English | Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


■ たけくま
2017/09/29 21:28 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。 
Takekuma_1709-101.jpg

ことしの春
東京・赤坂に数ヶ月滞在していたとき
ほとんど毎日のように
このお店の横の階段を昇り降りした

120日ほど滞在していたので
往復で200回以上はここを通過したはずだ

Takekuma_1709-102.jpg

そう、あのまさい御用達のスーパー
吉池スーパーに行くためだ

 ■中国料理 たけくま

でもこのお店は
結局いちども入らなかった

Takekuma_1709-103.jpg

で、先日の夜
赤坂で晩ごはんを食べる機会があったので
ふと思い出してここを予約した

まずひと品目はこれだ

 ・五目豆腐煮込み 1,300円

おもったよりいっぱい五目が入っていて
そして、味付けも優しくてすごく旨い
広東料理っぽい味付けだ

Takekuma_1709-104.jpg

点心もふたつ頼んだ
ひとつはこれ

 ・海老ニラまんじゅう 4こ680円

もひとつなんか頼んだが写真がないので忘れた

Takekuma_1709-105.jpg


おお、旨い!
点心はいくらでも食べられそうだ


Takekuma_1709-107.jpg

メインで頼んだのはこれだ

 ・たけくま特製スペアリブ 1,500円

しっかりとした味付けで
ボリュームもあって旨い

Takekuma_1709-106.jpg

ほんとはスープとか魚料理とかも
頼みたかったが、店に入ったのが遅かったので
もう、ラストオーダーになってしまった

最後の〆はこれだ

 ・担々麺 1,000円

これが出てきたとき
堺の『中国料理 丹甫 』で食べた担々麺を思い出した
あの絶品の担々麺を彷彿とさせる
すばらしい担々麺だ

これだけの料理に紹興酒をデカンタでふたつ頼んで
ひとり3千円ほど。
とてもリーズナブルで旨い中華だったよ

ごちそうさま。


──────────
【訪問日】 2017年9月 
【店名】 たけくま
【ジャンル】 中華
【住所】 東京都港区赤坂2-15-18 西山興業赤坂ビル 1F
【最寄駅】赤坂駅 徒歩5分
【キーワード】 中華 担々麺
──────────

 

たけくま中華料理 / 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 中国食府 双龍居 本店
2015/07/28 23:15 |
Souryukyo_1507-101.jpg


大阪では4年に1回
食博覧会』というのが開催される
前回は2013年のGWのときだった


Souryukyo_1507-102.jpg

その食博2013にまさいはボランティアで
参加したのだが東iデスクという職場(?)で
いろんな人と友達になった

 バリバリ美人OLさん ふたり
 日本語ペラペラ中国女子
 デパ地下の魚売り場の男子調理師
 (いっとき靴売り場に左遷されてた)
 イケメン(元)男子高校生
 (今は大学入って英国留学中)
 かわいい男子歯科大生

とかだ

Souryukyo_1507-103.jpg

年齢層も様々だ
下は高校生の18歳から上はまさいまで
それぞれ住んでる世界がちがうから
話していてもすごく楽しい

食博は10日ほどで終わってしまったが
その後もFacebookで交流が続いている

Souryukyo_1507-104.jpg

いままでにもなんどか公園飲みで同窓会もした
で、きょうほぼ1年ぶりの再会。

 ■中国食府 双龍居 本店

いつも勉学に(?)忙しいらしい
男子歯科大生も夏休みなので参加だ

↑の写真はペラペラ中国女子オススメの

 ・スティック網目海老春巻き

さすが中華料理ネイティブのオススメ
初めて食べるがめちゃ旨い

Souryukyo_1507-105.jpg

こういう友達関係では年齢の上下は
あまり関係ない
それぞれのジャンルでスペシャルティを
持っているひとがリスペクトされる
まさいもみんなにニグレクトされないように
汗をかきかき必死で話についていく

双龍居は大海老料理がどれも旨い
何種類かある大海老メニューで迷ってると
サービスのおねえさんが

 エビマヨ、オイシイヨー
 トナリのテーブル、オカワリしたよー

と、さりげなく営業活動していく
おねえさんの言う通り、すごく旨かったが
まさいはちょっと甘めの海老マヨより
ピリッと引き締まった海老チリのほうが好きだ

Souryukyo_1507-106.jpg

この店に来ると海鮮も肉類も旨いので
つい野菜を頼むのを忘れてしまう
だから意識して野菜を頼まないといけない

これは中国女子がぜったい食べましょーと
強くお薦めしてくれた一品

 ・空芯菜の炒め

もちろんみんな喜んで食べたが
かわいい男子歯科大生が涙を流すほど
旨いうまいと言っていつまでも食べ続けてる
やっぱり最近の若い男子は草食系なのか

Souryukyo_1507-107.jpg

この日は久しぶりの再会だったので
みんな食べることそっちのけで話し続けてる
いつものまさいの会ではありえないことだが
肉系の料理を頼むのを忘れていた

しかもまさいも話に熱中していたので
頼んだ料理の名前を忘れてしまった

 ・日南もち豚のうま煮

だったような気がする
もち豚と袋茸とかいろんな野菜が入ってて
うま煮みたいな味付けのやつだ

Souryukyo_1507-109.jpg

引き続き中国女子がお薦めを注文してくれる

 ・焼豚まんじゅう

焼き豚の入ったぶたまんだ
まさいも初めて食べたが、すごく旨い

Souryukyo_1507-110.jpg

そしてつづいては水餃子
最初からポン酢のような味付けが
された状態ででてきた

この日はたまたま土用の丑の日だった
そのため、デパ地下調理師は
うなぎを売り切ってからでないと
職場を離れらない。

Souryukyo_1507-111.jpg

けっきょく彼がここに到着したのは
ラストオーダーも終わり解散寸前
到着するちょっと前に頼んだのが
この締めの一品

 ・ズワイ蟹レタス炒飯

これはめっちゃ旨いので
いつも締めに頼むやつだ
大遅刻のデパ地下調理師もさっきの点心と
このチャーハンだけはありつけた

こんだけ食べて飲んでひとり3,300円
まさいが選んだこの双龍居も
みんな美味しかったと喜んでくれて
ダテに長生きしてないねって褒められた。

Souryukyo_1311-118.jpg

1年ぶりに再会してほんと楽しかったので
近いうちにまた会いたいね
中秋の名月(9月27日 日曜)の夜に
公園でお月見なんてどうでしょう?

あ、中秋の名月の日は
デパ地下はお団子売るのに忙しいか・・

みなさんお元気で。

──────────
【訪問日】 2015年7月
【店名】  中国食府 双龍居 本店
【ジャンル】中国料理
【住所】 大阪市北区池田町10-11 辰巳ビル 1F
【最寄り駅】 JR環状線 天満駅 徒歩10分
【キーワード】 中華料理 中国料理 そうりゅうきょ
──────────




___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 中国料理 かなめ 御幣島
2014/07/11 22:15 |
Kaname_1406-101.jpg

御幣島とかいて『みてじま』と読む
大阪に長年住んでいながら
この地名を見た時、読めなかった

大阪の西の端
JR東西線で北新地駅から3駅目
都心からほど近いがほとんどなじみがない

Kaname_1406-102.jpg

食べログのランキング
しょっちゅう順位が変動するが
2014年6月初めころに
中華料理のジャンルで第1位だったお店
それが御幣島にあるココ

 ■中国料理 かなめ

いままで聞いたことのないお店だったので
とても楽しみに6人でランチに行ってきた
いただいたのは

 ・ランチコース 2800円(税込み)

まず、供されたのが
前菜盛り合わせ

すこしずついろんなものが
とても奇麗に盛られていて
どれもとっても美味しい

Kaname_1406-103.jpg

ランチのときは
あまりアルコールは飲まないが
メニューを見ているとつい欲しくなってきた

 ・古越龍山カメ出し紹興酒 
   デキャンタ 1680円

4〜6年原酒をブレンドしたもの
紹興酒は8年もの以上になると
きゅうに旨くなるが
このブレンドものもけっこうイケる

もちろん熱燗でいただく

Kaname_1406-104.jpg

続いてのお料理はスープ

 ・あおさと白きくらげのスープ

とろりとして
とっても味わい深い液体が
空腹のおなかにしみわたる

Kaname_1406-105.jpg

この日のメンバーは
けっこう中華をいっしょに食べ歩いてる
だからでてくるお料理を
あの店とくらべてどうとか こうとか
つい言ってしまう

おつぎのメニューは点心

 ・海老シュウマイ
 ・ニラとコーンの餃子

小型せいろに2個はいっているけど
ふたつしか入ってないのはちょっと寂しい

Kaname_1406-106.jpg

じゃあ、まずは餃子をいただきます
うんうん、めっちゃ熱々で
とっても美味しい!

やっぱり点心は熱々が基本
やけどしないように注意して食べる

Kaname_1406-107.jpg

このあとの
海鮮料理とお肉料理は
大皿で6人分が供される

やっぱり中華は大皿のほうが見栄えがいい

 ・海鮮と野菜の塩炒め

色鮮やかなこのお料理
オーソドックスだがとっても旨い
基本を忠実に押さえてるって感じ

Kaname_1406-108.jpg

そして最後のメインディッシュ

 ・鶏もも肉の甘酢あんかけ

こちらも中華の基本中の基本のお料理
すごく美味しいしボリュームもある

Kaname_1406-109.jpg

そして〆は

 ・桜えびのあんかけチャーハン

これもまたとても旨い
適度なボリュームがあって
おなかもいっぱいになってくる

Kaname_1406-110.jpg

最後のデザートは

 ・タピオカ入りココナッツミルク
 ・リンゴの金木犀風味 中華風カステラ

にジャスミン茶

食後のひととき
ゆったりした気分で
デザートをいただく

Kaname_1406-112.jpg

かなめの本日のランチコース
どれもほんとに文句なく美味しかったんだが
終わってみるとなにか物足りない

食べ友のあいだで一番人気の中華
堺にある『中国料理 丹甫』の
おなじくらいのランチコースと比べると
ぜんぜん印象に残らない

丹甫のお料理は創作的な感じだが
かなめのお料理は基本を押さえた王道中華
これが印象の差になっているのか

あるいは、かなめのお料理は
ディナーでないと本領発揮できないのか
素人のわれわれにはよくわからない

ただ言えることは
どのお料理も文句のつけようがなく
とっても旨かったということ

また、機会を見つけて
夜にディナーをいただきに来たいね

ごちそうさまでした。


──────────
【訪問日】 2013年6月
【店名】 中国料理 かなめ
【ジャンル】 中華料理、広東料理
【住所】 大阪市西淀川区御幣島5-9-13
【キーワード】御幣島 みてじま 
──────────




中国料理 かなめ中華料理 / 御幣島駅加島駅
昼総合点★★★★ 4.0

___________________________
中華 トラックバック(1) | コメント(0)


■ 中国料理 丹甫
2014/01/22 22:21 |
Tanbo_1401-101.jpg

天王寺からちんちん電車で30分
いつもはるばるやってくるこのお店

 ■中国料理 丹甫 大阪・宿院

この日も各地から
5名様が集まった
遠くは高槻から・・

Tanbo_1401-102.jpg

小雨がぱらつく中
阪堺電鉄の宿院駅を降りて
お店に向かう

いつものとおり
店頭にコースメニューが
貼り出されてる

これを見るだけで
ドキドキしてくるよ

Tanbo_1401-103.jpg

まずは前菜

 ・フルーツ・蒸し鶏・チャーシューの
   サラダ 香港スタイル

いきなり素敵なのが出てきた。
いろんな素材の
いろんな味を混ぜ合わせてどおぞ。

手前に赤かぶで作った
『福』の字が。
中国では『福』を逆さまにするのが
縁起がいいらしい

Tanbo_1401-104.jpg

赤かぶのデコレーション
ほんとに『福』の字に
みえるのかどうか
写真を逆さまにしてみた

おお、ちゃんとなってる
こりゃぁ、縁起がええわ

Tanbo_1401-105.jpg

前菜につづいて
でてきたのはスープ

 ・青菜と干し貝柱のとろみスープ
   たまご豆腐とともに

前回のランチのスープは
ちょっとおでん風味だったが
きょうのは純中国風

寒風で冷えきった
カラダが芯から暖まる

Tanbo_1401-106.jpg

おつぎは海鮮

 ・脱皮えびの塩漬け卵炒め

脱皮えびって初めて聞くね
ソフトシェルクラブという
脱皮した直後の柔らかい蟹と
まったくおなじ海老版のよう。

殻を剥かずに食べられる
そして、めちゃ旨い!
海老好きのまさいには
たまらない一品

Tanbo_1401-107.jpg

つづいては
本日のメインディッシュ

 ・豚ヒレ肉と野菜のサーテーソース炒め

豚ヒレ肉も旨いが
このお店の野菜の旨さに脱帽するよ
このお料理も肉と野菜の
コンビネーションがパーフェクト

Tanbo_1401-108.jpg

そして本日の〆
初めてここにランチに来た時に
ほんとに感動した一品

・ 丹甫特製 タンタン麺

あの日の感動は
きのうのことのように
鮮明に覚えてる

Tanbo_1401-109.jpg

興奮のあまり
ぶさいくな持上げかたになったが
さっそく、いっただっきまーす!

2年前の感動が
昨日のように蘇る

Tanbo_1401-110.jpg

中華のデザートというと
たいてい杏仁豆腐を連想するが
この日は違うものだった

・紅茶のケーキ 蜂蜜つき

ハチミツをケーキにたらして
ほっとひといきのデザートタイム

ほんとにいつも
素敵で美味しい中華料理
いや、中国料理をありがとう

ごちそうさま♪

■過去の中国料理 丹甫
2011年12月 ランチ
2013年3月 ディナー
2013年10月 ランチ



──────────
【訪問日】 2014年1月
【店名】 中国料理 丹甫
【ジャンル】 広東料理
【住 所】 堺市堺区大町東2-1-27 ハークスビル1階
【最寄駅】 阪堺電鉄 宿院駅 徒歩1分
【キーワード】 中華 チャイニーズ Chinese たんぼ 丹甫
──────────





大きな地図で見る
___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 中華麺飯料理 ライオン飯店
2013/12/29 22:01 |
Liion_Hanten_1312-201.jpg

久しぶりに食べ友との
忘年会を開催した

12月はみないろんな忘年会で
財布も苦しいだろうと思うので
安くて旨い店を選ぶ必要がある

Liion_Hanten_1312-202.jpg

いろいろ迷った末
決めたのはここ

 ■ライオン飯店 大阪・天満

中華激戦地の天満で
穴場的存在のお店

あの有名な双龍居と比べても
勝るとも劣らない存在

Liion_Hanten_1312-203.jpg

この日のメニューは

 ・エビマヨ&カラアゲコース 2800円

さて、このお値段で
食いしん坊のみんなを
満足させられるのか?


Liion_Hanten_1312-204.jpg

まず一品目はこれ

 ・カニ身入りコーンスープ

おおきな器で供された時は
コーンと玉子しか
入ってないように見えたが
すくってみると
カニの身がめっちゃ入ってる!

いきなり、超美味!

Liion_Hanten_1312-205.jpg

前菜は点心2品

 ・小籠包と海老蒸しギョーザ

まさいの大好きな小籠包
めちゃ旨いよ!
こればっかりいっぱい食べたいくらい。

Liion_Hanten_1312-206.jpg

さて、つづくは
この日のコースのメイン料理一品目

 ・海老のマヨネーズソース和え

でっかい海老の揚げたのが
ひとり3尾もあるよ

これがまためっちゃ旨い!
この日最高の一品だった

Liion_Hanten_1312-207.jpg

エビマヨの興奮を
鎮めるかのように
静かにでてきたお野菜

 ・有機中国野菜の炒め物

季節によっていろいろな野菜のよう
この日は空芯菜の炒め物

中華で野菜をいただくと
ちょっとホッとする

Liion_Hanten_1312-208.jpg

そしてまた
メイン料理がつづく

 ・鶏のカラアゲ ネギソース

これがまたまためちゃ旨い!
トップ画の持上げ写真はこれ

鶏の唐揚げという
とても普通のメニューが
ここまで旨くしあがるものなのか

揚げる前の下味も素晴らしいが
ネギソースがまた絶品
もう馬杉謙信!!

Liion_Hanten_1312-209.jpg

そしてつづいての一品
前回に来た時も
絶賛したやつ

 ・四川山椒入りマーボー豆腐

激辛ではないが
麻(まー)と辣(らー)が
すばらしくバランスされた
絶品の一品

Liion_Hanten_1312-210.jpg

そしてとうとう
ごはんものの時間

 ・カニ身入りあんかけチャーハン

いったい何種類の具が
入ってるの?って思うくらいの
あんがかかってる。
もちろんカニ身もたっぷり

Liion_Hanten_1312-211.jpg

あまりにも具だくさんの
あんがかかっててごはんが見えないので
カットしてみた

たっぷりのあんのしたから
またまた旨そうな色をした
チャーハンが顔をだす

いやぁ、もう脱帽だね

Liion_Hanten_1312-212.jpg

あんかけチャーハンを
たっぷりいただいて
もうお腹がはち切れそう

ここにデザート2連発

 ・ゴマ団子
 ・杏仁豆腐

熱々のごま団子
なかから甘いあんがとろ〜り

そして
中華のデザートの定番
杏仁豆腐まで

いやー、どのお料理も
旨すぎて食べ過ぎて
お腹がはちきれそうなんだが

これだけのお料理をいただいて
〆て2800円
おいおい、採算とれてるの?
って聞きたくなるくらい

2013年の忘年会
いやぁ、ほんと旨かった
参加のみなさんも
満足していただけたかな?

ごちそうさま!


■過去のライオン飯店


──────────
【訪問日】 2013年12月 
【店名】 中華麺飯料理 ライオン飯店
【ジャンル】 中華 
【住所】 大阪市北区池田町7-7 好きやねん天満ビル 1F
【キーワード】 天満 Chinese チャイニーズ
【食べログ】 http://goo.gl/Qe4xSv
──────────




大きな地図で見る
___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 上海わんたん 食彩厨房
2013/11/30 09:18 |
Shanghai_Wonton_1311-201.jpg

JR蒲田駅と京急蒲田駅は
とても離れているが
そのあいだにひろがる
ディープでかつ旨い地域

その両駅のあいだの繁華街から
川を越えるとふつうの住宅街がある

この日はその住宅街のなかに
ぽつんとあるお店にいった

Shanghai_Wonton_1311-202.jpg

とても小さい店だが
その旨さが口コミでひろがり
最近はテレビとかでも紹介されて
えらく人気になったお店

 ■上海わんたん 食彩厨房

お店はとても小さくて
店内にはカウンター席が
わずか4席のみ

そして営業もランチタイムだけ

Shanghai_Wonton_1311-203.jpg

わんたんの専門店

上海から日本にやってきた女性が
日本ではわんたんを主食として
食べないのがとても不思議で
そして、またそれがとても残念だったので
上海わんたんを広めたいと思って
このお店を始めたそうだ

わんたんの種類はふたつ

 ・海老わんたん
 ・椎茸わんたん

そして2種類が半数ずつはいった

 ・ミックスわんたん

基本8このわんたんがはいった
わんたんスープとしていただくが
数は希望で増減できる

Shanghai_Wonton_1311-204.jpg

カウンターの向こうには
中国人の奥さんと日本人のご主人
ふたりでお店をまわしている

奥さんがまるめたわんたんを
ガスコンロにかけられた
二つの大きなお鍋でゆでる

ふだんはお店の前に
行列ができるくらいの人気だが
たまたままさいがいったときは
ほかにだれもお客さんいなかったので
お二人といろいろお話ができた

Shanghai_Wonton_1311-205.jpg

さて、まさいの頼んだのは

 ・ミックスわんたん 12こ 966円

12こもいれたらあふれそうだよ
と、ご主人がつぶやきながら出してくれた

ほんとだ!
どんぶりの中は大きなわんたんが
ぎゅうぎゅうに入っている
いやぁ、めっちゃ美味しそうだ!

まず、スープを一口いただく

 旨いっ!

上海料理特有の
とっても優しい味付け

Shanghai_Wonton_1311-206.jpg

れんげにのせるとはみ出すくらい
大きくて具がぎっしりのわんたん

大阪のひとならわかると思うが
551の焼売くらいの大きさだ
(ぶたまんではない)

そして具がぎっしりなので
とっても重くて
持上げてると手がだるくなる(ウソ)

じゃあ、いただきま〜す!

Shanghai_Wonton_1311-207.jpg

2種類入っているが
見かけがおなじなので
食べてみないと海老なのか
椎茸なのかがわからない

ひとつめに食べたのは海老だった

 いやぁ、めちゃ旨い!

わんたんの皮のなめらかさといい
具の肉や海老の味付けといい
バランスの取れた食感といい
ほんとに素晴らしい!

海老わんたんも旨かったが
椎茸わんたんもまた絶品
たった2種類だが
つぎに食べるのがどちらなのか
楽しみにしてかぶりつく

Shanghai_Wonton_1311-208.jpg

食べている途中で気づいたが
とっても変わった形をしている

この角度から見ると
豚の鼻みたいでとても可愛いね

どんぶりからあふれるくらいの
12このわんたん
最初は食べきれるかと
ちょっと不安だったが
ほんとに旨かったので
どんどん食が進む

Shanghai_Wonton_1311-209.jpg

ここはわんたん専門店だが
もうひとつだけメニューがある

 ・上海春巻き 1こ 147円

わんたんを12こ頼んだとき
せっかくだからと思って
この上海春巻きも1こだけ頼んだ

Shanghai_Wonton_1311-210.jpg

この上海春巻き
わんたんができるより先に
揚げたてのがでてきた

じつはこの春巻きには、
なんの期待もしていなかったのだが
ひとくちいただいてびっくり仰天

カリカリ熱々の皮のなかから
トロトロのあんが口のなかに拡がる
感動的な旨さだった!

まさいはいままでに何十回も
揚げ春巻きを食べたことがあるが
ダントツでナンバーワンだ

この上海春巻きだけで
お店を構えられるんじゃないかと
思ってしまうくらいの逸品

こちらにおいでの際は
ぜひ、上海春巻きも味わってください!

Shanghai_Wonton_1311-211.jpg

とても家庭的なご夫婦と
いろいろお話ししながらいただいた
わんたんと春巻き

かなりのボリュームだったが
あっというまに完食した
もちろん優しいお味の
スープも1滴残さずね

Shanghai_Wonton_1311-212.jpg

お店にはいったときは
まさいひとりだったが
わんたんを食べ始めるころには
満席になって、外でも一人待ち

感動のわんたんと春巻きを
お腹いっぱいいただいて
〆めて1113円

まさいにとっては
蒲田でハズせないランチ処となったよ

──────────
【飲食日】 2013年11月 
【店 名】 上海わんたん 食彩厨房
【ジャンル】 わんたん
【住 所】 東京都大田区蒲田1-13-7
【キーワード】 わんたん 雲呑 ワンタン 春巻 はるまき
──────────





大きな地図で見る

上海わんたん・食彩厨房飲茶・点心 / 蒲田駅京急蒲田駅梅屋敷駅
昼総合点★★★★★ 5.0

___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 中国食府 双龍居
2013/11/17 18:53 |
Souryukyo_1311-101.jpg

新世界がテーマパーク化した今、
大阪でもっとも魅力的な街は
ここかも

 天満

駅前の北側の路地を歩いていくと
ビニールシートで覆われた
めちゃ素敵な店が
日に日に増えている

Souryukyo_1311-102.jpg

でも、この日は
新興のお店ではなく
老舗の人気店で
中華三昧をしてきたよ

 ■中国食府 双龍居

最近、駅前にビル建てて
新店舗できたけど
やっぱり本店のほうが
雰囲気が好きだな

Souryukyo_1311-103.jpg

汗臭いおっさんたちが
きょうのひと仕事おえて

 お疲れさんでした〜っ!

って感じに見えるが
じつはまさい以外
全員、素敵女子

では、さっそく
がっつりいきましょう!

Souryukyo_1311-104.jpg

まずはすぐに出てくるやつ

 ・ピータン 250円

ピータン自体は普通だが
うえの野菜にかかった
ソースがけっこう旨い

Souryukyo_1311-106.jpg

ピータンのあと
もすこし前菜的なのが欲しかったが
いきなりこれが出てきた

 ・日南もち豚のピリ辛山椒風味 750円

いただきま〜すって声のあと
あちこちで、ゲホゲホゲホ・・

けっこう、辛いです、これ。
でも、めちゃ旨

Souryukyo_1311-105.jpg

おっ、もうこれが出てきたのか・・
と驚いてしまった

 ・本格麻婆豆腐 700円

この日は激辛でないほう
ちょっと物足りないが
それでもやっぱり旨い

Souryukyo_1311-107.jpg

前菜として頼んだ一品
当初の予定では

 ・たまご焼き 300円

のつもりだったが、
この日のお薦めの一品に変更

 ・なんとか葱焼と
   たまご焼きセット 650円

なんとかのところ
難しい漢字で読めなかった・・

Souryukyo_1311-108.jpg

つづいてこちらも
本日のお薦めの一品

 ・特製二種焼き餃子 500円

これも大きくて旨かった
これは6人分焼いてくれた量

Souryukyo_1311-109.jpg

双龍居は
とてもたくさんのメニューがあって
いつもなかなか注文が決まらないので
この日は

 ・外せないメニュー
 ・旨そうなメニュー

のリストを準備して行った

 ・海老のチリソース煮 1000円

これは外せないメニューのひとつ
いやぁ、もうプリプリ
思ったほど辛くないが
とっても食感がよい

Souryukyo_1311-110.jpg

これは前菜のつもりで
注文したもの

 ・海老しゅうまい 600円

蒸すのに時間かかるから
こんなあとからでてきた(笑)

しゅうまいって
あまり脚光浴びないけど
まさいはかなり好きだよ!
とくに海老しゅうまいは最高♪

Souryukyo_1311-111.jpg

これも外せない一品

 ・ホタテ貝柱のXO炒 1200円

この日の素敵女子たち
みんな遠慮しないで
どんどん食べてくれるので嬉しい

このホタテも
あっというまに完食

Souryukyo_1311-112.jpg

トップ画でいきなり
『なんだこれ?』って写真をお見せしたが
双龍居で最も有名なかつ人気の一品がこれ

 ・水煮牛肉 950円

水煮と書いてあるのに
なんでこんなに辛いのか?
と思ってしまう
四川料理のなかでも
もっとも人気の高い一品

ちなみに水煮魚というのもある

Souryukyo_1311-113.jpg

この水煮牛肉
ものすごく辛いが
ものすごく旨い

そして、余った汁に
これを投入

 ・玉子麺 300円

これでもう一品できる!
この辛い麺がまた旨い

Souryukyo_1311-114.jpg

中華料理の炒飯には
いろんな種類があるが
こんなに旨いのはめったにない

 ・ズワイ蟹レタス炒飯 900円

いつも〆に頼むが
お腹いっぱい過ぎて味わえないので
ちょっと早めにオーダー

でも、ほとんど最後にでてきた・・

Souryukyo_1311-115.jpg

炒飯食べたあと
もう一品くらいならいけるという
みなさんのリクエストにより
これを注文

 ・大海老と豆腐のうま煮 950円

これまためちゃ旨いが
入ってる海老が小さい
『大海老』と書いてあるのは
偽装ではないかと大騒ぎ(ウソ)

Souryukyo_1311-116.jpg

さて、別腹の時間
中華にはあまりデザートないが
やっぱりコレだね

 ・杏仁豆腐 350円

壁際に座ってる3名様が
ひとりひとつずつ注文

Souryukyo_1311-117.jpg

そして、あとの3名様
杏仁豆腐一人分と
これをシェアすることで商談成立

 ・あん入り胡麻団子 350円

揚げたての胡麻団子
別腹に染み渡る旨さだよ!

Souryukyo_1311-118.jpg

やっぱり中華は
大勢で食べるに限る
6人というのはちょうどいい
人数だよ。 大満足

ごちそうさまでした!


──────────
【飲食日】 2013年11月 
【店 名】 中国食府 双龍居
【ジャンル】 中華
【住 所】 大阪市北区池田町10-11 辰巳ビル 1F
【キーワード】 麻婆豆腐 水煮牛肉
──────────





大きな地図で見る
___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 中国料理 丹甫
2013/10/08 00:21 |
Tanbo_1310-101.jpg

2011年12月に初めてランチ
してから
なんどでも行きたいと思うが
ちょっと遠くてなかなかいけない

ギトギトの中華とは
一線を画す繊細系中華

 ■中国料理 丹甫 堺・宿院

2013年3月のディナー以来
7ヶ月ぶりの訪問

Tanbo_1310-102.jpg

阪堺電気鉄道に乗って行く
この日は6人が集まったが
いろいろなルートでやって来た

天王寺から乗ってきた人
恵美須町から乗ってきた人

そして、環状線の新今宮で降りて

 南霞町(みなみかすみちょう)

というディープな駅から
乗ってきた猛者もいる

めざすは『宿院駅』

Tanbo_1310-103.jpg

この日いただいたのは

 ・お昼のコース 2500円

ほかにおまかせ5000円コースもある
まずは前菜盛り合わせ

『揚げたピータン』なんて初めて
すごく美味しかったよ

いつものことながら
いきなりガツんと来る

Tanbo_1310-104.jpg

つづいての汁ものは

 ・季節の薬膳煮込みスープ

豚バラとか
穴に豆をいれた蓮根とか

とても健康によさそう
ちょっとおでん風の味付け

Tanbo_1310-105.jpg

お次の一品
中国語で書くと

 ・千層白菜猪肉崧

これを見てもなんだかわからないが
日本語のメニューは

 ・白菜と豚肉のミルフィーユ蒸し

うん、コレならわかる
絶妙な味付けで
ほんとに旨い!

Tanbo_1310-106.jpg

そろそろコース料理も
クライマックス
つづいての一品は

 ・蒸し豆腐のあんかけ
   なすと梅が入った
    香港風チリソースで

いやぁ〜
もう、なにも言うことなし!
旨すぎて言葉にならない

Tanbo_1310-107.jpg

前回のランチの〆は
感動的な旨さの担担麺だった
今回の〆はこれ

 ・熊本県産『利平』栗と
   ピータンのお粥 香港風

たまたま、つい先日
横浜の中華街で朝粥を食べた
あれも旨かったが
きょうのお粥はそれ以上に旨い
デリケートな塩味が最高

Tanbo_1310-108.jpg

最後はデザート

 ・西檸杏仁豆腐
   杏仁豆腐
   フレッシュレモンを添えて

前菜から始まって
最後のデザートまで
完璧なお料理の品々

今回のランチコースも
ほんとに大満足だったよ

Tanbo_1310-109.jpg

そして最後の珈琲
これまた香り高くて
とっても旨い

最後まで手抜き無し
パーフェクト!

Tanbo_1310-110.jpg

ランチコースは
2〜3ヶ月でメニューがかわる
今のコースは10月〜12月

また、年が明けて
新メニューになったら
ぜひ食べに行きたいねぇ

──────────
【訪問日】 2013年10月
【店名】 中国料理 丹甫
【ジャンル】 広東料理
【住 所】 堺市堺区大町東2-1-27 ハークスビル1階
【最寄駅】 阪堺電鉄 宿院駅 徒歩1分
【キーワード】 中華 チャイニーズ Chinese 
【備 考】金土はコースのみ(お昼も)
【食べログ】http://tabelog.com/osaka/A2705/A270501/
──────────




大きな地図で見る
___________________________
中華 トラックバック(1) | コメント(0)


■ 中華麺飯料理 ライオン飯店
2013/10/04 08:03 |
Lion_Hanten_1309-101.jpg

天満には人気の中華系のお店が
けっこうたくさんある。

久しぶりに
ひとり夜ごはんすることになったので
ここでごはん食べることにした

 ■中華麺飯料理 ライオン飯店

食べ友に教えてもらって行って
まさいのナンバーワン中華に
なったお店


Lion_Hanten_1309-102.jpg

中華は多人数でシェアするのが基本
なのでひとりごはんの時
メニュー選びに苦労する

麻婆豆腐と白ごはんを
お願いしようかと思ったが
人気料理メニューをみてると
どれも美味しそうで
迷いがでてしまった・・

Lion_Hanten_1309-103.jpg

悩みに悩んだ末に
選んだ一品はこれ

 ・ライオン飯店大名物
  五目あんかけやきそば 800円

ライオン飯店大名物ってのが
なんだかとっても可笑しい

Lion_Hanten_1309-104.jpg

かたいめの麺の上に
五目あんかけがのってるので
麺にしっかり味がなじむように
上から下からぐちゃぐちゃに
混ぜ合わせる

だいぶ時間をかけて混ぜる

Lion_Hanten_1309-105.jpg

しっかり混ざったところで
じゃあ、いただきま〜す!

これ、もう絶品!
最初から最後まで
ほんとに旨い。

ライオン飯店大名物っていう
能書きはほんとに
その通りだと思うよ!

Lion_Hanten_1309-106.jpg

あんかけ焼そば以外に
もうひとつ注文した

 ・人気点心あつあつの
  小籠包 4個 550円

小籠包は大好きで
台湾でも食べたし
北京でも食べたし
東京でも大阪でも・・

天満でも何軒かで食べた

Lion_Hanten_1309-107.jpg

台湾や中国では
小籠包はとても安いが
日本の有名店はかなり高い

でも、天満の中華では
けっこうリーズナブル

ここの小籠包も
あつあつのものを
火傷に注意しながら
スープをこぼさないように
いただく。

旨いっ!

中華のひとり飯は
けっこう難しいが
メイン1皿、点心1皿っていう
チョイスはなかなかイケルね!

これからもひとり飯の日には
ついついライオン飯店に
足が向いてしまいそうな予感


■前回のライオン飯店

──────────
【訪問日】 2013年9月 
【店名】 中華麺飯料理 ライオン飯店
【ジャンル】 中華 
【住所】 大阪市北区池田町7-7 好きやねん天満ビル 1F
【キーワード】 天満 Chinese チャイニーズ
【食べログ】 http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27009169
──────────




大きな地図で見る
___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 一芳亭 難波本店
2013/06/07 12:13 |
Ippou_tei_1306-101.jpg

焼売(しゅうまい)という食べ物
だれでも知ってるが、けっこう奥が深い

以前、お料理教室で習って
初めて手作りのものを食べた時
その旨さに感動したことがある。


Ippou_tei_1306-102.jpg

そのしゅうまい
あまり専門店というのはないが
関東では『崎陽軒』が有名
ここはお店より、駅弁のほうが知名度高いが
お店で食べると蒸したてですごく旨い
駅弁のしゅうまいより数段美味しい

そして、大阪ではここが有名

 ■一芳亭 難波

かなり以前から知ってたけど
なかなか来る機会がなかった

Ippou_tei_1306-104.jpg

しゅうまいの店だから、
しゅうまいばかり食べてもいいのだが
他のものもなにか食べたいと思って
定食のなかからひとつ選んだ

 ・酢豚定食 1000円

これにもしゅうまいが5こついてる

Ippou_tei_1306-103.jpg

さっそく
一芳亭の『しゅうまい』をいただきま〜す!

うわぁ、めっちゃ柔らかい
いままで食べたしゅうまいのなかで
ダントツにふんわりと柔らかい

そして、めっちゃ旨いので5こくらい
あっというまになくなってしまった。

定食じゃなく、しゅうまいばかり
頼めばよかったとちょと後悔したよ
ちなみに単品で頼むと

 ・しゅうまい 5こ 310円

だ。

Ippou_tei_1306-105.jpg

そして、定食の酢豚
最初、でてきたとき玉ねぎばっかりに
みえたけど、掘り返すといっぱい
豚とかいろんな具がでてきた

これも美味しかったけど
しゅうまいの旨さに印象が薄くなったかな

Ippou_tei_1306-106.jpg

そういえば、隣の席の男女4人組
昼間から単品ですごい量の
お料理を頼んでいて
鶏のからあげとか旨そうだったよ

それを見ていると
こんどは夜に来て
しゅうまいいっぱい食べながら
ビール飲みたいと思ったよ


──────────
【訪問日】 2013年6月 
【店名】 一芳亭 難波本店
【ジャンル】 しゅうまい
【住所】 大阪市浪速区難波中2-6-22
【キーワード】  焼売 シュウマイ 中華
【食べログ】
──────────




大きな地図で見る

一芳亭 本店中華料理 / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ