうのがあった。

 ■Las Cuevas de Luis Candelas

ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス
義賊の隠れ家を利用したカスティリヤ料理店

と説明が書いてある

義賊の隠れ家??  カスティリヤ料理??

よくわからなかったけど、今夜はこのお店に即決!

夜、暗くなってから
『義賊の隠れ家』ってどんなんだろうと
想像しながら、お店をさがしてたら、
ひと目でそれとわかるお店を見つけた!(上の写真)

お店の前に、ちゃんと『義賊』の見張りが立ってる!
鉄砲みたいなものまで持ってるよ… コワ~

その見張りのおじさんに、おそるおそる
『一人で食べに来た』と伝えると、
一瞬、睨み付けられてギョッとしたけど、
そのあとは優しく対応してくれた。

でも、ホッと一息つくまもなく、
こんどは、店内の案内人が隠れ家の奥の奥の奥の
そのまた奥のほうにまで連れて行く。

おいおい、生きて帰れるんかよ? と
ビビッてしまったけど、
かなり奥のほうの小綺麗な
小部屋のテーブルに案内してくれた ^_^;

テーブルについたときには、
ひやひやドキドキでもう喉がカラカラ…
まずは、冷えたビールをいただいた。

IMG_1025.jpg

いや〜、食事をはじめるまでに、
いっぱい楽しませてくれるよ!

ビールで喉を潤しながら、
ゆっくりお料理を選ぶ。
スペイン料理はだいたい量が多いので、
この日はスープとメインディッシュの
2品にすることにする。

この時点でたぶん門番に声をかけてから
30分は経ってたかな…


IMG_1027.jpg

何のスープかはっきり覚えてないが、
トマトベースのシーフードスープだったと思う。
すんごく美味しい! 

さて、1杯目のビールは
あっというまになくなったので、こんどは
スペイン名物『サングリア』を頼む。


IMG_1026.jpg

日本だと、ふつうグラスで出てくるが、
こちらは一人分でもピッチャーが標準
いろんなフルーツが入っていて、とっても美味しい♪
これで700円くらいだった


IMG_1029.jpg

さて、お待ちかねのメインディッシュ。
羊のローストだが、ものすごい量(^_^)/

数人できて、シェアしないとたいへんだ。
でもとても美味しいので、
のんびり、ゆっくり食べる♪

のんびり食べてると、
突然まわりが騒々しくなった…

なにごとや!
義賊の隠れ家だから、
お役人が抜き打ちに手入れに来たのか?


いや、違いう(笑)
ギターやマンドリンを抱えた
男性の数人組が部屋にはいってきて
陽気に演奏をはじめた♪

IMG_1031.jpg

とっても明るい曲を立て続けに、
ものすごく楽しそうに演奏してくれる。

さすが、スペインやね~ 

歌の意味はわからなくっても
ほんとに楽しませてくれるよ!

最後はテーブルに帽子をもって回ってきた。
とっても楽しかったので、
もちろん、チップをはずんだよ!

IMG_1032.jpg

さて、これはさっきの羊のローストの断面図
すごいボリュームだったが
ガンバってほとんど食べた(^_^)/

最後にデザートはどうかと聞かれたけど、
とてもムリ!

それで、食後酒をいただいた。

IMG_1033.jpg

それにしても、楽しいひとときだった。
最初はどきどき、はらはら。 
途中は音楽でノリノリ♪

食事も美味しかったし、お値段もとてもお安い。

ガイドブックとかにも載ってるので、
マドリッドに行く機会があるかたは、
ぜひぜひ行ってみてください。

最初に見張り役の男に声をかけるのが、
とっても勇気がいるけどね!


——————————
【訪問日】 2002年1月 
【店 名】 Las Cuevas de Luis Candelas
      ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス

【ジャンル】カスティリヤ料理
【住 所】 C. Cuchilleros, 1, Madrid
【電 話】 91 366 54 28
【営業時間】 13:00~16:00、19:00~24:00
【キーワード】マドリッド マドリード Madrid
——————————



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
スペイン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 真夏の京 午餐会 上賀茂 秋山 【2006年8月訪問】
2006/08/19 03:26 |
0608190329.jpg

フレンチもイタリアンもベトナミーズもコリアンも
全部好きなんだけど、やっぱり一番は『和食』
このところ、和食ずきになってしまったぼくにとって
とても待ち遠しかったこの日

■真夏の京 上賀茂 秋山 午餐会

すっごく満足な2時間でしたよ。

京都は久しぶり♪ 地下鉄北山駅から徒歩15分ほど
その道すがらにも、とても素敵なお店がいっぱいあるんだね
大阪とはひと味ちがった風景だね♪

約束の時間よりすこし早くお店に着くと、
おかみさんが石段のところに水を打っておられました。
うんうん、暑い日には打ち水
日本人の知恵だなぁ…

0608190335.jpg

お店にはいるとまずはこちらに通されて、お茶をいただきました
涼しく冷房がはいっていて、汗がす~っと引いていく…
お部屋のなかを見回すと、
こんなのとか

0608190340.jpg

こんなのがあって

0608190342_trim.jpg
なんだかタイムスリップしたような感じ♪
こういう雰囲気大好きです♪

さて、きょうの午餐会には8人のかたがおいでくださいました。
いつもありがとうね♪

上賀茂 秋山のお昼のお料理は1種類のみ
3150円のミニ懐石コースです

たのしみ~♪

まず最初は『向附』

0608190348.jpg

サンマ酢洗い・焼きトマト・キュウリ酢です。
暑くて食欲がないときでも、胃をキリリとしてくれる感じだね♪

つづいては『煮物』

0608190351.jpg

新銀杏とエビの真丈・糸瓜
真丈(しんじょ)とは、やわらかいかまぼこのようなもので、
海老のすり身を昆布だしや卵白ですりのばして調味したもの
なんだって。 これがほどよい柔らかさでほんと美味しいんだ
糸瓜もいい感じ♪

板さん、なにやらバーナーで焼いてます。

0608190352.jpg

聞くと、これはあとからでてくるお造里の
鰆(さわら)の表面を炙ってるところだって。 楽しみ♪

奥のかまどでは木を燃やして、ごはんを炊いているようです。
おくどさんで炊いたごはん楽しみ~

0608190354.jpg

こちらは今日のお造里

0608190360.jpg

『鱧、鰆とタコ酢』です
二人分をひとつのお皿にもりつけていただいてます。
これを自分の取り皿にもってきた盛りつけ例

0608190361.jpg

左端の小さな器にはいってるのが『タコ酢』です
きょうの鱧は極上のものを使っているんですって
お席のあちこちから、『この鱧おいし~い!』って
声が挙がっていましたよ♪

もう、でてくるものが全部美味しい♪
つぎになにがでてくるのかほんとに楽しみです!

こちらは焚合

0608190366.jpg

冬瓜、南瓜、順才の冷焚です。

うえに海ブドウが乗ってるのがとても可愛いね♪

さて、目の前のかまどで焚いていたごはんが
できあがったみたいですよ~

かき混ぜるとおこげが剥がれる音がペリペリって
聞こえて来るんです~ 美味しそうな音!

0608190377.jpg

このごはんをかき混ぜるとき、みなさん我慢できなくなって
食事中に失礼といいながら、この土鍋の前に集合して
パシャパシャ写真をとってました。
まるで、スターの記者会見みたい~(笑)

お店のかたも、『こんなのはじめて!』と笑っておられましたよ

さて、ご飯も炊けたところで、ごはんもの。 おかずは
苦瓜と沖縄豚・鷹ヶ峯とうがらし鍋

0608190380.jpg

この豚肉はまた固まりをバーナーであぶって表面を
軽くやいたあと、陶板鍋で煮込みます

そして、みごとな具合におこげができている『ごはん』
もう、感動ものですね~!

0608190383.jpg

ぼくも家ではときどきお鍋でごはん焚くけど
これほど見事なおこげはなかなかできないね~
たいてい、お焦げ(笑)

もう、このごはん、美味しくて美味しくて
3回もおかわりしちゃいました♪

さいごは果子(デザート)
きょうは『黒葛もち』

0608190390.jpg

黒砂糖の甘さが最高です♪

お食事がはじまって約2時間
秋山さんといろいろなお話をしながら
とっても美味しい・楽しいひとときをすごさせていただきました。
あっというまでしたね~

ご参加いただいたみなさんも、
きっとご満足していただいたんじゃないかな~
ほんと、日本のこころを感じるひとときでした。

さいごにお手洗いにいったので、そちらの写真を一枚

0608190395.jpg

お手洗いのところも、とてもこのお店にマッチした雰囲気を
醸し出してましたよ~

このお店、全席禁煙です。 拍手喝采!

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 上賀茂 秋山
【ジャンル】和食
【住 所】 京都市北区上賀茂岡本町58
【最寄駅】 地下鉄 北山駅 徒歩10分
【電 話】 075-711-5136
【営業時間】12:00~14:00入店、18:00~20:00入店
【定休日】 水曜と月末の木曜
【キーワード】 ミシュラン
==========


大きな地図で見る

上賀茂秋山 (懐石・会席料理 / 北山)
★★★★ 4.5

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(5)


■ガスパチョ パスタ 【2006年8月調理】
2006/08/18 23:46 |
CIMG6167.jpg

毎日暑いので、ちょっと冷たいものを食べたいと思ったんだ。
でも、夏は栄養をとらないと夏バテになっちゃう。
で、これをつくったよ

 ■ガスパチョ・パスタ

最初はガスパチョだけをつくるつもりだったけど
メニュー検索してたら、冷製パスタにするといいよって
書いてあったのでやってみた!

ガスパチョとは、スペインやポルトガルで夏に好んで
食されている、冷たいトマトスープだよ

まず、ガスパチョの材料(4人分)は
 ‐完熟トマト 4個
 ‐きゅうり  1本
 ‐ピーマン  1個
 ‐玉ねぎ   1/4個
 ‐にんにく  ひとかけ
 ‐オリーブオイル おおさじ2
 ‐塩・こしょう 少々
(‐赤ピーマン
  きょうは無かったけど、入れると綺麗な赤色になるようだよ)

ガスパチョの作り方は簡単
・全部皮をむく。
・ミキサーに入れて、がーっと回して
 全部粉々にする。
・冷蔵庫で冷やす。

つづいて、トッピングの準備。
これも簡単。
 ‐ゆで卵 2個
 ‐生ハム (これがぜったい必要だと書いてあった)
 ‐ピーマン 2個
 ‐トマト  1個
 ‐キュウリ 1本

これらをトッピングしやすいように切る。

さて、パスタを所定時間より2分ほど多めに茹でて
水道水であら熱をとったあと、氷水で、キンキンに冷やす。

その上に、冷蔵庫で冷やした、ガスパチョをかける。
トッピングを乗せる。
食べる♪

実に簡単だろう~?

お味ですが…
ガスパチョは冷たくって、とっても美味しかったよ。
野菜だけで作ってあるので栄養も満点。

でも、パスタにかけると、ちょっと味が薄いね
パスタのソースにするためにはもうひと工夫必要だな!
これから研究しよう(^_^)/

真夏の暑い日のディナーに
とっても美味しいガスパチョ・パスタでした。

みなさまも、ぜひお試しあれ♪
関連記事
___________________________
手作りパスタ トラックバック(0) | コメント(0)


■Restaurante Cerveceria Plaza Mayor
2006/08/17 02:14 |
IMG_1007.jpg

2002年にマドリッド行ったときの話
マドリッドでは3泊した。

■初日(1月28日)
初日は夜8時ころにマドリッド空港に
着いたが、もう機内食でおなかいっぱい
(ルフトハンザの欧州域内の機内食は旨い)

なので、Holiday Innのちかくのよろず屋で
ハムとビール買ってそれだけで夕食にした。
チェコのビールが美味しかったよ。
ハムはニッポンハムと同じ味だった(^.^)

マドリッドはお店が夜遅くまで開いているので便利
でも、最近は日本人を狙った
『ノックアウト強盗』がはびこってるので
夜出歩くときは気をつけてね!

■2日目
この日は一日フリーだったので、
ロンドンで買った英語のミニガイドに
載っていた、ツアーコース(といっても徒歩)を
がんばって回った。

マドリッドは初めてなので『おのぼりさんコース』
街をうろうろしてると、
上の写真のような肉屋さんを見つけた。

さすがスペイン
生ハムの塊をいっぱい売ってる(^_^)/
これ、イベリコ豚だが、1キロ8.96ユーロ
めっちゃ安い!

さて、ランチはメイヨール広場の近くの

 ■Restaurante Plaza Mayor Cerveceria

へ行った。
たまたま通りかかっただけだが・・
広場のちょっと裏手。 徒歩1分くらい。

IMG_0995.jpg

12時半くらいにいったが、店内はガラガラ。
さては、人気のないレストランなのかな
と思ってたんだけど、スペインでは
お昼は2時ころに食べるのが普通らしい。

食べ終わるころにお店は満員になってきた(笑)
ごく普通の小さなレストランだけど、
内装がすごくいいよね♪
なんか、歴史を感じるなぁ♪

ランチメニューが7.8EUR(ユーロ)で
約900円(当時)くらい。

ランチは前菜、メインを数種類の中から
1品ずつ選ぶ。
まず、前菜のチョイスは

 ‐Beans Spots with Rice
 ‐Castilian Soup
 ‐Roasted Peppers with Tuna
 ‐Peas with Ham
 ‐Mixed Salad

けっこう迷ったが、
どんなものかわからない
『カステリアン・スープ』にした

IMG_0998.jpg

ちょっと香辛料のきいたスープで美味。
なかからポートドエッグがでてきてびっくりだった!

普通の家では前日の堅くなったパンを
スープに浸して食べるお料理があるけど、
きっとそれかな


IMG_0999.jpg

ランチにはワインが赤か白が標準でついている。
で、喜んで赤を頼んだ。

ランチメニューについているワインだから
グラスワインだとおもったら、
ボトル1本まるまるついていてびっくり。

一人だったので昼真っからのみ過ぎて、
午後の観光は取りやめ(笑)

さて、メインディッシュのチョイスはこちら

 ‐Veal with Carrots
 ‐Rosted Chicken
 ‐Fried Eggs with Loin to the Grill
 ‐Grilled Mere
 ‐Fried Squids

どういうわけか、『フライド・スクイッド』を頼んだ
写真をみればわかるように、単なるイカリング
あ~、選択ミスだなぁ…

IMG_1001.jpg

もちろん、美味しかったんだけど、
こんな、日本でもあるような料理じゃなくて
他のを選べばよかった!

いま、選ぶとしたら、
『Veal with Carrots』か『Grilled Mere』だな
どちらも、どんなものかよくわからないけどね


IMG_1002.jpg


最後に、デザートがついてる。
普通の感じだけど、美味しい♪

全体的にとっても満足なランチだった
ワインを一人でたくさん飲めたのでそれだけでも満足かも!

もし、マドリッドにいくことがあったら、
探してみてください。

これは近くの席で食事していたお年寄り夫婦
なんかいい雰囲気♪

IMG_1003.jpg



──────────
【訪問日】 2002年1月 
【店 名】 Restaurante Cerveceria Plaza Mayor
【ジャンル】スペイン料理
【住 所】 Plaza Mayor nº2, 28005 Madrid, Spain
【電 話】 913 650 646
【営業時間】 不明 昼は12時くらいからオープン
【Trip Advisor】 http://goo.gl/9LP9Kk
【ひとこと】ランチメニューが安くておいしい。
      ワイン1本ついてくるので、のんべえには◎
      気軽に入れる小さなレストラン
【キーワード】 マドリード マドリッド メイヨール広場 ランチ Lunch
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
スペイン トラックバック(0) | コメント(2)


■カボ・デルポニエンテ 大阪・中之島
2006/08/14 11:29 |
0608140232.jpg

スペインにはなんどか行ったことがあるんだけど
ほんとに日本人の味覚にあうんだよね、スパニッシュ!
現地だととっても値段もおやすくて、たらふく食べられる。
最近、日本でもスパニッシュ増えてきたけど、まだちょっと高いな。

さて、きょうの『夏休み ランチ三昧』 オフはそのスパニッシュ

 ■カボ・デルポニエンテ 大阪・中之島

お店情報によると『ダイビル』の中にあると書いてあったので
ダイビルにはいったんだけど、ぜんぜん表示がない
ちょっと不審に思いながら端っこまであるいていったら、
ひとつ扉をはさんで向こう側にあったよ!

0608140234.jpg

ほかの参加者達もちょっと心配しながらやってきました。
きょうのランチオフには7人が集まってくれました。

ふだんのカボ・デルポニエンテのランチは3種類だけど、
週末は日替わりランチ(950円)がないんだ。

 ‐今月のランチ 1500円
 ‐シェフおすすめランチ 2500円

オーダーは『今月のランチ』が4名で、『おすすめランチ』が3名
ぼくはおなかすいてたので、おすすめランチだよ♪
おすすめランチは前菜ふたつ、メイン、デザートって感じ
最初のお料理は
‐新鮮なアジのマリネ・ウイキョウ風味だよ

0608140245.jpg

和食でよくでる、アジもスパニッシュになるとこんな感じ!
お野菜もたっぷりで嬉しいです。
Aランチ組とすこしずつ、シェアしました
西洋料理はほんとに前菜、特に冷菜が美味しいね~!

ふたつめの前菜はこちら

 ‐ナスとスカンピのミルフィーユ仕立て

おおっ! って感じででてきました。
山高く盛りつけられています!

0608140255.jpg

ナスの間に、生ハム、スカンピ(手長エビ)などなど
山を崩さずにいただくのがたいへんでした(笑)
ここまででも、けっこうな満足感!

さて、いよいよメイン料理だよ
シェフのお薦めランチは、メインを選べるんだ。

 ‐牛フィレ肉の鉄板焼き、香草風味
 ‐仔牛のクリーム煮
 ‐鯛の土鍋煮、バスク風
 ‐牛テールのシェリー酒煮
 ‐牛肉と野菜のミネストラ
 ‐牛スネ肉の煮込み、イチジク添え

ぼくは『鯛の土鍋煮、バスク風』をお願いしたんだけど
残念ながら、鯛が品切れで、スズキの鉄板焼きだということなので
あきらめて、こちらにしました
‐牛肉と野菜のミネストラ

0608140261.jpg

でてきたのはこちらです
熱々の鉄鍋にはいったミネストラ
見るからに美味しそうだね~

ゆで卵が半分はいってたのが、なんだかこっけいだったけど
牛肉と野菜をトマトソースで煮込んで
とっても美味ですよ~

こちらは、あんさんが注文された
‐牛スネ肉の煮込み、イチジク添え

0608140262.jpg

じつはこれも狙ってたんだけどね~
う~ん、どこにイチジクがあるんだろう?
スネ肉の煮込み、すごくトロトロに煮込んであって
柔らかかったですよ~

あとからメニューを見直してみたら、
『牛テールのシェリー酒煮』もおいしそうだね♪

せっかくだから、『今月のランチ』もご紹介しますね。
こちらは『野菜の冷たいスープ ガスパチョ』

0608140242.jpg

暑い季節には最高だね、ガスパチョ
ガスパチョってトマトとあといくつかの野菜を
ミキサーにかけるだけなので、けっこう簡単に作れるんだよね!

こちらは、メインディッシュ

 ‐いろいろな魚介のココット焼き

0608140251.jpg

すこしだけ分けてもらいましたけど、
とっても美味しかったですよ~

おなかがいっぱいになってきたころに
でてきたのが、デザート♪
このシナモンのかかっているのは、このあいだポルトガリアで
いただいた、『お米のプディング』ですね~
すこしずついろんなデザートがあって嬉しいね♪

0608140267.jpg

最後はやっぱり、エスプレッソ!
満腹のおなかをす~っとしてくれます。

お店はダイビルの端っこにあって、
そんなに広くはないんだよね。
店内はこんな雰囲気ですよ~
あ、何人かうろついているお嬢様方はナカオアキラ氏の
サインを見に行ってるところです(笑)

0608140279.jpg

きょうのカボ・デルポニエンテのランチはほんとに満足感たっぷり
1500円のでも2500円のでもとても満足できます。
平日の950円ランチもいちど食べてみたいなぁ~

どこかのブログでこのお店は50ヶ月期間限定のお店だと
聞いたことがあったので、そのことを尋ねてみると、
このダイビルが再来年くらいに取り壊しになるので、
とりあえずそれまで… ということです。
その後はどうなるかわからないみたいですね

きょうもオフ参加のみなさんと
とっても楽しい、美味しいひとときを過ごせました♪

どうもありがとう!

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 CABO d'EL PONIENTE(カボ・デルポニエンテ)
【ジャンル】スパニッシュ
【住 所】 大阪市北区中之島3丁目6番32号 ダイビル1F
【最寄駅】 地下鉄 肥後橋駅、北新地駅
【電 話】 06-6449-0023
【営業時間】11:30-14:00 17:30-22:00
【定休日】 日曜
==========
関連記事
___________________________
西洋料理 トラックバック(2) | コメント(4)


■チェディルアン タイ料理 大阪・北堀江 【2006年8月訪問】
2006/08/13 00:46 |
0608130376.jpg

『夏休み ランチ三昧オフ』第2弾は真夏の暑い日にぴったりのタイ料理

■CHEDI LUANG(チェディルアン) 大阪・北堀江

このお店、なんと7/25日発売のHanako Westで
『大阪・京都・神戸の関西全域でのタイ料理部門グランプリ』を
とったんだって!

しばらくタイ料理から遠ざかってたので、楽しみ楽しみ♪
きょうのオフも1週間前に募集したんだけど、
予想以上にたくさんの方にご参加いただきました♪

・ジャスミンさん ・ジュンコさん ・あじみさん
・singingさん ・だいこんさん ・まさい

数年ぶりにお会いした方もおられて、とても懐かしかったです♪

お店は地下鉄長堀鶴見緑地線の西大橋から徒歩数分
四つ橋駅からも10分かからない場所にあります。
でも、方角を間違えて、カンカン照りの中を30分ちかく
さまよったかたもいらっしゃいました。 お疲れさま~

0608130371.jpg

ランチメニューはいろいろあって、1000円くらいから
2980円のコースまで。
きょうはお盆の時期と言うことで、通常3500円の
コースが特別に2500円になっていたので、
おお、ラッキーと、みんなそれにすることにしました。
あとから考えたら、数人違うメニューにしてもよかったかな…

■夏のホリデーコース 2625円(税込み)

まずは、炎天下のもと、無事に集合できたことにかんぱーい!

0608130378.jpg

飲み物はタイ産のチャーンビールとシンハービール
チャーンのほうが濃厚なお味でした。けっこう旨い!

まずは、前菜です。 6人分が大皿ででてきたよ~
‐北海道産高級生貝柱とヤリイカをつかった、
 夏トマトのスパイシーサラダ

0608130384.jpg

ヤリイカがけっこう美味しかったよ~
スパイシーといっても、すこしピリ辛程度

おつぎも前菜風だね。
大きな籠がかぶさってでてきた。
‐チェンマイ風 蟹と豚肉の湯葉巻きシュウマイ
 アプリコットソース添え

0608130386.jpg

これも、すごく美味しい!
でも、ぜんぜん辛くない…
なんだかベトナム料理みたいだなぁ~

さてさて、お待ちかねのコレ!
‐大きめ有頭海老のトムヤムクン スパイシースープ

0608130389.jpg

これはかなり旨かったです。
でも、 汗をかくほどの辛さがないね…
ちょっと物足りないかも

このあたりで、お飲物の追加がほしくなってきたんだけど
ワインリストをみると、なんとタイ産のワインがあるやん。
あんな暑いところでもワインができるんだね~

‐シャトー・ド・ルーイ 2003年

0608130392.jpg

裏に日本語で注釈が書いてあったので、引用すると…

 タイ、ルーイ県の高原地帯プールア地区は
 『黄金の丘が波打ち、まるで南仏の一風景が
  アジアに現れたようだ』と謳われる。
 <シャトー・ド・ルーイ>の原料となるブドウは
 このプールア地区で栽培され、ワイン醸造は
 1995年から行われている。
 南仏と似通った土壌や気候をもつこの地域は
 果実やナッツ、花の生産も盛んだ。

フルーティなお味で、飲みやすいワインでした。
まだ、洗練された感じはないけど、これからだんだん
良くなっていくんだろうね。
がんばれ、タイ・ワイン!

つぎはメインディッシュになるのかな
‐ソフトシェルクラブ蟹のカレー香り炒め

0608130396.jpg

これもカレーの味に香草の香りがあいまって
とても美味しかったよ!

そして、つづいては
‐シェフお勧め 若鶏と季節野菜入り
 本日の特撰タイカレー … きょうはレッドカレー

0608130402.jpg

これを、タイ高級ジャスミン香り米に乗せていただきます
カレーはけっこうたっぷりあったので、ジャスミン香り米を
おかわりして、たっぷりいただきました♪

最後のデザートはこちら
‐黒タピオカのなんとか

0608130406.jpg

ぼくは黒タピオカって初めてだったのでとても嬉しかったです!

懐かしい人たちといろんなお話ができたし、
きょう、はじめて参加してくださった方も
楽しんでいただけたようで、2時間ほどあっというまに
過ぎてしまいました~

でも、おわってみてのみんなの感想は
『美味しかったけど、なんか物足りないね~』って。
お店をでてから、なんでだろってみんなで話てたんだけど、

 ‐タイ料理の辛さがなかった
 ‐通常3500円のコースにしては品数が少なかった

ってあたりに落ち着いたよ~
まあ、不満じゃないけど、満足でもない…
そんな感じのランチでした~

味付けが普通の日本人に受け入れられるように
工夫してあるので、Hanakoさんでグランプリとったんだろうね。

あ、美味しかったんですよ! サービスも良かったし♪
でも、やっぱりなにか物足りないなぁ~

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 CHEDI LUANG(チェディルアン)
【ジャンル】本格タイ料理
【住 所】 大阪市西区北堀江1-17-11
【最寄駅】 地下鉄 西大橋駅/四つ橋駅
【電 話】 06-6535-1515
【営業時間】昼 月~金 12:00~15:00(L.O.14:15)
       土・日・祝 12:00~16:00(L.O.15:30)
      夜 月~木・日 18:00~23:30(L.O.22:45)
       金・土   18:00~02:00(L.O.01:30)
【定休日】 無休
==========
34/40/15.682,135/29/50.812

関連記事
___________________________
アジアン トラックバック(0) | コメント(2)


■ポルトガリア ポルトガル料理 大阪・西天満 【2006年8月訪問】
2006/08/12 22:31 |
0608120129.jpg

お盆のころって、どこか旅行に行こうとおもっても
暑い・高い・混雑であまり楽しくないよね…
それで去年のお盆休みは旅行の替わりに楽しんだランチ三昧
とても有意義な数日間だったよ!
去年の実績は

■ラ・ギャロワーズ
■韓民酒家hana
■ル・レストラン・ドゥ・ヨシモト
■ル・ピリエ
■ラ・ヴェルデュール・ドゥ・ヴェトナム

今年はランチ三昧をオフにしようと企画したんだ!
名付けて『夏休み ランチ三昧オフ』

ランチ3連チャンと以前から予定していた
19日の『真夏の京 上賀茂 秋山』

さて、今日はその初日
募集したのが1週間前だったので、すこし人数すくなくて

 ・まっきー★さん ・たがさん ・まさい

の3名だよ。 でも、予想外の展開が…
ランチ三昧 初日のお店は

■ポルトガリア ポルトガル料理 西天満

0608120130.jpg

西天満というと、裁判所のあたりを想像していたんだけど
淀屋橋から御堂筋を北上すると、メインストリートに
面してお店はありました
上に黄色地に鶏の看板。 お店の門構えは原色系の明るいお店だよ
すぐに見つけられます

さあ、さっそくランチを注文しようとお店の方に

『ランチメニューを教えてください』 と伺ったところ、
『土曜日はランチメニューはありません…』

えー、そうなんだ。 
ということは、昼間からディナーメニューを食べられるってことだよね♪

かえって嬉しい展開に!
3人だったので、前菜を3つ、メインを2つお願いしました。

まず最初にでてきたのは、『豚の耳のサラダ』

0608120132.jpg

これは、沖縄のミミガーそっくりで、こりこりして美味しいです
あ、その前にもちろん乾杯しましたよ!

0608120134.jpg

ポルトガルビールの『サグレス』
まっきー★さんのオフ会初参加にかんぱーい!

おつぎの前菜は『バカリャウのコロッケ』

0608120136.jpg

??バカリャウってなに??
メニューによると

 ‐ポルトガルの国民食とも呼ばれるバカリャウ(干し鱈)

と書いてあったよ。
サクサクしていて、とても美味だよ~

みっつめの前菜は『漁師風タコのサラダ』

0608120139.jpg

日本人とおなじく、ポルトガル人もタコが大好き♪
暑かったので、ビールもぐびぐび飲んで、
とてもいい気分になってきたよ~

ポルトガルといわれても、じつはぼくは何も知らない…
首都がリスボン ってこと。 昔、日本に鉄砲を伝来。
あと、カステラとか伝えてくれた国

0608120140.jpg

ポルトガルにはどんな地方があるのかも全く知らないんだけど
テーブルの上の、ランチョンマットがポルトガルの地図になってるんだ。
これで、ちょっとはポルトガル通になれるかな(笑)

いよいよメインディッシュの最初はこれ~!

0608120144.jpg

わー、なんだろう!!
2枚貝のような銅のお鍋がでてきたよ。
なかみはこれ

『海の幸のカタブラーナ』

0608120146.jpg

カタブラーナ鍋というのは蓋をロックできる構造になってるので
簡易の圧力鍋になるんだ。 そう、圧力鍋の元祖だよ!
これでエビ、イカ、ムール貝、アサリ、鱈などのシーフードを
蒸し焼きにするんだ。 それに絶品の味付けだよ♪
これなら毎日食べても飽きないなぁ!

海の幸のカタブラーナの盛りつけ例(まさい作)♪

0608120148.jpg

メインディッシュの二つ目は
『田舎風ポークリブ ポルトガル独特のパンのケーキを添えて』
けっこう豚料理も食べるみたいなんだ
前菜に豚耳のサラダがあったし、メインでも他に
『豚肉のアレンテージョ風』ってのがある
これは豚とアサリの炒め物。 ポルトガル料理の定番だって
豚とアサリという組み合わせが面白いね

さて、田舎風ポークリブはこれです

0608120158.jpg

わぁ~、美味しそう!
真ん中にあるのがパンのケーキです。
このポークリブ、味が濃そうに見えるけど、そうでもないよ。
とても美味しいです♪

ポルトガルの家庭では、ちょっと古くなって堅くなったパンを
このように料理して、柔らかくして食べるだって。
捨てるのもったいないもんね。
パンのケーキ、もちもちしててとても美味しいよ~

田舎風ポークリブの盛りつけ例(まさい作)♪

0608120161.jpg

そうそう、写真撮るのわすれたけど、ポルトガルのパンも
粘りけがあって、とても美味しかったですよ♪

もう、かなりおなかいっぱいになったんだけど
ポルトガルのデザートもちょっとくらい試してみたかったので
3人でひとつをシェアすることにしたよ
頼んだのはこれ

『おこめのプディング』

0608120166.jpg

何年か前にイギリスでたべた、おこめのプディングは
甘すぎて、ぜんぜん美味しくなかったけど、
こちらのは程良い甘さ。
うえにかかってる茶色いものは、シナモンだね

きょうのランチは、ランチセット1200円のつもりが
ディナーメニューをいただくことになったので、ちょっと豪華でした。
以上のメニューで合計9000円 ひとり3000円
ランチとしてはちょっと贅沢だったけど、かなりの満足感だよ
夜だったら、あと1品くらい増やして、ワインを飲んで
ひとり5~6000円くらいだね。
ポルトガル料理はとっても日本人の味覚にあってて、とっても美味しい!
フレンチやイタリアンとはひと味違うポルトガル料理
ぜひ一度いってみてね~♪

追記:偶然ですが、8月16日の日経新聞朝刊にポルトガリアの記事がでていました♪

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 ポルトガリア
【ジャンル】ポルトガル料理
【住 所】 大阪市北区西天満4-12-11
【最寄駅】 地下鉄・京阪 淀屋橋駅
【電 話】 06 6362 6668
【営業時間】11:30-2:00am
【定休日】 日曜
==========
34/41/37.914,135/30/17.593

関連記事
___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(2)


■隠れ家 ビストロ・ダン・ル・シエル 大阪・本庄 【2006年8月訪問】
2006/08/11 20:25 |
0608110065.jpg

『期待はずれ』という言葉があるけど、その反対語はなんだろう?
『期待以上』かな?

きょうのランチはまさに『期待以上』だったよ!
とてもゆったりとした素敵なランチタイムを楽しむことができたんだ

■ダン・ル・シエル 大阪・本庄

本庄といってもどこかわからないかもしれないね。
天六から徒歩で10分くらい北西のほうに歩いたところ
天神橋筋の商店街や飲食店からとても離れたところに
ぽつんと一軒あるフレンチ。
場所的にはまさに『隠れ家』

炎天下を汗だくになってあるいて、お店にはいると
お客さんは女性が一人だけだった。
はいった時間が1時15分ころだったから、
もうランチタイムの喧噪はおわったんだろうね

0608110070.jpg

天井には大きな扇風機があったよ
でも、うごいてなかった(笑)
きっと冬場に暖房の熱をかきまぜるために使うんだろうね
とっても落ち着いた雰囲気の店内

さて、ランチメニューは

‐Aランチ 1000円
  スープとメインとコーヒー
‐Bランチ 1800円
  Aランチ+サラダ+デザート

ランチ以外にアラカルトメニューもやってくださるようです。
最初のスープは『カボチャの冷製ポタージュ』

0608110075.jpg

暑いときは冷製スープがとっても美味しいね~♪
かなり大きめのボウルで供されるのでとっても嬉しいです!
同時に熱々にしたパンも持ってきてくださったので
熱いパンに冷たいスープを付けていただきました♪

0608110080.jpg

メインディッシュは3つからひとつをチョイス
今日のメインは

‐若鶏の香草パン粉焼き か
‐茶美豚のトマト煮込み か
‐ホウボウのポワレ

すっごく悩んでしまいました…
若鶏好きだし。 豚のトマト煮込み好きだし。
フレンチにでてくるポワレはいつも美味しいし…

悩んだ結果、『若鶏の香草パン粉焼き』にしました。
ランチとはいっても、本場のビストロ風に
とてもゆったりしたタイミングでお料理をもってきてくれます。
ぼくはこのゆったりさがとっても好きなんだ♪
アジア系のお料理ではなかなか味わえないこの『ゆとり』

さて、でてきたのはこちらです。

0608110085.jpg

わ~ぉ♪
えっ、これが1000円ランチのメイン?って
ちょっと感激!
香草の種類とか付け合わせとか説明してくださったんだけど
ほとんど忘れちゃいました(^_^;)

若鶏の香草パン粉焼きをひとくち食べて
また、ちょっと感激。
うえに乗ってる香草も美味しいけど、若鶏につけられた下味が
またとっても素晴らしいんです!
じっくり味わっていただきました♪

付け合わせのお野菜

0608110086.jpg

同じまめばかり山盛りかとおもったら
豆も2種類、オクラも入ってて、しかも美味しく味付けしてある。
ほんと満足感のある、このメインディッシュでした~♪

お店のなかは木の暖かさが感じられる内装。
漆喰の壁がとても気持ちを落ち着かせてくれます。

0608110105.jpg

きょうのランチをこの落ち着いた店内でいただいて感じたこと。

ここのシェフの井出さんは、フレンチの名店『シェ・ワダ』の
出身なんだけど、きっとそんなことで騒いでほしくないんだと思う。
18年間身につけた、本格的なフレンチのお料理に対する敷居を低くし、
もっと多くのひとにフレンチを気軽に楽しんでほしいという
強い思いがあって、このような隠れ家のような場所で、
とてもリラックスできるお店を開店されたんだと思うよ。

だから、みなさんもぜひ気軽に立ち寄ってみてください。
ゆったりとした時間の流れのなかで、素晴らしいお料理を味わえますよ。

0608110096.jpg

最後はコーヒー
きょうはデザートセットを頼まなかったけど、
小さなクッキーがついてて、とっても嬉しかったです♪

一番最初に書いたように、ほんとに『期待以上』のビストロでした!
なお、不定休なので、なるべく電話してから来てくださいとのことです。

2008年10月 大阪城北詰に移転しました

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 Le Bistrot dans le ciel(ビストロ・ダン・ル・シェル)
【ジャンル】フレンチ・ビストロ
【住 所】 大阪市北区本庄東2-3-23
【最寄駅】 地下鉄 天神橋筋六丁目(天六)
【電 話】 06-6373-2332
【営業時間】11:30-13:30(LO) 18:00-21:00
【定休日】 不定休
==========
34/42/39.718,135/30/37.962


関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(10)


■Scoma's オイスター&ロブスター サンフランシスコ
2006/08/09 00:36 |
CIMG5231.jpg

数年ぶりに訪れたサンフランシスコの街
ここは観光地ということもあるけど、
アメリカにしてはいろいろ美味しいものがたくさんある。
ものの本によると、全米一レストランが多い街なんだって

上の写真はピア39の裏手あたりのヨットハーバー
ほんとに美しい光景だね♪ それに、このあたりの海って、
なぜかあまり潮の香りがしないんだよね…

サンフランシスコにきたとき、いちばん食べたいものは、

 ■ロブスター

日本でたべると目が飛び出るほど高いけど
こちらはけっこうリーズナブル
きょうは、ちょっと有名レストランの

 ■Scoma's

でいただくことにしたよ♪

CIMG5277.jpg

ここはガイドブックにも載ってるので日本人も多い
メニューには『Childrens & Japanese Menu Available』と書いてある。
日本人って、子供並かい?

さて、飲み物はマルガリータ♪
アメリカのマルガリータはでかいグラスに氷をいっぱいいれて
供されるので、けっこうアルコール度が低いんだ。
はじめて飲むと、薄くかんじるけど、でもたくさん飲めるから
けっこう嬉しい。 それに安い

CIMG5238.jpg

アメリカでマルガリータを注文すると

 frozen or on the rock ?
 with or without salt ?

とかならず聞かれる。
ぼくは on the rock with saltが好き♪

アペタイザーは当然、オイスター♪ おまかせにすると、

 ‐Oyster on the Half shell -Half Dozen 16ドル

CIMG5241.jpg

数人で頼むと、大皿にたくさん並べてくれるから
とっても豪華に見えるよね!
産地をいちいち説明してくれるけど、覚えきれない ^_^;

つづいてスープ。
もちろん、サンフランシスコ名物の

 ‐Clam Chowder Soup / Cup 4.5ドル

ピア39の屋台でもいっぱい売ってるけど
Scoma'sのクラムチャウダーは絶品だったよ

CIMG5245.jpg

これが4.5ドルというのはとってもお得!
いままでで一番美味しかったクラムチャウダーかも♪

いよいよメインはこれ

 ‐Western Australian Lobster Tail 55ドル

あら、けっこう高いね ^_^;
でも、最初からきめてたから、コレ!

待つこと15分くらい
でてきたのはこちら…  

CIMG5250.jpg

あら、殻だけ?
いやいや、じつはこの殻のうえに、ロブスターを開いて
乗せてあったんだけど、写真を撮る前にはずされちゃったの

なかみはこちらです!

CIMG5252.jpg

なんか、開いちゃうとロブスターに見えないね(笑)
レモンとオリーブオイルでいただきます。
もう、最高に美味しいですよ!

満足満足。

このScoma'sはやはり観光客向けのお店なので
ちょっとお値段は高めです。
でも、クォリティーは最高なので、財布に余裕のあるときはぜひに!

──────────
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 Scoma's
【ジャンル】シーフード
【住 所】 PIER 47, SAN FRANCISCO, CALIFORNIA 94133 U.S.A.
【電 話】 415-771-4383
【営業時間】11:30~22:30
【定休日】 感謝祭、12/24、12/25
【キーワード】 スコマス サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(2)


■美食人家 中国・黄山の繁華街
2006/08/08 00:48 |
CIMG4825.jpg

中国・黄山のつづき

ここは黄山市内でいちばんの繁華街
お土産やさんやレストランがいっぱい並んでるところだよ

CIMG4826.jpg

さすが、中国だね!
お茶屋さん(喫茶じゃなくて、お茶の葉っぱ売ってるところ)が
いっぱいならんでる♪
ほかに、黄山の名産品ももちろん

さて、今夜の食事はこちら

 ■美食人家

CIMG4831.jpg

まあ、グルメの館とでもいうのでしょうか?
きょうのディナーは中国人4人とぼく一人
だいじょうぶかな…(笑)

中国のレストランではよく見る風景なんだけど
厨房の前にずらりとならんだご馳走の数々!

CIMG4832.jpg

これらをみながら選んでいきます。
お魚類は、材料となる魚とかがならんでいて、
それを選んで好きなように料理してもらいます。

のどが渇いてるので、やっぱり最初はビール

 ■一品黄山(Yipinhuangshan)

CIMG4838.jpg

黄山名物のビール
でも、これ、美味しくない ^_^;
うーん、どういうのか、コクがないなぁ
なんだか、日本の第3のビールみたいな感じ

さて、お料理。
まずは前菜風のもの
これも中国ではよく見かける、お豆腐料理の一種

CIMG4842.jpg

堅いお豆腐を千切りにしたもの
どちらかというと、高野豆腐に近いかも…
うーん、いや、やっぱり違うなぁ

これは、牛か豚のレバーを辛く煮込んだもの

CIMG4851.jpg

生臭くて、あんまり美味しくなかった…
中国人の友人達もほとんど箸をつけなかったよ ^_^;

さてさて、こちらが本日のメインイベント!
一番の目玉料理だよ~
さっきの、厨房のところでみかけた、これ

CIMG4839.jpg

『これなんだ?』と友人の中国人女性に聞いたら
『これ、旨いから、ぜひ喰え』としつこくいうんだ
どう見ても、ムシっぽいので、正体を聞いたら

 ■蚕の幼虫

げー、やだやだやだ ってだいぶいったんだけど、
『わたしが食べたら、食べる?』っていうので
諦めて、『うん、わかった』っていったの

テーブルに並んだとき、彼女は躊躇しないで、
スプーンですくって食べるじゃん
わー、こりゃ、ぼくも覚悟を決めなければ… たらーり(汗)
アップでみると、コレ

CIMG4840.jpg

見てると食べられないので、目をつむって、覚悟を決めて…
ひとくち、ぽいっ っと口の中に…

『バリバリバリッ』

ありゃりゃ、けっこう旨いやん!
目をつむって食べると、スナック菓子みたいな感じ。
ムシだから、きっと、噛むと中から、むにゅっと
柔らかいのがでてくるのかと思ったら、中までパリパリ

悪く無かったです♪

CIMG4857.jpg

これは、お米を粉にして薄~く焼いたもの
今日の料理で、一番美味しかったかも(笑)
けっこうバリバリ食べちゃいました。

最後はデザート

CIMG4844.jpg

パッと見はよくわからなかったけど、
どうやらもち米で作った饅頭みたいなものだね

中にはなぜか穴があいてる
なにか棒のようなものに突き刺して蒸すのかな?

CIMG4863.jpg

きょうのお料理はとてもクセのあるものばかりだったよ
まあ、おなかはイッパイになったけど、
『美味しかった~!』っていう感じではないなぁ~

中華料理にもいろいろあるねぇ… 中国はひろい!


■2006年6月
■キーワード: 黄山 かいこ カイコ 蚕 幼虫 虫
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■黄山の朝食 黄山国際大酒店
2006/08/07 19:11 |
CIMG4633.jpg

上海でご馳走を食べた翌日
上海からさらに飛行機で1時間、内陸へ
はるばるやってきました、黄山(Huangshan)

黄山は安徽省(Anhui sheng)南部にある地域で、
1985年、中国の十大名勝地に選ばれ、
1990年、世界の文化と自然遺産に登録された
世界でも有名な観光地です。

今回泊まったのは、そんな地域の入り口にあたるところにある街です。
ほんとうはゆっくりと世界遺産を観光してきたかったのですが
残念ながらあまりゆっくり見ることはできませんでした。
半日だけ黄山のさわりだけを観光してきたのでまた紹介しますね。

きょうは宿泊したホテルの朝食を一気にご紹介です。
泊まったのは『黄山国際大酒店』です。
けっこうまともなホテルでした。 ネットにもつながります。

朝食はバイキング形式で、日替わりでいろいろなものが
並べられていたので、連日でもあまり飽きません。
ぐるっと一回りして、もの珍しいものの写真を撮りました

■豆腐脳(doufunao)
CIMG4636.jpg

この豆腐脳というのが、普通の豆腐とどうちがうのか
よくわからないんだけど、食感はまさに絹ごし豆腐だね~
あみさんのブログによると、固まりかけの豆腐みたいなものなんだって。

■血糯粥(xienuozhou)
CIMG4637.jpg

これは赤いもち米のお粥のようです。

■豆腐脳をうつわによそって、盛りつけた様子
CIMG4641.jpg

赤いのは唐辛子味噌のようなもの
これはほんとに美味しかったよ♪
お豆腐なのでいくらでも食べられるし、
カロリーもすくなそうだし(笑)

■こちらは血糯粥をおわんによそったところ
CIMG4643.jpg

一見、赤飯のお粥みたいだけど、ぜんぜん甘くない
塩をふっていただきました。

■上記ふたつ以外のものを盛りつけたのがこちら
CIMG4631.jpg

奥から順に説明すると、
丸いのは名前が思い出せないんだけど、
日本にもある野菜。 シカシカした食感のやつ
細めの揚げ春巻き
卵はなんとガチョウの卵。 でも味はふつう
黒いのは不明。 すこし甘みがあったよ
手前の黄色いのは南京。 柔らかくて美味しい♪
焼きそばと炒飯もとても美味でした。

■こちらは2日目の朝ごごはんの盛りつけ例
CIMG4774.jpg

きょうは焼きそばが上海風の幅広のだった
特筆すべきものはないけど、全体的に美味しいね♪

■こちらは3日目の朝食
CIMG4876.jpg

中華朝食にちょっと飽きてきたので
もっていった、エースコックのワンタン麺
あ~、なかみは中華そば… がっくし ^_^;

■こちらは最後の日の朝ごはんの盛りつけ例
CIMG4904.jpg

奥の原発みたいな形したやつは小籠包の一種かと
思ったんだけど、中をわってみるとこんなの
CIMG4905.jpg
ごはんが入ってました。

そして、こちらは中華粽のなかみ
CIMG4908.jpg

もっちりしておいしい~です!
中華粽ってほんと美味しく味付けしてあるね!

全体的にとても満足な朝食ライフでした♪
ホテルの朝食はやっぱり欧米より中国のほうがいいなぁ!

──────────
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 黄山国際大酒店
【ジャンル】ホテル
【住 所】 中国黄山市屯渓區華山路31号
      31 Huashan Road Tunxi, Huangshan, China
【電 話】 0559-256-5678
【営業時間】24時間
【定休日】 なし
【キーワード】 世界文化遺産 世界自然遺産 黄山 Huangshan
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ひさしぶりの具だくさんペペロンチーニ
2006/08/06 01:35 |
0608050005.jpg

8月最初の土曜日
久しぶりにゆっくり寝ることができて、
目が覚めたら、11時50分

わっ、10時から歯医者さん予約してたのに…

おまけに家にはだれもいない
朝ご飯、いや、昼ご飯どうしようと
冷蔵庫の中を睨んで、久しぶりに作ることにしたよ

 ■具だくさんペペロンチーニ

でも、いつも入れる、鶏肉がないので、肉系はベーコン
ほかに、なに入れよう? 冷蔵庫には

 ‐ピーマン
 ‐ナス
 ‐シイタケ
 ‐トマト

はぁ? ペペロンチーニにトマトいれる?
ま、いいか♪

さて、先日のお料理教室でならったように、
ナスはあらかじめ、油で揚げる
こうすると、ナスの旨さは10倍くらいになるらしい

にんにくととうがらしを、オリーブオイルにつけてから
火をつけて、お鍋をゆっくりと暖める。
ここが重要!
いきなり、熱いオイルににんにくをつけても、焦げるだけなんだ
ゆっくり時間をかけてつくる、ガーリックオイル

そのオイルをいったんボウルにだして、
フライパンでベーコンを焼く
ピーマンとシイタケを入れて、
そして、湯むきしたトマトを入れる… ちょっと不安 ^_^;

規定の時間より2分短めに茹でたパスタを
フライパンにうつし、ガーリックオイルでまぶす
この時、弱火でやらないといけない
強火でやると、パスタが揚がってしまって、パリパリになるんだ
はじめて作ったとき、失敗した ^_^;

さて、できあがり~
ピーマン、ナス、シイタケ、トマトのペペロンチーニ♪

きょうはまあまあの出来映えだね♪
不安だったトマトも、けっこう美味しい
やっぱりトマトはパスタにはあってるよ!

■2006年8月
■キーワード: ペペロンチーノ ペペロンチーニ 
関連記事
___________________________
手作りパスタ トラックバック(0) | コメント(2)


■マイミクさんと ア・ラ・カルト 大阪・神山町 【2006年7月訪問】
2006/08/05 23:15 |
CIMG5476.jpg

マイミクのCさんが海外から帰ってきたよ♪
それで、日本でないと食べられないランチいきましょうと
いうことになったので、どこにしようかと…

 案1:北新地 『遠藤』の親子丼
 案2:神山町 『ア・ラ・カルト』の洋食

他にもいくつかあったけど、このところ注目度大の
ア・ラ・カルトにしました~

マイミクさんといっても、はじめてお逢いするので
雑踏の東梅田は避けて、JR天満駅改札でてすぐのところの、ここ
めっちゃわかりやすい場所♪

CIMG0340.jpg

待ち合わせ時間ちょうどにいくと、もうマイミクのCさん
先にきて待ってくださいました♪

『はじめましてぇ~♪』なんだけど
mixiではいっぱいお話しているので、はじめてって感じがしない(笑)

さて、天満駅から徒歩10分
ぼくは2度目なのに、ちょっと道に迷いながら到着しました

 ■洋食の店 ア・ラ・カルト

まだ開店時間まで10分くらいあったけど、入らせてもらいました
二人だけだったので、カウンターに座ろうとしたら、
『土曜日だからお客さん少ないので、こちらにどおぞ』って
4人がけのテーブルに案内してもらって、ほっと一息!

あらためて、Cさんと見つめ合って『でへへへへ…』
なんだか恥ずかしい(笑)

さて、ランチメニューはいつも同じ。
なんだけど、きょうはひとつ特別メニューがあったよ

 ‐豚しゃぶ 黒酢のソース

ん? これって洋食? って思ったけど
美味しそうだったので、これをお願いしました。
Cさんは、基本を押さえて、

 ‐Cランチ カニクリームコロッケとエビフライ

ここのママさんの話によると、カニクリームコロッケは絶品で
これを食べたために、ダンナさんにほろっとなったんだって(*^_^*)
はいはい、そりゃよかったですね♪

さて、ランチにはいつもついてくるスープ

CIMG5479.jpg

きょうのは… なんだっけ、忘れちゃった
コーンスープだったか、なんだかの、冷製スープ

このまえのトマトスープも旨かったけど、これも絶品

さてさて、お待ちかねのメインディッシュ
どんな『和食』がでてくるかと楽しみにしてたけど…

CIMG5482.jpg

おー、さすが洋食屋さん
どう、魔法をつかったのか、このどう見ても和食のメニューが
洋食風になっちゃうんだよね!
すごいすごい。 もう、あっというまに食べちゃいました

こちらはCさんオーダーのCランチ
奥さんをほろっとさせた、カニクリームコロッケ
美味しそうだね~

CIMG5484.jpg

ちょっとだけ交換してもらおうと思ってたんだけど
ぼくがうっかり、豚しゃぶ全部食べてしまったので
カニクリームコロッケのお味見できなかった ^_^;
まあ、次にいったときの楽しみにしておこう♪

はじめてお会いした、Cさんと話がはずんで
いろいろお話ししているうちに、いつのまにか
お店は満席。 並んでる人もでてきたよ。
ふたりで4人席を占領しているのも悪いので
はやばやとお店でました。

このあと、小雨の降る中、スタバまでいって
つづきのお話しました。

とっても楽しいランチタイム♪
このごろ、しみじみ感じるけど、mixiってすごいね。
mixiで知り合って、いろいろ話してると、
リアルでお会いしてもほんとはじめてって感じがしないので
すぐにうち解けて、いっぱいお話ができまますね♪

まあ、まさいの顔をみた瞬間は
『えっ、おっさんやん!』ってこころの中で思ってるんだろうけど…

==========
【訪問日】 2006年7月 
【店 名】 洋食の店 ア・ラ・カルト
【ジャンル】洋食
【住 所】 大阪市北区神山町3-2
【最寄駅】 地下鉄 東梅田 JR天満
【電 話】 06-6362-8171
【営業時間】11:30~14:30(夜は予約のみ)
【定休日】 日・祝
【キーワード】 アラカルト a la carute/a la carte
==========
34/41/58.872,135/30/31.560


関連記事
___________________________

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

洋食 トラックバック(0) | コメント(2)




| TOP |
ブログパーツ