English | Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


■ ちんや
2015/06/08 09:39 |
Chin_ya_1505-100.jpg

博多には豚骨ラーメンもつ鍋以外にも
とても旨いものがいっぱいある
この日も博多でランチする機会があったので
リサーチしたところこんな店を見つけた

 ■ちんや

九州産の黒毛和牛を扱う創業60年の精肉店だ
その精肉店がすき焼きやしゃぶ鍋をやっている

Chin_ya_1505-102.jpg

黒毛和牛の精肉店のすき焼きと言うと
めちゃ値が張りそうだが
(じっさい、夜はけっこうお高い)
ランチ限定でこんなメニューがある

 ・すき焼き丼 1,400円

黒毛和牛の精肉店のすき焼きを
こんなお値段で楽しめる
こりゃ、めっちゃ期待できそうだ

お昼時は行列ができるらしいので
11時半の開店と同時にお店に入る

Chin_ya_1505-103.jpg

すき焼き丼をオーダーしてからおよそ10分
とてもよい香りを振りまきながら
すき焼き丼がまさいの待つテーブルに到着する

ランチメニューにはもうひとつ
季節限定のにくとろ丼というのがある
実はこれもとても旨そうなのだがこの日は
『すき焼き』という名前しか頭になかった

Chin_ya_1505-104.jpg

精肉店のすき焼き丼
全景はこんな感じだ

お肉たっぷりの丼にお味噌汁
そしてサラダとお漬物

いやぁ、ビジュアルといい香りといい
めちゃ旨そうじゃないか

Chin_ya_1505-105.jpg

実はお店の前にこんな美味しそうな
手描きの看板があった
でてきたものをその手描きの絵と比べても
ぜんぜんひけをとらないビジュアルだ

Chin_ya_1505-106.jpg

じゃあ、さっそく
旨そうなお肉からいただきま〜っす

めっちゃ柔らかい
黒毛和牛の肉の味がとても旨い
味付けの濃さも絶品だ

Chin_ya_1505-107.jpg

お肉が多すぎて他の具が見えないので
すこし肉を横にどかせてみた

お肉の下から糸こんや豆腐がでてくる
まさいはすき焼きの糸こんが大好き
それがたっぷり入ってるのでとても嬉しい

Chin_ya_1505-108.jpg

お肉の味をしっかり楽しんだあと
こんどは温玉をカットして
肉に玉子の黄身を絡ませて食べる

わかりきったことなのだが
玉子の黄身の絡んだ肉はさらに旨い

Chin_ya_1505-109.jpg

そしてこれまたまさいの大好きな
すき焼きの具、『とうふ』

すき焼きに入った豆腐の旨さを決めるのは
味のしみ具合だ
この豆腐の色を見てもわかるように
肉と醤油の味がしっかりしみ込んでいる

もう、馬杉謙信!

Chin_ya_1505-110.jpg

すき焼きの肉は熱いうちに食べたいし
すき焼き丼は汁が多いので
ごはんがふやけてしまわないうちに食べたい
なので一気に食べてしまった

いやぁ、旨かったうまかった
ひとりランチに1,400円はけっこう贅沢だが
夜に食べると何千円もする黒毛和牛精肉店の
絶品すき焼き

お得感と美味しさでとても満足だったよ
ごちそうさま

Chin_ya_1505-111.jpg


──────────
【訪問日】 2015年5月 
【店名】 ちんや
【ジャンル】すき焼き、しゃぶ鍋、ステーキ
【住所】  福岡市博多区中洲3-7-4
【最寄り駅】 地下鉄 中洲川端駅 徒歩3分
【キーワード】 博多 精肉店 黒毛和牛 すきやき スキヤキ
──────────




ちんやすき焼き / 中洲川端駅呉服町駅天神南駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 豚ステーキ 十一
2015/04/23 08:22 |
Toichi_1504-101.jpg

博多でまた変わった店を見つけた

 ■豚ステーキ 十一(といち)

お料理は豚ステーキしかない
お値段は千円ちょうどだ

Toichi_1504-102.jpg

博多駅から南東の方向へ徒歩15分
静かな住宅地の一角に静かに佇む

だが、このお店
目印はこの豚ちゃんの絵だけ

店の看板とか表示とかなにもない
事前に情報を知らないと
ぜったい見つけられない

Toichi_1504-103.jpg

この日は11時の開店と同時に入った
店内はとても綺麗で
大きな窓から差し込む光で素敵な雰囲気

テーブル席もいっぱいあるが
おひとりさまなのでカウンターに座る

Toichi_1504-104.jpg

席に座ると
まず自動的にサラダがでてくる
面白いことにパイナップルが入ってる

むかしハワイアンハンバーグというのが
流行った時期があったが
あれにパイナップルが乗ってたのを思い出す

パイナップルに含まれるなにかが
肉の消化によいそうだ

Toichi_1504-105.jpg

カウンターの前を見て驚いた
すし屋さんでいろんなネタを
並べてあるようなガラス張りの冷蔵庫に
ぎっしりと豚肉が積み上げられている

 壮観だ!

たしかにこのお店は
豚ステーキしかないので
この豚肉が唯一のネタなのだ

Toichi_1504-106.jpg

目の前の豚肉をぼーっと眺めていたら
ジュージューとすごい音を立てて
お料理がでてきた

めちゃ、旨そうだ♩

ちなみにお料理は豚ステーキしかないが
ごはんの種類を選ぶことができる

 ・白ごはん
 ・梅ちっぷ入りごはん

まさいは梅がすきなので梅ちっぷごはん

Toichi_1504-107.jpg

上から肉の全景を眺めてみる
かなり大きく分厚い豚のロース肉
それをたてに半分にカットし
そして食べやすい幅に切ってある

めちゃ旨そうだ

Toichi_1504-108.jpg

肉の断面をアップで見てみる
ミディアムレアの綺麗なピンク

めちゃめちゃ旨そうだ

Toichi_1504-109.jpg

じゃあ、さっそくいただきま〜っす!

旨いっ!
つい、ひとりで声をだしてしまう

豚肉と言うのは焼加減がとてもむずかしいが
素晴らしい火入れだ

Toichi_1504-110.jpg

一心不乱に食べたので
もう、ぜんぶ食べて終わってしまったが
すこし解説を

豚肉ステーキは塩こしょうのみででてくる
そのままでももちろん旨いが
つけて食べるソースが3種類ある

 ・しょうが醤油
 ・辛みそ
 ・わさびおろし

いずれも豚ステーキにとても良くあう
隣にすわったおじさんは
豚肉にわさびおろしを山盛りにして食べてた
ソースが3種類あると飽きなくていいね

博多には豚骨ラーメンの
替え玉という文化があるが
このお店にはなんと

 ・替え肉 500円

というのがある
500円だせば、さっきと同じ肉を
もう一回楽しめる
しかもごはんはおかわり自由だ
なんと太っ腹なのか?

Toichi_1504-111.jpg

店頭になにも表示のないこの十一
でも、開店の11時過ぎにはあっというまに
ほぼ満員になって、12時台は行列らしい

いやぁ、ほんと博多には
すばらしいお店がいっぱいあるね

ごちそうさまでした。

──────────
【訪問日】 2015年4月 
【店名】 豚ステーキ 十一(といち)
【ジャンル】豚ステーキ
【住所】 福岡市博多区博多駅南3-6-20
【最寄り駅】 西鉄バス 駅南3丁目バス停下車3分、JR博多駅から徒歩15分
【キーワード】 といち 豚ステーキ ぶた ブタ トンテキ とんてき 豚テキ
──────────




豚ステーキ 十一ステーキ / 博多駅東比恵駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ きはる
2015/02/01 23:37 |
Kiharu_1501-101.jpg

また、感動の店に出会った

場所は博多
通称、西中州と呼ばれているあたり


Kiharu_1501-102.jpg

この日、博多に泊まるので
いいお店はないかとリサーチして
発見したのがこのお店

 ■きはる 

地下鉄の中洲川端駅から徒歩10分弱
ジャンルとしては居酒屋だが
居酒屋を遥かに超越しているお店だ

Kiharu_1501-103.jpg

すごい人気のお店のようなので
予約とれないかと思ったが
5日ほど前に電話したら簡単に取れたよ

お店にはいってカウンターに座ると
まずはつきだしがでてくる
これがまたすばらしい3品

Kiharu_1501-104.jpg

九州ではやっぱり焼酎だ
2合とか3合を頼むと甕でだしてくれる
とメニューに書いてあったので

 ・黒伊佐錦 2合 1,500円

をお願いしたら、すごい甕ででてきた
けっこうな量が入ってたよ
2合よりかなり多かったような気がする

Kiharu_1501-105.jpg

このお店はこれが一番の名物

 ・五島直送 泳ぎサバ刺し 900円

オーダーしてから出てくるまで
けっこう時間がかかったけど
新鮮なものをだす為に1尾分の注文が
くるまで待ってたのかもしれない

Kiharu_1501-106.jpg

見てこれ!
銀色の輝き具合といい
ピンクの身の透明感といい・・

じゃあ、いただきま〜す!

うへぇ〜、これがほんとのサバなのか
こんなに旨いサバ、いや旨いお刺身
いままでに食べたことがない

感動のサバだよ!
お店の提灯に書いてあった五島サバ

これをいただく為だけに
この店にやってきてもいいくらいだよ

Kiharu_1501-107.jpg

つづいて出てきたのはこちら

 ・対馬より
   炙り穴子刺 880円

これがまた素晴らしい!
なんか感動しすぎて言葉がでてこない
ひとくち食べるごとに、旨いっ! だけ

写真の左下にすこし見えている塩
この塩をつけて食べると
穴子のほんとの味を楽しめるよ

Kiharu_1501-108.jpg

感動のサバ・穴子のつぎは鶏だ

 ・薩摩地鶏のたたき 780円

これまた感動のひと品
このお店はいったい何回の感動をくれるのか?

しかもたった780円でいったい何枚あるのか
たくさんの肉をいろんな味わいで食べられるよう
にんにく、柚子胡椒、生姜、ねぎ、そして胡麻
がついている。
ほんと嬉しいよ♩

Kiharu_1501-109.jpg

感動のひと品はまだまだつづく

 ・南阿蘇黄盛卵(きおうらん)の
          玉子焼 450円

新鮮な卵の旨さもさることながら
これほどぷよぷよに玉子焼きを焼く技術
中のぷよぷよ具合を見てほしくて
トップ写真でカット断面をお見せした
そして食感だけでなく味わいも抜群

日本各地に玉子焼きの名店は数々あるが
これは間違いなく日本トップクラスだ
浅草の某超有名店よりも数段旨い

Kiharu_1501-110.jpg

つづいての感動はこれだ

 ・五島イカ一夜干し 500円

なんという味わいの深さ
これがイカのほんとの旨さなんだね

Kiharu_1501-111.jpg

そして、五島イカについてきた
これがまた旨い

マヨネーズだけをつけても旨いが
3種を混ぜ合わせるとさらに旨くなる

Kiharu_1501-112.jpg

これが出てきたとき
このアスパラ高いなぁって思った

 ・アスパラガスの酒盗バター炒め 650円

どこにでもありそうなサイズのアスパラ
ところがひとくち食べると、うへ〜
もうため息が漏れるほど旨い

アスパラはもちろんのこと
この酒盗バターが絶品だ

いままででてきたどのアテもそうだが
ほんとに焼酎がすすむ

Kiharu_1501-113.jpg

もう、あれもこれも旨すぎて
とめどないので、ここでちょっと箸休め

 ・漬け物盛り合わせ 500円

箸休めといっても
これもまた絶妙の塩梅の漬け物
めしゃめしゃぼりぼり食べてしまう

漬け物たべても焼酎がすすむ
このあたりで2合の甕をおかわりした

Kiharu_1501-114.jpg

つぎは豆腐だ

 ・かに味噌豆腐の揚げあんかけ 680円

いやぁ、これまた旨い
豆腐料理がもうひとつあって食べたかった

 ・嬉野温泉水の湯豆腐 580円

きっとこれも感動の旨さなんだろう
つぎに訪問したときはこれ絶対食べるよ

Kiharu_1501-115.jpg

そろそろ第4コーナーをまわったあたり
〆のメニューにうつる

 ・焼サバチャーハン 600円

いやぁ、このパラパラ具合
ヘタな中華よりはるかに旨い
そして、焼サバの絶妙な塩加減

けっこうな量があったが
ふたりであっという間に完食

Kiharu_1501-116.jpg

焼サバチャーハンでお腹は満足だが
どうしてもこのメニューをいきたかった

 ・五島うどんで
    紀州梅うどん 680円

五島うどんというのは
日本3大手延べうどんのひとつだ
もう、予想どおり、いや、予想以上に
すばらしく旨い一品だ

ほんと、満足まんぞく

Kiharu_1501-117.jpg

食べログでこのお店は全国TOP500の一店だ

このお店を初めて見たとき五島サバだけで
どうしてこれほどの評価を得られるのかと
すこし疑心暗鬼だったが
百聞は一見に如かず
いや、百聞は一食に如かず
ヘタなミシュラン☆店より遥かに素晴らしい
ほんとに一品ひと品が感動の連続だった

そして、これだけ食べて飲んでも
ひとり6,000円もいかなかった

メニューを見直すと
まだまだ食べたいものがいっぱいある
これから博多に来たときは
当分、このお店のお世話になるよ

ごちそうさまでした♩


Kiharu_1501-118.jpg


──────────
【訪問日】 2015年1月 
【店名】 きはる
【ジャンル】 居酒屋
【住所】 福岡市中央区春吉3-21-28 2F
【最寄り駅】 地下鉄 中洲川端 徒歩10分
【キーワード】 博多 中州 
──────────



きはる居酒屋 / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)中洲川端駅
夜総合点★★★★ 4.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(2)


■ たんや 牛たん朝定食
2014/12/29 11:07 |
Tanya_1410-101.jpg

牛たんといえば仙台なのだが
博多の朝めしを物色していたら
こんなのを見つけた

 ・牛たん朝定食 420円(税込み)

めちゃ安いし
場所も博多駅の建物のなかにあるらしい

Tanya_1410-102.jpg

朝10時までやってるというので
興味津々で行ってきた
お店のなまえは

 ■たんや

そのまんまの名前やね(笑)

Tanya_1410-103.jpg

お店にはいったのは10時の15分ほど前
もちろん『牛たん朝定食』を頼む
サイドメニューで

 ・生卵 60円

を頼んだら、なんとこの日(1のつく日)は

 ・とろろセット 100円

が50円になるサービスデーらしくて
そちらのほうが安いですよと教えてくれた

Tanya_1410-104.jpg

10分ほど待ってでてきたのが
こちら

 ・牛たん朝定食+とろろセット 470円(税込み)

ちょっとした店ならTKG(卵かけごはん)
でも350円とかするのに、しっかりした
牛たんが4枚ついてこのお値段
お得感満載!

Tanya_1410-105.jpg

さて、肝心の牛たん
アップで見るとこんな感じ

旨そうやんか!
じゃあ、さっそく、いっただっきま〜す

いやぁ、旨いよ。
仙台で食べたのとぜんぜん変わらない旨さ
もちろん、仙台のはもっと分厚いけど
このお値段ならぜんぜんオッケー

朝っぱらから牛たんをおかずに
ごはんをバクバク食べる

Tanya_1410-106.jpg

とはいえ、牛たんはたったの4枚
あっというまに食べてしまう
どんぶり飯は半分くらい残る

しかし、きょうはサービスデー
とろろと生たまごが残ってるのだ

Tanya_1410-108.jpg

とろろに生卵の黄身をまぜて
ごはんにかける
いやぁ、これもまた旨い

チャレンジャー精神旺盛のまさいでも
これだけは日本でないとできない
たまごかけごはん(+とろろ)

どんぶりに半分残っていたごはんも
あっという間に完食だ

いやぁ、ほんといい店を見つけたよ

朝早くから
マクドでもなく、松屋でもなく
こんな安旨な朝ごはんを食べられるなんて
とても幸せだ!

ごちそうさま

──────────
【訪問日】 2014年10月 
【店名】 たんや
【ジャンル】 牛たん
【住所】 福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 博多1番街
【最寄り駅】 JR博多駅 徒歩1分
【キーワード】 牛タン 牛たん ぎゅうたん 博多 
──────────


たんやHAKATA牛タン / 博多駅祇園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 一蘭 博多店
2014/12/26 21:52 |
Ichiran_1402-201.jpg

博多の豚骨ラーメン
それぞれの店に特徴があるが
けっこう似たり寄ったりで
時間がたつとすぐに忘れてしまう

しかしこのお店のインパクトは
強烈なのできっと一生忘れない

 ■ 一蘭 博多駅地下店

Ichiran_1402-210.jpg

お店の入り口で食券を買う
これはどこでもよく見かける
しかし、そのあと食事をする
カウンター席にいくとビックリ

それぞれの席のあいだに仕切りがあって
半個室のようになっている

これはラーメンを食べることに
精神を集中する為の

 ・味集中カウンター 特許:426798号

だ。特許まで取っている。

Ichiran_1402-203.jpg

そしてラーメンが簾の向こう側から届く
この簾(すだれ)も店員の目を意識しないで
味に集中する為の目隠しだ

こういうシステム
やり過ぎだという声もあるが
まさいはこういう徹底的なこだわりが大好きだ

Ichiran_1402-204.jpg

じゃあ、ラーメンに精神を集中して
いただきます。

 旨い!

博多の豚骨ラーメン
ピンキリで旨いのもイマイチのもあるが
ここのはかなり口にあう
スープの濃さや味付けもカスタマイズできる

ラーメンマニアの人にすると
この店のレベルはどうなんだろう?
まさいはかなりレベルが高いと思う

Ichiran_1402-205.jpg

博多の豚骨ラーメンは
すごい細麺なので油断するとすぐに伸びる
だから、大盛りというのはなくて
もっと食べたい人は『替え玉』を頼む

替え玉を頼むときは普通は
大声で『替え玉お願いしまーす』と叫ぶ
しかし、妙齢のお嬢さんに
そんな恥ずかしいマネはできない

そこで一蘭は考えた
あらかじめ買っておいたチケットを
このように置いてボタンを押す
大声で『替え玉お願いしまーす』と
叫ばなくても良い

これは恥ずかしがりのお嬢さんのために
開発された素晴らしいシステムだ
気の小さいまさいでも遠慮なく頼める

Ichiran_1402-206.jpg

そして、替え玉は
さっきとおなじく簾の向こうから
このような小丼に入ってとどく

もちろん、茹で加減は指定できる

Ichiran_1402-207.jpg

そして、届いた替え玉の麺を
残ったスープに投入する

いやぁ、ほんとに最初から最後まで
ラーメンに集中して食べることができる

数年前に始めて来店したとき
麺がすこし粉っぽく感じたが
それも改良されたようで、とても旨い

Ichiran_1402-208.jpg

そして、完食
自分の味にカスタマイズされた
スープももちろんぜんぶ飲み干す
そしたら丼の底から現れる一言

 この一滴が最高の喜びです

食べた人にとっても喜び
お店にとっても喜び

たかがラーメンの食べ方を
ここまで考え尽くして完成したシステム
素晴らしいと思う。

ごちそうさまでした

Ichiran_1402-209.jpg

──────────
【訪問日】 2014年2月 
【店名】 一蘭 博多店(サンプラザ地下街)
【ジャンル】 豚骨ラーメン
【住所】 福岡市博多区博多駅前2-2-1 福岡センタービル B2F
【最寄駅】 博多駅 徒歩1分
【キーワード】 豚骨ラーメン とんこつ トンコツ いちらん
──────────



一蘭 博多店(サンプラザ地下街内)ラーメン / 博多駅祇園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 炭火焼 海輪亭 博多
2014/12/20 16:51 |
Kairintei_1412-101.jpg

↑この1枚の写真だけで
これがなになのか当てられたら
たいしたものだ!


Kairintei_1412-102.jpg

この店のランチでいただける
ランチメニューのひとつだ

 ■海輪亭 博多市

駅からすこしはなれた
住宅地の中にある海鮮のお店

Kairintei_1412-103.jpg

すこしうしろに下がって
全景を見てみると
感のいい人ならわかるだろう

そう、これは海鮮丼

丼の上に盛りつけてある
よく見ると、丼と貝のあいだに
すこしだけごはんが見える

Kairintei_1412-104.jpg

ここのランチのおまかせ海鮮丼は
こういうメニュー構成になっている

では、この4種類のうち、どれか?

 ・極上おまかせ海鮮丼 2,700円 なのか
 ・特上おまかせ海鮮丼 1,944円 なのか
 ・得々おまかせ海鮮丼 1,620円 なのか
それとも
 ・限定10食おまかせ海鮮丼 1,296円
なのか?

Kairintei_1412-105.jpg

上空からみるとこういう光景だ
盛りつけは丁寧と言うより豪快だ
さすが九州男児の料理っていう感じ

じつはこれは

 ・限定10食おまかせ海鮮丼 1,296円

一番安いおまかせ海鮮丼だ
じゃあ、2倍の値段の極上海鮮丼って
いったいどんなのか想像がつかない

Kairintei_1412-106.jpg

さて、いよいよ食事を開始するわけだが
このままでは海鮮がじゃまして
ごはんにたどり着けないので
お刺身類を別皿にいったん移動する

下からやっとごはんが見えてきた
じゃあ、いただきま〜す!

新鮮で分厚いお刺身がほんと旨い
決して質より量の海鮮丼ではない
質も量も だ。

Kairintei_1412-107.jpg


あってもなくてもいい写真だが
いちおうサラダも着いてくる


Kairintei_1412-108.jpg

そして、海鮮汁もついてくる
これも魚の身がたっぷり入っている


Kairintei_1412-109.jpg

丼の上の海鮮を食べ進めて行くと
うしろから貝殻がまたでてくる

そう、むこうに崩れないように
貝殻で壁をつくっているのだ
すばらしい立体構造物だよ

Kairintei_1412-110.jpg

ひとつだけ貝殻が合わさっているが
それを開くとなかから貝の内蔵の佃煮が
すがたを現す

お刺身に飽きた頃に出てくるので
ちょっとした箸休めのような感じだ

Kairintei_1412-111.jpg

写真を撮ったり
お刺身を別皿に移動したり
立ててある貝殻が崩れないように
注意して食べていたら
すごい時間がかかってしまった

いやぁ、旨かったし
ボリュームももちろん大満足

すべてを食べ終わって
台座や壁になっていた貝殻を
もとにもどすとこんな感じだ

Kairintei_1412-112.jpg

名残惜しいので
もういちど全景を見てほしい
この店でいちばん『安い』おまかせ海鮮丼だ

最初にも思ったが
最高位の海鮮丼をいちど拝んでみたいものだ

ごちそうさまでした!


──────────
【訪問日】 2014年12月 
【店名】 炭火焼 海輪亭(かいりんてい)
【ジャンル】 海鮮料理 居酒屋 炭火焼
【住所】 福岡市南区清水2丁目1-57
【最寄駅】 JR博多駅 徒歩15分 西鉄バス パナソニック前 徒歩3分
【キーワード】 海鮮丼
──────────




炭火焼 海輪亭居酒屋 / 高宮駅竹下駅
昼総合点★★★★ 4.0

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ らぁめん シフク 博多
2014/12/09 12:20 |
Ramen429_1409-101.jpg

博多のラーメンはどこのが旨い?と問えば
10人中10人、100人中99人は
豚骨ラーメンの店を教えてくれる

しかし、100人中ひとりくらいは
いや、豚骨よりも旨いものがあると言う
へそ曲がりがいるかもしれない

Ramen429_1409-102.jpg

そんなへそ曲がりが
『博多のラーメンと言えばココだよ』と
教えてくれる店がこれだ

 ■らぁめん シフク

塩ラーメンの専門店
豚骨ラーメンは置いていない

福岡空港から地下鉄で一駅
東比恵駅から徒歩15分
繁華街でもないし、とても不便な場所にある

Ramen429_1409-103.jpg

こんなところでお店をやって行けるのか?
という余計な心配と
こんなところで人気があるなら
かなり旨いんじゃないか?という期待とが
交錯した複雑な気持ちだ

基本メニューは3種類

 ・塩らぁめん   600円
 ・鶏白湯らぁめん 650円
 ・つけめん    750円

しつこいようだが、豚骨ラーメンはない
まさいはお店の看板メニューの
『塩らぁめん』を注文した

Ramen429_1409-104.jpg

開店は11時。 直後に入店したら
すでにふたりお客さんがいらっしゃる
その後、30分ほどのあいだにぞくぞくと
お客さんが入ってくる

テーブルの上にいろいろ調味料がおいてある

 ヘアーゴムです。
 ご自由にお使いください。

というのもあった。
ロングヘアーのお嬢さん用らしい
けっこう気が利いているよね

Ramen429_1409-105.jpg

10分ほど待つと、ラーメンが運ばれてきた

おお、旨そうじゃないか!
とっても澄んだ透明感のあるスープだ
まずはレンゲでスープをひとくちすする

 わぁ、なんだこれは!?

背筋がぞぞぞっとするくらい
素晴らしく旨いスープだ

Ramen429_1409-106.jpg

スープに感動して
そして麺に期待をして、いただきま〜す!

細麺が基本の博多の豚骨ラーメンの麺とは
まったく異なる、やや太めの縮れ麺
食感がすばらしい。

Ramen429_1409-107.jpg

基本の塩らぁめんには
ちいさな鶏チャーシューが2枚入っている
これがまた旨い
絶妙の柔らかさと味わい
もしここに行かれるなら
ぜひ、チャーシュー増しをお薦めする

Ramen429_1409-108.jpg

ラーメンを持ってきてくれたときに
味が淡白なので、黒胡椒とか柚子胡椒を
追加してみて下さいねと言われたので
まずは黒胡椒を振ってみる
黒胡椒の香りがさらに食欲をそそる

Ramen429_1409-109.jpg

そして今度は柚子胡椒
スープの味が変わるので最後に試してみた
これもすごく旨い

でももともとのスープが絶品なので
あえて黒胡椒や柚子胡椒を加えなくても
最後まで美味しくいただける
特に柚子胡椒入れすぎると味が変わって
しまうのでご注意

Ramen429_1409-110.jpg

ほんとに美味しかったので
あっという間に完食

ほんとに美味しい塩ラーメンが
豚骨いのちの博多でがんばってる
まさにブルーオーシャン戦略を実践中
らぁめんシフク、がんばってくださいね♩

──────────
【訪問日】 2014年9月 
【店名】 らぁめん シフク(429)
【ジャンル】 塩ラーメン
【住所】 福岡市博多区榎田2-3-1 村下ビル 1F
【最寄駅】 地下鉄 東比恵駅 徒歩15分
【キーワード】 福岡 博多 塩 ラーメン 豚骨 
──────────


らぁめん シフクラーメン / 東比恵駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ しらすくじら / 博多
2014/11/22 14:29 |
Shirasu_Kujira_1411-101.jpg

博多のランチはいつも大満足だが
またまた旨い店を見つけた
博多駅下車徒歩30秒のエキサイドにある
にある、このお店

 ■しらすくじら

雲丹丼が700円というのを知って
急に興味が湧いてきた

Shirasu_Kujira_1411-102.jpg

お店に入る前にはその『雲丹丼』にしようと
心に決めていたのだが、メニューをみると
またよってしまう。
かなり悩んだ結果、選んだのはコレ

 ・銀だらみりん 1000円

ご提供まで15分くらいかかります
って書いてある。
こりゃぁ、じっくり弱火で焼いてくれるに
違いない! めちゃ楽しみだ♩

Shirasu_Kujira_1411-103.jpg

まわりの席で海鮮丼とか雲丹丼を
頼んだ人のところにはつぎつぎ配膳される
でも、まさいのところにはこない

ほんとに15分ほど待って、やってきた!

うひゃ〜、旨そうだ♩

Shirasu_Kujira_1411-104.jpg

銀だらみりんというメニューだが
新鮮なぶあついお刺身もついてくる

まずは、これをいただく
いやぁ、新鮮だから歯触りが最高だ

Shirasu_Kujira_1411-105.jpg

さて、こちらが本命の
銀だらのみりん焼

香りといい表面のつやつやといい
もう、旨いに違いないと言うのが
食べなくてもわかる一品だ

さっそくいただきます。

Shirasu_Kujira_1411-106.jpg

銀だらみりんはもちろんのこと
お刺身も具沢山のあら汁もほんとに旨くて
あっという間に完食

また博多にいく楽しみができたよ!
次回はやっぱりいた雲丹がまるごと一枚のって
わずか700円という『雲丹丼』を食べるよ!

ごちそうさま

Shirasu_Kujira_1411-107.jpg


──────────
【訪問日】 2014年11月 
【店名】 しらすくじら エキサイド店
【ジャンル】 海鮮
【住所】 福岡市博多区博多駅中央街1-1 エキサイド博多 2F
【最寄駅】 博多駅筑紫口 徒歩30秒
【キーワード】 博多 福岡 雲丹 うに ウニ 海鮮
──────────



しらすくじら エキサイド店居酒屋 / 博多駅祇園駅東比恵駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 侍.うどん / 博多
2014/09/23 19:33 |
Samurai_Udon_1409-102.jpg

また、博多うどんの話
うどん平の記事で

 筑紫口の葉隠
 博多口のたいら

と並び称されていると書いたが
実はもうひとつ並び称されているのがある

 美野島の侍.

というお店
2013年1月開店なので比較的新参者

Samurai_Udon_1409-103.jpg

正しい店名は

 ■侍.うどん

である。
侍のあとになぜかピリオドがつく

以前にバスの中からたまたま発見
店頭に行列を作っていたので
ずっと行きたいと思っていた

Samurai_Udon_1409-104.jpg

このお店はとても個性的な
メニューがたくさんあるが
やはりこれが一番興味深い

 ・侍.うどん 830円
   巌流島の戦いを再現

この注釈が面白い
これに

 ・茶漬け風の小さめのゴハン付

にすると20円アップして850円
そして、トッピングに

 ・海老天(3尾) 200円

を追加でお願いした

Samurai_Udon_1409-105.jpg

10分ほど待って出てきたのがこちら
めちゃ旨そうだ
とても変わった盛りつけ

手前のお肉が巌流島
ごぼう天が武蔵と小次郎の刀
を表現しているようだ
まんなかのれんこんの天ぷらは
なにを意味するのかよくわからない

海老天をトッピングしてもらったが
なんだか、武蔵と小次郎の戦いを
見物している野次馬のようになってしまった

Samurai_Udon_1409-106.jpg

じゃあ、さっそくいただきまーす

おお、旨い!
このうどん、博多うどんにしては
かなりしっかりしている
でも、讃岐のコシとはまたちがう
ちょっと変わった食感だが
すごく美味しいよ

葉隠のうどんとも違うし
平のうどんとも違う
まさに侍.のうどんだ

Samurai_Udon_1409-107.jpg

そしてこちらがトッピングしてもらった
野次馬・・じゃなくて海老天

200円でこんな大きいのが3尾もついてる
ぷりぷりしていてとても旨い

Samurai_Udon_1409-108.jpg

そしてこちらが
茶漬け風の小さめのゴハン

これに、ごぼう天を半分と
海老天を1尾のせてプチ巌流島にした
これにうどん出汁をかけて
お茶漬け風にしていただく

柚子胡椒がすこし乗ってて
こちらもすごく旨かったよ

Samurai_Udon_1409-109.jpg

侍.うどんという
変わった名前のお店の
変わった名前のうどん

奇を衒ってるのではなく
基本がしっかりしていて
ほんとに旨いうどんだった
まさいの好みでいうと

 筑紫口の葉隠
 博多口のたいら
 美野島の侍.

のなかではここが一番だよ
まだまだ旨そうなメニューが
いっぱいあるので、ぜひ再訪したいね

Samurai_Udon_1409-110.jpg

帰り際大将に大阪から来たと話したら
大阪の福島で友達が
旨い博多ラーメンの店をやってるよと
教えていただいたのでこんど行ってみるよ

 ・博多純系豚骨らーめん まんかい

きょうはごちそうさまでした!

──────────
【訪問日】 2014年9月 
【店名】 侍.うどん
【ジャンル】 博多うどん
【住所】 福岡市博多区博多駅前4-36-20
【最寄駅】 博多駅 徒歩15分 美野島1丁目バス停 徒歩1分
【キーワード】 うどん 饂飩 博多
──────────




侍.うどんうどん / 博多駅
昼総合点★★★★ 4.0

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)


■ うどん平 / 博多
2014/09/21 13:58 |
UdonTaira_1409-101.jpg

最近、博多にちょくちょく行くが
豚骨ラーメンはちょっと飽きてきたので
もっぱら博多うどんのお店を訪れている

きょういったお店は
お昼時には行列になるということで
とても有名なお店

UdonTaira_1409-102.jpg

博多駅ちかくの博多うどんのお店で

 筑紫口の葉隠
 博多口のたいら

と並び称されるその博多口のほう

 ■うどん平(うどんたいら)

お昼前の11時50分ころにいったら
けっこうな行列ができていた

UdonTaira_1409-103.jpg

そしてお店の中でも何人か並んでいる
席にすわれたのは並び始めてから
およそ30分後

お店のなかは左側にカウンター席
右側にテーブル席となっている

UdonTaira_1409-104.jpg

口コミでは
海老の天ぷらが幻の海老天と呼ばれるほど
旨いと書いてあった
それで真っ先に海老天をお願いしようと
気合いを入れていたが、残念なことに
前日、海が荒れていたのでこの日は
入荷がなかったそうだ

しかたがないので
博多うどんの王道をいくことにした

 ・ごぼう天うどん+丸天 500円

まさいは特にごぼう天が好きだ!

うどんはオーダーしてから
ほどなく出てくる

UdonTaira_1409-105.jpg

トッピング、特に丸天が乗っていると
うどんがぜんぜん見えないので
丸天を向こうにのけて再度写真を撮る

うどんはこんな感じ
スープも関西風の薄い色

まず、スープをひとくちすすってみた
うーん、ちょっと塩分多めだな

UdonTaira_1409-106.jpg

じゃあ、うどんをいただきま〜す
ひとくち食べてちょっと驚いた

 わぁ、もちもちしてる

予想していた博多うどん独特の
ふにゃふにゃうどんとはちがって
すごくもちもちした食感だ

博多うどんにもそれぞれ特徴があるんだな

UdonTaira_1409-107.jpg

もちもちしたうどんを
美味しくいただいていたら
お店のおやじさんが製麺を始めた

よくみると、あらかじめ打ったネタを
カウンター内にいっぱい積み上げてあって
うどんがなくなるとこうやって
製麺機で延ばして、カットする

そしてカットしたものをすぐに
大きな鍋の中に入れて茹でる

製麺したものをすぐに茹でて
そして冷たい水で絞める
旨いうどんをつくる基本だ

美味しいうどんを食べながら
思いがけず製麺して茹でるという
工程を見ることができてラッキーだった

UdonTaira_1409-108.jpg

うどん平のうどんはとっても旨かった

 筑紫口の葉隠
 博多口のたいら(平)

どちらも旨いがかなり食感がちがう

その両者を比較すると
葉隠の食感のほうが
個人的には好きだな


──────────
【訪問日】 2014年9月 
【店名】 うどん平
【ジャンル】 博多うどん
【住所】 福岡市博多区博多駅前3-17-10
【最寄駅】 博多駅 徒歩10分
【キーワード】 うどん 饂飩 博多
──────────




うどん平うどん / 祇園駅博多駅中洲川端駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
九州 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ