English | Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


■ Bar Asador Donostia
2016/02/26 21:58 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Donostia_1602-101.jpg

このあいだ、食べ友男子のあーさんが
ひとりでスペイン旅行に行って
マドリッドやバルセロナから

 今夜のバルはしご、3軒目で〜す!

とかいうLINEをもらって以来
バルに行きたい病になってしまったまさい

Donostia_1602-201.jpg

ガマンしきれないので
綺麗系食べ友女子Yを誘って
バルセロナのバル・・
じゃなくて、ナカノシマのバルに行ってきた

 ■Bar Asador Donostia

ドノスティアと言えばわかる

Donostia_1602-103.jpg

先にお店に着いたので
とりあえず、CavaとTapasを頼む

 ・アンチョビうずら卵×ポテトサラダ 4.20d

dというのはこの店でだけ使える通貨donostia だ
1 donostia = 100 JPY のはず

Cavaはトップの写真のように
あふれんばかりに入れてくれる
このCavaがまた旨い

Donostia_1602-104.jpg

さて、食べ友女子到着
久しぶりの再会を祝して乾杯のあと
二人が大好きなこれを頼む

 ・広島産生牡蠣とビーツのガスパッチョ 3.90d×2

うへぇー、うますぎる
ドライなCavaに広島産の生牡蠣
最高のスターターだ

Donostia_1602-106.jpg

食べ友YもTapasをひとつオーダー

 ・プニュエロ×スモーク鶏ペースト 4.20d

プニュエロというのはタラとポテトの
コロッケのようなものらしい

本場のバルに比べてTapasのお値段が
高すぎるとは思うが、すくなくとも
バルセロナまで行くよりは安くつく

Donostia_1602-105.jpg

さて、つぎはさっそく魚や肉に行きたいところだが
気持ちを沈めるためにすこし野菜を頼む

 ・菜の花と鶏節 5.50d

菜の花が最後だということでハーフになった
ハーフでもたっぷりあったのでとても満足

Donostia_1602-107.jpg

新鮮な葉っぱを食べて落ち着いたので
お魚にすすむ

 ・鱸(すずき)のカルパッチョとカラスミ 9.80d

カルパッチョというのは丸いお皿ででてくると
なんとなく思ってたが、小さい楕円のお皿だった

Donostia_1602-108.jpg

お皿は小さいがぎっしり盛られている
じゃあ、いただきま~す!

新鮮な鱸にたっぷりのカラスミ
溢れそうだったCavaがあっという間に空になる

Donostia_1602-109.jpg

食べ友Yがつぎに選んだのがこのお酒

スペインにはシェリーという旨い酒がある
アンダルシア州カディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラと
その周辺地域で生産される酒精強化ワインのことだ
ごく簡単にいうと

 白ワインをオーク樽で3年以上熟成

させたものだ。
ラベルの『Jerez-Xérèz-Sherry』
はどれもSherryのことで
フランス語-スペイン語-英語 での表記だ
Finoは辛口

辛口でキリリととても旨くて
鱸のカルパッチョと最強のコンビだ

Donostia_1602-110.jpg

つぎに頼んだアテはこれだ

 ・鶏レバーのなめらかコンフィ 6.50d

これがまた旨い
タイトル通りほんとになめらかで
しかもたっぷりあるのでとても嬉しい

Donostia_1602-111.jpg

Yがほんとに旨そうにシェリーを飲むので
まさいも我慢できずシェリーを注文する

 ・Botaina Amontillado 6.50d

Amontillado(アモンティリャード)は
琥珀色で柔らかな辛口らしい
フィノの熟成タイプとも呼ばれている

ほんとに素敵な琥珀色で味も香りもたまらない

Donostia_1602-112.jpg

野菜をもうすこしいただく

 ・大和真菜のシーザーサラダ 5.50d

大和まなというのは奈良の伝統野菜で
大和で単に菜っぱと言えばこの野菜を
指すらしい

シンプルな味だが歯ざわりもよくて
めしゃめしゃ食べ続ける

Donostia_1602-114.jpg

あとにつづくお肉系のために
つぎのお酒を注文する

まさいはテンプラリーニョ
Yはパチャランソーダ

パチャランというのもバスク地方とかで
飲まれているリキュールらしい
ひとくち味見をさせてもらったが
これまた旨い

きょうはいろんなお酒を飲めて
とてもハッピーだ

Donostia_1602-113.jpg

お肉料理はなににしようかと相談した時
ふたりが声をそろえて、これがイイと言った

 ・奈良産葛城の倭鴨アサード 10.00d

アサードとはスペイン語で『焼いたもの』
という意味

この倭鴨アサードはほんと絶品だった
テンプラリーニョにもベストマッチで
ほんとに幸せな気分

Donostia_1602-115.jpg

倭鴨のアサードは旨すぎて
あっというまになくなったので
追加でアテを頼む

 ・高知産 鰯の酢漬け 5.00d

これまた大ぶりの鰯で旨い

ふつうなら前菜に頼むお料理だと思うが
鴨のアサードで興奮した気分を
鎮めるのにちょうどよかった

Donostia_1602-116.jpg

いやぁ、それにしてもどれもこれも旨かった
これだけ食べて飲んでひとり5千円ちょい

食べ物もぜんぶ美味しかったが
複数種類のシェリーとか
めずらしいスペインのお酒を楽しめて
ほんとに大満足だ

バルセロナで何軒もバルをハシゴする
食べ友男子も羨ましいが
それとおんなじくらい
いや、それ以上に今夜は楽しめたよ

また、再訪してシェリーとか飲み尽くしたいね
ごちそうさまでした

Donostia_1602-117.jpg


──────────
【訪問日】 2016年1月 
【店名】 ドノスティア Bar Asador Donostia
【ジャンル】 スペインバル
【住所】 大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館 1F
【最寄り駅】 京阪 渡辺橋駅 徒歩5分
【キーワード】 バル バール Bar スペイン Spain Spanish
──────────


ドノスティアスペイン料理 / 渡辺橋駅肥後橋駅中之島駅
夜総合点★★★★ 4.0

___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ヴィノテカ ポルトガリア
2012/06/03 08:09 |
Vinoteca_portugalia_1205-101.jpg

日本人の味覚にすごくあってるのに
大阪では数少ないポルトガル料理のお店
最近、新しく開店したよ

 ■ヴィノテカ ポルトガリア 大阪・中之島

アメリカ総領事館の隣にあるポルトガル料理店
『ポルトガリア』の姉妹店

ポルトガリア
http://510510.blog60.fc2.com/blog-entry-764.html


ちょっとお値段高めだけれどとても美味しい

Vinoteca_portugalia_1205-102.jpg

ヴィノテカは中之島に最近新築された
ダイビルの中にある。
ゆったりとした空間をとってある
とても素敵なビルだね

5~6年前の旧ダイビルの時代
カボ・デルポニエンテという
スペイン料理店に行ったことがある。


あのとき、このビルはもうすぐ取り壊しなんですと
お店の人が寂しそうに言ってたのを思い出す。

Vinoteca_portugalia_1205-103.jpg

さて、ヴィノテカポルトガリアのランチ
この日はあらかじめお願いしていたコース仕立て
通常のランチ定食は900円台だけれど
それに前菜盛り合わせとデザートを追加してもらった

まずは豆のポタージュスープ

Vinoteca_portugalia_1205-104.jpg

そして、つづいて
ポルトガル料理のエッセンスが詰めこまれた
前菜盛り合わせ

 ・自家製オリーブ
 ・タコのサラダ
  タコが大好きなポルトガル人の定番
 ・バカリャウのコロッケ
  ポルトガルの国民食とも呼ばれるバカリャウ(干し鱈)と
  ポテトの小さなコロッケ
 ・ハムとチーズのキッシュ
  ポルトガルの家庭でよく食べられてるキッシュ

バカリャウのコロッケも熱々の揚げ立てて
とっても美味しい!
そして、ハムとチーズのキッシュが予想外に旨かったよ

Vinoteca_portugalia_1205-105.jpg

ヴィノテカのランチ
土曜日はゆったりランチと呼んで
通常でもゆったりしたランチをいただける
そしてこの日はさらにゆったりランチ

つづいては定食についているサラダ

Vinoteca_portugalia_1205-106.jpg

まさいは欧州各国かなりの国に行ったが
残念ながら、ポルトガルは未訪
欧州駐在の友人たちの話によると
もっとも素敵な国だとの評判なのでぜひ行ってみたい

こちらは友だちがチョイスしたメインディッシュ

 ・ポルトガル風 ほほ肉のシチュー
  豚のほほ肉をたっぷりの野菜と煮込んだトマトベースのシチュー

とても柔らかそうでした。

Vinoteca_portugalia_1205-107.jpg

そして、こちらはまさいがチョイスしたメイン

 ・ミンチ肉のベーコン巻き
  シンプルに塩胡椒で味付けしたミンチ肉を
  ベーコンで巻いてオーブンでふっくら焼きました

最初、ハンバーグのようなものかと思ってたけど
いろんな香辛料が加えられていて
どちらかというと、粗挽きソーセージのようなお味
とっても美味しかったです!

Vinoteca_portugalia_1205-108.jpg

そしてデザートはこれもポルトガルの定番もの

 ・ナタ(エッグタルト)

絶妙な甘さ加減でほんとに美味しかった。
ポルトガル人はこれを手でもって
サクッと食べる。
たしかに、フォークで切るとバラバラになってしまう(笑)

Vinoteca_portugalia_1205-109.jpg

久しぶりに食べたポルトガル料理
ほんとにとっても美味しかったよ

真新しい素敵な新ダイビルの中にあって
これからだんだんと人気がでてくるような気がする


──────────
【訪問日】 2012年5月 
【店名】 ヴィノテカ ポルトガリア
【ジャンル】 ポルトガル料理
【住所】 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル 2F
【キーワード】ポルトガル 葡萄牙 VINOTECA PORTUGALIA
【食べログ】 http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27061692/
──────────




大きな地図で見る        
___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ Lisboa TASCA PORTUGUESA ポルトガル料理
2011/06/01 23:25 |
Lisboa_1105-101.jpg

日本人の口にとてもよくあうポルトガル料理
東京にはたくさんレストランあるけど
大阪にはいままでポルトガリア1軒しかなかった

なんどか行ったことあるよ
すごく美味しいんだけど、ちょっとお高め。

Lisboa_1105-102.jpg

また、ポルトガル料理食べたいなって思ってたら
最近、バール風のお店ができたと聞いたので
さっそく行ってきた。

 ■Lisboa(リジュボア) 大阪・本町

2010年11月オープンの
ほぼカウンターだけの小さなお店

さっそく、ポルトガルビールでカンパーイ!
Super Bockっていう日本ではあまり見かけない
ポルトガルビール

グラスにつがずに瓶から直接飲む

Lisboa_1105-103.jpg

ビールのアテにオーダーしたのはこれ
こういうハム系好きなんだ

 ・イベリコ豚の盛り合わせ 生ハムなど 430円

生ハムとサラミっぽいやつ
まさいはどちらかというと、サラミの方が好き

Lisboa_1105-104.jpg

ポルトガルビールはあっというまになくなって
こんどはポルトガルワイン

何種類かもってきてくれて、その中から選んだのがこれ

 ・Periquita

という白ワイン
とってもさわやかで飲みやすい

Lisboa_1105-106.jpg

つづいて、これも豚料理

 ・放牧豚とリョリソーのケバブ 2本 700円

こういう豚系美味しいよね
前菜として最高だね

Lisboa_1105-107.jpg

さて、豚のあとは
ポルトガルらしい一品を頼んだよ

 ・たこのサラダ 480円

そしたら、こんなグラスをかぶせて出てきた

いま、軽くスモークしてるんです
これをとったらとってもいい香りしますよ

とマスターのひとこと

Lisboa_1105-108.jpg

はーい、じゃあ
っていって、カップをあけると
なかから真っ白な煙とともに
とってもいい香りがしてきたよ

もちろん、たこのサラダ
とっても柔らかくて美味しい。

ヨーロッパの人たち
タコは悪魔の化身だといって嫌うけど
ポルトガルの人は日本と同じく
タコは大好きなんだよね

Lisboa_1105-109.jpg

はい、でてきました
ポルトガル料理でははずせない
というか、かならずでてくる一品

 ・バカリャウのコロッケ

バカリャウってのは
タラの塩漬けの干物

ポルトガルではほんとに日常的に
お料理に使われる食材なんだって

これを使ったコロッケだよ。

ちょっと塩味効いてて、すごく美味しい

Lisboa_1105-110.jpg

さて、ポルトガル料理の
メーンエベントはこれ
2枚貝のような形をした
ポルトガル名物の簡易圧力鍋

 カタプラーナ鍋

というもの。

Lisboa_1105-111.jpg

この日のカタプラーナ鍋は

 ・バカリャウのカタプラーナ 1500円

ほんとはいろんなシーフード入ってる
カタプラーナが食べたかったけど
この日はこれしかなかった

でも、やっぱりめちゃ美味しい
これって、トマトとか野菜の水分だけで
煮込むのでとっても具材の味がでるんだよ

Lisboa_1105-112.jpg

こちらはシンプルなお料理

 ・目玉焼き おばあちゃん風 350円

あつあつのオリーブオイルのなかに
玉子を割ったもの

Lisboa_1105-113.jpg

オリーブオイルに絡ませて食べると美味しいので
ぐちゃぐちゃにします

そしたら、黄身が適度に火が通って
半熟状態になって、めちゃおいしい

これは家でもやってみよう!

Lisboa_1105-114.jpg

こちらはとなりのお客さんが食べてたので
どうしても欲しくなってしまったやつ

 ・放牧豚のソテーとアサリのアレンテージョ風 820円

豚とあさりという、珍しい取り合わせ
でも、あさりの味が豚にしみ込んで
とっても美味

Lisboa_1105-115.jpg

はい、最後はごはんものだよ

 ・鴨ごはん 880円

このサイズでこのお値段は
ちょとお高く感じたけど
でも、鴨の味がごはんにしみ込んで
とっても美味しい
ふたりでシェアしたから
あっという間に完食

Lisboa_1105-116.jpg

大阪で2店目のポルトガル料理店
ほんとにとっても美味しかったです。

かなりたくさん飲んだので
ちょっと高くついちゃったけど
でも、これだけたくさんの種類を食べれたので
オッケーかな。
大満足のディナーでした


──────────
【訪問日】 2011年5月 
【店名】 Lisboa TASCA PORTUGUESA リジュボア
【ジャンル】 ポルトガル料理
【住所】 大阪市中央区本町4-8-8 篠福ビル1階
【最寄駅】 地下鉄 四つ橋線 本町駅26番出口 徒歩5分
【電話】 06-7494-9592
【営業時間】 ランチタイム 17:30-23:30
【定休日】 火曜日
【キーワード】 リスボン Lisboa Lisbon
──────────




大きな地図で見る

Lisboa TASCA PORTUGUESA・本町 ワインバー / 本町駅堺筋本町駅肥後橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ETXOLA(エチョラ) バスク料理 大阪・靱本町
2011/05/09 22:10 |
1102_ETXOLA-101.jpg

スペインにバスク料理というものがある。
どんな料理なのか?
ウィキペディアで調べるとこう書いてある

バスク料理とは
 スペインとフランスの間に居住するバスク人の間で
 作られ発展してきた料理である。それには、肉と魚の
 炭火焼き、マルミタコ、子羊の煮込み料理、タラ料理、
 トロサの豆料理、レケイティオ産のパプリカ、
 ドノスティアのピンチョス、イディアサバル産の
 羊乳のチーズ、チャコリ・ワイン、およびギプスコア県の
 シードルが含まれる。

1102_ETXOLA-102.jpg

そのバスク料理をいただけるお店はこちら

 ■ETXOLA エチョラ

靱本町に去年オープンしたお店
この日いただいたランチは

 ・Menu Txiki お昼のコース 2500円

まず最初にでてきたのは
フォアグラのコロッケ
一口サイズだけどとっても美味しかったよ。

1102_ETXOLA-103.jpg

つづいて前菜は2種類からチョイス
まさいの選んだのはこれ

 ・淡路産 いわしのマリネ

美味しく味付けされたオイルサーディンだね


1102_ETXOLA-104.jpg

もひとつの前菜チョイスはこれ

 ・フォアグラのテリーヌ

ぼくは味見しなかったけど
めっちゃ美味しかったらしいです。

この緑のソースが美味しそうだよね


1102_ETXOLA-105.jpg

店内は、わりと幅広のしっかりしたカウンター席と
テーブル席の両方ある
夜、ふたりでくるなら、カウンターの方が楽しそうだね


1102_ETXOLA-106.jpg

イタリアンならつぎはパスタだけど
バスク料理はお米のメニュー

 ・フランス産 きのこごはん

んー、なんでスペイン産きのこごはんとちゃうねん?
って思ったけど
プチパエリアの食感でとっても美味しかったよ。

1102_ETXOLA-107.jpg

メイン料理も2種類のメニューから一つチョイスできる。
まずはこれ

 ・牛三角バラ肉のソテー

柔らかくって美味しかったらしい。
肉の赤身具合がほんと食欲をそそるよね!

1102_ETXOLA-108.jpg

そして、こちらはまさいのチョイスしたお魚料理

 ・氷見産ぶりのドノスティア風

ドノスティア風とはどういうものか
教えてもらったんだけど、ちょっと忘れちゃいました
でも、ブリでもスペイン風に味付けすれば
日本の塩焼きとか煮込みとかとぜんぜん別物になるね。

1102_ETXOLA-109.jpg

そして、最後はデザートの盛り合わせ
4種類ものっていて、とっても美味しくて満足
ちょっとイタリアンのデザートに似てたかな

このバスク料理
普通のスペイン料理とはやはりひと味違って
とっても美味しく満足できるものだったよ。

ただ、唯一残念だったのはちょっとボリュームが
不足だったことかな
やっぱりスペイン系のお料理はがっつりじゃないとね!

こんどはぜひ夜にいって
いろいろとアラカルトで注文してみたいね

1102_ETXOLA-110.jpg



──────────
【訪問日】 2011年4月 
【店名】 ETXOLA エチョラ
【ジャンル】 バスク料理 スペイン料理
【住所】 大阪市西区靱本町1-4-2 プライム本町ビルディング1F
【最寄駅】 地下鉄 四つ橋線 25番出口 徒歩1分
【電話】 06-6136-3824
【営業時間】 11:30~14:00、17:30~23:00(LO)
【定休日】 日曜日
【キーワード】 バスク地方 スペイン フランス スパニッシュ
──────────




大きな地図で見る         

エチョラ スペイン料理 / 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ リンコン・カタルーニャ バル 大阪・京橋
2010/07/31 20:56 |
Rincon_Catalunya_1004-101.jpg

東京の京橋は銀座のはずれにある
はずれとはいってもまだまだ銀座の雰囲気が残り
そして、画廊とかがいっぱいあって知的な地域

それに比べて、大阪の京橋といえば・・・

おっちゃんの街

東京の京橋とはえらい違いや!

飲食店は星の数ほどあるけれど
その99%はおっちゃん仕様
綺麗な女性を連れて行くには勇気がいるところばかり

Rincon_Catalunya_1004-102.jpg

その京橋で、可愛い女子3人とハシゴ飲みすることになった
一軒目は『とよ

とよは基本はおっちゃん仕様だが
そのユニークさとアテのウマさで、
可愛い女子を連れていってもオッケー

そして、ハシゴの2軒目
うーむ と悩んだまさいが選んだのはココ

 ■リンコン・カタルーニャ

スペインのカタルーニャ地方の料理を出してくれる
スパニッシュバル

ワインのデカンタを頼んだら
3本もってきて説明してくれたよ

Rincon_Catalunya_1004-103.jpg

スパニッシュバルだからタパスがいろいろある
一皿300円くらいから

最初にオーダーしたタパスが二つ来たので
デカンタワインと、ブラッディオレンジジュース
を前に記念撮影だよーって、カメラを構える

そしたらいままでおしとやかな雰囲気だった3人のお嬢さんが
突然、ひょうきん女子に大変身したよ。 ちょとビックリ!

なんやー、これやったら
まさいもおとなしくしてる必要ないやん

Rincon_Catalunya_1004-104.jpg

ここはバルだけれど
けっこう料理メニューも充実してる
つぎにオーダーしたのはこれ

 ・生ハムとポテトと卵のまぜまぜNo.4 900円

これ、めっちゃ美味しそうだよー
半熟の目玉焼きにナイフカットをすると
トップの写真のようになるよ
黄身がトローっと流れだして、ビジュアル的にも最高♪

Rincon_Catalunya_1004-105.jpg

お次は肉食系のまさいの大好きなお料理

 ・リンコン名物! 骨付き焼鳥 1本500円

これ、めっちゃデカイ
こういうのすごく嬉しいよね~
この日は四人で2本頼んだけど
まさいは、ひとり1本食べれるよ♪

ふつうの鶏もも肉なのに
どうしてこんなに膨らんでるんやろ…

Rincon_Catalunya_1004-106.jpg

スペインといえばパエージャ(パエリア)だけれど
これはちょっと珍しいカタルーニャ名物

 ・セニョーラ・スサーナの
  特製イカ入りフィデウア 1200円

そう、ごはんの代わりにパスタを使ったパエージャだよ
ぼくは初めて見るけど、スペインではけっこう普通にある

Rincon_Catalunya_1004-107.jpg

中身をもちあげるとこんな感じだよ。
さっそくいただきまーす♪

これ、言ってみればスペイン風そばめしやね!
うんうん、イカ墨がめちゃ美味しいよ♪

Rincon_Catalunya_1004-108.jpg

このリンコン・カタルーニャのとなりには
もひとつスパニッシュバルがある

 ・ブラン

こちらも人気のお店
どうやら兄弟店のようで
お互いにメニューを融通しあっている
このお料理はお隣からやってきたよ
ちゃんとしたメニュー名忘れたけど、たぶん

 ・魚介類のパエージャ 1500円

さすが、スパニッシュ
すっごく美味しいパエージャですよ

Rincon_Catalunya_1004-109.jpg

そして、最後はデザート
3種のデザートを4人でシェア

スパニッシュ系のお店はまだまだお値段高め
ここも、イタリアンバールに比べると
ちょっといいお値段してるけど
それでも、ボリュームたっぷりのお料理を
とても美味しくいただける

Rincon_Catalunya_1004-110.jpg

おっちゃん仕様の京橋の街で
可愛い女子をエスコートするには最適のお店かもだよ♪


──────────
【訪問日】 2010年4月 
【店 名】 リンコン・カタルーニャ
BAR RESTAURANTE RINCON CATALUNYA
【ジャンル】スパニッシュ バル
【住 所】 大阪市都島区東野田町3-6-12
【最寄駅】 京橋駅 徒歩5分
【電 話】 06-6354-2314
【営業時間】 18:00~1:00
【定休日】 日曜日
【キーワード】 スペイン リンコン カタルーニャ バール 
【備 考】 予約可 
──────────




大きな地図で見る         

BAR RESTAURANTE RINCON CATALUNYA スペイン料理 / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅
★★★☆☆ 3.5

___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ポルトガリア ポルトガル料理 大阪・西天満 【2008年12月 夜】
2009/01/05 18:11 |

Portogaria_0812-24.jpg

ポルトガルという国は日本人にはなじみのある国だが
ポルトガル料理というとどんなものかあまり想像がつかない

東京には10数店、ポルトガル料理店があるが
大阪にあるのはこのお店だけ

■ポルトガリア 大阪・西天満

Portogaria_0812-25.jpg

この大阪唯一のポルトガル料理屋さんに、
年末にまさいの両親を連れて行って来た
両親はけっこうな歳だが、幸い足腰も元気で口も達者。
こういう洋風料理も文句をいわず食べてくれる。
上の写真は前菜として頼んだもので

・豚の耳とそら豆のサラダ 680円

コラーゲンたっぷりな豚の耳とビタミン豊富なそら豆

Portogaria_0812-26.jpg

・ピピ 1050円
 ポルトガル風 鶏の砂肝

焼き鳥屋さんの砂肝のこりこりした食感を期待してたけど
柔らかく煮込んであって、あんまり砂肝食べてる気がしない。
でも、味付けは旨い

Portogaria_0812-27.jpg

こちらはポルトガルの名物料理の一つ

・バカリャウのコロッケ 900円

バカリャウというのは塩漬けにした鱈を干したもので
ポルトガルの国民食ともいわれている。
このコロッケはとても美味しくて、パクパクいってしまう。

Portogaria_0812-28.jpg

さて、ここからはメイン料理
まず最初、でてきたのはこれ
2枚貝のような形をしたお鍋

これは、ポルトガル独特のもので
カタプラーナ鍋という
銅でできた一種の圧力鍋だね

ロックをはずして、ふたを開けると中からでてきたのがこれ

Portogaria_0812-29.jpg

・海の幸のカタプラーナ 3500円

これは魚介類を蒸し焼きにしたもの
すっごくよい香り!
基本的に水はいれない。
すべてトマトなどの野菜からでたスープ

Portogaria_0812-30.jpg

そしてたくさんの具が入っている
大エビ、ムール貝、アサリ、イカ、タコ、野菜類
この鍋はほんとに文句なしに旨い!
絶品鍋だよ。

Portogaria_0812-31.jpg

つづいて、こちらは肉の煮込み料理

・「ヴィゼウ風」のランショ 1950円

様々な肉とガルバンゾ豆、マカロニが入った肉のシチュー
牛肉や豚肉ほか何種類か入ってるらしい
これもまた旨い!

さっきのカタプラーナもこのランショも寒い冬にぴったりだね

Portogaria_0812-32.jpg

ポルトガルはヨーロッパの中でもお米をよく食べる
これはポルトガルのお米料理

・鴨のオーブン焼きご飯 1900円

鴨のぶつ切りを乗せて味をしみこませ、
オーブンで炊いたご飯
表面がぱりっとしていて、これまた旨い。

鍋料理にしても、このお米料理にしても
日本人の味覚にとてもよくマッチしていて、
ほんとに美味しいものばかり

Portogaria_0812-33.jpg


デザートもポルトガル名物のものをいろいろ取りそろえてあって
名前をみただけではどんなのかわからないので
実物を見ながら3種類選んでみた
名前をメモするのを忘れたので、名称不明

Portogaria_0812-34.jpg

最後の飲み物
これもポルトガル名物
エスプレッソにポルトガルの食後酒がついてくる
最初、二口ほどエスプレッソを飲んだ後
お酒を入れて飲む。
アイリッシュコーヒーにも似た感じだけど
お酒もコーヒーもきついので
おなかのなかがジーンと熱くなってくる。
これまた美味しい。

さっきも書いたが、ポルトガル料理は
ほんとに日本人の口によく合うと思う

ポルトガルは西欧のなかで、まさい未踏の地
以前からいきたいと思ってたのだが
こういう旨いものを経験すると、
ますます行きたくなってくるね♪


【過去のポルトガリア】
2006年8月 ランチ


──────────
【訪問日】 2008年12月 
【店 名】 ポルトガリア
【ジャンル】ポルトガル料理
【住 所】 大阪市北区西天満4-12-11
【最寄駅】 地下鉄・京阪 淀屋橋駅 JR 北新地駅
【電 話】 06 6362 6668
【営業時間】11:30-2:00am
【定休日】 日曜
──────────


大きな地図で見る

ポルトガリア (西洋各国料理(その他) / 東梅田、北新地、淀屋橋)
★★★★ 4.0

___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ Blanc スパニッシュ バル 【2007年12月 夜】
2007/12/10 00:33 |
DSCF8755-1.jpg

うずら屋でたっぷり食べて飲んだけど
まだ時間は9時半

ちょっと京橋の雑踏を散策しようとうろついてたら
ここにいきついた

■スパニッシュ・バル Blanc 大阪・京橋

ここはタパスとかいろんなお料理も美味しいので
ゆっくり来た方がいいんだけど
せっかくなので、いっぱい飲んでいこうってことになった

DSCF8757-1.jpg

スパニッシュだから、飲み物はやっぱりカバ
つきだしのオリーブも中にニンニクが入っていて
とっても美味しい

DSCF8759-2.jpg

いろいろ食べたいなと思いながらも
もう、けっこうおなかイッパイだったので
これだけ頼んだ

・ハモン・セラーノ

白豚の生ハム

また、こんど、ゆっくりと食べにこようね♪

──────────
【訪問日】 2007年12月 
【店 名】 Blanc
【ジャンル】スパニッシュ バル
【住 所】 大阪市都島区東野田町3-6-11
【電 話】 06-6353-9001
【営業時間】17:00~翌朝5:00
【定休日】 不定休
【キーワード】 ブラン バル バール
──────────


大きな地図で見る
___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ Fujiya1935 大阪・堺筋本町 【2007年8月 夜】
2007/10/13 17:26 |
DSCF7159-1.jpg

記録的な暑さの夏だった、今年
その真っ盛りの夜に
素敵なひとと素敵なお食事いってきた

シェフは毎年スペイン・フランスを1ヶ月ほど食べ歩き、
そのお料理のエッセンスを持ち帰って
作り出す数々の多皿料理

■Fujiya1935 大阪・堺筋本町

ビジュアル的にもとっても素晴らしいお料理が
次から次へとでてくるよ。

・Fujiya1935のコース 8200円

きょうは、解説抜きでビジュアルでお楽しみくださいね!

・モヒートの軽いシャーベット
DSCF7162-1.jpg

・チーズに埋め込んだプチトマト
・マンダリン風味のタブレット
・イカ墨のボーロ
DSCF7163-2.jpg

・玉ねぎの薄いパン
DSCF7164-1.jpg

・エビのソテー、イカ墨の砂・ロメスコ・オレンジ風味のマカロン
DSCF7167-1.jpg

・パン
DSCF7169-1.jpg

・冷たいトウモロコシのスープ
DSCF7170-1.jpg

・無脊髄の鮎、ベルガモットのソース
DSCF7174-1.jpg

・鮎にかけるベルガモットのソース
DSCF7172-1.jpg

・全粒粉の四角いパスタ、枝豆とイカのソース
DSCF7178-1.jpg

・ピュアなオリーブオイルとトマトのスープ
DSCF7180-1.jpg

・鱧とフラン、キヌア
DSCF7184-1.jpg

・トリプルチップス
DSCF7187-1.jpg

・スパイシーな仔豚、甘酸っぱいミョウガのマリネ
DSCF7190-1.jpg

・温かいレモンのマシュマロ、オルチャータのスープ
DSCF7191-1.jpg

・バニラ風味のカシスリキュールカプセル
DSCF7194-1.jpg

・メロンのシャーベット・赤肉メロンのスフェリカス・ヤギのヨーグルト
DSCF7200-1.jpg

・エスプレッソ
DSCF7203-1.jpg

女の子がとっても喜びそうな、可愛くって美味しいお料理が
次々とでてきて、とっても楽しめる。
ボリュームはあまりないけど、すごく満足感の高いお料理
お料理メニューはほぼ月代わりなので、なんどでも行きたくなるね!

Fujiya1953のランチ 2005年12月

──────────
【訪問日】 2007年8月 
【店 名】 Fujiya1935
【ジャンル】スペイン・イタリアン
【住 所】 大阪市中央区鎗屋町2-4-14
【最寄駅】 地下鉄 堺筋本町駅 徒歩5分
【電 話】 06-6941-2483
【営業時間】11:30~14:00、18:00~21:00
【定休日】 日曜、第1月曜
【キーワード】 スパニッシュ イタリアン フレンチ 多皿 ミシュラン
──────────


大きな地図で見る

Fujiya 1935 (西洋各国料理(その他) / 谷町四丁目、堺筋本町、天満橋)
★★★★ 4.0

___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ エル・ポニエンテ スパニッシュ 大阪・北浜 【2006年11月 訪問】
2006/11/30 22:24 |
DSCF2867.jpg

エル・ポニエンテ系のレストランは大阪に4つある
去年のなつの立ち飲みはしごオフのときに

 ‐エルポニエンテ・ゴソ

今年の夏休みのランチ三昧のときに中之島のダイビルの

 ‐カボ・デルポニエンテ

にはいったんだけどまだ、本家本元のエル・ポニエンテには
いったことなかったんだ
で、ランチタイムにちょっと北浜あたりまで
足を延ばしていってきたよ

■エル・ポニエンテ

DSCF28991.jpg

入り口はまっ赤な扉でびっくりするけど
お店の中は思ったよりこじんまりした落ち着いたお店
ここならデートにもいいなぁ~って思う♪
窓からは川が見えるので、予約の時に頼んでおけばいいよ。

平日のランチは4種類

1)ビジネスランチ 950円
2)Menu A お魚料理のランチ 1890円
3)Menu B お肉料理のランチ 2625円
4)Menu C シェフのお薦めランチ 3990円

それに、お昼でもアラカルトメニューもいけるようだよ。
きょうはせっかく、ここまできたのだから
きょうはMenu Aにしよう♪

一品目はスープ
■白隠元豆と豚バラ肉・米のスープ仕立て、アラゴン風
DSCF2876.jpg

トマトベースのスープに具がたくさん♪
ものすごく美味しいです!
まえにポルトガル料理店行ったときにも思ったけど
スペインやポルトガルのスープの味は
ほんと、日本人にとってとっても心地よい味付けだね♪
おかわりが欲しいくらいだったよ!

きょうはひとりだったので、カウンターに座ったんだけど
カウンターもこじんまりしていて、とっても落ち着くよ!

DSCF2896.jpg

夜に、女性がお一人様できても、だいじょうぶ♪
カウンターの上にはスペインのいろんな種類の
オリーブオイルのボトルがおいてあって、とってもいい雰囲気。

さて、メイン料理はこちら
■新鮮な鱈の白葱風味
DSCF2881.jpg

まっ白な鱈と白ネギのまわりに、いつつの牡蠣
ほんとにほんとに美味しいです♪
ぼくは、できればこれを炊き立てのご飯といっしょに食べたい♪
スペイン料理はご飯にとてもあうんですよ!
パンで食べるのもったいない…

そして、最後のデザートはこちら
DSCF2892.jpg

とっても満足です。
最後にエスプレッソをいただいて、ごちそうさま♪

最初から最後まで、ほんとに美味しかったです。
最近、フレンチとかイタリアンは一般的になってきたけど
まだ、スパニッシュやポーチュギース(ポルトガル料理)の
お店はすくないよね~
これから、もっともっとお店増えて、レベルが上がってくるとうれしいな。

このエル・ポニエンテ、お味、サービスは申し分ない
素晴らしいお店なんだけど、お値段が高すぎ!
今日のランチもクォリティーは申し分ないんだけど
量が少ないのがちょっとフマンだな。
この内容なら1500円にして欲しいよ。
もともとスペインのスペイン料理って安くてすごいボリュームなんだ。
だから、日本のスペイン料理ももっとごっついのにしてほしいな~!

こんな記事もでてるので、夜行かれるかたはちょっとご注意ね♪

==========
【訪問日】 2006年11月 
【店 名】 エル・ポニエンテ
【ジャンル】スパニッシュ
【住 所】 大阪市中央区北浜2丁目1番21号 つねなりビル
【最寄駅】京阪/地下鉄 北浜駅 徒歩数分
【電 話】 06-6220-6868
【営業時間】11:30~14:00、17:30~23:00
【定休日】 日曜日
【キーワード】 エルポニエンテ EL PONIENTE スペイン料理
==========

34/41/20.420,135/30/25.567
___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■カボ・デルポニエンテ 大阪・中之島
2006/08/14 11:29 |
0608140232.jpg

スペインにはなんどか行ったことがあるんだけど
ほんとに日本人の味覚にあうんだよね、スパニッシュ!
現地だととっても値段もおやすくて、たらふく食べられる。
最近、日本でもスパニッシュ増えてきたけど、まだちょっと高いな。

さて、きょうの『夏休み ランチ三昧』 オフはそのスパニッシュ

 ■カボ・デルポニエンテ 大阪・中之島

お店情報によると『ダイビル』の中にあると書いてあったので
ダイビルにはいったんだけど、ぜんぜん表示がない
ちょっと不審に思いながら端っこまであるいていったら、
ひとつ扉をはさんで向こう側にあったよ!

0608140234.jpg

ほかの参加者達もちょっと心配しながらやってきました。
きょうのランチオフには7人が集まってくれました。

ふだんのカボ・デルポニエンテのランチは3種類だけど、
週末は日替わりランチ(950円)がないんだ。

 ‐今月のランチ 1500円
 ‐シェフおすすめランチ 2500円

オーダーは『今月のランチ』が4名で、『おすすめランチ』が3名
ぼくはおなかすいてたので、おすすめランチだよ♪
おすすめランチは前菜ふたつ、メイン、デザートって感じ
最初のお料理は
‐新鮮なアジのマリネ・ウイキョウ風味だよ

0608140245.jpg

和食でよくでる、アジもスパニッシュになるとこんな感じ!
お野菜もたっぷりで嬉しいです。
Aランチ組とすこしずつ、シェアしました
西洋料理はほんとに前菜、特に冷菜が美味しいね~!

ふたつめの前菜はこちら

 ‐ナスとスカンピのミルフィーユ仕立て

おおっ! って感じででてきました。
山高く盛りつけられています!

0608140255.jpg

ナスの間に、生ハム、スカンピ(手長エビ)などなど
山を崩さずにいただくのがたいへんでした(笑)
ここまででも、けっこうな満足感!

さて、いよいよメイン料理だよ
シェフのお薦めランチは、メインを選べるんだ。

 ‐牛フィレ肉の鉄板焼き、香草風味
 ‐仔牛のクリーム煮
 ‐鯛の土鍋煮、バスク風
 ‐牛テールのシェリー酒煮
 ‐牛肉と野菜のミネストラ
 ‐牛スネ肉の煮込み、イチジク添え

ぼくは『鯛の土鍋煮、バスク風』をお願いしたんだけど
残念ながら、鯛が品切れで、スズキの鉄板焼きだということなので
あきらめて、こちらにしました
‐牛肉と野菜のミネストラ

0608140261.jpg

でてきたのはこちらです
熱々の鉄鍋にはいったミネストラ
見るからに美味しそうだね~

ゆで卵が半分はいってたのが、なんだかこっけいだったけど
牛肉と野菜をトマトソースで煮込んで
とっても美味ですよ~

こちらは、あんさんが注文された
‐牛スネ肉の煮込み、イチジク添え

0608140262.jpg

じつはこれも狙ってたんだけどね~
う~ん、どこにイチジクがあるんだろう?
スネ肉の煮込み、すごくトロトロに煮込んであって
柔らかかったですよ~

あとからメニューを見直してみたら、
『牛テールのシェリー酒煮』もおいしそうだね♪

せっかくだから、『今月のランチ』もご紹介しますね。
こちらは『野菜の冷たいスープ ガスパチョ』

0608140242.jpg

暑い季節には最高だね、ガスパチョ
ガスパチョってトマトとあといくつかの野菜を
ミキサーにかけるだけなので、けっこう簡単に作れるんだよね!

こちらは、メインディッシュ

 ‐いろいろな魚介のココット焼き

0608140251.jpg

すこしだけ分けてもらいましたけど、
とっても美味しかったですよ~

おなかがいっぱいになってきたころに
でてきたのが、デザート♪
このシナモンのかかっているのは、このあいだポルトガリアで
いただいた、『お米のプディング』ですね~
すこしずついろんなデザートがあって嬉しいね♪

0608140267.jpg

最後はやっぱり、エスプレッソ!
満腹のおなかをす~っとしてくれます。

お店はダイビルの端っこにあって、
そんなに広くはないんだよね。
店内はこんな雰囲気ですよ~
あ、何人かうろついているお嬢様方はナカオアキラ氏の
サインを見に行ってるところです(笑)

0608140279.jpg

きょうのカボ・デルポニエンテのランチはほんとに満足感たっぷり
1500円のでも2500円のでもとても満足できます。
平日の950円ランチもいちど食べてみたいなぁ~

どこかのブログでこのお店は50ヶ月期間限定のお店だと
聞いたことがあったので、そのことを尋ねてみると、
このダイビルが再来年くらいに取り壊しになるので、
とりあえずそれまで… ということです。
その後はどうなるかわからないみたいですね

きょうもオフ参加のみなさんと
とっても楽しい、美味しいひとときを過ごせました♪

どうもありがとう!

==========
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 CABO d'EL PONIENTE(カボ・デルポニエンテ)
【ジャンル】スパニッシュ
【住 所】 大阪市北区中之島3丁目6番32号 ダイビル1F
【最寄駅】 地下鉄 肥後橋駅、北新地駅
【電 話】 06-6449-0023
【営業時間】11:30-14:00 17:30-22:00
【定休日】 日曜
==========
___________________________
西洋料理 トラックバック(2) | コメント(4)




| TOP | NEXT
ブログパーツ