English | Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


■ ステンレス多層鍋 たまごを茹でる
2008/10/19 16:28 |
Yude_tamago_0709-17.jpg

きょうはステンレス多層鍋でゆで卵をつくりましょう!

材料は

・生卵

以上。

使うお鍋はステンレス多層鍋(3層)の小

普通にゆで卵を作るときは、お鍋に生卵を入れて
ひたひたになるくらいお水を入れて、お湯を沸かします。
ん~? お湯を沸かしてから生卵いれるのかな
もう、ふつうの茹でかた長年やってないので忘れた(^_^;)

Yude_tamago_0709-1.jpg

鍋にお水をいれます。
入れる量は50㏄くらい!
500㏄とちゃうよ、間違えないように。

Yude_tamago_0709-2.jpg

卵が転がらないようにティッシュペーパーを2枚ほど入れます。
転がってもよいなら、不要です。

Yude_tamago_0709-4.jpg

ティッシュの上に卵を並べます
3~4個の場合は細いほうを下にして
たがいにもたれかけて、立てておくと
出来上がったとき、卵の黄身が中心にきます。
さて、茹でますが、とても簡単です。

【茹でかた】
・鍋のフタをする
・中火で温めて、湯気がでてきたら
 弱火にして4分
・火を消して蒸らす
 蒸らし時間によって、半熟から固ゆでまで調節できます。
 
Yude_tamago_0709-6.jpg

卵を常温に戻しておいてから茹で始めた場合、
だいたい、蒸らし時間が

 2分:白身がかたまりかけ、黄身はどろどろ状態
 5分:半熟
 7分:柔らか目の固ゆで
 10分:固ゆで

冷蔵庫から出してすぐの卵の場合はプラス2分くらい

このやりかたで卵を茹でるメリットは

・水が少ない(通常の20分の1くらい)ので省エネ、省時間
・卵が転がらないので、黄身が中心にくる。
・茹で具合の調節が簡単

などです。


ステンレス多層鍋を欲しくなってきたでしょ?

【いままでのステンレス多層鍋の記事】
・秋刀魚を焼く
・食パンを焼く

キーワード: ゆで卵 ゆでたまご ゆで玉子 ゆでタマゴ
___________________________
ステンレス多層鍋 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ステンレス多層鍋 で 食パンを焼く
2008/09/01 00:01 |
Nabe_080516-sanma_20080830140012.jpg

去年の9月にステンレス多層鍋のフライパン使った

■秋刀魚 の 大人な焼き方

を紹介したら、拍手喝采をもらった(たぶん)
で、ステンレス多層鍋の使い方シリーズやるよって
言っておきながら、ずっとサボってたので
久しぶりに紹介する

一度復習のため『秋刀魚の大人な焼き方』を見てね


きょうは基本編2として、食パンを焼きましょう。

あ、これパンのネタからパンを焼くのではない
食パンを買ってきて焼く。 の焼くだよ

Nabe_080516-27.jpg

手順はこんな感じ

・ステンレス多層鍋(7層)のフライパンを
 温める前に食パンを入れてフタをする。

・中火で1~2分温める。

・パンを裏返し、さらに1~2分温める

以上

Nabe_080516-28.jpg

はい、これで出来上がりだ
綺麗に焼き上がってるだろう!

見た目はオーブントースターで焼いたのと
ほとんどかわらないけど、食感がぜんぜん違う

パンの中が乾燥しないので、

 ・表面カリッと、中がふっくら

だ。
いちど、これを食べるともうもとには戻れない
同じ要領でフランスパンを温めるのも簡単

ステンレス多層鍋のもう一つの長所は

 ・長持ち

まちがいなく、一生使える。
だから値段が高いようだが実は高くない。

ステンレス多層鍋をつかった料理法は
どれも常識ハズレだ。
だから普通の鍋と同じように使ってると
ほんと宝の持ち腐れだよ


___________________________
ステンレス多層鍋 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 秋刀魚 の 大人な 焼き方
2008/08/29 01:37 |

■秋刀魚の大人な焼き方はこちらに移動しました。



■キーワード
さんま 秋刀魚 サンマ 焼き方 やきかた
ステンレス多層鍋 フライパン 7層
無臭 無煙 上手 じょうず
旨い 美味しい 後始末 楽 簡単
___________________________
ステンレス多層鍋 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 秋刀魚 の 大人な焼き方
2007/09/18 00:13 |
 CA330065-1.jpg

・今が旬 北海道産 生さんま 一尾 98円

って表示をスーパーで見かけたら、
そりゃ、晩ごはんは決まりだよね!

さんまって最初は一尾数百円から出始めるけど
どんどん安くなって、100円を切るころが
いちばん脂がのって旨いんだよね

さっそく、買ってきたよ、4尾 392円
やすっ!

DSCF7819-1.jpg

さて秋刀魚はなんと言っても塩焼きなんだが
旨く焼くのはけっこうむずかしい。
一番美味しく焼く方法は

 ・七輪 で炭火焼き

だと言われてるが、
素人が秋刀魚を七輪で美味しく焼くなんて
至難の業だ。

実際にやったことあるか?

そう、脂ののった秋刀魚ほど、
焼くと脂がおちる。
そして、ぼうぼう炎につつまれて、
真っ黒焦げになる(^_^;)
そして、ものすごい煙…

家庭での一般的な焼き方は、ガスのグリル
しかし、これもあまり上手に焼けない
乾燥してしまうので、身がパサパサになる。
それに部屋中さんまのニオイが充満する
脂も飛び散って、後かたづけもたいへん。
いい事無しだ。

そこで、きょうはまさいの秘伝

 ■秋刀魚 の 大人な焼き方

を伝授しよう。
修行しなくても料亭なみの秋刀魚が焼ける。

つかう道具はこれだけ

0004749_2.jpg

・ステンレス多層鍋のフライパン(7層)

このステンレス多層鍋
正しい使い方をするとスゴイ!
しかし、ほとんどの人は
普通のなべと同じように使ってる人ので
とても残念だ。

ぼくが使ってるのは、
アムウェイのクイーンクックウェアだが
ビタクラフトでもなんでもいい
かならず、7層のやつを使うこと

DSCF7821-1.jpg

まず、秋刀魚のアタマとシッポを切り取る
もちろん、おなかのなかは綺麗に掃除する
内臓が好きな人は、そのままでもよい。

つぎにフライパンにふたをしてコンロにかける

 ・中火で
 ・5分ほど 予熱する。

この、予熱がとても大切
この調理法の最大のポイントだ

 強火ではいけない。
 時間が短すぎてもいけない。

DSCF2347.jpg


5分ほど経ったら
予熱が十分できたかどうかを確かめる。
ふたをあけて水滴を数滴
ぽとりとフライパンに落としてみて

 ・水滴がじゅわ~ といって蒸発したら、
  予熱不十分
 ・予熱が十分になると
  水滴は水銀のように玉になって
  鍋のなかを滑走する

↑水滴が玉になって滑走しているところ

DSCF7823-1.jpg

予熱が十分できたことを確認したら、

 ・リード ホットクッキングシート とか
 ・焼き物料理用サンホイル

とかを敷く。
裏表まちがわないように!

DSCF7827-1.jpg

そして準備した秋刀魚をフライパンに入れる。
なんとか4尾まではいる

そして、ふたをする。

DSCF7829-1.jpg

火加減は中火。
ちょっと見にくいけど↑これくらい
この状態でまず片面を2~3分焼く

DSCF7831-1.jpg

秋刀魚を焼いている様子だ

煙はまったくでない!
ニオイもまったくでない!
ほんとに焼けてるのか心配になってくる

DSCF7832-1.jpg

2~3分たって秋刀魚を裏返す

すこし焼き色がついてきた。
でも、フライパンの底に触れてない部分は
まだ焼けてない感じだ。

この状態でまたふたをして2~3分焼く
火加減はずっと中火のまま。

DSCF7835-1.jpg

さて、不安と期待の中
フライパンのふたを取ってみる

 どうだ!

全体、綺麗に焼けてるだろ

炭のように焦げてしまったり
グリルで焼いたときのようにカピカピにならない。

表裏、それぞれ、2~3分ずつ焼くとベストな状態
2分だとレア、3分だとミディアムになる

ウェルダンが好きな人は、
あと1分くらいふたをして焼く

焼き上がりの断面の写真も撮したかったが
熱々の焼きたて秋刀魚を食べたかったので
撮影は断念した。
各自自分の目で確認してくれ。



この『秋刀魚の大人な焼き方』の特徴は

 ・綺麗に焼ける(真っ黒コゲにならない)
 ・とってもジューシーに焼ける
  (カピカピにならない)
 ・煙がでない
 ・ニオイがでない
 ・早く焼ける(両面で5~6分)
 ・後かたづけ簡単
  脂が飛び散らないし
  クッキングペーパー捨てて軽く洗うだけ
 ・そして、ほんとに旨い。
  間違いなく料亭級の秋刀魚だ

秋刀魚だけでなく焼き魚すべてに
この技は応用できる。

ステンレス多層鍋のフライパン持ってたら
いますぐ、鮭の塩焼きを焼いてみてくれ。

Good Luck !


■キーワード
さんま 秋刀魚 サンマ 焼き方 やきかた
ステンレス多層鍋 フライパン 7層
無臭 無煙
旨い 美味しい 後始末 楽 簡単



___________________________
ステンレス多層鍋 トラックバック(1) | コメント(2)




| TOP |
ブログパーツ