English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ Mohinga (モヒンガ)の屋台 / Mandalay
2015/02/09 07:00 |
Mohinga-2_1502-101.jpg

マンダレーの2日目の朝
ミャンマーの朝食をなにか食べてみたいと
Lonely Planetで調べてみたら
早朝からやってる屋台を見つけた
お料理の名前は

 ■Mohinga モヒンガ

どういうものかわからないが
この屋台めざしてチャリで出かけた

Mohinga-2_1502-102.jpg

早朝にホテルを出発して
チャリでのんびりと走る
ここは昼間は暑いが朝はかなり寒い

ミャンマー国鉄の上を越え
大きな教会の前をとおりすぎ
ておよそ15分

記載されていた場所の交差点の角に
それらしきものを発見した
屋台と言うよりは、移動式の調理場と
簡易型の椅子とテーブルを並べた
移動式店舗のようなお店だ

Mohinga-2_1502-103.jpg

こういうお店はたいていお料理は一種類だけ
覚えていた『モヒンガ』という名前をいうと
笑顔でオッケー! と返事がくる

モヒンガは5分くらいで出て来た。
さっそくスープを一口すすってみる

スープの色合いは味噌ラーメンのようだが
もちろん味噌の味はしない
ミャンマー独特の調味料で野菜を煮込んだ
煮込みスープのような味わいだ
味に深みがあり、とても旨い

Mohinga-2_1502-104.jpg

最初、スプーンしかでてこなかったので
お店の女の子にお箸を頼んだ

あとで気づいたのだが、
ミャンマーの人たちはモヒンガを食べるのに
お箸は使わない。 スプーンだけで食べる。

持って来てもらったお箸で麺を持ち上げて
一口食べてみる
見た感じは伸びたそうめんのようだが
意外に食感はしっかりしている

Mohinga-2_1502-105.jpg

麺やスープを味わって楽しんでいると
なかからこんなのが出て来た
一瞬、虫が入ってたのかと思って
ぞっとしたが、食べてみると野菜だ
シャキシャキした感じで、特に匂いはない

Mohinga-2_1502-106.jpg

野菜は日本では見かけない
珍しい野菜がたっぷり入っている
食感もシャキシャキしているのが多い

これはねぎと玉ねぎのあいのこのようなの
やはりシャキシャキしている

Mohinga-2_1502-107.jpg

スープも旨いし、野菜も旨い

食べ進むうちにミャンマーの人はなぜ
モヒンガをスプーンだけで食べるのか
だんだんとわかって来た

モヒンガは麺料理というよりは
これは野菜の煮込み料理で
具のひとつとして麺が入っている
ような気がする

美味しいものを食べて
気持ちが落ち着いて来たので
あらためて屋台を見ると三輪車だ
東南アジアではよく見るが
この小さな屋台にコンパクトに食材庫と調理台
そして火元が組み込まれている

Mohinga-2_1502-108.jpg

食べ終わってぼーっと屋台を眺めていたら
お店の女の子が別の丼にまたスープを
いっぱいいれて持って来てくれた

麺は入っていないがさっきと同じくらいの量だ
どうやらミャンマーではモヒンガのスープは
おかわり自由らしい
なんか嬉しいよね!

Mohinga-2_1502-109.jpg

スプーンで具を持ち上げてみると
こんな変わった野菜がいっぱい出て来る

日本では見かけない野菜が多いので、
一口目を食べるときはすこし勇気がいる
シャキシャキして歯触りがとてもよいが
ほとんどにおいはない
だからすぐに慣れていっぱい食べられる

Mohinga-2_1502-110.jpg

2杯目の丼も完食した
満足な気分でお腹をさすっていると
またお店の女の子がやってきた

 女の子 もういっぱい食べる?
 まさい ありがとう。
     でももうお腹いっぱいだよ

朝から大満足だ
食べ終わって周りのお客さんの
食べているものを眺めると
モヒンガ以外にも汁無しの麺を
食べている人がいた
あれも旨そうだ!

Mohinga-2_1502-111.jpg

早朝から母娘風の女性数人でやっている
モヒンガの屋台
Lonely Planetに載っているくらいだから
長年ずっとここでやってるんだろう

とても美味しかったし
優しい笑顔で迎えてくれてとても嬉しかった
これからも毎日がんばってね

ごちそうさまでした。


──────────
【訪問日】 2015年2月 
【店名】 なし
【ジャンル】 モヒンガ
【住所】 
【キーワード】モヒンガ マンダレー ミャンマー Mohinga Mandalay Myanmar
──────────

___________________________
ミャンマー トラックバック(0) | コメント(0)


■ Mandalayの街 / Myanmar
2015/02/08 12:53 |
Mandalay_1502-101.jpg

マンダレーの街の中心に着いた
エアアジアの無料バス
を降りたのがココ

最初はほんとに右も左もわからない
まだ、iPhoneのSIMカードを買ってないので
グーグルマップも使えない

でも、いつも持ってるコンパスで
どっちが北か南か調べて
アタマのなかの地図を頼りに歩き出す

空から見た景色は茶色が大半だったけど
ここは意外に緑がいっぱいあるよ

Mandalay_1502-102.jpg

バスを降りるといっぱいバイクタクシーとか
寄ってくるけど、しっかり街を見たいので
断ってゆっくり歩き出した。

徒歩でおよそ30分
あらかじめ予約していたホテルに到着
意外と迷わずに行けた

↑の写真はホテルの部屋の窓からの風景
庶民の家々の雰囲気は
なんとなくプノンペンに似ている気がする

Mandalay_1502-103.jpg

翌朝、ホテルでチャリを借りて
屋台の朝ごはんを食べにいった
朝ごはんの話しはまた別に書く

行く途中、ミャンマー国鉄を跨ぐ橋から
下を見ると、線路の上で市場をやってるよ

そういえば、バンコクでもハノイでも
列車の本数少ないから普段は市場だったり
食堂だったりする(笑)

ミャンマーも同じだ
食べ物を売ってたり花を売ってたり
のどかだねぇ

Mandalay_1502-104.jpg

ミャンマーは敬虔な仏教徒の国だけど
昔、フランスが統治していた時代に
建設された教会もある

中には入れなかったけど
かなり立派な教会だったよ

Mandalay_1502-105.jpg

屋台で朝ごはん食べたあと
さらにチャリで走ると
道端で花を売ってる一帯にでた

狭い路地の両側に所狭しと花屋さん

Mandalay_1502-106.jpg

その花屋さんの一角を通り過ぎて
ふと上をみると、金閣寺がっ

どうやらお寺さんにお参りするときに
持って行く花を売っていたらしい
ほんとにすごい量の花だったので
すごいたくさんの人が朝からお参りに
くるんだろうね

ちなみにこの金閣寺
最初は驚いたが、ミャンマーの寺は
大半が金色だ

マルコポーロは東方見聞録で
日本のことを黄金の国ジパングと言ったが
ミャンマーのほうが遥かに黄金の国だ
マルコポーロ、もしかして
行った場所を間違えてたんちゃう?

Mandalay_1502-107.jpg

その黄金の寺をあとにしてホテルに戻る
往きとちがう道を通ってみると
そこには露店の市場があった

これは八百屋さん
東南アジアの八百屋、日本の八百屋とは
似て非なるものを売ってる場合が多い
しかしパッと見たところ
白菜とかは日本並みの大きさで安心した

しかし奥の方には巨大な瓜があるし
トマトも赤と黄色が混じってる
こういうのを見ているとほんと飽きない

Mandalay_1502-108.jpg

ここマンダレーは内陸の地なので
海の魚は手に入らない
しかし雄大な川が近くを流れてるので
ここで売ってる魚はたぶん川魚

日本の川魚というと
鮎とかニジマスとか可愛いのが多いが
ここの川魚は巨大だ

とはいえ、アマゾンの川魚ほど
グロテスクなものはいない


Mandalay_1502-109.jpg

これはイモのように見えるが
実はイモではなく、どちらかといえば
梨のような食感の果物に近い
名前は知らないが、ハノイの友達の家で
御馳走になって、鮮明に覚えている

Mandalay_1502-110.jpg

こちらでは果物とか卵を売っている
ぶどうのようなものも売っていて
食べていたかったが、
なかなか買う勇気がでなかった

Mandalay_1502-111.jpg

これはホテルのすぐそばの道路に置いてあった
どうやら消防車のようだ
この消防車以外にも、日本の消防団が
もっているような大八車に乗ったポンプ車の
ようなものも数台置いてある

そういえば、今朝もサイレンを鳴らして
走っているのを見かけたよ

Mandalay_1502-112.jpg

食事をおえてホテルの部屋に帰って来た
屋台で食事をしたあとあちこち
ぶらぶらとチャリでまわったので
だいたい2時間ほどかかってしまった

きょうはこのあと行くところがある
すこし休憩して出発だ!

訪問日:2015年2月
KeyWord:ミャンマー マンダレー Myanmar Mandalay




___________________________
ミャンマー トラックバック(0) | コメント(0)


■ Hello Myanmar !
2015/02/08 10:13 |
AirAsia_1502-101.jpg

ことしの2月
初めてミャンマーに行った

ミャンマーって軍政だったり
ほぼ鎖国状態が長かったので
ほんとに未知の国だった

そんなミャンマー
ちょっとしたきっかけで行くことになった


↑は飛行機のなかから見た初ミャンマー

ほかの東南アジアの国と違って
茶色いな〜って思った

AirAsia_1502-102.jpg

初ミャンマーへのルート
タイ・バンコクのドンムアン空港から
エアアジアでマンダレーという
ミャンマー第2の都市へいった

AirAsia_1502-103.jpg

エアアジア
真っ赤な期待に白抜きのロゴ
なかなかカッコ良かったよ

LCCのなかでは
地位が確立してる感じで
搭乗するときも
乗ってからもなんの不自由もなかった

AirAsia_1502-104.jpg

ドンムアン空港からおよそ1時間
ついに到着したよ〜

 ・マンダレー国際空港

マンダレーというのはミャンマーの北部
ヤンゴンに次いで2番目に大きい街

でも、空港はとても小さかった
規模でいうと
カンボジアのシェムリアップの空港くらい

飛行機のタラップをおりて
バスに乗って移動する。

AirAsia_1502-105.jpg

バンコクからマンダレーまで
エアアジアに乗ったらひとつ特典がある
それは市内までの無料バス

おんぼろのミニバスかと思ったら
めちゃりっぱな観光バス

これで、マンダレーの街中まで
およそ1時間、安心していけるよ

さて、ミャンマーって
いったいどんな国なのかとっても楽しみ〜


訪問日:2015年2月
KeyWord:ミャンマー マンダレー ビルマ  Myanma Mandalay Burma




___________________________
ミャンマー トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ