English | Top | RSS | Admin

1958.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2004.01


■ 南翔饅頭店 呉江路店 上海
2013/05/07 01:09 |
1303_Nam-Xiang-201.jpg

中国には何度も行ってるが
なぜか上海に行く機会がない
前回の上海訪問は2006年だったので
なんと7年ぶり!

あのときはクリントン元大統領も訪問したという
超有名飯店に連れて行ってもらった

 ■上海老飯店

すっごく美味しくて、
しかも二人で鱈腹たべて3000円という安さ

これが上海グルメだなぁって思ったよ

1303_Nam-Xiang-202.jpg

そのときに
ひとつだけ心残りなことがあった
それは、小籠包で世界的に有名な

 ■南翔饅頭店

に行けなかったこと

こんどこそ行くぞと
気合いをいれて上海入りし
その夜にさっそく本店にいってみた

ところが・・・

小籠包ラブの人たちで長蛇の列
しかも、予約できない


1303_Nam-Xiang-203.jpg

その日は、う〜んと唸って退散
ちょっと、いや、かなりガッカリして
ホテルでぼ〜っとネット見てたら

 南翔饅頭店には支店があります。
 地元の人しか行かないので空いてます。

という記事を発見!

デスクをバーーンと叩いて
ここや〜 と叫ぶまさい

さっそく、行き方を調べる
ホテルから地下鉄を二つ乗り継いでいく
目的の場所は

 ・地下鉄2号線 南京西路駅

30分くらいで行けそうだ
よく朝、大雨のなか
ホテルで傘を借りて出発

1303_Nam-Xiang-204.jpg

お店は南京西路駅でてすぐのビルの2階
お店についてみると
お客さんの行列どころか
開店時間過ぎてるのに、店員もいない・・

本店とはえらい違いだね(笑)

さて、開店時間を大幅に過ぎてから
入店したところ、客はまさい含め3人だけ

ドキドキしながら、さっそくオーダーする

 ・鮮肉小籠包 4こ 16元
   ふつうの小籠包
 ・蟹肉小籠包 4こ 19元
   蟹肉入りのやつ
 ・蝦肉小籠包 4こ 19元
   海老入りのやつ

やっぱり安いよね
普通の小籠包でいっこ60円ほど

一人なのでハーフサイズ頼んだが
基本サイズは8こ入り

めっちゃ楽しみ〜

1303_Nam-Xiang-205.jpg

開店早々だったから、
蒸し上がるのにすこし時間がかかる
15分ほどして3段重ねででてきた

 いっただっきま〜す!

やっぱり旨い!

 皮のつるつる感 といい
 肉汁の味加減 といい
 具のボリューム といい

いうことなし!
小籠包は冷めると旨くないので
はふはふ言いながら、
一気に12こを食べ尽す

 う〜ん、満足〜♪

1303_Nam-Xiang-206.jpg

さて、せっかくやって来た南翔饅頭店
小籠包だけではもったいないので
ほかのも頼んだ

 ・蟹黄灌湯包 1こ 22元

これは蟹卵入りの大籠包で、
大きさは551の豚まんくらい

ストローがついていて
まず、中のスープを飲む
熱いのでやけどに注意とかいた旗つき

このスープがまためっちゃ旨い
小籠包とは違い、海鮮の味だよ

でも、スープを飲んでしまうと
それ以外はあまり感動のない普通のお味

1303_Nam-Xiang-207.jpg

小籠包3種と蟹黄灌湯包をいただいて
とりあえず満足して
まったりとした気分で
メニューを眺めていると
他にもいろいろ旨そうなものがある

で、つい、追加注文してしまった


1303_Nam-Xiang-208.jpg

実は南翔饅頭店で小籠包食べて
そのあと、上海焼そばの名店に
ハシゴしようと思っていたが、
外は大雨だったので気が変わって
ここで食べることにした

 ・上海炒麺 湯付き 25元

めっちゃ旨そうな雰囲気で
出て来た上海焼そば

いただきま〜すと勇んで食べたが
ひとくち食べて

 う〜ん・・
 ひと味、いや、ふた味くらい足りない

失敗だ。

やっぱりがんばって上海焼そばの
名店に行くべきだった
ここは饅頭店であって
炒麺店ではないんだ!

と後悔しきり
この日、午後の便で日本に帰るので、
旨い上海焼そばは次回のお楽しみに


1303_Nam-Xiang-209.jpg

あと、ほかにもいくつか頼んだ

 ・蟹黄灌湯蝦球 1こ 8元
   蟹卵入りの海老だんご
 ・蟹黄白玉巻 1こ 8元
   蟹卵と豆乳入りの春巻

どっちも旨かったけど
小籠包に比べると高いねぇ

1303_Nam-Xiang-210.jpg

ごちそうさまぁ♪

お店にはいってからおよそ1時間半
この頃になってようやく
お客さんが増えて来たよ

いまごろ、豫園の本店では長蛇の行列で
ごった返してるころだろうね

本店は100年の歴史を感じられる
素敵なお店のようだけど
南翔饅頭店の小籠包を味わいたいだけなら
こっちの支店のほうがオススメ


1303_Nam-Xiang-211.jpg

お店の入り口のところから
ガラス越しに厨房を見ることができる

中に向かって写真撮っていいかと尋ねたら
手前のおばさん、のけぞって逃げる
でも若いお嬢さんはこっち向いてVサイン♪

なんだか、楽しいねぇ〜


1303_Nam-Xiang-212.jpg

まさいは小籠包が大好きで
あちこちの名店行ったことがある。

南翔饅頭店のはとても旨かったが
残念ながら、ここはNo.1ではなかった。

ちなみにまさいの小籠包ベスト3はこちら

 1.明月湯包 台北
 2.京鼎樓  台北
 3.鼎泰豐  台北

南翔饅頭店は第4位かな。
どうやらまさいには台湾系のほうが口にあうようだ


■小籠包の記事 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2013年3月 
【店名】 南翔饅頭店 呉江路店
【ジャンル】 小籠包 点心
【住所】 上海市静安区呉江路269号
【キーワード】 小籠包 しょうろんぽう 支店
──────────



大きな地図で見る           
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 臺彩山 登り 中国・桂林
2010/05/07 00:30 |

View Larger Map

この日は中醫醫院、動物園、鍾乳洞と忙しい一日だった
最後の観光は山登りらしい

桂林を上空から見ると↑のような風景
きっと山に登るとすごい景色がみえるんだろうね
まあ、山登りといってもずっと階段らしいけど・・・

Keirin_yama_0502-101.jpg

桂林はカルストなので、あちこちに洞窟とか鍾乳洞がある
これもそのひとつ

 臺彩山 DieCaiShan (臺の字まちがってるかも・・・)

入り口になんとか山と書いてあるけれど、
漢字が難しくて出てこないね

Keirin_yama_0502-102.jpg

こちらは洞窟に入ったあたりに
いっぱい彫ってある仏様たち
すごい数の仏様がいらっしゃいました

Keirin_yama_0502-103.jpg

階段を何百段か登って、やっと山頂についたよ
うひゃーって声がでてしまうくらい素晴らしい景観
山頂は狭いので簡単に360°を見渡せる

まずは住宅地が並んでる南の方角
けっこう集合住宅がおおい

Keirin_yama_0502-104.jpg

上の写真からすこし左方向(東)をむいた河側
中の島公園のような島が見える。
この島は『Fulongzhou』という中洲
そして、その先に天保山のような小山。
伏波山というらしい。 可愛いね!

Keirin_yama_0502-105.jpg

こちらは山の西側
西清湖の向こうに見える山々
手前にみえる建物も昔風で
まさに掛け軸の山水画に出来そうな風景

Keirin_yama_0502-106.jpg

そして最後は遥かなる漓江の流れ
山からみると北の方角だから河の上流方向

それにしても四方八方素晴らしい光景だね
苦労して石段を登ってきた甲斐があったよ


桂林の旅 おわり


■2005年2月
■キーワード: 桂林 漓江 


【桂林の旅】
■漓江下り
■船内昼食
■桂林中醫醫院
■七星公園 桂林動物園     
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 七星公園 動物園 中国・桂林
2010/05/06 00:29 |
Keirin_zoo_0502-101.jpg

今回の桂林ツアーは漓江下りがメーンエベント
それが終わってしまうとたいしたところがない

とはいえ、3泊4日の旅なので
どこかに行かないと時間が余ってしまう

だからかどうか知らないが
きょうは桂林動物園に連れていってくれるらしい

 ツアコン はーい、きょうは世にも珍しい動物がいる動物園にいくあるよ

 みんな 世にも珍しい動物ってなんなん?

 ツ トラとパンダあるよ

 み どこが珍しいねん!

とはいえ、こんな中国の奥地の動物園
どんなとこか、ちょっと興味わくよね

Keirin_zoo_0502-102.jpg

 ツ はーい、これが世にも珍しいトラあるよ

 み んー、ふつうのトラに見えるけど・・・

 ツ いあいあ、こんなトラ、世界広しと言えども、
   ココにしかいないあるよ

 み へー ・・・

Keirin_zoo_0502-103.jpg

 ツ ほらー、可愛いネコちゃんみたいに、ゴロゴロするあるね

 み あはは、ほんまや。 まあ、可愛いいけど、日本にもおるで!

 ツ このつぎが、すごいあるよ!

 ツ このトラ、背中に乗ってもだいじょうぶあるよ

 み げー、トラの背中に乗るん? コワー

 ツ だれか記念に、トラに乗りたい人いるか?

 み いややー、コワーイ

トラの背中に乗るなんて、
そんな無謀なことする人いないと思って周りをみまわしてたら

 少年 ぼく、乗りまーす!

 みんな あほー、ヤメとけー!

 少年 だいじょぶだいじょぶ

Keirin_zoo_0502-104.jpg

若いということは、すばらしーねー と
周りの年寄りたちは口々に言う

みんなひやひやしながら見てたら,
ほんとにおとなしいトラで、背中に乗られてもびくともしない。

それを見た、少年の母

 母 わたしも乗ってみるわ!

 みんな おい、ふたりも乗って大丈夫か?

またまた、ひやひやして見てたらどうやら無事

ところが、その母
トラから降りるときに、トラの足を踏んだ

 トラ びくっ!

 みんな ひえ~っ

一瞬、みんな青ざめたが、
冷静なトラ君、一瞬ビクっとしただけで、また座る

それにしても、日本ではいくらおとなしいトラでも
こんなパフォーマンス、でけへんやろな

Keirin_zoo_0502-105.jpg

さて、おつぎはパンダ
どのへんが世にも珍しいパンダなのか?

説明書きが英語と日本語で掲示してある。
英語はわかるけど、こんな田舎で日本語の説明書きがあるとは…

これによるとどうやら、世界最高齢をめざすパンダらしい
なかなか上手な日本語で書かれてるけど、
ところどころ、思わず笑ってしまう表現があるよ

 わたしは36歳の世界記録を打ち破ろうと思います。
 けれども、天命は誰が知るもんか

ははは!

 ただいま、皆様はわたしのために寄付を募っていらっしゃって
 わたしもこころから非常に感謝しております。

 桂林市七星公園は皆様のご寄付金をパンダ美美に全部残って
 使用すゐと丁重に承諾します。

まあ、変やけど、意味はわかるな
る と ゐ を間違えるとこなんか、外人の翻訳って感じ。
でもきっと、まさいが書く英語って、こんな感じなんやろなー

Keirin_zoo_0502-106.jpg

さらにこう書いてある

 寄付なさった団体に対して、わたしは応接間(外の運動場)へ
 皆様を迎えいたして、記念に写真をお供に写しいたします。

いやー、丁重にどうもありがとう♪

残念ながら、この日は高齢のパンダ美美ちゃんは
疲労のため、ずっとおやすみのようでした。

でも、調子のいいツアコンが言ったとおり、
世にも珍しいトラとパンダを見ることができて
けっこう楽しめたひとときでしたよ♪


■2005年2月
■キーワード: 七星公園 桂林 動物園 美美


【桂林の旅】
■漓江下り
■船内昼食
■桂林中醫醫院




大きな地図で見る     
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 怪しい治療 桂林中醫醫院 中国・桂林
2010/05/05 00:01 |
Keirin_town_hospital_0502-101.jpg

日本語ペラペラの中国人ツアコン
きょうも朝から調子よくしゃべりまくる

 ツアコン はーい、きょうは珍しいところ連れていってあげるあるよ

 みんな どこですかー?

 ツ それは行ってのお楽しみあるよ~!

 み えー、楽しみだけど、しんぱーい

このツアコンさん、日本人以上に日本語の言い回しをよく知ってる
でも、まだ日本には来たことがないらしい
たった数年勉強しただけで、これだけ日本語をしゃべれる
すごいねー、中国人の言語能力!

それはそうと、みんなが連れていかれたところはココ

■桂林中醫醫院 桂林市

 みんな えー、醫院! こんなとこでなにするんですか~?

 ツアコン ここは中国でも三本の指に数えられる
      有名な中華医療の病院あるよ

 み だから、なにするんですか~?

 ツ それははいってのお楽しみあるよ!

Keirin_town_hospital_0502-102.jpg

なんか分からないまま、みんなが連れていかれたのはこの小部屋

部屋には窓もなく、入り口の扉をしめたら密室
正面には『拳頭処方』と書いてあるよ
おいおい、頭なぐられるんか?

そして、なにやら偉そうな老先生が出てきてしゃべり始めた

 老先生 この病院は中国4000年の歴史を誇る、なんちゃらかんちゃら・・・
     西洋医学では治せない病気でも、なんちゃらかんちゃら
 
 みんな おいおい、大丈夫かよ?

 老先生 いま、中国伝統の医療に最新の技術である電気治療を導入し・・・

と、とうとうと説明がつづく

このあたりでみんなの席にこれがでてきた

Keirin_town_hospital_0502-103.jpg

 みんな おい、これなんや? 検尿か?

 まさい んー、お茶とお酒に見えるけどな

 みんな 飲んでも大丈夫か?

 まさい さあ、大丈夫かどうか、飲んでみ?


老先生の説明は続く

 老先生 この若いふたりの助手がそれぞれ片手に電極を持つあるよ

 みんな おい、あれ、コンセントみたいなんに繋がってるで!

 老先生 はーい、みなさん
   そして、ふたりの間に電球を持つあるよ
   さーて、どうなるか?

 みんな 感電するやん

 老先生 はいっ!


ぴか~っ


 みんな おお~! 電球がついた!

 老先生 そうあるよ。 ふたりのカラダを電気が流れて電球がつくあるよ

 みんな  げー、こわー

 老先生 さて、治療はこれからあるよ
   このふたりの間に座って、両側から電気を加えると
   肩こりがあっというまに治るあるよ
   だれか、試してみるアルヨ!

 みんな いややー、コワーイ

Keirin_town_hospital_0502-104.jpg

こんな怖い治療、だれもやる人いてへんやろうと思って
みんな、周りを見回してたら

 おばちゃん わたし、めっちゃ肩こってんねん
    タダみたいやし、やってみるわ!

 みんな おおーッ!


さすが、大阪のおばちゃん。 勇気あるね~


 老先生 じゃあ、ココ座るあるよ

 おばちゃん はーい♪

 老先生 では、いくあるよ、はいっ!

 おば きゃぁ~

 みんな おいおい、大丈夫か?

 おば きゃぁ~、めっちゃ気持ちえー!

 みんな 肩こり治った?

 おば はいな、ビリビリきて、びっくりして治ってしもたわ!

Keirin_town_hospital_0502-105.jpg

それにしても勇気あるおばちゃん、さすがっ!
ほかにこんな勇気ある人いなやろと思ってたら・・・

 お嬢さん わたしもお願いしま~す♪

 みんな おおーッ!

おばちゃんだけでなく、若いお嬢さんまでが立候補する

 お嬢 わたしも肩こりヒドイんですー。 

 老先生 はい、じゃあ、ここに座るあるよ。

 お嬢 はぁ~い♪

 老先生  ほな、いくあるよー、はいっ!

 お嬢 きゃぁぁぁ~


このお嬢さんも、ビリビリが気持ちよかったーとおっしゃる。
勇気ある女性、お二人までも気持ちいいというので、
このあと、ほとんど全員が治療を受ける

もちろん、まさいもコワゴワうけて見たよ
なんか、弱い電流がビリビリビリって感じでながれる
ふたりの助手さんが肩をつよく握ると電流が強くなる感じ


で、みんなが治療をうけてるあいだに
席には何枚かの紙が配られた

『桂林中醫醫院特製漢方薬』

あはは、漢方薬の販売やったんか
それにしては前振りがめっちゃ長かったなぁ~
しかも、電気治療と関係ないし(笑)

まあ、いろんな効用が書いてあって
なかなか日本では手に入らなさそうなものもある。
値段もそんなに高くなかったので、
けっこう買ってる人もいたよ

怪しい密室からでると、調子のいいツアコンが待ってた

 ツアコン みなさーん、健康になりましたかー!

 みんな はーい♪

最初、不審な密室に入れられて不安だったけど
けっこう楽しい醫院訪問でした。


■2005年2月
■キーワード: 桂林 中醫醫院 漢方 電気治療

【桂林の旅】
■漓江下り
■船内昼食

___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 漓江下り 船内昼食 中国・桂林
2010/05/04 12:00 |
Keirin_Lunch_0502-101.jpg

桂林から陽朔まで、およそ4時間の漓江下り
あさ10時ころ出航なのでお昼をはさむ

お昼ごはんどうするんだろうと思ってたら
ちゃんと12時頃に2階席に運ばれてきたよ

Keirin_Lunch_0502-102.jpg

まずはやっぱりビールだよね!
日本では入手不可能な現地ビールだよ

 ・桂林口卑酒 (口卑 で一文字)

読みは Guilin Beer

味は薄目だけどさっぱりしていておいしい。
ラベルに(゜P)と書いてあるのはプルーフ

Keirin_Lunch_0502-103.jpg

前菜は揚げ玉子
ゆで玉子を油で揚げたもの
太平燕(タイピーエン)に乗っかってるアレだね
ビールのつまみにとてもに美味しい

Keirin_Lunch_0502-104.jpg

汁物は茄子と青菜かなんかを煮込んだもの
どんな味だったかあんまりよく覚えてない・・・

Keirin_Lunch_0502-105.jpg

こちらは豚肉と野菜の炒め物
可もなく不可もなくというお味
他に鶏の揚げ物とかでてきたかな

このあたりで日本語ペラペラの現地人ツアコンさん言う

 ツアコン このあたりでは、カニの唐揚げが名物あるよ

 みんな 食べたーい♪

 ツ 追加料金必要あるけど、いいか?

 み はーい!

ということで追加注文してでてきたのがコレ

Keirin_Lunch_0502-106.jpg

うひゃー、山盛り
これを8人でめしゃめしゃ食べる
高温の油でカラッと揚げてあるのでとっても美味しい
あっという間になくなってしまったよ

心配した追加料金も高くなかった
ビールとあわせてひとり500円くらいだったかな

中華料理というのは様々な調理法があって
めっちゃ美味しいものから、
ちょっと、ムリ~ というものまである

このあたりのお料理は味付けにあまり特徴がなく
まずくもないが、特別美味しいわけでもない
サワガニの唐揚げ以外はさほど印象にのこらない船内昼食だった

昼食後も、引き続き、漓江を下っていく


■2005年2月
■キーワード: 桂林 漓江 陽朔 沢蟹 サワガニ     
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 漓江下りの旅 中国・桂林
2010/05/03 18:49 |
Keirin_Riko_0502-101.jpg

いまから5年前の2005年2月のこと
中国好きの友人と3人で

■中国 桂林 (Guilin) の旅

というのにいってきた。
桂林、正しくは 中華人民共和国広西チワン族自治区桂林市
いろんな行き方あるけど、今回は広州で飛行機を乗り換え

格安パッケージツアーなので
飛行機・ホテル・日本語のできる現地ツアコン
すべての食事・バス移動などが
全部コミコミで

・4万円

くらいだったよ。

Keirin_Riko_0502-102.jpg

桂林といえば、知る人ぞ知る

山水画の世界

を実際に見れるところ
あの中国の山水画って、空想の世界じゃなかったんだ~
って、ここに行ってみてほんとに思った。

Keirin_Riko_0502-103.jpg

その山水画の世界をいちばん実感させてくれるのが

・漓江下りの旅

そう、漓江(りこう)という河を下っていく

『桂林の旅』にはもちろん、『漓江下り』もついてる
この日は日本人客が8人くらい
日本人は上客なのか、2階席を貸切状態だったよ

出航のときは、小さな曳舟に引かれて
河の真ん中まで出る。

Keirin_Riko_0502-104.jpg

出航すると、まもなく『水墨画の世界』がはじまる
もう、ほんと、幻想的だねー

船の2階のデッキでぼーっとする
なんだか、仙人になった気分だよ

Keirin_Riko_0502-105.jpg

船は全部で4時間
つぎつぎと現れる山水画の世界に
ほんと酔ってしまいそうだね

こんな山ができたのは
このあたり一帯が石灰岩でできたカルストだから
何万年ものあいだ、雨が侵食してこんな地形ができた

Keirin_Riko_0502-106.jpg

2階のデッキで景色をぼーっと眺めてたら
むこうのほうから、筏にのった人たちがやってくる

漓江にいかだ、のどかだね~

あれれ、なんか、えらく船のちかくまでやってくるよ~

Keirin_Riko_0502-107.jpg

あれよあれよと思って見てたら
その筏、とうとう、ぼくたちの乗ってる船に接岸した!
そして、離れないように、縄で縛り付けてしまったよ

Keirin_Riko_0502-108.jpg

そして、筏にのったおっさん
かごのなかから、なにやらもちだしてきたよ

おい、まさか、こんなとこでシージャック?

Keirin_Riko_0502-109.jpg

船の反対側でも
べつの筏が接岸して、
こっちは若いおっさんがなんか叫んでる

Keirin_Riko_0502-110.jpg

あはは、なんや~
木彫りの仏像みたいなんを
『しぇんえん・しぇんえん』といって
日本人に向けて売りつけようとしてるよ

ひとつ千円らしい

叫んでる言葉の意味がわかったとたん
あはは、と笑ってしまった

あちこちに漂ってる筏は
土産物を売ってるひとたちだったんだね

まあ、千円なら記念にいいねって
買ってる人がいたから、結構売れるのかもね

Keirin_Riko_0502-111.jpg

筏のおみやげ屋さん騒ぎも30分ほどで終了
ふたたびのどかな山水画の世界に戻る

こんなまーるい山もあるんだね

Keirin_Riko_0502-112.jpg

こちらはとんがった山
大きなネコの耳にも見えるね~

見る角度によって、いろんなものに見えてくる

Keirin_Riko_0502-113.jpg

なにやら、原住民の住んでるおうちもあるね
こんなところに住んでる人たち
どんな生活してるんだろー

あー、さっきのおみやげ売りたちも
ココに住んでるのかな?

Keirin_Riko_0502-114.jpg

昔の絵描きさんたち
こういう風景を見ながら
山水画を描いたんだろうね

Keirin_Riko_0502-115.jpg

日本の浮世絵の世界も素晴らしいけど
中国の山水画の世界もほんと幻想的で素敵だよね
昔の芸術ってすごいと思う

Keirin_Riko_0502-116.jpg

終点の街がみえてきたよ
ここは

・陽朔 Yangshou

という街。 ヤンショウ と読む
もちょっと詳しく書くと
中華人民共和国広西チワン族自治区桂林市陽朔県

桂林から陽朔までのあいだ
街らしい街を見なかったけど、
ここはけっこう人がたくさん住んでる街のよう

Keirin_Riko_0502-117.jpg

港のまわりには
家なのか船なのかわからないのがいっぱいいるよ
この中で住んでる人もいるようだね

Keirin_Riko_0502-119.jpg

陽朔の街
欧米人向けのカフェのようなお店もあるね
やっぱりここは観光地だから
世界中の人達がくるんだろうな
桂林の街よりもずっとおしゃれな感じ

Keirin_Riko_0502-120.jpg

通りのあちこちでこんな生簀をみたよ
箱のなかに生きた魚が泳いでる

どうやら、このなかから好きなのを選んで
お料理してもらうよう
なんか、鯉のような魚がいっぱい泳いでた

Keirin_Riko_0502-121.jpg

漓江の支流のようなところにかかった橋をわたったとき
向こうのほうからいっぱい筏がやってきた
なんだろうと、見てたら・・・

Keirin_Riko_0502-122.jpg

どうやら筏の遊覧船らしい
カップルが乗っていて、記念写真を撮ってるよ
楽しそうだねー

まさい ぼくもあれに乗りたいな~

ツアコン 日本人は乗れないよ

ま えー、なんでなん? 人種差別やん!

ツ いあいあ、以前、日本人が筏から落ちて溺れた事件があって
賠償金がすごく高かったので、それ以来、日本人は載せないね

ということらしい。
まあ、真偽の程はわからないけど、ありそうな話しだね

Keirin_Riko_0502-123.jpg

それにしても、幻想的でとても素敵な川下りだった
これだけでも、はるばる桂林までやってきた価値があったよ

みなさん、機会があったら、ぜひいちど桂林に行ってみてください
とっても感動的な風景が待ってますよ


■2005年2月
■キーワード: 中国 桂林 陽朔 漓江 Guilin Yangshou




大きな地図で見る
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 万里の長城 The Great Wall 中国・北京
2007/09/10 01:33 |
CIMG6815-1.jpg

北京の主な観光地はほとんどいったけど
やっぱり一番壮大で感動するところはココ

■中国八達嶺長城景区

そう、あの有名な万里の長城
3年ぶりに行ってきました♪
前回の記事はこちら
北京市内からバスかタクシーで約1時間の距離

CIMG6808-1.jpg

前回はパッケージツアーで来たので自分でお金払わなかったけど
ここから長城に入るためには

・45元 約750円

の入場料を払わないといけません。
う~ん、中国の物価で750円、かなり高いんちゃう?

CIMG6809-1.jpg

でも、やっぱり、万里の長城、すごいです
きょうは観光ガイドではあまり見れない写真をいっぱい見てね!

万里の長城、英語で書くと

・The Great Wall

そう、『偉大な壁』
ほんと、グレートです。
トップの写真は八達嶺長城景区の入り口から撮したちょっと遠景
右のほうにあるカンバンは『2008年北京オリンピック』

CIMG6823-2.jpg

入り口からはいって

 右が 女坂
 左が 男坂

なにが違うかというと、上り下りのしんどさだね
↑は女坂の歩き始めの光景。
なだらかなんだよね

CIMG6825-1.jpg

こちらは女坂をすこし登ったところから見た『男坂』
したに駐車場が見えるね
向こうの男坂、あんまり険しく見えないけど、かなり急らしい

CIMG6826-1.jpg

緩やかな『女坂』とはいえ、やっぱり急な階段もあるよ
ここの階段、石畳になってるんだけど
毎年何千万人もの観光客があるくので、石がすり減って
真ん中が凹んでる。

CIMG6829-1.jpg

これは女坂の途中の要塞からみた、さらに先の方の景色
クレーンもヘリコプターもない何百年も昔に
こんな山深いところにこれだけの石をよく積み上げたもんだな~
その工事現場の風景を想像すると、胸にこみ上げてくるものがある

CIMG6835-1.jpg

要塞の窓からみた、外の光景
よく、昔の戦争映画であるように
敵が攻めてきたらここから矢を放って防戦する
戦いのないいま、ここから眺める景色はほんとに最高!

CIMG6837-1.jpg

これも要塞の上からみた女坂
いま歩いてきたところだよ。
比較的緩やかな女坂とはいえ、けっこう急な坂道。

CIMG6812-1.jpg

八達嶺長城景区の入り口前にならぶお土産屋さん
中国らしく、値切るとすぐに半額以下になる。
値切るコツは…

店 これ20元あるよ
客 10元にしてよ!
店 いや~、それはムリあるよ
客 じゃ、いらない。(帰るフリして、歩き始める)
店 あ~、おけおけ、10元でいいあるよ
客 はーい♪

いらないといって帰るフリするのが、コツ(笑)

CIMG6811-1.jpg

駐車場にもどるところで、ふと横をみると…

・Starbucks Coffee

のカンバンがあるよ。
いい雰囲気のカフェだったよ~

CIMG6846-1.jpg

これは北京市内に戻る途中にとおりかかった

■北京オリンピック メインスタジアム

だよ。
鳥の巣をイメージして設計してあるらしい。
ぼくには『燕の巣』に見える。
美味しそう~♪


■2007年7月
■キーワード: 北京 万里の長城 オリンピック スタジアム


___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 鼎泰豐 小籠包 北京・新光天地店
2007/06/25 00:02 |
DSCF6599-1.jpg

2泊3日の北京、二日目の夜
今夜のばんごはん、なにを食べようかなぁと考えながら
なにげに、きのういった鼎泰豐のショップカードを見ていたら

■鼎泰豐 小籠包 北京・新光天地店

わー、北京にもう一軒あるやん
おまけに、きょうの昼間いってた『新光天地』
タクシーで行けば10元でいける距離!

DSCF6598.jpg

きゃー、連ちゃんでいくぞー!
鼎泰豐オタクのまさいは躊躇なく決定♪

新光天地は最近出来たショッピングモールらしい
ものすごく綺麗なショッピングセンター

きのうぶりの鼎泰豐、やっぱり嬉しい♪
きょうはちがうメニューを食べよう!

DSCF6601-1.jpg

やっぱり最初にスープを頼んだよ
きのうは鶏肉入りスープで感動したけど、
きょうは前評判の高いこれ

・四川風スパイシー五目スープ 18元

いわゆる『酸辛湯(サンラータン)』だね
とってもよい香りがするよ~
これでもかというくらい具が入ってるし!

DSCF6603-1.jpg

すくい上げてみるとこんな感じ
五目どころか10目以上はいってるんじゃないかな
一口いただきました!
美味しい~。 でもそんなに辛くない。
適度な辛さに適度な酸味
きっと日本人ウケする美味しさだよ♪

きょうも小籠包を2種類頼んだよ
まず最初はこれ

・特製ミニ小籠包 スープ添え 20個 58元

DSCF6604-1.jpg

これは台北のお店でも土日の朝9時~10時のみしか
食べられない逸品!
ところが、ここ北京では常時食べられる♪
なんだかすっごく得した気分だね
普通は20個がこの蒸籠にはいってるのでびっしりって感じだけど
きょうはハーフサイズにしたので、余裕しゃくしゃく(笑)

DSCF6608-1.jpg

ミニ小籠包はこのスープと一緒にいただきます♪
この鶏がらスープがまた美味しいんだよね~

DSCF6610-1.jpg

はい、このようにスープに浸して
スープといっしょに一口でぱくり。
うー、旨い♪ 
ぱくぱくぱくぱく… とあっというまに10個ぺろり!

DSCF6625-1.jpg

きのうの東直門店も洗練された雰囲気だったけど
この新光天地店はもっと洗練された感じだね♪
ただ、このお店、難点がひとつ
オーダーしたのをもってくるのが早すぎ!
つぎつぎもってくるから、食べるの間に合わなくて冷めちゃう…

おつぎはコレ

DSCF6614-1.jpg

みかけはふつうの小籠包。 でも実は

・特製海鮮小籠包(数量限定) 10個 78元

北京のお店であつかってる4種類の小籠包の最後のひとつ
ふつうの小籠包の2倍のお値段だよ

まだ、前のミニ小籠包を食べはじめたときに
コレ持ってきたから、蒸籠の下の段にいれて
冷めないようにしておいたの。
で、熱いうちに食べなきゃと焦ってたので、
集合写真 撮すの忘れた…(笑)

これ、海鮮なのでふつうの小籠包とはまったく違う味だよ
ほんと別物。 すごく美味しい。
でも、ふつうの小籠包とコレとどっちが好きかというと
ふつうのヤツのほうがいいなぁ!

さて、きのうは最後にちまきを頼んで失敗(笑)したので
きょうは麺にしたよ

DSCF6620-1.jpg

日本でも食べたことのある、『坦々麺ごまダレ和え』に
しようかとおもったんだけど、やっぱり食べたことのないやつにした

・ねぎそば 醤油ソース和え 20元

安いよね~、20元 約340円
葱と醤油のとっても良い香り

DSCF6623-1.jpg

かなり美味しいけど、ちょっとひと味足りない感じ
ごま油をすこしかけて、あとちょっとピリ辛にすると
もっと美味しくなりそうだな
まだ、研究の余地ありだね、鼎泰豐さん!

DSCF6628-1.jpg

最後にきょうはこのお茶にしたよ

・台湾特撰ウーロン茶 2元

安っ! 34円
このウーロン茶、のんびり飲みながら
また、まわりのお客さんを観察してたの(笑)
いろんな人いるね~
ウーロン茶イッパイ飲んで、ぼ~っとしてたら
お茶のおかわりいれてくれた。
34円で30分以上楽しめたよ♪

ふつか連続で来てしまった、鼎泰豐
でも、ここは飽きないね~
次回北京くるときも、きっと鼎泰豐にきてしまいそう(^_^)/


──────────
【訪問日】 2007年6月
【店名】 鼎泰豐
【ジャンル】 小籠包 など
【住所】 北京市朝陽区建国路87号6楼D6001
【最寄駅】 地下鉄 大望路駅 徒歩10分くらい
【電話】 010-6533-1536
【営業時間】 月~金:11:30-21:30
       土・日:11:30-22:00
【定休日】 なし
【キーワード】 台湾 台北 鼎泰豊 ディンタイフォン DinTaiFung Din Tai Fung
【その他】
──────────


大きな地図で見る
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 鼎泰豐 小籠包 北京・東直門店
2007/06/24 00:38 |
DSCF6547-1.jpg

北京に2泊3日
初日のばんごはん、なにを食べようか迷ってたら、
これが北京にあることを見つけたよ(^_^)/

■鼎泰豐 小籠包 北京・東直門店

きゃー! いくいく!

日本で食べたときもけっこう美味しかったけど、
台北の鼎泰豐で食べたときは感動的な旨さと安さだった!
北京なら同等の感動を得られるかな?

DSCF6548-1.jpg

地下鉄で『東直門駅』まできてそこから歩いたんだけど
ちょっと道に迷って、30分くらいさまよってたよ(笑)
やっとこさ、お店についたのは平日の夕方5時半ころ
まだ、店内はガラガラ♪
席について、鼎泰豐の食器とお箸を前にすると
なんか、ドキドキしてきた!
ひさしぶり~♪

台北では小籠包しか食べなかったので
きょうはほかのものも頼もう!
まずはこれ

・鶏肉入りスープ 38元

DSCF6553-2.jpg

見て! この透き通ったスープ♪

メニューの解説文によると、

‐鶏スープの碗の中には、もも肉、手羽肉、胸肉、背肉が
 盛られています。 原料の鶏を水通し、茹でる、煮込むなどの
 厳密な6行程を経て、さらにとろ火で6時間以上煮込んで
 作り上げたスープは、濁りなく澄んでおり、薫り高く深いコクと
 甘みが引き出されています。

そとから見ても、4種類の鶏肉がはいってるのがひとめでわかるね
そして、とってもよい香りです。

一口いただきました。
うわぁ~、なにこのコクのある味!
いままで何百回もチキンスープ食べたことあるけど
こんな素晴らしいのは生まれて初めて♪
感動的!

DSCF6558-1.jpg

そして、この鶏肉がまた素晴らしい。
見かけはしっかりしてるけど、お口にいれると
ホロッと分解しちゃう。
すごく手間ヒマかけて煮込まれたのがほんとに体感できるよ

‐開業前の半年間、スープの命である理想の鶏肉を求めて
 試食と選別を繰り返し、最終的に最高の肉質を持つ地鶏を
 原料として選び出しました。

そして、鶏肉自身もほんとに美味しい、味のあるお肉だよ
鼎泰豐にきて、スープでこんなに感動するとは思わなかった…
想定外の事態発生!!

マジ、ヤバイよ、コレ!

DSCF6559.jpg

さて、いまからメインエベント!
日本の鼎泰豐とちがって、海外の鼎泰豐では
小籠包は基本的に一人前10個
きょうはひとりなので、小籠包とあと一種類くらいしか
食べられないだろうな… って思ってきたんだけど
メニュー見てたら、『ハーフサイズ可』って書いてあるやん(^_^)/
わー、嬉しい。 いろんなの食べられそう♪

最初はもちろん、これ

・特製小籠包 10個 38元

のハーフ 

ふつう10個はいってる蒸籠に5個なので、
ちょっと見かけが寂しいね(笑)

DSCF6562-1.jpg

鼎泰豐特製の針生姜に酢と醤油をまぜて
それに小籠包をひたして食べる
もぉ~、し・あ・わ・せ!
懐かしい小籠包のスープの味が口中に拡がります♪
5個なんて、あっというま(笑)
ほんとはもっと食べたいけど、がまんがまん!

DSCF6564-2.jpg

おつぎはコレ。 鼎泰豐でたべるのははじめて。

・海老入り豚肉焼売 10個 55元

ぼくは海老焼売大好きなのでワクワクだよー!

DSCF6567-1.jpg

見て、このウェストのくびれ具合。 セクシィだね(*^_^*)
てっぺんにおおきな海老がひとつ
鼎泰豐の点心はみんなそうなんだけど
この皮の薄さ、なめらかさが美味しいんだよね~

DSCF6572-1.jpg

つぎつぎくるよー
こんどは、コレ

・特製カニ肉、カニみそ入り小籠包 10個 58元

写真では最初の小籠包とあまり違いがわからないけど
よく見ると、透けてる中身が黒っぽい!
きっとカニみその色なんだろうね
これも熱いスープに気をつけながら
お口に入れると、流れ出してくるスープがぜんぜん別物
カニみその美味しい香りが口中にひろがる~♪
絶品です!

DSCF6576-1.jpg

台北のお店でも厨房の人の多さにびっくりしたけど
ココもおなじ。 
ガラス張りの向こうの厨房に白装束のオトコ達が…
厨房にいるから、小籠包つくってるんだろうってわかるけど
この人たちがこの白装束で街を歩いてたら不気味だね ^_^;

DSCF6577-1.jpg

鼎泰豐にはギョウザもあるよ

・海老入り豚肉蒸し餃子 10個 38元

ふつうの野菜肉入り蒸し餃子もあったけど
海老好きのまさいはつい海老入りを注文
旨いウマイ!

かなりお腹がいっぱいになってきたので、
最後にごはんものか麺類たべよう!
麺類は一人前食べきれないかもしれないので、
中華ちまきでもたべようかなっておもって
お願いしたのが、コレ

・豚肉ちまき 1個 15元

DSCF6582-1.jpg

うわっ、でかっ!

むこうのほうに見えてる、レンゲの大きさと比べてみて?
これ、麺より重そう…

DSCF6584-1.jpg

巨大なちまきを割ってみると
なかからたっぷりの豚肉が!
いやぁ、もう、お腹が苦しぃ~

DSCF6581-1.jpg

最後にジャスミン茶をいただいて
しばしのあいだ、他のお客さんを眺めながらゆっくりしました
それにしても、大満足なひとときだったよ
小籠包はもちろん美味しかったけど
いろいろ新しい発見のあった、きょうの鼎泰豐だったねー

ある人から、台北の本店より北京のお店のほうが
美味しいという噂をきいたんだけど…
たしかに美味しかったよ。
でも、本店以上かどうかはよくわからない。
また、台北のお店いってみよー

──────────
【訪問日】 2007年6月
【店名】 鼎泰豐
【ジャンル】 小籠包 など
【住所】 北京市朝陽区新源西里中街24号
     (漁陽飯店西北角)
【最寄駅】 地下鉄 東直門駅 徒歩15分
【電話】 010-6462-4502
【営業時間】 月~金:11:30-14:30 17:00-22:00
       土・日:11:00-22:00
【定休日】 なし
【キーワード】 台湾 台北 鼎泰豊 ディンタイフォン DinTaiFung Din Tai Fung
【その他】
──────────


大きな地図で見る
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 佛跳牆 五月花海鮮大酒樓 中国・珠海
2007/05/04 00:48 |
DSCF3231.jpg

中国・珠海というところにいくことが決まって
地球の歩き方とかその他の中国のガイドブックを
調べてみたんだけど、珠海の情報はほとんど載ってない…
香港・マカオの隣だということはわかったけど
いちばんの重要問題、『美味しいお店情報』はゼロ ^_^;
せっかく珍しいところいくのに、これではどこで晩ご飯たべたらいいん? って

と途方にくれていたとき、
mixiの『不夜城マカオ』コミュ経由でみつけたこのブログ

■中国 珠海 生活日記 nishiwopengyouさん

わぁ~ 探せばあるもんだね
まさに、珠海にお住いの方の生の情報!
さっそく参考にさせていただきました♪

こちらのブログではいっぱいお薦めのレストランがあったんだけど
きょうはこちらに行ってきました

■五月花海鮮大酒樓

選択の決めては『ハトの丸焼きが美味しい!』
さすが中国の料理店。 店頭にこんなのがつるしてあったよ ^_^;

DSCF32321.jpg

中国人男性1人、中国人女性1人(どちらも日本語可)
と日本人男性2人の合計4人でいってきました。

もちろん、最初にオーダーしたのはこちら

■招牌乳鴿皇 21元/一羽 (300円くらい)

そう、ハトの丸焼きです!
この時点では、このハトの丸焼きがきょうのディナーの
話題を独占すると思ってたんです…

DSCF32421.jpg

これが、そのハトの丸焼きです
思ったより小さかったけど、ぜんぜん臭みもなく
とっても美味しかったですよ。
まあ、丸焼きとはいっても、分解してあって
お肉は手羽肉ともも肉しかなかったです。
ハト胸食べてみたかったんだけど(笑)

DSCF3248-2.jpg

メニューの名前がわからないんだけど
揚げ出し豆腐のような感じの豆腐を広東風に味付けしたもの
豆腐の柔らかさ、食感が最高でものすごく美味しかった!

すでにハトの丸焼きを食べ終わって、ぼくはけっこう満足していたときに
メニューを見ていた、同行の中国人男性のJさんが突然、

『おおっ、佛さまが跳んで喜ぶスープがありますよっ!』

って興奮した様子で騒ぎ出したんだ…

DSCF3241.jpg

あまりの美味しさに仏様でも飛び跳ねて喜ぶらしい。
Jさんの様子がただごとではなさそうだったので(笑)
じゃあ、それを頼みましょうってことになった。

■海味佛跳牆 68元/鼎(およそ1000円)

しばらく待つと、おおきな壺にはいったものがでてきたよ!
運ばれてきたときはメニューの写真と同じような
蓋つきで、蓋と壺とのあいだには紙がしかりと貼られていた。

DSCF3256-1.jpg

煮込むときに密封して圧力鍋のようにするためなのかな?
ぱっと中をみたところ、すごい量の具がはいってるよ。
興味津々!
壺からのぼってくる香りもとっても美味しそうなんだけど
いろいろなものが入っているようで、複雑な香り(笑)
まずは小姐がいっぱいよそってくれました。

DSCF3261-1.jpg

まずは一口、スープをいただきました。

おおっ~!  ぶっ跳びそうです!
すばらしい♪ いろいろなものの味がまざりあって
とっても複雑な味なのでうまく説明できないけど
ほんとに仏様でも飛び跳ねて喜びそうなくらい素晴らしく美味です!

はいってる具もとても美味しい。
この肉団子のようなモノもとろけそうに柔らかくて旨いよ~
なんの肉だんごなんだろうね

DSCF3266-1.jpg

なんどもなんどもおかわりしたけど
まだこんなにたくさんの具がのこってるよ
この『佛跳牆』、予期せずみつけたメニューだったけど
とてもよい経験をさせてもらいました♪
あとで聞いたところによると、美味しんぼでも紹介されているくらい
有名なお料理なんだって。 興味ある人調べてみてね?

さて、きょうは先にこれも注文してたんだ

■スッポンのスープ 128元/壺

DSCF3268-1.jpg

こちらもまあまあ美味しかったんだけど
さっきの『海味佛跳牆』の陰に隠れてしまって話題にならなかった(笑)
スッポンさん、かわいそう…

DSCF3271-1.jpg

これがスッポンスープの具なんだけど
なぜかいっぱい豚肉がはいってるよ(笑)
スッポンの肉は溶けてしまったのか、ほとんど見つからなかったね。
スッポンは日本のスッポン鍋のほうが美味しいような気がする。

DSCF3250-1.jpg

ほかに焼きめしと焼きそばとお野菜をいただきました。

DSCF3252-1.jpg

それにしても、なんどもいうけど『海味佛跳牆』は素晴らしかったです
しかも、これがひと壺たったの1000円
信じられない安さだね~
日本でこういうのつくったら、きっとひと壺一万円くらいするだろうな…
ほんとに感動のディナーになりました♪

この五月花は珠海市内に数軒あるけど
有名店なのでタクシーの運転手さんに言えば連れていってくれます


──────────
【訪問日】 2006年12月 
【店 名】 五月花海鮮大酒樓
【ジャンル】広東料理
【住 所】 広東省珠海市
【電 話】 ??
【営業時間】??
【定休日】 ??
【キーワード】 ぶっとびスープ 仏とびスープ 佛とびスープ
──────────
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(2)




| TOP | NEXT
ブログパーツ