English | Top | RSS | Admin

2004.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2004.12


■自家製ローストダック 【2004年5月調理】
2004/11/30 18:23 |
今年のゴールデンウィークの良い天気の日にローストダックをつくろうと決めました。 鴨の丸ごとなんて、普通のスーパーで売ってないので、フランスのカナール・シャラン鴨の丸鴨をグルメミートワールドからお取り寄せです。チキンより一回り小振りですね。

IMG_2112.jpg

写真の右が鴨で左はラム骨抜きもも肉です。 冷凍のお肉を氷水で解凍しているところです。
ちなみに、ラムのローストは失敗しました(^_^;)
 
味付けは塩をまんべんなく刷り込んだだけです。
ダッチオーブンにいれるとちょうどいい大きさですね。 チキンを丸ごとローストしたときは少々でかすぎて、鍋にチキンの肌が触れてたので、部分的に焦げちゃいました…

IMG_2114.jpg

ローストした時間は一時間弱だったかな…

下からの熱源は七輪です。 この七輪という道具はほんとにいろいろと便利です。 ダッチオーブンで料理をするときにはほんとに欠かせませんね。 薪などで直火を焚くよりもよっぽど簡単で最適な火加減ができますよ。

 IMG_2115.jpg

で、ローストダックやローストチキンの場合、下からの火力だけでは全体にまんべんなく熱が加わらないので、ふたの上にも炭をおいて上からも熱します。
で、あとは出来上がりを待つだけ…

1時間ほどたって、開けてみると、ほんとーーーにいい匂いの、最高のローストダックができあがりました。 さぁ、記念写真! と思ってたのに、写真をとるヒマもなくあっというまにみんなにたいらげられちゃって(^_^;) だから、完成品の写真はありませーん。
こんな旨い鴨は生まれてはじめてでしたよ。 また、こんど作りマース。


関連記事
___________________________

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

手作り料理 その他 トラックバック(0) | コメント(0)


■東京・表参道のレトロな 日之出食堂
2004/11/26 02:09 |
地下鉄表参道駅B4出口を出て二つ目の路地を右にはいり
30メートルほどいったところで、右を見ると… 
あれっ(・_・) こんな風景が

日之出食堂

よく見ると、食堂のようですね
その名も『日之出食堂』

一歩中にはいると・・ いや、入る前から
昭和初期~30年代の香りがプンプン。 
その時代を知ってる人にはとっても懐かしい雰囲気だと思うよ、
 
日之出食堂-厨房

お店にはいるとすぐに目に付くのがこのセンターキッチン。 
なんか、むかしのお風呂屋さんみたいやな~ 
でも、なんかいい雰囲気です。 気分が落ち着くねぇ♪

ランチメニューはけっこうたくさんありましたね。
 ・本日のお魚料理(この日はサーモンソテー ×○ジャンソース)
 ・本日のお肉料理(ポークカツ味噌ソース)
 ・やわらか豚ロースの生姜焼き定食(3種の小鉢付き)
 ・ステーキ定食(3種の小鉢付き)
 ・ハヤシライス(日之出食堂のスペシャル)
 ・スパゲッティ ナポリタン(なつかしのケチャップ味)
お値段はぜんぶ900円で食後のコーヒー付きです。
 
日之出食堂-ステーキ定食

ぼくが選んだのはステーキ弁当。 ハヤシライスとどっちにしようか
迷ったんだけどね… とても美味しかったです。 
ちょっとボリュームにかける感じはしたけど、
女性ならちょうどいいくらいかもです。

日之出食堂-店内広告

壁には所狭しと昭和初期ころの広告がはってあるんです。 
コレを見ているだけでもすごく楽しかった♪ 
貼ってあるウィスキーの広告のキャッチコピーには
【もう舶来はいらない。 純国産ウィスキーの時代到来・・・
 オールド・サントリー】 ← サントリーオールドの原型らしい。

四角いボトルにはいっている写真つき。 
【舶来にまさる、高級純度】 とか…
 
とにかく、舶来はやめて国産にしようという意味の
ワインとかウィスキーとかの広告がやたら多かったです(^_^;) 
当時はよっぽど舶来に対してコンプレックスがあったんやろうね♪

日之出食堂-由美かおる

お店を出たところには、あの懐かしい『由美かおる』の
『蚊取り線香 アース渦巻き』の鉄板広告がつってありました。 
いまでも田舎に旅すると、たまーーにすごい古い家の壁に
はってあったりしますけど… 
こどものころ、この看板を見てけっこうドキドキしてたなぁ(*^_^*) 
とっても楽しいランチタイムでした。
 
──────────
【訪問日】 2002年3月
【店名】 日之出食堂
【ジャンル】 食堂 
【住所】 東京都港区北青山3-6-26 SJビル1F
【最寄りの駅】 表参道
【電話】 03-5464-1129 
【営業時間】 11:00~14:30 18:00~23:30 
【定休日】 無休 
【メニュー】 ランチ:900円 ステーキ弁当とかその日の肉料理・魚料理など 神戸牛サーロインのお刺身 -- 1000円 サーロインの炭火又は鉄板焼き -- 2400円 秋田比内地鶏の炭火焼き -- 1800円 
──────────



大きな地図で見る

日之出食堂 (ダイニングバー / 表参道、明治神宮前、外苑前)
★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

食堂 トラックバック(0) | コメント(0)


■ミュンヘンのクリスマスバザール3 【2000年12月訪問】
2004/11/24 15:18 |
またまたミュンヘンの続きです。 
このページを訪問してくださったまゆみさんのブログをみてて気がついたんですけど…

まゆみさんのページの『ミュンヘンの新市庁舎』の写真に写ってる塔は
ぼくがクリスマスバザールの時見てた、『からくり時計』のある塔と同じじゃないですか! 
いままで、この広場が新市庁舎前の『マリエン広場』だって知らなかった(^_^;)

IMG_0161.jpg

この塔は上にのぼれるんですね! 中のレストランで白ソーセージも食べれるんですね! 
知らなかったよー だって誰も教えてくれないんだもん。 ほんとまぬけなトラベラーやねー
 
あらためて… 
ここはミュンヘン最大の観光ポイントのマリエン広場です(^_^)/

そういえば、たしかに一見して旅行者風の人たちがいっぱい来てましたねー 
クリスマスバザールだけが目的じゃなかったんだ。

IMG_0159.jpg

こちらは定時に鳴る『からくり時計』を見上げる、一見して旅行者風の人たちです。 
ぼくはこのからくり時計のことも知らなくって、この人たちの視線の先を見て
はじめてそこにからくり時計があるんだって気がついたんですよ…
 
IMG_0160.jpg

これがからくり時計です。
ちょっと写真がちいさくてわかりにくいですけど、塔の窓のようなところを
けっこう大きなお人形さんが歩き回ります。 こういうのからくり時計は
やっぱりこんな歴史の重みを感じさせる重厚な建物に
あるとほんといい感じですね!
関連記事
___________________________

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■ミュンヘンのクリスマスバザール2 【2000年12月訪問】
2004/11/23 00:25 |
ミュンヘンのクリスマスバザールのこともうちょっと書きますね。
ミュンヘンに限らず、この季節にヨーロッパに行くとあちこちの広場でこういったクリスマスバザールやってます。 さすがにクリスチャンの国々ですね!

IMG_0148.jpg

この写真のような屋台が広場いっぱいに所狭しとデコレーションの材料を売ってます。 種類も豊富だし、値段も安いんです。 日本でもこういうバザールがあるときっと大人気になると思うんですけどね… この値段なら絶対!!
 
IMG_0147.jpg

屋台自体がとてもいい雰囲気に飾られてて、店内もこんな感じですごい種類のを売ってるんです。 もっとアップで写せばよくわかるんですけどね! 日本の女子高生なら「きゃー♪ かわいいっ~」 って嬌声がとまらないでしょうね(^^) ぼくはあんまり宗教には興味ないですけど、こういうのを見ると、「キリスト教っていいなぁ~」なんて無責任に思っちゃいます。

電飾も種類が豊富で値段も安かったのでおみやげに買おうと思ったんです… でも、残念ながらダメでした。 なぜなら欧州の電源の220~240V用なんですよー 残念残念! 屋内用・屋外用、ほんとにいろんな種類のがあります。

クリスマスバザールにはもちろん子供たちもたくさん買い物にやってきます。 バザール会場には食べ物の屋台もあって、いろんな種類のものを売ってるんですけど、ぼくが子供ならぜったい買ってもらうだろうなってのもいっぱいあります(^^) 

IMG_0150.jpg

これ、美味しそうでしょ! 『Exoten Spieβ』と書かれてます。 ぼくはドイツ語まったくわからないですけど、きっと『エキゾチックの串刺し』という感じですかね? もしドイツ語に堪能なかたおられたら教えてください♪ 一串6マルクです。
 
すでにおとなになってしまったボクにとっては、トロピカルフルーツの串刺しよりこちらのほうがそそりますねー(^_^)/ 

IMG_0153.jpg

そう、ドイツといえばソーセージ。 ほんとにたくさんの種類のソーセージがあります。 うまそー! もう、みてるだけでよだれがでてきそうです(^_^;)

ドイツのソーセージはほんとにたくさんの種類があります。 1500種類くらいあるそうです(^_^;) ドイツソーセージのことをちょっと調べてみたら、こちらにかなり詳しく書かれてました。 ここにドイツ飯についていいことが書いてあります。 このページの冒頭に『ドイツ飯は美味しい』と書いてありますけど、ぼくも同感です(^_^)/ ぜひご一読ください!

 IMG_0162.jpg

果物屋さんもあります。 黒板に大きく『Kaki』って書いて『柿』を売ってます。 黒板のしたに少し見えてるオレンジ色のがそうなんですけど、これどうみても『渋柿』の形してましたよ(^_^;) 一個買って食べてみたかったんですけど、最低2キロからしか売ってくれないようだったんであきらめました。

クリスマスバザールは日本で言えばさしずめ『東京のアメ横』や『大阪の黒門市場』、『京都の錦市場』での年末の買い出し風景なんでしょうね。 雰囲気的にはこちらのほうがだいぶエレガントですけど(^_^;) 

旅行したとき観光地を見て回るのもいいけど、こういう生の生活風景にであうと、とても嬉しいです♪
関連記事
___________________________

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■ミュンヘンのクリスマスバザール 【2000年12月訪問】
2004/11/21 22:39 |
IMG_0154.jpg

この写真はミュンヘンのクリスマスバザールです。 ちょうどいまごろ始まってるとおもうんだけど、広場にクリスマスのデコレーションを売る屋台がいっぱい出るんです。 そこでみつけたホットワインのお店です。 ホットワインって日本ではあまり飲まないけど、寒いドイツでは普通にあるみたいですよ。
 
IMG_0155.jpg

こんなかわいいマグカップに入れてくれます。 2000年だからカップに2000の数字とサンタクロースの絵♪ マグカップ1杯で4~5マルクです。300円くらいですね。 まだユーロが始まる前なので通貨単位は『マルク』です。

美味しいけど安物のワインなので、たくさん飲むと悪酔いしますよ! 子供用にはアルコールの入ってない『キンダーパンチ』ってのがありました。 でもこちらは13マルクもしたよ! 

IMG_0158.jpg

カップのデポジット(預け金)は5マルク だから、買うときに10マルク払って、飲み終わってカップを返したら5マルク返してくれます。 もし、落っことして割っちゃうと5マルクは返ってきません(^_^;)
 
ドイツではこういったバザールの時のお店や屋台でも、紙コップとかプラスチックなどの使い捨て容器は絶対使わないんですね。 それは環境への配慮からです。 
だから、容器は陶器のカップやガラス製のワイングラスなんだけど、これに飲み物をついでもらうときに、こういうデポジット制ってのがけっこう普通にあるんです。 

夏にドイツのどこかの街でワインを飲んだ時も、綺麗なガラス製のワイングラスについでくれて、たしかデポジットが10マルクくらいだったかな。 中身のワインより高かったような気がするなぁ。 もちろん、グラスを返したら10マルクは返してくれるんですけどね…

IMG_0156.jpg
 
後ろ姿なのでちょっとわかりにくいけど、みんなこんな風に立って飲んでます。 左端のオバサンが手にもってるのがこのホットワイン。 みんなすごい厚着してるけど、ほんとに寒い日でした。 ホットワインを飲んでほっと一息♪ すっごく身体が暖まりますよー

関連記事
___________________________

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■東京・神田の讃岐うどん店 野らぼー 【2003年12月訪問】
2004/11/20 01:31 |
20060326144628.jpg

ここ数年、讃岐うどんブームのおかげで
東京でも旨いうどん屋さんが増えてきましたね。 
ぼくは学生のころ東京に住んでいたけど、
そのころは旨いうどん屋さんがほとんど皆無でした。 
東京の人には申し訳ないけど、マジで東京のうどんは
食えたものではなかった(^_^;) 

JRの立ち食いうどんなんか、店に近づいただけで
あの醤油臭さに参ってしまって、
うどんを食べたいという意欲すら失ってしまったものです。 
そのころ東京で唯一の(だと思われる)讃岐うどん屋さんが
渋谷にあった『やしま』です。 

ここのうどんは本当に美味しいかった(^^) 
もう20年以上も昔の話ですけどね… 
貧乏学生だったぼくは月に1回くらいわざわざ渋谷まで
電車に乗ってやしまのうどんを食べにいったのを
昨日のことのように思い出します。 

 このお店のおつゆはとても色が薄くて、
讃岐うどんになじみのない東京のお客さんたちは、
『出汁がはいってねーじゃないか!』って怒る人もいたらしい。 
それでテーブルの上には醤油の瓶がおいてあって、
おつゆに醤油を足して食べてる人もよく目撃しましたよ… 
心のなかで、『あ~あ』って叫んじゃいました(笑) 

そのお店に大阪人の友達と二人で行ったときに、
食後に関西弁の大きな声で
『おー、これこそほんまのうどんやー、生き返ったわー』
っていったら、いつもムッツリしてるやしまのオヤジさん、
こっちむいてニコッってしてくれたのを良く覚えてます。 

そのやしまはいまでも2代目に引き継がれ、
美味しい讃岐うどんを出しているらしい。 
最近、渋谷に行く機会がないので行ってないけど… 
久しぶりに行ってみたいなぁ。

で、きょうのお話しは『やしま』のことではないです。 
讃岐うどんブームでいっぱい旨い讃岐うどん店ができましたけど、
その中でもこの店はとっておきですよー。

 『野らぼー』っていうちょっと変わった名前のお店。
めっっっっっちゃ旨かった! 銀座のさかたより数段上、
東十条のすみたに匹敵するうまさではないかと思います! 
まあ、好みは人によって様々なので評価がちがう人もいるかもしれないけど… 

場所は神田錦町。 この界隈はランチ天国ということで、
様々なジャンルの旨い店が並んでいるらしいですね。 
機会があればもっと探索してみたいなー。 
野らぼーは11時半開店だということだったので、
その直後(40分)にはいったつもりだったんだけど、
すでにかなりたくさんのお客さんが召し上がってました・・ 
のでもしかしたら11時開店かもしれないです(^_^;) 

 20060326144640.jpg

野らぼーうどんが人気らしけど、朝抜きでお腹をすかせていた
ぼくは肉ぶっかけうどん(大)を頼みました。 
そしたら、めちゃめちゃデカイどんぶりがでてきて、
思わず『でかっ!』と独り言を言ってしまいました(笑) 
隣に座ってたOLさんも、横目でこっちを見るし(恥) 
うどんふた玉、肉もたぶん2倍くらい入ってた。 
ふつうのひとなら(並)で十分かも・・・ 

夜は居酒屋にもなるみたいで、日本酒や焼酎がならんでましたよ。 
飲んだ後の讃岐うどんもよさそうですね♪

──────────
【訪問日】 2003年12月17日 
【店名】 野らぼー 
【ジャンル】 讃岐うどん 
【住所】 東京都千代田区神田錦町1-8-1 1FパシフィックビルB1
【最寄りの駅】 地下鉄 淡路町・小川町
【電話】 03 3295 5121 
【営業時間】 (平日) 11:30~22:00 (14:00~17:00は休憩) (土) 11:00~14:00 【定休日】 日曜祭日 
【人気メニューベスト3(参考)】 1位・野らぼーうどん 2位・かま玉生正油うどん 3位・辛口カレーうどん
  ──────────

大きな地図で見る
関連記事
___________________________

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ぐるめと旅 プレイバック はじめの御挨拶
2004/11/11 16:12 |
  『ぐるめと旅プレイバック』を訪問していただいたみなさん、 どうもありがとう♪ 

IMG_0067.jpg

著者の「まさい」です。  
 ドブログで『ぐるめと旅 プレイバック』を書いていますけど
 かなり溜まってきたので、その整理と、
過去の記事の再紹介を かねてこちらにオープンしました。  
ぼくは美味しいものを食べるのが好きで、よくいくんです。
 で、人目を気にせず写真を撮ってくるので
けっこう 美味しそうな画像が貯まってきたんですね(^^) 
 それで、暇なときにこの写真をみて、
食事したその日を 思い出しながら書きつづけています。 
 前のことを書くので『プレイバック』です。

昨日のことのようにありありと覚えてるときもあれば、
 こんなの食べたかどうか思い出せないようなものまであります。 
 まあ、気が向いたときに書きますので、ときどきここを再訪問してください。
ぼくはいろいろなジャンルを食べたいほうなので、
 たとえば、『ラーメン店300件制覇』とか、
 『大阪のすべてのカレー屋にいった』とかっていう
 オタッキーなことはできません。 

 そのかわり、けっこういろいろものを
 紹介できると思いますのでお楽しみに♪

 IMG_0079-1.jpg

オイスターバー/オイスター この写真はニューヨークに
行ったときにすごく楽しみにしていた、 グランドステーションの
地下にある『オイスターバー』で 食べたオイスターです。 
もう、最高!でした。 安かったし。 

またこの話もそのうち日記に書きます。
 読んでいただいた皆様、ぜひ感想とか、
 「この店、わたしも行ったよ♪」 とかをコメントに書いてねー 
 きっと励みになると思うので…
関連記事
___________________________
ぷちエッセイ トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ