English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ Adolf Wagner ドイツ・フランクフルト
2013/08/11 22:39 |
Adolf_Wagner_1308-101.jpg

ドイツのフランクフルト
ほとんどの日本人は
フランクフルトの場所は知らなくても
ソーセージが旨いらしいと
言うことは知っている

日本の2大ソーセージ

 ・フランクフルトソーセージ
 ・ウィンナーソーセージ

このふたつの違いはなにか?

 フランクフルトは太い
 ウィンナーは細い

みな、これくらいの認識

Adolf_Wagner_1308-102.jpg

せっかくフランクフルトに来たのだから
本場のフランクフルトを
味わいたいとリサーチしたら
このお店がでてきた

 ■Adolf Wagner

フランクフルトの街の中心から
マイン川を越える橋をわたって
旧市街のほうにいったところにある
市の中心地と違い
のどかな住宅地

お店にいってみると
歩道を占領するほどの
カフェテリア的スペース

Adolf_Wagner_1308-103.jpg

気候のいいときなら
カフェテリア気持ちいけど
この日はあまりにも暑かったのと
けっこうクルマ通りが
多かったので奥にはいった

まずはこれを注文する

 ・Apfelwein 1.90ユーロ

このお店の人気ドリンクの
アップルワイン

これ、めっちゃ旨い!
あんまりアルコール度を
感じないんだけど
いっぱい飲むと、脚にくるらしい

Adolf_Wagner_1308-104.jpg

道路から店にはいると
いったん屋内を通過して
また中庭みたいなところに
つながってる。

空はみえるけれど
建物の陰になって涼しいので
ここで静かにのんびりと
ひとりの時間を楽しむ

Adolf_Wagner_1308-105.jpg

はーい、でてきました。
お目当ての一品

 ・Frankfurter Wurstchen
   mit Sauerkraut 4.80ユーロ

  フランクフルトソーセージ
   ザワークラフト付き

なんだけど、あれっ??
細いやん!

 フランクフルトは太い
 ウィンナーは細い

とちゃうのん?

Adolf_Wagner_1308-106.jpg

まあ、太さはともかく
めちゃ旨そうなので
さっそく、いっただっきまーす!

美味しいソーセージを噛んだとき
プチっ っていう音がする
これが旨いんだよね〜♪

フランクフルトソーセージは
このお皿のように
2本でてくるのが正統らしい

調べてみると
日本のJAS規格では

 フランクフルト:太さが20mm以上36mm未満
 ウィンナー  :太さが20mm未満のもの

と定義されている
おいおい、勝手にドイツのソーセージの
サイズを日本の役所で決めるなよ!
しかも事実と異なる規定

Adolf_Wagner_1308-107.jpg

そんなお役所様の
上から目線の規格なんてどうでもよくて
やっぱりこの本場の
フランクフルトソーセージは
めちゃ旨い!

まわりには
楽しげな家族づれや
落ち着いた老夫婦風のカップル

そして、意外にも
若い男性がひとりで飲んでたり・・

Adolf_Wagner_1308-108.jpg

予想外に猛暑のフランクフルトだったけど
夕方のひととき
美味しいフランクフルトと
美味しいアップルワインで
とってものどかにすごすことができた♪

■ドイツの話 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2013年8月 
【店名】 Adolf Wagner
【ジャンル】 ドイツ料理
【住所】Schweizer Straße 71 D-60594 Frankfurt am Main  
【キーワード】Germany Frankfurt
──────────



大きな地図で見る
___________________________
ドイツ トラックバック(0) | コメント(4)


■ Das Wirtshaus フランクフルト
2013/08/10 12:04 |
Das_Wirtshaus_1308-001.jpg

弾丸旅行でフランクフルトに
現地2泊で行ってきた

いままで、フランクフルトは
何度も行ってるけど
考えてみればまだ一回も
ちゃんと街中を散策したり
美味しい店を探して
行ったことがなかった

たいていは中央駅で
ソーセージとビール


Das_Wirtshaus_1308-002.jpg

でも、今回ちょっと気合いいれて
ドイツ料理の旨い店を
さがして行ってきたよ

 ■Das Wirtshaus
  ダス ヴィルツハウス

場所はレーマー広場から
徒歩5分くらいのところ

まさにドイツ風の建物
でも、ドイツ人にしては小柄な
おじさんがふたりサービスしてる

Das_Wirtshaus_1308-003.jpg

お昼だけれど
ドイツに来たらビールだよ
お店のおじさんに
ジャーマン・ダークビアお願いと
頼んだらこれがでてきた

 ・Schlosser Alt 0.4l  3.80ユーロ

日本のビールはどの銘柄も
ほとんど味の差がないけれど
ドイツのビールはほんとに様々

このダークビールもめちゃ旨い

Das_Wirtshaus_1308-004.jpg

この日はあらかじめ
リサーチしていたメニューを頼む

 ・Schweinehaxe 13.80ユーロ
   ザワークラフトとポテト付き

Schweinehaxe(シュヴァイネハクセ)は
豚の足首をカリッとローストしたもので
ドイツの超名物料理

ご覧のようにものすごくデカイ

Das_Wirtshaus_1308-005.jpg

この大きさをもっとちゃんと
認識してもらうために
上からの写真を撮った

見てください
お皿の半分位を占領するようなでかさ

そして、表面は
ほんとにカリッと焼かれている

めっちゃ旨そう!
いただきま〜す♪

Das_Wirtshaus_1308-006.jpg

そして、山盛の付け野菜
もちろんこちらもドイツ名物

 ・ザワークラフト
 ・フライドポテト

このザワークラフト
いままでなんどか食べたことがあるが
実はあまり好きじゃなかった

ところがこの日のは
めっちゃ旨い!
発酵がちゃんとできているから
酸っぱいだけじゃなく
とても味があるのだそうだ

Das_Wirtshaus_1308-007.jpg

シュヴァイネハクセの
お肉をかっとしたところ
表面カリっとしているが
お肉はほんとに柔らかい



Das_Wirtshaus_1308-008.jpg

お肉とビールの相性が
あまりにもよすぎるので
最初のダークビールは
早々になくなり、
おかわりをたのむ

 ・Romer Pilsener Special 3.80ユーロ

基本中の基本のようなビール
口当たりさっぱりで
かつ、味がある!

Das_Wirtshaus_1308-009.jpg

ようやく肉のなかから
骨が見えてきた

いやぁ、それにしても旨い

最初この大きさに
びっくりしたが、
この旨さなら完食できそう♪

こんなに旨いのに
どうして日本で同じような
豚の足首の料理がないのだろう?

Das_Wirtshaus_1308-010.jpg

食べ始めておよそ40分
ビールを飲みながら
そしてゆっくりゆっくり
味わいながらいただいた

ドイツ式豚足料理
シュヴァイネハクセは
大きさもすごいが
旨さもすごかった。
そして付け野菜の
ザワークラフトもポテトも
どれもこれも旨かった!

骨以外はぜんぶ完食

Das_Wirtshaus_1308-011.jpg

完食したあと
すこし残ってたビールを
のんびりと飲んでいたら
蜂が飛んできて骨にとまった

なにするのかと眺めてたら
なんと、肉を食べ始めたよ

へぇ、さすがドイツの蜂さん
肉食なんだねぇ!

Das_Wirtshaus_1308-012.jpg

このお店はもちろん
店内の席もあるけれど
やっぱり夏場は外の
カフェテリアのほうが気持ちいい

このあたりは
歩行者天国のようで
クルマが走っていないので
静かだし空気もきれい

ほんとに素敵な午後のひとときだった


■ドイツの話 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2013年8月 
【店名】 Das Wirtshaus ダス ヴィルツハウス
【ジャンル】 ドイツ料理
【住所】Grosse Bockenheimer Strasse 29, 60313 Frankfurt am Main  
【キーワード】Germany Frankfurt
──────────




大きな地図で見る
___________________________
ドイツ トラックバック(0) | コメント(2)


■ フランクフルト中央駅 の ソーセージ
2008/06/28 01:00 |
Frankfurt_0806-12.jpg

ヘルシンキのオールドマーケット
さまざまな食材を楽しんで(見ただけだけど…)
帰国のためにヘルシンキ空港にやってきた。
空港は街からタクシーで30分ほど
値段は約35ユーロ(約6000円)
ユーロ高だから高いよね。
たぶんバスなら安いと思うんだけど…

さすがフィンランドの国際空港
フィンエアー(フィンランド航空)の飛行機がいっぱい停まってる
ヨーロッパでは上の写真のようなプロペラ機も
たくさん飛んでるんだよね~
これ、乗ったことあるけど、けっこう楽しいよ
上下にふらふら揺れて(笑)

Frankfurt_0806-13.jpg

今回はフランクフルトでの乗り継ぎ便
ちょっと計画をしっぱいして、フランクフルトで5時間待ち
長すぎ~

空港内で5時間もいられないので、フランクフルトの街に出ることにしたよ
空港からフランクフルト中央駅まで約15分
とっても便利な立地条件だね。
電車賃は2ユーロ♪

フランクフルト中央駅はヘルシンキの中央駅を
10倍くらい立派にしたような建物だよ

Frankfurt_0806-14_20080628005433.jpg

こちらは中央駅の正面の風景
昔ながらの煉瓦造りの建物の向こうに
現代的な高層ビルが建ち並んでる。
新旧が両立していて、なかなかよい光景だね♪

フランクフルトの街で適当なお店探して
ランチしようと思ってたんだけど
事前になにも調べてなかったので、よいお店が見つからない…

しかたないので中央駅の中に戻ってこれを食べる

Frankfurt_0806-15.jpg

ソーセージとビール
ドイツの定番だね!

・ソーセージ(パン付き) 2ユーロ
・ビール 約3ユーロ

このソーセージがまた旨い!
ほんとにドイツのソーセージはハズレがないね~♪

Frankfurt_0806-16.jpg

さて、ビールとソーセージで良い気分になったまさい
ふらふらと中央駅の中にあるいていった
まだ、お腹いっぱいじゃなかったので
あちこちのお店を覗き込みながらうろうろしてたら
また、こんなのを見つけてしまったよ

Frankfurt_0806-17.jpg

うひゃー
全部食べたいよ~

でも、がまんして、悩みに悩んで
左下のいちばん細長いのを頼んだ

Frankfurt_0806-18.jpg

パンから長~~くはみだしたソーセージを想像してたら
二つ折りになってるやん(^_^;)
ちょっとがっかり

でも、これ、ほんとに美味しかったよ
さっきのやつの5倍くらい旨い♪

ほんとはもっと食べたかったけど
空港にもどって、ラウンジでビール飲むことにした。

ほんの2時間ほどのフランクフルトだったけど
ソーセージを2本とビール飲めて、けっこう満足まんぞく


■2008年6月 昼
■キーワード: フランクフルト 中央駅 Frankfurt ソーセージ 



大きな地図で見る< /small>

___________________________
ドイツ トラックバック(0) | コメント(2)


■子豚の丸焼き ドイツ・ベルリン 【2000年12月】
2005/09/09 21:46 |
121300_whole_pig.jpg

これは2000年12月のベルリンで
ブッフェタイプの食べ放題のディナーを食べたとき
その一品として、カウンターに並んでたの!

一瞬、ギョッとしたよ(^_^;)
子豚さんの丸焼き、略して焼き豚…
うーん、やっぱり、これは焼き豚とはいわないなぁ(^_^;)

好きなところを自分でナイフでカットしてとるんだけど
まだほとんどカットされてなかったので、
ナイフをいれるのに、ちょっと勇気がいったなぁ~

IMG_0221-1.jpg

たしか、お尻のあたりのお肉をいただいたような気がするなぁ
お皿の手前右側がそれ
ほかにもいろいろあったので、子豚さんはちょっとだけにしたの
食べ残したら、恨まれそうだからね(^_^;)
すごく美味しかったよ!
こぶたさん、どうもありがとう♪

このブッフェはひとり49マルク(3500円くらいかな)
こぶた以外にも肉・野菜・ソーセージ・魚・飲み物など
すっごくたくさんの食材が並んでてもう、満腹!

IMG_0217.jpg

しかも、ジャズの生演奏を聴きながら食べられるんだ。
さっすが音楽の街だね、ベルリン万歳!
___________________________
ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■ドイツの柿 【2000年12月訪問】
2004/12/30 21:54 |
IMG_0162.jpg

そらりんさんが海外の果物のおはなし
書いておられたので、その関連で…

欧州のスーパーにいくとフルーツがとても豊富なんだけど
あんまり、『柿』って見かけなかったんだよね
ぼくはてっきり柿は日本にしかないのかと思ってました
こちらは、2000年の12月にミュンヘンのクリスマスバザールで
見かけたモノだよ!
黒板にでっかく『Kaki』って書いてあったから
おもわず写真をとっちゃいました(^^)
 
IMG_0163.jpg

店頭の柿はみごとなつやをだしてたけど
みるからに『渋柿』って形してたなぁ~
味見のために買いたかったんだけど
1キロ単位で売ってたから、
一人旅のぼくには手がでなかった…(笑)
次にみつけたら、ぜったい買ってみるぞー!

たしかにフルーツのお味は日本が一番だね
岡山の桃(ひとつ600円もした)は
これがこの世のものかと思えるほど美味でした!
 
IMG_2605.jpg

こちらは北京の新北緯飯店の前にあった
半屋台の果物屋さん(萬屋?)の光景だよ
(2004年12月9日、ミュンヘンも12月9日だったね… 偶然!)

見慣れた果物に混じって、見慣れないものもいっぱいあったよ
右のほうのスイカの下にある緑色のやつ
あれなんだろ?
果物の女王様ってやつかな…
うしろの壁際にはいろいろな紹興酒とかが並んでて
やっぱり異国のお店はみててあきないなー

店員さんがサービスだっていって、みかんをひとつくれたんだ
これは、日本のミカンと同じ味だった♪
___________________________
ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■ミュンヘンのクリスマスバザール3 【2000年12月訪問】
2004/11/24 15:18 |
またまたミュンヘンの続きです。 
このページを訪問してくださったまゆみさんのブログをみてて気がついたんですけど…

まゆみさんのページの『ミュンヘンの新市庁舎』の写真に写ってる塔は
ぼくがクリスマスバザールの時見てた、『からくり時計』のある塔と同じじゃないですか! 
いままで、この広場が新市庁舎前の『マリエン広場』だって知らなかった(^_^;)

IMG_0161.jpg

この塔は上にのぼれるんですね! 中のレストランで白ソーセージも食べれるんですね! 
知らなかったよー だって誰も教えてくれないんだもん。 ほんとまぬけなトラベラーやねー
 
あらためて… 
ここはミュンヘン最大の観光ポイントのマリエン広場です(^_^)/

そういえば、たしかに一見して旅行者風の人たちがいっぱい来てましたねー 
クリスマスバザールだけが目的じゃなかったんだ。

IMG_0159.jpg

こちらは定時に鳴る『からくり時計』を見上げる、一見して旅行者風の人たちです。 
ぼくはこのからくり時計のことも知らなくって、この人たちの視線の先を見て
はじめてそこにからくり時計があるんだって気がついたんですよ…
 
IMG_0160.jpg

これがからくり時計です。
ちょっと写真がちいさくてわかりにくいですけど、塔の窓のようなところを
けっこう大きなお人形さんが歩き回ります。 こういうのからくり時計は
やっぱりこんな歴史の重みを感じさせる重厚な建物に
あるとほんといい感じですね!
___________________________

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■ミュンヘンのクリスマスバザール2 【2000年12月訪問】
2004/11/23 00:25 |
ミュンヘンのクリスマスバザールのこともうちょっと書きますね。
ミュンヘンに限らず、この季節にヨーロッパに行くとあちこちの広場でこういったクリスマスバザールやってます。 さすがにクリスチャンの国々ですね!

IMG_0148.jpg

この写真のような屋台が広場いっぱいに所狭しとデコレーションの材料を売ってます。 種類も豊富だし、値段も安いんです。 日本でもこういうバザールがあるときっと大人気になると思うんですけどね… この値段なら絶対!!
 
IMG_0147.jpg

屋台自体がとてもいい雰囲気に飾られてて、店内もこんな感じですごい種類のを売ってるんです。 もっとアップで写せばよくわかるんですけどね! 日本の女子高生なら「きゃー♪ かわいいっ~」 って嬌声がとまらないでしょうね(^^) ぼくはあんまり宗教には興味ないですけど、こういうのを見ると、「キリスト教っていいなぁ~」なんて無責任に思っちゃいます。

電飾も種類が豊富で値段も安かったのでおみやげに買おうと思ったんです… でも、残念ながらダメでした。 なぜなら欧州の電源の220~240V用なんですよー 残念残念! 屋内用・屋外用、ほんとにいろんな種類のがあります。

クリスマスバザールにはもちろん子供たちもたくさん買い物にやってきます。 バザール会場には食べ物の屋台もあって、いろんな種類のものを売ってるんですけど、ぼくが子供ならぜったい買ってもらうだろうなってのもいっぱいあります(^^) 

IMG_0150.jpg

これ、美味しそうでしょ! 『Exoten Spieβ』と書かれてます。 ぼくはドイツ語まったくわからないですけど、きっと『エキゾチックの串刺し』という感じですかね? もしドイツ語に堪能なかたおられたら教えてください♪ 一串6マルクです。
 
すでにおとなになってしまったボクにとっては、トロピカルフルーツの串刺しよりこちらのほうがそそりますねー(^_^)/ 

IMG_0153.jpg

そう、ドイツといえばソーセージ。 ほんとにたくさんの種類のソーセージがあります。 うまそー! もう、みてるだけでよだれがでてきそうです(^_^;)

ドイツのソーセージはほんとにたくさんの種類があります。 1500種類くらいあるそうです(^_^;) ドイツソーセージのことをちょっと調べてみたら、こちらにかなり詳しく書かれてました。 ここにドイツ飯についていいことが書いてあります。 このページの冒頭に『ドイツ飯は美味しい』と書いてありますけど、ぼくも同感です(^_^)/ ぜひご一読ください!

 IMG_0162.jpg

果物屋さんもあります。 黒板に大きく『Kaki』って書いて『柿』を売ってます。 黒板のしたに少し見えてるオレンジ色のがそうなんですけど、これどうみても『渋柿』の形してましたよ(^_^;) 一個買って食べてみたかったんですけど、最低2キロからしか売ってくれないようだったんであきらめました。

クリスマスバザールは日本で言えばさしずめ『東京のアメ横』や『大阪の黒門市場』、『京都の錦市場』での年末の買い出し風景なんでしょうね。 雰囲気的にはこちらのほうがだいぶエレガントですけど(^_^;) 

旅行したとき観光地を見て回るのもいいけど、こういう生の生活風景にであうと、とても嬉しいです♪
___________________________

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)


■ミュンヘンのクリスマスバザール 【2000年12月訪問】
2004/11/21 22:39 |
IMG_0154.jpg

この写真はミュンヘンのクリスマスバザールです。 ちょうどいまごろ始まってるとおもうんだけど、広場にクリスマスのデコレーションを売る屋台がいっぱい出るんです。 そこでみつけたホットワインのお店です。 ホットワインって日本ではあまり飲まないけど、寒いドイツでは普通にあるみたいですよ。
 
IMG_0155.jpg

こんなかわいいマグカップに入れてくれます。 2000年だからカップに2000の数字とサンタクロースの絵♪ マグカップ1杯で4~5マルクです。300円くらいですね。 まだユーロが始まる前なので通貨単位は『マルク』です。

美味しいけど安物のワインなので、たくさん飲むと悪酔いしますよ! 子供用にはアルコールの入ってない『キンダーパンチ』ってのがありました。 でもこちらは13マルクもしたよ! 

IMG_0158.jpg

カップのデポジット(預け金)は5マルク だから、買うときに10マルク払って、飲み終わってカップを返したら5マルク返してくれます。 もし、落っことして割っちゃうと5マルクは返ってきません(^_^;)
 
ドイツではこういったバザールの時のお店や屋台でも、紙コップとかプラスチックなどの使い捨て容器は絶対使わないんですね。 それは環境への配慮からです。 
だから、容器は陶器のカップやガラス製のワイングラスなんだけど、これに飲み物をついでもらうときに、こういうデポジット制ってのがけっこう普通にあるんです。 

夏にドイツのどこかの街でワインを飲んだ時も、綺麗なガラス製のワイングラスについでくれて、たしかデポジットが10マルクくらいだったかな。 中身のワインより高かったような気がするなぁ。 もちろん、グラスを返したら10マルクは返してくれるんですけどね…

IMG_0156.jpg
 
後ろ姿なのでちょっとわかりにくいけど、みんなこんな風に立って飲んでます。 左端のオバサンが手にもってるのがこのホットワイン。 みんなすごい厚着してるけど、ほんとに寒い日でした。 ホットワインを飲んでほっと一息♪ すっごく身体が暖まりますよー

___________________________

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

ドイツ トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ