English | Top | RSS | Admin

2016.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.02


■ お知らせと海外の記事
2017/12/31 22:42 |
■海外の記事はこちらです → 『ぐるめと旅 セカイ
 Overseas articles, click here
■写真をタップorクリックすると拡大されます
■このブログはみなさんに気持ちよく楽しんでいただけるよう広告がまったく表示されない設定にしています。

___________________________
連絡事項 トラックバック(0) | コメント(6)


■スタンドあじと
2017/01/15 19:28 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Stand_Ajito_1402-101.jpg

もう、3年も前のことだ
古い写真を見ていたらでてきたので
いまさらだがアップする

いまは大人気の裏なんば
その人気が出始めた頃のはなし
立ち飲み女子とふたりで行った

Stand_Ajito_1402-102.jpg

最近はめずらしくなくなってきたが
当時はまだ数少なかった
ワインを楽しめる洋風立ち飲み店

 ■スタンドあじと

この界隈には『あじと』という名のお店が
数軒ある。そのなかの立ち飲み店

Stand_Ajito_1402-103.jpg

訪問したのはバレンタインの前日
だから寒さ真っ盛りのころだったが
空気が乾燥していて喉が渇いていたので
まさいにしてはめずらしくビールからはいる

 ・ハイネケン 480円

とりあえずグビグビ飲んで喉を潤す

Stand_Ajito_1402-104.jpg

さて、このお店の一番人気のアテがこれだ

 ・スタンド特製 本日の盛り盛り 680円

 スタンドのおまかせ前菜・おばん菜が
 4〜5種の盛り合わせ。ボリューミーでお得

と書いてある。
たしかに盛り盛りだね
めっちゃ旨くて楽しめる

Stand_Ajito_1402-105.jpg

つづいては連れの女子のご指名のひとしな

 ・釜あげ明石蛸ぶつ 580円
   少しこぶりで新鮮な明石蛸をチョイス

いやぁ、みごとな色合いの蛸だ
モロッコ産ではこうはいくまい

新鮮でとても旨い

Stand_Ajito_1402-106.jpg

ハイネケンはあっというまに飲み干したので
つづいて赤ワインに行く

若い頃は白が好きだったが
いまは赤のほうが好きだ

Stand_Ajito_1402-107.jpg

そして赤に最適なアテを頼んだ

 ・特製 黒毛和牛 メンチカツ 380円

うー、これは旨い
さすが黒毛和牛だけあって肉の味がすばらしい
食べて飲んで食べて飲んで だ

Stand_Ajito_1402-108.jpg

もひとつ肉系頼んだ

 ・せせりとボンジリ鉄板塩焼き 480円

鶏のなかでも特に旨い部位の塩焼きだ
どちらも赤ワインに最適なアテだ
ワインが進んで困ってしまう

Stand_Ajito_1402-109.jpg

いくら肉が旨いからと言って
肉ばかりではカラダに悪い
なので申し訳程度に野菜を頼む

 ・セロリの春雨サラダ 380円

これも旨くてあっというまに完食

Stand_Ajito_1402-110.jpg

また肉に戻る

 ・ギョーザ 3ヶ 180円

これ3こでこのお値段は安いね
旨かったと思うがあまり印象に残ってない

Stand_Ajito_1402-111.jpg

そして〆はこれだ

 ・あじとのカレー 380円
   バケット or ライス

カレーにはもちろんライスだ
これも具はほとんど入ってないが
しっかりと味のついたカレーで
〆には最高のひとしなだ

この日は調子に乗ってワインを飲みすぎたので
ちょっとお高くついてしまったが
アテはどれもリーズナブルなお値段で
かつ、めちゃめちゃ旨いものばかりだ

ワインのボトルは2,500円からあるので
次にいくときはボトルあけて
安旨なアテを堪能するよ!

ごちそうさまでした。

Stand_Ajito_1402-112.jpg


──────────
【訪問日】 2014 年2月 
【店名】 スタンドあじと
【ジャンル】 立ち飲み
【住所】大阪市中央区難波千日前15-4  
【最寄駅】なんば駅 徒歩10分弱
【キーワード】 立ち飲み 肉 ビストロ 裏なんば
──────────


スタンドあじと立ち飲み居酒屋・バー / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ 立ち飲み じんべえ
2017/01/13 18:30 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Jinbe_1701-101.jpg

最近は優良な立ち飲み屋さんが各地に増えて
のんべえのまさいは嬉しい限りだ

でも、いつも行くのは
天満、福島、裏なんばが大半
たまにはキタにも進出してみたい

Jinbe_1701-102.jpg

旨い魚を食べたい気分だったので
キタで魚の旨い立ち飲みを検索すると
ここがでてきた

 ■立ち飲み じんべえ

東部中央卸売市場の魚屋さんが
経営しているお店らしい
これは期待できそうだ

Jinbe_1701-103.jpg

この日は可愛い女子とではなく
おっさんとふたりで連れ立っていった

まずは乾杯
この店の酒はすべて380円(税別)均一だ

 ・芋 角玉 380円

このお店は日本酒はいろいろあるが
焼酎が芋と麦それぞれ1種類だけなのが残念

Jinbe_1701-104.jpg

とりあえずお腹になにか入れたいので
すぐにでてきそうなこれを頼んだ

 ・香住のカニのサラスパ 480円

カニがすごく旨いが
けっこう高いのにいま気がついた(笑)

Jinbe_1701-105.jpg

さて、旨い魚を頼もう
お造りのメニューはこれだ
いろいろと魅力的なのがあるが
迷って決まらない

どの魚もにぎりにできるので
寿司はあとで注文する

どの魚にするか迷ってけっきょく決まらないので
人気のこれをお願いした

 ・限定20食
   おまかせ お造り五種二貫盛 580円

どんなのがでてくるか?

Jinbe_1701-106.jpg

いや〜、素晴らしいのがでてきた
持ってきてくれたときに
ひとつひとつ説明してくれるが
ほとんど忘れてしまった
おそらく

 ・富士山サーモン
 ・神〆コロ鯛
 ・明石のタコブツ
 ・神〆天然カンパチ
 ・神〆伊根ブリ

だったと思う
どれも素晴らしく旨い!

Jinbe_1701-107.jpg

新鮮なお刺身を満喫したあと
これも魅力的な一夜干しにすすむ

 ・一夜干し 大分 サバ 480円

これがまた美しく盛り付けられてでてきた
お皿じゃなくてお造り用の板のような
木のうえに盛られてでてくるのがいいねぇ

さっそくいただく。
旨いっ!

干し具合といい焼き具合といい最高だ

Jinbe_1701-108.jpg

お造り、一夜干しと新鮮な魚を堪能して
ちょっと野菜が食べたくなる

 ・千両茄子のオランダ煮 180円

オランダ煮ってなんじゃいなと思ったら
なすをさっと揚げて煮る調理方法を『オランダ煮』
というらしい。
茄子の煮浸しとどうちがうんかいな?

このお茄子、しっかり味が付いていて旨かった

Jinbe_1701-109.jpg

さっきのお造りのメニューを見ていたら
『にぎり2貫 同価格です』と書いてある。
こりゃー食べにゃいかん!

 ・釣りもん寒サワラ炙り 380円
 ・神〆伊根ブリ 580円

をお願いする
写真のサワラの炙り、奥が伊根ブリだ
どちらも新鮮で、大きくてめちゃ旨い
最高だ!

Jinbe_1701-110.jpg

すこし洋風のものもいってみる

 ・じんべえの
   とろとろ蟹クリームコロッケ 680円

これもいま値段をみてちょっとびっくり
でもその値段だすだけの旨さだ
熱々で表面カリカリなかはトロトロ
文句ない旨さだ

Jinbe_1701-111.jpg

まだまだ魚いく

 ・三重県答志島より
   こししゃものコンフィ 280円

パッと見、玉ねぎと葱しかみえないが
ししゃも様は下にお隠れになっている

Jinbe_1701-112.jpg

おもったより細くて小さい
いただきまーっす

細いけどみはしっかりしていて
そして骨ごと食べられる

Jinbe_1701-113.jpg

魚系とは関係ないものをひとつ頼んだ

 ・手作りシュウマイ 380円

手作りらしいふわふわさで旨い
ちょうどいいアテになる

Jinbe_1701-114.jpg

いつもならもっとはじめのほうで頼むひとしな

 ・三重県答志島より
   こぼれしらす冷奴 280円

答志島のとれとれしらすと冷奴がマッチして
これまた安くて旨い。
このみせにはもうひとつ

 ・薬味たっぷり冷奴 180円

というのもあるらしい。
メニューには『金魚鉢の中のどぶづけ』と
書いてあるが、冷奴が金魚鉢にはいって出てくるのか?

Jinbe_1701-115.jpg

いっぱい飲んでいっぱい食べた
最後の〆は初めから楽しみにしていたコレ

 ・特製 鯖の棒寿司 二貫 360円

シメ鯖かと思ったら、焼き鯖だった

Jinbe_1701-116.jpg

まさいは焼き鯖が大好きなので
これは予想外に嬉しい
じゃあ、いただきまーっす!

最高だ!
もう言うことないよ

これだけ飲んで食べてひとり3,800円
めっちゃ満足まんぞく大満足だ

一点だけ不満な点は
焼酎が芋麦ひとつづつしかないこと
まあ、これくらがまんしないといけない

ごちそうさまでした。

Jinbe_1701-117.jpg

──────────
【訪問日】 2017年1月 
【店名】 立ち飲み じんべえ
【ジャンル】 立ち飲み
【住所】 大阪市北区曾根崎2-14-7 グランデ曽根崎ビル 1F
【最寄駅】 地下鉄 東梅田駅 徒歩5分
【キーワード】 立ち飲み 魚 魚屋 東通り
──────────



立ち飲み じんべえ立ち飲み居酒屋・バー / 東梅田駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪市営)
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ くいどうらく 赤穂市坂越
2017/01/06 11:00 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Kuidoraku_1701-101.jpg

例年、この季節になると行きたくなる
赤穂市坂越(さこし)にあるココ

 ■くいどうらく 

牡蠣をいっぱい食べられる店だ
3年ぶり3回目の訪問

2013年3月 1回目の訪問
2014年1月 2回目の訪問

Kuidoraku_1701-118.jpg


大阪からだとけっこう電車賃もかかるので
冬か春の18きっぷの季節に行くと安上がり

坂越の駅は赤穂線のローカル駅
単線の区間で駅員さんもときどきしかいない


Kuidoraku_1701-103.jpg

坂越駅から目的地まで
神姫バスが走ってるが3時間に1本しかない

 坂越駅発  9:42

のバスに乗りたかったが
トイレに寄ってたら乗り損ねてしまった
が、運良くタクシーが来ていたのでそれで行く
タクシー代は1,290円也

ちなみにふだんは駅前にタクシーはいない

Kuidoraku_1701-104.jpg

この日は3人でやってきた
それぞれ好きなメニューを注文して
適当にシェアする
まずは焼き牡蠣

 ・焼き牡蠣 10こ 1,950円(税込)

まず平たいほうをしたにして2分
そのあと、裏返して5分くらい焼く

Kuidoraku_1701-105.jpg

焼き牡蠣を焼いている間に
つぎの注文が来た

 ・牡蠣にぎり 2こ 650円

牡蠣にぎりはこのお店では
ナンバー1,2を争う旨さなのだが
来るたんびに値段が上がってる

 2013年3月 3こ 525円
 2014年1月 2こ 525円

消費税を除外して
いっこあたりの値段を計算すると

 167円 → 250円 → 300円

ほぼ2倍に値上がりしている。なぜだ!?
お味は例年通り抜群に旨かった(^^)

Kuidoraku_1701-106.jpg

過去2回はここでアルコールは飲まなかったが
今回は美味しいワインをいただいた

 ・白ワイン(ハーフ) 1,080円

安いが牡蠣によく合う味わいの白で
とっても旨かった

Kuidoraku_1701-107.jpg

最初に網にのせた焼き牡蠣
裏返して5分たつと
中の汁がくつくつと沸騰してきて食べごろだ

やけどしないように気をつけながら
いただきまーっす。

焼きたての熱々、ほんとに旨いねぇ

Kuidoraku_1701-108.jpg

さっきの写真が焼き牡蠣なので
これは焼き牡蠣の中身のように思うが
じつはこちらは蒸し牡蠣

 ・蒸し牡蠣 5こ 975円

焼いたのよりもプリプリした食感だ
こちらもまた旨い

Kuidoraku_1701-109.jpg

前回前々回も絶賛したのがこちら

 ・牡蠣ブルゴーニュ・バター 865円

これを食べると気がつくが
牡蠣は和風でも洋風でもどちらでも旨い

牡蠣にぎりのところで
ナンバー1,2を争うと書いたが
争う相手はこのブルゴーニュ・バターだ
ニッポン代表とフランス代表の争い
ほんとに甲乙つけがたい

ちなみにこちらは値上がりしていない。

Kuidoraku_1701-110.jpg

続いて出てきたのはこれだ
値段が安いので頼んでみた

 ・牡蠣茶碗蒸し 325円

表面からは見えないが
なかにドーンとひとつ牡蠣が入っている
こちらは普通に旨い

Kuidoraku_1701-111.jpg

家庭で食べる牡蠣料理の王様

 ・牡蠣フライ 865円

牡蠣は小粒だが
家庭での牡蠣フライとはレベルがちがう
抜群の旨さだ。白ごはんがほしくなる

Kuidoraku_1701-112.jpg

さっき、ここのナンバー1は
日仏の争いだと書いたが
それに匹敵する強豪が現れた

 ・牡蠣トマトチーズ焼き 865円

今回はじめてオーダーしたが
どんな味わいがするのか?

Kuidoraku_1701-113.jpg

期待と不安をいだきながら
いただきまーっす。

いやぁ、これまた素晴らしい。

ブルゴーニュバターはフランス代表だが
トマトチーズ焼きはイタリア代表だ
日仏の争いに伊が参戦し、乱戦になってきた

Kuidoraku_1701-114.jpg

それにしても旨かった
まだまだ食べていないメニューも多いが
お腹がいっぱいになったのでこのあたりで〆にする

 ・牡蠣ぞうすい 750円

これも旨かったが
いままで頼んだことのない

 ・おっぱい鍋 975円 とか
 ・牡蠣ぐらたん 975円

にしてもよかったかな

Kuidoraku_1701-115.jpg

この日のお料理、3人で〆て12,555円
ひとりあたり4千円強

あとで各人の食べた個数とかをもとに
厳密に支払額を計算したところ
まさいはワイン込で5千円ちょいだ

いやぁ、満足まんぞく

Kuidoraku_1701-116.jpg

今後、ここに行く人のために
参考にメニューの一部をアップしておく

焼き牡蠣食べ放題4,200円というメニューもあるが
同じものばっかり食べるより
いろんなもの食べて4千円のほうが満足感たかいよ
だから2〜3人で行ってシェアすることを
強くお薦めする

来年の冬になったら
また行きたくなるような予感がするね

ごちそうさまでした。

↓ 帰りのバス

Kuidoraku_1701-117.jpg

──────────
【訪問日】 2017年1月 
【店名】 くいどうらく
【ジャンル】 牡蛎料理
【住所】 兵庫県赤穂市坂越290-7
【キーワード】 牡蛎 牡蠣 かき カキ
【食べログ】 http://goo.gl/W6P3DC
──────────




関連記事
___________________________
近畿 トラックバック(0) | コメント(0)


■ アニエルドール & ディファランス 新春立ち飲み
2017/01/02 15:00 |
 写真をクリック/タップしたら拡大されます。
AgnelDor_1701-101.jpg


ことしの旨いもの初めは
ひとり立ち飲みで↑を食べてきた
ひと皿500円やで

と言うても、ウソつけ〜というやろ?


AgnelDor_1701-102.jpg

その立ち飲み屋さんはここ

 ■アニエルドール

阿波座にある素敵なフレンチのお店だ
ちかくにあるこれまた素敵なフレンチ

 ■レストラン ディファランス

と合同で1月2日と3日だけオープンの立ち飲み

AgnelDor_1701-103.jpg

どちらのお店もなんどかランチに伺ったことがある

 ■アニエルドール
 ■レストラン ディファランス

アニエルドールは食べログ全国TOP500のお店
ディファランスなんてミシュラン☆店やで

こんなすごいフレンチの2店が
立ち飲みやるなんて、すごいに決まってる
と思って、正月の2日に行ってきた

お料理も飲み物も全部500円均一やで
うひゃー

AgnelDor_1701-104.jpg

入店したのは午後3時ころ
半分くらいの人の入り
まずはスターターは泡だ
それに絶対あうと思われる一品を頼む

 ・スパークリング
 ・鶏のバロンティーヌ エビのアイスクリーム添え

500円のお料理、しょぼいんちゃうかと思ってたら
まともなオードブルやんか!

AgnelDor_1701-105.jpg

泡をひとくち飲んでこころを鎮めたあと
でてきたバロンティーヌをカットする

おお、すごい!
中まで本気で作ってある

めっちゃ、旨そう
いっただっきま〜っす

すばらしい!
さすが本気のフレンチ

AgnelDor_1701-106.jpg

ふたつめにたのんだアテはコレ

いやいや、アテなんて言うたら失礼やね
オードブル 二品目はこちら

 ・鯖のスモークと
   ほうれん草のおひたし トマトソースで

ほうれん草は軽いカレー風味
そして、プチトマトは高知の逸品らしい

AgnelDor_1701-107.jpg

鯖というとなんか和風な感じがするがとんでもない
絶妙な味わいのトマトソースをつけると
あっというまに絶品のフレンチに変身

素晴らしいの一言だ

鯖と同時に白ワインを頼んだが
絶妙なコンビネーション
うっとりしながら鯖をいただいた

AgnelDor_1701-108.jpg

つぎにオーダーしたのは
サービスのおにいさんが鉄板だとご推薦の一品

 ・白子のソテー
   モリーユのソース トリュフの香り

ワインを白にするか赤にするか迷ったが
赤を頼んで正解だった

AgnelDor_1701-109.jpg

どきどきしながら、いただきまーっす。

白子はどんな料理にしても旨いが
こんな素晴らしいひとしなになるとは

食感といい、味わいといい、香りといい
素晴らしいの一言だ
これ、ひと皿1,500円と言われても
ぜんぜんオッケーな逸品

AgnelDor_1701-113.jpg


白子のあと
お店の外でお餅つきをした

まさいも10回ついてきた


AgnelDor_1701-110.jpg

餅つきのあと最後にもう一品オーダーする
ほかにもいっぱい食べたいものがあったが
迷いにまよってこれにした

 ・仔羊のパルマンティエ

フランスのおふくろの味だそうだ

これも旨かった
フランスのお母さん、ありがとう!

AgnelDor_1701-111.jpg

お正月の2日
外にでるのめんどくさいなと思いながらも
がんばってやってきてほんとによかった

ワインは泡白赤赤と4杯いただいた
お料理も冷冷温温と4品いただいた
これで合計4千円

大大満足なお正月だ
来年は大勢で来て、全品制覇するぞ

ごちそうさまでした

AgnelDor_1701-112.jpg

──────────
【訪問日】 2017年1月2日
【店名】 アニエルドール & ディファランス
【住所】 大阪市西区西本町2-4-4
【キーワード】阿波座 フレンチ 立ち飲み お正月
──────────




関連記事
___________________________
フレンチ トラックバック(0) | コメント(0)


■ 蓮生
2016/12/28 18:30 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Rensho_1612-101.jpg


2016年12月28日

まだ、大晦日までは3日あるが
お蕎麦を食べに行ってきた


Rensho_1612-102.jpg

とても小さなお店
洞穴みたいな感じの店内だ

お蕎麦の注文をしたあと
心静かに蕎麦が出てくるのを待つ

この雰囲気はラーメン屋では味わえない
とても心地よい緊張を感じる瞬間だ

Rensho_1612-103.jpg

しばし待っていると
注文した品がでてきた

 ・ざる 800円

見るからに旨そうじゃないか

Rensho_1612-104.jpg


真上から見る

こういうちゃんとした蕎麦を
出してくれる店にしてはけっこうなボリュームだ


Rensho_1612-105.jpg


アップで見てみる

色といい、エッジの立ち具合といい
ほんとに旨そうだ
見ているだけでドキドキしてくる


Rensho_1612-106.jpg


いっただっきまーっす

旨い
ほんとに旨い


蕎麦。
この世界的に見ればかなり特殊な麺。

この蕎麦の旨さって
麺好き同盟のイタリア人にもわかるのだろうか?
わかってくれると嬉しいな


Rensho_1612-107.jpg

蕎麦を食べ終わったあとの
この蕎麦湯がまた旨い

まさいは蕎麦湯はそのまま
ストレートで楽しむ

濃厚で蕎麦の香りがたっぷり
至幸のひとときだ

この日いったお蕎麦屋さんはここ

 ■蓮生(れんしょう)

ごちそうさまでした

Rensho_1612-108.jpg


──────────
【訪問日】 2016年12月 
【店名】 蓮生
【ジャンル】 蕎麦
【住所】 大阪市福島区福島2-9-22
【最寄駅】 JR新福島駅 徒歩1分
【キーワード】 れんしょう そば ソバ 十割
──────────




関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ かぼちゃの酒蒸し
2016/11/29 11:09 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Staub_1611-101.jpg

ストウブの18cmラウンドをつかって
とてもシンプルな料理をした

 ・かぼちゃの酒蒸し

こんなの料理と言えるかどうかも不明

Staub_1611-102.jpg

材料は

 ・雪化粧南瓜 北海道産 150円

以上

Staub_1611-103.jpg

かぼちゃを適当な大きさに切って
ストウブに並べる
調味料は

 ・お酒 50cc
 ・水 20cc
 (かぼちゃは水分あまり出ないので念のため)
 ・塩 かるくひと振り
 ・黒胡椒 軽くひと振り(無くても可)

蓋をしっかりする

Staub_1611-104.jpg

火にかける
火加減は弱めの中火で15分
そして、15分たったら火をとめて
そのまま冷めるまで放置
ストウブの予熱でしっかり温まる

出来上がりを食べてみると
めっちゃねっとりもっちりしてて
こんな食感初めてって感じだ
旨すぎる

かぼちゃケーキみたいなので
おやつに食べてもよし

ごちそうさまでした。



■調理日:2016年11月
■参考にしたレシピ
かぼちゃの酒蒸し


Staub_1611-105.jpg



関連記事
___________________________
ストウブ鍋 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ