English | Top | RSS | Admin

2016.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2016.11


■ お知らせと海外の記事
2016/12/31 22:42 |
■海外の記事はこちらです → 『ぐるめと旅 セカイ
Overseas articles, click here

■写真をタップorクリックすると拡大されます

■このブログはみなさんに気持ちよく楽しんでいただけるよう広告がまったく表示されない設定にしています。

___________________________
連絡事項 トラックバック(0) | コメント(6)


■ 三谷製麺所
2016/07/30 19:24 |
 写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Mitani_Seimenjo_1607-112.jpg

鶴橋駅から歩いて5〜6分のここ

 ■三谷製麺所

初めて来た時はうどんやさんだと思ってた
実はラーメンの麺が主体の製麺所
ひさしぶりの訪問だ

Mitani_Seimenjo_1607-102.jpg

製麺所だが店内でも食べられる

以前は『ラーメン』か『つけ麺』の
2種類しかメニューがなかったが
久しぶりに来てみると
スープの種類がすごくたくさんになってる

Mitani_Seimenjo_1607-103.jpg

前回、ラーメン食べたので
きょうはつけ麺を食べようとこころに決めていた

 ・鶏つけめん 700円
   鶏と昆布の旨味のタレです

Mitani_Seimenjo_1607-104.jpg

麺の種類も選べる
まずは推奨の『細麺』で

三谷製麺所の麺はマジ旨い
でてきた麺をアップで見ると
弾力があって艶があって
見るからに旨そうだ

Mitani_Seimenjo_1607-105.jpg

じゃあ、いただきま〜っす!

いやぁ、もちもちしていて実に旨い
そして、製麺が専門のお店とは思えないほど
この鶏スープがほんとに旨い

Mitani_Seimenjo_1607-106.jpg

あっというまにごちそうさまだ

実は鶏つけめんをオーダーするときに

 大盛りにしますか?

と聞かれたが、『標準でいいです』と答えた
その理由は替え玉ができるからだ

もちろん、替え玉をたのむ

Mitani_Seimenjo_1607-107.jpg

替え玉を待ってる間に
つけダレの底のほうをさらってみると
鶏チャーシューがいっぱい出てきた

これまたまさいが作る鶏ハムに似ていて
とっても旨い

Mitani_Seimenjo_1607-108.jpg

替え玉がやってきた

替え玉のとき麺の種類を変えることができる
ただし茹で時間が違うので要注意だ

 ・細麺  2分
 ・中太麺 4分
 ・太麺  7分
 ・卵なし麺 1分

替え玉のときあまり時間がかかると
スープが冷めてしまうので
いちばん時間の短い『卵なし麺』にする

Mitani_Seimenjo_1607-109.jpg

2回めのいただきま〜す

湯で時間が1分なので
素麺みたいなものかと思ったらとんでもない
これもとても弾力があってコシがある

めっちゃ旨い
ちょっとビックリだ

Mitani_Seimenjo_1607-110.jpg

あっというまに2回めのごちそうさま
いやぁ、ほんとに旨かった

久しぶりにイートインした三谷製麺所
ひとつぶで2回楽しめる替え玉
ほんとに素晴らしい

麺玉を買った人には
スープも分けてもらえるので
こんどは家でつけ麺とか作ってみるよ

ごちそうさまでした

Mitani_Seimenjo_1607-111.jpg

──────────
【訪問日】 2016年7月 
【店名】 三谷製麺所
【ジャンル】 製麺
【住所】 大阪市東成区玉津3-1-6
【最寄駅】 JR・近鉄・地下鉄 鶴橋駅 徒歩5分
【キーワード】 生麺 ラーメン やきそば 焼きそば パスタ 
──────────


関連記事
___________________________
麺類 トラックバック(0) | コメント(0)


■ 魚や なべいち
2016/07/20 14:41 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Nabeichi_1607-101.jpg

古くからの食べ友女子が
先日、お義母さんと一緒に台湾旅行に行った
行く前に、美味しいお店情報とかを
いろいろとアドバイスしてあげた

そしてこの日は台湾旅行の報告会を
してくれるというので
立呑で1時間ほどかるく飲むことにする

Nabeichi_1607-102.jpg

お店はここだ

 ■魚や なべいち

鶴橋の駅からJRに沿って
5分ほど北上したあたりにある

Nabeichi_1607-103.jpg

開店と同時にお店に入る
お店に入ってみると
立呑のはずがカウンターには
スツールが並べてあったのでちょっとびっくり

まずは焼酎で乾杯

 ・赤霧島 400円

彼女は水割り、まさいはお湯割り
霧島のなかでも赤霧島はちょっと上等で
とてもよい香りがする

Nabeichi_1607-105.jpg

まずはこれを注文する

クチコミ情報では
これは絶対外せないと書いてある

 ・さかなの気持ち盛り 690円

カウンター越しにお皿が出てきた時
声を揃えて、うひゃ〜って言ってしまった

ほんとに見事なお造りだし
メニューの名前も素敵だ

Nabeichi_1607-106.jpg

台湾グルメはたくさんお薦めしたが
そのなかでも

■杭州小籠湯包 民生東路店
   ハンジョウ シャオロンタンバオ

が特にお義母さんには評判よかったらしい
新しいお店でしかもそんなに混雑していない
もちろん小籠包のお味は素晴らしい

 ・泉州の水茄子 250円

さっぱり水茄子でちょっと一息つく

Nabeichi_1607-107.jpg

紹介したお店を喜んでもらえると
なんだか自分の手柄のように嬉しい

つづいてお願いしたのは
関西の夏の風物詩

 ・活けハモのおとし 490円

鱧のおとしって初めて聞いた。調べてみると

 骨切りしたものを2~3cm程度に切り
 さっと熱湯を通して氷水で冷やし
 からし酢みそ,梅肉じょうゆなどで食べる

と書いてある。
きょうは梅肉でいただいた
夏の味だよね

Nabeichi_1607-108.jpg

店名は『魚や』だが、鶏とかもある

 ・鶏肉のみぞれ煮(?)

これも旨い
酒がすすんでしかたがない

Nabeichi_1607-109.jpg

このあたりから
台湾のこと以外の話もすごく盛り上がって

 アテたのむ
 酒たのむ

の繰り返しが早くなってきた

Nabeichi_1607-110.jpg

これなんか食べた記憶はあるが
いったいなんだったか思い出せない
あとで聞いたら

 ・おすすめ魚の中落ち煮 230円

だということだ

この日の食べ友さん
めっちゃたまにしか会わないので
久しぶりに会うと話のネタが山のようにある

Nabeichi_1607-111.jpg

そして、最後はこれ

 ・冷奴 180円

実は店に入る前に
これはぜひ〆に食べたいと思っていたのがある

 ・にぎり寿司 1カン100円から

それをすっかり忘れていた
まあ、またこんど行った時の楽しみにとっておくよ


立呑で1時間ほどかるく飲んで帰るはずが
気が付くと3時間もたってた
どないなってんねんと
ふたりで笑いながら店をでる。

鶴橋にまた一つ名店発見
ごちそうさまでした。

Nabeichi_1607-112.jpg


──────────
【訪問日】 2016年7月 
【店名】 魚や なべいち
【ジャンル】 立飲み
【住所】 大阪市天王寺区舟橋町10-14
【最寄駅】 JR・近鉄 鶴橋駅 徒歩5分
【キーワード】 立飲み 立ち飲み 立呑み 立ち呑み
──────────


なべいち立ち飲み居酒屋・バー / 鶴橋)
夜総合点★★★☆☆ 3.5

【→つづきをよむ】
関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ 虎食堂(タイガーダイナー)
2016/06/20 07:08 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Tora_1606-101.jpg


またまた、立ち飲み屋さんで
がっつりと飲み喰いして来た


Tora_1606-102.jpg


行ったお店は千日前にあるココ

 ■虎食堂

虎食堂と書いて
タイガーダイナーと読むらしい
めっちゃ路地裏にある


Tora_1606-103.jpg

この日の同伴者は
以前、西成のなべやにいっしょに行った

 食べ友男子のあーさん
 食べ友女子のりーさん
 そして、まさいの3人だ

まずはお疲れさまのカンパイ

Tora_1606-104.jpg


虎食堂はアテがバツグンに旨いらしい
まずは目の前に置いてあったコレ

 ・牛スジと豆腐の辛煮 480円

いきなりめちゃめちゃ旨いのがでてきた


Tora_1606-105.jpg

虎食堂は丑寅で料理長をしていた人が
独立したお店らしい
丑寅系のお店は全部で4店ある

つぎに頼んだのはちょっと洋風

 ・ハムとチーズのキッシュ 380円

これが想定外の絶品だった、旨いっ

Tora_1606-106.jpg

慣らし運転的に
もうひとつ前菜的なものをお願いする

 ・マカロニ玉子サラダ 280円

この日の虎食堂で
まさいは丑寅系4店を制覇した
1店目はもちろん、裏難波で大人気の『丑寅』


Tora_1606-107.jpg

2店目はおとなの立呑みの代表格『虎徹』
『2名様まででご利用願います』という店だ

つづいてお願いしたのは
この店で一番人気だという噂のコレ

 ・黒毛和牛のたたき・おろしポン酢 600円

うへ~っ
立ち飲み屋さんの料理とは思えない旨さ
しかもこのお値段、赤字になってないですか?

Tora_1606-108.jpg

このひと品でエンジンが全開になってしまう

この絶品のたたきを食べた時、
東京の北千住にある立ち飲みの名店

 ・割烹くずし 徳多和良

が脳裏に浮かんだ
あそこも立ち飲み屋さんとは思えないお料理を
信じられないお値段で提供している

Tora_1606-109.jpg


興奮をすこし冷ますために
落ち着けそうなのを頼む

 ・冬瓜の海老あん 380円

しかし、これも旨いので
つぎに何を頼もうかとさらに興奮する


Tora_1606-112.jpg

これだけ旨いものがつづくと
ワインが飲みたくなる
お店のハウスワインをボトルでお願いした

 ・アルパカ(赤) 2,500円

もういちど、かんぱーい

丑寅系の3店目は
玉造の駅前にひっそりと佇む『トラジ』
ミナミとちがって玉造は
そんなに人が多くないのでとても落ち着ける

Tora_1606-111.jpg

さっきの黒毛和牛が絶品だったので
こっちの黒毛和牛もいってみる

 ・黒毛和牛の中落ち炙焼き 600円

これまためちゃ旨い
そういえば最初の牛スジの辛煮も
黒毛和牛だったのかもしれない

Tora_1606-113.jpg

ちょっと変わったものを頼んでみた

 ・タコなめろう 480円

アジのなめろうはよく見るが
タコのなめろうは初めてだ

これまたコリコリとしていて
酒のアテに最高だ

Tora_1606-114.jpg

なめろうにつづいて
もうひとつあっさり系を頼んだ

 ・マーボー冷奴 280円

いやぁ、これまた旨いよ

旨い旨いと言い続けてると
お店の回し者みたいに思われるが
そうではない。ほんとうに旨いのだ。

Tora_1606-115.jpg

さっき、隣のお客さんが頼んでるのを見て
あっ、あれも食べたいと思ったのがこれ

 ・オイルサーディンのチーズ焼き 480円

チーズ焼きという名称からは
ちょっと想像しにくいがアヒージョに近い

たっぷりのオイルの中で
ジュ~ジュ~いいながら出てきた

鰯とチーズのコンビネーションが素晴らしい

Tora_1606-116.jpg

いつまで食べるのだと言われそうだが
まだまだ食べる

 ・上州麦豚のステーキ 大 800円

カツもあったがステーキをお願いした
(大)と書いてあったので
もっとドデカイのがでてくるのかと思ったが
わりと普通のサイズ
でも、お味はすばらしい

この一皿と白ごはんがあれば
それだけで晩ごはんになりそうなひと品だ

Tora_1606-119.jpg

気がついたら
ボトルをもう一本頼んでた
ふつう赤白、順番が逆だがそんなことは気にしない

 ・アルパカ(白) 2,500円

そしてお料理はこれ

 ・鶏の唐揚 らっきょタルタル 480円

山盛りになってる。すごいボリュームだ。
そしてまためっちゃ旨い

Tora_1606-117.jpg


なにやらチーズがいっぱい浮かんでる
熱々のカレーうどんみたいなのが出てきた


Tora_1606-118.jpg

中身はこれだ

 ・自家製煮込みハンバーグ 700円

これまた素晴らしく旨い、旨すぎる

この煮込みハンバーグを食べた時は
京橋の立ち飲み『明けごころ本店 洋食店』
煮込みハンバーグを思い出したよ
あれも旨かった

Tora_1606-120.jpg

立ち飲み屋さんによっては
酒のアテばかりで〆のお料理がない店が多いが
ここにはこんな旨そうなのがある

 ・鶏ダシにゅうめん 600円

鶏ダシの雑炊も旨そうだったが
全員一致でにゅうめんを頼んだ

Tora_1606-121.jpg

鶏ハムとか玉子とか
具が多すぎて麺が見えないので持ち上げる

こんな感じだ
にゅうめんはすぐ伸びるので
大急ぎで3人で食べる

茹で具合最高
鶏出汁は最高の最高

こんだけ飲んでても
旨かったことをはっきりと覚えてる

Tora_1606-122.jpg

このあたりで隣の立ち席に
感じのいいおじさんがひとりでやってきて
われわれと会話が始まった

立ち飲みはこういう知らない人との
コミュニケーションがとても楽しいよね
そしてどんどん話が盛り上がり始める

〆を食べたがまだ飲み続けてるので
アテにこれを頼んだ

 ・長芋のわさび漬け 280円

これも旨いねぇ

Tora_1606-123.jpg

隣のおじさんと
ますます話しが盛り上がるので
さらに酒を頼む
まさいは手前のグラス

 ・泡盛ロック

銘柄は忘れてしまった

ワイン2本空けたあと
泡盛を飲んでるんですと言うと
おじさんが

 そういう人 好きやわぁ~

と言ってくださった
まさいもそう言ってくれる人が好きだ
たいがいは、呆れられてしまうだけだからだ

それにしてもいっぱい飲んでいっぱい食べた
そして、どれもこれも旨かった
これだけ飲み喰いしてひとり6千円弱
立ち飲みにしてはけっこういったが
満足度が半端じゃない

混んでる時は長居はできないが
この日のように空いてるとほんとに満喫できる

また、空いてる日を狙って
ガッツリ飲み喰いしに来るよ

ごちそうさまでした

Tora_1606-124.jpg


──────────
【訪問日】 2016年6月 
【店名】 虎食堂 (タイガーダイナー)
【ジャンル】 立飲み
【住所】 大阪市中央区千日前1-9-9
【最寄駅】 近鉄・地下鉄 日本橋駅 徒歩10分
【キーワード】 とら 虎 寅 立飲み 立ち飲み 立呑み 立ち呑み
──────────


  

虎食堂立ち飲み居酒屋・バー / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ オッタントット
2016/06/11 19:49 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Ottantotto_1606-101.jpg

大阪のイタリア郷土料理の老舗だった

 ・オステリア・ディ・レンドラ

が閉店した
まさいも好きなお店だったのでちょっと残念

Ottantotto_1606-102.jpg

そして、その後にこのお店が開店した

 ■オッタントット

元マーブルトレのシェフが
独立してオープンしたイタリアンだ
こんどのお店はどうだろうか?

Ottantotto_1606-103.jpg

この日は6人でランチ会
お願いしたのは

 ・B Pranzo 2,000円(税込)

まずはアンティパスト

 ・カツオのサルサヴェルデ
   カプレーゼ、稚鮎のエスカベッシュ

2,000円のランチコースにしては
いい感じのスタートだ

Ottantotto_1606-104.jpg

地下鉄の扇町駅から徒歩5分と
立地条件に恵まれているようだが
天神橋筋商店街ではなく
堺筋に面している

だからお店の前は車は多いが
人通りは少ない

 ・真ダラとキノコのクリームソース

プリモピアットは3種のパスタからチョイス
これはひとりチョイスのクリームソース


Ottantotto_1606-105.jpg

レンドラは知る人ぞ知るの有名店だったので
こんな場所でもお客さんは多かったが
この新店はどうだろう?

 ・鶏もも肉と甘長ししとうのトマトソース

こちらは二人がチョイスしたトマトソース
これは旨そうだ!

Ottantotto_1606-106.jpg

この日は土曜日だったが
ほどほどのお客さんの数
最近は立地が悪くても
美味しかったら口コミでひろまるので
すぐに人気店になるのかな

 ・剣先イカとインゲン豆のオイルベース

まさいを含めて3人がチョイス
しかしまさいのはこのお皿ではない

Ottantotto_1606-107.jpg

まさいのはこれだ

 ・剣先イカとインゲン豆
   のオイルベース(大盛)

プラス200円でかなりのガッツリ

Ottantotto_1606-108.jpg


いただきまーっす!
とっても美味しかったしボリュームも満足


Ottantotto_1606-109.jpg

セコンドピアットは2種からのチョイス
お魚かお肉か

 ・スズキのソテー パプリカソース

とてもかわいいポーションだが
火入れは完璧で旨そうだ

Ottantotto_1606-110.jpg

そしてまさいチョイスの肉料理はこれ

 ・ガリシア豚のグリル 香草ソース

ガリシア豚というのはスペイン産の豚らしい
イベリコ豚はドングリを食べて育つが
ガリシア豚はクリを食べて育つ
スペインの豚さんって大切にされてるねぇ

小さいけれどとっても美味しいグリルだ

Ottantotto_1606-111.jpg

そして最後はドルチェ

 ・ズッパイングレーゼ

これもけっこう美味しかった

最近、2千円台後半のランチでも
不完全燃焼なのが多かったが
この日のランチは税込2千円
とても満足だ

パスタがとても美味しかったし
ボリュームもたっぷり(大盛はさらに)
そしてメインのガリシア豚も美味しかったよ

ごちそうさまでした♪

Ottantotto_1606-112.jpg


──────────
【訪問日】 2016年6月 
【店名】 オッタントット(Ottantotto)
【ジャンル】 イタリアン
【住所】 大阪市北区天神橋3-7-13 ブラーヴォ扇町 1F
【最寄駅】 地下鉄堺筋線 扇町駅 徒歩5分
【キーワード】 イタリアン 伊
──────────






オッタントットイタリアン / 扇町駅南森町駅天満駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
___________________________
イタリアン トラックバック(0) | コメント(0)


■ 立呑み ぽっぽ亭
2016/06/03 19:59 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Poppo_Tei_1606-101.jpg

最近、旨いおしゃれな立ち飲み屋さんが
あちこち増えてきたけど
やっぱりここがいちばん好きだ

 ■立呑み ぽっぽ亭

すこしご無沙汰だったけど
久しぶりにゆっくり楽しんできたよ

Poppo_Tei_1606-102.jpg

この日は綺麗系食べ友女子ふたり
YとRと3にんでやってきた
飲む前から顔が火照って困るまさい

まずはお疲れ様の乾杯
Yはビール、Rはハイボール
そしてまさいはいきなり赤ワイン

 かんぱーい!

Poppo_Tei_1606-103.jpg

おふたりともぽっぽ亭はじめてなので
珍しそうにまわりを見回してる
まずは今が旬のおさかな

 ・千葉・房州 鰹タタキ 490円
  オススメ

鰹にカツオとふりがなが振ってあった(笑)
魚のなまえ読めないもんね

新鮮でとっても旨い

Poppo_Tei_1606-104.jpg

きょうの食べ友女子YもRも
みかけは華奢だが食欲旺盛
メニューを見た途端
これ食べたーいと注文してくれた

 ・ 霜降和牛 ハネシタたたき
    希少部位 690円

ぽっぽ亭でもっとも高いと思われるひとしな
しかし、これがめっちゃ旨い

まちがいなくお値段以上のものがあった
三人とも満足まんぞく大満足!

Poppo_Tei_1606-105.jpg

肉だけじゃなく青いものも大好き

 ・長崎 極太アスパラ
   ジュノベーゼチーズ焼き 490円

カリカリになったジュノベーゼチーズと
アスパラの旨さがミックスされて最高だ

ビジュアル的にも
アスパラの緑とむこうのハネシタのピンクの
コントラストがとっても美しい

Poppo_Tei_1606-106.jpg

このあたりでお二人も赤ワインにシフト

もういちど三人でかんぱーい
きょうのワインは

 ・ゴヤ・シラーズ 南アフリカ 1,900円

とても口当たりがよくて
ぐびぐびいってしまう

ぽっぽ亭はワインのボトルが安い
そして円高のときも円安になっても
ずっとこのお値段。 嬉しいねえ。

Poppo_Tei_1606-107.jpg

最初からすこし飛ばしすぎたので
ちょっと箸休めにこれを頼んだ

 ・白菜と油揚げ たいたん190円

ホッとするおふくろの味だね

Poppo_Tei_1606-108.jpg


おふくろの味でほっと一息ついたあと
こんどはスパニッシュでふたたびアクセルを吹かす

 ・蛸と茄子のスペイン風煮込み 490円

和風も洋風もどれもすばらしい味付けだ


Poppo_Tei_1606-109.jpg

つづいてはこれ

 ・長芋のトロトロ焼き 390円

ふわふわしていて旨い
意外に赤ワインにもとってもよくあう

Poppo_Tei_1606-110.jpg

和食系がつづく
宇和島になんどか行ったことがある
Yのお薦めのひとしな

 ・(宇和島)ジャコ天 390円

まさいもジャコ天は大好き
わさび醤油で食べると最高だ

Poppo_Tei_1606-113.jpg

赤ワインがなくなった
このあともう一本ボトル開けようか
どうしようか迷ってたら
Rがいこいこーって言ってくれたので
こちらをお願いした

 ・ロジャー・グラート ロゼ 2,900円

ロゼのCAVAだ
すごく綺麗で、そして美味しい
3回目のかんぱーい

Poppo_Tei_1606-111.jpg

CAVAに最適なアテがでてきた

 ・ゴルゴンゾーラのカナッペ 390円

ゴルゴンゾーラにはちみつ
そしてCAVA。鉄板だね!

Poppo_Tei_1606-112.jpg

CAVAにはハズせないアテ
つづいてはこれだ

 ・パテ・ド・カンパーニュ 490円
  (豚と鶏胆のパテ)

ぽっぽ亭でまさいがいちばん好きなひとしな
いままで何十回となく食べたが
旨すぎる! 気を失いそうだ。

Poppo_Tei_1606-114.jpg

ゴルゴンゾーラ、パテと
興奮しすぎるアテが続いたので
ちょっと気を落ちかせるものを頼む

 ・塩茹で 落花生 190円

塩茹でなんて初めてだけど
けっこう美味しいもんだね

このあたりでやっと気がついたが
メニューにはいっぱいふりがなが振ってある
魚の名前だけかと思ってたがよく見ると

 落花生 らっかせい
 蛸と茄子 タコとナス
 豚平焼 とんぺい

てな感じだ
漢字を読めないおっさんが増えたのか?
それともとんちんかんな読み方されると
なにを注文されてるのかわからないからか(笑)

Poppo_Tei_1606-115.jpg

この日は食の話やら旅の話で
めっちゃ盛り上がってすごく楽しい
ぽっぽ亭の中は満員になったり
ガラガラになったりでそれもまた楽しい

そしてきょうの女子たちはまだまだ食べる
まさいはそれがとても嬉しい

 ・ 豚バラのスモーク 290円

上等のバラ肉の脂身がとても旨い
CAVAが進んでしかたない

Poppo_Tei_1606-116.jpg

みんなだいぶ酔ってきたあたりで
まさいがおそるおそる聞いてみた

 まさい にんにくの丸揚げって美味しいんだけど
     お嬢さんたちには無理かな?
 女子  食べたーい!

いやぁ、嬉しいねぇ

 ・(青森)にんにく丸揚げ 390円

以前、熱心にお薦めしたのに
とても不評だったことがあって心配だったのだが
こんな嬉しいことはない     

にんにくの素揚げ
いものようにほくほくしてすごく旨い

Poppo_Tei_1606-117.jpg

ぽっぽ亭は立ち飲み屋さんだが
ほんとにいろんな食材のメニューがある
きょうもすでに

 鰹、和牛、豚バラ
 アスパラ、にんにく、白菜、長芋
 ゴルゴンゾーラ、落花生

とかを食べた

で、こんどはまだ食べていない鶏を頼んだ

 ・鶏軟骨ガーリック焼き 390円

これまたコリコリしてとても旨い
ちなみに『鶏軟骨の唐揚げ』というのもある

Poppo_Tei_1606-118.jpg

いよいよ最後のメニューだ
いや、満腹で苦しいわけではない
時間がなくなってきたのだ

 ・チリコンカン ホットサンド  290円

お店にはいったときから
Yが〆に食べたいとチェックしていたやつだ
チリがピリッと効いていてこれまた旨い

いやぁ、きょうの料理はぜんぶ旨かった
これだけ飲み喰いしてひとり5千円弱

そしてYとRといっぱい話が盛り上がって
これからのマル秘計画も立てられて
ほんとに充実した楽しいひとときだった

ごちそうさまでした(^^)

Poppo_Tei_1606-119.jpg


──────────
【訪問日】 2016年6月
【店名】 ぽっぽ亭
【ジャンル】 立ち飲み
【住所】 大阪市福島区福島2-9-22
【キーワード】 立ち呑み 立呑 立飲み
──────────


 
関連記事
___________________________
立ち飲み トラックバック(0) | コメント(0)


■ ゴメンネJIRO
2016/05/20 08:32 |
写真をクリック/タップしたら拡大されます。
Gomen-ne_Jiro_1605-101.jpg



いやぁ、喰ったくった



Gomen-ne_Jiro_1605-102.jpg


2000年ころに
グルメブロガーの元祖のような
さとなおさんのこの記事を読んで以来
なんどもお世話になっているココ

 ■ゴメンネJIRO

久しぶりに6人で行って
がっつり食べてきた


Gomen-ne_Jiro_1605-103.jpg


まずはゴメンネ・ベテランのりーさんのお薦め

 ・ごぼうのフライ 350円x2

かたいはずのごぼうがサクサク
揚げる前に茹でてるのではないかという推測が多数


Gomen-ne_Jiro_1605-104.jpg


これもだれかのお薦め

 ・若鳥の緑マスタード焼 480円x2

これ、ノーマークだったがめちゃ旨い
洋食の名作だ


Gomen-ne_Jiro_1605-105.jpg


これからスタートしたかったが
ちょっと遅れて供された

 ・前菜盛り合わせ 520円x2

写真はふた皿分だが
これで1,040円とは驚異だ


Gomen-ne_Jiro_1605-106.jpg


つづいてはシーフード

 ・ホタテのガーリックバター焼 560円x2

ホタテは洋食にあうよねぇ。
めっちゃ旨い


Gomen-ne_Jiro_1605-107.jpg


待ってました
洋食でこれはハズせない

 ・ハンバーグステーキ 800円x3

ゴメンネJIROのなかでは
ちょっとお値段高めのひとしな


Gomen-ne_Jiro_1605-108.jpg


ブーイングがでないように
10の瞳が見守る中
慎重に切り分けるりーさん


Gomen-ne_Jiro_1605-109.jpg


まさいの大好きなやつ

 ・ビフカツ 1200円x3

めちゃ旨い
でも最近はビフカツはわさび醤油のほうが好きだ


Gomen-ne_Jiro_1605-110.jpg


これも洋食の定番
人数分揚げてもらった

 ・エビフライ 150円x6

ちょっと小ぶりなので
ひとり2本でも楽勝だったな


Gomen-ne_Jiro_1605-111.jpg


どーんとやってきた
これがひとつめ

 ・オムライス 850円x3

あとふたつやってくる


Gomen-ne_Jiro_1605-112.jpg


これも慎重にカットする
中身をみるだけでも旨そうだ


Gomen-ne_Jiro_1605-113.jpg


これも洋食ではハズせない

 ・ロールキャベツ 420円x3

見るからにしっかりと煮込まれている


Gomen-ne_Jiro_1605-114.jpg


カットしてみると
中にはぎっしりお肉が詰まってる

うへぇ〜、たまらん


Gomen-ne_Jiro_1605-115.jpg

これはなんだ?
UFOか?
軟体新生物か?

いやこれは

 ・白身魚のうにソース焼 480円x3

だ。
3皿分をひとまとめにしてある。

ぱっと見、得体がしれないが
これまた素晴らしく旨い!

この日のナンバーワンかもしれない

Gomen-ne_Jiro_1605-116.jpg


そしてこの日の〆はこれ

 ・牛タンシチュー 780円x3

ん〜、これも旨かったがわりと普通だった


Gomen-ne_Jiro_1605-117.jpg

いやぁ、喰ったくった

全11種類、のべ26皿分+エビフライ各自1本
それにワインボトル3本、ビール・烏龍茶などなど

 〆て58,900円

とかいわれそうな勢いだったが実際は

 〆て26,880円

ひとりあたり4,480円だ
なんじゃこりゃって感じのお値段だ

さすがさとなお氏が絶賛するお店
まいりましたっ!

ごちそうさまでした。

Gomen-ne_Jiro_1605-118.jpg


──────────
【訪問日】 2016年5月 
【店 名】 ゴメンネJIRO
【ジャンル】洋食
【住 所】 大阪市北区池田町8-9
【最寄駅】 JR天満
【キーワード】 ごめんね ゴメンネ じろー ジロー JIRO
──────────


ゴメンネJIRO 洋食 / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
___________________________
洋食 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ