English | Top | RSS | Admin

2004.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2004.12


■東京・表参道のレトロな 日之出食堂
2004/11/26 02:09 |
地下鉄表参道駅B4出口を出て二つ目の路地を右にはいり
30メートルほどいったところで、右を見ると… 
あれっ(・_・) こんな風景が

日之出食堂

よく見ると、食堂のようですね
その名も『日之出食堂』

一歩中にはいると・・ いや、入る前から
昭和初期~30年代の香りがプンプン。 
その時代を知ってる人にはとっても懐かしい雰囲気だと思うよ、
 
日之出食堂-厨房

お店にはいるとすぐに目に付くのがこのセンターキッチン。 
なんか、むかしのお風呂屋さんみたいやな~ 
でも、なんかいい雰囲気です。 気分が落ち着くねぇ♪

ランチメニューはけっこうたくさんありましたね。
 ・本日のお魚料理(この日はサーモンソテー ×○ジャンソース)
 ・本日のお肉料理(ポークカツ味噌ソース)
 ・やわらか豚ロースの生姜焼き定食(3種の小鉢付き)
 ・ステーキ定食(3種の小鉢付き)
 ・ハヤシライス(日之出食堂のスペシャル)
 ・スパゲッティ ナポリタン(なつかしのケチャップ味)
お値段はぜんぶ900円で食後のコーヒー付きです。
 
日之出食堂-ステーキ定食

ぼくが選んだのはステーキ弁当。 ハヤシライスとどっちにしようか
迷ったんだけどね… とても美味しかったです。 
ちょっとボリュームにかける感じはしたけど、
女性ならちょうどいいくらいかもです。

日之出食堂-店内広告

壁には所狭しと昭和初期ころの広告がはってあるんです。 
コレを見ているだけでもすごく楽しかった♪ 
貼ってあるウィスキーの広告のキャッチコピーには
【もう舶来はいらない。 純国産ウィスキーの時代到来・・・
 オールド・サントリー】 ← サントリーオールドの原型らしい。

四角いボトルにはいっている写真つき。 
【舶来にまさる、高級純度】 とか…
 
とにかく、舶来はやめて国産にしようという意味の
ワインとかウィスキーとかの広告がやたら多かったです(^_^;) 
当時はよっぽど舶来に対してコンプレックスがあったんやろうね♪

日之出食堂-由美かおる

お店を出たところには、あの懐かしい『由美かおる』の
『蚊取り線香 アース渦巻き』の鉄板広告がつってありました。 
いまでも田舎に旅すると、たまーーにすごい古い家の壁に
はってあったりしますけど… 
こどものころ、この看板を見てけっこうドキドキしてたなぁ(*^_^*) 
とっても楽しいランチタイムでした。
 
──────────
【訪問日】 2002年3月
【店名】 日之出食堂
【ジャンル】 食堂 
【住所】 東京都港区北青山3-6-26 SJビル1F
【最寄りの駅】 表参道
【電話】 03-5464-1129 
【営業時間】 11:00~14:30 18:00~23:30 
【定休日】 無休 
【メニュー】 ランチ:900円 ステーキ弁当とかその日の肉料理・魚料理など 神戸牛サーロインのお刺身 -- 1000円 サーロインの炭火又は鉄板焼き -- 2400円 秋田比内地鶏の炭火焼き -- 1800円 
──────────



大きな地図で見る

日之出食堂 (ダイニングバー / 表参道、明治神宮前、外苑前)
★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

食堂 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ