English | Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


■ 南翔饅頭店 呉江路店 上海
2013/05/07 01:09 |
1303_Nam-Xiang-201.jpg

中国には何度も行ってるが
なぜか上海に行く機会がない
前回の上海訪問は2006年だったので
なんと7年ぶり!

あのときはクリントン元大統領も訪問したという
超有名飯店に連れて行ってもらった

 ■上海老飯店

すっごく美味しくて、
しかも二人で鱈腹たべて3000円という安さ

これが上海グルメだなぁって思ったよ

1303_Nam-Xiang-202.jpg

そのときに
ひとつだけ心残りなことがあった
それは、小籠包で世界的に有名な

 ■南翔饅頭店

に行けなかったこと

こんどこそ行くぞと
気合いをいれて上海入りし
その夜にさっそく本店にいってみた

ところが・・・

小籠包ラブの人たちで長蛇の列
しかも、予約できない


1303_Nam-Xiang-203.jpg

その日は、う〜んと唸って退散
ちょっと、いや、かなりガッカリして
ホテルでぼ〜っとネット見てたら

 南翔饅頭店には支店があります。
 地元の人しか行かないので空いてます。

という記事を発見!

デスクをバーーンと叩いて
ここや〜 と叫ぶまさい

さっそく、行き方を調べる
ホテルから地下鉄を二つ乗り継いでいく
目的の場所は

 ・地下鉄2号線 南京西路駅

30分くらいで行けそうだ
よく朝、大雨のなか
ホテルで傘を借りて出発

1303_Nam-Xiang-204.jpg

お店は南京西路駅でてすぐのビルの2階
お店についてみると
お客さんの行列どころか
開店時間過ぎてるのに、店員もいない・・

本店とはえらい違いだね(笑)

さて、開店時間を大幅に過ぎてから
入店したところ、客はまさい含め3人だけ

ドキドキしながら、さっそくオーダーする

 ・鮮肉小籠包 4こ 16元
   ふつうの小籠包
 ・蟹肉小籠包 4こ 19元
   蟹肉入りのやつ
 ・蝦肉小籠包 4こ 19元
   海老入りのやつ

やっぱり安いよね
普通の小籠包でいっこ60円ほど

一人なのでハーフサイズ頼んだが
基本サイズは8こ入り

めっちゃ楽しみ〜

1303_Nam-Xiang-205.jpg

開店早々だったから、
蒸し上がるのにすこし時間がかかる
15分ほどして3段重ねででてきた

 いっただっきま〜す!

やっぱり旨い!

 皮のつるつる感 といい
 肉汁の味加減 といい
 具のボリューム といい

いうことなし!
小籠包は冷めると旨くないので
はふはふ言いながら、
一気に12こを食べ尽す

 う〜ん、満足〜♪

1303_Nam-Xiang-206.jpg

さて、せっかくやって来た南翔饅頭店
小籠包だけではもったいないので
ほかのも頼んだ

 ・蟹黄灌湯包 1こ 22元

これは蟹卵入りの大籠包で、
大きさは551の豚まんくらい

ストローがついていて
まず、中のスープを飲む
熱いのでやけどに注意とかいた旗つき

このスープがまためっちゃ旨い
小籠包とは違い、海鮮の味だよ

でも、スープを飲んでしまうと
それ以外はあまり感動のない普通のお味

1303_Nam-Xiang-207.jpg

小籠包3種と蟹黄灌湯包をいただいて
とりあえず満足して
まったりとした気分で
メニューを眺めていると
他にもいろいろ旨そうなものがある

で、つい、追加注文してしまった


1303_Nam-Xiang-208.jpg

実は南翔饅頭店で小籠包食べて
そのあと、上海焼そばの名店に
ハシゴしようと思っていたが、
外は大雨だったので気が変わって
ここで食べることにした

 ・上海炒麺 湯付き 25元

めっちゃ旨そうな雰囲気で
出て来た上海焼そば

いただきま〜すと勇んで食べたが
ひとくち食べて

 う〜ん・・
 ひと味、いや、ふた味くらい足りない

失敗だ。

やっぱりがんばって上海焼そばの
名店に行くべきだった
ここは饅頭店であって
炒麺店ではないんだ!

と後悔しきり
この日、午後の便で日本に帰るので、
旨い上海焼そばは次回のお楽しみに


1303_Nam-Xiang-209.jpg

あと、ほかにもいくつか頼んだ

 ・蟹黄灌湯蝦球 1こ 8元
   蟹卵入りの海老だんご
 ・蟹黄白玉巻 1こ 8元
   蟹卵と豆乳入りの春巻

どっちも旨かったけど
小籠包に比べると高いねぇ

1303_Nam-Xiang-210.jpg

ごちそうさまぁ♪

お店にはいってからおよそ1時間半
この頃になってようやく
お客さんが増えて来たよ

いまごろ、豫園の本店では長蛇の行列で
ごった返してるころだろうね

本店は100年の歴史を感じられる
素敵なお店のようだけど
南翔饅頭店の小籠包を味わいたいだけなら
こっちの支店のほうがオススメ


1303_Nam-Xiang-211.jpg

お店の入り口のところから
ガラス越しに厨房を見ることができる

中に向かって写真撮っていいかと尋ねたら
手前のおばさん、のけぞって逃げる
でも若いお嬢さんはこっち向いてVサイン♪

なんだか、楽しいねぇ〜


1303_Nam-Xiang-212.jpg

まさいは小籠包が大好きで
あちこちの名店行ったことがある。

南翔饅頭店のはとても旨かったが
残念ながら、ここはNo.1ではなかった。

ちなみにまさいの小籠包ベスト3はこちら

 1.明月湯包 台北
 2.京鼎樓  台北
 3.鼎泰豐  台北

南翔饅頭店は第4位かな。
どうやらまさいには台湾系のほうが口にあうようだ


■小籠包の記事 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2013年3月 
【店名】 南翔饅頭店 呉江路店
【ジャンル】 小籠包 点心
【住所】 上海市静安区呉江路269号
【キーワード】 小籠包 しょうろんぽう 支店
──────────



大きな地図で見る           
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 臺彩山 登り 中国・桂林
2010/05/07 00:30 |

View Larger Map

この日は中醫醫院、動物園、鍾乳洞と忙しい一日だった
最後の観光は山登りらしい

桂林を上空から見ると↑のような風景
きっと山に登るとすごい景色がみえるんだろうね
まあ、山登りといってもずっと階段らしいけど・・・

Keirin_yama_0502-101.jpg

桂林はカルストなので、あちこちに洞窟とか鍾乳洞がある
これもそのひとつ

 臺彩山 DieCaiShan (臺の字まちがってるかも・・・)

入り口になんとか山と書いてあるけれど、
漢字が難しくて出てこないね

Keirin_yama_0502-102.jpg

こちらは洞窟に入ったあたりに
いっぱい彫ってある仏様たち
すごい数の仏様がいらっしゃいました

Keirin_yama_0502-103.jpg

階段を何百段か登って、やっと山頂についたよ
うひゃーって声がでてしまうくらい素晴らしい景観
山頂は狭いので簡単に360°を見渡せる

まずは住宅地が並んでる南の方角
けっこう集合住宅がおおい

Keirin_yama_0502-104.jpg

上の写真からすこし左方向(東)をむいた河側
中の島公園のような島が見える。
この島は『Fulongzhou』という中洲
そして、その先に天保山のような小山。
伏波山というらしい。 可愛いね!

Keirin_yama_0502-105.jpg

こちらは山の西側
西清湖の向こうに見える山々
手前にみえる建物も昔風で
まさに掛け軸の山水画に出来そうな風景

Keirin_yama_0502-106.jpg

そして最後は遥かなる漓江の流れ
山からみると北の方角だから河の上流方向

それにしても四方八方素晴らしい光景だね
苦労して石段を登ってきた甲斐があったよ


桂林の旅 おわり


■2005年2月
■キーワード: 桂林 漓江 


【桂林の旅】
■漓江下り
■船内昼食
■桂林中醫醫院
■七星公園 桂林動物園     
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 七星公園 動物園 中国・桂林
2010/05/06 00:29 |
Keirin_zoo_0502-101.jpg

今回の桂林ツアーは漓江下りがメーンエベント
それが終わってしまうとたいしたところがない

とはいえ、3泊4日の旅なので
どこかに行かないと時間が余ってしまう

だからかどうか知らないが
きょうは桂林動物園に連れていってくれるらしい

 ツアコン はーい、きょうは世にも珍しい動物がいる動物園にいくあるよ

 みんな 世にも珍しい動物ってなんなん?

 ツ トラとパンダあるよ

 み どこが珍しいねん!

とはいえ、こんな中国の奥地の動物園
どんなとこか、ちょっと興味わくよね

Keirin_zoo_0502-102.jpg

 ツ はーい、これが世にも珍しいトラあるよ

 み んー、ふつうのトラに見えるけど・・・

 ツ いあいあ、こんなトラ、世界広しと言えども、
   ココにしかいないあるよ

 み へー ・・・

Keirin_zoo_0502-103.jpg

 ツ ほらー、可愛いネコちゃんみたいに、ゴロゴロするあるね

 み あはは、ほんまや。 まあ、可愛いいけど、日本にもおるで!

 ツ このつぎが、すごいあるよ!

 ツ このトラ、背中に乗ってもだいじょうぶあるよ

 み げー、トラの背中に乗るん? コワー

 ツ だれか記念に、トラに乗りたい人いるか?

 み いややー、コワーイ

トラの背中に乗るなんて、
そんな無謀なことする人いないと思って周りをみまわしてたら

 少年 ぼく、乗りまーす!

 みんな あほー、ヤメとけー!

 少年 だいじょぶだいじょぶ

Keirin_zoo_0502-104.jpg

若いということは、すばらしーねー と
周りの年寄りたちは口々に言う

みんなひやひやしながら見てたら,
ほんとにおとなしいトラで、背中に乗られてもびくともしない。

それを見た、少年の母

 母 わたしも乗ってみるわ!

 みんな おい、ふたりも乗って大丈夫か?

またまた、ひやひやして見てたらどうやら無事

ところが、その母
トラから降りるときに、トラの足を踏んだ

 トラ びくっ!

 みんな ひえ~っ

一瞬、みんな青ざめたが、
冷静なトラ君、一瞬ビクっとしただけで、また座る

それにしても、日本ではいくらおとなしいトラでも
こんなパフォーマンス、でけへんやろな

Keirin_zoo_0502-105.jpg

さて、おつぎはパンダ
どのへんが世にも珍しいパンダなのか?

説明書きが英語と日本語で掲示してある。
英語はわかるけど、こんな田舎で日本語の説明書きがあるとは…

これによるとどうやら、世界最高齢をめざすパンダらしい
なかなか上手な日本語で書かれてるけど、
ところどころ、思わず笑ってしまう表現があるよ

 わたしは36歳の世界記録を打ち破ろうと思います。
 けれども、天命は誰が知るもんか

ははは!

 ただいま、皆様はわたしのために寄付を募っていらっしゃって
 わたしもこころから非常に感謝しております。

 桂林市七星公園は皆様のご寄付金をパンダ美美に全部残って
 使用すゐと丁重に承諾します。

まあ、変やけど、意味はわかるな
る と ゐ を間違えるとこなんか、外人の翻訳って感じ。
でもきっと、まさいが書く英語って、こんな感じなんやろなー

Keirin_zoo_0502-106.jpg

さらにこう書いてある

 寄付なさった団体に対して、わたしは応接間(外の運動場)へ
 皆様を迎えいたして、記念に写真をお供に写しいたします。

いやー、丁重にどうもありがとう♪

残念ながら、この日は高齢のパンダ美美ちゃんは
疲労のため、ずっとおやすみのようでした。

でも、調子のいいツアコンが言ったとおり、
世にも珍しいトラとパンダを見ることができて
けっこう楽しめたひとときでしたよ♪


■2005年2月
■キーワード: 七星公園 桂林 動物園 美美


【桂林の旅】
■漓江下り
■船内昼食
■桂林中醫醫院




大きな地図で見る     
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 怪しい治療 桂林中醫醫院 中国・桂林
2010/05/05 00:01 |
Keirin_town_hospital_0502-101.jpg

日本語ペラペラの中国人ツアコン
きょうも朝から調子よくしゃべりまくる

 ツアコン はーい、きょうは珍しいところ連れていってあげるあるよ

 みんな どこですかー?

 ツ それは行ってのお楽しみあるよ~!

 み えー、楽しみだけど、しんぱーい

このツアコンさん、日本人以上に日本語の言い回しをよく知ってる
でも、まだ日本には来たことがないらしい
たった数年勉強しただけで、これだけ日本語をしゃべれる
すごいねー、中国人の言語能力!

それはそうと、みんなが連れていかれたところはココ

■桂林中醫醫院 桂林市

 みんな えー、醫院! こんなとこでなにするんですか~?

 ツアコン ここは中国でも三本の指に数えられる
      有名な中華医療の病院あるよ

 み だから、なにするんですか~?

 ツ それははいってのお楽しみあるよ!

Keirin_town_hospital_0502-102.jpg

なんか分からないまま、みんなが連れていかれたのはこの小部屋

部屋には窓もなく、入り口の扉をしめたら密室
正面には『拳頭処方』と書いてあるよ
おいおい、頭なぐられるんか?

そして、なにやら偉そうな老先生が出てきてしゃべり始めた

 老先生 この病院は中国4000年の歴史を誇る、なんちゃらかんちゃら・・・
     西洋医学では治せない病気でも、なんちゃらかんちゃら
 
 みんな おいおい、大丈夫かよ?

 老先生 いま、中国伝統の医療に最新の技術である電気治療を導入し・・・

と、とうとうと説明がつづく

このあたりでみんなの席にこれがでてきた

Keirin_town_hospital_0502-103.jpg

 みんな おい、これなんや? 検尿か?

 まさい んー、お茶とお酒に見えるけどな

 みんな 飲んでも大丈夫か?

 まさい さあ、大丈夫かどうか、飲んでみ?


老先生の説明は続く

 老先生 この若いふたりの助手がそれぞれ片手に電極を持つあるよ

 みんな おい、あれ、コンセントみたいなんに繋がってるで!

 老先生 はーい、みなさん
   そして、ふたりの間に電球を持つあるよ
   さーて、どうなるか?

 みんな 感電するやん

 老先生 はいっ!


ぴか~っ


 みんな おお~! 電球がついた!

 老先生 そうあるよ。 ふたりのカラダを電気が流れて電球がつくあるよ

 みんな  げー、こわー

 老先生 さて、治療はこれからあるよ
   このふたりの間に座って、両側から電気を加えると
   肩こりがあっというまに治るあるよ
   だれか、試してみるアルヨ!

 みんな いややー、コワーイ

Keirin_town_hospital_0502-104.jpg

こんな怖い治療、だれもやる人いてへんやろうと思って
みんな、周りを見回してたら

 おばちゃん わたし、めっちゃ肩こってんねん
    タダみたいやし、やってみるわ!

 みんな おおーッ!


さすが、大阪のおばちゃん。 勇気あるね~


 老先生 じゃあ、ココ座るあるよ

 おばちゃん はーい♪

 老先生 では、いくあるよ、はいっ!

 おば きゃぁ~

 みんな おいおい、大丈夫か?

 おば きゃぁ~、めっちゃ気持ちえー!

 みんな 肩こり治った?

 おば はいな、ビリビリきて、びっくりして治ってしもたわ!

Keirin_town_hospital_0502-105.jpg

それにしても勇気あるおばちゃん、さすがっ!
ほかにこんな勇気ある人いなやろと思ってたら・・・

 お嬢さん わたしもお願いしま~す♪

 みんな おおーッ!

おばちゃんだけでなく、若いお嬢さんまでが立候補する

 お嬢 わたしも肩こりヒドイんですー。 

 老先生 はい、じゃあ、ここに座るあるよ。

 お嬢 はぁ~い♪

 老先生  ほな、いくあるよー、はいっ!

 お嬢 きゃぁぁぁ~


このお嬢さんも、ビリビリが気持ちよかったーとおっしゃる。
勇気ある女性、お二人までも気持ちいいというので、
このあと、ほとんど全員が治療を受ける

もちろん、まさいもコワゴワうけて見たよ
なんか、弱い電流がビリビリビリって感じでながれる
ふたりの助手さんが肩をつよく握ると電流が強くなる感じ


で、みんなが治療をうけてるあいだに
席には何枚かの紙が配られた

『桂林中醫醫院特製漢方薬』

あはは、漢方薬の販売やったんか
それにしては前振りがめっちゃ長かったなぁ~
しかも、電気治療と関係ないし(笑)

まあ、いろんな効用が書いてあって
なかなか日本では手に入らなさそうなものもある。
値段もそんなに高くなかったので、
けっこう買ってる人もいたよ

怪しい密室からでると、調子のいいツアコンが待ってた

 ツアコン みなさーん、健康になりましたかー!

 みんな はーい♪

最初、不審な密室に入れられて不安だったけど
けっこう楽しい醫院訪問でした。


■2005年2月
■キーワード: 桂林 中醫醫院 漢方 電気治療

【桂林の旅】
■漓江下り
■船内昼食

___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 漓江下り 船内昼食 中国・桂林
2010/05/04 12:00 |
Keirin_Lunch_0502-101.jpg

桂林から陽朔まで、およそ4時間の漓江下り
あさ10時ころ出航なのでお昼をはさむ

お昼ごはんどうするんだろうと思ってたら
ちゃんと12時頃に2階席に運ばれてきたよ

Keirin_Lunch_0502-102.jpg

まずはやっぱりビールだよね!
日本では入手不可能な現地ビールだよ

 ・桂林口卑酒 (口卑 で一文字)

読みは Guilin Beer

味は薄目だけどさっぱりしていておいしい。
ラベルに(゜P)と書いてあるのはプルーフ

Keirin_Lunch_0502-103.jpg

前菜は揚げ玉子
ゆで玉子を油で揚げたもの
太平燕(タイピーエン)に乗っかってるアレだね
ビールのつまみにとてもに美味しい

Keirin_Lunch_0502-104.jpg

汁物は茄子と青菜かなんかを煮込んだもの
どんな味だったかあんまりよく覚えてない・・・

Keirin_Lunch_0502-105.jpg

こちらは豚肉と野菜の炒め物
可もなく不可もなくというお味
他に鶏の揚げ物とかでてきたかな

このあたりで日本語ペラペラの現地人ツアコンさん言う

 ツアコン このあたりでは、カニの唐揚げが名物あるよ

 みんな 食べたーい♪

 ツ 追加料金必要あるけど、いいか?

 み はーい!

ということで追加注文してでてきたのがコレ

Keirin_Lunch_0502-106.jpg

うひゃー、山盛り
これを8人でめしゃめしゃ食べる
高温の油でカラッと揚げてあるのでとっても美味しい
あっという間になくなってしまったよ

心配した追加料金も高くなかった
ビールとあわせてひとり500円くらいだったかな

中華料理というのは様々な調理法があって
めっちゃ美味しいものから、
ちょっと、ムリ~ というものまである

このあたりのお料理は味付けにあまり特徴がなく
まずくもないが、特別美味しいわけでもない
サワガニの唐揚げ以外はさほど印象にのこらない船内昼食だった

昼食後も、引き続き、漓江を下っていく


■2005年2月
■キーワード: 桂林 漓江 陽朔 沢蟹 サワガニ     
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 漓江下りの旅 中国・桂林
2010/05/03 18:49 |
Keirin_Riko_0502-101.jpg

いまから5年前の2005年2月のこと
中国好きの友人と3人で

■中国 桂林 (Guilin) の旅

というのにいってきた。
桂林、正しくは 中華人民共和国広西チワン族自治区桂林市
いろんな行き方あるけど、今回は広州で飛行機を乗り換え

格安パッケージツアーなので
飛行機・ホテル・日本語のできる現地ツアコン
すべての食事・バス移動などが
全部コミコミで

・4万円

くらいだったよ。

Keirin_Riko_0502-102.jpg

桂林といえば、知る人ぞ知る

山水画の世界

を実際に見れるところ
あの中国の山水画って、空想の世界じゃなかったんだ~
って、ここに行ってみてほんとに思った。

Keirin_Riko_0502-103.jpg

その山水画の世界をいちばん実感させてくれるのが

・漓江下りの旅

そう、漓江(りこう)という河を下っていく

『桂林の旅』にはもちろん、『漓江下り』もついてる
この日は日本人客が8人くらい
日本人は上客なのか、2階席を貸切状態だったよ

出航のときは、小さな曳舟に引かれて
河の真ん中まで出る。

Keirin_Riko_0502-104.jpg

出航すると、まもなく『水墨画の世界』がはじまる
もう、ほんと、幻想的だねー

船の2階のデッキでぼーっとする
なんだか、仙人になった気分だよ

Keirin_Riko_0502-105.jpg

船は全部で4時間
つぎつぎと現れる山水画の世界に
ほんと酔ってしまいそうだね

こんな山ができたのは
このあたり一帯が石灰岩でできたカルストだから
何万年ものあいだ、雨が侵食してこんな地形ができた

Keirin_Riko_0502-106.jpg

2階のデッキで景色をぼーっと眺めてたら
むこうのほうから、筏にのった人たちがやってくる

漓江にいかだ、のどかだね~

あれれ、なんか、えらく船のちかくまでやってくるよ~

Keirin_Riko_0502-107.jpg

あれよあれよと思って見てたら
その筏、とうとう、ぼくたちの乗ってる船に接岸した!
そして、離れないように、縄で縛り付けてしまったよ

Keirin_Riko_0502-108.jpg

そして、筏にのったおっさん
かごのなかから、なにやらもちだしてきたよ

おい、まさか、こんなとこでシージャック?

Keirin_Riko_0502-109.jpg

船の反対側でも
べつの筏が接岸して、
こっちは若いおっさんがなんか叫んでる

Keirin_Riko_0502-110.jpg

あはは、なんや~
木彫りの仏像みたいなんを
『しぇんえん・しぇんえん』といって
日本人に向けて売りつけようとしてるよ

ひとつ千円らしい

叫んでる言葉の意味がわかったとたん
あはは、と笑ってしまった

あちこちに漂ってる筏は
土産物を売ってるひとたちだったんだね

まあ、千円なら記念にいいねって
買ってる人がいたから、結構売れるのかもね

Keirin_Riko_0502-111.jpg

筏のおみやげ屋さん騒ぎも30分ほどで終了
ふたたびのどかな山水画の世界に戻る

こんなまーるい山もあるんだね

Keirin_Riko_0502-112.jpg

こちらはとんがった山
大きなネコの耳にも見えるね~

見る角度によって、いろんなものに見えてくる

Keirin_Riko_0502-113.jpg

なにやら、原住民の住んでるおうちもあるね
こんなところに住んでる人たち
どんな生活してるんだろー

あー、さっきのおみやげ売りたちも
ココに住んでるのかな?

Keirin_Riko_0502-114.jpg

昔の絵描きさんたち
こういう風景を見ながら
山水画を描いたんだろうね

Keirin_Riko_0502-115.jpg

日本の浮世絵の世界も素晴らしいけど
中国の山水画の世界もほんと幻想的で素敵だよね
昔の芸術ってすごいと思う

Keirin_Riko_0502-116.jpg

終点の街がみえてきたよ
ここは

・陽朔 Yangshou

という街。 ヤンショウ と読む
もちょっと詳しく書くと
中華人民共和国広西チワン族自治区桂林市陽朔県

桂林から陽朔までのあいだ
街らしい街を見なかったけど、
ここはけっこう人がたくさん住んでる街のよう

Keirin_Riko_0502-117.jpg

港のまわりには
家なのか船なのかわからないのがいっぱいいるよ
この中で住んでる人もいるようだね

Keirin_Riko_0502-119.jpg

陽朔の街
欧米人向けのカフェのようなお店もあるね
やっぱりここは観光地だから
世界中の人達がくるんだろうな
桂林の街よりもずっとおしゃれな感じ

Keirin_Riko_0502-120.jpg

通りのあちこちでこんな生簀をみたよ
箱のなかに生きた魚が泳いでる

どうやら、このなかから好きなのを選んで
お料理してもらうよう
なんか、鯉のような魚がいっぱい泳いでた

Keirin_Riko_0502-121.jpg

漓江の支流のようなところにかかった橋をわたったとき
向こうのほうからいっぱい筏がやってきた
なんだろうと、見てたら・・・

Keirin_Riko_0502-122.jpg

どうやら筏の遊覧船らしい
カップルが乗っていて、記念写真を撮ってるよ
楽しそうだねー

まさい ぼくもあれに乗りたいな~

ツアコン 日本人は乗れないよ

ま えー、なんでなん? 人種差別やん!

ツ いあいあ、以前、日本人が筏から落ちて溺れた事件があって
賠償金がすごく高かったので、それ以来、日本人は載せないね

ということらしい。
まあ、真偽の程はわからないけど、ありそうな話しだね

Keirin_Riko_0502-123.jpg

それにしても、幻想的でとても素敵な川下りだった
これだけでも、はるばる桂林までやってきた価値があったよ

みなさん、機会があったら、ぜひいちど桂林に行ってみてください
とっても感動的な風景が待ってますよ


■2005年2月
■キーワード: 中国 桂林 陽朔 漓江 Guilin Yangshou




大きな地図で見る
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 度小月 台南擔仔麺 台北
2009/12/14 00:01 |
Duxiaoyue_0910-43.jpg

今回の台北、中心街に泊まったので
近くにいろんな有名レストランがあって
しかも、ほとんどが徒歩圏内
もう、あちこち行きたくなっちゃう

ここもその有名店のひとつ

■度小月 (ドゥシャオユエ)

ここは徒歩数分のところにあったのでめっちゃ気軽にいけるよ

Duxiaoyue_0910-44.jpg

このお店はこれが有名
1895年に台南に住んでいた漁師の洪さんが
試行錯誤のすえ作り出したラーメンだそうです。

 ・擔仔麺(担仔麺)

日本語読みすると、タンツウメン
台湾語読みすると、ダンザイミェン

擔仔麺にもいくつかのバリエーションがある

 ・普通の麺 汁あり 汁なし 50圓
 ・ビーフン 汁あり 汁なし 50圓
 ・きしめん 汁あり 汁なし 50圓

きしめんといっても、台湾独特の分厚い麺のよう
それにしても安いね
日本円にして、150円くらい
スガキヤのラーメンよりも安い!

Duxiaoyue_0910-45.jpg

夜ちょっと遅い時間にお店を訪問したところ
運良く、2階の見晴らしのよい席に通してもらえた

このお店は入り口を入ったところで
創業当時の屋台の風景を再現していて
実際にそこで、麺類の調理をしている

調理の手順は、麺を湯通しして
具を器に盛りつけて、
麺を入れて、出汁をかける。

これを昔の台南の道ばたでやっていたとおり
再現しているらしい。
それを2階から見ていると、ほんと飽きないね~

Duxiaoyue_0910-46.jpg

日本をでる前に、度小月のリサーチしてたら
あるブログで

 ここの麺は柔らかすぎてわたしの口にあわない

と書いてあるのがあった
うーん、まさいも柔らか麺はちょとにがて

メニューをみて、さてどれにしようかと考えたとき
ふとその記事のことを思い出した

そだな、柔らか麺より他のメニューを頼んでみよう
と思って、これをお願いしたよ

 ・擔仔米粉 DRY 50圓
 ・煮鴨卵 15圓

ビーフンの汁なしタイプ と 鴨のゆで卵
オーダーするとき、かならず聞かれる

 パクチー だいじょうぶあるか?

はいはい、だいじょうぶあるよ♪ と答える

Duxiaoyue_0910-47.jpg

汁なし麺はぐちゃぐちゃにまぜて食べるのが基本
これもぐちゃぐちゃにかき混ぜる

で、持ち上げてみるとこんな感じ
日本のビーフンより細めかな

さっそく、いただきまーす♪

うん、うまーい
味付けは素朴な感じでとっても美味しい
でも、ビーフン、これもちょっと柔らかめかな

台湾のひと、柔らかめ、好きあるか?

Duxiaoyue_0910-48.jpg

はい、これが鴨のゆで卵
そういえば、子供の頃
母親がいちどだけ、アヒルの卵を買ってきて茹でてくれた
色が真っ黒だったので、
当時のまさい、ひとくちもつけられなかったのを覚えてる

これも表面はかなり黒いよ
ぱかんと割ってみるとこんな感じ

あはは、中はおなじ黄身なんだね
お味も普通のゆで卵とぜんぜんかわらない

ここの擔仔麺はすごく少量なので
あっというまに食べちゃいます

おいしかったでーす
ごちそうさまぁ~♪

──────────

初めての度小月訪問で、けっこう満足したけれど
やっぱり基本の『擔仔麺』を食べてみたいと
ふつふつと思いがこみ上げてきた・・・
安いし手軽なので、もういっかい、行ってきたよ

Duxiaoyue_0910-51.jpg

こんどは基本中の基本を注文

 ・擔仔麺 汁あり 50圓
 ・煮鴨卵 15圓

擔仔麺の汁あり、パクチーつきと鴨のゆで卵
あとから考えて、ゆで卵のかわりに
魚肉団子にしておけばよかったなと、ちょっと後悔

すこし待ってやってきたのがコレ↑

おー、これこれ、よく写真でみるやつ
美味しそうやん♪

まず、ひとくちスープを飲む
うんうん、うわさ通り、濃厚な深みのある旨さ
このスープが美味しくて、
100年前に擔仔麺はブレークしたんだよね

Duxiaoyue_0910-52.jpg

では、冷めないうちにさっそくいただきまーす

なるほどー、柔らかいね。
でも、伸びた感じじゃなく、もともとやわらか麺
日本の最近の固めのコシのある麺に馴れてると
やっぱり、やわらか過ぎだねー

とかなんとか思いながらも、
量がすくないのであっというまに完食!
満足まんぞく♪

Duxiaoyue_0910-53.jpg

こちらは別に頼んだこれ

 ・黄金蝦捲 150圓

メニューのところには『超人気』と書いてある
エビフライかと思ったがちがう
海老のすり身をあげたモノ

Duxiaoyue_0910-54.jpg

これがまた旨い
めちゃめちゃうまい!
これなら自分でも簡単に作れそうだなぁ
でも、きっと隠し味があるんだろうね


Duxiaoyue_0910-55.jpg

台湾にいくまえから、楽しみにしていた擔仔麺
ちゃんと経験できてとても満足
そして、こちらの人たちはこういうやわらか麺が
お好きだということも学習できたよ。

最後に店頭で擔仔麺を茹でているおじさんの
風景を撮らせていただきました

どうもごちそうさま~♪


──────────
【訪問日】 2009年10月 
【店 名】 度小月 忠孝店
      ドゥシャオユエ
【ジャンル】擔仔麺など
【住 所】 台北市忠孝東路四段216巷8弄12號
【最寄駅】 MRT忠孝敦化駅 3番出口徒歩約2分
【電 話】 02-2773-1244
【営業時間】月~土 11:30-23:00 日曜日 11:30-21:30
【定休日】 無休
【キーワード】 台湾 担仔麺 タンツーメン ターミーメン
【日本語】 カタコト(日本語メニューあり)
──────────


View Larger Map
___________________________
台湾 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 永康牛肉麺 台北
2009/12/13 01:45 |
Eiko_men_0910-23.jpg


台湾では牛肉麺がとってもポピュラーで
いたるところに牛肉麺屋さんがある

・饌王精品牛肉麺 ジュアンワンジンピン ニュウロウミエン

はとってもモダンな感じで爽やかな牛肉麺屋さん
そして、トマト味の牛肉麺は最高だったけど
こちらは伝統的な牛肉麺屋さん

■永康牛肉麺 ヨンカン・ニョウロウミィエン

Eiko_men_0910-24.jpg

           永康街に1963年に開店した『永康牛肉麺館』の2号店
すでに開店して45年もたっている

店内はとてもシンプルで清潔感があるね
フードコートの一角のような雰囲気
でも、ランチタイムになると、すごい多くの人がやってくる人気店

Eiko_men_0910-25.jpg

どのテーブルでもみんなこれを食べてるので
牛肉麺といっしょに頼んでみた

 ・粉蒸排骨 フェンツェンパイグー 100圓

メニューに『スペアリブとサツマイモのもち米蒸し』と
書いてある

Eiko_men_0910-26.jpg

もち米とスペアリブが混ざってるのでとっても美味しい味がでてる
そして、奥からおおきなサツマイモがでてきたよ

小さな蒸籠なのでかるく食べられる。

Eiko_men_0910-27.jpg

そして、牛肉麺はこれを頼んだよ

 ・紅焼半筋半肉麺 180圓

半筋半肉というのは牛肉と牛筋が
半々にはいっているってことだね
メニューには『牛スジ牛肉麺(ピリ辛しょうゆ味』と
ちゃんとした日本語で書いてあったよ

Eiko_men_0910-28.jpg

アップで見るとこんな感じ
日本円でたった550円くらいだけど
すんごい分厚い牛肉と牛スジが入ってる

まず、スープを一口飲んでみる
ピリ辛と書いてあるけど、さほど辛くない
色がどす黒くいので、醤油が効きすぎてるかと思うけど
べつにそんなことない
とってもこくのある美味しいスープだね

Eiko_men_0910-29.jpg

さっそく、いただきまーす
うんうん、麺のかたさもほどよいかたさ
やわらかすぎず、固すぎず
でも、日本のラーメンとはちょっと食感が違うね
そして、担仔麺のように、ふにゃふにゃもしてない
かなり旨いです、この麺

Eiko_men_0910-30.jpg

はい、こちらが『牛肉』
見てください、この分厚さ
そして、すごく長時間煮込んであるようで
ほろほろとばらけるくらい柔らかい
このでかいのが3~4こも入ってるよ
なんか、嬉しいなぁ

Eiko_men_0910-31.jpg

そして、こちらが『牛スジ』
これまた柔らかくてぷりぷりしてる
コラーゲン満載って感じ
これも3こか4こ入ってる

すごいねー、日本円にしてたった550円くらいなのに
牛肉がこんなにたくさん入ってるよ
そもそも、日本の牛肉が高すぎるんだよね!
あれは世界的に見れば、異常な価格だとおもう

Eiko_men_0910-32.jpg

はい、すごく美味しかったので
あっというまに完食
スープが濃いので、全部飲むのは断念

台湾のひとたちは、牛肉麺以外に
小皿で野菜類をバイキング形式でとって食べるらしいんだけど
この日はちょっと時間なかったので、野菜類は断念。

Eiko_men_0910-33.jpg

それにしても、台湾の牛肉麺は旨い
それに肉がたっぷり入っているのですごく満足感大だよ
台湾に行くことがあったら、
牛肉麺ははずさないようにしましょうね!



──────────
【訪問日】 2009年10月 
【店 名】 永康牛肉麺 忠孝店
      ヨンカン・ニョウロウミィエン
【ジャンル】牛肉麺
【住 所】 台北市大安路一段75巷9号
【最寄駅】 MRT忠孝復興駅 徒歩5分
【電 話】 02-2711-6298
【営業時間】11:00~21:30
【定休日】 無休
【キーワード】 台湾 牛肉 牛スジ 牛筋 ラーメン 
【日本語】 カタコト(日本語メニューあり)
──────────


View Larger Map
___________________________
台湾 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 台湾ビール
2009/12/12 16:37 |
Taiwan_beer_0910-10.jpg

台北には日本のコンビニがいっぱいあったよ

 ・セブンイレブン
 ・ローソン
 ・ファミリーマート

ファミマなんか、お店に入るときの
オルゴールまでいっしょだった(笑)

ホテルで飲むために紹興酒を買いにいったんだけど
手頃なのがなかったのでビールを買ってみた

3種類売ってたので3種類とも買った

Taiwan_beer_0910-12.jpg

じゃあ、さっそくお一人様でかんぱーい!

東南アジアや中国のビールは軽いのや薄いのが
多いけれど、台湾のはけっこう美味しかった
日本のビールとよく似た感じ
3種類ともけっこう旨かったです。

お値段、忘れたけど、安かったよ
日本円で100円くらいかな。

じゃあ、おやすみなさい。


■2009年10月
■キーワード:台湾 ビール 麦酒  
___________________________
台湾 トラックバック(0) | コメント(2)


■ MRTに乗る 台北
2009/12/11 01:54 |
MRT_0910-16.jpg

さて、きょうは台湾の市内交通のひとつ
MRTに乗りましょう
MRTの正式名称は

 ■台北都会区大衆捷運系統
  Taipei Rapid Transit System

Metro Taipeiを略してMRTと呼ぶみたいだよ

MRT_0910-17.jpg

MRTは地下鉄や高架鉄道と新交通システムの組み合わせ
きょう乗る区間はふつうの地下鉄

きっぷはメタリックな装いの自動販売機で購入する

MRT_0910-18.jpg

路線図に料金が記載されているけれど
運賃はとっても安い

 初乗り:20圓(およそ60円)

やっぱり公共交通機関はこれくらいの値段であるべきだと思う
きょうは3駅先まで乗る。
やはり20圓

MRT_0910-19.jpg

これがきっぷの自販機の画面
台湾語だけど、何を書いてあるのかだいたい検討がつく
いま、20圓のきっぷを買おうとおもって10圓いれたところ
あと10圓入れなさいと表示がでてる。

MRT_0910-20.jpg

20圓入れてでてきたのは
きっぷではなく、こんなおもちゃみたいなコイン
トークンと呼ばれてるけど、これICチップがはいってる。

MRT_0910-21.jpg

さて、トークンもって改札に行く
しかし、トークンを投入する穴がない
しばらく、うろうろしてやっと気が付いた

トークンにはICチップ入ってるので、
日本のICOCAとかと同じで、タッチするだけでよい
なんか、こんなおもちゃのコインみたいなのを
タッチするってのはちょっと違和感あるよ

MRT_0910-22.jpg

改札を入って、ホームを上からみたところ
第一印象はまるで『千里中央駅』だねって感じ

千中いったことある人なら、うんうんって思うよきっと。

ホームは広々していてとってもキレイ
NYや北京の地下鉄より遙かに素敵な感じ

MRT_0910-23.jpg

MRTが入ってきました~
そう、台湾は右側通行
道路も右側通行
列車も右側通行

MRT_0910-24_mosaic.jpg

車内はこんな感じ
とっても広々してるし、すごくキレイ
まだ、朝早いのでそんなに混雑してないけれど
やっぱりラッシュ時はけっこう満員になるらしい

MRT_0910-25.jpg

ドアの上には日本と同じように
行き先や現在地、次の駅などが電光表示される。

『立』遍に『占』は『駅』という台湾漢字
きょうは次の『善導寺駅』までいくよー

中国の大陸のほうの漢字とちがって
台湾の漢字はなじみのある字が多いので楽だね♪

MRT_0910-26.jpg

はい、善導寺駅に到着しました。
エスカレータでは右側に歩かない人が立つ
これは国際ルール

ロンドンもパリもニューヨークもタイペイも大阪も
右側が立つ人で、左側が歩く人
東京だけが逆なんだよね~、世界の七不思議

日本国内では大阪だけ逆なので異端視されてるけど
じつは大阪は国際ルールどおり
大阪のみなさん、自信を持ちましょう!

MRT_0910-27.jpg

改札入るときはトークンをタッチするだけだったけど
でるときはこの穴に入れる。
タッチするだけだったら、持ち帰っちゃうことになるからね
完全にリサイクルされるので
日本の紙のきっぷのように、ゴミがでない
環境フレンドリーなシステムだね

はい、無事にMRT乗ることができました。
まさいは、いまから『阜杭豆漿店』に朝ご飯食べにいきまーす



■訪問日:2009年10月
■キーワード: 台湾 台北 タイペイ タイワン タイペー           
___________________________
台湾 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ