English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ お知らせと海外の記事
2037/01/31 23:59 |
■4ヶ月間の東京での自炊日記『日々のまさい飯』はこちら
 (興味のある人限定)

■海外の記事はこちらです → 『ぐるめと旅 セカイ
 Overseas articles, click here
■写真をタップorクリックすると拡大されます
■このブログはみなさんに気持ちよく楽しんでいただけるよう広告がまったく表示されない設定にしています。



___________________________
連絡事項 トラックバック(0) | コメント(6)


■ アニエルドール
2017/10/31 11:54 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
agnel_dor_1710-101.jpg


このところ
まさいお気に入りのフレンチ

 ■アニエルドール

2017年5月にリニューアル


agnel_dor_1710-102.jpg

2017年10月のとある日曜日

秋晴れの青空のもとを・・
と言いたいところだが
この日はあいにくの大雨

店頭も全面リニューアルされてて
なんどもいってるお店なのに
見つけるのに苦労してしまった

agnel_dor_1710-103.jpg

店内もワンランク上の
高級感あふれる
落ち着いた空間に変身している

メニューをみながら
お料理が始まるのを
ドキドキしながら待つひととき

agnel_dor_1710-104.jpg


アニエルドール劇場
幕開けの一品目はこちら

 ・仔牛 南瓜

最近のフレンチのメニューは
素材の記載だけで
説明のないお店が多い

agnel_dor_1710-105.jpg

だからこの素材名から
お味を想像して欲しい

南瓜のスープに
仔牛の牛肉節がかけられた
ひとしなだ

一品目から
くらくらするくらい旨い

agnel_dor_1710-106.jpg

前菜の二品目

 ・鱧 ハモンセラーノ 豆 柚子

これを見て
大阪人シェフやなぁと思たわ

ハモとハモンセラーノ
フランス人シェフには理解不能やろ(笑)

ワインはグラスでお願いした
まず、白
3種類だしてくださった右端の
オーストリー産のリースリング

微妙な甘さに絶妙の香り

agnel_dor_1710-107.jpg

アニエルドールは
阿波座と本町のあいだの
とても静かな中小のオフィス街にある

とくに日曜日に伺うと静かすぎて
こんなに素晴らしいフレンチが
あるなんて想像もできない場所だ

agnel_dor_1710-108.jpg

素敵なふたつの前菜のあと
お魚のお料理にすすむ

 ・龍銀鮭 茄子 チョリソー 蕎麦

龍銀鮭
函館の噴火湾から
川に遡上する直前に捕獲された鮭らしい

agnel_dor_1710-109.jpg

この日いちばん
メニューから想像できないひとしな

 ・イタヤ貝 アキレス キノコ 海藻

どこがイタヤ貝でどこがアキレスなのか

agnel_dor_1710-110.jpg

フレンチではソースが命なのだが
いつも写真ではピントのあわない
すみっこにいらっしゃる

たまにはソースにフォーカスしてみた

この絶品のソースが
お料理の素材の旨さを何倍にもしてくれる

あとから気がついたが
この日は黒っぽいソースばかりだった

agnel_dor_1710-111.jpg

お魚のお料理ふたしなめ

 ・魚 イカ カブ カラスミ

これはわかりやすい
スライスしたカブのしたに
お魚さんとかイカさんが
隠れていらっしゃる

カット図の写真も撮ったが
ひとくち食べたあとだったので
見苦しいので割愛する

agnel_dor_1710-112.jpg

鋭利なナイフが登場する
これがでてくると
お肉のお料理だ

どんなのがでてくるのか
これを見てるだけで
ワクワクしてくる。

agnel_dor_1710-113.jpg

まずは空撮で
全景を把握してみる

まんなかやや下あたりに
ドーンとメイン食材

agnel_dor_1710-114.jpg

そしてこちらが
メイン食材に華を添えて
引き立ててくれるお野菜

agnel_dor_1710-115.jpg

この日のメインディッシュはこれ

 ・丹波黒鶏 マコモダケ 栗 マスタード

フレンチで肉や鶏のローストをいただくと
いつも感動するが
ほんとにパーフェクトな火入れだ

オーブンを秒単位で
コントロールしてるに違いないと思ってしまう

お肉にあわせる赤は
ニューヨーク産のカベルネ・フラン

agnel_dor_1710-116.jpg

そしてデザート

 ・梨 米 発酵乳

絶妙なあまさで
適度なボリューム
少なそうに見えるが
とても満足感が高い

agnel_dor_1710-117.jpg

久しぶりのアニエルドール
そして、リニューアル後
はじめてのおひるごはん

以前のデジュネも素晴らしかったが
さらにワンランクアップして
ほんとにすばらしいものばかりだ

まちがいなく来年度は
ミシュランの☆をもらうことになるだろうが
いつまでも隠れ家でいてほしい
こころからそう願うばかりだ

ごちそうさまでした

agnel_dor_1710-118.jpg

──────────
【訪問日】 2017年10月
【店名】 アニエルドール Agnel d'or
【住所】 大阪市西区西本町2-4-4
【キーワード】阿波座 西本町 フレンチ French ビストロノミー Bistronomy
──────────




アニエルドールフレンチ / 阿波座駅西大橋駅本町駅
昼総合点★★★★★ 5.0

関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■ ぶためし 山ぶた
2017/10/30 19:25 |
 写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Yamabuta_1710-101.jpg


皿をみろ!
あれはなんだっ?

トンカツかっ?
ビフカツかっ?


Yamabuta_1710-111.jpg




いや、あれはメンチカツだっ!




Yamabuta_1710-102.jpg

この日
晩めしを駅ビルあたりで食べようと
うどん棒を目指して早足で歩いてたとき
梅田はがくれのとなりに
こんな店を発見した

 ■ぶためし 山ぶた

『ぶ・た・め・し』
なんと魅惑的な響きなんだ

うどん棒のことなどすっかり忘れて
思わず店に引き込まれる

Yamabuta_1710-104.jpg

そして、メニューを見た瞬間
ぜったいコレにしようと思った

 ・厳選! メンチカツ定食 790円(税別)

しかも使っている豚肉は
鈴鹿・大台山系の恵みを受けた
松阪肉プレミアム100%らしい

Yamabuta_1710-105.jpg

有名洋食店のメンチカツといえば
牛肉100%が基本

ところがここ山ぶたのメンチカツは
豚肉100%とメニューに明記してある
いったい、どんな味なのか?
すごく楽しみだ

Yamabuta_1710-107.jpg

揚げたてで熱々のがでてくる
じゃあ、さっそくひとつめを
いただきまーっす

 サクッ

ほんとにこんな音がした
素晴らしい食感だ

そして下味がついている
その味付けがまたすばらしい

Yamabuta_1710-106.jpg

旨さに感動しながら
サクサクと食べ進む

途中でソースをつけたり
辛子をつけたりしてみたが
やっぱり何もつけないのが
いちばん旨い

事前にリサーチせず
適当にはいったお店で
こんな旨いものを食べたのは
何年ぶりだろうと思うくらい
ほんとに旨かった

Yamabuta_1710-109.jpg

ほかの定食でも
150円だすとメンチカツをひとつ追加できる
あとからきたお兄さんが
メンチカツ定食に
追加でメンチカツを頼んでいたが
その気持がよくわかる

3個でも十分満足だったが
次に来たときはきっと
まさいも追加のメンチカツを
頼んでしまうような気がする

しつこいようだが
山ぶたの豚肉100%のメンチカツは
ほんとにめっちゃ旨かった

ごちそうさま!

Yamabuta_1710-110.jpg

──────────
【訪問日】 2017年10月 
【店名】 ぶためし 山ぶた
【ジャンル】 豚肉料理(松阪豚)
【住所】大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル B2F
【最寄駅】北新地駅 徒歩3分(梅田はがくれのとなり)
【キーワード】豚 ぶた ブタ 松阪 
──────────



ぶためし 山ぶた豚料理 / 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 立ち飲み 立(りゅう)
2017/10/19 23:15 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Ryu_1710-108.jpg

いやぁ、楽しかった(^^) 

東京にもこんだけお店の大将と
お客さんどうしが昔からの友だちみたいに
語りあえる立ち飲み屋さんがあったんやって
めちゃ嬉しかったわ(^^)。
大発見や!

そのお店はこちら
 
 ■立ち飲み 立(りゅう) 新橋
 
隣のビルが工事中で
めっちゃ狭い路地を入ったとこにある。

Ryu_1710-104.jpg

まず嬉しかったのは
この店には飲んだことのない芋焼酎が
山のようにあること。

全部、飲みきるには100回以上も
通わなあかんのちゃうかな(^^)

Ryu_1710-101.jpg

まずはこれ

  ■薩摩茶屋 お湯割り

芋でお湯割りのお薦めをお願いしたら
これを出してくださった。
あの村尾の酒蔵の焼酎だそうだ

いやぁ、実に香りもよくて旨い

Ryu_1710-103.jpg

この日、いっぱいお話ができたのは
指宿出身のお嬢さん
以前、大連に住んでたというおねえさん
長崎から来てるおにいちゃん とか

Ryu_1710-105.jpg

そして鹿児島出身の大将。
東京の人、ひとりもおらん(笑)

そして、狭いお店の中では
あちこちから来ているみんなが
30年来の友だちのように
話が盛り上がる。

最高やな、ここ!

Ryu_1710-107.jpg

お湯割りのつぎは芋ロックを頼んだ
これも大将のお薦め

 ■相良兵六 ロック

これまたロックに最高な芋だ

どちらも決して高級なプレミアム焼酎ではない
しかし、それぞれの飲み方に最高にあう芋だ。
どちらも初めて飲んだがほんまに旨い。

Ryu_1710-106.jpg

アテに頼んだ

 ・にしんマリネ 400円

も旨かった

その後の予定があったので
1時間弱で店を出たが
間違いなくヘビロテの店になるな。

ごちそうそま(^^)

Ryu_1710-102.jpg

──────────
【訪問日】 2017年10月 
【店名】 立ち飲み 立(りゅう)
     Standing 焼酎 Bar 立
【ジャンル】 立ち飲み
【住所】東京都港区新橋3-13-2 新共ビル 1F
【最寄駅】新橋駅 徒歩3分
【キーワード】立ち飲み 立呑 立ち呑み 立飲み
──────────




Standing 焼酎 Bar 立立ち飲み居酒屋・バー / 新橋駅内幸町駅汐留駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ 台湾麺線
2017/10/18 10:13 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Taiwan_Mian_xian_1710-101.jpg


さすがは東京
さすがは新橋

またまた素敵なお店を見つけた


Taiwan_Mian_xian_1710-102.jpg

日本に中華料理店はゴマンとあるが
台湾料理店となると意外に少ない

ましてや台湾国民食の『麺線』のお店なんか
いちども見たことがない

ところがひょんなことで
その麺線のお店を見つけた

 ■台湾麺線 東京・新橋

まんまの名前だ
新橋と御成門のあいだくらいにある

Taiwan_Mian_xian_1710-103.jpg


店名が『台湾麺線』なので
麺線しかないのかと思ったが
素敵なセットがあるじゃぁないか


Taiwan_Mian_xian_1710-104.jpg


 ・台北101セット
   台湾麺線+魯肉飯(小)
   +お好きなアルコール 1,400円+税

わぉ、麺線に魯肉飯の小がついてる


Taiwan_Mian_xian_1710-105.jpg

さらに『お好きなアルコール』までついてくる。

アルコールはどれでもいいというので
これをお願いした。

 ・精醸陳年紹興酒10年

ほかに5年ものと8年ものがあった
もちろん元の値段がちがうので
上等の10年ものだと量がすくないのかな

とにかく、かんぱーい

Taiwan_Mian_xian_1710-106.jpg

これも台湾の国民食

 ・魯肉飯(るろうはん)

具は細かく切ったバラ肉で
そして美味しそうな煮玉子もついてる

Taiwan_Mian_xian_1710-107.jpg

これが麺線だ
日本のそうめんよりちょっと太め
コシはなくとても柔らかい

Taiwan_Mian_xian_1710-108.jpg


空撮するとこんな感じだ

旨そうじゃないか!


Taiwan_Mian_xian_1710-109.jpg

じゃあ、いただきまーっす

うん、台湾の味だ
台湾麺線のホームページによると

 麺線とは、ソーメンを蒸した細い麺を
 温かいとろみがあるダシが効いたスープで
 煮込んだものです。

とある。
スープは意外にも鰹出汁味が効いている。

Taiwan_Mian_xian_1710-110.jpg

こちらの魯肉飯も旨い

魯肉飯に乗っているお肉は地方やお店によってちがう
挽肉状になっているところもあるし
ここのように肉を小さく切ってあるときもある

Taiwan_Mian_xian_1710-111.jpg

これは去年の夏に台湾の台東に行ったとき

 ・8+2魯肉飯

という超ローカルなお店でたべた魯肉飯
小で30元(110円くらい)だが
ここのお肉はかなり大きかった

Taiwan_Mian_xian_1710-112.jpg

久しぶりの台湾飯
あっというまに完食

美味しかった〜

Taiwan_Mian_xian_1710-113.jpg

これだけの台湾国民食と
美味しい紹興酒を楽しんで大満足。

さすがは東京
さすがは新橋なのだが
お勘定は〆て1,600円
お値段もさすがは・・ って感じやな

台東の魯肉飯の値段から想像できるように
これを台湾で食べると
全部で500円もしないと思うがここは東京
値段の比較をするのはご法度だ

このお店にはもひとつの台湾国民食

 ・臭豆腐

があるそうなので
つぎはこれをいただきにくるよ

ごちそうさまでした。

Taiwan_Mian_xian_1710-114.jpg


──────────
【訪問日】 2017年10月 
【店名】 台湾麺線
【ジャンル】 麺線とかの台湾国民食
【住所】東京都港区新橋5-22-2
【最寄駅】新橋駅 徒歩10分
【キーワード】台湾 麺線 魯肉飯 臭豆腐 台湾料理 台北 台南 台東
──────────




台湾麺線台湾料理 / 御成門駅新橋駅汐留駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
中華 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ザ・カフェ ハイアットリージェンシー大阪
2017/10/16 23:17 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Hyatt_Kani_1710-301.jpg


うひゃー、蟹だっ!
しかも、食べ放題


Hyatt_Kani_1710-302.jpg


ここは憧れの豪華ホテルの1階

 ■ザ・カフェ

そう、ハイアット・リージェンシー大阪だ


Hyatt_Kani_1710-303.jpg

毎年、秋になると始まる

 倶楽部 蟹バル

ではない

 クラブ・カーニバル
 Crab - O - Licious Returns

ずわい蟹が食べ放題の蟹ブッフェ
2017年10月20日~2018年3月31日
のほぼ5ヶ月間、連日大盛況だ

Hyatt_Kani_1710-304.jpg

蟹以外にどんなお料理が並んでるのか
偵察に回ってみた

このコーナーはフルーツとかチーズ
蟹を食べ飽きた時に立ち寄ると良さげだ

Hyatt_Kani_1710-305.jpg

前菜系もいろいろ並んでる
サーモンのカルパッチョとか
すごく旨そうだが
前菜を食べ過ぎると蟹が食べられなくなる

Hyatt_Kani_1710-306.jpg


まずは同席の素敵なお嬢さん3人と
カンパイをしてハヤる気持ちを鎮める


Hyatt_Kani_1710-307.jpg

きた〜っ!

厨房からシェフたちが
ぞろぞろと出てきて
蟹を並べ始めた

Hyatt_Kani_1710-308.jpg

 うへ〜っ
 ズワイガニが山盛りやんか

心臓がバクバクしてくる
いまの季節はカナダ産らしい
ほかにもあちこちからやってくる

Hyatt_Kani_1710-309.jpg

この方はことしから
副総料理長として着任された
ラジディープ・ラナシェフ
インド・ムンバイの出身だそうだ

残念ながら日本語はできないが
英語で気さくに話してくださった

Hyatt_Kani_1710-310.jpg

さて、まさいの第一ラウンドの盛り付け

最初から蟹を山盛りにして持ってくるのは
ちょっとはしたないので少なめにした

いただきまーっす

Hyatt_Kani_1710-311.jpg

お向かいに座ったお嬢さんは
黙々と蟹身を取り続ける
いや、黙々ではなかったかも

たっぷりと身を溜め込んでから
一気に食べるのだそうだ

Hyatt_Kani_1710-312.jpg

蟹以外にもいろいろある

 ・レンズ豆カレー ナン添え

これはきっと
ラジディープ・ラナシェフさんの
得意料理なんだろう

Hyatt_Kani_1710-313.jpg

これは

 ・蟹のフラン いくらのせ

フランというのは・・
まあ、洋風茶碗むしみたいなもんだ

Hyatt_Kani_1710-314.jpg

これは特上の旨さだった

 ・シンガポール チリクラブ

ほんとにめちゃ旨いが
食べるのが大変だ
手がベタベタになるので
食べる前におしぼりを準備したほうがよい

Hyatt_Kani_1710-317.jpg

これはまさいの何度目かのお皿だ

蟹以外にもいろんなお料理があるので
どれを選ぶか考えるのがたいへんだ

Hyatt_Kani_1710-315.jpg


しばらくすると
このお方がどーんとやってきた


Hyatt_Kani_1710-316.jpg

全長1メートルくらいあるんやないか?

 ・スチームサーモン 塩ダレ おろしポン酢

これも好きなだけとってよい
日によってローストだったり塩釜焼きだったり

Hyatt_Kani_1710-323.jpg

いやぁ、喰ったくった旨かった

もう一回、言っとく
ここはハイアット・リージェンシーのザ・カフェ

クラブカーニバルの詳細はこちら
ここから予約もできる。

ごちそうさまでした!

Hyatt_Kani_1710-318.jpg

──────────
【訪問日】 2017年10月 
【店名】 ザ・カフェ
【ジャンル】 クラブ・ブッフェとか
【住所】大阪市住之江区南港北1-13-11 ハイアット リージェンシー 大阪 1F
【最寄駅】中ふ頭駅 徒歩10分
【キーワード】 ホテル ハイアット リージェンシー
──────────





ザ・カフェバイキング / 中ふ頭駅トレードセンター前駅コスモスクエア駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
西洋料理 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 伝説のすた丼屋 ヨドバシ梅田店
2017/10/11 20:05 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Sutadon_1710-101.jpg

ひさしぶりに丼ぶりものを食べたくなって
大阪駅近辺で検索したらこれが出てきた

 ■伝説のすた丼

なんか聞いたことのある店名やな・・

Sutadon_1710-102.jpg

と思って自分のブログを見てみたら
10年前に品川店に行っていたのを発見

ああ、思い出した
あの味がめっちゃ濃い丼ぶりのお店や
あのときは、もう来ることないかなって
思った記憶がある。

が、なんとなく引き寄せ感があったので
再訪することにした

Sutadon_1710-103.jpg

きた〜っ

これこれ、このビジュアル、覚えてる
肉たっぷりの丼ぶりがやってきて
自分で生玉子を乗せる

 ■伝統の一杯 すた丼 650円
  味噌汁+生玉子付

これを肉増しにして800円也

Sutadon_1710-104.jpg

いっただっきまーっす!

旨いっ と思ったが
同時にちょっと違和感

10年前のひとくち目に感じた
『辛〜っ!』っという感覚がない。

この『辛い(からい)』はホットな辛さではなく
大阪弁で言う『醤油辛さ』とか『塩辛さ』の
『辛〜っ!』だ。

Sutadon_1710-105.jpg

数口食べたあたりで
生玉子の黄身を割る

黄身の味でだいぶ辛さが緩和されて
だいぶまろやかな味になる

Sutadon_1710-106.jpg

半分ほど食べた
とても旨い

品川店のときは
このあたりでけっこう苦行になってたが
きょうはぜんぜん平気だ

Sutadon_1710-107.jpg

ひとりで黙々と食べながら考えた

 初代より受け継いだ
 秘伝のニンニク醤油ダレを
 頑固に守り抜いた

とメニューには書いてあるが
ほんまかな?

それは関東地方のお店の話で
このヨドバシ梅田店では大阪人向けに
醤油の量を減らしてるんちゃうかな・・

Sutadon_1710-108.jpg

そう考えながら
最後まで美味しくいただいた

旨かったがまさいにはごはんが
多すぎて食べきれなかった
ごめんなさい

Sutadon_1710-109.jpg

食べ終わってからまた考えた
品川店とヨドバシ梅田店では
ぜったい味付けがちがうと思う

なぜなら、きょうは
『もう来ることないかな・・』って
思わなかったから。

だれか東京と大阪で食べ比べた事ある人
感想を聞かせてくださいね。

ごちそうさまでした。



──────────
【訪問日】 2017年10月 
【店名】 伝説のスタ丼
【ジャンル】 丼
【住所】大阪市北区大深町1-1 ヨドバシ梅田 8F
【最寄駅】JR大阪駅 各梅田駅
【キーワード】 伝説 スタ丼 すた丼 どんぶり 
──────────



伝説のすた丼屋 ヨドバシ梅田店豚丼 / 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪急)
夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________
和食 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ